email    contact
エアロビック運動が、

慢性心不全疾患患者にとって、

最善のフィットネスリハビリ方法と

証明
2007年
平成19年
6月11日付け
米国循環器学会で
発表されました。
   デュナ    デュナの実例   遠隔同時表示   ブルーツース  ラブテック製品   


散歩と自転車乗りは、心臓の大きさと駆出能力を改善する。
繰り返す運動リハビリで、 太ももや殿部をすっきりさせ、たるんだ心臓を再成形すると言われている。

最新の 研究によれば、エアロビック運動が、以下のような作用を丁度及ぼすと報告している。
つまり、慢性心不全患者にとって、拡張性心から、全身に血液を駆出するすっきりした、
より効率の高い臓器に変身させるのであると述べている。

2007年6月19日付けに出版された、米国循環器学会誌の記事は、結論を付けて 発表している。
心不全患者の812人でデータを収集し、分析している。
しかし、エアロビクスに焦点を当てていることと、かつ、ウエイトリフティングを加えた 点が最も評価される。
この研究によれば、心不全疾患の患者が週に何回か エアロビクスをすれば、拡張した心臓が顕著に縮小し、
血液の駆出が目だって 改善することができたと報じている。

研究者が、筋肉力を向上させる為、定期的運動に、 ウエイトリフティングを加えた患者が心臓の大きさと
機能を同じように改善しなかった ことを発見して驚いたことである。

カナダのアルバータ、エドモントンにあるアルバータ大学のリハビリテーション医学 の助教授
 マーク J ヘイノウスキイ医師は、このエアロビクス方法に賛同している。

米国の推定5百20万人は、心不全症状で、毎年何百万日の入院をしている。
その直接および間接の費用は、40億円を超える費用が費やされている。
殆どの場合、心不全は、慢性高血圧や心筋梗塞発作によるダメージの結果である。
繰り返しで、心臓は拡張し、変形し、血液駆動が極端に衰弱し、リモデリングの 状態に入る。
その結果、患者は、典型的症状として、すこしの行動で息苦しくなる。
何年も、医師達は、そのような心不全の患者に運動を控えるように指導してきた。
あるケースでは、患者は余分なストレスを心臓に与えないようにベットで安静に されてさえいた。
しかし、ここ数十年の間に、運動が心不全患者にとって効果的で あるのみならず、
患者をより活発に生活させることが日々明らかになってきた。
そして、更に、人体は、弱った心臓を修復する時に起きる、害あるホルモンの逆作用 が起こることが判ってきた

ロスアンジェルスのUCLA大学の医学部教授で、外来循環器科主任の 
スタンレイ A ルビン先生によれば、この新しい研究の重要性は、
運動方法を 設計する指標を示している点であると述べている。
まもなく全米で、運動トレーニング法の基準を定めた試行調査が、自発的参加患者 に対し実施される。

詳細は、上記文献をご参照下さい。
なお、本邦にて初めて認可された、
12誘導ワイヤレス、ストレス対応心電計による ご研究が開始されることを期待します。
http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/duna2/
http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/remoterunning12ecgs/
(平成19年7月吉日)



12誘導心電図(10誘導電極)、6誘導(4誘導電極)は、
スマートタブレット心電計として、
クラウドカーディオロジーの世界で、
自由に、受信、送信、呼出、解析が可能で、
記録、診断、電子カルテ搭載、心電図データマネイジメント
ができるようになりました。

アンドロイド、ウインドウズモバイル、iPadiPhone で可能

ドコモのアンドロイドスマートホンや、アンドロイドタブレットへ
直接心電計から送信、あるいは、相互に
他のスマートホンやタブレットからも直接送信、
あるいはサーバーから直接呼出しできます

左の12誘導心電図アンプから、右のタブレットへ無線で連続送信

平成23年10月吉日

          12誘導心電計のアンドロイド対応が世界発で、発売します

  なお、Windows Mobile版は、すでに発売済みです。

 なお、当該製品の一連製品としては、

 12誘導心電計(安静時タイプと負荷試験対応タイプ、ー平成19年認可取得)、

(カフ型血圧計付き、−平成21年認可取得)

(スマートホン、タブレット対応タイプー平成19年認可平成22年発売)

(パルスオキシメータ入力表示タイプー平成21年認可平成23年発売)

 製造元 ハンガリ国ラブテック社

機種  12誘導心電計のスマートホン或いはタブレットSIMCard入りタイプ

 医療機器製造販売業 メディカルテクニカ有限会社



スマートタブレット式12誘導心電計は、ハンガリ国ラブテック社で実現

スマートタブレットの、ブルーツースで、直接、12誘導心電計から

12誘導心電図を無線で受信し、12誘導心電図を表示します。

その12誘導心電図は、アンドロイドのスマートタブレットで動作し

携帯電話網を用いて、

他のスマートタブレットや、スマートホンや

一般パソコンへ送信 し、

また、仕様により、サーバーやクラウドに記憶できます。

どこでも、即座に12誘導心電図が表示できるので、

緊急な診断に 救命救急のお手伝いをします。

<
画像例は下記をご参照願います。

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/
上記の一番下部に解説付きで、応用例を掲載

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/duna/
http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/masterblue/
ラブテック社製マスターステップの使用例掲載

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/duna2/
医大検査室での使用例、画面例及び記録例も掲載

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/remoterunning12ecgs/
ソニーの超小型パソコンを利用したランニング仕様の用途例

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/aerobicacc/
米国循環器学会で推奨された心臓病患者への心臓リハビリ法としての
エアロビックの効能についての発表

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/gtec/
出力のRR間隔データの解析例、これは別売のソフトウエアとなります。

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/stressdata/
負荷試験での重要な医学的指標、米国心臓病学会のスタンダードとして発布

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/labtechholter/
ラブテックパソコンホルタのご紹介

http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/labtech1/
ラブテック社製品としてのパソコン式の利用価値 等を掲載しております。
12誘導心電図と超音波診断図などと同時表示を実現しませんか?
Medical Teknika 高血圧、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞 ウエアラブル生体モニター
ホルター心電計 先天性心疾患ソフトウエア 多種類ワイヤレス
マイクロセンサー
ワイヤレス心電計 動脈硬化指標、中心血圧、非観血血 12誘導心電図伝送
非観血血圧波形連続測定
解析付きワイヤレス
救命救急用生体情報モニタ 医工連携

非観血血圧付き心電図ホルタの文献   負荷心電図検査の医学文献   

 エアロビックの効果   心電・血圧ホルタ記録器 ブルーツース     デュナ 

 デュナの実例     遠隔同時表示    ラブテック製品    Labtech products



非観血血圧付き心電図ホルタの文献   負荷心電図検査の医学文献    エアロビックの効果   心電・血圧ホルタ記録器

  ブルーツース    デュナ   デュナの実例     遠隔同時表示    ラブテック製品    Labtech products
インターネット対応 ワイヤレス ポータブル 非観血血圧 動脈指標 中心血圧 アルテリオグラフ 欧州標準器 

ワイヤレス 非観血血圧式 連続監視 血圧測定 (研究用)
ブログ 手動式テコの作用の
造影剤注入器
ブログ 造影剤楽々注入気器 ブログ 先天性心疾患と
小児循環器
ブログ 先天性心疾患
ソフトウエア
ブログ パソコン応用インターネット
12誘導心電計
ブログ 12誘導心電図および
生体情報遠隔同時表示
ブログ パソコンと医療 ブログ パソコンの医療への利用
ブログ 医学会に伴う展示会
ご出展を
ブログ 医師を求めています ブログ 医療関係者向け掲示板 ブログ お知らせ
ブログ 手動式テコの作用の
造影剤注入器
ブログ 造影剤楽々注入気器 ブログ 先天性心疾患と
小児循環器
ブログ 先天性心疾患
ソフトウエア
ブログ パソコン応用インターネット
12誘導心電計
ブログ 12誘導心電図および
生体情報遠隔同時表示
ブログ パソコンと医療 ブログ パソコンの医療への利用
ブログ 医学会に伴う展示会
ご出展を
ブログ 医師を求めています ブログ 医療関係者向け掲示板 ブログ お知らせ