Macの奴隷の臍茶な話
渡邊鼎の!言いたい放談!
!言っちゃったNews! 


 

98/3/31の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==179名==

先日大量に本を買っていただいた方から、Emailをいただきました。ちょっとご紹介。Sさん有り難うございます。

Softwindowsの新版を入れられたそうですが、こっちはVirtual PCのバージョン2が届いてました。8500 + Newer G3 266MHz/512K/177MHzで使って見ると、バージョン1よりだいぶ速いです。ベンチマークの数値はだいたい公表されているのと同じ (あたりまえ)。感覚的にはPentium 120MHzくらい。

あと、750の一次キャッシュと二次キャッシュのコヒーレンシーのお話しですが、MEIプロトコルしかサポートしてないのは603から変わってません。604だとSharedステートが加わったMESIプロトコルを使います。これは昔の日経エレクトロニクスに記事があったと思いますがいま見付かりません。Beで603のマルチプロセッサーができたのはそのハードウェアサポートがあったからだが、「デュアルプロセッサーで実行するとシングルの倍遅いプログラムが書ける」というのをMacFixItかどこかで見た覚えがあります。

どちらもあやふやですみません。今後も楽しい記事を期待します。

 てな感じでした。早速手持ちを見てみたんですが。1995/1/30にPPC620の記事があり、これにも、MESIが使われていたんですね。不勉強ですいません。

realityによれば、Mighty Cat's Releaseとか。
PowerBook 2400c/240 603eが日本で4月8日にも出されるような記事があった。
MacOS 8.1で、3〜5GBHDかも。

CNETによれば、変造インテルチップ増加か
ヨーロッパや北米で、速度を偽った「変造」チップが出回り始めているらしい。
166MHzペンティアム・プロを、パッケージしなおし、周波数を書き変え200MHzとして得られている物が見つかっているらしい。最近秋葉原で350MHzとか、400MHzのPentiumのうわさを聞くが、まさかこういうやつじゃないでしょうね。

日経mac.によれば、オリンパスから131万画素。夕景にも強いメガピクセル・カメラとか。
「C-840L」
「C-820L」の後継機。CCD撮像素子を81万画素から131万画素にした。
画素数は,1280×960,640×480ドットの2通り     8万4800円

98/3/30の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==175名==

Techwebによれば、Motorolaは年末には、intelのAGPに対抗する、PowerPC graphics bus technologyを導入したチップセットを発表するようだ。メインメモリとの転送速度は、528 Mbytes/sになるらしい。でもこれって、結局本体から一式買う人じゃないと意味がないんですね。(・・・結局、一年に一回、買える人は買いなさいってこと)

SoftWindouws95Ver5Upgrade版を購入した。ちょい、使ってみたが、さすがに300MHzとの組み合わせでは、早い。ま、これくらいだったら、一年前のPentium中位機種かな?これくらいだったら、充分実用の範囲内ですよ。
Freecellの終わりがさららららーといくもん。昔は、遅かった。

ogradyでも、menbersでも、WallStreetの2ショットが出ていた。でも同じ写真を、なぜ、membersでも出すんだろ。
私が見たときで。ちょうど、512カウントだった。

03/29 言いたい放談 84:604Eの話。1 読者からのEMailの紹介。

98/3/29の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==172名==

macosrumorsによれば、333、366、375MhzのPowerMac G3が、4月には発表されるかもしれない。
モトローラに近い筋からは、333から566MhzのG3がテスト中であり、300-375Mhzチップが、用意できているとか。
出荷時期は、アップルによって、全て決まるというわけらしい。(604Eはどこ行ったの?)

同じく、emateの後継機?eMac?の噂も、聞こえているらしい。より大きいカラータッチLCD、full suite ofネットワークオプション、a low-cost G3-family processor (perhaps the 740?)。この辺が各噂に共通しているらしいが、しかし、気にくわないのが、740だな。消費電力が、7?W以下位と、ARMに比べて、一桁以上大きいはず。ソフト移植は楽ですけどね・・・将来7XXとかで、チップシュリンクしていって、だんだん減らして行くつもりだから、いいのかな。
eMate後継ってことで、教室なら、近くに充電器があるから、最悪電源つないじゃえー・・ですむからいいのかも?
まさか、ARMに移植するための時間稼ぎってーことはないでしょうね。intelになっちゃったし。
消費電力で、やって欲しいのが、昨日も言ったけど、シャープの、バックライト不要の反射型カラーLCDの採用です。

macfixitによれば、Remove Office 98 version 1.1 が出されたらしい。systemfolderをdelする問題(as reported here)をFixしたもの。

言ってる最中: 03/28 言いたい放談 83:750のお話-1 bus-snoop

98/3/28の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==168名==

CNETのnews.comによれば、インテルのローコストチップCeleronに対し、日本のメーカーはつれないようだ。
intelが1000ドルPC向け、Cable-TVのset-top box向けに開発したのがCeleronだが。
Celeronは、日本ではありそうもない10パーセント以上の市場占有率を得るためのチップである。アメリカでは、去年1000ドルPCが40%のシェアがあったと言われているが、日本では、そんなにいっていない。日本の場合、ハイエンド製品が好まれる傾向があるからである。しかし、intelは緒戦で既に負けており、General Insruments社の、デジジタルケーブルテレビ用の端末装置set-top boxにはMIPS系のCPU(RM5230-175MHz:233MIPS)が使用されることになった。これは米の12のケーブルテレビ会社と契約されている1500万セットに使用される。
266 MHzのPentium IIから2次キャッシュを省いて安くしたCeleronでは、CPUパワーが遅くなることは必定であり、高速CPUに対する2次キャッシュの重要性は、750の例で重々ご承知であろう。
このCeleronのフォローアップチップMendocinoは、秋にキャッシュを付けて出現するらしい。
さらに、Celeron用のチップセットで作ったマザーボードは、通常のMMX用のチップセットでのマザーボードより、高価であることも、人気の無さの原因でもあろう。(ちなみに、私のいなかでは、みっともないことを「めんどしい」と言っていたので、この次期チップは、「又2次キャッシュ付けるの?めんどしーのう」と思えちゃって、私にはおかしいが、皆さんにはわかりませんよね。)

CNETのnews.comによれば、ソフト開発会社たちは、Windows 98?をスキップしたい考えのようだが・・・
、W98は、主に、DVD技術やテレビtunerのサポートなどハードに関する改変がほとんどである。そのためか、MSはW95の時のような、大々的なキャンペーンをやっておらず、これもまた、ディベロッパーたちの憶測を呼ぶ結果になっているようだ。曰く、
W98は、Windows/NTへの架け橋、「窓98に死に体オペレーティング・システム」と言う表現もでているが・・・
窓98がDOSに基づくマイクロソフトオペレーティング・システムの終わりであると言う発言とか、Windows NTの消費者バージョンは、2000〜2001年頃に出荷されると言う、発表によっても、W98をskipしたいと考えるのを助長しているような気がする。
各ソフトメーカーも、現在のW95バージョンが、W98で作動する限りは、VersionUPの考えが無いとも行っている。
W3.1からW95の時の爆発的売り上げがもう一回あると思ったのでしょうか。AppleのOSの毎回のUpgradeでの売り上げの多さ、てーのを考えたんでしょうかね?ちょっと意味が違う気がする。

TechWEBnewsによれば、Mac版 Office 98 にバグがあるようだ。管理ツールのRemove Office 98 utilityに、まちがってシステムフォルダーをゴミ箱に移してしまうような、バグがあるらしい。(手作業で、機能拡張に入れたりしたとき、その後に起きる)
また、これ以外にも2つほどバグが見つかっているらしい。

日経BPOmLineによれば、米サンがWindows CE向けにJava環境を移植、MSとの裁判勝訴の報道も飛び込む とか。
先日のHPによるHP版Java開発への対抗措置らしい。また、MicroSoftの「Java互換のロゴ」使用は「禁止」が裁定されたらしい。
マイクロソフトもこの命令に従うと発表したらしいので、今後の名前が何になるか興味がある。
または、JAVA軍門に下るか??そんなことはありえないか。あの、独裁者????の下では。

日経biztechによれば、 SonyがSunからPersonalJavaのライセンスを取得,ホーム・エンターテイメントに導入 とか。
ソニーは、家庭の娯楽ネットワーク環境で、 コンピュータ、AV設備とデジタルのテレビのシームレス操作環境を
実現するため、オープンアーキテクチャのPERSONALJAVAを使用するようだ。

ZDnetニュースによれば、 MicroSoftは、ゲームに加えデスクトップにも3D 技術を導入したいようだ。そのためか、Tritech社と3Dグラフィック技術の導入契約を結んでいる。DirectX第6版に組み込むこの技術により、安価なハードウエアでリアルな3次元グラフィックスを作成できるようになるらしい。でこぼこのあるテクスチャをモデルにマッピングするバンプ・マッピング技術。
しかし、これ以外の技術も駆使するのか知らないが、なにしろ、PC上でのゲームのみならず、デスクトップでの3D表示やネットワークでの3D表示に対して、Microsoftの新技術「Chrome」などによる、支配の強化が考えられているらしい。Chromeはここにも

98/3/27の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==166名==

macosrumorsによれば、Wallstreetがベールを剥がされたとか。unvailed! 噂としてでしょうけど、写真がダウンロード可能
いいんだろうか、勝手に載せて???びくびく・・・やめた。みんな、写真見に行ってね。どこかで前に見たって???
わたしゃ、おーなーになるつもりだから。ダウンロードしてやった。おっきい写真じゃ!重そう!Wallstreetとは書いてないんだね。

macweekによれば、Now Available: New MACh Speed G3 productsとか。new??なぜ今newなの、前に買った私のXLR8-300/200MHzは何だったの?CPUがXCからMCにでもなったの????おせーて。気になる私。

村田製作所 が 低音域の特性を改善した圧電セラミック球形スピーカを試作したようだ。
一年前、完全球形スピーカーの開発成功していたが、今回はこれの低音不足を補った改良版。
100Hz―40kHz、音圧レベル : 80dB以上、セラミック球Φ80mm、インピーダンス : 8Ωtyp.
非常に低い歪率、完全無指向性。固有共振点は、40KHzより上。
入力インピーダンスが8Ωと言うことは、昇圧回路とか、トランスとかが中に入ってるんですね。それの歪み率は????
低音は指向性がないので、低音用ウーファーを別に付けて、夢のスピーカー(呼吸球)の実現かも。さて値段は?

 これが写真。村田製作所さんごめん

日経netサイバーニュースによれば、米アップル、日本限定のノート型パソコン発売 とか。

4月ごろ、日本市場に限定した小型軽量タイプのノート型パソコンを発売。製造は日本アイ・ビー・エムに委託。
「パワーブック2400」シリーズの新モデル。と書いてあったけど、240MHzとは、はっきり書いてないね。

ちょっと載せるのが、遅いけど、Sharpが、モバイルビジネスツール“ビジネスザウルス”3機種を発売するが、
業界初、スーパーモバイル液晶を搭載するモデルが、いよいよでてくる。
屋外の使用でも鮮やかなカラー表示。使用時間は透過型の 約2倍(BI−T300シリーズ比、連続20時間表示)
つーことで、当然、バックライト(蛍光灯:CFL)がなけりゃ、電力消費も半減ですね。
よーするに、MP、eMateの後継機には、このLCDを使って欲しいわけよ!心待ちにしている未来のユーザーとしては。
今後のモバイル機器には、必須ですよ。このLCDは!!!他社も頑張って欲しいわけよ。

iomega社の発表によれば、Citizenが、「Clik!」ドライブのライセンスをとったようだ。

NEWS.COMによれば、販売が始まっている400MHzペンティアム2 だとか。6店舗、実売価格は13万円前後らしい。
また、カトマイチップが200MHzバスを採用 かも。1999年ごろ、次世代プロセッサー(Katmai)で、
200MHzのシステムバスを採用するようだ。

言ってる最中: 03/26 言いたい放談 82:Ioptics社のOROM(optical read-only memory,光学ROM)の中身

98/3/26の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==163名==

Accelerate Your Mac!によれば、604E-500MHzでのMandelStones ベンチマークデータがApple内部にあるらしい。
Mandelbrot image generator (Mandel ver 1.5.)による、ベンチマークだが、
Alpha 21164A-600MHz:2MB cache 128MB 66MHz SDRAM(128 bit's bus-width).OS:NT 4.0 SP3 58.44
PowerPC 604e 300MHz System:PowerMac 9600, 512K L2 OS:MacOS 8.1では、39.96のMandelStones:
Alpha 21164A-500MHz MandelStones:                では、44.60
500MHz 604e daughtercard:PowerPC 604e-500MHz では、62.20
PowerMac G3 266MHz 750、512K L2 (2.5:1) 32MB memory MacOS 8.1 で、27.30
PowerMac 9600 250 MHzの604e、512K L2 (2.5:1) 32MB memory MacOS 8.1 で、33.00
PentiumPro-200では、16.70だそうだ。
マンデルブロー画像計算では、フローティング演算を多用するので、604Eが実力を発揮するんですね。

〜最高のPowerBookを創る会によると、今までRIKIBONの一コーナーとしてあった、Toyoki氏主催の『PHENiX〜究極のPowerBook5xxを創る会』がRIKIBONから分離したようですね。 →    PHENiX〜究極のPowerBook5xxを創る会
ここではPowerBook5xxシリーズのNUpowr167カードのクロックアップ化情報(200MHz化!)や、トラックボール化、スピーカーの増設(計4つ!)などの改造情報をUPするようです。     たのしみ!。

いろんな所で、出ていたけど、結局原理がわからなかったので、書かなかったんだけど、ようやくわかったので、言いたい放談します。82:Ioptics社のOROM(optical read-only memory,光学ROM)の中身。

言ってる最中: 03/24 言いたい放談 81: S900でのRAID奮戦記その2

98/3/24の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==158名==

thessasourceによると、AppleはCyberdogの部分に関する特許を受けたようだ。

macosrumorsによれば、この夏出荷のMac OS 8.5 (Allegro)は100 %のPowerPCネイティブらしい。
Mac OS 9.0(ソナタ)は、本当の"Yellow Mac OS."だそうだ。ほとんどのラプソディ技術をとり入れている。インテルプラットホームの上で動くソナタは、バックワードMac OS互換性はないようだ。1999年初期の出荷が期待されている。
Mac OS Enterprise 5.5/9.0 (Rhapsody):はアップデートされ続ける。「パワーユーザー」とサーバー用OS。将来はソナタとラプソディのソースコードが一本化され、ユーザーから見た違いは、UNIXコマンドラインがあるかないかと、価格だけであろう。

98/3/23の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==157名==

techwebによれば、HPの開発した独自の組み込み機器向けJavaVertualMachineを、MicroSoftにライセンスしたようだ。
ウインドウズCEに組み込む模様。

お宝鑑定団経由、techwebによれば、PowerPC highlights industry's copper quandary とのこと。Jobs は銅750をMotorolaが作れるとは知らなかったらしいが、これ以外の話もある。IBMとモトローラは銅配線のCMOSプロセスが同じレベルにまではなっていないらしい。IBMは今後0.18μmで銅配線をやって行くらしいが、モトローラは0.22μmからやるらしい。

言ってる最中: 03/22 言いたい放談 80:MCP750 PROCESSOR MODULE FOR COMPACTPCI

98/3/22の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==153名==

ふにゃ太郎さんから、アラスカの Fairbanksでの、オーロラの写真の報告が来ました。
早速見に行こう。フィルム11本撮ったそうです。許可をいただいてますので、そのうちの数枚を転載します。



撮影者:ふにゃ太郎さん Mac The Doctor, Funya-Taro
撮影地:アラスカ、Fairbanks
camara: Pentax ME super
film: Fuji ISO 1600    
Lens: F 2.8 28mm    
1 sec, 3 sec, 10 sec, 30 sec and 60 sec

MacOSrumorsによれば、ADBを置き換える、または補完するため、USBを検討している。
Gossamer IIにADBとUSBを両方付け、外注から出荷されたプロトタイプのUSBキーボードとマウスを付けて、テストしているようだ。

98/3/21の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==152名==

processormaniaさんご紹介有り難うございます。  Macお仲間探偵団 の団員13番は、これを見て欲しかったのです。はい。

私の湯水な話に、読者のWSさんからEMailが来ました。で、またまた湯水な話を。79として、書きます。

thessasourceによれば、HPはJAVA技術をSUNのライセンスを回避して、独自開発するようだ。

日経ElectronicsOnLineBizTechによれば、米国のSOIウエーハ・ベンチャが米政府から100万ドルで研究受託 とか。
前回の3/11のSIMOXウェーハ
のIMT社でなく、米Ibis Technology Corp.である。大量の酸素イオンをSiウエーハに打ち込むSIMOX技術で、放射線に強いSOIウエーハを開発する。

日経エレクトロニクス誌(98/3/23P19)によれば、Intel社は、これまでの方針を変え、ベアチップでのPentiumIIの供給をするらしい。ノート型PCのメーカーの突き上げに屈した形。これまでは、カートリッジでのみ供給すると言っていたが、信号波形の乱れや、寸法の問題があった。

日経エレクトロニクス誌(98/3/23P35)によれば、IBMは1インチHDをメモリカード置き換えをねらって、1999年末むけ、製品化するらしい。400~500MBで、SanDisk社のCompactFlushと互換であり、デジタルカメラの記憶用だと、今の10倍以上の容量になり、私のように140万画素で8MSmartMediaで8枚位しか取れない人にとったら、早くでて欲しい一品だ。
SmartMediaは薄っぺらくて、この開発コード名MICRO FILEには置き換えられないが、これを使った、EOS新型デジカメがでたら、買います!。これの寸法は、42.8*36.4*5.0mmとCompactFlushより、1.7mm厚い。
非動作時の耐衝撃性は1000Gだとか。
うーん、ノートパソコンだって、これを4台とか内蔵してRAIDができますぜ、だんな!

日経Electronicsによれば IEEE1394を使った家電ネット、日欧メーカー8社が接続仕様で基本合意した。
IEEE1394で異メーカーのビデオ機器やオーディオ機器間を相互接続できるようにする。ISDN回線、ケーブル・テレビ 回線,衛星放送受信用のパラボラ・アンテナからの画像/データなどの伝送も想定する。今後、デジタル放送のサービス事業者などの関係業界にも提案するらしい。

98/3/20の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==147名==

NECから、汎用モニタに適した大画面・高精細TFTカラー液晶ディスプレイが発表されていました。
「46cm(18.1型)TFTカラー液晶ディスプレイ(NL128102AC28-01A)」 5月からサンプル出荷開始

1.CRTの20型に相当する画面対角サイズ46cm(18.1型)の大型画面
2.多様な入力信号を自動判別し、表示させる解像度に応じた表示制御用信号(ドットクロック)を
発生する「CRT互換アナログインタフェースボード」を内蔵
3.1280x1024画素よりも画素数の少ない信号を表示する場合でも画面全体を有効に利用し
た表示が可能なマルチスキャン・画面拡大機能を搭載
4.新液晶モードで超広視野角
サンプル価格は48万円、量産開始は平成10年8月以降、月産2000台の予定  だそうです。仕様書参照
  量産時に、いくらになるかですね。
これぐらいのLCDがでたら、買おうかな。そしたら今の21インチCRTが要らなくなる。誰か買いませんか?2台ある。

IntelがIA64のアーキテクチャーの紹介文を掲載していました。
また、15年後のCPUは10GHzで、1 billion transistorsで、100GIPS(100,000MIPS)iSPEC95 rating は2500になるだろうといっている。

thessasourceによれば、Intel Demos 700 MHz Pentium II Processor  だとか。0.25μプロセス。
400 MHz Pentium IIは4月に、また、450 MHzバージョンは、1998の下期にでるだろうとのこと。
携帯機器用の233 MHz and 266 MHz Pentium IIは、4月にでる。
2000年1月1日には1GHzを達成するとのこと。Project 2Kというプロセッサファミリーは1999〜2000に出荷するらしい。

日経エレクトロニクスTop2によれば、「OpenCable」,米CableLabs社が標準仕様に IEEE1394を採用 とか。
次世代のケーブル・テレビ受信機(セットトップ・ボックス)にIEEE1394を採用したらしい。いい話だ。

CNETによれば、カードサイズのデータ保存技術登場  とか。米アイオプティクス(Ioptics)は、ハンドヘルドおよび携帯コンピューター用の新しいデータ保存技術「OROM」を開発した。回転ディスクと、レーザーを使用する。アクセスタイムが10ミリ秒とかなり高速。128MBのデータカードが2ドルか3ドルと安い。読み取り装置は約200ドル。1999年中頃 に発売される予定。写真ではかなり小型であり期待できる。消費電力が小さければ、携帯機器に最適だ。

言ってる最中: 03/19 言いたい放談 78:S900でのRAID奮戦記

98/3/19の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==147名==

Mac the Forkが更新されていました。それには、いろいろ面白い話がたっぷりである。
まず、やっぱり、Appleは製造工程、検査工程などが、いまいちだってーこと。仕事氏がすばらしい発想の転換による提言を行ったとのことだが、「組んでから行うか,組む前に行うか,その違いはなんだ?」という質問から、LCDモニター(Manta)の組立、検査を社内でなくOEM先でやらせることになったとか。なんと情けない、現場担当じゃ、と思うのは私一人ではあるまい。でもその結果、$1999という、喝采を浴びたほどの低価格になったそうだから。・・・・・
NCハードの予想も書いてある・・・・・
G4の話があった。すでに800MHzにまで達しているそうだ。来年400MHz〜を出荷していくようだ。

MacPartyML投稿で知り合った、フニャ太郎さんが、オーロラを撮影に(他の用事が主でしょうが)3/9からアラスカに行ってらしたんですが、今日その帰国報告EMailをもらいました。ちゃんと、オーロラがデジカメで撮影できたそうです。
来週になったら、その写真をHPにアップするそうですので、楽しみに待ちましょう。
      オーロラ撮影成功です!!!
      完璧に撮れてました。
      もう、凄いです。
      見て驚けって感じです。   早くみたい。私は、この写真の掲載許可を取ってますので、ここに載せましょう。

MacFixitによれば、HFS+のHDに対し、間違って、3.5.2以前のNorton Disk Doctorをかけてしまい、ダメージを与えたHDをリカバーする方法が開発されたようだ。

言ってる最中: 03/18 言いたい放談 78:CRTのデガウス

98/3/18の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==149名==

Seybold NY 98 におけるジョブス氏の基調講演 などは、鑑定団などでみてるでしょう。会場の写真がここにあった。

MacWeekOnLineによれば、 日立製作所が外付け型DVD-RAMドライブを4/15店頭販売開始  とか。6月にMac版もだすようだ。しかし、秋に規格が決まる片面4.7GバイトDVD-RAMディスクは使えないらしいので、どうかしら。
秋迄待つべきと思うけど。そして松下のPD付きDVDRAMを買うんじゃー。私のPDは遅い!

日経BPOnLineによれば、米Rambusの次世代DRAMは5Gバイト秒を目標に とか。

IBMが300MHzのPPC750を発表した。 細かい仕様は、ここ
PowerPC 750 -13.2 SPECint95、 8.5 SPECfp95
7.3 w-300 MHz
300 MHzの@/1000は$495 。

 で、気になるのが、ここにあった、この。↓この750とか字が書いてあるとこがCPUでしょ。その左右がコンデンサ
 で、その上の、大きな2つ。こりゃどう見ても2ndキャッシュそのものじゃんか。まだ300MHzには、入ってないでしょ
年末にお目見え予定の、2ndキャッシュ内蔵タイプの、御姿ですね。たぶん。まちがったか、わざと、出したか・・・
うーん、まさか、300MHzに、入ってたりして・・・。んなこたないか。

私の買ったXLR8のMotorola300MHzのPPC750は、ど真ん中に、CPUだけだった!!!

IBMさんごめん

鑑定団経由、 発表 によれば、MOTOROLAが銅を使用したウェハーテストを完了したようだ。
現在、いろいろな銅配線のアプリケーションASICなどのプロトタイプが、進行中らしい
デュアル インレイド技術(dual-inlaid metallization technique)というらしい。
銅は、電気抵抗が小さいだけで無く、エレクトロン・マイグレーションが、よりおきにくいメリットもあるようだ。
(これは、故障モードの原因の一つ。集中した移動電子により、配線の原子が動かされ、配線が切れたりする事)

おなじく、鑑定団経由、Ogradyの、CopperG3-400MHzのWallStreetのうわさ話。ほしいよー!

98/3/16の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==149名==

Pcwatchによれば、 松下、COOLSHOTIIのメガピクセル機 とある。
お、ついに松下もデジカメか・・と思ったら、なんだ、NIKONは松下のOEMだったのね。
外観とデータフォーマット、オプション構成などが違う模様。

nikkeiBPOnlineによれば、 英ARM、3種類の新しいマイクロプロセサIPを製品化
0.35μmCMOSプロセスCPUコア「ARM7TDMI」に8KBキャッシュ、Writeバッファ、MMUえお内蔵。端末など組み込み向け:「ARM740T」、携帯情報機器、インターネット端末用「ARM710T」、「WindowsCE」向け:「ARM720T」とシリーズ化した。

日経エレクトロニクスOnLineによれば、IEEE1394でディジタル著作物をデータ転送する際の不正コピー防止技術が一本化へ,日米5社が同意 とか。 ディジタル著作物(映像や音声)のデータを転送する時の不正コピー防止技術が一本化する見通しが立ったらしい。不正コピー防止回路は6000〜1万ゲートの回路をIEEE1394の制御LSIに組み込むらしい。

日経エレクトロニクスOnLineによれば、東芝が米国市場の戦略ミスでパソコン事業が赤字に転落 とか。
97年度の出荷台数(全世界)400万台1兆1000億円の目標に対し、300万台、7000億円になりそうとのこと。
連結営業利益は目標750億円が、100億円になるもよう。(96年度連結営業利益は約900億円で、この4割を稼ぎ出していたらしい)。米国市場での戦略ミスが原因。ノート型パソコンの開発が手薄となり、米国でのシェアを100万台落としたようだ。

MacNN-Realityによれば、Further G4 Information で、もう少し詳しい話が漏れ聞けたようだ。
現在、G4には、98と99と呼ばれる2つのバージョンがある。
98は、G3の64のビットバージョンであり、これが、64Bitデータパスと64ビットのレジスターその他を持つ。
99は、最高2メガの統一された(unified)キャッシュを共有する2-4個のG3チップである。
バックサイドキャッシュについての言及はなかった。
unified cacheの直面した問題は、両CPUによる、同一アドレスに対するアクセス競合問題である。片方のCPUが変更しようとしている最中に、他のCPUがRWなどをすると、問題が発生する。これを回避する方法として、フラグをたてる方法がある。フラグは、in useとか unfinishedを示すビットを用意する。
インテルのmercedプロセッサで、 並列処理を可能とするため、フラグビットを導入する予定になっている。
コンパイラーが、必要な時点に、このビットを立てるよう自動的にコンパイルするようだ。そして、同じ基礎的な概念を、G4に利用して欲しいと書いている。  この辺の話は、後日、言いたい放談しましょうね。

 
98/3/15の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==148名==

NEWS.COMによれば、サイリックスの製造問題 があるらしい。
200MHzと233MHzの高速チップMediaGXを歩留まりが悪くて量産できず、コンパックに納入できなかったため、コンパックはAMDに乗り換えた模様。これまで、IBMの工場に依頼し0.35μmプロセスでOEM生産していたが、親会社のNS(ナショナル・セミコンダクター)の0.25μmプロセスへの移管を下半期に行おうとしており、今後も製造上のトラブルがでてくる可能性は残っている。
1000ドルパソコンをCPU価格から仕掛けたサイリックスだが、97年末にかけての今回の失態を、今後、これをどう挽回していくか、興味深いところだ。

Accelerate Your Mac!によれば、PowerMac G3 が高価なサーバーを圧倒した。
:エースリポーターのピーターコプラン が次の非常に面白い能力比較データを送ってきた。

「 MachTen 4.1を作動させた 96MBメモリ付PowerMacG3/266上で同じテストを走らせ、22.52秒で完了した。
計算は 、2048x2048の2次元FFT(Fast Fourier Transform)で 、ベストスコアを示す。すべて、RAM上で作動させた。

> >>> Machine CPU 時間, s
> >>> -----------------------------------
> >>> 1. MIPS R10000 500 MHz 15.4 (SGI)
> Mac G3 Server 266 MHz 22.52 (MT 4.1)
> >>> 2. Pentium Pro 200 MHz 25.45 (Linux)
> >>> 3. PowerPC G3 250 MHz 28.9 (MT 4.0.3)
> >>> 4. UltraSPARC 167 MHz 38.0 (Solaris 2.5.1)
> >>> 5. MIPS R5000 71.91
> >>> 6. Sparc20/50 107.0
> >>> 7. Sparc10/30 150.0
> >>> -----------------------------------
> >>>「性能が高いほど短時間で終わる」

とのことである。PPC750の300MHzや、ぺん-333MHzではどうなんだろうか。

Accelerate Your Mac!によれば、PM9500-120に、PowerForce G3 275/275/1MB カードを入れ、360MHz/240MHz/45MHzで作動させた御仁がいる模様である。

最初作動しなかったのは、 DIMMモジュールのせいであり、スロットの並びを変えた。その結果インターリーブではなくなったが、安定に動作するようになった。どうもRAMスロットのタイミングの問題のようだ。まだクラッシュするのは、VPC上のWindozeだけだ。

MacBench
scoreは、1305/1157( LibMoto付き) 、無しで1284/899 である。  とのことである。
 うーん、負けてる。私のは1271がベストですから。(しかも、PowerForceだからなー)

98/3/14の言っちゃったnews
 昨日3/14はGEOCITIESが、ずっと工事中で読めるようになっても、login出来ず、更新できませんでした。

98/3/13の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==148名==

Hannya.Webと、zdnet.com/pcweekよると、 ◆Jobs氏、Seyboldで銅配線PowerPCをデモか  とか。
これは、パワーマッキントッシュ・システムだとか。

CNETによれば、 IBMが最速パワーPCチップを準備  とか。300MHzで稼働する最速のパワーPC750プロセッサーを発表するらしい。アップルは来週、300MHzチップを使ったパワーマッキントッシュG3システムを出すだろう。
4GBHD2台、128MBメモリー約4800ドルだとか。

Toasted には、笑わされました。

98/3/12の言っちゃったnews ==電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews==148名==

mac.sitMacOS Rumors によれば、GossamerIIに基づくPowerMacintosh G3の"halo"リリースに関する情報を得たらしい。
GossamerII"Halo" の感動的な仕様:
 1 MB、1:1のバックサイドキャッシュ付きで500-580MhzのPowerPC 750のプロセッサ
 6 GB Ultra Fast/Wide SCSI-3を2台
 高速DVDドライブ
 パーソナリティカード上の100baseTとFireWire付き
 高速PCIスロット6つ
 SDRAM DIMMスロット6つ
 オンボードQTMLアクセラレータチップ
 120万ポリゴン/s、3Dレンダリングができる、128-bit、8 MBのixMicro 2D/3Dアクセラレータグラフィックスカード
 83-89Mhzメインバス。
Gossamer II "halo" ベースのPowerMac G3 は、1999年の初期に出荷される予定らしい。

pcwatchによれば、キヤノン、超小型と168万画素のデジタルカメラ。デジタルカメラ2機種を3/12発表。
 ●デジカメ版IXY?「PowerShot A5」

    標準価格:74,800円  発売日:4月20日
103×68×32.5(幅×高さ×奥行)mm、230g(本体のみ)と小型軽量の81万画素。

 ●2.5倍ズーム168万画素「PowerShot Pro70」

   予定価格:15万円    発売日:'98年夏

168万画素1/2インチCCD、2.5倍ズームレンズ付き高級機。ファインダーを独立光学系としたズーム式。
2インチ低温ポリシリコン液晶付き。レンズは35ミリカメラ換算で28〜70mm
145×85×132(幅×高さ×奥行)mm、約650g(本体のみ)

ついにでますか、CANNONの超100万画素デジカメ。もう遅い、C1400かっちゃったもん。75000円。EOS1NRS持ってるのに・・・

日経bp、日経マイクロデバイスによれば、 伊仏合弁SGS-THOMSON、システムLSI用0.15μmCMOSプロセスの開発を発表 とか)
SGS-THOMSON Microelectronicsは、実効ゲート長0.15μmのCMOSプロセス「HCMOS-8」の開発の第1段階が終了したことを発表した。低消費電力向けプロセスで、試作品を1998年後半に発表する予定らしい。
また、0.2μmのCMOSプロセス「HCMOS-7」は開発完了したらしい。
 こんなとこでも0.15μmが年末には出来るんですね。

言ってる最中: 03/11 言いたい放談 75:UMAXいじりまわし。買っちゃった。

98/3/11の言っちゃったnews

MacNN-Realityに、G4プロセッサに関する噂があった。

信頼できる筋によると、G4は、下の仕様のようである。
1 G4は、1チップ/マルチプロセッサである。
2 650Mhz〜1.2Ghzの間で走るだろう。
3 プロセッサコアは64ビットである。
4  G3より速くて大きいキャッシュを持つ。
同じクロックでも、G4はG3の2〜3倍速い

アップルは、RhapsodyでG4をサポートするだろう。G4が64ビットプロセッサなので、PowerPCからの移行は時間がかかる。
とのことである。マルチプロセッサーをMacOSで動作させるのは、すぐには出来ないようだが・・・

 日経BP、日経マイクロデバイスによれば、ローム、強誘電体メモリー向け新材料を開発 とか。日経BP、日経マイクロデバイスによれば、ローム、強誘電体メモリー向け新材料を開発 とか。DRAMのコンデンサーを不揮発にする、新しい材料で、融点の低い金属元素が含まれないので後工程での特性劣化が起きないらしく、これまでのような、量産しにくさを解決する材料らしい。これは当初は集積密度があまり要求されないFPGA((FieldProgrammableGateArray)に組み込み用いられるらしいが、早くDRAMに組み込んでもらい、不揮発性DRAMを実現して欲しい物だ。すると、Bootが早くなる、とかとか・・・(ロームって、DRAM作ってなかったっけ?)

日経マイクロデバイスによれば、「International Forum on Semiconductor Technology 1998」での発表で、NECは2010年のチップ・イメージを紹介(IFST速報) したらしい。
2000〜2003年に,ワン・チップのディジタル・テレビ・レシーバが出来ると予想している。
これには、0.18μmルール,15mm角に2億5000万個の素子。電源1.8Vで3W。機能は,CPU,ビデオ・ポスト・フィルタ,64MビットDRAMのフレーム・バッファ,A-D変換器などがのる。
2005〜2010年には,ワン・チップのマルチメディア・パソコン・チップ。0.1μmルール,10mm角に20億個の素子。電源は0.9V5WでCPU,MPEG2エンコーダ・デコーダ,1GビットDRAM,2次キャッシュ,LCDコントローラなどを内蔵する。
という予想である。IBMの方では、今年末頃には、下手したら0.18μmルールになってるかもしれないので、eMateやMP程度の集積度の物は、もしかすると、もう数年で1チップになるのかもしれない。早くそうなればいいですね。

98/3/10の言っちゃったnews おやすみ
済みません、3/10は、geocitiesが非常に混んでて、全然入れなかったことと、忙しかったので、更新休みました。

言ってる最中: 03/09 言いたい放談 74:UMAXいじりまわし。買っちゃった。

98/3/9の言っちゃったnews

 processormaniaさんThanx。いい味ですか。はあ。

バンダイから 玉緒っち ツーのが出るらしいですね。あの笑い声も出るんでしょうか。借金返済の足しになればいいが・・・

 Migty Catが出るとかどうとかいわれてますが、わしゃ、買わんぞい。安ーくなったら、考えんでもない。重くっても、WallStreetねらいですもんね。

インテルが、先進のEWS向け、AGPの仕様、AGP Proを決めたもようだ。
これは、現在のAGPの4倍の電力が使用可能で、IA-32とIA-64プラットホームの上でワークステーショングラフィックスユーザの要求に応ずる為、改良されたコネクター、改善された冷却装置、カード寸法などを決めている。AGP 2XとAGP4Xモードをサポートし、シングル、ダブルイメージ・ディスプレイ、統合化されたビデオと三次元ファンクションのような先進の能力を持つ。これらにより、シミュレーション、機械CAD、財政的なモデル業とデジタルの内容作成アプリケーションなどに、かなりのパフォーマンス改善があるらしい。graphic関連を高速化するときにも、当然発熱問題がついてまわり、そのため、冷却を当初から考慮して仕様に入れてあり、逆にそれだけ発熱させてもよく、より高速に、高集積密度化でき、高機能高速化を目指せると言うことだろう。すでにデル、コンパック、IBM、HPなどが賛同しているようだ。言ってる最中: 03/08 言いたい放談 72:UMAXいじりまわし。2次キャッシュ

言ってる最中: 03/08 言いたい放談 73:UMAXいじりまわし。2次キャッシュ
98/3/8の言っちゃったnews

Cnetによれば、低価格ノート市場へ切り込むアップル  とか。
PB1400PB1400のように、バスが32ビットで実際5300などに比べて遅かった機種がPPC750によって、圧倒的な速度アップを実現したと言う事実がある。速度アップのためにコストアップを飲んで64ビット化してきたが、低価格機種には、コスト優先で32ビット内部バス、PPC750を使用し、速度は十分に上げる、という低価格機種の方法論が明確になっている。これまで高値安定の市場だったノートPCの世界でも東芝のように、ノート市場のトップシェア東芝が1699ドルの新機種を投入し、コンパックも追従してきている。
Appleも2000ドル以下の市場をめざした低価格機種を準備していると伝えている。
ogrady/wallstreet.stmによれば、MainStreetは$2400程度と予想しているが。・・・750と740,メモリ量など、CnetとOgradyでは少し違うが・・・

Cnetによればアップル、ニュートン中止反対運動に動じず  とか。
ジョブズ宛に用意した10項目の質問書を渡したらしいが、決定は覆らないだろうから、1999年に現れる次期ハンドヘルド機にnewtonの技術を生かしてもらうことを願うしかないかもしれない。

 言ってる最中: 03/07 言いたい放談 72:UMAXいじりまわし。強制空冷

98/3/7の言っちゃったnews

 processormaniaさん、ご紹介有り難うございます。また、ちょっといじってますので見てやって下さい。

 

 3/4のWirednewsによれば、家庭の配線レス化めざし、「共有無線アクセス・プロトコル」を検討中とか。
家庭用PC、プリンター、周辺機器類、電話、家電機器などの相互通信を行う。「ホーム無線周波数作業部会」メンバーは、IBM、インテル、マイクロソフト、コンパック、HP、モトローラ、フィリップス、ナショナル・セミコンダクター社、ロックウェル・セミコンダクターなど。 年末までに、共通ネットワークの仕様を検討するらしい。

=====電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」言っちゃったNews======現在のnews読者は146名です=======
この電子メールマガジンのホストhttp://mag2.tegami.com/mag2/crecre/がダウンしてたらしいですね。システム全部交換したらしい。でも3/5、3/6の分も届いてこないので、両方まとめて出しました。 ・・・ありゃ、2通も来ちゃった。ごめん。
98/3/6の言っちゃったnews

鑑定団、曰く、重いじゃね〜か〜! とは、O'Grady's PowerPage - PowerBook G3 Extremeで、
Weight est. 3.6 Kg (7.9lb.) with AC adapter, CD-ROM, 1 battery  てあることですね。
ACアダプターは持ち歩かないで、行く先々にあらかじめ置いとくっつーのはどうです?これでも1kg近くありそう。

mac.sitによれば、◎840Mhz G4 on CHRP : MacOS Rumors :試作段階の840Mhzで動作するG4 PowerPCプロセッ サー。今のG3の3倍は速い。単純に考えても、275*3=825MHzですね。困った、又買わなくちゃならん。誰か止めてーー!

ネットサイエンスが売ってたけど、
VT-Alpha PCシリーズが誕生!PentiumIIの1.5〜2倍速い!
CPUにはAlpha21164PC/533MHzを採用し外部キャッシュは1MB、Millenium-4MB、
メモリ64MB、ハードディスクは3.2GB標準。マルチメディア命令セットでDVD/MPEG 2のソフト再生も可能。

ツー事らしいんだけど、PPC750/266はカタツムリ広告ではPentiumII300?の2倍速いって事になってましたよね。すると、にたようなもんか。

ただし、21164Aは21164より、キャッシュが多いそうで・・・

PentiumII 300MHz SPECint95 11.7 SPECfp95 8.15
Alpha21164PC/533MHz SPECint95 14.3 SPECfp95 17.0

でもSpecintでみると、PPC750はペンの2倍速いの??
98/3/5の言っちゃったnews

やじうまPC Watchによれば、UFOテクノロジーでHard Driveを開発?とか。

New Hard Drives Based on UFO Technology? PCWORLD)

American Computer Company(ACC社)のACC取締役社長ジャックShulmanが言ってるそうだ。

ACC 090b8という、90 GBのドライブを開発中とか。
ポーカーチップの大きさで、IBMのハードディスクより1000倍速い 。

1947年のニューメキシコRoswell におけるUFO 墜落?(crash)の最の資料から開発できたらしい。
transpacitor, or TCAPと言われている技術を使っており、solid-state technology を使ってつくるらしい。

1999 から2000年頃には出来るかも。とのことです。
しかし、半導体ディスクで、90GBとは、すごい集積密度ですね。事実であればね。ちょっと期待したい気もするが・・・

WiredNewsによれば、 IBM、カスタムJavaチップに着手  っつーことですが、ネットワークに接続される携帯情報機器(PDA)、ゲーム機、GPSシステムなどの機器群に使用するチップです。
機器組み込みになんか出来ないかな?使ってみたい(OEM)気もする。

三菱も、なんか、Javaチップやってましたよね。どうなってるのかな。

IDCによる、国内パソコン売り上げ集計で、Appleが 5.4% 6位   43万170台 のようですね。
98/3/4の言っちゃったnews
Mac the Fork鑑定団から分離していたんですね。いつも楽しみにしています。

鑑定団 経由Ogrady'sPowerPageMacOSRumorsMacinTouch でWallStreetについて、書いてますね。Ogradyには写真に見間違う、画家の描いたらしいWallstreetのデザイン画が出ている。またMain Street, Wall Streetのページでは、リアパネルのコネクタ説明図なども出ている。

Mac News 4 Uによると、 SilverLining Lite 2.1(2.1.1)日本語版 MacOS 8.1のHFS+への対応について で、
メニューは英語だが、日本語版のSilverliningLite2.1からもアップデートも可能とか。

CNET.COMによれば、DRAM製造八社は、次期DRAMのRAMBUSの前にDDR方式を新しいhigh-speed standardとして、採用することを承認したらしい。Double Data Rateはクロックの立ち上がりと立ち下がり部分でデータを送るため、2倍の転送レートが今までの回路方式の延長線上で実現する。RAMBUSは周辺回路がだいぶ違うらしい。


Mac OS Rumorsによれば、$1,000以下の PowerMac G3 を計画中だとか。
Artemisベースのオールインワン、ローコストデザインらしい。4月〜5月ごろリリースかも。
200Mhz PowerPC 750 L2 キャッシュ(512k 1:2かも)
66Mhzバス、32MB SDRAM
Ethernet 付き
64-bit アクセラレータ2D/3D graphicボード2MB-SGRAM
3 PCI スロット
2GB EIDE HD
24X CD-ROM
15" Monitor, 1024x768

MacInTouchMacweekでPower Macのサウンドハードウェアの問題とか。
この程度の問題は簡単に直るのだから、さっさとなおして欲しいものだ。ま、私なんか、ポーンぐらいしか使ったこともないし、Macに高度なサウンドを期待していないので、全然気にならない。
愛嬌てなもんさ。ははは!目くじらたてる人って、どれくらいいるんですかね。

98/3/3の言っちゃったnews

言ってる最中: 03/03 言いたい放談 70:よぼよぼぢいさんのよたよた歩きの遅さ:Norton

ProcessorManiaさんに、またまた紹介されていました。有り難うございます。

V2Cに行ってきました。S900にPM9500の150MHzの604を入れ、Videoボードを入れ、Quantum Empire1080をつけ、CDROMからOSをインストールしようとすると、途中でhungupする。V2Cでも同じだった。V2Cで手持ちの604Eを入れても同じ、次にQuantum ?2Gを入れるとインストール完了。結局、一番はハードディスクの相性だったと言うことかしら?で、MAXLOADでQuantum4.3Gを29800円で買って帰り、インストールしたら成功!。

mac.sitmacosrumorsによると、 "Dark Horse" Gossamer II detailsで、100Mhz近いものまでいっていたものがあったらしいバススピードは、コストの為75Mhzから85Mhzぐらいに落ち着くようだ。とりあえずはそれで良いと思うが、国内各社は次の200MHzにも研究の手を伸ばしており、すでにこの辺のノウハウを持っている会社が結構いるらしい。よって、Apple研究陣にもこの辺の手は十分にとっといてもらわなければと思う。

macweekによると、ラディウスからSuperMac事業部が分離独立らしい。7月で終わりと言うことにならないよう祈ってあげよう。Macintosh互換機,CRT/液晶ディスプレイ,Windows機などを販売して行くらしい。

(macweek)また、Apple,米国でシェアランキング3位に上昇とか。この勢いを持続して欲しい物だ。
その為には、計画通りの製品のリリース、安定供給!
せっかく、CPUが年末までの、クロックアップのストーリーが出来ているのだから、今度こそ、ちゃんとやってよ!

nikkeibpによれば、「パワーザウルス」新機種を発売 。今度は地図閲覧機能だそうだ。隣に「米AppleComputerが「NewtonOS」の新規開発を中止Mac OSベースへと書いてあるのがくやしい。

日経-biztechによれば、0.1μmルール前後を目指した露光技術開発で日米格差が顕著に とか。国内LSIメーカーの露光技術者からは「日本も早急に開発体制を整えないと、将来の露光技術開発において米国に決定的な差をつけられてしまう」と危惧する声が上がっていたそうである。

98/3/1の言っちゃったnews

ProcessorManiaさんに紹介されていました。有り難うございます。そうですか、他社もMotorolaなんですか。みんな知ってたんですね。IBMのチップ搭載のNewer社の300Mhz買った人がいたら、報告下さい。現在実験は全てPM9500-150の方です。 S900は、OSのインストール途中で固まっちゃうので、揩ナV2Cに相談の結果、今日、この雪の中、これからV2Cに持ち込みます。

macosrumorsMac.sitも曰く、 次期Gossamerは、"dark horse"だ。やはり出してきましたね、6PCIフルハイト。
 400Mhz+ PowerPC 750、1MB, 1:1 backside caches、84.5Mhz bus、6-9 SDRAM-DIMMスロット。以前の不要論はやはり、時間稼ぎだった。

AccellerateyourMacにて、AdaptecPowerDomain3940,2940UWのドライバーのUpdateが報じられていた。でもCRCエラーになっちゃう。こまった。

日経メカニカル98/3No522P94に、冷却ネタがあったので、拾ってみましょう。
 松下電器がCPUの冷却にグラファイトシートを使うとか。松下技研でパイロット生産しているスーパーグラファイトシートは熱伝導率が、銅の2倍!これをCPUとボトムケースのアルミ合金放熱板の間に使うA5版ノートPC(Lets note mini)に使用する。今後他社も検討するとか。なるほど、現在のヒートパイプより、良いかも。曲げられるし加工が簡単だし。
 でも変だなと思ったのは、CPUに直接これを付けず、放熱板という物を間に入れてる。PPC750のようなCPUに直接くっつけると言うことをしないのはなぜなのかなと思った次第です。 


[Home] [Linkし放題] [Fleamarket]