ホーム]
就職(不能)活動
しゅうしょくふのうかつどうにっき
早くも2ヵ年計画発動!?のダメダメ就職活動の様子を内定まで実況中継!
ダメ人間に生きる道はあるのか!  審判の日は近い!


最終結果まとめて大公開

内定:メディアワークス
落選:ムービック(二次面接)、ナムコ(一次面接)、ぴあ(二次面接)、小学館(一次面接)、エニックス(一次面接)、アスキー(一次面接)、白泉社(筆記)、バンダイ(筆記)、角川書店(書類)、集英社(書類)、マガジンハウス(資料請求)
辞退:講談社(筆記)、タイトー(筆記?)、ジャレコ(書類)
(括弧内は、それぞれ「〜で落ちた」、「〜を辞退した」という意味です。落選は内定に近かったと思われる順に並べてあります。秋田書店の辞退は不適切でしたので削除しました。)
 

総括と、日記の今後

  さて、なんだかんだで終わってしまいました就職活動。他社?もう受けません。なんたって、メディアワークスは押しも押されぬ(字違う?)第一希望でしたから。いや、ほんとはその上に講談社小学館集英社が一応あったりするけど。さらにその上に活動過程において急浮上してきたナムコ様があったりするけど。ええと、あとセガも間に合ってたら行きたかったかな…。って、第6希望ぢゃねえかっ。
  いやでも、60%は冗談にせよ、みなさん(つっても一部だが)ご存知の通り、メディアワークス第一希望というのは公言してたんだよねえ、なぜか。これだけことごとく落ちておいて、しかもキレイにラスト1社になってメディアワークスに通った理由、と言えばやっぱこれなのかもしれない。自己暗示にせよ(いや僕の場合は本気ですよ)、すげー行きたいぜー、と思うこと。好きな気持ちは相手にも伝わるもんだ。その上で、普通に面接に臨めばだいじょうぶ。ていうか、僕、面接で何もすごいこと言ってないもん、マジで。もちろん、事前準備は大切だし、僕の場合なんか大学名にも少なからず助けられてると思うし、他に細かい要素もたくさんあるわけだけど。
  というわけで、就職はやっぱよくわからん。不透明すぎる。結局ホントの意味での賢さで全て決まってる気もする。だからまあ、普通に生活して、あとはそのことを普通にしゃべれるようにすればよいのかも。
  しかしこうやってにわか就職評論家が生まれていくのだなあ…。あんまり信じるなよお。
  さて、この日記の今後ですが、タイトルの「就職活動」はもう終わっちゃったし、とりあえず終了です。しかし案ずるなかれ、明日からまた形を変えてスタートする…と思う。やる気なくなってなければ、ですね。僕の豊富なコンテンツ(小学館三題噺の弊害がこんなところに)を生かしてあやしー日記が作れたらいいな。ていうかホントは俺日記ってだいっきらいなんだよね。後ろ向きでさー。だからもしかすると日記に力入れるよりはちゃんとHPの1コーナーとしてなんか作るかもしれません。とにかく期待せよ。
  最後に、就職活動中お世話になったみなさん、ほんとにありがとうございましたっ。名前挙げて感謝したいけどもし忘れてる人いたりしたら犯罪だし、CDとかゲームとかでスペシャルサンクス、なんてのを見るたびにお前きっと誰か悲しませてるぞ、とか思ったりするので、それはしません。少なくともここを読んでくれたみなさん(gooで飛んできたみなさんまでは面倒見切れんが)には感謝しています。
  それにしても就職程度で大騒ぎするやつ、我ながらいやだねえ。こんなやつ絶対就職できねえぜ、って、内定出ちゃったもんねー。へへっ。よくわからんが、おわり。
 

99.6.30(Wed)

  区切りがいいので、今日までここに日記つけちゃう。
  晴れて自由の身となり、堂々とゲー研@駒場。講義はどうした。
  いつも通りバーガーショップに寄ると、いつものおばちゃんに声をかけられる。前回就職活動の話をしたからか、絶妙のタイミングで「就職はどこか決まった?」と尋ねてくる。あぶねえ。おばちゃんは絶対知らないであろう会社名まで言わされてちょっと困ったが、とにかく祝福してくれたのはうれしい。生協のバーガーショップごときで大学生活4年間のドラマを作るというのも悲しすぎるものがあるが。それにしても生協ってどこも店員変わらないよね。書籍部のレジのお姉ちゃん(ちょっとTARAKO似)もずーっといるし。
  ゲー研でも必要以上に「おめでとう」を連呼される。要するに今まで僕が騒ぎ過ぎてたわけだな、と思い知ることに。でもまあ、ほんとみんなにはお世話になりました。ありがとー。
  明日のバイキングに備えて早めに帰って、早めに松屋で並を食べて、でも寝るのはやっぱ明け方。
 

99.6.29(Tue)[メディアワークス]

  最近11時くらいになると一度目が覚める。過去2回のメディアワークスからの通過連絡が11時頃だったからで、この時間になるともう気になって気になって。ほんとこのままじゃ気が狂うぞ、と思ってた今日。
  結局13時に起きてきのう読まなかったスピリッツその他を立ち読みして、昼食を食べて、さて、ゲーセンでも行こうか、という時に電話が鳴る。ディスプレイにはちょっとだけ見慣れたメディアワークス総務部の電話番号(ていうか非通知設定にしましょうよ)が。こ…これは…。静かに受話器を取る。
  「メディアワークスの○○ですが…」
  …
  内定という方向で進めますので…」
  …
  …
  そして受話器を置く。思わず恥ずかしいガッツポーズ。ガッツ石松の偉大さを感じながら、飛びあがってガッツポーズ。ああ、僕にもこんな熱いパッションがあったのだなあ、となぜか感心してしまう。とにかく嬉しかった。
  さっそくお世話になったみなさんにチャットで(オイ)連絡。数ヵ所に報告とお礼の書き込みをしておく。それからゲーセン行って、ファーストガンダム1巻借りて、ダビング用のビデオテープ買って戻る。チャットを確認すると早くもレスがあったりして、感激。ホントみなさんのおかげです。最後のほうなんか、これだけ騒いでおいて落ちたら申し訳ない、ってのがあったし。わざとそうやって自分を追い詰めてた部分もあったわけだが。
  父親から相撲のことで(謎)電話がかかってきたついでに報告すると、案の定「なんだその会社わ」という反応。いいんです、身の回りに狂信的なファンもいるし、パンピーに知られてなくたって、全然気にしない。現在もっとも進化した人種である(と僕は信じている)オタクのために身を粉にして働くぜっ。ちなみに俺はオタクでわない。
  今日のオマケ。アスキー、連絡来ず。お見事っ。
 

99.6.28(Mon)

  一度も出たことのない駒場2限の講義は、やっぱり「一度も出たことがない」という理由で欠席。ていうか12時起床。
  そろそろG.B.ドラムマニア入ってないかなー、とお出かけ。マックでクーポン使っててりやきマックセットイタリアンピザパイをつける。しかも飲み物はバニシェマックの限界を感じつつもなかなかリッチだぜ、と喜び勇んでイタリアンピザパイにかぶりつく。あちぃ!家なら速攻吐き出してたが、前に女子高生もいるし、冷静に対処せねばっ。おらおら、ごく自然に食ってやるぜー。そして口中ヤケド。シェイクじゃあんまり癒せないし、相変わらずポテトは食べきれないし、最悪。
  口中ひりひりする中、G.B.に行くが、ハーレー撤去の跡はまだ何もないままで、ドラムマニアはまだ。ていうか入荷するんだろうか。仕方なくスト3DDR春麗に乱入するが、どうも台の向こうに気配がない。案の定一人プレーに飽きた奴は絶妙のタイミングで隣の台に乱入しており、結局動かない春麗を相手にすることに。金返せー。それからいぶき撃退、レミーに敗退、2台とも同じような動きのレミーに占拠されててきとーに勝ったり負けたり。
  それから所持金1000円は危険なので、吉祥寺さくら銀行へ行く。ついでにドラムマニアとかとか行けるし。定期だからタダだし。電車内で、めちゃめちゃかわいい学芸大附属小の3年生(推定)を発見。観察モードに入る。んー、あっちむいてほい始めたよぉ、負けまくってるよぉ、三本勝負だよぉ。顎のあたりで切りそろえた水分たっぷりのきれいな髪が帽子から出てるんだよぉ。目がまあるくて、笑顔がかわいいんだよぉ。という子ども好きな優しい僕でした。あそこは制服もなかなかよいです。襟がちょっとセーラー服っぽいやる気のないワンピース。子どもファッションにも造詣の深い僕でした。ミキハウスは企業イメージ悪いので就職しないが。
  吉祥寺に到着して、とりあえずさくら銀行。列がすごい。それから1年ぶりくらいにアニメイトへ行って、でじこCDを購入してしまったにょ。ZESTドラムマニアは10人くらいの列でやる気せず。せっかく来たのに。そのままプラザカプコンへ移動し、スト3リュウ撃退、いぶきに負ける。それにしてもわざわざ100円のところでやるなよ俺。それからへ行って、何も買わず帰る。
  やっぱ手持ちがあるとダメで、帰りにスパコンスーパーロボット大戦コンプリートボックス)を買ってしまい、ボイス編集で遊ぶ。いや、ボイス編集のために買った。本編はおそらくやらない(オイ!)。結局下ネタしかできなくて悲しくなるが、意外と爆笑。バカ。
  ここで突然ですが、広末Teaoバッジ総括。なんかもう、売ってないんだもん(泣)。
  「おはよう」「こんにちは」「ありがとう」「おめでとう」
  「よかったね」「がんばって」「元気?」「ファイト!」
  「ナイショ」「バイバイ」
  以上10種しか集まりませんでした。ちなみにダブりは「こんにちは」「おめでとう」「ファイト!」「バイバイ」。結局残り2つのメッセージは何だろ…。どなたかトレードしてください。
  それから協力してくださったみなさん、本当にありがとうございました。僕のためにあのマズいTeaoを…。
 

99.6.27(Sun)

  同窓会ついでに泊まっていった母親とそれを迎えに来た(ついでに補給物資を届けに来た)父親で大盛況。だから吸殻を処分して帰れといつも言っているだろうがっ!
 

99.6.26(Sat)

  TMRで駒場。TDがパン自販機でこれまでになく怪しげなパンを買ってくる。なんか全面に唐辛子が塗ってあってちょっとだけチーズが乗ってる赤いパン。ラベルに印刷された辛いのでご注意ください!の文字。ていうか、これがパンの名前(爆)。「エンタープライズ」「Uボート」以来のナイスネーミング賞。他にもいろいろくだらねえネーミングがあった気もするが。
  当然僕もチャレンジし、口の中が熱くなる。ていうかまずい。期待通りなのでそれでも嬉しいのがポイント。
  会合の後、御用達エサ場の1つ、渋谷フォルクスへ。うーん、ハンバーグシチュー仕立てはやっぱよいねえ。
  深夜、エロゲー早解き対決、今回は俺「ホワイトアルバム美咲」対T.T「ホワイトアルバムマナ」対ばんだい「ONE誰だかよくわからない」。攻略サイトの通りに攻めて完勝。しかし何度やっても変なゲームだ。
 

99.6.25(Fri)

  金曜日はやっぱり映画の日。今週は「アドレナリンドライブ」。BSで昔やってて何気なく見たらトラウマになった「裸足のピクニック」(しかもNHKもう1回放送しやがった。そして見てトラウマを深めた)の矢口史靖監督作品。
  とりあえずアフタヌーン電撃プレイステーションを買って、キン肉マン(録画)を見ながら昼食をとってからお出かけ。雨の中渋谷を歩いてシネアミューズへ。
  予想通り、というか前情報通り、というか、僕のよくわからん言葉で言うところの「偏差値の高い日本的コメディー」で、細かいネタの応酬。とりあえずおもしろい…が、肝心の大筋が余りにもありきたりでインパクト不足。ラストなんか多分全員が想像してた通りだと思うぞ。やっぱ「裸足の…」レベルのいっちゃった作品を期待するのも無理な話かにゃ。あと、最近よくある傾向だが、テーマソングに大昔の歌謡曲を持ってきてイメージ固めてもらう、って手がちょっと気になる。ほら、リップスティックもそうだし、カレカノもそうだし。それにしても、石田ひかりはよい。
 

99.6.24(Thu)[メディアワークス]

  メディアワークス最終三次面接。あまりの不安から、電話して面接時間を確認しちゃったり。そして案の定合ってたり。前回同様、広末Teaoバッジ「ファイト!」をお守りに握り締め出陣。御茶ノ水駅で時間調節をして、20分前にメディアワークス到着。なんか机の配置が変わってて受付も消えててあせる。そして待つこと10分…ってオイ、まだ予定時間になってねえだろ、と反論する暇もなく受付の電話が鳴り呼び出される。採用担当のお兄様の「がんばってください」を受け、扉をノック。ちなみにL←→Rの英語はなんかうわずってて変だったなあ…。
  (ふぅー)
  終了!終了!
  ゼミなんか出てられるかっ、と駒場直行。さらにバーガーショップ直行。1年冬学期あたりから学校に来たらバーガーしか食ってなかったおかげですっかり仲のよいおばちゃんに、声をかけられる。
  「どうしたの、背広なんか着ちゃって」
  「就職活動です」
  「へえ………(間)………就職活動!?」
  (なんだその間は…)
  「もう4年生なんだ」
  「そうですよ」
  「へえー、早いわねー」
  うーん、ホント早いよなー。まだまだ20そこそこの僕でさえ早く感じるんだから、おばちゃんにとっちゃあ4年間なんてどんなに早いんだか…。変な味だけど完璧に慣れきったセットのジンジャーエールを飲みながらしみじみ。
  そして21時までゲー研で有意義な無駄話。広末御用達の山手でラーメン。吉祥寺で降りたついでにZESTに寄ると、ドラムマニア発見。当然のようにばんだい氏も登場。1回プレーして、難易度1、2、3とやってなんとかクリア。そろそろ音ゲー引退の時期かも。
 

99.6.23(Wed)[メディアワークス][トミー]

  メディアワークス最終面接準備。すなわち何もせず部屋の中をウロウロと。
  TBSウンナンのホントのところ」でやっている「Eメール恋愛」の企画にめちゃめちゃ立腹。企画立てたアホディレクターは当然だが、あんな仕事を受けるタレントもどっかおかしい。だいたい大森玲子出さずに安達祐美出してますからね。ついでだが、ウッチャンナンチャンとやらのヘボっぷりもまたすごい。努力の大切さを訴えるお笑い芸人(笑)。
  ずーっと前に資料請求をしてセミナー申し込んだけど定員オーバーだったトミーからDM。ごめんなさい、もうセミナーはありません、とのこと。いえいえ、どうでもいいです。
 

99.6.22(Tue)[アスキー]

  面接@アスキー初台本社。その前に学校へ行って健康診断書を受け取ろうとするが、健康手帳がないとダメとか。そこをなんとか、と頼み込むと手続きをちょこっとだけしてすんなりおっけー。まあそれは当然の結果で、(逆接)もちろん感謝もするわけだが、(逆接)対応がよろしくない。学校でもなんでもなあ、窓口業務ってのはサービス業なんだぞ。ていうか親切っぽい(だけでいい)窓口業務にそんな労力がいるわけでもないんだから、ちょっとは気を遣えばいいのにね。
  って何を言ってるのか全然わからんがまあよい。雨の中新宿駅南口からトーシンビルまで20分歩く。ずっと前にファミ通で「これがトーシンビルだっ」って写真を見て予想してたよりも随分しょぼい。建物の写真ってどこもうまく撮るよにゃあ。守衛さん(60くらいのいかにもな守衛さんでいい感じ)が受付代わりになってて、名前を言ってチェックしてもらってからエレベーターで6Fへ。扉が開くとなんとそこに浜村通信…。もうこの人(なんて言っていいのかあ)見るの何回目かわからないくらいだから感慨はないけど、まさかこんな絶妙なタイミングで会えるとはびっくり。面接に備えてアスキーファミ通ってわけじゃないんだぜっ、と自己暗示かけてたのに、いっぺんに吹っ飛んだ。やっぱアスキーファミ通
  それにしても人手不足というかリストラの結果というか、6Fに来ても見事に人の気配はなく、受付も内線かけろ、とあるだけ。仕方なく人事部に電話して待合室を教えてもらう。せまーい(収容限界5人)待合室に入ると先客が2人。1人の女の子がいっしょの時間ということ。なるほど15分集団面接。会話をしてるとなんかちょっとギャルっぽいお姉ちゃんが「髪濡れちゃったぁ〜」と入ってきてビビる。サラブレ志望ということでまたビビる。そのうち2人が連れて行かれて、女の子と2人きりで…となるも、すぐに次の組の殿方が入室されてあわれ。ってそんなこと言ってる場合ぢゃない。20分ほどして、我々の番となる。
  (まだのせないよ)
  終了。部屋を出た瞬間、大学ネタの話になる。そんな話がネタになるのも残り9ヵ月(あ、でも留年ならまだまだ…)、今のうちに堪能させてもらいましょう。ていうか僕はムサ美のほうがうらやましい。いろいろな意味で申し訳ないが本気でうらやましい。絵、描けたらなあ…。
  ま、それはいいとして、2人ともエレベータホールまで行ってボタンを押してから、傘を忘れたことに気づく。「あ、カサ」「あ」、と急いで受付脇の傘立てに走り、自分のカサを取る。触れ合う手…。「ごめんなさいっ」「ごめんっ」って結構実話だ。ラブコメだ。そんときは何とも思わなかったが後で考えてむふふってなった俺は多分もうダメです。ていうか今日のネタに限らずこんなこと書いてて当事者が見たらどう思うんだろうか。いつもごめんなさい。
  ただ現実ではラブコメのきっかけ場面がマジできっかけになるわけでもなく、そのままバイバーイ、で帰宅。中吊りでヤンチャングラビアが前田亜季ちゃんと知ったので、当然狩っておく。僕の中ではまだ9歳だった亜季ちゃんがもう14歳になると知り、ちょっと死にたくなる。あと古畑、最後の最後で物足りなさ。
 

99.6.21(Mon)

  小金井市でお金をおろして、小平市でマンガを買う。国分寺って絶妙な位置にあるのだ。「サイコ」2巻はどうでもいい(ってツマランって話では全然ないのだが)として、なぜか「キン肉マンII世」3巻を読んでしまう。全然1、2巻が欲しくならないところがすげえ。ゆでたまご先生なんにも進歩してません。とりあえず例によって中学生程度の物理知識も備えていらっしゃらないようで、物体の質量が突然増えたりして感涙する。他にも「右足がーっ」とか言いながら堂々と左足だったり、ウソばっか。とにかく損はしてないにゃ。
  20時から21時はマキシプリーストwith武蔵丸宇多田のために、HEY!HEY!HEY!にかじりつき。武蔵丸はやっぱりでかくて、宇多田は動くと意外とかわいい。口調が俺の予想通り(TMR第5回調査報告参照)で、アメリカンスクールよのう、と思った。
 

99.6.20(Sun)

  国分寺のG.B.3周年記念企画最終日。今日の無料台は、ファイティングレイヤーパカパカ!それにDDRが100円!ということでマックかるびマックを食ってから遊びに行く。スト3パカパカDDRのローテで3時間くらい遊んじゃう。
  相変わらず勝率10%程度のスト3だが、今日のヒューゴーはなんか調子よく連勝。しかもダブルKOで、どうなるのかなー、と思ったらジャッジメント!(って前からあったんですか?よく知らんのよ)。ヒューゴーヒューゴーヒューゴー、完勝!  キャラ勝ちリュウヒューゴーもかなりのキャラ勝ちキャラ?)のワンパターン攻めなんぞ相手じゃねえぜ。しかし普通に勝つより気持ちよいのはちょっと複雑なところだ。
  パカパカは、調子にのってそこら中のボタンを叩いて2Pスタートを押してしまうという現象が3度発生し、しかも1回は後ろで待ってる兄ちゃんがいたので席を譲ったりもした。
  そして1日3発DDRという去年の秋下北に通い詰めていた頃のようなハッスルぶりで、体を壊す。もう登録されてるオリジナルデータしかやらないし。G.B.で今いちばん楽しい登録データは、「2周BOYS」ってやつかな。あとはバタフライビジネスジャムトリップ(のそれぞれオリジナルデータ)がよい。
  全然関係ないし、かなりいまさらだが、深田恭子デカビタCMがよい。「ビンビンなのにね」の首の傾き具合なんか特に。SPA王に続いてセクハラ系なのだが、深田はこのままセクハラ路線を突き進むのだろーか。そうしたら僕は「深田恭子なんかには興味がない」ままでいられるんだろーか(あ、文字が水色に…)。またひとつ心配の種。
 

99.6.19(Sat)

  TMRで駒場。
  夕食はゲー研バイキング班としての意地か、エリーを売り払って懐具合がよろしかったためか、渋谷牧場に決定。牛肉はダメなんですぅ〜、と主張するTMR準会員T.T「いいから」と説得し、好き嫌いを見事克服させる。いやあ、いいことしたなあ。(ややデタラメ)
 

99.6.18(Fri)

  なんとなく僕の中で金曜日は映画の日になりつつあるので、講義は忘れて(ていうか1回も出てないさ)新宿へ。ほんとは渋谷で「鉄道員」→「アドレナリンドライブ」といきたかったが、時間が間に合わなかったので新宿東映で「鉄道員」に決定。
  20分前なのにすでに列というか人の塊が。しかもほとんどがじいちゃんばあちゃん。もっと広末目当てがいると思ったのに意外だ。って俺は違うぞ別に。混んでいた割りに、席は4列目中央という前寄り好きの僕としては最高の位置を確保。快適に鑑賞。
  …。
  …(泣)。
  …(泣)(泣)(泣)。
  …(泣)(泣)(泣)(泣)(泣)。
  ハンカチ濡れまくり(あ、まだ洗ってない)。見ましょう。ほんとに。
  帰り道でも思い出し泣きしそうになって、傍から見ればさぞかしあやしい表情だったろう。でもプレイシティキャロットステッピングステージやったら全部忘れた。すっきり。俺って相当バカだな。
  それから駒場へ行って、まくらの新歓(今さら?)コンパ行ってゲーセン行って帰宅。それにしても、最近オタクじゃない変人にはあんまり接してなかったから、結構カルチャーショックだったぜ。ていうか現代日本の学生にお見合い集団とオタク以外の人種がいるとは驚きだ。もっと時代を見ろ。そういう意味で(意味はないか。ただのポリシーの強制だね)、学者とかってすげー嫌い。
  んにゃ、大事なこと書き忘れた。メディアワークスから電話で、通過したとのこと。早い。ていうかそれよりなんで通過した。不可解。愛が伝わったとしか思えないぞもう。あ、愛といえば、ファミ通の表紙&グラビアが僕の池脇千鶴様だった。交際してください。
 

99.6.17(Thu)[メディアワークス][城南予備校]

  11時から面接→9:45出発→8:00起床。ちゃんと起きたと思っていたら二度寝して9時。面接準備の続きもしようと思ってたのに。朝食もファミマで買ってこようと思ってたのに。急いで身支度を整え、出発。
  電車の中でメモを見ながら御茶ノ水へ。ん、なんか早すぎたかも。まあいい、ここで時間潰したる、と切符売り場の前で引き続きメモを読む。非常にあやしいが、みんなわかってくれるよね。
  さて、時間がちょうどよくなってきたので、ついにYWCA会館へ移動。いつもの総務のお兄ちゃんが迎えてくれる。仕切りがとっぱらわれて、前よりも広々した例の待合ブースで待つこと15分。お兄ちゃんの電話が鳴り、面接の準備ができたらしいことを知る。案の定、「お待たせしました」と会議室(ややショボ)に案内される。
  (カット)
  脱力。はぅーーー。お兄ちゃんに挨拶してから帰ろうとしたが、次の人の案内を始めてしまったのでさっさとエレベータに乗る。はぅーーー。
  さて、これからどうしよ。3限のゼミに行こうか、駒場でゲー研か、それともとっとと帰ろうか…。ていうかゼミだぞ、暇なら出ろよ。そんなわけで暑い中歩き出す。途中、ミニストップ広末Teao他を買って本郷で昼食。時間が40分ほど余ったので端末を…と思うが…何ぃ、ログイン不能!?パスワード変更されてるよオイ〜。
  仕方なく、総合図書館で新聞を読むことにする。スポーツ新聞の空きをちらちらとチェックしながら、毎日日経を読む。毎日夕刊の加藤芳郎マンガはすげえな。100年くらい前のマンガだあれは。新聞4コマはいしいひさいち以外読めない。ていうかいしいひさいちは新聞マンガじゃないので読める。
  それから講義でフルに睡眠をとり、5限の駒場の講義までしっかり出て、木曜恒例となってしまった吉祥寺ラーメン(今日は花月)→の連鎖。平積みになっていた「エイリアン9」(富沢ひとしヤングチャンピオン)というマンガが気になってつい買ってしまう。ロリでグロで変なセンスがあっておもしろい。これは久し振りの発掘かも。
  結局、白泉社の連絡はなし。代わりに城南予備校からDM。こんな時期にめずらしい。でも予備校系だいっきらい。
 

99.6.16(Wed)[メディアワークス]

  メディアワークス二次面接前日、さすがに残り少なくなってきたので、このへんで決めないと…。つうわけで朝からどこにも行かずに面接準備を決意。でも例によって始めたのは夜になってから。それまで何やってたのかは覚えてない。
  きのう作った質問リストに回答をつけていく。結局未完成のまま、遅くなったので寝る。
  2時半くらいになっても眠れないので、起きてチャット。3時に寝る。
  (すいません19日に書いているのでさっぱりおぼえてません)
  あ、そうだ。ナムコが、今日で正式に落選決定。いい会社でした。ほんとに。
 

99.6.15(Tue)[タイトー][アスキー][メディアワークス]

  今日は学校へ行って履修登録確認を済ませてからタイトーのセミナーに行くという計画的な素晴らしい日だ…と、10時にセットした目覚ましを止めて、10時半にセットし直す。まだ間に合う…。10時半、起きる。そのまま寝る。11時、起きる。今から学校行っても教務課が昼休みなので無駄。じゃあ1時に着くようにしよう、とゆっくりブランチ準備。食べてたら、12時。学校へ行くと13時10分くらいで、セミナー(14時)に間に合わなくなるからやっぱダメじゃん。計画大破綻。
  そんなわけで直接セミナー会場へ。さすが永田町、1階じゃあ国会議員なんとかって物々しいイベントが行われていて、SPがずらーっと。何とか切りぬけてエレベータに乗り、部屋に着くと早くも満席状態。横の補助席みたいなところに座らされる。僕は酔うタイプなのでバスに乗るときはいつも窓際だったなあ…。そうそう、バスといえば、小学校の修学旅行のときは信じられないくらい甘いイベントを発生させた記憶がある。
  (…記憶の海に漂うこと10分)
  ……はう〜ん。む、いかん、だめだだめだ。
  ていうか、タイトーセミナーだが、結論を言うと途中で抜けた。職種の説明があって、「企画はキャラかソフトができなければダメだ」(キャラ=グラフィッカー、ソフト=プログラマーらしい。わけわからん)としつこいので、あきらめさせてもらった。タイトーは企画が企画を出すのではなく、社員総出で企画を練り出し、企画はとにかくまとめ役をやるらしい。要するに、アイデアなんて数撃ちゃ当たるだし、アイデア勝負のやつを採るよりはてきとーに潰しのきくやつが必要、と(解釈させていただきました)。まあ現実として絵も音もプログラムもダメだけどゲームに関わっていたいから企画、っていう安易な学生が多いわけで、こう言っておけば大幅に採用コスト削減なのはわかるけど。ローリスクローリターン。
  それでまあ、ここではやってけんな、と気分よく退出させてもらいました。総務のおっちゃんはけっこう楽しい人だったんだけどね…。あと最大の収穫はビデオの「きゃっちざはーと。たーいとっ」かな。TVCMと違うの。すっげーかわいくて鳥肌立った。声優誰だろ。
  予定より早く終わったので、教務課へGO!。マックシェイクを飲みつつ(途中で気持ち悪くなる)、到着。やることやって、御茶ノ水まで歩いて帰る。
  家に着いてちょっとネットつないでから切った瞬間、電話が鳴る。見ると「ヒツウチ」。ま、まさか、いまさら、ナムコ様がーっ、と期待する予定だったのだがなぜだか期待できず受話器を取る。そしてやる気のない声が、アスキーを名乗る。「遅くなりましたが」って、遅すぎじゃーっ。とにかく面接に来て下さい、ということで、ま、いいか。ホントにだいじょぶなんだろーか、アスキー…。
  22時頃、何をしたわけでもないのに(あ、古畑か!)ハイになってきて、メディアワークス面接準備を始める。紙に予想される質問をだーっと書き並べ、関連雑誌、書籍等をテーブルに全て用意。完璧すぎる…と思ったところでテレホ時間になり終了。恐るべしNTT、百害あって一利なしとはまさに。
  あ、それと今日は藤原正彦人生案内読売新聞)に涙した。マジになっちゃうなんて、先生らしくないじゃん…(思わず泣)。
 

99.6.14(Mon)

  とくにこれといったこともなくだらーん。
  HEY!HEY!HEY!を見てたらLove&Piece(?)というのが出てくる。CDTVで「いーややいーやーや」という部分だけ断片的に聞いていたあの変なラップの全貌を見る。これは、いい。別にこわい部分なんかないのに、なぜかこわいの。こないだの古畑任三郎(飛行機のやつ)といいこれといい、1999年の空気ってもんを感じたね。表面上は笑ってるんだけど、実はめちゃめちゃ緊張してるという感じ。ああっ、表現力が足りない。で、来週のゲスト、マキシ・プリーストwith武蔵丸
  あと、セルジオ先生最高。「レフェリーは12年ぶりに笛吹いてるんじゃないでしょうかね」
 

99.6.13(Sun)[白泉社]

  万全の起床対策をしてから(目覚まし2つ+妹の部屋に勝手に目覚ましかけて「起こせ」とメモを残す)、6時から1時間だけ睡眠をとってみる。ものすごくだるいまま起こされて出かける。
  試験会場につくと、受付がまだ始まらないらしく大量の人が。しばらくするとCCBも現れ、さらに昔出版社訪問で見た東大サブカル界大御所のサエキけんぞう(俗称)も姿を見せ、やっぱ白泉社だのう、と思う。講談社内定のCO2も探すが、結局現れず。ついでにまとめると、例のエニックスメディアワークスで一緒だった彼にも会い、きのう共に闘ったえんじ色の死者さんにも会う。オールスターだぜえ。
  延々待たされた挙句、見るからに白泉社な(ていうかもう白泉社としか言い様がない)女性社員様が現れ、ようやく受付が始まる。中にはスケジュールが貼ってあって、見ると…
  一般常識
  作文I
  昼休み
  検査I
  検査II
  検査III
  作文II
  …終了16時。
  これわ、ピ−ンチ(ストレッチマン)!なんでよ、朝から始まるから午前中でとっとと済ませちまう試験かと思ってたのに。睡眠1時間で夕方まで試験はつらいっす〜。
  そして男女各125人、計250人(実質200人程度)で試験スタート。なぜか初体験の一般常識は簡単な語句説明、3項目(/16項目?)空欄になってしまう。なんとかダニエルって誰だ。続いて作文I、「秘密」「2000」のどちらかを選んでテーマ作文。難なく書くが、終盤、脳だけ覚醒状態となり、体が気持ち良くなってきて困る。昼食は地下マックで軽くチーズバーガーセット。午後はやはりSPI。国語がちょっと難しくて、数学がちょっと簡単。それにしても試験大好きなマイブレインはボディーがどんな状況でも活躍してくれて偉い。さて、次は性格診断か、めんどーだなー、と思っていると…英語SPI登場!やべーよ英語だよだめだよ英語はやめてくれよぅ。案の定1問目からわからず、自分の英単語覚えられない度を再認識。結局努力不足なんだが。そして最後、作文IIは写真を見てショート・ストーリー作成。洋ガキ(白人お子様)が二股にわかれた道の前に立っているというベタベタなAと、書類というか紙が積み上げてあるBから選択で、当然B。あまり考えず書き始め、途中破綻しかけてかなりあせるも、奇跡の復活を果たし書き直すことなく完成。
  ボロボロになり、ゲーセンに寄って帰る。中央線でマジに倒れそうになり恥ずかしい思い。1時間寝てからカルドセプトを始め、BS2で懲りもせず「2001年」(何回目だ)をやっているのに気づき見るが、途中で記憶をなくし気づけばエンディング。さらに「ガキの使い」まで30分だったが、やはり記憶をなくし起きたのが25:30。ええい、とりあえずチャットだー、とつないでみると、えんじ色の死者さんがちゃんといる。しかもマンガ喫茶から。おつかれさまです。結局こことゲー研で4時近くまでチャットを続け、また寝る。
  それにしても「Mappy > いや、3次元ならダントツで中学生でしょう。 6/14 03:14:42」には感動したね。僕は嬉しいよ。
 

99.6.12(Sat)[白泉社]

  駒場を歩いていると、突然左上腕に鈍い衝撃。な、なんだ痛いぞ、どっかからボールでも飛んできたか、と思って見まわすがその気配はない。遠くからラグビー部っぽいのが歩いてくるので、まさか、あんなところから狙撃…しかしなぜ俺を…とちょっと思うがやっぱ違う。おいおい、ミステリーだぜ。解明をあきらめて学生会館へ行って、腕を見ると、どうやらシャツを突き抜けて穴が開いている。腫れてきたし血も流れてきたのでなんかに刺されたのだとしたらヤバイな、と血を吸い出しつつ水道で洗う。それにしても刺された感覚はまったくなかったのでますます釈然としなくなり、再び現場へ。現場周辺で変わったことは…と調べていると…。うぃーんうぃーん。電ノコでプール周辺の草刈りをしている。ま、まさか…と思ってよく見る。
  ばきっ。ひゅーん。ばきっ。ばきっ。ひゅーんひゅーん。
  オイ、枝が飛び交ってるよ〜。そうかあんなところから枝が飛んできて刺さったわけだなこれなら鈍い衝撃も納得と、さっさと結論を出して逃げ出す。あれじゃ文句を言う余裕もない。恐すぎ。生協の保険は効くのか。
  そんなわけでまくら会合+TMR会合。ともちゃんにバックギャモンを教えてもらって対戦、惨敗。バックギャモンはギャンブルなんです、と聞いて感心する。やっぱゲームはギャンブルであってこそ健全に発展するのだよ。
  終了後、マンガを探す必要が出てきたのでまんだらけへ移動。ついでにベルセルク7、8巻を買う。これでやっと通読できる。帰り際、エレベーターホールのところでなぜかゲー研Mappy氏に遭遇。いい若いもんがこんな時間(サタデーナイト)に一人で、しかもまんだらけに現れるとは何たることか、と回収してコミックシティーへ(あう)。そして夕食はセンター街1000円食べ放題カレー。8人という大人数を一瞬で収容するとはすげえ。前回は「ちょっと待って」で20分くらい待たされた記憶があるが。
  帰宅後、白泉社エントリーシートを書こうとすると、このHPの総合会議室に「えんじ色の死者」と名乗る見知らぬ人が。前書きこみがあったときはてっきり某先輩だと思っていたのだが、どうやら違うらしい。「白泉社」「筆記」で検索をかけるとこの日記にたどり着いたと言うのだ。ってヤバイぞ。採用関係者に見つかったらどうしましょ。別に暴言は気にしないが、「コイツ就職活動程度で盛り上がって日記なんかつけちゃってるよバーカ」と思われたらいやん。事実を指摘されるのはいちばんいやーん。
  で、そのままお互いにエントリーシートを書きつつチャットに雪崩れ込み、睡眠をあきらめたりしながら、完成したのが29時過ぎ。絶対バカだ俺。(13日に続く)
 

99.6.11(Fri)[メディアワークス][白泉社]

  メディアワークスから電話。筆記通過おめでとう。でもこの程度じゃ僕の心は救われないのさ。日が経つにつれ、ナムコに苦しまされる。で、一日中カルドセプト白泉社のエントリーシートを例によって書く。家族欄でめんどくなって終わり。
 

99.6.10(Thu)

  カルドセプト広末Teao(がんばって)→中国文学史概説(駒場)→吉祥寺ぶぶかカルドセプト
 

99.6.9(Wed)

  ついにッ!(「実にッ!」とか「19世紀!」みたいな。物語の予感を表現してるんですよね荒木先生)今日は駒場生協食堂ケーキバイキングの日。…それなのに腹痛で目覚める。マジで神は死んだ。昼休みのゲー研会合から行こうと思ってたが間に合わない。早く世界滅んじまわねーかなー(本気)、とすねていると、なんか回復したので出かける。
  ゲー研でやはり密度の低い時間を過ごし、16:15の集合時間(ゲー研バイキング班)を待つ。もはや腹痛どころではない空腹。書籍部コンプティーク他どうでもいい雑誌を読みまくり、ようやく時間。スタート時ほどではないが、4限終了組の行列ができ、並ぶ。C学の面々もおいでになり(見てますかー)挨拶。って俺、確実に本郷より駒場に知り合い多いぞ。ていうか知り合いが後輩ばかりだぞ。なんでだろ、孤高の戦士だからかな…(小松未歩も逃げ出すくらい)。
  そしてついに入場し、バイキングスタート。やまけん氏が提唱するには、1人20個食ってゲー研8人で160個を達成すべし、ということ。よくわからんが気持ちだけはそんな感じで攻めてみることにする。まずはシュークリーム(生)チーズケーキ×2コーヒーゼリーと取り、一気に食べる。お世辞にもおいしいとは言えないが、やっぱ空腹の力は大きい。続いて、さっきは見当たらなかったチョコ系がずらりと並んでいたのでチョコレートケーキ3種各1レアチーズケーキと取る。チョコ2、レアチーズと腹に収めたところでコーヒーゼリーが愛しくなり様子見。しかしないのでシュークリーム(カスタード)×3をなぜか取ってくる。ウーロン茶もゲットしてさらに攻めるぜー、と行きたいところだったが、チョコが食えない…。結局チョコはT.T氏にプレゼントして、シュークリームを2つ食べる(1つは誰かにプレゼント)。続いて、マロン系ばっかでどうにもならないラインナップからチーズケーキ2つを拾って来るが、このへんから急激にペースダウン。ウーロン茶1杯と氷をフルに生かして何とか詰めこむ。…気持ち悪い。2杯目のウーロン茶とともに、シュークリーム(生)1個を取り、生クリームの洗礼を存分に受け、流し込む。ここでどうにもならなくなり、最後にジンジャーエールで締め。いつのまにか飲み物でさえもつらくなってることに気づかされる。
  ということで、結果12個。ライバル(と認識)やまけん氏とは引き分け。TDTMR名)の17個が光りすぎ。
  腹ごなしに、というわけでもないが、その後渋谷タイトーステーションへ。予想以上の回復で、ステッピングステージを元気に2回プレー(急がないと!)。マニアックの出し方誰か教えてくれ。あとプライズではるりん先生の指導の下、ミッフィー置時計をゲット。またひとつコレクションが増えてしまった。あ、そういえばピンカありがとうMappyくん
  散財しまくった挙句、21時頃帰ることに。JRで切符を買うと、渋谷で人身事故で、何やら山手線外回りが止まっているという。なるほど消防車はそういうことか。もっと早く言え。仕方がないので井の頭線へ戻り、吉祥寺まで行ってしまうことにする…が、その前に腹が減ったのでプライムげんこつ屋でラーメン。
  ケーキとラーメンで満足して吉祥寺に着くと、こっちも様子がおかしい。渋谷の人身事故の影響で…とか放送が入るが、しばらくすると「運行装置の故障」に変わり、とにかく全然電車が来ない。15分ほど待つと、「次の立川行きは西荻窪に到着しております」。さらに25分ほど待ち、ようやく到着。こんなことなら京王線で府中へ行ってバスで帰ったほうがずっと早い。三鷹でも10分くらい停車して、結局50分くらいJRに持って行かれる。国分寺の駅もなんか大変なことになってるし…。さすがに今日は駅で呼びこみのお兄ちゃんも控え目でした。
 

99.6.8(Tue)[メディアワークス]

  メディアワークス筆記試験。ゆっくり起きて、御茶ノ水へ。相変わらずメディアワークスの採用は控え目で、どこでやっていいるのかちょっとわかりにくい。試験場はどうやら主婦の友社関係のビルの一室らしい。そういえば主婦の友がどうした角川がどうしたと最近騒がれているメディアワークスだが、結局何なのだろう。まあ政治的感覚が100%欠如している僕としては、そんなこと本格的にどうでもいいんだけど。
  部屋はそれほど広くなく、結局集まったのは30人程度。入り口の所で見た今日の予定のようなものによると、どうもこの部屋は9時から使用しているということなので、30×2で60人残っているわけか。先は長い…。
  ぼーっと待っていると、突然話しかけてくる者が。見ると、なんと懐かしいことか、エニックスでいっしょに面接を受けた明大の彼ではないか。もはや「境遇いっしょだね」とか慰めあってる場合でもないが、とりあえず「お互いがんばりましょう」。つうわけで試験開始。SPI、性格診断と作文があるということ。まずはSPI、難なく全問ゲット(たぶん)。本来ならここで安心してもよいのだけど、何せ今の僕の精神状態はダークモード。どうしても「へっ、どうせ作文で全部決まるんだろ。死にてえ」となってしまう。続いてやたらと急かされる性格診断。5分の休憩の後、問題の作文へ移る。情報によると、去年は「提供番組を見て改善点を800字で」ということだったので、まさかゴクドーくんでも見るのか、とちょっと期待していたが、配られたのは新聞記事。本のオンライン流通開始の記事を読んで、出版社にとってのメリットとデメリットを箇条書き、それから自分の意見を700字。うーん、なんかついこの前初めて出た中国文学史概説の講義で同じようなことを書いた気が…。印刷技術発明のメリットとデメリットとか。ちょっと練習になったかも(ほんとか?)。結局そんなにおもしろいことは書けず、無難にまとめる。しかし作文のほうで例によってキャラを押し出してみる。タイトル必須の作文は、タイトルが全て。ここで笑わさねば誰も読んでくれないのだ。ていうか笑わせられたのか?
  とまあ、いずれにせよ「死にてえ」気分で帰る。帰宅後、明日の生協ケーキバイキングに備えて17時に松屋で並、ついでに隣のゲーム屋でカルドセプトを買う。見事にハマる。
 

99.6.7(Mon)[メディアワークス]

  相変わらず全体的にやる気ない感じだが、明日は大本命のメディアワークス様の筆記があるのでがんばる。まあ21時くらいになってから。SPI(非言語)を1回だけさーっと。それから性格診断をちょっと見直す。
  どうでもいいが今日はたまっていたマンガをちょっと読んだかも。「こち亀」「封神」それぞれ2冊、「エデンへおいで」「CCさくら」「ラブひな」。うーどうでもいい。
 

99.6.6(Sun)

  そんな時は競馬だ。今日はダービーだ。馬が走ることには正直全く興味ないのだが、キムタクがかっこいいのと、生活費がほしいので立川ウインズへ足を運ぶ。武豊はちっこいくせに(まあ騎手だし)大物な感じがなんか許せないので、アドマイヤベガは無視して9、11、14のボックスで1000円ずつ。これで前回の借りも返してスッキリだぜ、ととりあえずゲーセンへ。なぜかクラブセガステッピングステージがあってプレー。ハードをやってみるが、意外と難しくて2曲目で死亡。もうジャレコのゲームはできなくなるので、みんな今のうちにやっておこうね。さらにスト3をやろうとするが、対戦台両側連コインというおぞましき状況。こわいお兄ちゃんだったらおとなしく立ち去るが、なんか両方ともバカっぽかったのでそれぞれ睨みつけてから帰る。ってやっぱ帰るのか。そして例によって別のゲーセン(シグマ直営)で競馬ゲームをやりながらダービー観戦。なんか今日は当たらねーなー(ゲームのほう)と思っているとファンファーレが鳴り、始まる。ゲートインに相当手間取っているようで、しょせん馬だな、と人間の素晴らしさを噛み締める。そして次の瞬間、人間の悲しさを噛み締めさせられる。だから非生産者がギャンブルをするなッ、俺ッ!
  そしてきのうに引き続き、3時までホワイトアルバムはるか)。自分の行動の意味がわからない。
 

99.6.5(Sat)[ムービック][角川書店]

  ストレートに申しますと、落選通知が2通。死にそうになったので起きたばかりなのに寝る。
  夕方目覚めるが、何もやる気せず。角川書店の落選は過去の日記の通り仕方がない。ムービックの落選もまあ、仕方がない、のか…。こんな落ち方は初めてで、非常につらい…。しかもなぐさめのテレカは「ウルトラニャン2」(1998円谷プロ)。この罪は大きいと知れ。
 

99.6.4(Fri)[白泉社]

  時間に余裕ができたので、ひさしぶりに映画を見に行くことにする。今日で終わりのやつを狙って、「シンレッドライン」に決定。出かけようとすると、郵便受けに封筒が。どうやら白泉社と書いてある。どうやら提出した作文は読まれていないようだ。まあ確かにこの時期だし白泉社だし、800字作文程度で絞ってる場合でもないんだろうか。とりあえずありがたく受け取っておく。ついでにエントリーシートも同封されていて、履歴書がやる気なかったのも救済される。
  マックで食事をして、早くも呼びこみが激しくて怖すぎる歌舞伎町を通り、ジョイシネマへ。それなりに人はいたが、快適に鑑賞。「この世界では男に価値なんてない。そして世界はここ1つだ」ということです。米軍に感情移入してたのにやっぱ日本兵出てくると立場が危うくなる自分が楽しい。「貴様も、貴様もいつかは死ぬんだ!」日本語最高。
  夜、「風のクロノア」をいっきにプレー。エンディング突入。何も言わない。言うのがもったいない。ただみんなにプレーしてもらいたい。いいよぉ、ほんといいよぉ。映画のことがすっかり飛んでっちゃったのがもったいないけど、やっぱり僕にはこっちのほうが合ってるようだ。
  僕は手当たり次第に人にものをすすめることはしてない。だからわかって。
 

99.6.3(Thu)[メディアワークス]

  11頃起きてまだウトウトしていると、速達が。案の定メディアワークスの面接通過の通知。うれしい…。しかしムービックの通知が3日しても来ないということは…死亡か…。かなしい…。それでもメディアワークスうれしい>ムービックかなしい状態で、結局いい気分でお出かけ。3限のゼミのために本郷へ行…かずに駒場へ。死ね俺。
  ゲー研でだらだらした後、なんと5限に出席。駒場で中国文学史概説とやらをとっているのだった。それにしても講義って、楽だねえ…。ぼーっとしてると知識が増えてくってすごいことだぞ。
  井の頭線で吉祥寺に着くと、時間が意外と遅いことに気づく。これも講義のポイントだろうか。そういえば普通の帰宅時間ってこんなもんだったっけなあ…と去年までの学生時代をなつかしく思い出す。ということで、花月でラーメン。にんにくげんこつラーメン塩(620円)で決まりである。そして食後はキスミント<アップルミント>も忘れない。さらに吉祥寺南口に下りたときのついでといえばやはり。マンガ7冊、小説1冊を仕入れる。ていうかバイトネエチャンよ、俺は「下敷きをプレゼント」とあるから「ヒカルの碁」をわざわざ買ってやったのだぞ。入ってねえとはどーゆーことだ。ほんとどーゆーことだ。悲しすぎるぞ。
  ということで「I’’s」を読む。僕はコミックス専門なので、おせーよ、と思われるかもしれないが、な、なんだこれわ。進展してるとは何事だ。それとイチタカの家が西永福とは何事だ。駅前がリアルすぎて、懐かしい記憶が蘇って来るではないか(旧居浜田山)。ああ、あそこのレンタルビデオ屋、オープン記念でタダだったときに1回だけ借りたなあ…。長野オリンピックの時はギャンブル券求めて毎日マックで食ったなあ…。ヴァンパイアセイバーが出た頃、朝からゲーセン行ったなあ…。マーブルVSカプコンのときも行ったなあ…。部屋の鍵なくしてO氏宅に押しかけて泊まらせてもらったなあ…。こうやって思い出にまみれているうちはやっぱダメなんだろうなあ…。
  そういえばセガの採用は終わっていたなあ…。
 

99.6.2(Wed)[ナムコ]

  トーク波はどうやら元に戻ったらしい。朝、再びプレゼン練習をして確認。ほっ。通常の面接対策もある程度する。サンデーを買ってきてDANDOH!!だけ読んで(今週は盛り上がりに欠ける)、いざ矢口渡(謎)へ。中央線、山手線、東横線、目蒲線、とイメージトレーニングをしながら電車に揺られる。そしてナムコ本社着。
  有名な受付ロボに挨拶され思わず頭を下げる。緊張してるぜ俺。前回試験した部屋で再び受付。お姉ちゃんも前といっしょ。それにしてもあのお姉ちゃん、僕が立ち去ろうとすると必ず「○○さん」と呼びとめて何か追加する。人事のテクニックはすごいぜ。そしてここで待望の交通費支給!ここまで就職活動やってきて初の体験である。これでまた一歩ナムコファンに。
  一人待つこと15分、ついに前の受験生が帰還し、僕の番となる。お姉ちゃんに連れられ、会議室とやらへ。
  (めんせつはひみちゅ)
  うーん、やっぱナムコって、いい会社だあ。採用過程でこう思わせる会社ってそうはないだろう。人を見るテクニックかなんか知らないが、最初からアホ学生が来たと思ってバカにしてかかる×××とはわけが違うぜ。ナムコの社員の方はほんとにいい人です。こうやってムダに書きたくなっちゃうくらいだから、ほんといい人なんですー。ってそれはもしかすると僕が出版よりゲームに向いてるってことなんだろーか。
  とまあ、当落は別として(ほんと「別として」です)楽しい時間を過ごし、受付で挨拶して帰ろうとする。しかし突然、「○○さん」。う。だからそれちょっとこわいんですけど…。何かと思うと、ワンダーエッグのペアチケットでわないか。思わずじゃあオネイサン、さっそく行きましょうかと声をかけそうになるも、踏みとどまる。ていうかよく見ると例によって割引券だった。
  帰り際、吉祥寺で噂のDDRSOLOをプレー。うーん、なんか、物足りない。ちなみに、TRICKで3曲目にSAMBAをやって死亡。なんだろうこの物足りなさは。
 

99.6.1(Tue)[ナムコ][東ソー]

  今日は1日かけてナムコの準備を万全にするぜーっ、ということで9時起床。そして寝る。12時再起床。セブンイレブンTeao4本目。メッセージは「ファイト!」。めずらしく現状に合ってるじゃないか。ということでがんばってプレゼン原稿でも作…らずにだらだらだらだら。GOTTAMIXとか交えつつだらだら。結局どうやって時間つぶしてたのか自分でもわからないほど何もせずに夜。
  クロノアの復習をしてから、プレゼン練習。てきとーにやってみたら6分30秒になった。これなら緊張してどっか飛ばしてちょうど5分になるな、となんとなく完了。チャットを始める。T.T氏の見つけたコミケ当落検索システムで、ゲー研TMRを調べると、なんと両者とも当選してるでわないか。よろこぶ。これが最後の夏コミになるんだろーな、ならなかったらやばいな、と思う。ということでチケット渡さん。
  それからもう一度プレゼン練習をしようとしたが、今度は全然できない。自分で何を言っているのかわからない文章しか出てこない。トークにも波があるんだね、と実感しつつ、明日になってもこの調子だったらどうしよう、と不安になる。よって寝る。
 

過去の日記はこちら

[1999年4月][1999年5月]
 
 


1999.4.19 sage(mail:sage13@din.or.jp)