Macの奴隷の臍茶な話
渡邊鼎の!言いたい放談!
!言っちゃったNews! 


98/5/31 の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==282名==

macosrumorsによると、Apple とIBM は、G4の期待されているより早期の導入を模索しているようだ。
デスクトップ、ポータブルの次世代機Proライン用の統一されたマザーボードを共同開発している。最終的な概念プロトタイプの姿は見えていないが、いくつかの、具現化として、これまでAppleとサードパーティーが作っていたコントローラーチップが、IBM製によって置き換えられているのがスパイされた。以下のその概要がある。

●速度可変のG4プロセッサーには、4つの正数演算部と256Kの共有L1キャッシュがつくが、L2の関しては情報がないが、最低4MBのバックサイドL2キャッシュ、そして、最高20MBのL3キャッシュをサポートすることが知られている。 600Mhzで走っており、850Mhz も確認されている。
●メインバスは100MHzで、133MHzのSDRAMをサポートチップセットがつく。
●4つのPCIスロット(4番目は確認されていないが、66Mhz/64bitサポートと思われる)がつき、4X AGPスロットがつく。(AGPボードは確認されていないが)
●メモリーコントローラーチップセットは、高速化のためいくつかの技術が使っている。
すべてのボードではないが、少なくとも一枚のボードでは、UltraDMA EIDEをサポートしている。
●オンボード4MB、128Bitグラフィックスは考慮中だが、コストによって、最終案には期待されていないようだ。

これらは、これまでに知られていたが、新しい話としては、よりよいコストパフォーマンスを提供するために、IBMがマザーボードchipsetでアップルとともに働いているかもしれないこと、そして、IBMの助けで、アップルが合理的によいOSレベルサポートで、1999年1月MacworldサンフランシスコにG4マシンをリリースすることができるかもしれないことである。

MacNNによれば、 アップルが灰色の市場について提出させるためにサ−チライトプログラム(Searchlight Program)を始めたようだ。これは、オーソライズドリセラー(正規代理店)が、非正規販売についてのAppleへの情報提供を奨励するものらしい。これには、以下のような、法的措置も含むようだ。
アップルの著作権か商標権利を侵害するとか、正規代理店に対し、非正規再販売業者へ販売させることで、Appleとの契約を破らせるよう勧誘したりすると、これに対し、Appleは法的そちをとることもあり得る。

日本工業新聞社によれば、 これが宇宙で使われるパソコンだ!-NASA仕様 ってのがあった。
米航空宇宙局(NASA)開発の、国際宇宙基地で使われるパソコンの仕様が明らかになったようだ。宇宙基地計画の日本実験モジュール(JEM)担当の宇宙開発事業団(NASDA)がパソコンを調達するため、技術適合の内容が判明したらしい。ねじは禁止で接着する。各電機部品から、毒性などのガス、臭いが出ないよう、コーティングする。耐振性をアップするなどをやっているらしい。宇宙線による、DRAMのソフトエラーは一回/一日程度送るが、毎日立ち上げ直しするのとソフトチェックで良いらしい。冷却も、無重力では、対流による自然空冷はできないが、FANで空冷するようだ。打ち上げ時の10G?とかのG対策は当然でしょうが、HDは積まないで、FLUSHROMとかなのかな?

日本工業新聞社によれば、松下が防虫効果あるプリント配線板を開発 したようだ。接触忌避材料のペーストをプリント配線板上に防虫被膜としてつける。まず、ジャー炊飯器に採用するらしい。

日経BP BizTechによると、 「Merced II」にD-RDRAMインタフェース回路が集積されると予測 てことらしい。
ダイレクトRDRAM(D-RDRAM)インタフェースを備えるノース・ブリッジをCPUチップに少なくとも2チャネル内蔵する。これで、Merced IIのピン数は1000ピン前後になる。Merced IIは0.13μmルールで2001年ごろ出荷予定で、「Merced」よりも約70%程度速いだろうという予想がある。つまるところ、CPU-DRAM間の通信速度アップが問題になっており、CPU直結が一番いいという、当たり前の結論になったようだ。

日経BP BizTechによると、Xeroxが書籍のディジタル印刷,マーケティング,販売,配送などを統合したサービスを開始 とか。
ディジタル出版形式で、ウェブサイト上で「VirtualBook Browsing」で閲覧でき,ウェブ上での注文は、電子商取引サイトで行う。配送は配達指定日を厳守した業界初の「ギャランティー配送」で世界中に配送できるらしい。 でも、これって、これまでの書籍配布業界への、大打撃になりかねないとのことで、恐ろしい展開が待ってるような気もするけど、でも、新しい市場への移行が抑止できないならば、逆に、この方法へ早く手をつけて行って方がいいような気もしますが。出版業界は、こんな感じがあれば、しばらくは模様眺めですかね。これが発展すれば、たぶん、1冊でも自動的に印刷して自動的に配送してくれる所まで行くと思うから、個人出版も現実的になってくる。本屋さんだって、これで注文し出せば、書籍配布業界はいらなくなっちゃうんですよ。上記恐ろしい展開の意味が分かるでしょう!!くわばらくわばら。出版会社も、必要数分しか印刷しないので、不要在庫がへるし、・・・・でもたぶん、まだまだ、この方式の印刷での本の価格、品質は、これまでの印刷方式には、足元にも及ばない気がする。今のコピーの価格で考えてみてください。

でも、10年後はどうかしらん???インクジェットプリンターの性能アップなんて、2年前にはここまで行くとは予想してなかったもんね。

98/5/30 の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==282名==

macosrumorsによると、Apple:が。MacOS Xのハードサポートをどうするかの、信頼できる筋からのコメントが得られたようだ。
MacOS Xが、 G3にだけサポートされると言う誤解が広まったため、コメントを出したようだ。
AppleはMacOS Xコアの開発が十分には完成していないため、サポートハードウェアの決定は出来ない状況である。現状いえることは、G3への最適化が進行中であることは明言できる。MacOS Xサポートの正確なモデル名は、1999年のMacOS XのDeveloper Releaseが出るときとか、consumer release時からそう遠くない次期には発表できるだろうとのこと。

macosrumorsによると、NewerTechは、iMacのアダプター(entire suite of iMac adapters)を開発している噂があるらしい。
USB-to-MacSerial adapters、hubs to a USB Floppy drive、Ethernet-to-SCSI adapterなどがあるらしい。また、メジャーなMac関連の会社とUSB camera を共同開発中で、また、アップルのテクニカルスペックと一枚の写真からの予想では、iMac用の366-400Mhz プロトタイプ アップグレードカード がすでに1ベンダーにより、組み立てられているようだ。

macosrumorsによると、OS X for Intelのうわさが少ない中、おもしろいやつがあった。Appleはintelの次期64BitCPUのMercedに対してのみ、MacOSXを移植作業中で、現在、carbonライブラリを移植中とか。そう、以前にも言ったが、Pentiumまでのアーキテクチャーとは、かなり変わるため、Mercedに移行する時点というのは、UNIXなど各OSベンダーにとって、チャンスであるという見方がある。事実、中大型コンピューターなど基幹業務用のOSはほとんどのメーカーがMercdへの移植を発表している。そういう意味では、Rapsodyはかなり、移植が必要と思われる。今のところ、Mercedはサーバー向けという立場にしてあるが、ハイエンドデスクトップにも当然Mercedは使われる時期が来るので、MacOS Xも移植できていた方がいいでしょうね。売り出されるか、使われるかどうかは??ですが。

zdnet/PCweekによると、インテル社はMercedの開発が6ヵ月遅れていることを発表したようだ。2000年の中頃になるらしい。
問題は、64ビットのCPUの複雑さに関して発生したらしい。この遅れの間、64bitのMスロットコンパチの32BitCPUであるTannerプロセッサーが、速度は遅いがとりあえず作動させられるので、これで、ギャップを埋めるつもりのようだ。この遅れは、他のRISCチップメーカーにとって、チャンスを与える物とも受け止められている。

macweekによれば、 Unicode in OS' font future とか。現在のWorldScript やQuickDraw GX を置き換えて、Worldwideのキャラクターコードの世界標準に準拠するようにする。これで、個別に各国語への移植が容易になる。これで、Shiftで立ち上げても、日本語が表示されるようになるだろう。これまで、Macや日本語DOS/Vは、日本語のコードにShiftJISを使用していた。ユニコードは劇的に多言語使用のアプリケーション開発の速度を上げるとか。MacOS8.1でも、ユニコードの表示とかの一部はすでに入っており、秋に出荷予定のMacOS8.5ではより多くの部分が入ってくるようだ。 Text Services Managerはユニコードでの入力、Apple Type Services for Unicode Imaging (ATSUI) engineがはいってくると、モニター表示、印刷で(現在の物も使えるバックワードコンパチブルで)ユニコードが使えるようになる。

日経Macによれば、松下が バックライト寿命を5倍に とか。
14.5インチTFT液晶ディスプレイの新製品「LC-View」CF-L45TMPJ 型23万8000円を発表、6月17日出荷。
バックライトの寿命が従来比5倍の5万時間になった。1024×768、1619万色、200cd/m2の高輝度、300:1の高コントラスト
http://www.panasonic.co.jp/mei_division/ied/product/lcview/

毎日DailyNews によれば、米ロジテック、日本法人ロジクールは、USBホイールマウスを7/25に発売するらしいが、「アップルの新マッキントッシュ「iMAC」など、アップル製品に対応したUSBマウスについて、「iMACのマウスはわれわれが提供している」と言ったそうだ。なるほどここで作っていたのか。(毎日さん、これくらいは許してね)

98/5/29 の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==281名==

読者の方から、質問がきましたので、ちょっと抜粋して掲載してみましょう。

>  PowerPCが来年以降に600Mhzやら800Mhzやらになりそうな記事を読み興味津々
> ですが、そこで、問題は果たしてそのCPUを搭載したMacで、モバイルをやったと
> き(別にPowerbookじゃなくてもいいけど)PHSやら携帯電話やらの電波の障害は
> ないんでしょうか?いい加減周波数が近くなってきてるように思うんですが...

基本的に、すべての装置は、電波をある程度以上に出してはいけない法律があり、全世界的に規制されてます。
日本では、電波法、アメリカではFCC-15J、ヨーロッパ圏ではCEマーキングのEMC(Electro Magneyic Compatibility)とかで、これらは、ほとんど同じ程度に電波の漏れを規制してます。よって、全世界で販売される物は全て、これらの規格を満足しないと、輸出も国内販売もできないことになります。よって、メーカーは、必ずこれをクリアするわけで、ユーザーは安心してみてればいいわけです。しかし、使用する場所や相手によっては、少々漏れてる電波が何かに影響することはあり得ます。これは、どんな機械でもそうです。例えば、携帯が心臓ペースメーカーという装置に、悪影響を及ぼすかも知れないと言って、その近くでは使用しないようにとか・・・・
今でもすでにそうですが、これからのパソコンの筐体は金属(板、箔)でもっときっちり囲むようになるでしょうね。SonyのVAIOのように、プラスチックはやめて、全部マグネシウムとかの軽い合金で筐体を作って、放熱とシールドを兼ね備えるというのが、もっとはやるでしょう。

また、ごまかしのテクニックというか、賢い逃げ方を紹介しますと。
CPUクロック発生に、最近流行のスペクトラム拡散の技術を使った、「揺らぎ」を持ち込み、不要輻射電波測定の盲点をついた、CPUクロックジェネレータが発売されています。不要輻射電波測定は一定時間の間計って、積算されるということですので、ある一つの周波数の電波が鋭いピークであると、積算しても鋭いままですが、瞬間電力は同じでも、周波数が少しふらふら移動していると、積算されると、横に広がってしまい、電波強度方向には高くならなくなるわけで、これで、規格を合格してしまうという話です。これをCPUクロック発生ICに組み込みますと、ある範囲に周波数がふらつくわけです。もちろん、ふらつくと、その分CPUのタイミングの余裕が減っていくので、最高速を求める向きには不向きですが、ある程度の速度低下を押さえて、電波の不要輻射対策を楽にしようと言うのが、この方式の目的です。CPUクロックは、マザーボード内のほとんど全ての回路が、クロックに同期して動きますので、位相はずれますが、周波数は同じノイズを発生させるわけです。これが、最初のCPUクロックで揺らぎを起こさせると、これを分周しているこれら全てのノイズ発生源がおなじように揺らぎ、不要輻射電波を鋭く高くしないで済むようになるというわけです。揺らぎの幅は、数%程度以下に制御されるので、問題はないでしょうし、揺らぎの方向が遅くなる方向なら暴走の原因にはならないでしょう。

まあ、でも、もともとは、ちゃんとシールドして、ケーブル類も、ちゃんとフィルター類を入れ、バスも、速すぎないように、直列ターミネータを入れ、出来れば多層版の外側をGND,VCCにしてシールド効果をよくし、、、などの対策をした後に、それでも出てしまう電波を減らすというくらいに考えていた方がいいですね。特効薬ではあるが万能薬ではない。

 

今日は、あまり、いいニュースがないので、この辺でお茶を濁しちゃいます。

98/5/28 の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==281名==

cnetによれば、◇銅チップ時代の到来 とか。 米アプライド・マテリアルズ社は、銅配線チップ製造の研磨工程改良を、半導体業界団体「セマテック」とともに進めているとか。銅は、研磨行程でより削れすぎる傾向にあるようで、これの制御が難しいようだ。アプライド社は、ミラ(Mirra)化学研磨システムという、多段階の研磨を行うことにより、この問題を回避する。IBMに近い筋によると、ことし後半の、銅配線のPowerPCを出荷の準備をしているようだ。 インテルは、短期的には銅チップを発売する計画はないと言ったらしい。(IBMのpentiumなどはやるようだが)

Mac The Knifeによると、なんと、あのスハルト元大統領が、インテルのfellow president-for-life(生涯社長?)になるという噂があった。な、なんという・・・・・絶句。     冗句はやめてほしい。
また、iMacのUSBでは、速度不足ってことで、Jobsの親衛隊がiMacの「拡張スロット」に差す高速のFireWireカードを開発しようと,今や夢中になってるという、と書いてあるが、なんと、Apple発表では無いはずの「拡張スロット」はあると公言しているわけですか???・・・・でも、Mac The Knifeは、うわさサイトだったっけ。

macosrumorsによると、InfiniteOSのカーネル(核、コア:OSの基本部分)は、LinuxPPCのkernelを、違法にコピーしたものらしい。現在は、これを修正中という。

macosrumorsによると、複数のCPUアップグレード会社は、超高速の次世代G3のボードを開発中らしい。
copper G3で 350/350Mhz, 400/200Mhz, 400/400Mhz (B.S.Cache= 1MB)などが予定されているようだ。

MacNNによれば、 アラジンKnowledge Systems社のMacHASP-USBは、やはり、USB版のハードウェアdongleのようだ。
これは、ソフトウェアを海賊行為と不法入植者から守る。要するに、このハードの中にキー番号が書いてあり、ソフトの中にも書いてある番号と一致しなければ、ソフトが動かない。という、プロテクトです。(知らない人のために)

MacNNによれば、 Total Recall社のMacMedicという、HFSとHFS Plusを修理できるソフトが出来たようだ。現在ベータ版を配布中とかで、ベータプログラム配布を助けるために、大きいMacサイトを求めているらしい。

macintouchに、 USB and FireWire futures というコラムがあった。これには、Win98とか、いろいろ書いてあるが、気になったことが一つ。先週IntelがチップセットにFireWireを入れるのを延期したという決定が発表されたが、IntelはPCIバスのボードで間に合わせるくらいの、少ない要求しかないと思っているかららしい。

 

98/5/27 の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==280名==

 macosrumorsによると、Gossamerマザーボードが "Wind" というRev. 2 logic boardで出荷開始されたようだ。機種は、PMG3-DT,MT,Server。 新しいバージョンのaudio-onlyや、audio/video"Personality Cards"が付き、ATAPI、Zipがつく。All-In-Oneにも付くようだ。System Enabler 777が追加されたMac OS 8.1 CDが付く。
ATIグラフィックスシステム(Rage Pro chipset)も、バグfixなどの、バージョンアップされているようだ。

 macosrumorsによると、PMG3MT-233を、292Mhz、バス83Mhzで安定作動しているユーザーがいるようだ。300-66MHzシステムより少々速いようだ。
また、original300MHzシステムを,450/90MHzで作動させた人もいるようだが、安定しないようである。

 macosrumorsによると Carbon Daterでのテスト結果が概略示されていた。殆どすべてのアプリケーションが、90.5 %以上の互換性で、5 %未満がCarbonでサポートされない物、残りはLibmoなどに入ってるようだ。前途多難!

 thessasourceによれば、IBM は、Mercedに対抗する、より速い PowerPCを約束したようだ。
来年、600 MHzのPowerPC G4を出荷する。また、2000年までに1,000 MHz以上のCPUを目標にしているプロジェクト2 Kも進んでいる。IBM以外のメジャーなUNIXベンダ(NEC、SUNなども)ほとんどがIntelの次期64ビットCPU Mercedに各社のUNIXを移植することを発表している。この中で、IBMは自社のUNIX(AIX)を移植することを発表した。(賭かもといわれているが、・・・)

98/5/26 の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==280名==

macnnによれば、IBMは銅配線を駆使したPentium互換チップを作るのかも知れない。
 IBM driving its own x86 chip producion 参照

realityMac OS X Graphics and Imaging: DPS - Out, PDF - Inに、DisplayPostScriptの代わりにPDFによる、出力をAppleが選んだことがあったが、現在のPDFの印刷出力は結構遅い。これに対応するためか、Altivecと、PPC用の2系統が準備されるかも知れない。プリンターにもAltivec-G4PPCを使って欲しくなるんじゃないの。
この辺の詳しい話は、mac.sitと、 ムカデの好きな人 にある。

日経macに、テバニアンのインタビュー記事があった。なるほど、って位のことを言ってる。

Computer World Todayによると、 UNIXベンダー、USBを採用へ とか。ま、当然でしょうね。

98/5/26 の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==280名==

macnnによれば、IBMは銅配線を駆使したPentium互換チップを作るのかも知れない。
 IBM driving its own x86 chip producion 参照

realityMac OS X Graphics and Imaging: DPS - Out, PDF - Inに、DisplayPostScriptの代わりにPDFによる、出力をAppleが選んだことがあったが、現在のPDFの印刷出力は結構遅い。これに対応するためか、Altivecと、PPC用の2系統が準備されるかも知れない。プリンターにもAltivec-G4PPCを使って欲しくなるんじゃないの。
この辺の詳しい話は、mac.sitと、 ムカデの好きな人 にある。

日経macに、テバニアンのインタビュー記事があった。なるほど、って位のことを言ってる。

Computer World Todayによると、 UNIXベンダー、USBを採用へ とか。ま、当然でしょうね。

98/5/24 の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==274名==

日経BPによると、NEC,IEEE1394の伝送距離を100mまで延長するアダプタ・モジュールを発売とか。 リピータ方式IEEE1394‐1995規格に準拠したインタフェースを二つと、IEEE1394.b規格に準拠した長距離用のインタフェースを一つ持つ。長距離用はプラスチック光ファイバ,またはHPCF(hard polymer clad fiber)を用いる。最大データ伝送速度が250Mビット/秒の光送受信モジュール

八王子のAlphaにPBG3がきてないか見に行ったら、これは無かったけど、SONYの20インチCRTが展示品一台限り98000円があった。

macosrumorsによると、Appleは、'99にはFireWireを本格的に推進するようだ。このためのリセラーをセレクトするようだ。
ハイエンドのPowerMacのためにオプションで、13000RPMのFireWireのHDとか、Pro PowerMacラインの「Video」入出力のために、標準で少くとも1つのFireWireを入れるべきだと、期待されている。99年1月にはこの辺の広告が出回り始めるかもしれない。いまは400Mbpsですが、これでは、最高速外部記憶の世界では不足ですね。400/8=50MB/Sでは、Ultra2 SCSIで80MB/s、Ultra3 SCSIではその倍かしらん。これらには対抗できませんぜ。早急に800,1600MHzの早期着工を望む!!

thessasourceによれば、パソコンの米4月の販売で、Appleは、IBMを退け、第4位になったそうだ。すごい。
参考:TechInvestorによると、 コンパック28.4%、HP17.4%、パッカードBell NEC、Apple、IBMの順。ま、4月は落ち込む月だそうだけど。PCの平均価格は、3月の1,177ドル、4月$1,195だそうだ。Pentium II350 MHzて400 MHzのおかげで、ちょっと平均価格が上がっている。

macfixitによると、CD-ROM ToolKit にはバグがあるようだ。
内部SCSIと外部SCSIで、HD同士の場合はいいが、CDROMなど、リムーバブルのものとか、SCANNERとかが問題を起こす。外部バスで使うIDが、内部バスですでに使ってる番号と一致したら、作動しなくなるらしい。例えば、内部CDROMが、3のとき、外部SCSIで、HD=3とか、内部6のHDと、外部6のスキャナーなど。

macweekOnLineに、4/22:CPUの今後について書いてあった。PPC due for boost
インテルがMMX2になっても、Altivec-G4はまだ先を行ってる。だって、インテルは、MMXを実現するのに、CPU内のFPUを使用しているのに、Altivecは、別に128bit演算部を持ち並行処理するから。でもアプリケーションソフトは、Altivec用に、書き換えなければならないので、どれくらいのソフトが書き換えられるか見極めてから・・・というのがIBMの方針のようだ。industry insiderが、Altivec-G4はチップ面積がG4に比べて大きくなるから、より低い周波数でしか動けないんではないかと言ったそうだ。少しはそうかもね。

98/5/23 の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==274名==

インテルが66MHzのPCI-PCIブリッジチップを発表 の書き忘れ。
このチップは型名「21150」で判るように、DECの製品名で、DECを買収した結果のIC第一弾ってとこかな。

iMacのマウスが動きが軽すぎるという話があったが、この辺は、慣れ!で、軽い物使ってると快調で、元のマウスに戻すと、逆に引っかかる感じで使いにくいですね。特に、速度と位置精度を要求されるようなゲームの場合は特に。これで得点が決まっちゃいますから。。。。わたしゃーあまりゲームには、はまりこまないように自制してますが、それでも、窓についてるマインスイーパーは速度に挑戦したりしました。旗を立てないで掃海していく方法が速くできましたが、それでも、一番大きなやつで、私の最高得点は124秒。知ってる人の最高得点は、90秒そこそこです。世の中には、1分を切った人のクラブがあるとか??
90秒の人が言ってましたが、やはり、マウスの引っかかりはだめだそうです。UMAX-S900についてきたマウスは軽く動いて快調だったけど、2とか、4ボタンマウスに変えたら重くなってちょっと不満。作動の軽さはマウスの底の足の材質(テフロン?)と、マウスパッドの材質とか相性とかで決まりますね。あたりまえか。

98/5/22 の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==273名==

インテルが66MHzのPCI-PCIブリッジチップを発表した。

PCI-PCIブリッジチップ32ビット版「21150-BC」は22.7ドル、8月に量産出荷。
64ビット版「21154-BC」は、38.6ドル,11月に量産出荷。
 プライマリー側とセカンダリー側のクロック比を、1:1、1:2と設定できる。
業界初の66MHzチップ、スループットが向上するらしい。
ACPI(Advanced Configuration Power Interface)とPCIバス電源管理インターフェース規格に対
応。消費電力を管理できる。

macintouchによれば、Virusの Autostart 9805-C に対するワクチンソフト「Virex antidote」をDr. Solomon's がリリースしたらしい。また、Newer Technology はUSB市場に打って出るようだ。USB-FDDとか、シリアル-USB変換など。

ogradyによれば、Altevec技術のG3の消費電力についてMotorolaから、情報を得たようだ。Altevecを入れてもなおPowerBookに適しているとか。現G3とピンコンパチで、0.18 μmのcopper HiP 5.0 processである。
AltiVec付きのPowerPC G4はたぶん、400 MHzから出荷されるだろうとのこと。

98/5/21-2 の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==271名==

MacThe Forkが更新されていた。代理店関係の話。
PM-G3-300が一次出荷停止改修した理由につき書いてある。292MHzのジャンパピンで出荷されたらしい。

MacWeekOnLineによると、松下電器産業が,新型スリムPDドライブを発売

webintoshに、Kodak Cameras First To Support USB Interfaceてのがあった。Eastman Kodakは、160万画素の1,000ドル未満のデジカメの新製品を発表し(DC220,DC260)来月出荷とのこと。MotorolaのPowerPC800 ser ies CPUを使い、データ転送用にUSBを内蔵した初めてのデジカメである。データ転送は10倍早いらしい。

webintoshによると、ノートPCにUSBをつけられる、PCCARDが出来たようだ。 OPTi, Inc.  $7/1万個。

MacWeekに、 USB ports on Mac horizon として、USBの詳細が載っていたが、USB接続の4-GbyteHDがMacに移植中だとか。また、PCI-to-ホストUSBボードの唯一のメーカーCMD Technology社のUSBホストチップがiMacに搭載されているようだ。やっぱり、写真見たとき、ICのマークがそんな感じだったもん。また、CMDが、PowertBookのためにUSB製品に取り組んでいるとか。これは、別メーカーが9月に出荷するらしい。ということは、USB内蔵のNewPowerBookが9月頃にはお目見えするって事ですかね!
Aladdin Knowledge Systems社は、PC用ソフトウェア-保護装置(MacHaspのUSB対応)を9月に$33〜で、出荷予定だそうだ。(これって、USBのドングルみたいですね)

Castlewood社のORBは結構いいことを知らなかった。2.16 GB、12.2 MB/secリムーバブルディスクが安い。
Castlewood  HI end 2GB  ORB  Internal$199.00 external$199.00 メディア$29.95
Iomega  HI end  2GB JAZ 2 Internal$549.00 external$549.00 メディア$150.00
ZIPの2倍程度で2GB!!!すごい、やすい!早い!

98/5/21の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==272名==

countmacが更新されていた。ワクチンが出てきたAutostart 9805virusが、すでにAutostart 9805Bになっているらしい。

macosrumorsによれば、1999年のアップルハードウェア予想が出ていた。"Pro" desktop Macはこんな感じだろう。
100MHzバス、5~600MHzG3-CPUでそのうちAltivecがつく。1MB, 3:2のバックサイドキャッシュ、
100Mhz SDRAMが3個、33Mhz PCIスロットが3個、 66Mhz PCIスロットが1個 、4X AGP graphics slot
オンボードグラフィックははっきりしないが、たぶん128-bit, 8MB AGPカードだろう。
FireWire 、USB 、UltraDMA EIDE 、Ultra2 Wide SCSI はBTOオプション、オンボード100baseTイサネット付き。
そして、QuickTime、QuickDraw 3D、OpenTransportなどは、Altivec命令で最適化し高速化されるだろうとのこと。 

macosrumorsに 、ネットワークブートの証明(Rhapsody DR2 multi-boot control panel)があった。
snapshot
に、OpenfirmwareによるNetworkBootがでてる。

ogradyによれば、iMacはRhapsodyでのネットワークブートが可能だが、newPowerBookはできないとのこと。

98/5/20の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==272名==

日経Macに、 Newerの技術トップに聞く ってのがあった。Newerの秘密の一部を話していた。
PCI Power Mac の種類により、ROMの仕様がそれぞれ微妙に異なり、これが原因で、機種間互換性が取れないことがあるらしいが、これをNewerは解決しているらしい。6100/7,8100系のG3ボードでは、PDSスロットの並列ターミネーションと直列の違いとか、マザーボードの違いとかあり、コンパチには出来ないそうだ。また、2400はROMの内部構造が大きく違ったので、やり直したらしい。
バスとCPUのクロック比は今のところCPUで決まっており、8倍までだが、Newerはこれをさらに倍にごまかす方法を、開発済みらしい。(大したことじゃないけど)。それから、6カ月以内にみんなを「あっ」と言わせる製品を出荷するらしい。

macosrumorによると、AltiVec-accelerated Mozilla in the works?とのことで、Netscape社の Mozilla "Raptor" 拡張HTML コアをモトローラのG3のAltiVec命令群に最適化したバージョンを、早くも作る予定らしい。これにより、従来より30倍も早くなるそうだ。

CNET、news.comによれば、Intel unlocks Pentium II  、インテルが、pentiumIIをサードパーティにライセンスするようだ。びっくり!
相手はまだ秘密らしいが、パソコンのメイン・サーキットボード用I/Oチップを製造しているスタンダード・マイクロ・コーポレーションとか、アメリカのチップセット・メーカー、オプティー(Opti)の名が上がっているらしい。

CNET、news.comに、インテルが「Katmai」のモバイル版をキャンセル?と言う話があった。読んでみてください。なかなか面白い。
ノート用のKatmaiの計画を止めたらしいが、どうもその理由がはっきりしない。低消費電力にしにくいと言う見方がある。
ところで、その次期のCPU、0.18ミクロン「Coppermine」では、1999年秋らしいが、なんじゃこの名前は、銅鉱山ちゅうことは、
この次期Pentiumは銅配線なのか???

S3社は、5/4、High-End PC:AGP用の の最上位製品3Dグラフィック・アクセラレータSavage3D、を出したようだ。
128-bitのSavage3Dは、1億2500万ピクセル/secで、4倍以上のAGPパフォーマンスがあるらしい。Intelのi740の2倍、3DfxのVooDoo IIの1.23倍の表示フレームレートだそうだ。あのVooDoo IIより早いとは。・・・

HTML Color Coordinator 1.0b4 てーそふとがあった。HTMLの文字列にグラデーション色づけを自動的にやってくれるらしい。

日経Biztechによると、通話料も無料のインターネットプロバイダーが登場とのことだが、以前から話は聞いてたが、フリーダイヤルで接続すると、15秒間広告が流れ、その後、5分間無料でインターネットを利用できる。連続3回延長できるが、その後1時間は使えない。5月試験運用、6月開始。市外局番03のみ。

98/5/19の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==269名==

失礼、昨日のNortonは、数値が逆だった。ヤノ 2062で、Apple 3638でした。後ろのデータは合ってる。

macosrumorsによると、LinuxPPC project announces G3 supportとか。そろそろやってみたいなー。

ogradyさんは、nikkeiMacも見てるようだ。5/18。Appleは、iMacはCPUアップグレーダブルではないと、言ってるが、Nikkei Macのimages [1, 2], にあるように、「システムModule」は、PowerBook G3 SeriesのシステムModuleににている、といっている。

webintoshによれば、Appleは、英ARM社の株を37.4パーセント持っていたが、18.9パーセントを売りだし、4月16日$23.4 million(税引き前)を入手したようだ。

macintouchによると、 Power Mac G3 SCSI performanceで、PMG3の外部SCSIについて書いてあった。
ケーブルが短い時に5MB/sの非同期転送速度の8100, 8500, 9500, 9600などに比べて、60%しか、転送速度が出ない。同期転送が可能だが、これの、ネゴシエーション後のデータ転送タイミングが、200ns毎でなく、260ns毎だったという。


ある匿名の情報筋からの投稿によると、
Interwareが、 Tanzania,Alchemy,Gazelle用のG3 cardを開発中かもしれない。
L2 cache slotに装着するようだ。
Tanzania用は既に300MHzで動いているらしく、
製品版は240-250MHzで意外と早く販売されるかも知れない、とのこと。
もし本当なら、L2 cache slotには、CPU用各種信号が出ていることになる。これなら問題ないね。
噂だけだが、うそかほんとか、楽しみではある。


ある匿名の情報筋からの質問によると、iMacの半透明筐体の電磁シールドについて、コメントを求めていたが、ちょっと考えてみた。以前、どこかで、同じ問題が議論されていたときには気がつかなかったが、そういえばこんなのがあったぞ、と思いだしたので。
まず厚さの件。プラスチックは薄く作りたいとき、強度を増すためには、グラスファイバーとかを混入させて、強度を増すそうですが、半透明だとなるとこれは使えない。半透明ということで、アクリルとか、ポリカーボネートとかでしょうね。
で、電磁シールド(FCC-15J、CEマーキングなど)では、困っちゃう。
で、思いついたのがLCD。HnadHeldPCなどの液晶の表面についてるタッチスイッチの電極、これって透明電極なんですね。
で、これを電波のシールドに使えないかって思って、聞いたことがあるんです。ある会社はできません、との返事。ある会社は、できますよ。で、違いは、金属の厚さなんですね。
作り方は、スイッチを構成するフィルムに、ある金属を、真空蒸着する。これの厚さによって、電波シールドが出きるようになってくるらしいんですが、厚くすると、フィルムを曲げたとき、ひびが入ったりしちゃうらしいんで、ある会社は、こんなもんじゃだめだっと思ったんでしょうね。曲がらない応用なら良いのに。

でiMacの筐体の裏にこれをやれば、透明でいいじゃないのと思っただけなんですが。
(ここで、おち)あんなでかい筐体を真空蒸着???百万台以上売ろうってーやつを、真空に引いて???
しかも、複雑な格好。

     うーんこりゃ無理かも。  じゃんじゃん!

98/5/18の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==267名==

ヤノのRAMDISK YR833-256MBを買っちゃった。23万ちょい。秋葉館。256MBSDRAMは後で買うんだ。

PM9500-G3220→315(1:2.5)で、Nortonしてみた。ついでに、AppleのRAMDiskもやってみた。

   ミスした ランダムrd 64KRD    ランダムwr 64Kwr  vs6100
    ↓                            ↓こっちが正しい
ヤノ 3638  2.56MB/s 33.177MB/s 2.292 31.75    2062
Apple 2062  9.8MB/s 45.213MB/s 2.927 22.338    3638

UMAX S900では、立ち上がらなかった。シフトでは立ち上がるので、何かとぶつかってるのかなー?

98/5/17の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==268名==

realityMacOS X Core OS Broken Down に、MacOSXの内部構造について書いてあった。
NextStep 4.2 Mach 2.x, BSD 4.x, OpenStep.
Rhapsody DR1, DR2... Mach 2.x BSD 4.4, Blue Box, Yellow Box (evolution of OpenStep).
Mac OS X   Mach 3.0, POSIX, Carbon, Blue Box, YellowBox.
という風に、変遷してきた。
OSのコアにMach3.0を使用したので、全ての保護(メモリープロテクト、ファイルプロテクト、RW実行などの設定など)、プリエンプティブタスキング、CPUのスケジューリングが出きるようになり、又Symmetric Multi-Processingが出きるようになる。来年、最初には出ないだろうが、MacOS Xが作動するマルチCPUボードが出てくるだろう。
ファイルシステムは、HFS、HFS+、USF??、Enhanced VFS(MacOSX:Mach3.0用)をサポートする。I/Oは活線挿抜(電源ON時でのコネクターの抜き差し)が出きるようになる。

ogradyの5/14の噂によると、次期ハイエンドのPowerBookは、400MHzの銅のG3-CPU と、もしかすると、Firewireインタフェース付きかもしれない????私は、CPUはAltivec付きだと思うけど。だって、DVDドライブを生かすためには、DVD-VideoをリアルタイムでPlayできなくちゃ!そのためには、5/14-Ogradyのニュースでも言ってるように、MPEG-2の高速解読が必須で、追加ハードを入れる場所がないPowerBookなら、こうなって欲しいでしょう。

Mac The Forkが更新されていた。T-Alex氏が書いた、iMacのマザーボード:Columbusの内部の詳細調査報告だ。
(この件については、私も考えることがあるので、そのうち、言いたい放談します。)

PCWatchの、COMDEX/Spring '98会場レポートによれば、USBドングル:USBHaspがもうすでに存在しているようだ。
http://www.aks.com/hasp/family/usb.htm

日経bpによれば、NEC, 強誘電性メモリを搭載したスマート・カード向けLSIの製造技術を開発したらしい。不揮発性メモリは256バイトしかないが、強誘電性メモリと論理回路を混載できるプロセス技術,不良セルの検出技術などを開発した。 ご存じでしょうが、これが発展していくと、大容量不揮発性DRAMになり、そうなると、ハードディスクを置き換えてしまう。超高速の外部記憶になる。ずっと以前から、全世界が期待して待ってるんだけど、難しいらしくって、いまだに小容量。今後が楽しみ。

日刊工業新聞社によると、NECも、スマートカード用の高性能LSIを開発 したようだ。
ここも、おなじような、FeRAM(不揮発性強誘電体メモリー)を使ったスマートカード用の高性能LSI。

日経bpBiztechによれば、SGS-Thomsonのフラッシュ開発計画 とかで、トムソンもIntelのやってた、多値記録をやるようだ。1999年:0.2μm32Mセル、64Mビット、2001年:0.15μm128Mセル、256Mビットを製品化の予定らしい。

98/5/16の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==265名==

Count Mac 98/5/15更新されていた。

Macお宝鑑定団経由、macweekOnLineに、5月15日号 次々に繰り出されるApple新戦略。そして日本は?アップルコンピュータのキーマンに聞く ってのがあったが、Appleの丸秘戦略を垣間見れておもしろかった。しかし、iMacの販売の20%を日本市場で出し、(たぶん全世界での)シエアを10%以上にする予定と言うが、
うまく、クリスマスでチカチカ出きれば売れるかもねって、んなばかな。 iMac買った人は作りましょうね、チカチカを。

Macお宝鑑定団にて、ちょい臭わせていたが、macosrumorsによれば、Apple's "Pro" line evolving....Appleのプロライン(ハイエンドのMac)の展開は、'98〜99初め頃に、メジャーな開発品を出すと書いてある。
99年中頃:ハイエンドマシンには、1つ以上の64-bit、66Mhzの PCIスロット。AGP(Accelerated Graphics Port元はIntel)、ROMは無くなる?(ROM in RAMのことだろう。iMacと同じく、さらに、コアシステムを抜き出すことでROMの内容を減らし、ROMを最低限にするようだ。たぶんBoot部のみ)
Gossamer IIマザーボードには、Ultra2 SCSI とUltraDMAを載せるべく開発中。
デスクトップモデルは、99年初頭には、100~110MHzバスクロックになるとのこと。
400MhzCPUは、Macworldでリリースされるかもしれない。, 466-500MhzCPUは、秋発表だとのこと。

Wirednews5/12に、PentiumIIの偽物の作り方が書いてあった。
偽物は333個見つかっており、アメリカ210個、ドイツ42個、オーストラリア、カナダなどらしい。台湾当局が1,000個位の偽造ペンティアムII-チップを押収していたらしい。
インテル製の233とか、266MHzの正規品をテストし、300〜350MHzで動くものを選別し、
プラスチックパッケージを入れ替え、インテルのまねをしたホログラムを作り直し、張り付ける。インテル純正の300MHzは、266MHz品などとは、もう設計が変わっており、新しくECC機能(メモリーのエラーチェック&修正をサポートするロジック)が内蔵されており、これの有無を調べるソフトで偽物が判明する。

98/5/15の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==260名==
processormania5/13にあった、XLR8からの新しいG3 Cache ControlとProcessor Information utilityを、 DLへのLink からとってきて、動かしてみた。Information utilityでは、CPUの温度が表示され、助かる。現在32℃。

macosrumorsによると、eMac's existence confirmed だとあるが、???

thessasourceの5/13を読み直してみると、Rubinstein Keynote に、AltiVecの話があった。AltiVecはG3に付けたものをAppleはサポートするし、これ以降のAltiVec付きの将来の(G4以降も)CPUもサポートすると明確に書いてあった。

ogradyには、iMACのための、2つのシリアルポート、ADB、SCSI をもつ、USBの hubがメジャーなマッキントッシュベンダで、開発中という噂があった。

macintouchによると、 GoLive's CyberStudio 3.0 が、出荷されたようだ。

98/5/14の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==260名==

realityの、Appleのハードはスローダウンしない に、Pentium IIとPowerPC のチップの面積について、ちょっと書いてあった。2:1でPowerPCが小さく、安く多く作れると言うことです。これまでに噂があった、外付けPCI拡張BOXは、現在サード・パーティーと開発中で、7つのPCIスロットと、3 個のUltra Wide SCSI HDの追加場所を持つシャーシーである。
ROM in RAMの話があった。ROMでのプログラム実行は遅く、パーフォーマンスが落ちるので、ROMの内容をRAMに書き込み、RAM上で実行させるようになる。そして、ROMの内容から、コアシステムを抜き出し、より小さいROMに移行するようだ。既にこの手法は,iMacで使用され始めている。そして、今後の全ての機種は、よりきれいな立ち上げと、MacOS X. への簡単な移行ができるようになる。現在の機種にてMacOS X. を立ち上げる方法は見つかるだろうとのこと。USB装置のコネクターを差し込んだり、抜いたりしたとき、load したりunload したりできるようになる。新しく接続されたUSBデバイスのドライバーがシステムに無かったとき、自動的に場所を見つけて、ドライバーをダウンロードする、という新しい技術を開発中らしい。
MMXとAltiVecの比較があった。MMXの倍のパフォーマンス。2倍のレジスター。4倍のスペース。よりよい命令セット。通信関係のロードマップでは、USBとFireWireは、もうご存じながら、Wireless Ethernet!がでている。
Apple will produce more 2400 like PowerBooks.  てのが気になる。
400MHzのMacの話は、知ってますよね。CPUだけ載せ変えたやつ。PCIバスの速度を来年5月に240MB/Sにするってんでしょ。でも、32ビット巾=4バイトで割ると、60MHzなんですよね。何で一年かかるの?

realityに、Sub $1000 Mac For Christmas?ってのがあった。ようするに、Pentium II 400MHzをtoast するのは万民の欲するところじゃない。で、そういう人は、1299ドル払う。(iMac)。じゃ、Pentium II-250〜300MHzと比較して、想像('Think Different')すると、いまなら、iMac(233MHz PowerPC G3 processor, 512Kcache)のCPUを遅くてバックサイドキャッシュ無しにしたやつかな。またはPPC740だ。
でも、MainStreetでは結局PPC740じゃなかったなー。

ま、クリスマスってぐらいだから、半透明のケース内に、LEDのぴかぴかツリーを内蔵してたりして。
インターフェースがない?そんなのは、USBとかにくっつけた、USB内蔵1チップCPUで簡単に作れるでしょう。

新型Virus:AutoStart 9805専用のワクチンソフト:フリーウェア  てのがあった。
   Eradicator v1.0.1 :作者 Uptown Solutions Ltd

Mainichi Daily Mail Computingによれば、日欧8社、家庭内AV機器NWの基本仕様を策定 とか。
家庭内AV機器のネットワーク化の仕様「HAVi(Home Audio/Videointeroperability)」であり、IEEE1394などのインターフェースで家庭内のAV、マルチメディア機器を結び、新規接続やはずすときに機器同士が通信する、プラグアンドプレイや他の機器の機能をお互い利用し合う相互操作性などの機能があるらしい。

98/5/13の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==258名==

COUNT MAC5/11と更新されていた。デジタル家電??

ogradyに、 新しいAppleのTech Info Library がでていた。
PowerBook G3 Series: External Video Out External TV OutExternal TV OutTrackpadSeries: KeyboardApple System Profiler About This Computer Energy Saver Control PanelInfrared Port

ogradyによると、Newer Technology がPowerBook G3シリーズ用のBookEndzを発表した。 US$149 〜US$169

三菱が、モバイル用外付けスーパーディスクを発売
薄型外付け大容量FDD、「スーパーディスク(LS-120)」 MF357H-922MGを5/29日発売。32,800円
(2HD、2DD可)、120MBのディスクドライブ。PCカードスロット(タイプ2)にて接続。インターフェースはATAPI。
国内では目。サイズは110x154x18ミリ310g。同社によるとこれまでで最小。PCカードでパソコン本体から電源をとれる。ウインドウズ95/3.x、DOS対応。PCカード、ケーブル付き。

thessasourcetechwebによると、IBM は、PowerPC G4にAltiVec命令セットをサポートしないかもしれない。すくなくとも今年はじめにAppleに出した、銅配線の400 MHzのPowerPC G4サンプルでは、AltiVec命令セットをサポートしていなかった。IBMは、命令セットを複雑化するよりは、高速化のほうが顧客の感心があると言う。
モトローラはAltiVecをAppleがサポートしないかもれないので、機器組み込み用と言う言い方になっている。効き組み込みCPUメーカーとしてのモトローラの対抗チップは、TIのDSP:320C6Xシリーズとか、Analog Devices Sharcプロセッサ、Lucent Micro electronics の16000のDSPなどであり、モトローラとしては非力な56000シリーズの変わりに、68K代替えのPowerPCの強化が必須だった。DSP division とPower PC divisionは統合され、現在、[ Semiconductor Products ] Sectorのみになっている。NetWorld+Interop communications trade showでも、ハイエンドのデジタルの信号の処理市場向けチップとして紹介された。
モトローラのAltiVecG4 CPUチップは、0.22ミクロンHiP5 copper-interconnectプロセスで、サンプルが、今年第二四半期、1999年初頭には量産が始まるようだ。

Webintoshによると、Metrowerksは、AltiVecのサポートを、CodeWarrior Pro 5の一部として1999年4月に出すようだ。
Mac OS X 用は、1999年初頭。

Webintoshによると、COUNT MACで話題にのぼった、ヴィールス「AutoStart 9805」の対策が、Symantecでできたようだ。
このウィルスは、PowerPCMacで、CD-ROM AutoPlayでQuickTimeを走らせているときに同社で確認されたらしい。
Symantec AntiVirus 4.5のupdateが5/13に出たようだ。

macweekによれば、WWDCでデモされた、G4Macは、desktopだけでなく、なんとPowerBookもIBMのG4をのせて、お披露目されたようだ。また、今年末には100MHzのメモリバスクロックのMacが出るかも知れない。また、インテルのグラフィック専用のポートAGPのサポートを、検討しているようだ。また、iMacで始めた100MHzのEthrnet、100BaseTも、多機種への展開をやるようだ。
iRDA,USB,FireWireは当然展開していく。FDは止めていき、より大容量のものへ、CD-ROMもDVD-ROM,RAMへと移行し、SCSI はUltra ATAとUltra-2 SCSI-3へと移行し、FireWireの方向だろう。
PowerBookの副社長マークフォスターは、モトローラのAltiVecをサポートすると言ったらしい。これで、MPEG2など、30倍も早くなるらしい。

98/5/12の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==252名==

Mac The Forkが更新されていた。今回は面白い。成る程、こうやって裏を読んでいくのか。
と、なかなか、示唆に富む内容でした。8月発表予定が、Quicken 98の次期開発中止が原因で、コンシュマー計画をしっかりアピールすることに発表内容を変更した、との話、成る程ね!  だから、USB対応機器も、そろわないうちに、iMacを発表したんですね。だから、USB周辺装置関連など発表できなかったんですね。
Rhapsody CEの予想も面白い。AltiVec技術を応用した、「Tele Communication Program」も、成る程!

ogradyによれば、 PowerBook G3 Series に載ってる、ix3D RoadRocketは、ビデオミラーリングだけでなく、dual-monitor も内蔵するようだ。

30000カウント達成!5/12 ありゃたんした。 残念30004だった。最近ぴったりの画面がとれなくなった。

HotWiredNewsによれば、サン・マイクロシステムズ社がビデオ転送表示も可能な高速ワイヤレス・ローカル・ネットワークの研究開発で通信会社ハリス・セミコンダクターと提携したらしい。『モバイル・インフォメーション・インフラストラクチャー』プロジェクトでモバイル・ネットワーク・コンピューターを開発する予定。ハリス社は直接スペクトル拡散技術を用いて11Mbpsワイヤレス・データ・リンクを開発するらしい。
また、ヒューズ・グローバル・サービス社は、軌道に載せ損なった通信衛星を、月を回る軌道に乗せ、その後地球軌道にのせようと、軌道修正を7日行い、成功したらしい。月の回りを9日間回るコースに乗ったらしい。うまくいけば、人工衛星はアジア近隣に対する、TV、通信サービスを行う、通信衛星になる、らしい。

USBをいろいろやってる会社があった。USBStuffっていうんだけど、以下のようなのがあった。
* PCI to USB Interface Card !!* USB to Serial & Parallel Adapters *
Works Great ! >>> * e-Tek Labs' InfraRed to USB Controller * <<< Works Great !
* USB Modems * USB Cameras *Cables &Adapters *
* EdgePort USB to 4-Port Serial Hub * Belkin USB to Parallel Adapter*


WWDCの話が、いろんなとこで出てますね。みなさん、安心ってとこですかね。

realityによれば、Hewlett Packard が、iMacむけの USB Printersを発表したらしい。
また、Apple によって、iMac用外付けUSB-FDDが開発中とも、あった。

thessasource.にちょっと、ショックな話が。インテルが、FireWire標準のサポートを止めるらしい。

松下によると、英ARM社が、松下に「ARM7」をライセンス供与したようだ。32ビットRISCプロセッサー「ARM7TDMI」のライセンス供与を受けることで契約締結。これまでシャープ、NEC、ヤマハなどがライセンス済み。

/macweek/によると、Newer Technology社は、PBG3用のドッキングモジュール、「BookEndz G3」を出すようだ。
ADB, serial, audio-in and audio-out, power, 25-pin SCSI, standard VGA, S-video, composite video-outで$250 、6月ごろ。

日経BP-Biztechによれば、 セイコーエプソン、1280×960ドットのメガピクセル機「CP-600」を発表したらしい。
8万4800円で、5月30日発売。

日経Macによれば、Sonnet,68Kマシン向けG3カードを計画。98年夏の出荷に向けて現在開発中 とか。当面「Macintosh Quadra」シリーズをやるようだ。「技術的にはすべての68Kマックに適用可能。市場の要求があれば他の機種も検討する」
(Farnsworth社長)とのことだから、期待できるかも。

98/5/11の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==247名==

Ogradyによれば 、Appleは、TDKの Network Flyer 100 PC Card を、CardBus PowerBook G3の標準カードに選んだらしい
TDK Global Freedom 5660 のV.90アップグレードが、6/1にWEBサイトで出るらしい。
FarallonPowerBookG3 Series用の、10/100 CardBus Adapter がアナウンスされた。
VST Technologies のZIPドライブは、 G3 Seriesの左右両方のbayでも、作動するようだ。

News.comの、 "Extras for new PowerBook arrive" には、iRez Researchの、ビデオキャプチャーPCカードがあった。 640* 480で30フレーム/sとれる。 VST Technologies からは、bay用の100MB Zip が6月には出るらしい。IXMicroは、32bitバスのPCカードで、ix3D ラインの早いやつを出すようだ。1280 *1024で、$299位で、6/15頃出るらしい。

5/10の朝: 夕べは、実は、ほとんど寝て無い。30分くらい、うつらうつらしたくらいで、ずっと、ネットサーフィンして、この原稿を書いていたんじゃ!  けっこう量が多かったでしょ。でも、今読みなおすと、文が途切れてたりいろいろありますね。半分寝てたみたい。
わたしゃ、ばかだから、時間がかかるんですよ。朝7時まで書いてた。7時半出発。
おかげで、向ヶ丘遊園で昼にぐっすり寝ちゃった。今日は、秋山ショー太郎はじめ、竹内とかそうそうたる’せんせー’をまた見てしまった。クラリオンガールとか美女を望遠ズームで、なんて邪道で撮りまくったのでした。眼福、眼福!

言ってる最中: 05/09 言いたい放談 96:IDE VS  SCSI その2    
        05/10 言いたい放談 97:             いま、書いてる最中
         
いいたい放談の91と94をちょっと、追加書き込みしました。

済みません。5/5〜5/7の間に、私にEMail出した人、すみませんが、もう一度出していただけませんか。
特に、本を買いたいって言ってた人。全然わからなくなっちゃったので、よろしく。まだ返事なし。
Wxxx.sxxxxさん、ないとうさん、早速の再送、ありがとうございました。

いま、テレビで言ってたが、大塚ネネはブルー(青色)が大好きだとか。わたしゃ、かくれFUN。

98/5/9の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==246名==

Macintouchでもあったが、モトローラが、MMX対抗の新しいPowerPC AltiVecを発表した。takさんのいってたのは、これでしょ
当然、2番煎じ(3番くらいかな?AMD,Cyrixなど)とくりゃ、MMXより命令追加は当然ですね。ハード的にも、これまで、整数演算部が1個、浮動小数点演算部が2個だったのに、128ビットのベクトル演算部を追加し、それらが並行に作動する。このため、32個の128bit幅のレジスターが追加された。ベクトル演算部は、SIMD(Single-Instruction-Multiple-Data)として知られる、並行処理プロセッサーの方式である。これにて、1命令解読後、16個の実行部が同時に処理する。これにより、DVDビデオで使われている、MPEG-2のデコードなどいろんなフォーマット変換にも向いている。これまでのCPUなどより、30倍以上も早く処理できると言う。次期通信用とか、ビデオ、オーディオ、グラフィックスなど、プログラムは、同じことをループさせるようなもので、データを膨大で高速に処理しなくてはいけないものに、向いている。
  SIMDに関して、mackidoがもう少し詳しく書いている。
Image Filterの応用例で、11倍も早くなることが示されている。MMX,MMX-2との比較もあるので、読んだ方がよい。
応用として、以下のものがあげられている。
IP-Telephony GateWay、マルチチャンネルモデム、スピーチプロセッサー、エコーキャンセラー、イメージ&ビデオプロセッサー、科学技術計算用アレイプロセッサー、インターネットルーター、Vertualネットワークサーバーなど。
128ビットは、8ビット演算を16本パラレル、16ビット演算を8本パラレル、32ビット演算を4本パラレル、
もっと高速な要求のために、1チップでのマルチプロセッサーや、dual-core システムは、もうすぐ使えるようになるだろう。

MacWEEK-J :日本でもPBG3発売。5月末か。

 いま、書いてる最中 今日から、家でも、書いて、UpLoadできるから。。。。今日はいっぱい書けるな

いろんなMLでも、iMacの是非とか言ってますね。FDなし、については、今日、USB SuperDiskについて、Macintouchで出てましたのでいろんなとこで、訳されてわかってると思いますが、松下の関連会社などが開発したUSBのFDが出るらしいのでOKですね。
120-MBで、これまでのFDともコンパチなので、.....これで、多分、Appleの次期FDは、これに決定ですね。ZIPでなく!(わたしゃ、ZIP買っちゃったのに)
次はSCSIが無いことを、どうクリアしていくかですね。
100BaseTで接続する外部機器とか、SCSI変換機でもいいけど、いまさらなー。まさか、内緒でPDSなどあったりして???

5/8に、Macお宝鑑定団に、これってなに?と出てた、絵ですが、ファイル名にもあるように、当然Firewireボードらしいですね。TexasInstruments社のLSIがのっかってますし。3個あるコネクターがそれらしいし・・・
でPCIバスコネクターだし。   で、考えられることはSOLECTRON社が作った、PCIバスの1394ボードで、Appleと提携して作ってもらったのかな。で、まずは、P CI-Mac用Firewireボード。出すって、去年言ってたので。iMacは、PCI拡張スロットはないからなー。

5/8のCOUNT MACにもiMacについて書いてある。macfixitにも、いろんな心配ごとを書いている。

Imation とPanasonic のSuperdisk Drive For USB
上記Macintouchで書いてある、USB SuperDiskについて、読んでみました。
Panasonic Industrial CompanyとImation Corp.が、初めてのUSBのSuperDiskドライブを開発した。しかも、最初の相手がiMacだ。
PC-formatの 120 MB SuperDisk diskettes、720 KBと1.44 MBのFDとRW互換である。
これで、非常用のスタートアップディスクも使えるようになるでしょう。

でも、ここで提案。 とっくに、SUNがやってたように、ネットワークBoot可能として欲しいものだ。Ethernetでも、USBでも。!!

Macintouchで紹介されていた、Peracom社の、USB Serial Converterってのを見てみた。
USB type B receptacleから、1個のDB25のRS232Cに変換する。300〜115000ボー。
現在のところ、Windows 95 OSR2.1荷しか対応していないが、iMacにも対応してくれれば、そのまま使えそうだ。また、ADBにも対応できそうだ。あまり関係ないけど、この会社は、USB-Ethernet変換器も作ってるんですね。

日立、高速HD 12030rpm:先日チーター買ったとき、何日か前にNews見つけて、ここで報じた「日立の12030rpmの新型HD」が頭をよぎったけど、あれは、EIDEとかUltraDMAとかだったような気がして無視してたけど、今日気になって日立のここを見に言ったら、なんとUltra2だと!!!
ばかな、私!!!。   くそ、こんどはDK3E1T-91ねらいじゃー!!!9GB*n台 だ。

RAID構成での性能向上は、これまでの7200rpmに対して、1.5倍のトランザクション性能だそうです。
当然、LVD。(Ultra-2 SCSIから採用: LVD(Low Voltage Differential)低電圧差動信号伝送方式。)
READ平均シーク時間5ms。2.5インチ円板を使用することで、これまでくらいの消費電力にできたらしい。
データ転送は、最大27.3MB/s。
Ultra-2 SCSIでは、WIDE(68pin)と SCA-2(80pin)で 最大80.0MB/s、ファイバチャネルは、SCA-2(40pin)で最大100.0MB/s。データバッファ容量は512K〜4MB(Option)
電源電流は、12V0.75A(Max2.8A)、5V1.1A(RW)〜0.55A(Idle)、消費電力(Idle時)11.8W (13.3Wファイバチャネル時)

日経BPでこんな話があった。日本IDT●MIPSアーキテクチャのRISC型マイクロプロセサのお発表。
動作周波数200MHz,使用温度範囲はマイナス40度からプラス85度まで(4月29日)
面白いと、思ったのは、インダストリアル仕様の使用温度範囲が-40〜+85℃ということ。-40℃〜なんて、ふつう無いよ。

5/8は忙しくて、全然、読みにいけなくて、書けなかった。一応、会社のEMailデータ、「いいたい放談」フォルダーを、PDに入れて、もって帰って、同期化できた!。夜中にISDNで、やろうと思ってたら、、、見ながら、寝ちゃった。土曜は、昼、出かけなきゃいかんかったので。しかも、夕方から自治会広報として280枚印刷。買っといたDr.SURF2.0で、オートパイロットの設定などやって、見始めたところ。訳は前のと似たもんだけど......まあ使えるかな。
明日は、会社の写真部(全然じつりきの無いという噂の)で、モデル撮影会に!EOS1N-RS出動。こんどは200f1.8でも買うかな。
夕方7時には、5月の自治委員会出席。帰ってきたら、仕事の特許書かなきゃならんし。。。。。。。。

言ってる最中: 05/07 言いたい放談 95:G3とL3キャッシュの有無?7200のg3 upgrade?

済みません。5/5〜5/7の間に、私にEMail出した人、すみませんが、もう一度出していただけませんか。今日、いろいろやってたら、今日EMailを取り込んだ分、EMailを消してしまった!!!!。5/5のバックアップはあったので、5/5〜7の分だけです。
特に、本を買いたいって言ってた人。全然わからなくなっちゃったので、よろしく。あと、Wxxx.sxxxxさん、ないとうさんかな?

98/5/7の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==245名==

世の中は、PBG3、PM300MHz、iMacなどの話で、もちきりでんな。

友達のMac使いS氏が、G3にアップグレードして、見せびらかしていたので、ちょっと、お披露目。
Power book 1400C-133 に、InterwareBooster PB1400G3 233を入れちゃったのでした。
Backside cashe size 512kBクロック:115MHz/231MHz
NortonutilityのSystemInfoで、システム評価324、CPU631、ビデオ89.5、ディスク263、FPU540でした。

98/5/6は、食べ過ぎでおなかこわして、会社休んじゃいました。
5/5の夕方、衝動買いをしようと、4時頃会社を出て、高速に乗りました。気が付いたら、15分で相模湖東に着いていました。
でしょうがないので、おりて、帰り方向の入り口を探したけど、相模湖東って登り方面入り口がないんですね、知らなかった。
でしようがないから、20号で八王子方面に帰ろうとしたんです。したら、高尾山のへんから混んできて、八王子まで戻ったら、もう6時です。ほんとにばかな、あっしでやんす。連休帰りの渋滞にもろに入るために、わざわざ、えらんで逆むきのこうそくにはいったなんて。初めての経験。こりゃもう無理だなと、あきらめて、ステーキでも焼いて食うか、てなもんで、alpsっていう、量販店で黒和牛サーロインてな感じを、1000円くらいで買って、なすとちんげんさいと・・・ぎょうーざを買って帰り、チタン製の中華(いかに湯水な馬鹿か、このへんでもわかりますね)鍋で適当に、ステーキを焼き、野菜炒め的に痛め、餃子をチンし、ビールで食っちゃったんですが、食い過ぎたんですね。次の日は、おなかが苦しくて、電話で有休にしちゃいました。昼までねてたら、気分が良くなったので、・・そういえば、今日がISDN切替の日じゃった・じゃーちょっとやってみっか。でやったら、電話もつながらん。で、ちょい、マニュアルを見たら、REVでのがあって、ははーん、この辺かな、てなかんじで、押してみると、OKでした。で4時になったので、また、衝動買いの虫が騒ぎ出して、昨日買い損ねたので今日こそはってな感じで、車で出かけたのでした。5時着、DOS/V屋に行って調査。ここは高かった。秋葉館へ直行。即買い。
Seagate、チーターST34501W 10000rpmに惚れたのでした。・・・・みんなに馬鹿だって言われた今日この頃だったのでした。

98/5/5の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==240名==

macosrumorsによれば、MkLinuxをサポートする会社が現れたようだ。
Al Guerra Enterprises, Inc. がPowerPC-based Macintoshe用のMkLinuxを99$、199$で1年間、サポートする物。
MkLinuxオペレーティング・システムのセットアップと、メンテナンスのサポートと、1年の使用権がまずつく。
Silver Planは99$で、電子メールサポートセンターで、一日以内のサポートが受けられる。
Gold Planは199$で、MkLinuxスペシャリストから生のサポートを電話かインターネットリレーチャットシステムで受けられる。

macosrumorsに、OS Convergence to be feature on May 11? ってのが有り、"Wacko File" ってのがあった。
Orange Micro社の「本当に大きい声明」が5/11に予定されているらしいが、PC互換ボードを使う事に対する反論を、「劇的に変える」と言っているようで、"Wacko File" は、複数のWinアプリが、十分なWin32-互換を持ち、しかもウィンドウズインタフェースを使用しないで、直接MacOS上に現れて、動作できる環境を提供するという、話であるが、
「可能性の低いうわさであるが、それでもなお面白い」と書いてある。
Win95などを、全部動かさなくても、アプリの使用する環境だけを動かせられれば・・・と言う考えに基づいた話であるが、カット&ペーストや、プリンター、ファイルIOなど、すぐに思いつく物以外で、致命的にエミュレートが大変そうな物があまり思いつかないけど、・・・。ま、窓ユーザーは、ほとんどの場合、この程度の物でいいんでしょうね。
出れば、即買いです。!!!

ogradyによれば、Wallstreetの拡張ベイトは、右側が左よりちょい大きめだそうだ。CD-ROM、DVD-ROMsと他の装置用に、大きめになっており、CDとDVDは同時には使えないらしい。Zipドライブはどっちか、まだわからないらしい。
また、PowerBook2400/240は、多数のアップル従業員とディベロッパーによって、(MightyCatでなく)WildCat(山猫)と呼ばれていたらしい。これは、Appleがリーク情報のトラッキングのために別名を流したことの証明だとのこと。

98/5/4の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==234名==

PM9500に入れてたDRAMに、60nsの物に混じって、70nsが入ってたのを、今朝発見した。もしかしてこれが時々暴走する原因かも知れない。はずしちゃった。そのうちテストしよう。

realityに、 PowerMac 7200 G3 Upgrades: Phase 2 があった。
1月の段階での立ち話では、ありそうなことを言ってたようだ。
また、Wallsreetについての少々のUpdateがあった。DRAMスロットは一個は標準で埋まってて、一個だけ追加できるとか、Liイオンバッテリーを一個追加して2個入れると7時間持つとか、左側のバッテリ−スロットにFDDを入れられるらしいとか、MacBenchとかがあった。292MHzでCPU=1031。
また、お宝鑑定団団長が投稿したらしいBIG MAC COMPUTERSの価格表について少し書かれていた。
また、Mac The FORKにあった、あの、ベンチマークについて、解説されていた。なるほど、OLD250とNew250は
3D RAGE LT VS CT65554から、Wallstreet250MHzとPBG3-250MHzになるわけですね。266MTはすぐ解るが。
最高解像度1600x1200(CTは1024x768)、ZoomVideoサポート、3Dアクセラレータ機能、TVアウトサポート、EDO & SGRAMサポート。ってーので、WallStreetらしいなとは感じてたんですが、調べなかった・・これが良くない!
また、このNortonせんせーらしいFigが、どうも、the image itself looks a little sketchy...というとこですね。
(Nortonせんせーって、棒グラフをあんなにカラフルに色分け出来なかったんじゃなかったっけ????ってとこですね)

だから、(what?)=なーんだ?ってなってたんかな。

また、 Allegro a4 Detailed Reportがあった。量が多いんで、見に行って下さい。すみません。

また、Apple's Secret Weapon?てーのがあった。AIOやeMate、500~800$マシン用に使われるであろう740の話があった。350,400MHzの750は、来たるべき月に満期になるっていうんだけど、5?6月頃にでてくるってことかいな。
銅の400MHz750は夏に見れるだろうとのこと。
Gossamer II logic boardは、USB化と、SDRAMスロット追加と、66MHz PCI busが付くようだが、
PCIスロットがさらに、3個付くかどうかは定かではない、とか。
・・・でも、これって、33MHzPCI3スロットがまずあって、追加66MHzスロットが最低一個はつくって、
どこかに噂がありましたよね。こっちの方が信憑性があるような気が・・・・

'Power Express:は、大したことは書いてないんだけど、上記33,66MHzPCIスロットの為にPCI-LSIを合計2系統つければ、単純に6スロットできるから、もしかして復活したりして?????

98/5/3の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==234名==
mac.sit経由macosrumorsに、USBの話があった。Gossamer II に載せるらしい。5月6日か、7月には発表があるだろうとのこと。
また、LCDとプラズマ表示器の話があった。All-in-One につけてたとか。不思議に思ってたのは、なぜ、今この時点になってようやく、CRTの代わりとして、出し始めたのかってことで、PowerBookを作ったときから、出せるはずだったのに、なんて馬鹿なんだろうと思うのは、私だけじゃないと思う。日立やNECなどとっくに、デスクトップでCRTでなくLCDの物を出してたでしょう。不思議!

Viking-II を買った。解る人には解る。結果は後日。(ある店の在庫を全部買っちゃった。っつったらすごいけど2台!)
ちょっと、動かしてみたけど、速い気がする。あたりまえか。

98/5/2の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==234名==

今日、秋葉原へ行って来た。MaxLoadに、Olympusのデジカメ、C-1400Lが一台,74800円で売っていた。早いもん勝ち!
わたしゃー、既に発売直後に、fj.fleamarketで75000円で買っちゃっているから・・・みのがしてやるか。安いでしょう!!!
絵はきれいですよ。PM5000CでA3にして、出せば、写真と見まがうばかり。すごく近づくとばれるかな?ポケットに入らんのが気にくわなかったりして。・・・・

今日秋葉館で聞いてきたこと。やはり、PowerDomain3940はNewwerのG3ボードでしか起動時認識しないとか。わしゃしらんかったので・・・内藤さんからも教えてもらったけど・・・

Mac the Forkが更新されていた。3D RAGE LT VS CT65554と言うことらしいんだけど、Nortonセンセーの Video で、365 ってのが3DRageなのかな?わからん。
解像度が違うしCPUが320MHGzだけど、私のiX3DはNortonせんせーのVideoが496でした。300MHzでのTwinTurboM8は、367でした。

Macお宝鑑定団経由、macosrumorsに、G3-400MHzの話があった。NYMUG)の6/3の"Big Blast"は、400MHzG3のお披露目とか?

macosrumorsによると、Allegro でのAppleScriptが早くなったそうだ。Internal Math: 540% fasterとか。

MacInTouchには、Apple's new PowerBook G3 lineが5/6の出荷予定は出来ないかも知れないと言っているような気がする。

macweekに、WallStreetの非公式発売案内?があった。これによるとWallStreet最高級機は、1MB2'ndキャッシュで、64MbyteRAM
Ethernetと 56-Kbps modem card 、S-videoコネクタ付き。 ところで、コード名plethoraという特徴とOptionってなんだ?

macweekに、AppleG3/300の話があった。G3/300: Apple's fastest Mac ever 
ミニタワーで、PCIを3Slot、SDRAM DIMM 3-slot、2つの5.25インチ-ドライブベイ、Wide Ultra SCSI3-PCI SCSI card。
3,359ドルの構成は、4-Gbyte Wide Ultra SCSI-3 HD, 24x CD-ROM, built-in video(6 Mbytes synchronous graphics RAM) 64 Mbytes memory付き。
4,899ドルの構成は、2台めの4-Gbyte Wide Ultra SCSI-3 HD, 8-Mbyte 2-D/3-D accelerated PCI graphics card,10/100Base T PCI Ethernet card、128-Mbyte DIMM 1個付き。HDは、sustainedRead=7.5Mb/s、sustained write=8.8Mb/s
SoftRAID 2.0でストライピングして、R13.5、W17.5Mb/sになった。
しかし、このマシンは、もう既に3枚のPCIバススロットを全て使っている。100Mbpsが要らない人はEthernetボードをはずせるが。
SDRAMのDIMMSlotが3個しかないので、256MBでも768MBしか使えない。
ま、言わしてもらえば、100Mイサネットと、UltraWideSCSI位は、組み込みグラフィックの代わりに、オンボードにしといて欲しかった。だって、PCI制御LSI一個余分につけりゃいいでしょ。

98/5/1の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==233名==

言ってる最中: 04/30 言いたい放談 92:ATTOのWide-SCSIの結果  すみません、「HDDパワーアップ大作戦」の内藤さんの、ご指摘通り、絵をLink忘れちゃいました。早速、Uploadしときましたので、再度。
98/5/1の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==233名==

thessasourceによれば、モトローラが、速いBurstRAMを発表したようだ。PowerPCや他のRISC、DSP、ルータ、ネットワーク設備などに向く、より低消費電力で、高速なSRAMで、PowerPCのレベル2キャッシュに有効である。128 K×32=4M。
MCM63P733Aはパイプライン構成で150 133 117 100 90 MHz。early write 4- tick burst capability up to 150 MHz pipelined
MCM63F733A 128K x 32フロースルー構成8.5 9 10 11 ns。8.5ns flow-through--これはちょっと知らない。
フル同期型で入力レジスタ付き、  でもこれって、2個で1Mバイトだなー。今G3に付いてるのも1Mバイト?????

macintouchに、AppleがハイエンドMacに少なくとも一個の 64-bit PCI slotと、標準の32-bit PCI slots を別のPCI controllerで準備中だと伝えていた。これは以前にも噂されてましたが、取り急ぎ作らざるを得ないHi-end版用のGraphicボード向けのような気がしますね。

MacWeekによれば、TechWorks がG3 upgrade cardsを準備中のようだ。 PowerCPU G3 lineと、名付けられ、今月出荷のようだ。
7300、7500、7600、8500、8600、9500、9600、UMAX-J700とS900で作動する。以下の2種類。
$1,379のものは、 300-MHz G3 CPU、1 Mbyte Level 2キャッシュ= 150 MHz.
$0729のものは、 250-MHz CPU、 512 Kbyte Level 2キャッシュ=125 MHz.

MacWeek経由Mac the Knifeによれば、MacTheKnifeが太平洋の縁から鰓呼吸のeMacを発掘したらしい。「TopGun」と総称された、これらのカラ-コーディネートされたモデルは、アップルと某日本のエレクトロニクス巨獣の間のおふざけの成果であるらしい。
写真があるので、ごらんあそばせ。なんじゃこりゃ。でも、林檎マークは付いてるねー。あまり信用しない方がいいな、こりゃ。

MacWeekに、Bridging the Gap:Actively seeking ActiveX controls for the Macintosh なんてのもあった。気になる人は、見に行ってね。
Hitachi plans 12,000-rpm drive for Q3だと。DK3E1:9Gバイト、12000-rpm、18 Mb/s、5MSのアクセス・タイム。
10月出荷。$1,300 〜$1,600.らしい。12.1〜18.1 Mbytes/sの転送レートはキャッシュ容量によるらしい。
Wide Ultra2 SCSI-3 かFibre Channel-Arbitrated Loop interfaceになる。

 


[Home] [Linkし放題] [Fleamarket]