メディカルテクニカ

email    contact
いらっしゃいませ
自律神経解析、

睡眠障害解析、

メタボリックシンドローム
解析、

内分泌異常解析、

アルツファイマー解析、

など、様々なご研究に
寄与します。

12誘導心電図の出力を

バイナリファイルや
テキストファイルで
ご提供できます。

これらは、マットラブ
あるいは相当ソフトウエアで
お好きなように演算できます。


サンプリングは秒1000回など
欧州ラブテック社より、

パソコン式
安静時12誘導心電計

マスターステップ式
ストレステスト用12誘導心電計、

エルゴメータ・トレッドミル式
ストレステスト用12誘導心電計、

ホルター心電計、

非観血血圧系併用

の製品から、左記の出力をご提供します。

非観血血圧付き心電図ホルタの文献   負荷心電図検査の医学文献    エアロビックの効果   心電・血圧ホルタ記録器

  ブルーツース    デュナ   デュナの実例     遠隔同時表示    ラブテック製品    Labtech products

画像例は下記をご参照願います。

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/
上記の一番下部に解説付きで、応用例を掲載

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/duna/
http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/masterblue/
ラブテック社製マスターステップの使用例掲載

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/duna2/
医大検査室での使用例、画面例及び記録例も掲載

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/remoterunning12ecgs/
ソニーの超小型パソコンを利用したランニング仕様の用途例

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/aerobicacc/
米国循環器学会で推奨された心臓病患者への心臓リハビリ法としての
エアロビックの効能についての発表

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/gtec/
出力のRR間隔データの解析例、これは別売のソフトウエアとなります。

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/stressdata/
負荷試験での重要な医学的指標、米国心臓病学会のスタンダードとして発布

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/labtechholter/
ラブテックパソコンホルタのご紹介

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/labtech1/
ラブテック社製品としてのパソコン式の利用価値 等を掲載しております。

12誘導心電図と超音波診断図などと同時表示を実現しませんか?

ブログ 手動式テコの作用の
造影剤注入器
ブログ 造影剤楽々注入気器 ブログ 先天性心疾患と
小児循環器
ブログ 先天性心疾患
ソフトウエア
ブログ パソコン応用インターネット
12誘導心電計
ブログ 12誘導心電図および
生体情報遠隔同時表示
ブログ パソコンと医療 ブログ パソコンの医療への利用
ブログ 医学会に伴う展示会
ご出展を
ブログ 医師を求めています ブログ 医療関係者向け掲示板 ブログ お知らせ
日本心臓血管
内視鏡学会
小児循環動態
研究会
12誘導心電図(10誘導電極)、6誘導(4誘導電極)は、
スマートタブレット心電計として、
クラウドカーディオロジーの世界で、
自由に、受信、送信、呼出、解析が可能で、
記録、診断、電子カルテ搭載、心電図データマネイジメント
ができるようになりました。

アンドロイド、ウインドウズモバイル、iPadiPhone で可能
ドコモのアンドロイドスマートホンや、アンドロイドタブレットへ
直接心電計から送信、あるいは、相互に
他のスマートホンやタブレットからも直接送信、
あるいはサーバーから直接呼出しできます
携帯電話で、12誘導心電図が測定でき、
更に即座に記憶させることができれば
どんな役に立つでしょうか?


携帯電話式12誘導心電計の利点
――最大の利点は、今まで、不可能と思われた場所で利用できる。
   個人で間単に測定して、懇意な医師に診て貰える。
1、本仕様の12誘導心電計をご購入するだけで、12誘導心電図をどこでも 測定でき、送信でき、呼び出せる。
(用途 救命救急、診療所、医院、クリニック、検診、研究用等)
2、携帯電話一台で、数台の携帯電話式12誘導心電計が操作できる。
   (用途 検診、外来、病棟、老人施設、研究用等)
3、携帯電話は、電話用として、メール用として利用できる。
4、携帯電話なので、携帯電話が通じる場所ならどこでも利用できる。 今まで、不可能と思われた場所で利用できる。
  (用途 山間部、海岸部、離島、スポーツ施設、催し場、研究用等)
5、携帯電話が小型なので場所を取らない。
6、パソコンは、どんなパソコンでも、又数多く同時に利用できる。
  (用途 大学病院、大病院、教育用、研究用等)
7、記憶された心電図はデータベース上にあるので、検索できる。
8、記憶された心電図は容易に電子カルテへ転送できる。
9、記憶された心電図はどこでも医療用形式でプリントできる。
10、個人で間単に測定して、懇意な医師に診て貰える
スマートホン型携帯電話が、医療に貢献する日が参りました。
1、12誘導心電計の送受信の役割を担う。
救命救急に、飛躍的に敏速な対応が可能になる。
心電図解析が即座に可能
2、ワイヤレス血圧計で、血圧の変化を携帯電話で随時チェックできる。
真の血圧という値が観測できる。
  ワイヤレス聴診器により、訪問看護、救命救急等の診察が遠隔でできる。
3、各種バイタルサインや検査値が何時でも入手できる。
より適切な診断に寄与する。
4、携帯電話の画像機能は、すべての医療画像の送受信が可能。
より専門医の判断が仰げる。
5、医療従事者はもちろん、看護者の生の声がその場で得られる。
患者の声はもちろん医療従事者にその場で届く。
6、各種検索がその場でできる。例、住所、電話、関係先情報、輸送方法、など
7、地図が表示できる。
8、イーメールが転送、直接、記憶できる。
9、お気に入りで、重要なホームページを即座に呼び出せる。
10、海外、山間部、スポーツ、船上等でも、何時でも詳細な情報が得られる。
11、翻訳機能が利用でき、辞書など携帯不要となる


1、 救急車で、即座に測定し、専門医へ伝えれることができれば
、即座に専門医の 指示を仰ぐことができる。
搬送する専門医病院も即座に判断できる。
2、 専門医のいない場所での、倒れたり、胸痛があったり、
不測の事態が 発生した場合、携帯電話で12誘導心電図を測定できれば、
専門医の 指示を即座に得られる。
3、 訪問看護や、在宅看護などで、患者の傍に専門医が居なくても、
12誘導心電図を専門医がみれば、即座に指示が得られる。
4、 農村部、業業地区、林業地区、山間部、僻地、離島、学校検診、船上
、    地震被害地、台風被害地、火事被害地、集団催しなどで簡単に
   12誘導心電図が測れれば、専門医の指示を得られる。
5、 ドクターヘリ、開業医、クリニック、小病院など専門医が居ない場合
即座に専門医の指示が得られる。
他にあれば、ご連絡願います。               
メディカルテクニカ有限会社     medicalteknikajp@gmail.com


ワイヤレス 非観血血圧式 連続監視 血圧測定 (研究用)