福岡大学トップ

講義・演習情報研究活動フェイスブック松井松次資料館略歴・研究業績
■新着情報 ■おしらせ  メールはこちらへ
2020年4月1日
日本学術振興会科学研究費補助金・基盤研究(C)令和2年度〜4年度「現代中国の対台湾「統一戦線」戦略の史的研究―国民党戦犯処理の思想と史的展開の解明」(研究代表者・大澤武司)が交付内定となりました。
2020年3月19日
福岡大学人文学部東アジア地域言語学科中国コースの大澤ゼミ第1期生5名が無事に卒業しました。コロナウィルスのため、卒業式は中止となりましたが、本当にご卒業おめでとうございます。
2019年9月9日-12日
福岡大学人文学部東アジア地域言語学科中国コース(甲斐教授・間教授・謝専任講師・大澤)で上海合同ゼミ合宿を実施しました。
2019年4月1日
福岡大学人文学部東アジア地域言語学科教授に着任しました。専門は中国近現代史・日中関係を中心とする中国地域研究です。
2019年3月31日
11年間にわたって教育・研究に携わってきた熊本学園大学を本日、退職いたしました。在職中は数多くの皆様にご指導・お力添えいただき、本当にありがとうございました。引き続きなにとぞよろしくお願い致します。
研究報告(広島市立大学広島平和研究所)
2020年2月29日、広島市立大学広島平和研究所プロジェクト「対日戦犯裁判の比較研究―終結70年を見すえて」のワークショップにおいて「毛沢東の対日戦犯裁判―比較研究を前提として」というタイトルで報告をさせていただきました。第一級の戦犯裁判研究の先生がたから数多くの貴重な示唆をいただく機会となりました。
研究報告(九州歴史科学研究会)
2019年10月26日、西南学院大学で開催された九州歴史科学研究会10月例会で「毛沢東の対日戦犯裁判―中国外交部档案とオーラル・ヒストリー」というタイトルで報告をさせていただきました。
『戦後外務省執務報告』が第1回配本です!
2019年10月、私が監修させていただいている『戦後外務省執務報告 アジア局編』の第1回配本(第1巻〜第6巻)がゆまに書房から刊行されました。今後、2021年と2023年に配本が予定されております。最終的には全18巻の大型資料集になる予定です。






 大学・研究機関
 慶應義塾大学中央大学(C-plus)埼玉大学清華大学北京大学
 アジア経済研究所東大東洋文化研究所防衛庁防衛研究所中国研究所
 東洋文庫中国社会科学院日本研究所中央研究院日本学術振興会
 学会・研究会・拠点
 国際政治学会現代中国学会アジア政経学会軍事史学会中国現代史研究会
 歴史学研究会日本台湾学会七隈史学会現代中国研究センター(慶応)
 現代中国研究所(早稲田)現代中国研究拠点(東京)現代中国研究センター(京都)
 現代中国研究資料室(東洋文庫)中国地球問題研究拠点(RIHN)
 文献検索・史料館
 中国書店(福岡)内山書店東方書店書虫日本の古本屋AmazonYahoo!
 国会図書館OPAC国立公文書館外交史料館アジア歴史資料センターGARO HP
 
福岡大学人文学部東アジア地域言語学科大澤武司研究室
© Copyright 1995- OSAWA TAKESHI. All Rights Reserved.
〒814-0180 福岡県福岡市城南区七隈八丁目19番1号 福岡大学文系センター棟733号室