メディカルテクニカ

emailcontact
テレバイタルについて
VitalOS と命名されたブラウザ−ベースのオープンアーキテクチャのソフトウエアエンジン

ご案内
お問い合わせ

メール

メール
ご質問は
メールで
お寄せ下さい。
特徴
 ・日本国中はもちろん世界のどこの場所の
  患者も遠隔でインターネットを通じて
  監視し、診断し、管理できます。
 ・電話モデムでさえ、一秒遅れ程度のリアル
  タイムでデータは連続的に入手できます。
 ・ブラウザ−ベースのソフトウエアと、
  プラグイン式医療機器により、面倒なロー
  ディング等無しで接続できます。
 
患者がオンラインで接続されていると、
  画面上ライブマークが点滅します。
 ・患者状態表示画面はもちろん、プリンター
  などを遠隔設定できます。従って、医療
  の試験などを統括できます。
 ・ウェブベースの電子カルテの各仕様に、
  すべての患者データが安全に記憶され
  ます。また、ログインIDで、どこからでも
  記憶データにアクセスできます。

 ・eMail 機能とinstant message 機能で、
  すばやい交信が可能です。
 
 ・専門分野別のそれぞれの能力で、
  患者にいつでも、どこからでも寄与で
  きます。
 ・いつでも、個別の携帯パソコン等に
  必要なデータをロングインIDで入手
  できます。

 ・いずれの端子も、ISDN,dial-up
  modem,DSL,T1,LAN,WLAN,cellular
  ,satelliteで接続できます。

 ・接続される医療機器は遠隔から診断
  できる。

 ・テレバイタル社は、PCと交信する、
  国際規格の出力を有する医療機器
  ならば、接続可能です。
 ・保守契約されたシステムに対しては、
  いつでも最新のソフトウエアに保持
  します。
 ・インターネットを通じて得られる
  利便性を保証します。
 ・ウェブ上のプロトコールと連動して、音声、
  画像交信の手段(Netmeeting,Web-cams,
  CuseeMe,など)が利用できます。
 ・オンラインで、医療上参考資料が患者
  自身で見ることができます。
 ・必要な場合、個別に、画面や記録や
  その他の設定ができます。  

 ・すべての生体信号は、生データは
  もちろん、数値変換、トレンド、グラフ化、
  外部機器出力等が自在に得られます。
  その上、集約レポートや電子カルテに
  収録されます。

 リアルタイムデータ、記憶データ、電子
  カルテ上データは、オンライン診断として
  権利のある医師等が安全に監視できます。

 ・音声や画像は生体信号と同期を
  とることができます。
 ・インターネット上の会話式継続される
  教育を実施すれば、特別な時間や、
  出張、それに伴う費用を不用にします。
現在利用可能な医療機器
 パソコン心電計
 血圧計、脈波計、
 血中グルコース計、
 コレステロール計
   (TC,HDL,LDL)
 スパイロメータ
   (FVC,MVV,SVC)
 ピークフローメータ
 飽和酸素濃度計
 指腺脈波、
 バイタルサイン計
 医療画像機器
    (DICOM,JPEG,GIFF,BMP)
 体重計、
 筋電計、
 バイオフィードバック計、
 電子聴音器、
 ポリスモグラフ、
 
特に救急車に搭載される機器   



ワイヤレス12誘導心電計(メタボリック指標付き) で、世界へ文献を発信されませんか
2007年4月厚生労働省から認可された、最新のブルーツース無線の 方法で
全く新しく開発された心電計です。 安静時、歩行、エアロビクス、マスターステップ、エルゴメータ、トレッドミル、
などの動作中に、一貫して、同じ患者或いは健常人の心電図を一連に リアルタイム、同時に、監視、記憶、
記録、転送ができます。 不整脈、冠疾患など心の臓疾患、高血圧、糖尿病、内分泌、透析、
自律神経疾患等の病態解析、薬効効果、運動療法、リハビリ等の 医学文献の解析方法としてご提案申し上げます。
更に、当心電計からは、RR間隔、心電図波形のディジタル化データが 得られますので、自律神経や、
関連周波数解析などが可能です。 当心電計は、不整脈解析の心電計、負荷試験の心電計、リアルタイム解析の 心電計、
連続波形モニターの心電計、遠隔同時表示の心電計、 心電図データマネイジメント、等の機能を有します。
同じ会社からの、非観血血圧計付ホルタ心電計も近々発売します。



地方販売代理店募集 診療報酬有

動脈硬化指標を24時間から72時間トレンド計測 三分間で測定 中心血圧測定

欧州米国特許有 日本特許有 携帯電話及びインターネット利用、

高脂血症、高血圧、肥満、生活習慣病、腎臓病、内分泌などが原因か