「NHK少年ドラマシリーズとその他の番組と夏休みの気怠い朝」


※以下の文章のリンクには「NHK少年ドラマシリーズ」「学研ジュニアチャンピオンシリーズ」等に関する出版物の複写がありますが、これによって著作権者の権利を侵害する意図はなく、それらの作品を広く紹介したいという感情に基づいて掲載しています。著作権者から指示があった場合、これらをただちに削除する用意があります。

*この文章は私、キチントさんの個人的なテレビ遍歴について述べたものです。色の違うテキストは、その番組に関する資料にリンクしています。

 夏休み。あまりの暑さに目が覚める。体中汗びっしょりだ。今日は遊びの約束もない。こんなに暑くなるんだったら、みんなと一緒に鷺沼プールに行く約束をしておけばよかった。これから誘いに行こうかな。でもあんまり暑いから出歩きたくない。扇風機に体を押し付けながらテレビでも見ていよう。小学校時代、僕の夏休みは『ピンポンパン』から始まった。酒井ゆきえおねえさんとカータン(今見るとすごいコワイ顔だ。デカイし)、新兵ちゃん。小学生になるとやっぱりピンポンパンを見ることは恥ずかしいことだったはずだけどやっぱり見てたなぁ。次は、『夏休みまんが劇場』(?)12チャンネルで朝の9時頃からやっていたやっていたアレですね。そこでは僕達の生れる前に作られた海外アニメ『ドボチョン一家』『ロードランナー』『ハンナ・バーバラ』の一連のアニメが無造作に4、5本並べられていて、毎日浴びる様に見続けた。それが終ると今度は教育TVに移って『はたらくおじさん』『できるかな』果ては『小学一年生理科』『ぼくらのまち』(?)(静岡県清水市を舞台にそこの小学生が町の産業や地形を調べる)まで見ていた。僕のうちは食堂を経営していて小さい頃から一人でTVを見るのが癖になっていた。それでも、夏休みはたいてい近所のガキ大将に付いていってあちこち遊びにいっていたはずなのに、いまハッキリと思い出すのはなぜかTV番組のことだ。お昼になると、今度は押阪忍が『ベルトクイズQ&Q』というと、小学生達が『夏休み子供たいか〜い!』という、今の20代なら知らぬものはいない有名なアレをみて「何でこいつらは天体望遠鏡やサイクリング自転車がいいんだ。俺なら絶対ラテカセにするのに!」などどいつも思っていた。コウカン堂のお線香やカメヤマのローソク、『これは葉の汁を吸うアブラムシ、これは花の色が悪くなるハダニ〜』と歌っていた殺虫剤『カダンのCM』が番組の合間に流れ「何で子供の番組なのにこんなCMが流れるんだろう」と思っていた。(当然小学生の休み以外は大人しか見ないからだけど)。『キンキンケロンパのシャボン玉こんにちは』『花王愛の劇場』は当然見ないで、僕はチャンネルを3にかえ、なぜか、分かりもしないのに『高校  歴史』や『英会話U』を眺めていた。(この頃の教育テレビは何か子供を寄せ付けない『コワサ』があって、コワイもの見たさで見ていたんだと思ふ)。母親は教育テレビを熱心に見続ける(様に見える)息子を『この子は将来きっと天才になるわ』思ったらしいが、そうは問屋が卸さない。二浪したあげくに大学5年生になってしまった。ワッハッハ。(親の迷惑を何とも思ってないな)夕方になると今度は『夕やけロンちゃん』『レンズはさぐる』『600こちら情報部』『プリンプリン物語』を見たあと、 また12チャンにかえ『まんが・キッドボックス』明治製菓提供を見る。ゴリラが司会で(予算の都合だと思うけどこのゴリラはなぜかスチール写真でしか登場しなかった)、やっぱり「チキチキマシーン」みたいな古い海外アニメばっかりやっていた。そして夕方といえば、忘れられないのが『NHK少年ドラマシリーズ』。これは少年向けのSF作品を多数送り出していた、今のNHKからは信じられないくらい趣味に走ったドラマシリーズだった。SFドラマでは傑作『タイムトラベラー』(筒井康隆の時をかける少女が原作)もこのシリーズから送り出されたのに、一部のフィルム作品を除いて作品のVTRの全てが消去され、今はほとんど残っていない。(最近ビデオで出た作品も当時VTRを持っていた視聴者が家庭で録画していたモノ。昔から金持ちはいたのである)僕が見たのはこのシリーズの最末期で、『幕末未来人』と『七瀬ふたたび』だけ。最近ビデオで『なぞの転校生』『つぶやき岩の秘密』を見たけど、やっぱり小中学校時代に見ないと感動も何もない。俳優も下手だしセットもヒドイ。やっぱり年を取ると感性が摩耗して作品に入り込めないなぁとつくづく思った。しかし、僕が小学校の時に見た『幕末』と『七瀬』の強烈な印象が、自分の趣味を決定したといっても言い過ぎでないくらい当時は感動した。こんなスゴイ物語があるのかと思った。最初に僕が買った文庫本は何を隠そう『七瀬ふたたび』だったくらいです。 あぁ『幕末未来人』をもう一回見たい。誰か金持ちで物好  きの人、ビデオを持ってませんか?

<初出「プミポンvol.1」8.23.1992>

*参考資料*
「季刊 東京おとなクラブ5号」1985.6.1東京おとなクラブ
「OTV」ホイチョイ・プロダクション1985.7.23ダイヤモンド社
(資料については各項目ごとに掲載してあります)

*NHK少年ドラマシリーズ等の情報がありましたら紹介していきたいと思います。情報は・・・y-y@dd.catv.ne.jpまで