周波数弁別器のSカーブ測定とRq,Rsの影響 Frequency Discriminator Characteristics
( S Curve and Effects of Rq, Rs)

After winding coils and getting 709C, assemble ST-6 circuitry. Then S curve of the frequency Discriminator is measured. Planning to have special ST-6, such as variable Q operation, and selection of series/parallel resistance of coil are very essential and critical.

Based on ST-6 Schematics,transmission characteristics between Input (B) and Output(C) is measured.

コイルを製作して、オペアンプ709Cが入手できたら、早速回路をくみ上げてみます。今回、Qを可変としたいこと、コイル(タンク回路)と直列の抵抗を最適値としたいこと、などからまずは弁別回路のSカーブを測定して、FM検波の特性測定と、直列抵抗Rs,コイルのダンピング抵抗Rqによる変化を測定します。測定は、ST-6全体回路図のB,Cの端子で、入力信号をBに与え、出力信号Cを測定します。(この回路図にはRs,Rqの最終的な決定値が書いててあります。)

まずは最初の測定値から

この測定値はEXCELファイルでも入手できます。
MS EXCELファイルダウンロード

このままの設定では、積分器が飽和してしまうので、なんらかの対策が必要になります。それはおいておいて、とりあえずこのデータを基にして、タンク回路のQ(loaded)や飽和特性をまとめてみます。

Band Width at -3dB vs. Rq 工事中
Band Width at -3dB vs. Rs 工事中
Tuned Peak Voltage vs. Rq 工事中
Tuned Peak Voltage vs. Rs 工事中
S Curve for latest designed parameters工事中

測定:Nov. 15, 1990 ホームページ作成:Oct. 12, 1996


Home PageWhats NewHam RadioEvent/NewsSagamiharaVisitor's Board