35 Years Anniversary 1st Page 1962-1963

アマチュア無線局 JA1JTA 35周年 ページ 1 1962-1963

Ham Radio Station "JA1JTA" was licensed on 25 January 1962.The very first Transmitter was 6BQ5 single as shown.

アマチュア無線局 JA1JTA は1962年1月25日に免許されました.最初の送信機は図のように6BQ5という音声増幅用の真空管を用いたものでした.

The picture on the right was taken when I got Ham radio operator license in 1961.

右側の写真は,ハムの従事者免許の試験を受験した頃(1961年)のものです.

My first QSL card was hand printed . Since I lived in Asakusa, down town Tokyo, I used to say my callsign with interesting phonetics, JA1J-apan T-okyo A-sakusa.

最初のQSLカードは謄写版印刷の自作でした.はがきといえば官製はがきか絵葉書しかなかった時代なので,紙屋に行き大判の紙を買ってきてそれを自分ではがきサイズに切断しなければならなかった. この頃はJA1JTAのフォネッティックコードに,ジャパン・トーキョー・アサクサすなわちJTAというのをよく使っていました.地名の浅草とぴったりあうため,すぐにたくさんの人たちにコールサインを覚えてもらうのに役立ちました.

Soon after beginning of JA1JTA, I started assembling new transmitter using most popular transmitting tube, 807 shown above. The photo on the right was when I applied the telephony class ham operator test.

開局して数ヶ月後には,新しい送信機の自作が始まり半年後には送信管807を使用したものに交換されました.その後ほぼ3ー4ヶ月ごとに新しい送信機を実験しています.右側の写真は電信級の従事者試験を受けた時のものです.


Many different QSL cards were issued. On the left was home brew with rubber stamps.

色々の種類のQSLカードが発行されましたが,これはゴム印で作ったもの.

Most issued QSL in Asakusa was this printed version.

長くつかったのはこの印刷版です.

The last item on this page is transmitter which was used longer period until SSB mode was appeared. An "807" tube is used for Power Amplifier and its Screen Grid is modulated by clamp tube "6V6". The beam tube "6V6" is used as triode and works as class A amplifier with a clamp resistor as load. I submitted this transmitter article into "Radio and Experiments" magazine.

最後は,一番長く使った送信機です.これはやはり807を使用していますが,変調にクランプ管変調方式を使った点が特徴です.ビーム管の"6V6"は3極管接続されてA級増幅器として働きます.この負荷がクランプ抵抗となっていて,入力に応じてプレート電圧がリニアに増減して,このプレートと接続された"807"のスクリーングリッドが同様に増減するため,スクリーングリッド変調となります. この製作記事は”無線と実験”という雑誌に投稿して,採用されました.


Home PageWhats NewHam RadioEvent/NewsSagamiharaVisitor's Board