Sorry, In Japanese Only

twitter始めました

Stones News


Stones News Archives

 『レット・イット・ブリード』50周年記念盤発売決定

September 2019-

ローリング・ストーンズが1969年にリリースしたアルバム『レット・イット・ブリード』の50周年記年盤が11月1日に発売されることが決定しました。発売されるのはスーパー・デラックス・エディション、CD、LP、デジタルの4形態。スーパー・デラックス・エディションには、ボブ・ラドウィックによる最新リマスター・モノラル音源とステレオ音源がそれぞれ2枚のLPとハイブリッド・スーパー・オーディオCDに収録される他、“Honky Tonk Women/You Can’t Always Get What You Want”のピクチャー・スリーヴつきの7インチ盤、リトグラフ、ポスター、未発表写真収録の80ページの豪華本も同梱されます。 < SOURCES: Universal Music / udiscovermusic >

『レット・イット・ブリード』50周年記念盤

50周年記念デラックス・エディション <直輸入盤仕様/完全生産盤>
UIJY-75156 価格:23,000円+税

●完全生産限定ボックス・セット
●2枚<ステレオ&モノ>の180gLP(レストアされたオリジナル・アルバム・ジャケットに収容)
●2枚<ステレオ&モノ>のハイブリッドSuper Audio CD(カスタムスリーブに収容)
●「ホンキー・トンク・ウィメン」と「無情の世界」が収録された7インチ・シングル付(音源はモノ/オリジナル・ピクチャースリーヴに収容)
●80ページ豪華ブックレット付(デヴィッド・フリックによるエッセイ/イーサン・ラッセル撮影の未発表写真収録)
●3枚の手書き&レプリカ・サイン付きリトグラフ付
●UK盤にのみ付いていたオリジナル・ポスター付
●ボブ・ラドウィックによるリマスター音源
●英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付

1CDエディション
UICY-15843 価格:2,500円+税
●英文ライナー翻訳付(一部抜粋)/歌詞対訳付

 ミック、ベネチア国際映画祭に参加

September 2019-

ミック・ジャガーが出演している映画『The Burnt Orange Heresy』が第76回ベネチア国際映画祭のクロージング作品として、9月7日、プレミア上映されました。映画はチャールズ・ウィルフォードの小説を原作とするアートの世界を舞台にしたスリラー映画で、監督はジュゼッペ・カポトンディ、ミックの他にドナルド・サザーランド、エリザベス・デビッキ、クレス・バングが出演しています。記者会見で、その日の午前中に環境活動家の集団がレッドカーペットに座り込み抗議活動を行った件についての質問に対し、ミックはその活動を支持するとした上で「私たちは現在非常に困難な状況にある。特に米国では適切に設定されたすべての環境管理が、現政権によって取り消され一掃された。米国は環境管理の世界的リーダーであるべきだが、今はその逆を行うことに決めたようだ。」とトランプ政権を批判する発言も行いました。映画は9月5日から15日まで開催されているトロント国際映画祭でもプレミア上映が決まっています。 < SOURCES: Daiky Mail / RollingStone >

ベネチア映画祭01


 ロニー、チャック・ベリーのトリビュート・ライブ・アルバム発売

September 2019-

ロニー・ウッドは“Ronnie Wood with His Wild Five”名義でチャック・ベリーのトリビュート・アルバム『Mad Lad: A Live Tribute to Chuck Berry』を海外で11月15日に発売します。 < SOURCE: amass >

Mad Lad

『Mad Lad: A Live Tribute to Chuck Berry』

  1. Tribute to Chuck Berry (Live)
  2. Talking About You (Live)
  3. Mad Lad (Live)
  4. Wee Wee Hours (Live)
  5. Almost Grown (Live)
  6. Back in the USA (Live)
  7. Blue Feeling (Live)
  8. Worried Life Blues (Live)
  9. Little Queenie (Live)
  10. Rock 'N' Roll Music (Live)
  11. Johnny B Goode (Live)

 ロニーのドキュメンタリー、ロンドン映画祭でプレミア上映

September 2019-

ロニー・ウッドの新しいドキュメンタリー『Somebody Up There Likes Me』が、10月12日、ロンドン映画祭でプレミア上映されることが決定しました。ドキュメンタリーはマイク・フィギスが監督し、ロニーの音楽キャリアを振り返るほか、生い立ち、絵画への情熱、依存症からの回復、がんとの闘病などを取り上げているとのことです。 < SOURCE: Barks >

 60年代のUK盤ベスト2作が初の紙ジャケで日本限定発売

September 2019-

60年代発売のUK盤ベスト2作、『ビッグ・ヒッツ(ハイ・タイド・アンド・グリーン・グラス)』と『スルー・ザ・パスト・ダークリー(ビッグ・ヒッツVol.2)』が初めて紙ジャケット化され、10月30日に日本限定で発売されます。 < SOURCE: amass >

『ビッグ・ヒッツ(ハイ・タイド・アンド・グリーン・グラス)』UICY-79022[SHM-CD]

●初の紙ジャケット化/日本限定商品
●英国初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット仕様
●日本盤初回LP帯をミニチュア再現
●綴じ込みカラー・ブックレットをミニチュア再現
●2019年リマスター音源
●SHM-CD仕様
●MONO音源
●解説/歌詞・対訳付
●完全生産限定

『スルー・ザ・パスト・ダークリー(ビッグ・ヒッツVol.2)』UICY-79023[SHM-CD]

●初の紙ジャケット化/日本限定商品
●英国初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット仕様
●日本盤初回LP帯をミニチュア再現
●インナースリーヴ付き
●2019年リマスター音源
●SHM-CD仕様
●STEREO音源
●解説/歌詞・対訳付
●完全生産限定

 ノー・フィルター北米ツアー17日目(最終日)

August 2019-

ローリング・ストーンズはハリケーン「ドリアン」の影響で、8月31日に予定していたフロリダ州マイアミのハード・ロック・スタジアムでのコンサートを急遽8月30日に繰り上げて行いました。この日のライブは北米ツアー、そして2年前にハンブルグから始まった「ノー・フィルター・ツアー」の最終日となりました。アンコールの「ギーミー・シェルター」でミックが "Oh, a storm is threat'ning. My very life today." と歌い出すとスタジアムに激しい雨が降り始めましたが、ストーンズは次の「サティスファクション」を含む19曲をすべて演奏しました。ストーンズの今後の予定は発表されていませんが、ミックは "See you next time!" と言ってステージを降りたとのことです。 < SOURCES: IORR / RollingStone >

State Farm Stadium, Glendale AZ USA, August 26, 2019

  1. Jumping Jack Flash
  2. It's Only Rock'n'Roll
  3. Tumbling Dice
  4. Out Of Control
  5. Under My Thumb (vote song)
  6. You Can't Always Get What You Want
  7. Sweet Virginia (B-stage acoustic)
  8. Dead Flowers (B-stage acoustic)
  9. Sympathy For The Devil
  10. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  11. You Got The Silver (Keith)
  12. Before They Make Me Run (Keith)
  13. Miss You
  14. Paint It Black
  15. Midnight Rambler
  16. Start Me Up
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

 ノー・フィルター北米ツアー16日目

August 2019-

8月26日、ローリング・ストーンズはアリゾナ州グレンデールのステート・ファーム・スタジアムでコンサートを行いました。この日の vote song は「Get Off Of My Cloud(一人ぼっちの世界)」、今北米ツアーでは初めて演奏されました。 < SOURCES: IORR / JamBase >

State Farm Stadium, Glendale AZ USA, August 26, 2019

  1. Jumping Jack Flash
  2. Let's Spend The Night Together
  3. Tumbling Dice
  4. Sad Sad Sad
  5. Get Off Of My Cloud (vote song)
  6. You Can't Always Get What You Want
  7. Sweet Virginia (B-stage acoustic)
  8. Dead Flowers (B-stage acoustic)
  9. Sympathy For The Devil
  10. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  11. You Got The Silver (Keith)
  12. Before They Make Me Run (Keith)
  13. Miss You
  14. Paint It Black
  15. Midnight Rambler
  16. Start Me Up
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

 ノー・フィルター北米ツアー15日目

August 2019-

8月22日、ローリング・ストーンズはカリフォルニア州パサディナのローズボウル・スタジアムでコンサートを行いました。開演前に俳優のロバート・ダウニー・Jr.が舞台に立ち、NASAが火星の岩石を「ローリング・ストーンズ・ロック」と命名したことを観客に伝えました。コンサートの中でミックは "NASA has given us something we have always dreamed of, our very own rock on Mars. I can't believe it. I want to bring it back and put it on our mantelpiece." 「NASA​​は、我々が常に夢見てきたもの、火星にある我々自身の岩を与えてくれた。信じられないよ。それを持ち帰り、マントルピースの上に載せておきたい。」とコメントしました。 < SOURCES: IORR / USA Today >

Rose Bowl, Pasadena CA USA, August 22, 2019

  1. Street Fighting Man
  2. You Got Me Rocking
  3. Tumbling Dice
  4. She's A Rainbow (vote song)
  5. You Can't Always Get What You Want
  6. Sweet Virginia (B-stage acoustic)
  7. Dead Flowers (B-stage acoustic)
  8. Sympathy For The Devil
  9. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  10. You Got The Silver (Keith)
  11. Before They Make Me Run (Keith)
  12. Miss You
  13. Paint It Black
  14. Midnight Rambler
  15. Start Me Up
  16. Jumping Jack Flash
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

 ノー・フィルター北米ツアー14日目

August 2019-

8月18日、ローリング・ストーンズはカリフォルニア州サンタクララのリーバイス・スタジアでコンサートを行いました。ミックはこの日がベイ・エリアでの40回目の公演であることを観客に伝えました。 < SOURCE: IORR >

Levi’s Stadium, Santa Clara CA USA, August 18, 2019

  1. Jumping Jack Flash
  2. Let's Spend The Night Together
  3. Tumbling Dice
  4. Out Of Control
  5. Rocks Off (vote song)
  6. You Can't Always Get What You Want
  7. Sweet Virginia (B-stage acoustic)
  8. Let It Bleed (B-stage acoustic)
  9. Sympathy For The Devil
  10. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  11. You Got The Silver (Keith)
  12. Before They Make Me Run (Keith)
  13. Miss You
  14. Midnight Rambler
  15. Paint It Black
  16. Start Me Up
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

 ノー・フィルター北米ツアー13日目

August 2019-

8月14日、ローリング・ストーンズはワシントン州シアトルのセンチュリーリンク・フィールドでコンサートを行いました。ストーンズにとっては13年ぶりのシアトルでのショーでした。この日の vote song は「ビースト・オブ・バーデン」、今北米ツアーでは初めて演奏されました。 < SOURCE: IORR >

CenturyLink Field, Seattle WA USA, August 14, 2019

  1. Street Fighting Man
  2. You Got Me Rocking
  3. Tumbling Dice
  4. Best Of Burden (vote song)
  5. You Can't Always Get What You Want
  6. Sweet Virginia (B-stage acoustic)
  7. Dead Flowers (B-stage acoustic)
  8. Sympathy For The Devil
  9. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  10. You Got The Silver (Keith)
  11. Before They Make Me Run (Keith)
  12. Miss You
  13. Midnight Rambler
  14. Paint It Black
  15. Start Me Up
  16. Jumping Jack Flash
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

 ノー・フィルター北米ツアー12日目

August 2019-

8月10日、ローリング・ストーンズはコロラド州デンバーのブロンコス・スタジアム・アット・マイル・ハイでコンサートを行いました。この日の vote song は「ライク・ア・ローリング・ストーン」、今北米ツアーでは初めて演奏されました。 < SOURCE: IORR >

Broncos Stadium at Mile High, Denver CO USA, August 10, 2019

  1. Street Fighting Man
  2. Let's Spend The Night Together
  3. Tumbling Dice
  4. Like A Rolling Stone (vote song)
  5. You Can't Always Get What You Want
  6. Sweet Virginia (B-stage acoustic)
  7. Dead Flowers (B-stage acoustic)
  8. Sympathy For The Devil
  9. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  10. You Got The Silver (Keith)
  11. Before They Make Me Run (Keith)
  12. Miss You
  13. Midnight Rambler
  14. Paint It Black
  15. Start Me Up
  16. Jumping Jack Flash
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

 ノー・フィルター北米ツアー11日目

August 2019-

8月5日、ローリング・ストーンズはニュージャージー州イーストラザフォードのメットライフ・スタジアムで今ツアー2回目のコンサートを行いました。この日ストーンズは1990年8月25日のウェンブリー・スタジアム公演(アーバン・ジャングル・ツアー最終日)以来30年ぶりに「ハーレム・シャッフル」を演奏しました。なお、初日に見られたお立ち台の舞台装置は使われませんでした。 < SOURCE: IORR >

Metlife Stadium, East Rutherford, NJ, USA, August 5, 2019

  1. Jumping Jack Flash
  2. You Got Me Rocking
  3. Tumbling Dice
  4. Harlem Shuffle
  5. Monkey Man (vote song)
  6. You Can't Always Get What You Want
  7. Let It Bleed (B-stage acoustic)
  8. Dead Flowers (B-stage acoustic)
  9. Sympathy For The Devil
  10. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  11. You Got The Silver (Keith)
  12. Before They Make Me Run (Keith)
  13. Miss You
  14. Midnight Rambler
  15. Paint It Black
  16. Start Me Up
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

“Has anyone crossed two rivers to get here tonight? Anybody here from Queens? Anyone from Manhattan? Westchester? Staten Island? The Bronx? Hartford? Anyone here from New Jersey? We’re going to do a song sort of locally, vaguely, based. It’s called ‘Harlem Shuffle.’”

 ノー・フィルター北米ツアー10日目

August 2019-

8月1日、ローリング・ストーンズはニュージャージー州イーストラザフォードのメットライフ・スタジアムでコンサートを行いました。この日からステージ左右ウィングの端に床の一部がせり上がるお立ち台のような舞台装置が加わり、アンコールの"Satisifactin"でミック・ジャガーがその台の上で40秒ほど歌うという演出が見られました。8月5日には同会場で2回目のショーが行われます。 < SOURCE: IORR >

Metlife Stadium, East Rutherford, NJ, USA, August 1, 2019

  1. Street Fighting Man
  2. Let's Spend The Night Together
  3. Tumbling Dice
  4. She's A Rainbow (vote song)
  5. You Can't Always Get What You Want
  6. Sweet Virginia (B-stage acoustic)
  7. Dead Flowers (B-stage acoustic)
  8. Sympathy For The Devil
  9. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  10. Slipping Away (Keith)
  11. Before They Make Me Run (Keith)
  12. Miss You
  13. Paint It Black
  14. Midnight Rambler
  15. Start Me Up
  16. Jumping Jack Flash
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

 ノー・フィルター北米ツアー9日目

July 2019-

7月27日、ローリング・ストーンズはテキサス州州ヒューストンの NRG スタジアムでコンサートを行いました。この日voteで選ばれたのは「Doo Doo Doo Doo Doo (Heartbreaker) 」。この曲が演奏されたのはここ10年間では、2015年米ウィスコンシン州、2017年デンマークと今回の3回のみとのことです。またキース・リチャーズのコーナーが始まる前には、キースが前日76歳になったミック・ジャガーの誕生日を祝う珍しいシーンが見られました。 < SOURCE: IORR >

NRG Stadium, Houston TX USA, July 27, 2019

  1. Jumping Jack Flash
  2. Let's Spend the Night Together
  3. Tumbling Dice
  4. Out Of Control
  5. Doo Doo Doo Doo (vote song)
  6. You Can't Always Get What You Want
  7. Sweet Virginia (B-stage acoustic)
  8. Dead Flowers (B-stage acoustic)
  9. Sympathy For The Devil
  10. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  11. Slipping Away (Keith)
  12. Before They Make Me Run (Keith)
  13. Miss You
  14. Midnight Rambler
  15. Paint It Black
  16. Start Me Up
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

 ミックが出演した映画がヴェネチア映画祭で上映

July 2019-

ミック・ジャガーが俳優として出演した映画『The Burnt Orange Heresy』が第76回ヴェネチア国際映画祭のクロージング作品として上映されることが発表されました。映画祭は8月28日~9月7日に開催、『The Burnt Orange Heresy』は9月7日の閉幕式が行われた後に上映されるとのことです。映画はチャールズ・ウィルフォード著の小説をもとにしたスリラーで、ジョゼッペ・カポトンディが監督し、ミック・ジャガーの他、エリザベス・デビッキ、ドナルド・サザーランド、クレス・バングらが出演しています 。< SOURCE: Variety >

 ノー・フィルター北米ツアー8日目

July 2019-

7月23日、ローリング・ストーンズはペンシルベニア州フィラデルフィアのリンカーン・フィナンシャル・フィールドでコンサートを行いました。ショーの後半は雨が降り出すという悪天候の中、ストーンズは6万人の観衆の前で全19曲を演奏しました。< SOURCE: IORR >

Lincoln Financial Field, Philadelphia PA USA, July 23, 2019

  1. Street Fighting Man
  2. You Got Me Rocking
  3. Tumbling Dice
  4. Bitch (vote song)
  5. You Can't Always Get What You Want
  6. Angie (B-stage acoustic)
  7. Dead Flowers (B-stage acoustic)
  8. Sympathy For The Devil
  9. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  10. Slipping Away (Keith)
  11. Before They Make Me Run (Keith)
  12. Miss You
  13. Midnight Rambler
  14. Paint It Black
  15. Gimme Shelter
  16. Start Me Up
  17. Jumping Jack Flash
    --- Band off stage
  18. Brown Sugar
  19. Satisfaction

 ノー・フィルター北米ツアー7日目

July 2019-

7月19日、ローリング・ストーンズはフロリダ州ジャクソンビルのTIAAバンク・フィールドでコンサートを行いました。ストーンズのジャクソンビル公演は30年ぶりのことで、前日の18日、レニーカレー市長は7月19日を "Rolling Stones Day" と宣言していました。< SOURCE: IORR >

TIAA Bank Field, Jacksonville FL USA, July 19, 2019

  1. Street Fighting Man
  2. It's Only Rock'n'Roll
  3. Tumbling Dice
  4. Monkey Man (vote song)
  5. You Can't Always Get What You Want
  6. Play With Fire (B-stage acoustic)
  7. Sweet Virginia (B-stage acoustic)
  8. Sympathy For The Devil
  9. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  10. Slipping Away (Keith)
  11. Before They Make Me Run (Keith)
  12. Miss You
  13. Paint It Black
  14. Midnight Rambler
  15. Gimme Shelter
  16. Start Me Up
  17. Jumping Jack Flash
    --- Band off stage
  18. Brown Sugar
  19. Satisfaction

 ロニー、ソロ・アルバムを準備中

July 2019-

ロニー・ウッドは2010年の『アイ・フィール・ライク・プレイング』以来9年ぶりとなるソロ・アルバムを準備中と報じられています。ロニーは今秋放映予定のテレビ用ドキュメンタリー作品に合わせてレコーディングを行っているとのことで、アルバムは今年10月にリリースの予定です。< SOURCE: The Sun >

 ノー・フィルター北米ツアー6日目

July 2019-

7月15日、ローリング・ストーンズはルイジアナ州ニューオーリンズのメルセデス・ベンツ・スーパードームでコンサートを行いました。ミックの心臓弁手術によりニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバルへの出演をキャンセルし、熱帯暴風雨バリーの影響でコンサートを一日延期し、ようやく実現したニューオーリンズ公演でミックは「我々はインドアショーが雨で中止になった唯一のバンドだよ」とジョークを言いました。なお、この日から演奏曲数が1曲減り、全19曲になっています。< SOURCE: IORR >

Mercedes-Benz Superdome, New Orleans, LA, USA, July 15, 2019

  1. Jumping Jack Flash
  2. Let's Spend the Night Together
  3. Tumbling Dice
  4. Sad Sad Sad
  5. Under My Thumb (vote song)
  6. You Can't Always Get What You Want
  7. Angie (B-stage acoustic)
  8. Dead Flowers (B-stage acoustic)
  9. Sympathy For The Devil
  10. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  11. Slipping Away (Keith)
  12. Before They Make Me Run (Keith)
  13. Miss You
  14. Paint It Black
  15. Midnight Rambler
  16. Start Me Up
  17. Brown Sugar
    --- Band off stage
  18. Gimme Shelter
  19. Satisfaction

 ニューオリンズ公演1日延期

July 2019-

ローリング・ストーンズは、熱帯暴風雨バリーの影響で、7月14日に行われる予定だったニューオリンズでのコンサートを翌日7月15日に延期することを発表しました。< SOURCE: IORR >

 ノー・フィルター北米ツアー5日目

July 2019-

7月7日、ローリング・ストーンズはマサチューセッツ州フォックスボロのジレット・スタジアムでコンサートを行いました。この日はオープニング・アクトを務めたゲイリー・クラーク・ジュニアがゲスト参加し、"Ride 'Em On Down" でギターとボーカルを聞かせました。< SOURCE: IORR >

Gillette Stadium, Foxboro MA USA, July 7, 2019

  1. Street Fighting Man
  2. It's Only Rock'n'Roll
  3. Tumbling Dice
  4. She's So Cold (vote song)
  5. Ride 'Em On Down (with Gary Clark Jr)
  6. Play With Fire (B-stage acoustic)
  7. Dead Flowers (B-stage acoustic)
  8. Sympathy For The Devil
  9. You Can't Always Get What You Want
  10. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  11. Slipping Away (Keith)
  12. Before They Make Me Run (Keith)
  13. Miss You
  14. Paint It Black
  15. Midnight Rambler
  16. Start Me Up
  17. Jumping Jack Flash
  18. Brown Sugar
    --- Band off stage
  19. Gimme Shelter
  20. Satisfaction


 ノー・フィルター北米ツアー4日目

July 2019-

7月3日、ローリング・ストーンズはメリーランド州のランドローヴァーのフェデックス・フィールドでコンサートを行いました。ブライアン・ジョーンズの没後50周年となる日にストーンズは1969年7月5日のハイド・パーク公演以来となる「マーシー・マーシー」を演奏しました。ミックはこの曲を "This song was written and recorded by a native son of Washington DC, Don Covey." "We last played this song, We last played on stage in 1969 at the Hyde Park concert in London." と紹介しました。< SOURCE: IORR >

FedExField, Landover MD USA (near Washington D.C.), July 3, 2019

  1. Jumping Jack Flash
  2. It's Only Rock'n'Roll
  3. Tumbling Dice
  4. You Got Me Rocking
  5. Mercy Mercy
  6. Rocks Off (vote song)
  7. You Can't Always Get What You Want
  8. Angie (B-stage acoustic)
  9. Let It Bleed (B-stage acoustic)
  10. Sympathy For The Devil
  11. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  12. Slipping Away (Keith)
  13. Before They Make Me Run (Keith)
  14. Miss You
  15. Paint It Black
  16. Midnight Rambler
  17. Start Me Up
  18. Brown Sugar
    --- Band off stage
  19. Gimme Shelter
  20. Satisfaction


 ノー・フィルター北米ツアー3日目

June 2019-

6月29日、ローリング・ストーンズは <ノー・フィルター北米ツアー> 唯一のカナダ公演をオンタリオ州オロメドンテのバールズ・クリーク・イヴェント・グラウンズで行いました。この日は vote で選ばれた "She's A Rainbow" とキース・コーナー1曲目の "You Got The Silver" 以外はシカゴ初日と同じセットリストでした。ストーンズは集まった7万人の観客の前で全20曲を演奏しました。< SOURCE: IORR >

Burl's Creek, Oro Medonte, Ontario, Canada, June 29, 2019

  1. Street Fighting Man
  2. Let's Spend the Night Together
  3. Tumbling Dice
  4. Sad Sad Sad
  5. She's A Rainbow (vote song)
  6. You Can't Always Get What You Want
  7. Angie (B-stage acoustic)
  8. Dead Flowers (B-stage acoustic)
  9. Sympathy For The Devil
  10. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  11. You Got The Silver (Keith)
  12. Before They Make Me Run (Keith)
  13. Miss You
  14. Paint It Black
  15. Midnight Rambler
  16. Start Me Up
  17. Jumping Jack Flash
  18. Brown Sugar
    --- Band off stage
  19. Gimme Shelter
  20. Satisfaction

 ノー・フィルター北米ツアー2日目

June 2019-

6月25日に行われたローリング・ストーンズのシカゴ公演2日目では2007年8月のノルウエー以来12年ぶりのライブ演奏となった "Monkey Man"やBステージの "Play With Fire"と"Sweet Virginia" など、初日と7曲を入れ替えるセットリストになりました。この日は "Paint It Black" を演奏するところで、キースが誤って "Midnight Rambler" を弾き始めてしまい、間違ったキーのまま暫く演奏してしまうというミスが起きました。ミックは笑いながら観客に謝り、キースとハグし合った後に正しい曲順での演奏を再開しました。< SOURCE: IORR >

Soldier Field, Chicago, IL, USA, June 21, 2019

  1. Jumping Jack Flash
  2. It's Only Rock'n'Roll
  3. Tumbling Dice
  4. Bitch
  5. Ride 'Em On Down
  6. Monkey Man (vote song)
  7. You Can't Always Get What You Want
  8. Play With Fire (B-stage)
  9. Sweet Virginia (B-stage)
  10. Sympathy For The Devil
  11. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  12. Slipping Away (Keith)
  13. Before They Make Me Run (Keith)
  14. Miss You
  15. Paint It Black
  16. Midnight Rambler
  17. Start Me Up
  18. Brown Sugar
    --- Band off stage
  19. Gimme Shelter
  20. Satisfaction

 ノー・フィルター北米ツアー始まる

June 2019-

6月21日、ローリング・ストーンズはシカゴのソルジャー・フィールドにて<No Filter US Tour 2019>をスタートさせました。ツアーは当初4月のマイアミより開始する予定でしたがミックの心臓弁の置換手術のため延期されていました。初日公演では17年ぶりとなる "Sad Sad Sad" やBステージでの2曲のアコースティック・セット "Angie" "Dead Flowers" など全20曲が演奏されました。< SOURCE: IORR >

Soldier Field, Chicago, IL, USA, June 21, 2019

  1. Street Fighting Man
  2. Let's Spend the Night Together
  3. Tumbling Dice
  4. Sad Sad Sad
  5. You Got Me Rocking (vote song)
  6. You Can't Always Get What You Want
  7. Angie (B-stage)
  8. Dead Flowers (B-stage)
  9. Sympathy For The Devil
  10. Honky Tonk Women
    --- Band introductions
  11. You Got The Silver (Keith)
  12. Before They Make Me Run (Keith)
  13. Miss You
  14. Paint It Black
  15. Midnight Rambler
  16. Start Me Up
  17. Jumping Jack Flash
  18. Brown Sugar
    --- Band off stage
  19. Gimme Shelter
  20. Satisfaction

No Filter Tour 2019.06.21-1

No Filter Tour 2019.06.21-2

 キース・リチャーズ、シェリル・クロウのアルバムに参加

June 2019-

8月30日に発売されるシェリル・クロウが様々なミュージシャンと共演するアルバム『スレッズ』にはキース・リチャーズも参加、「The Worst」を演奏しています。11枚目のスタジオ・アルバムとなる『スレッズ』に関して、シェリルは米ラジオ局WFPKの番組『Kyle Meredith With』のインタビューで、「自分が大好きな人達、ヒーローと共作してる」「最後のフル・アルバムになると決めている」と語っています。< SOURCES: List / Billboard / Amazon >

Threads

Track List

  1. Prove You Wrong (featuring Stevie Nicks and Maren Morris)
  2. Live Wire (featuring Bonnie Raitt and Mavis Staples)
  3. Tell Me When It’s Over (featuring Chris Stapleton)
  4. Story Of Everything (featuring Chuck D, Andra Day, and Gary Clark Jr.)
  5. Beware Of Darkness (featuring Eric Clapton, Sting, and Brandi Carlile)
  6. Redemption Day (featuring Johnny Cash)
  7. Cross Creek Road (featuring Lukas Nelson)
  8. Everything Is Broken (featuring Jason Isbell)
  9. The Worst (featuring Keith Richards)
  10. Lonely Alone (featuring Willie Nelson)
  11. Border Lord (featuring Kris Kristofferson)
  12. Still The Good Old Days (featuring Joe Walsh)
  13. Wouldn’t Want To Be Like You (featuring St. Vincent)
  14. Don’t (featuring Lucius)
  15. Nobody’s Perfect (featuring Emmylou Harris)
  16. Flying Blind (featuring James Taylor)
  17. For The Sake Of Love (featuring Vince Gill)

 <ノー・フィルター>北米ツアーのオープニング・アクトを発表

June 2019-

ローリング・ストーンズは、6月21日のシカゴ公演からスタートし、8月31日のマイアミ公演で締めくくる<ノー・フィルター>北米ツアーのオープニング・アクトを発表しました 。< SOURCE: NME >

No Filter 2019 Tour:

June 2019
21 – Chicago, IL, Soldier Field (w/ St. Paul & The Broken Bones)
25 – Chicago, IL, Soldier Field (w/ Whiskey Myers)
29 – Oro-Medonte, ON, Burl’s Creek Event Grounds (w/ The Glorious Sons and The Beaches)

July 2019
3 – Washington, D.C., FedEx Field (w/ Ghost Hounds)
7 – Foxborough, MA, Gillette Stadium (w/ Gary Clark Jr)
14 – New Orleans, LA, Mercedes-Benz Superdome (w/ Ivan Neville’s Dumpstaphunk with Soul Rebels)
19 – Jacksonville, FL, TIAA Bank Field (w/ The Revivalists)
23 – Philadelphia, PA, Lincoln Financial Field (w/ Des Rocs)
27 – Houston, TX, NRG Stadium (w/ Bishop Gunn)

August 2019
1 – East Rutherford, NJ, MetLife Stadium (w/ The Wombats)
5 – East Rutherford, NJ, MetLife Stadium (w/ Lukas Nelson & Promise Of The Real)
10 – Denver, CO, Broncos Stadium at Mile High (w/ Nathaniel Rateliff & The Night Sweats)
14 – Seattle, WA, CenturyLink Field (w/ Lukas Nelson & Promise Of The Real)
18 – Santa Clara, CA, Levi’s Stadium (w/ Vista Kicks)
22 – Pasadena, CA, Rose Bowl (w/ Kaleo)
26 – Glendale, AZ (State Farm Stadium (w/ Kaleo)
31 – Miami, FL, Hard Rock Stadium (w/ Juanes)

No Filter 2019 Opening Acts

 <ノー・フィルター>北米ツアーの新日程を発表

May 2019-

5月16日、ローリング・ストーンズは、ミック・ジャガーの心臓弁の置換手術により延期していた<ノー・フィルター>北米ツアーの新日程を発表しました。ツアーは6月21日のシカゴから8月31日のマイアミまで17公演が開催される予定で、その中にはニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバルへの出演をキャンセルしたため、ニューオーリンズでの新公演も含まれています。< SOURCE: rollingstones.com >

No Filter 2019 Tour:

June 21: Soldier Field, Chicago, IL
June 25: Soldier Field, Chicago, IL
June 29: Burl’s Creek Event Grounds, Ontario, Canada
July 3: FedEx Field, Washington, D.C.
July 7: Gillette Stadium, Foxboro, MA
July 14: Mercedes-Benz Superdome, New Orleans, LA
July 19: TIAA Bank Field, Jacksonville, FL
July 23: Lincoln Financial Field, Philadelphia, PA
July 27: NRG Stadium, Houston, TX
Aug. 1: MetLife Stadium, E. Rutherford, NJ
Aug. 5: MetLife Stadium, E. Rutherford, NJ
Aug. 10: Broncos Stadium at Mile High, Denver, CO
Aug. 14: CenturyLink Field, Seattle, WA
Aug. 18: Levi’s Stadium, Santa Clara, CA
Aug. 22: The Rose Bowl, Pasadena, CA
Aug. 26: State Farm Stadium, Glendale, AZ
Aug. 31: Hard Rock Stadium, Miami, FL

No Filter Tour 2019

 『ロックンロール・サーカス』の50周年記念デラックス・エディション

April 2019-

ローリング・ストーンズが1968年に製作した映像作品『The Rolling Stones Rock and Roll Circus』のレストア版Blu-rayとDVD、ボーナストラック9曲を追加した全28曲入りサウンドトラック・アルバムCD2枚組をまとめた4枚組限定デラックス・エディションが海外で6月7日に発売されます。Blu-rayには4Kレストアされた映像とドルビーアトモス・サウンドを収録し、サウンドトラックの音源は新たにミックスされリマスタリングされているとのことです。特製パッケージの限定デラックスエディションにはエッセイや未公開写真が掲載された44ページのブックレットが付属します。また、サウンドトラック・アルバムは、CD2枚組単品版とアナログレコード3枚組版も発売されます 。< SOURCES: Billboard / amass / Universal Music >

※6月28日発売予定であった輸入国内盤仕様は7月12日発売に延期されました。

■『The Rolling Stones Rock and Roll Circus - Limited Deluxe Edition』

●The Rolling Stones Rock and Roll Circus (4K FILM)

★THE FILM

Song For Jeffrey - Jethro Tull
A Quick One While He's Away - The Who
Ain't That A Lot Of Love - Taj Mahal
Something Better - Marianne Faithfull
Yer Blues - The Dirty Mac
Whole Lotta Yoko - Yoko Ono & Ivry Gitlis, and The Dirty Mac
Jumpin' Jack Flash - The Rolling Stones
Parachute Woman - The Rolling Stones
No Expectations - The Rolling Stones
You Can't Always Get What You Want – The Rolling Stones
Sympathy for the Devil - The Rolling Stones
Salt Of The Earth - The Rolling Stones

★EXTRAS

Widescreen Feature Time: 65min., Aspect Ratio: 16:9
Pete Townshend Interview Time: 18min., Aspect Ratio: 4x3

The Dirty Mac
‘Yer Blues’ Tk2 Quad Split Time: 5min. 48sec, Aspect Ratio: 4x3

Taj Mahal
-Checkin’ Up On My Baby Time: 5min. 37sec., Aspect Ratio: 4x3
-Leaving Trunk Time: 6min. 20sec., Aspect Ratio: 4x3
-Corinna Time: 3min. 49sec., Aspect Ratio: 4x3

Julius Katchen
-de Falla: Ritual Fire Dance Time: 6 minutes 30 secs Aspect Ratio: 4x3
-Mozart: Sonata In C Major-1st Movement Time: 2min. 27sec., Aspect Ratio: 4x3

Mick & The Tiger/ Luna & The Tiger Time: 1min. 35sec., Aspect Ratio: 4x3

Bill Wyman & The Clowns Time: 2min., Aspect Ratio: 4x3

Lennon, Jagger, & Yoko backstage Time: 45sec., Aspect Ratio: 4x3

★FILM COMMENTARY TRACKS:

Life Under The Big Top (Artists) Time: 65 minutes
Featuring: Mick Jagger, Ian Anderson, Taj Mahal, Yoko Ono, Bill Wyman, Keith Richards

Framing The Show (Director & Cinematographer) Time: 65 minutes
Featuring: Michael Lindsay Hogg, Tony Richmond

Musings (artist, writer, fan who was there) Time: 50 minutes
Featuring: Marianne Faithfull, David Dalton, David Stark

●『The Rolling Stones Rock and Roll Circus Expanded Audio Edition』

1. Mick Jagger's Introduction Of Rock And Roll Circus - Mick Jagger
2. Entry Of The Gladiators - Circus Band
3. Mick Jagger's Introduction Of Jethro Tull - Mick Jagger
4. Song For Jeffrey - Jethro Tull
5. Keith Richards' Introduction Of The Who - Keith Richards
6. A Quick One While He's Away - The Who
7. Over The Waves - Circus Band
8. Ain't That A Lot Of Love - Taj Mahal
9. Charlie Watts' Introduction Of Marianne Faithfull - Charlie Watts
10. Something Better - Marianne Faithfull
11. Mick Jagger's and John Lennon's Introduction Of The Dirty Mac
12. Yer Blues - The Dirty Mac
13. Whole Lotta Yoko - Yoko Ono & Ivry Gitlis with The Dirty Mac
14. John Lennon's Introduction Of The Rolling Stones + Jumpin' Jack Flash - The Rolling Stones
15. Parachute Woman - The Rolling Stones
16. No Expectations - The Rolling Stones
17. You Can't Always Get What You Want - The Rolling Stones
18. Sympathy For The Devil - The Rolling Stones
19. Salt Of The Earth - The Rolling Stones

★BONUS TRACKS
20. Checkin' Up On My Baby - Taj Mahal
21. Leaving Trunk - Taj Mahal
22. Corinna - Taj Mahal
23. Revolution (rehearsal) - The Dirty Mac
24. Warmup Jam - The Dirty Mac
25. Yer Blues (take 2) - The Dirty Mac
26. Brian Jones' Introduction of Julius Katchen - Brian Jones
27. de Falla: Ritual Fire Dance - Julius Katchen
28. Mozart: Sonata In C Major-1st Movement - Julius Katchen

 『ザ・ローリング・ストーンズ展』開催延長

April 2019-

TOC五反田メッセで行われているローリング・ストーンズの大規模展示会『Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展』の開催期間が2019年6月5日まで延長されることが決定しました。これを記念して、5月22日より会場限定ボックス・セットが発売されます。ボックス・セットには『Sticky Fingers (Spanish Version)』から『Rewind (1971-1984)』まで5タイトルが特典付きストーンズ展会場限定発売のボックス・セットとして完全生産限定盤で発売されます。< SOURCE: udiscovermusic.jp >

スペシャル紙ジャケットボックスセット

 『ブリッジズ・トゥ・ブレーメン』6月発売

April 2019-

ローリング・ストーンズは、98年9月2日ドイツのブレーメン公演の模様を収録した『ブリッジズ・トゥ・ブレーメン』を6月21日にリリースします。ボーナス映像として、<ブリッジズ・トゥ・バビロン・ツアー>の初日、シカゴはソルジャー・フィールドでのステージから、本編とは重複しない5曲(内1曲は日本盤のみ)を追加収録します。発売されるフォーマットは以下の5種類です。< SOURCE: Universal Music >

Bridges_To_Bremen

DVD + 2 SHM-CD
価格:6,000円+税
デジパック仕様
日本語字幕付/解説:寺田正典

SDブルーレイ + 2 SHM-CD
価格:7,000円+税
デジパック仕様
日本語字幕付/解説:寺田正典

DVD
価格:4,000円+税
日本語字幕付/解説:寺田正典

SD ブルーレイ
価格:5,000円+税
日本語字幕付/解説:寺田正典

3LP(直輸入盤仕様)
価格:6,600円+税
解説:寺田正典

Bridges to Bremen Track List

  • (I Can’t Get No) Satisfaction
  • Let’s Spend The Night Together
  • Flip The Switch
  • Gimme Shelter
  • Anybody Seen My Baby?
  • Paint It Black
  • Saint Of Me
  • Out Of Control
  • Memory Motel
  • Miss You
  • Thief In The Night
  • Wanna Hold You
  • Its Only Rock ‘n’ Roll (But I Like It)
  • You Got Me Rocking
  • Like A Rolling Stone
  • Sympathy For The Devil
  • Tumbling Dice
  • Honky Tonk Women
  • Start Me Up
  • Jumpin’ Jack Flash
  • You Can’t Always Get What You Want
  • Brown Sugar

Bridges to Chicago – Bonus Performances

  1. Rock And A Hard Place
  2. Under My Thumb
  3. All About You
  4. Let It Bleed
  5. Little Queenie

 紙ジャケット5タイトルが日本限定発売

April 2019-

ローリング・ストーンズの世界初CD化を含む初の紙ジャケット5タイトルが5月22日に日本限定発売されます 。< SOURCE: Universal Music >

スティッキー・フィンガーズ(スペイン・ヴァージョン)

スティッキー・フィンガーズ(スペイン・ヴァージョン)

アンディ・ウォーホルがデザインしたジッパーのジャケットが猥褻だという理由で、『スティッキー・フィンガーズ』のスペイン盤は缶に指が入っている別のデザインに変更してリリースされた。収録曲も歌詞に問題があるとのことで、「シスター・モーフィン」が1971年のリーズ大学でのライヴ「レット・イット・ロック」(ステレオ・ミックス)に差し替えられた。この「レット・イット・ロック」のライヴ・バージョンは過去にはモノラル・ミックスが「ブラウン・シュガー」の英盤シングルのB面に収録されたことがある。そして2015年には『ステッキー・フィンガース』のスーパー・デラックス・エディションのボーナス盤にこの曲を含むリーズ大学でのライヴが全曲収録された。今回の紙ジャケットでは「レット・イット・ロック」だけが2015年のリマスター、他の曲が2009年のリマスター音源で収録される。

●世界初CD化 ●初の紙ジャケット単体商品化 ●スペイン初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット仕様 ●インサート付 ●1979年の再発日本盤LP帯をミニチュア再現 ●2009年リマスター音源(*一部2015年) ●SHM-CD仕様 ●解説/歌詞・対訳付 ●完全生産限定 ●2,667円+税

メイド・イン・ザ・シェイド

メイド・イン・ザ・シェイド

75年の全米ツアーに合わせてリリースされたスト-ンズ・レーベル初のベスト盤。それまでに発売されたスト-ンズ・レーベルの4枚のアルバムから選曲されており、収録曲10曲のうち7曲がシングルのA面でリリースされた代表曲で構成されている。ストーンズのメンバーが誰も登場しない独特のアルバム・ジャケットも話題になった。

●初の紙ジャケット化 ●英国初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット仕様 ●インナースリーヴ付 ●ステッカー付 ●1979年の再発日本盤LP帯をミニチュア再現 ●2009年リマスター音源 ●SHM-CD仕様 ●解説/歌詞・対訳付 ●完全生産限定 ●2,667円+税

タイム・ウェイツ・フォー・ノー・ワン

タイム・ウェイツ・フォー・ノー・ワン:アンソロジー1971-1977

71年の『スティッキー・フィンガーズ』から77年の『ラブ・ユー・ライヴ』の6枚のアルバムからセレクトされた英国唯一の編集盤で、米国盤はなく、英国、欧州、日本でリリースされた。タイトルの「タイム・ウェイツ・フォー・ノー・ワン」はアルバム『イッツ・オンリー・ロックンロール』のヴァージョンと比べると、エンディングのリム・ショットがやや長く収録されていたが、今回の紙ジャケットは2009年リマスターの通常バージョン。

●世界初CD化 ●初の紙ジャケット化 ●英国初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット仕様 ●インナースリーヴ付●1979年、ストーンズ・レーベル再発日本盤LP帯の意匠をモチーフにした帯 ●2009年リマスター音源 ●SHM-CD仕様 ●解説/歌詞・対訳付 ●完全生産限定 ●2,667円+税

サッキング・イン・ザ・70’s

サッキング・イン・ザ・70’s

米国で81年、英国で82年にリリースされた、「シャッタード」のB面「ターニング・トゥ・ゴールド」や78年7月6日のデトロイトでのライヴ・ヴァージョンとなる「ホエン・ザ・ウィップ・カムズ・ダウン」、『エモーショナル・レスキュー』に収録の「ダンス」の別テイクである「ダンス・パート・2」(イフ・アイ・ワズ・ア・ダンサー)などのレア・トラックを含む編集盤。

●初の紙ジャケット化 ●英国初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット仕様 ●インナースリーヴ付 ●1979年、ストーンズ・レーベル再発日本盤LP帯の意匠をモチーフにした帯 ●2005年リマスター音源 ●SHM-CD仕様 ●解説/歌詞・対訳付 ●完全生産限定 ●2,667円+税

リワインド 1971-1984

リワインド 1971-1984

71年の「ブラウン・シュガー」から83年の「アンダーカヴァー・オブ・ザ・ナイト」までのシングル曲をまとめたベスト・アルバム。アルバム・ジャケットは「シー・ワズ・ホット」のヴィデオ・クリップの一場面からとられている。このアルバムでしか聴けない曲はない。同時期にそのビデオ版とも言える『Video Rewind』がリリースされたが現在は廃盤 。

●初の紙ジャケット化 ●英国初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット仕様 ●インナースリーヴ付 ●ステッカー付 ●1979年、ストーンズ・レーベル再発日本盤LP帯の意匠をモチーフにした帯 ●2009年リマスター音源 ●SHM-CD仕様 ●解説/歌詞・対訳付 ●完全生産限定 ●2,667円+税

 ミックの手術、成功

April 2018-

ミック・ジャガーは4月4日、ニューヨークのプレビステリアン病院に於いて心臓弁の置換手術を行い、無事成功しました。手術は胸を開かず、カテーテルを使う方法が採用され、術後の経過は良好とのことです。< SOURCE: Billboard >

 北米ツアーの延期を発表

March 2019-

3月30日、ローリング・ストーンズはミック・ジャガーに治療が必要なためドクター・ストップがかかったことにより、4月20日のマイアミより開始する予定であった<ノー・フィルター>北米ツアーを延期すると発表しました。医師のアドバイスによれば、ミックは完全な回復が見込まれいるとのことです。またツアーの延期に伴い、5月2日の「New Orleans Jazz & Heritage Festival」(ニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバル)への出演キャンセルが発表されています 。< SOURCE: Rolling Stone>

 最新のベスト・アルバム『HONK』

March 2019-

ローリング・ストーンズの最新のベスト・アルバム『HONK』が4月19日にリリースされます。通常盤36曲入り2CDに加え、バンドの最近のツアーから未発表ライヴ音源を10曲収録したボーナス・ディスク付きのデラックス・エディション、3LP(直輸入仕様)、4LP(UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤カラー・ヴィニール)も発売されます。< SOURCE: Universal Music >

HONK

Disc 1

  1. Start Me Up
  2. Brown Sugar
  3. Rocks Off
  4. Miss You
  5. Tumbling Dice
  6. Just Your Fool
  7. Wild Horses
  8. Fool To Cry
  9. Angie
  10. Beast Of Burden
  11. Hot Stuff
  12. It’s Only Rock’n’Roll (But I Like It)
  13. Rock And A Hard Place
  14. Doom And Gloom
  15. Love Is Strong
  16. Mixed Emotions
  17. Don’t Stop
  18. Ride ‘Em On Down

Disc 2

  1. Bitch
  2. Harlem Shuffle
  3. Hate To See You Go
  4. Rough Justice
  5. Happy
  6. Doo Doo Doo Doo Doo (Heartbreaker)
  7. One More Shot
  8. Respectable
  9. You Got Me Rocking
  10. Rain Fall Down
  11. Dancing With Mr D
  12. Undercover (Of The Night)
  13. Emotional Rescue
  14. Waiting On A Friend
  15. Saint Of Me
  16. Out Of Control
  17. Streets Of Love
  18. Out Of Tears

Disc 3 – Live Tracks

  1. Get off My Cloud (Live at Principality Stadium 06/15/18)
  2. Dancing With Mr D (Live at Gelredome, Arnhem 10.15.17)
  3. Beast Of Burden (Live at Arrowhead Stadium, Kansas 06.27.15) [feat Ed Sheeran]
  4. She’s A Rainbow (Live at U Arena, Paris 10.25.17)
  5. Wild Horses (Live at London Stadium 05/22/18) [feat Florence Welch]
  6. Let’s Spend The Night Together (Live at Manchester Evening News Arena 05.06.18)
  7. Dead Flowers (Live at Wells Fargo Center, Philadelphia 06.18.13) [feat Brad Paisley]
  8. Shine A Light (Live at ArenA, Amsterdam 09.30.17)
  9. Under My Thumb (Live at London Stadium 05.22.18)
  10. Bitch (with Dave Grohl) (Live at The Honda Center, Anaheim 05.18.13) [feat Dave Grohl]

 Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展、始まる

March 2019-

ローリング・ストーンズの、バンド史上初となる大規模な企画展【Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展】が、3月15日より開催され、オープン前日の3月14日に会場であるTOC五反田メッセにてオープニングイベントが行われました。アンバサダーを務めるChar、鮎川誠、シシド・カフカをはじめ多彩な著名人がレッドカーペットに登壇したとのことです。< SOURCE: Billboard JAPAN >

開催に伴い、ミック・ジャガーから日本のファンに向けてコメントが届けられています。

◎展示情報
【Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展 delivered by DHL / official Japan sponsor 才能発掘アプリ Fairchance】
2019年3月15日(金)~5月6日(月・振休)
TOC五反田メッセ
営業時間:11:00~20:00(平日・土・祝前日)、11:00~18:00(日・祝日)
※最終入館時間は終了30分前まで
主催:Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展 製作委員会

 レコード・コレクターズ2019年4月号

March 2019-

3月15日発売のレコード・コレクターズ2019年4月号は巻頭カラー・ページでローリング・ストーンズが95年3月12日に東京ドームで行ったコンサートの模様を完全収録した映像作品『ヴードゥー・ラウンジ・イン・ジャパン1995』を紹介しています。< SOURCE: musicmagazine / Amazon >

□ 95年の日本公演の映像が、リストア/リマスターを施されたDVD/ブルーレイで待望の復活! (佐藤三十郎)

レココレ2019年4月号

 ローリング・ストーンズの日

February 2019-

一般社団法人日本記念日協会により2月14日が「ザ・ローリング・ストーンズの日」に制定されました。29年前の1990年2月14日、ローリング・ストーンズは日本で初めてのコンサートを東京ドームで行いました。< SOURCE: Universal Music >

 カナダ公演決定

February 2019-

ローリング・ストーンズは<ノー・フィルター>北米ツアーにカナダ公演を追加することを発表しました。公演が行われるのは6月29日、場所はオンタリオ州のオロ メドンテにある600エーカーのバールズ・クリーク・イベント・グランドで、主催者によると7万人近くのファンが集まるとのことです。これによりツアーは17公演が行われることになります。< SOURCES: IORR / rollingstones.com >

Burl's Creek Event Grounds, Oro Medonte, ONT

April 2019
20 – Hard Rock Stadium, Miami, FL
24 – TIAA Bank Field, Jacksonville, FL
28 – NRG Stadium, Houston, TX

May 2019
02 - New Orleans Fairgrounds, New Orleans, LA
07 – State Farm Stadium, Glendale, AZ
11 – The Rose Bowl, Pasadena, CA
18 – Levi’s Stadium, Santa Clara, CA
22 – CenturyLink Field, Seattle, WA
26 – Broncos Stadium At Mile High, Denver, CO
31 – FedExField, Washington, DC

June 2019
04 – Lincoln Financial Field, Philadelphia, PA
08 – Gillette Stadium, Foxborough, MA
13 – MetLife Stadium, East Rutherford, NJ
17 – MetLife Stadium, East Rutherford, NJ
21 – Soldier Field, Chicago, IL
25 – Soldier Field, Chicago, IL
29 - Burl's Creek Event Grounds, Oro Medonte, ONT

 『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』一夜限りの上映

February 2019-

ローリング・ストーンズのライブフィルム『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』が、4月4日(木)にZepp DiverCity(東京)とZepp Namba(大阪)にて一夜限りのライブハウス上映されます。ライブハウスのPAシステムをフル活用したダイナミックな大音量上映で、1981年のストーンズ全米ツアーを追体験できるとのことです。< SOURCE: ライヴ絶響上映 >

ザ・ローリング・ストーンズ、ライヴ・フィルム『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』(HDリマスター版)一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪
原題|THE ROLLING STONES LET'S SPEND THE NIGHT TOGETHER...Live it!

日時|2019年4月4日(木) Thursday.4th.April.2019.
18:30開場 19:30 開映
Zepp DiverCity(TOKYO) Zepp Namba(OSAKA)
[前売券]2月7日(木)12時より、チケットぴあより先行抽選受付(プレリザーブ)開始
券種|①プレミアム・エリア・シート(全席指定):4,000円(税込)|
②一般自由席(全席自由):3,000円(税込)|
③スタンディング(立見):2,000円(税込)
※入場者特典付(先着での配布になります。配布はなくなり次第終了とさせていただきます)
※当日券|500円増
※ご入場時に、別途ワンドリンク+500円をいただきます。
※プレミアム・エリア・シート|会場中・後方の座席で、より快適に作品をご鑑賞いただけるエリアになります。
【1982年/米国/デジタル・リマスター版/2ch/16:9/91分/カラー/BD/日本語字幕】
【先行受付|プレリザーブ(抽選)】2019年2月7日(木)12:00~2019年3月7日(木)23:59
▼1次先行(抽選)|受付期間:2月7日(木)12:00~2019年2月24(日)23:59
◎チケットぴあ:
・URL|http://w.pia.jp/t/lstnt/(PC、モバイル共) Pコード:143-124 [東京・大阪共通]

 『ヴードゥー・ラウンジ・イン・ジャパン1995』発売決定

January 2019-

ローリング・ストーンズが95年3月12日に東京ドームで行ったコンサートの模様を完全収録し、当時日本でのみVHSおよびレーザー・ディスクで発売された『ワールド・ツアー’95 “ヴードゥー・ラウンジ・イン・ジャパン”』が、『ヴードゥー・ラウンジ・イン・ジャパン1995』のタイトルで3月に日本限定リイシューされます。最新技術によって再編集、リストア&リマスターされた作品は、DVD+2CD、ブルーレイ++2CD、DVD、ブルーレイの複数形態で発売されます。また、3月15日から開催される『Exhibitionism - ザ・ローリング・ストーンズ展』の会場のみ限定エディションも発売されるとのことです。(DVD+2CD、ブルーレイ+2CDがスペシャルなスリップ・ケースに収容、3枚のステッカー付) < SOURCE Universal Music >

ワールド・ツアー’95 “ヴードゥー・ラウンジ・イン・ジャパン”

DVD + 2 SHM-CD
品番:UIBY-15094  価格:7,000円+税
デジパック仕様/有賀幹夫20ページ・フォトブック 正方形サイズ付
日本語字幕付/解説付

SDブルーレイ + 2 SHM-CD
品番:UIXY-15022  価格:8,000円+税
デジパック仕様/有賀幹夫20ページ・フォトブック 正方形サイズ付
日本語字幕付/解説付

DVD
品番:UIBY-15095  価格:4,500円+税
有賀幹夫20ページ・フォトブック 長方形サイズ付
日本語字幕付/解説付

SD ブルーレイ
品番:UIXY-15023  価格:5,200円+税
有賀幹夫20ページ・フォトブック 長方形サイズ付
日本語字幕付/解説付

⑤DVD + 2 SHM-CD<スペシャル・エディション/Exhibitionism – ザ・ローリング・ストーンズ展会場限定商品>
品番:PROT-3001  価格:7,600円+税
特製スリーヴケース付/デジパック仕様
有賀幹夫20ページ・フォトブック 正方形サイズ付
日本語字幕付/ステッカー3枚封入
*『Exhibitionism – ザ・ローリング・ストーンズ展』会場限定発売

⑥SDブルーレイ + 2 SHM-CD<スペシャル・エディション/Exhibitionism – ザ・ローリング・ストーンズ展会場限定商品>
品番:PROT-4009  価格:8,600円+税
特製スリーヴケース付/デジパック仕様
有賀幹夫20ページ・フォトブック 正方形サイズ付
日本語字幕付/ステッカー3枚封入
*『Exhibitionism – ザ・ローリング・ストーンズ展』会場限定発売

 『トーク・イズ・チープ』30周年記念盤

January 2019-

キース・リチャーズの初のソロ・アルバム『トーク・イズ・チープ』の30周年記念盤が3月29日にリリースされます。アルバムはスティーヴ・ジョーダンの手によりオリジナル・テープからリマスタリングが行われており、6曲の未発表音源を収録したボーナス・ディスク付2枚組デラックス・エディション、最新リマスタリング音源を収録した1CDとアナログ盤、そして、2枚のCDと、オリジナル・アルバムとボーナス・トラックをそれぞれ収録した2LPに加え、2枚の7インチ・シングルと80ページにも及ぶ豪華ハードカヴァー・ブックやメモラビアを封入した限定盤デラックス・ボックス・セットという複数形態でリリースされます。限定盤デラックス・ボックス・セットにはハード・カヴァー・ブックに掲載されているエッセイの日本語訳付の日本仕様の輸入盤(5053.846980)も発売されます。アルバム発売に先駆けてボーナス・トラックに収録される"My Babe"のリリック・ビデオが公開されています。これはウィリー・ディクスンがリトル・ウォルターのために書いたウォルター最大ヒット曲のカヴァーです。 < SOURCES: NME / Elusivedisc >

‘Talk Is Cheap’ Single CD and vinyl full tracklisting:
1. Big Enough
2. Take It So Hard
3. Struggle
4. I Could Have Stood You Up
5. Make No Mistake
6. You Don’t Move Me
7. How I Wish
8. Rockawhile
9. Whip It Up
10. Locked Away
11. It Means A Lot

‘Talk Is Cheap’ Deluxe & Super Deluxe Box Set includes these extra bonus tracks:
1. Blues Jam
2. My Babe
3. Slim
4. Big Town Playboy
5. Mark On Me
6. Brute Force

‘Talk Is Cheap’ Deluxe Box Set also comes with
*180g LP album &180g LP bonus material
*the 7” Single (Take It So Hard / I Could Have Stood You Up)
*the 7” Single (Make No Mistake / It Means A Lot)
*CD album & CD containing bonus material
*80 page hardback book featuring Anthony De Curtis essay, new interview with Keith Richards and extensive photos,
*Memorabilia: 1x tour laminate, 2x lyric sheets, original ‘Talk Is Cheap’ playback invite, tour guitar pick and 2x posters
*Housed in a folio pack wrapped in Fender guitar case material

‘Talk Is Cheap’ Super Deluxe box set
*Limited & Numbered
*All content matches the Deluxe Box set
*Comes with added special feature, a one-of-a-kind exclusive casing replicating Keith’s favourite Fender Guitar ‘Micawber’
*Features hand-reliced ash wood with original Fender guitar elements, handmande at the Fender Custom Shop in California

Bonus Sessions Personnel:
Tracks 1-4:
Mick Taylor
Johnnie Johnson
Joey Spampinato
Chuck Leavell
Track 5:
X-Pensive Winos
Track 6:
Bootsy Collins
Bernie Worrell

 ローリング・ストーンズ、ニューオーリンズ・ジャズ・フェスティバルに出演決定

January 2019-

4月25日(木)~28日(日)、5月2日(木)~5日(日)の2週にわたって、ニュー・オーリンズにて開催される「New Orleans Jazz & Heritage Festival」(ニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバル)のラインナップが発表され、5月2日のローリング・ストーンズ他ケイティ・ペリー、ヴァン・モリソン、サンタナらの出演が決定しました。これによりストーンズの<ノー・フィルター>北米ツアーは16公演が行われることになります 。 < SOURCES: New Orleans Jazz & Heritage Festival / IORR >

April 2019
20 – Hard Rock Stadium, Miami, FL
24 – TIAA Bank Field, Jacksonville, FL
28 – NRG Stadium, Houston, TX

May 2019
02 - New Orleans Fairgrounds, New Orleans, LA
07 – State Farm Stadium, Glendale, AZ
11 – The Rose Bowl, Pasadena, CA
18 – Levi’s Stadium, Santa Clara, CA
22 – CenturyLink Field, Seattle, WA
26 – Broncos Stadium At Mile High, Denver, CO
31 – FedExField, Washington, DC

June 2019
04 – Lincoln Financial Field, Philadelphia, PA
08 – Gillette Stadium, Foxborough, MA
13 – MetLife Stadium, East Rutherford, NJ
17 – MetLife Stadium, East Rutherford, NJ
21 – Soldier Field Chicago, IL
25 – Soldier Field Chicago, IL


Home | News Archives