Sorry, In Japanese Only

twitter始めました

Stones News


Stones News Archives

 ミック、ジェリー・リー・ルイスに会う

September 2018-

9月12日、ミック・ジャガーはメンフィスにあるサン・スタジオを訪れ、ロックンロール黄金時代の立役者ジェリー・リー・ルイスと会いました。ルイス関係者がローリング・ストーン誌に語った話によると、二人はピーター・グラルニック著の「Sam Phillips: The Man Who Invented Rock 'N' Roll」を原作にした伝記映画について話し合うため集まったとのことです。映画はミック・ジャガーがプロデュース、主演はレオナルド・デカプリオが務める予定です 。 < SOURCE: Rolling Stone >

Mick Jagger and Jerry Lee Lewis

 スティーヴン・タイラーが「ブラウン・シュガー」をカヴァー

September 2018-

9月28日にリリースされるアルバム『Muscle Shoals… Small Town, Big Sound』にはエアロスミスのスティーヴン・タイラーがカヴァーした「ブラウン・シュガー」が収録されています。このアルバムは米アラバマ州にある録音スタジオ「FAMEスタジオ」の設立60周年を記念したコンピレーション・アルバムで下記アーティストによる全16曲が収録されています。アルバム収益の一部はグラミー・ファンデーションを含むマッスル・ショールズの音楽の歴史を支援する慈善団体に寄付されるとのことです。 < SOURCE: Rolling Stone >

『Muscle Shoals… Small Town, Big Sound』

  1. Road Of Love - By Keb' Mo'
  2. I'd Rather Go Blind - By Grace Potter
  3. Brown Sugar - By Steven Tyler & Nuno Bettencourt
  4. Gotta Serve Somebody - By Jamey Johnson, Willie Nelson, Chris Stapleton & Lee Ann Womack
  5. I Never Loved A Man (The Way I Love You) - By Demi Lovato
  6. Snatching It Back - By Kid Rock
  7. I'll Take You There - By Aloe Blacc
  8. Cry Like A Rainy Day - By Michael Mcdonald
  9. True Love - By Vince Gill & Wendy Moten
  10. Come And Go Blues - By Alison Krauss
  11. Respect Yourself - By Mike Farris & The Blind Boys Of Alabama
  12. Steal Away - By Eli "Paperboy" Reed
  13. Wild Horses - By Alan Jackson
  14. Mustang Sally - By Brently Stephen Smith
  15. We've Got Tonight - By Chord Overstreet
  16. Givin' It Up For Your Love - By Tom Johnston & Delbert Mcclinton

 『ワン・プラス・ワン』が4Kレストア

September 2018-

ジャン=リュック・ゴダール監督、ローリング・ストーンズ出演による1968年のドキュメンタリー映画『ワン・プラス・ワン(One Plus One/Sympathy for the Devil)』公開50周年を記念して4Kレストアされ、9月7日にロサンゼルスのEgyptian Theater、9月13日から19日にかけてニューヨーク近代美術館で上映後、10月5日にDVD/Blu-rayがリリースされる予定です。 < SOURCE: Ultimate Classic Rock >

 ミック・ジャガーとカーリー・サイモンの未発表デュエット曲が見つかる

September 2018-

今まで未発表だったミック・ジャガーとカーリー・サイモンのデュエット曲「Fragile」がローリング・ストーンズのコレクターとして知られるロンドンの起業家マット・リーが所有するテープの中から発掘されました。これはミックがバッキング・ヴォーカルとして参加したカーリー・サイモンのヒット曲「You're So Vain」と同時期の1972年9月にトライデント・スタジオで録音されたとみられています。マット・リーは、テープをカーリー・サイモンに提供することを約束し、米ローリングストーン誌にデジタルコピーを送ったと発表しています。なお、この「Fragile」(別名「It's Funny」)はローリング・ストーンズのバージョンがドキュメンタリー映画『コックサッカー・ブルース』や『クロスファイアー・ハリケーン』にその一部が使用されています。 < SOURCE: NME >

 ストーンズが選曲したブルースのコンピレーション・アルバムが11月に発売

August 2018-

ユニバーサル・ミュージック・グループとBMGが企画した、ローリング・ストーンズの選曲によるブルースのコンピレーション・アルバム『Confessin' The Blues』が11月9日にリリースされることが発表されました。アルバムは5 x 10インチのアナログ・ブックパック、2枚組アナログ(Vol. 1とVol. 2)と2枚組CDの3形態で発売される予定で、ジャケットはロニー・ウッドが担当しています。アルバムの売り上げの10%が非営利団体であるウィリー・ディクスンの"Blues Heaven Foundation"に寄付されるとのことです。 < SOURCES: Official Store / contactmusic >

5 x 10インチのアナログ・ブックパック

Tracklist (2CD):

CD1

  1. Muddy Waters - Rollin’ Stone
  2. Howlin’ Wolf - Little Red Rooster
  3. John Lee Hooker - Boogie Chillen
  4. Little Walter - I Hate To See You Go
  5. Chuck Berry - Little Queenie
  6. Bo Diddley - You Can’t Judge A Book By Its Cover
  7. Eddie Taylor - Ride ’Em On Down
  8. Slim Harpo - I’m A King Bee
  9. Magic Sam - All Your Love
  10. Elmore James w/ Sonny Boy Williamson II - Dust My Broom
  11. Little Walter - Just Your Fool
  12. Muddy Waters - I Want To Be Loved
  13. Big Bill Broonzy - Key To The Highway
  14. Robert Johnson - Love In Vain Blues
  15. Mississippi Fred McDowell - You Gotta Move
  16. Jimmy Reed - Bright Lights, Big City
  17. Big Maceo - Worried Life Blues
  18. Little Johnny Taylor - Everybody Knows About My Good Thing (Part 1)
  19. Howlin’ Wolf - Commit A Crime
  20. Otis Rush - I Can’t Quit You Baby
  21. Jay McShann & Walter Brown - Confessin’ The Blues

CD2

  1. Howlin’ Wolf - Just Like I Treat You
  2. Little Walter - I Got To Go
  3. Chuck Berry - Carol
  4. Bo Diddley - Mona
  5. Muddy Waters - I Just Want To Make Love To You
  6. Elmore James & The Broom Dusters - Blues Before Sunrise
  7. Eddie Taylor - Bad Boy
  8. Boy Blue - Boogie Children
  9. Jimmy Reed - Little Rain
  10. Robert Johnson - Stop Breakin’ Down Blues
  11. Reverend Robert Wilkins - The Prodigal Son
  12. Lightnin’ Slim - Hoodoo Blues
  13. Billy Boy Arnold - Don’t Stay Out All Night
  14. Bo Diddley - Crawdad
  15. Dale Hawkins - Susie Q
  16. Amos Milburn - Down The Road Apiece
  17. Howlin’ Wolf - Little Baby
  18. Little Walter - Blue And Lonesome
  19. B.B. King - Rock Me Baby
  20. Buddy Guy - Damn Right, I’ve Got The Blues
  21. Muddy Waters - Mannish Boy

 ローリング・ストーンズがユニバーサルとの契約を延長

July 2018-

ローリング・ストーンズは、7月8日、ユニバーサル・ミュージック・グループとの10年にわたる契約を経て、新たにワールドワイドでの契約を延長したことを発表しました。契約には、ローリング・ストーンズのレコーディング音楽や映像作品のカタログのほか、アーカイブ・サポート、グローバル・マーチャンダイジングやブランド管理といった新たな多面的パートナーシップも含まれているとのことです。 < SOURCE: RTE >

 レココレ8月号は<ノー・セキュリティ・ツアー>特集

July 2018-

7月14日発売のレコード・コレクターズ2018年8月号はローリング・ストーンズのノー・セキュリティ・ツアーを特集しています。 < SOURCE: musicmagazine / Amazon >

『レコード・コレクターズ2018年8月号』
【特集】ザ・ローリング・ストーンズ〜伝説のノー・セキュリティ・ツアー

1998年に出されたライヴ作の名を冠し、翌年1月から4月にかけて短期間行なわれたノー・セキュリティ・ツアーだったが、97〜98年に大規模なワールド・ツアーとして展開され日本公演も行なわれたブリッジズ・トゥ・バビロン・ツアーの煽りを受け、当時の注目度は低かった。しかし、前回のツアーとは真逆の方向性を打ち出したライヴの内容は非常に高く評価され、ソフト化を望む声が多かった。その伝説のツアーの映像/音源が、<フロム・ザ・ヴォルト>シリーズの一作として遂に登場。ストーンズ史の失われた1ページを、いま取り戻せ!

■ライヴの本質を追求する実験が切り開いた、最良のエンターテインメントへの確信(大鷹俊一)
■ファンが待ち望んだアリーナ公演ツアーの魅力と意義を語り尽くす(有賀幹夫×佐藤三十郎)
■ライヴの熱気がダイレクトに伝わる『フロム・ザ・ヴォルト:ノー・セキュリティ-サンノゼ1999』(藤井貴之)
■近年リリースされたオフィシャル・ライヴの発掘音源/映像を総ざらい(犬伏功)

レココレ2018年8月号

 No Filter Tour 終わる

July 2018-

7月8日、ローリング・ストーンズは<No Filter Tour>のフィナーレとなるワルシャワのナショナル・スタジアムでのコンサートを行いました。公演後それぞれ自身の Twitter で、ミック・ジャガーは "Thanks to everyone who came to see us in the UK and Europe. We had a great tour, see you soon!"、キース・リチャーズは "Great tour! Thank you to everyone for making the #StonesNoFilter Tour so special!" とツイートしています。< SOURCE: IORR >

National Stadium Narodowy, Warsaw, Poland, July 8, 2018

  1. Street Fighting Man
  2. It's Only Rock'n Roll
  3. Tumbling Dice
  4. Just Your Fool
  5. Bitch
  6. Like A Rolling Stone
  7. You Can't Always Get What You Want
  8. Paint It Black
  9. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  10. You Got The Silver (Keith)
  11. Before They Make Me Run (Keith)
  12. Sympathy For The Devil
  13. Miss You
  14. Midnight Rambler
  15. Start Me Up
  16. Jumping Jack Flash
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

Show start : 8:50pm
Show end : 10:58pm

 No Filter Tour 13日目

July 2018-

7月4日、プラハのレトニャニィ・フィールドで開催された<No Filter Tour>13日目の公演では以下の曲が演奏されました。 < SOURCE: IORR>

Letnany field, Prague, Czech Republic, July 4, 2018

  1. Street Fighting Man
  2. It's Only Rock'n Roll
  3. Tumbling Dice
  4. Ride 'em On Down
  5. Under My Thumb (Voted)
  6. Like A Rolling Stone
  7. You Can't Always Get What You Want
  8. Paint It Black
  9. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  10. You Got The Silver (Keith)
  11. Before They Make Me Run (Keith)
  12. Sympathy For The Devil
  13. Miss You
  14. Midnight Rambler
  15. Start Me Up
  16. Jumping Jack Flash
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

Show start : 8:52pm
Show end : 10:53pm

 No Filter Tour 12日目

July 2018-

6月30日、シュトゥットガルトのメルセデス・ベンツ・アレーナで開催された<No Filter Tour>12日目の公演では以下の曲が演奏されました。 < SOURCE: IORR >

Mercedes-Benz Arena, Stuttgart Germany, June 30, 2018

  1. Street Fighting Man
  2. It's Only Rock'n Roll
  3. Tumbling Dice
  4. Ride 'em On Down
  5. Let's Spend The Night Together (Voted)
  6. Like A Rolling Stone
  7. You Can't Always Get What You Want
  8. Paint It Black
  9. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  10. You Got The Silver (Keith)
  11. Before They Make Me Run (Keith)
  12. Sympathy For The Devil
  13. Miss You
  14. Midnight Rambler
  15. Start Me Up
  16. Jumping Jack Flash
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

Show start : 8:50pm
Show end : 10:54pm

 No Filter Tour 11日目

June 2018-

6月26日、マルセイユのスタッド・ヴェロドロームで開催された<No Filter Tour>11日目の公演では以下の曲が演奏されました。 < SOURCE: IORR >

Stade Vélodrome, Marseille, France, June 26, 2018

  1. Street Fighting Man
  2. It's Only Rock'n Roll
  3. Tumbling Dice
  4. Just Your Fool
  5. Get Off Of My Cloud (Voted)
  6. Fool To Cry
  7. You Can't Always Get What You Want
  8. Paint It Black
  9. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  10. You Got The Silver (Keith)
  11. Before They Make Me Run (Keith)
  12. Sympathy For The Devil
  13. Miss You
  14. Midnight Rambler
  15. Start Me Up
  16. Jumping Jack Flash
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

Show start : 9:45pm
Show end : 11:47pm

 No Filter Tour 10日目

June 2018-

6月22日、ベルリンのオリンピアシュタディオンで開催された<No Filter Tour>10日目の公演では以下の曲が演奏されました。 < SOURCE: IORR >

Olympiastadion, Berlin, Germany, June 22, 2018

  1. Street Fighting Man
  2. It's Only Rock'n Roll
  3. Tumbling Dice
  4. Just Your Fool
  5. Like A Rolling Stone
  6. She's A Rainbow (Voted)
  7. You Can't Always Get What You Want
  8. Paint It Black
  9. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  10. Slipping Away (Keith)
  11. Before They Make Me Run (Keith)
  12. Sympathy For The Devil
  13. Miss You
  14. Midnight Rambler
  15. Start Me Up
  16. Jumping Jack Flash
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

Show start : 8:51pm
Show end : 10:56pm

 オープニング・アクト続報

June 2018-

ローリング・ストーンズはオフィシャル・サイトで<No Filter Tour>のオープニング・アクトの情報を更新しました。 < SOURCE: rollingstones.com >

May 17th Dublin - The Academic
May 22nd London - Liam Gallagher
May 25th London - Florence + the Machine
May 29th Southampton - The Vaccines
June 2nd Coventry - The Specials
June 5TH Manchester - Richard Ashcroft
June 9th Edinburgh - Richard Ashcroft
June 15th Cardiff - Elbow
June 19th Twickenham - James Bay
June 22ND Berlin - The Kooks
June 26th Marseille - The Glorious Sons
June 30th Stuttgart - The Kooks
July 4th Prague - Pražský výběr - Gotthard
July 8th Warsaw - Trombone Shorty

 No Filter Tour 9日目

June 2018-

6月19日、UKツアー最終日、ロンドンのトゥイッケナム・スタジアムで開催された<No Filter Tour>9日目の公演では以下の曲が演奏されました。この日のオープニング・アクトはジェイムス・ベイが務め、ベイはストーンズのステージにもゲスト参加、"Beast of Burden" でミック・ジャガーとのデュエットを披露しました。 < SOURCE: IORR >

Twickenham Stadium, London, UK, June 19, 2018

  1. Street Fighting Man
  2. It's Only Rock'n Roll
  3. Tumbling Dice
  4. Paint It Black
  5. Ride 'Em On Down
  6. Bitch (Voted)
  7. Beast Of Burden (with James Bay)
  8. You Can't Always Get What You Want
  9. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  10. You Got The Silver (Keith)
  11. Before They Make Me Run (Keith)
  12. Sympathy For The Devil
  13. Miss You
  14. Midnight Rambler
  15. Start Me Up
  16. Jumping Jack Flash
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

Show start : 8:26pm
Show end : 10:30pm

 No Filter Tour 8日目

June 2018-

6月15日、カーディフのプリンシパリティ・スタジアムで開催された<No Filter Tour>8日目の公演では以下の曲が演奏されました。この日はギター・テックのミスにより、キースが間違ったキーでイントロを弾き始める曲が2曲ありました。"You Can't Always Get What You Want" では1コーラスが終わった時点でキースがギターを交換、マット・クリフォードはイントロでフレンチ・ホルンを吹くことができませんでした。また、"Jumping Jack Flash" では始まってすぐにミックが曲を止め、キースがカポの位置を修正後曲を再開しました。 < SOURCE: IORR >

Principality Stadium, Cardiff, UK, June 15, 2018

  1. Street Fighting Man
  2. It's Only Rock'n Roll
  3. Tumbling Dice
  4. Paint It Black
  5. Just Your Fool
  6. Get Off Of My Cloud (Voted)
  7. Like A Rolling Stone
  8. You Can't Always Get What You Want
  9. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  10. You Got The Silver (Keith)
  11. Before They Make Me Run (Keith)
  12. Sympathy For The Devil
  13. Miss You
  14. Midnight Rambler
  15. Start Me Up
  16. Jumping Jack Flash
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

Show start : 8:24pm
Show end : 10:26pm

 アナログ盤ボックスセットの開封映像

June 2018-

ローリング・ストーンズはスタジオ・アルバム15タイトルをアナログ・レコードで収めたボックスセット『ザ・スタジオ・アルバムズ・ヴィニール・コレクション1971-2016』をメンバー自身が開封する映像を公開しました。映像の中でミックは笑いながらレコードを放り投げています。 < SOURCE: rollingstones.com >

 No Filter Tour 7日目

June 2018-

6月9日、エジンバラのマレーフィールド・スタジアムで開催された<No Filter Tour>7日目の公演では以下の曲が演奏されました。 < SOURCE: IORR >

Murrayfield stadium, Edinburgh, UK, June 9, 2018

  1. Start Me Up
  2. Let's Spend The Night Together
  3. It's Only Rock'n Roll
  4. Tumbling Dice
  5. Under My Thumb
  6. Ride 'em On Down
  7. She's A Rainbow (Voted)
  8. You Can't Always Get What You Want
  9. Paint It Black
  10. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  11. You Got The Silver (Keith)
  12. Happy (Keith)
  13. Sympathy For The Devil
  14. Miss You
  15. Midnight Rambler
  16. Jumping Jack Flash
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

Show start : 8:21pm
Show end : 10:22pm

 No Filter Tour 6日目

June 2018-

6月5日、マンチェスターのオールド・トラッフォード・スタジアムで開催された<No Filter Tour>6日目の公演では以下の曲が演奏されました。"Shattered" のライヴ演奏は2013年5月のアナハイム公演以来5年ぶりです。 < SOURCE: IORR >

Old Trafford, Manchester, UK, June 5, 2018

  1. Jumping Jack Flash
  2. It's Only Rock'n Roll
  3. Tumbling Dice
  4. Shattered
  5. Just Your Fool
  6. Let's Spend The Night Together (Voted)
  7. Like A Rolling Stone
  8. You Can't Always Get What You Want
  9. Paint It Black
  10. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  11. You Got The Silver (Keith)
  12. Before They Make Me Run (Keith)
  13. Sympathy For The Devil
  14. Miss You
  15. Midnight Rambler
  16. Start Me Up
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

Show start : 8:21pm
Show end : 10:22pm

 No Filter Tour 5日目

June 2018-

6月2日、コヴェントリーのリコー・アリーナ(スタジアム)で開催された<No Filter Tour>5日目の公演では以下の曲が演奏されました。この日はチャーリー・ワッツの77回目の誕生日でメンバー紹介のときにチャーリーを祝うシーンが見られました。なお、オープニング・アクトはコヴェントリー出身のバンド、スペシャルズが務めました、 < SOURCE: IORR >

Ricoh Arena, Coventry, England, UK, Jun. 2, 2018

  1. Street Fighting Man
  2. It's Only Rock'n Roll
  3. Tumbling Dice
  4. Paint It Black
  5. Ride 'Em On Down
  6. Like A Rolling Stone (Voted)
  7. Dead Flowers
  8. You Can't Always Get What You Want
  9. Honky Tonk Women
    --- Band introductions & Happy Birthday to Charlie
  10. You Got The Silver (Keith)
  11. Happy (Keith)
  12. Sympathy For The Devil
  13. Miss You
  14. Midnight Rambler
  15. Start Me Up
  16. Jumping Jack Flash
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

Show start : 8:20pm
Show end : 10:21pm

 No Filter Tour 4日目

May 2018-

5月29日、サウサンプトンのセント・メリーズ・スタジアムで開催された<No Filter Tour>4日目の公演では以下の曲が演奏されました。この日はファンの投票によって曲を決めるコーナーが実施されませんでした。 < SOURCES: IORR / Rolling Stone / Daily Echo >

St Mary's Stadium, Southampton, UK, May 29, 2018

  1. Start Me Up
  2. Let's Spend The Night Together
  3. Tumbling Dice
  4. It's Only Rock'n Roll
  5. Just Your Fool
  6. Under My Thumb
  7. Sweet Virginia
  8. You Can't Always Get What You Want
  9. Paint It Black
  10. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  11. The Worst (Keith)
  12. Before They Make Me Run (Keith)
  13. Sympathy For The Devil
  14. Miss You
  15. Midnight Rambler
  16. Jumping Jack Flash
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

Show start : 8:19pm
Show end : 10:16pm

 No Filter Tour 3日目

May 2018-

5月25日、ロンドンのロンドン・スタジアムで開催された<No Filter Tour>3日目の公演では以下の曲が演奏されました。この日のオープニング・アクトはフローレンス・アンド・ザ・マシーンが務め、フローレンス・ウェルチはストーンズのステージにもゲスト参加、"Wild Horses" でミック・ジャガーと美しいデュエットを聴かせました。 < SOURCE: IORR >

London Stadium, London, UK, May 25, 2018

  1. Jumping Jack Flash
  2. Let's Spend The Night Together
  3. It's Only Rock'n Roll
  4. Tumbling Dice
  5. Just Your Fool
  6. Dead Flowers (voted)
  7. Wild Horses (with Florence)
  8. You Can't Always Get What You Want
  9. Paint It Black
  10. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  11. The Worst (Keith)
  12. Happy (Keith)
  13. Sympathy For The Devil
  14. Miss You
  15. Midnight Rambler
  16. Start Me Up
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

Show start : 8:19pm
Show end : 10:18pm

 No Filter Tour 2日目

May 2018-

5月22日、ロンドンのロンドン・スタジアムで開催された<No Filter Tour>2日目の公演では以下の曲が演奏されました。"Fool To Cry" のライヴ演奏は99年3月のフィラデルフィア公演以来19年ぶりです。なお、この日のオープニング・アクトはリアム・ギャラガーが務めました。 < SOURCE: IORR >

London Stadium, London, UK, May 22, 2018

  1. Street Fighting Man
  2. It's Only Rock'n Roll
  3. Tumbling Dice
  4. Paint It Black
  5. Ride 'Em On Down
  6. Under My Thumb (voted)
  7. Fool To Cry
  8. You Can't Always Get What You Want
  9. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  10. Before They Make Me Run (Keith)
  11. Slipping Away (Keith)
  12. Sympathy For The Devil
  13. Miss You
  14. Midnight Rambler
  15. Start Me Up
  16. Jumping Jack Flash
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

Show start : 8:24pm
Show end : 10:28pm

 No Filter Tour 第2章始まる

May 2018-

5月17日、ローリング・ストーンズはアイルランド・ダブリンのクローク・パークで新たなUK/アイルランド・ツアー<No Filter Tour>をスタートさせました。2時間の公演で演奏されたのは以下の19曲です。"Neighbours" のライブ演奏は2003年8月13日のロッテルダム公演以来約15年ぶりとなります。 < SOURCE: IORR >

Croke Park, Dublin, Ireland, May 17, 2018

  1. Sympathy For The Devil
  2. Tumbling Dice
  3. Paint It Black
  4. Just Your Fool
  5. Ride 'Em On Down
  6. Neighbours
  7. Wild Horses (voted)
  8. You Can't Always Get What You Want
  9. It's Only Rock'n Roll
  10. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  11. Before They Make Me Run (Keith)
  12. The Worst (Keith)
  13. Miss You
  14. Midnight Rambler
  15. Start Me Up
  16. Jumping Jack Flash
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

Show start : 8:30pm
Show end : 10:27pm

Croke Park, Dublin, Ireland, May 17, 2018 - 2

Croke Park, Dublin, Ireland, May 17, 2018 - 1

 From The Vault シリーズ最新作は "No Security - San Jose '99"

May 2018-

ローリング・ストーンズのFrom The Vault シリーズ最新作となる『ノー・セキュリティ - サンノゼ1999』 が 、7月4日にユニバーサル・ミュージックから日本先行発売されます。日本盤CDにのみ、「ムーンライト・マイル」「ギミー・シェルター」の2曲がボーナス収録されます。予定されている発売形態は以下の通りです。 < SOURCE: universal-music >

ノー・セキュリティ - サンノゼ1999

DVD + 2CD + Tシャツ① / 特典ポスター付
SD ブルーレイ + 2CD + Tシャツ② / 特典ポスター付
DVD + 2CD / 特典ポスター付
SDブルーレイ + 2CD / 特典ポスター付
DVD / 特典ポスター付
SD ブルーレイ / 特典ポスター付
3LP(輸入盤仕様) 特典ポスター付  

<収録曲>

  1. ジャンピン・ジャック・フラッシュ / Jumpin’ Jack Flash
  2. ビッチ / Bitch
  3. ユー・ガット・ミー・ロッキング / You Got Me Rocking
  4. リスペクタブル / Respectable
  5. ホンキー・トンク・ウィメン / Honky Tonk Women
  6. アイ・ガット・ザ・ブルース / I Got The Blues
  7. セイント・オブ・ミー / Saint Of Me
  8. サム・ガールズ / Some Girls
  9. 黒くぬれ! / Paint It Black
  10. ユー・ガット・ザ・シルヴァー / You Got The Silver
  11. ビフォー・ゼイ・メイク・ミー・ラン / Before They Make Me Run
  12. アウト・オブ・コントロール / Out Of Control
  13. ルート 66 / Route 66
  14. 一人ぼっちの世界 / Get Off Of My Cloud
  15. ミッドナイト・ランブラー / Midnight Rambler
  16. ダイスをころがせ / Tumbling Dice
  17. イッツ・オンリー・ロックン・ロール / It’s Only Rock ’n’ Roll (But I Like It)
  18. スタート・ミー・アップ / Start Me Up
  19. ブラウン・シュガー / Brown Sugar
  20. 悪魔を憐れむ歌 / Sympathy For The Devil
    *CDのみボーナス・トラック
  21. ムーンライト・マイル / Moonlight Mile
  22. ギミー・シェルター / Gimme Shelter

 ミックとキースが参加したバディ・ガイの新作

May 2018-

6月15日に発売されるバディ・ガイのニュー・アルバム『The Blues Is Alive and Well』にはゲストとしてミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ジェッフ・ベック、ジェームズ・ベイが参加しています。トラック・リストは以下の通りです。 < SOURCE: RollingStone.com >

追記: 6月27日に1曲のボーナストラックが付いた日本盤がリリースされます。 < SOURCES: Rolling Stone Japan / Amazon >

The Blues Is Alive and Well

Tracklist

  1. A Few Good Years
  2. Guilty As Charged
  3. Cognac (featuring Jeff Beck & Keith Richards)
  4. The Blues Is Alive And Well
  5. Bad Day
  6. Blue No More (featuring James Bay)
  7. Whiskey For Sale
  8. You Did The Crime (featuring Mick Jagger)
  9. Old Fashioned
  10. When My Day Comes
  11. Nine Below Zero
  12. Ooh Daddy
  13. Somebody Up There
  14. End Of The Line

 アナログ盤ボックスセットの発売が決定

April 2018-

ローリング・ストーンズは『スティッキー・フィンガーズ』から『ブルー&ロンサム』まで15枚のアルバムを収録したLP BOX『ザ・スタジオ・アルバムズ・ヴィニール・コレクション1971-2016』を6月15日にリリースします。全作品オリジナル・マスター・テープからの音源、リマスタリングがなされ、アビイ・ロード・スタジオでのハーフ・スピード・カッティングによって制作されます。アナログ盤には180g重量盤が採用され、すべてのアルバムはダウンロード・カード付です。ボックスはナンバリング付の完全生産限定盤となり、それぞれのアルバムはオリジナル・パッケージを忠実に再現されているとのことです。なお、国内盤の予定はなく、輸入盤のみのリリースとなります。 < SOURCES: NME Japan / Universal Music Store / Amazon >

1971-2016 BOX

 オープニング・アクトを発表

April 2018-

ローリング・ストーンズは5月から始まるするUK/アイルランド・ツアーのオープニング・アクトを発表しました。リアム・ギャラガー、リチャード・アシュクロフト、スペシャルズらが参加します。 < SOURCE: rollingstones.com >

MAY 17TH DUBLIN - The Academic
MAY 22ND LONDON - Liam Gallagher
MAY 25TH LONDON - Florence + the Machine
MAY 29TH SOUTHAMPTON - The Vaccines
JUNE 2ND COVENTRY - The Specials
JUNE 5TH MANCHESTER - Richard Ashcroft
JUNE 9TH EDINBURGH - Richard Ashcroft
JUNE 15TH CARDIFF - Elbow
JUNE 19TH TWICKENHAM - James Bay
JUNE 22ND BERLIN - TBA
JUNE 26TH MARSEILLE - TBA
JUNE 30TH STUTTGART - TBA
JULY 4TH PRAGUE - TBA
JULY 8TH WARSAW - TBA

 キース、ベネフィットで演奏

March 2018-

3月15日、ニューヨークのビーコン・シアターにて行われたベネフィット・コンサート "Love Rocks NYC!" にキース・リチャーズが参加、ノラ・ジョーンズと "Make No Mistake" を、ゲイリー・クラーク・Jrと "Happy" を演奏しました。バックを務めたミュージシャンは以下の通りです。このベネフィットには他にドナルド・フェイゲン、ロバート・クレイ、ビリー・ギボンズ、アン・ウィルソン、メイヴィス・ステイプルズ、エミルー・ハリス、ジギー・マーリー、トロンボーン・ショーティ、ルシンダ・ウィリアムズ、ウォーレン・ヘインズなどが出演しました。収益はニューヨークで病気に苦しむ市民に栄養価の高い食事を提供する活動を行っている gods love nyc に寄付されるとのことです。 < SOURCES: Love Rocks NYC! / Complete Works >

Line-up:
Keith Richards (gtr, voc)
Norah Jones (voc) "Make No Mistake"
Gary Clark Jr. (gtr) "Happy"
Steve Jordan (dr)
Ivan Neville (keyb)
Robert Cray (gtr, bvoc)
Leroy Hodges (bass)
Rev. Charles Hodges (keyb)
Archie Turner (keyb)
… (brass)

Love Rocks NYC!
You Tube
Love Rocks NYC!
You Tube

 更に2公演が追加

March 2018-

ローリング・ストーンズは「ノー・フィルター」ツアーの2日間の追加公演を発表しました。追加されたのは5月29日のセント・メリーズ・スタジアム(サウサンプトン)、6月2日のリコー・アリーナ(コヴェントリー)で、これにより英国では8公演、ツアー全体では計14公演が開催されることになります。 < SOURCE: rollingstones.com >

The Rolling Stones 2018 Tour Dates

May 17 - Dublin, Ireland @ Croke Park
May 22 - London, U.K. @ London Stadium
May 25 - London, U.K. @ London Stadium
MAY 29 - Southampton, U.K. @ St Mary’s Stadium New Show Added
June 2 - Coventry, U.K. @ Ricoh Stadium New Show Added
June 5 - Manchester, U.K. @ Old Trafford Football Stadium
June 9 - Edinburgh, U.K. @ BT Murrayfield Stadium
June 15 - Cardiff, U.K. @ Principality Stadium
June 19 - London, U.K. @ Twickenham Stadium
June 22 - Berlin, Germany @ Olympic Stadium
June 26 - Marseille, France @ Orange Velodrome
June 30 - Stuttgart, Germany @ Mercedes Benz Arena
July 4 - Prague, Czech Republic @ Letnany Airport
July 8 - Warsaw, Poland @ National Stadium

 キース・リチャーズ LoveRocksNYC に参加

March 2018-

3月15日、ニューヨークのビーコン・シアターで開催される Love Rocks NYC! ベネフィット・コンサートにキース・リチャーズが参加することが発表されました。収益は全額ニューヨークで病気に苦しむ市民に栄養価の高い食事を調理し自宅に届ける活動を行っている gods love nyc に寄付されるとのことです。 < SOURCE: Love Rocks NYC! >

LoveRocksNYC

 ロンドンの追加公演

March 2018-

ローリング・ストーンズは「ノー・フィルター」ツアーのロンドン公演を1日追加しました。追加公演は5月25日にロンドン・スタジアムで行われます。 < SOURCE: rollingstones.com >

The Rolling Stones 2018 Tour Dates

May 17 - Dublin, Ireland @ Croke Park
May 22 - London, U.K. @ London Stadium
May 25 - London, U.K. @ London Stadium Extra Date Added
June 5 - Manchester, U.K. @ Old Trafford Football Stadium
June 9 - Edinburgh, U.K. @ BT Murrayfield Stadium
June 15 - Cardiff, U.K. @ Principality Stadium
June 19 - London, U.K. @ Twickenham Stadium
June 22 - Berlin, Germany @ Olympic Stadium
June 26 - Marseille, France @ Orange Velodrome
June 30 - Stuttgart, Germany @ Mercedes Benz Arena
July 4 - Prague, Czech Republic @ Letnany Airport
July 8 - Warsaw, Poland @ National Stadium

 2018年のUK&アイルランド・ツアーを発表

February 2018-

2月26日、ローリング・ストーンズは「ノー・フィルター」ツアーのパート2といえるUK&アイルランド・ツアーの日程を発表しました。ツアーは5月17日ダブリンのクローク・パークを皮切りに英国や欧州を回り、7月のプラハとワルシャワで終了します。英国での演奏は2013年、ロンドンのハイドパークでのコンサートやグラストンベリー・フェスティバルに出演して以来5年ぶり、またツアーで英国を回るのは12年ぶりとなります 。 < SOURCE: rollingstones.com >

Tour Date 2018

 ブリット・アワードのロニー

February 2018-

2月21日に開催された<BRIT Awards 2018>に於いて、ロニー・ウッドはグローバル・サクセス・アワードを受賞したエド・シーランを紹介、トロフィーを手渡しました。 < SOURCE: IORR >

 EXHIBITIONISM、ナッシュビルへ

February 2018-

ラスベガスのパラッツォにて開催中のローリング・ストーンズのエキシビション「EXHIBITIONISM」は2月25日で終了し、3月29日よりナッシュビルの The Musicians Hall of Fame and Museum で開催されます。アメリカでの最後の展示ということです。 < SOURCE: rollingstones.com >

  ベティ・ラヴェットのアルバムにキースが参加

February 2018-

3月30日リリースのベティ・ラヴェットのニュー・アルバム『Things Have Changed』にキース・リチャーズが参加しています。アルバムはボブ・ディランの作品集で、プロデュースはスティーブ・ジョーダンが担当、キースは「Political World」でギターを弾いているとのことです。収録曲は以下の通りです。 < SOURCE: Official Site / Amazon >

Things Have Changed

Tracklist

  1. Things Have Changed
  2. It Ain’t Me Babe
  3. Political World (feat. Keith Richards)
  4. Don’t Fall Apart On Me Tonight
  5. Seeing the Real You
  6. Mama You’ve Been On My Mind
  7. Ain’t Talkin’
  8. Times They are A-Changin’
  9. What Was It You Wanted (feat. Trombone Shorty)
  10. Emotionally Yours
  11. Do Right To Me Baby (Do Unto Others)
  12. Going, Going, Gone
  • Steve Jordan (Drums)
  • Larry Campbell (Guitar)
  • Pino Palladino (Bass)
  • Leon Pendarvis (Keyboards)

 グラミー「最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム」賞

January 2018-

1月28日、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンにて授賞式がおこなわれた「第60回グラミー賞」にて、ローリング・ストーンズの『ブルー&ロンサム』が「最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム」賞を受賞しました。ストーンズのグラミー受賞は第29回(1986年)の特別功労賞、第37回(1994年)の最優秀ロック・アルバム賞『ヴードゥー・ラウンジ』、最優秀短編ミュージックビデオ賞「ラヴ・イズ・ストロング」以来となります。 < SOURCE: grammy.com >

 ザ・フーの「ラスト・タイム」復刻

January 2018-

ザ・フーのラスト・タイム/アンダー・マイ・サムのシングルCDが1月24日に発売されました。これはザ・フーの日本盤オリジナル・シングルの意匠を再現した7インチ・サイズ紙ジャケット仕様のシングルCD第9弾となるもので、元となっているのはミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ブライアン・ジョーンズが薬物所持で逮捕された際に発表されたストーンズのカヴァー・シングル(1968年6月発売)です。 < SOURCES: Universal Music / Amazon >

Last Time / The Who

★日本初回盤シングルのジャケットを可能な限り忠実に再現
★日本初回盤レーベルも忠実に再現
★解説/歌詞対訳付
★完全生産限定盤

  "Paint It, BlacK"がグラミーの殿堂入り

January 2018-

2018年のグラミー殿堂入り25作品が発表され、ローリング・ストーンズの66年のシングル "Paint It, BlacK" (黒く塗れ!)が選ばれました。レコーディング・アカデミーはすべての音楽ジャンルを対象に、リリースから25年以上が過ぎた楽曲やアルバムの中から「質の高さ、もしくは歴史的な功績」を基準に毎年グラミー賞の殿堂入りを選んでいます。今年選ばれた25作品は以下の通りです。 < SOURCE: TEAMROCK.com >

2018 Grammy Hall Of Fame Inductees

  • A Night At The Opera - Queen (1975)
  • Dream On - Aerosmith (1973)
  • Band Of Gypsys - Jimi Hendrix (1970)
  • Space Oddity - David Bowie (1969)
  • Johnny Cash At Folsom Prison - Johnny Cash (1968)
  • Nevermind - Nirvana (1991)
  • Paint It, Black - The Rolling Stones (1966)
  • Tubular Bells - Mike Oldfield (1973)
  • Bring It On Home to Me - Sam Cooke (1962)
  • The Chronic - Dr. Dre (1992)
  • Fight The Power - Public Enemy (1989)
  • Flash Light - Parliament (1978)
  • Grazing In The Grass - Hugh Masekela (1968)
  • Heart Like A Wheel - Linda Ronstadt (1974)
  • I Can’t Help Myself - Four Tops (1965)
  • I Heard It Through The Grapevine - Gladys Knight & The Pips (1967)
  • (I Love You) For Sentimental Reasons - The King Cole Trio (1946)
  • I Will Always Love You - Whitney Houston (1992)
  • Mary Had A Little Lamb - Thomas Alva Edison (1878)
  • Me And Mrs. Jones - Billy Paul (1972)
  • My Man - Billie Holiday (1937)
  • Savoy Blues - Louis Armstrong & His Hot Five (1927)
  • A Song For You - Leon Russell (1970)
  • That’s All Right - Arthur ‘Big Boy’ Crudup (1949)
  • Moon River - Andy Williams (1962)

Home | News Archives