日本海における重油流出事故のリンク集

 1月2日、島根・隠岐諸島北東沖約100kmのところでロシア船籍のタンカー”ナホトカ号”(積載重油19,000キロリットル)が沈没し、大量の重油が流出。その後、船首は、三国町に座礁し、流出した重油が沿岸に漂着する大事故が発生。
 今回の事故により、海鳥をはじめ魚介類への多大な被害が影響が心配されます。
 このページは、関連情報の掲示、リンク先の提供の場として設けたものです。

 当ページへの掲載希望情報や、リンク情報がありましたら、メールをお願いします。
 また当ページへのリンク、大歓迎(許可、通知不要)ですので、ガンガン張って下さい。
「生きもの自然紀行」ホームページへ戻る。