Macの奴隷の臍茶な話
渡邊鼎の!言いたい放談!
!言っちゃったNews! 

言ってる最中: 02/28 言いたい放談 68:ぢいさん(G3)の秘密な内容.その1

98/2/28の言っちゃったnews-2  一日2回更新のときは、前回記事も見えるようにします。or1week分も?

Interexに、MACh Speed G3ボードのページがあった。MacBenchもあったが、300/200で1088とあった。300MHz カードは350MHz まで走ると書いてあるが、私のでは、341MHzまでしか動きませんでした。

Accelerate Your Mac!によれば、Syquestが 4.7GB のリムーバブル、Ultra-Wide SCSI ドライブを出すようだ。平均シーク時間12ms、10.6MB/Sのデータ転送速度。4.7GBカートリッジが199ドル。ドライブはNewMedia誌が1998年の Hyper 賞を与えているが、$599としている。Quest 4.7 GBの説明がここにある。

ちょっと別の話。実は今日、会社の写真部主催で、プロの女性をやとって、写真撮影会を昭和記念公園でやってきたんですが、かわいい子でね。でも、その会社から、外部に写真を出してはいけないと言われてますので、出さない。(多分、外部に出す目的の時はモデル料も高く設定されてるんでしょうね、しらんけど。この話は、質問来ても答えられません。たぶん・・・なら書くなって?)
98/2/27の言っちゃったnews-1

いま、G3のクロックを上げる実験をしてます。ある程度は上がるんですが、プリンターが動かなくなるんで困ってます。

シチズンが体温で発電する腕時計用熱発電素子を試作したらしい。
 ペルチエ素子と同じ材質のビスマス・アンチモン・テルルp型半導体、ビスマス・テルルn型半導体で熱電対とした。50μm×60μm×2mmの四角柱を組立て1256個直列にする。1℃の温度差で445mV、5〜10mA発電するらしい。
これの基本特許は、何十年も前に外国で出ていたが、実用にならなかったらしい。今のような消費電力の少ない時計ICがなかったからである。(元記事は、日経エレクトロニクス98/2/23号P31)

ZDnetによれば、未来の超大容量ディスク と言う記事に、NorsamのHD-ROM(高密度読み取り専用メモリ)ディスクという新型記憶装置について紹介されている。これには高集束度の荷電粒子ビームを、50nmまで焦点を絞り,1枚のディスクに165Gのデータを記録出来るようだ。これは、読み出し専用ディスクの書込かたであり読み方は、NorsamとIBMで、「Scanning Interferometric Apertureless Microscopy」と呼ばれるディスク読み取り技術を共同で研究開発していく予定らしい。

98/2/26の言っちゃったnews
         02/26 言いたい放談 66:G3-300MHz動作テスト2  Norton

失礼、テスト1でDESとRC5テスト値を報告しましたが、いろんなソフトが後ろで走っていた為遅くなってました。下記データでは、あと、Finderだけです。コンパネ、機能拡張はちょっと、減らしてみたけど、変わりませんでした。

[1555659.65 DES keys/sec]
[853409.
67 RC5 keys/sec] 

  と思ってたが、実は、もっと速かった。(アプリが10個ぐらい裏に居た)


RC5DES v2.7010.392 client - a project of distributed.net
Copyright distributed.net 1997
Visit http://www.distributed.net/ for more information. 'File Menu Item: HELP' for usage

Macintosh application version 1.0.0b7 February 4, 1998.
| RC5 PowerPC assembly by Dan Oetting
| DES Bitslice driver Copyright ゥ1998 Andrew Meggs
| DES S-Box design Copyright ゥ1997 by Rocke Verser
Selected RC5 603/604/750 core version.
Benchmarking DES with 62914560 tests:
.....10%.....20%.....30%.....40%.....50%.....60%.....70%.....80%.....90%....
Complete in 29.30 seconds. [2146676.91 DES keys/sec]

Benchmarking RC5 with 28732242 tests:
.....10%.....20%.....30%.....40%.....50%.....60%.....70%.....80%.....90%....
Complete in 29.80 seconds. [964064.22 RC5 keys/sec]

Accelerate Your Mac!によれば、Adaptecの最新のリードミーに「PowerLogix PowerForce『G3』プロセッサアップグレードカードは、現在あなたのPowerDomainカードを含むいろいろなPCIカードと、互換性を持たない。」と書いてあるそうだ。
タンザニア(Power Macintosh 4400)ではアップルからのパッチが必要となるだろう。それはOpenFirmwareをUpdateする機能拡張で『OpenFWBridgeFix』と名づけられるかもしれない。NVRAMをリセットしたときは、スタートアップ時にパッチを再度作動させなくてはならない。Umax S900の場合はトップの2つのスロットのどちらかに入れなければならない。video capture boardの場合や、PowerDomainカードに付けられた装置との通信で、ポーズや、音、書込などががたがた言うようなトラブルがある場合は、「ビデオバッファ設定」を読め。Radius PCI VideoVisionのときは最近のUpdateをいれてみること。

また、PowerForce G3 250/250で、Adaptec BIOSフラッシュV3.0は働かないらしい。

また、Virtual PC 2.0は、 3月9日月曜日に出荷開始予定らしい。

また、SCSI Comparisonがアップデートされている。私の持ってるAnubisRaidより良いのがある模様。

O'Grady's PowerPage によれば、Wall Streetのメモリが64 Mbitで192 MBになるもよう。RAGE 2D and 3Dアクセラレータ。
S-Video出力を初めてつけるらしい。Video入力は、iREZ CapSure cardのような、サードパーティボードが必要となる。single PCI video subsystemはPB3400sと PBG3のように、ビデオミラーリングができる。

日経Macによれば、PCIバス用2GB高速RAMボード、ヤノ電器が3月ごろ発売。・・MacWorldExpoの各サイトに報告のあったやつですね。ようやく、見れた。45MBの画像データをPhotoshopで開き〔展開後は430MB),「シャープ 〔強)」のフィルタをかけた後,180度図形を回転させ,ファイルを保存させ た時間は、純正の内蔵HDで約650秒,RAMDISK YR833を使っ た場合160秒程度と,約4倍近い改善が見られた。というんだけど、 RAIDでも4倍くらい早くできますよ。2GBタイプで100万円とは・・・4台でのRAIDは20万もかからないんじゃない。

日経BPによれば、米IBMが「ギガプロセサ計画」を公表 2000年にS/390は220MIPSへ
 「ギガプロセサ」と呼ぶ技術を使って、メインフレームS/390用と、オフコンAS/400・UNIX機RS/6000で共通に使うMPUの2種類を開発。PowerPCはギガプロセサ版が出た段階で、「AS/400とRS/6000のMPUを一本化する。両機の特徴は維持するが、MPUや電源、チップセット、メモリーは共通のものを使っていく、らしい。
IBMが64ビット版 PowerPC「620」の開発に失敗し、AS/400用に開発した64ビットMPUをRS/6000に流用して急場をしのいだた、め現行のAS/400とRS/6000は同じMPUを採用している。次の64ビット版「630」は今年後半にも製品化するので、両機のMPUはいったん分かれる。  なるほど、ようやくあの620の後継CPUが出て来るんですね。

98/2/25の言っちゃったnews

秋葉館さん、XLR8に付いてきた、コンパネが、XLR8 CacheControl v1-LWは動くんですが、
XLR8 SpeedControl v2.1は動かないんですが、どうしてですかね?

NEWS.COMによれば、テキサス大学が新しいチップ製造技術 を開発したらしい。
 デュポン・フォトマスク (DuPont Photomasks)と共同で、 0.08ミクロン幅の部品の載った半導体ウエハーを製造した。
 デュポンは新しいフォトマスクを開発し、テキサス大では、より微細な光線に的確に反応する新しいレジストを作り出した。

NEWS.COMによれば、アップルが価格引き下げ、新サーバーを発売
 G3マシンを最大約17%の価格引き下げし、新しいサーバーコンピューターも発表するらしい。今後はサーバーにも力を入れるらしい。

ZDnetニュースによれば、遅れるMicrosoftの製品開発、NT 5.0の最終出荷予定も依然不明
  らしいですな。ふーん。

Cnetによれば、コンパック、ユニシス他のサーバーコンピュータベンダのグループは、SCO のUnixWareをMercedに移植することにしたらしい。

98/2/24の言っちゃったnews

zdnetによれば、StrongARMライセンス取得で 欠落部分を埋めるIntel , 米インテルの発表

ARMはIntelに、「StrongARM」の製造・販売・強化の権利を与えた。一般家庭のTVや 自動車,携帯機器といった分野へ参入できることになる。「DECの製造施設を買い取ると発表した際,IntelはStrongARMをほとんど抹殺しようとしていたらしい。Pentiumプロセッサは,消費電力が大きすぎ、価格が高すぎる欠点があったが、StrongARMを使用することで、携帯機器など安価、小電力の市場に対応できるようになる。インテルはDECが製造していたSA-110,SA-1100、SA-1500、開発中のA-1101、SA-1501などプロセッサー、周辺チップの製造、販売を行う。ストロングARMチップは、最高200MHz消費電力250ミリワット。インテルは既存のARM製品の顧客を拡大し、サポートを提供していきたい」と行っているらしいが、これって、Appleも含まれてますね。MPやeMate!

zdnetによれば Iomega Jaz:性能はそのままに,2Gバイトへ容量アップ
 2Gバイトカートリッジの価格は1枚149ドル/3枚セット。Jazドライブ本体の価格(内蔵ドライブで549ドル,外付ドライブ649ドル)

O'Grady's PowerPage -に、MainStreet,WallStreetに関する、噂が出ていた。Wall Streetの dual expansion baysの方向は横。前はバッテリ、右横がDVD/CD-ROM, floppy drive, Zip, expansion bay hard drive, otherなど用の bay。
バスクロックは、66.666 MHzと83.333 MHz。WallStreetのPCIバス速度が33.3 MHz。1 MB のキャッシュ125 MHzと145.8 MHz。Wall Streetは13.3" と14.1" LCDで 1024 x 768。MainStreetが12.1インチLCDで 800のx 600。
ビデオ部は、Wall StreetがVRAM4 MBで1280のx 960、VGAコネクター、RAGE 2D and 3D アクセラレーターを持つかも??

98/2/23の言っちゃったnews

言ってる最中: 02/23 言いたい放談 63:G3-300MHz買っちゃった!

techweb.comによれば、intelは、今年後半には64-bit Merced CPUをOEMに渡せるだろうといっているようだ。
またHPは、Merced用のcore-logicチップを開発中だが、32-wayマルチプロセッシングが可能となるとのこと。

MACFIXITに、MACOS8.1のいろんなトラブルについて、報告していた。

98/2/22の言っちゃったnews

CNETによれば、来週、日蝕があり、カリブ海にいけない人は、日蝕をウェブ生放送で 見れるらしい。
    エクスプラトリアム科学博物館で、太平洋時間2月25日午後7時には、日蝕に関するディスカッションも放送される

News.comによれば、読者はアクティブXに「ノー」 NEWS.COMが行った読者投票で「アクティブXはウェブ開発ツールとして将来性がない」と答えたらしい。セキュリティが不完全、ウィンドウズに依存している、などが主な理由。

昨日、投稿していただいた三浦氏のHPを見せていただきました。Pentium用CPUクーラーのFANのみのものですね。

日経BPOnLineによると、1G DRAM向けSTI(シャロー・トレンチ分離)埋め込み技術を独Siemensと米IBMが発表 。
   高アスペクト比のSTIで埋め込みをすると、すき間や切れ目などの問題があったのを、解決したらしい。
 (こういう微細加工技術の発展が、PowerPCに還元されるかもと思って、技術Watchしてます。)

Mac OS Rumorsに、2/21,ラプソディーDR2のテスト状況を伝えている。
PM8500/150を2台用意し、DR1,DR2を入れ動作比較させた。DR2は操作や表示速度向上は最低2倍から5倍あるらしい。
PB3400では、2,3の小さな欠陥はあるが動作するようだ。ティアオフメニューはきれいに作動した。
AMDのx86マシン上では、インターネットパフォーマンスが、著しく改善された。T1接続時に、 DR1時に90K/sだったが、簡単に280K/sの上下(Upload/Download)速度を達成した。10baseT 上での改善は、970K/sの能力はあると言われているLinux/PPC machineで、880K/s程度である。グラフィックス速度は、改善されたように見えた。1月のMacworld SFで見たDR2 (code-named "Titan")のように、全てのシステム・ファイルは/system、/applications、その他などのロケーションに動かされている。
Links (マックでは"aliases" ) が古いアプリケーションの互換性のため、まだ古いディレクトリに対して存在している。
QuickTimeは確かに含まれていて、よく作動している。
QTMLインプリメンテーションがMPEGか他の特別なQT能力を含んだかどうかわかることができなかったが、グラフィックアプリケーションやコマンドラインなどCPUを酷使する作業中も、QuickTimeムービーをフルフレームレートでいっぱい再生できた。プリエンプティブ・マルチタスキングがちゃんと作動しているようだ。

98/2/21の言っちゃったnews

Mac OS Rumorsによれば、Rhapsody DR2 が、Golden Master!として確立され、CDの生産に回された模様。

Mac OS Rumorsによれば、Mac OS on eMateに関する、MacworldジャパンでのTevanianの発言からニュアンスが訳されなかったとAppleから公式見解が出た模様。今のeMateで作動する Mac OSを移植しているわけではない。eMateのような将来のnew portableではMacOSが動くだろう、と。これで、Allegro Liteと次世代ポータブルらしいものが開発中だと言うことを認めたことになる。

Mac OS Rumorsによれば、Motorola and Intel in talks over PowerPC? Possible, but unlikelyとあり、そんなことありっこない感じに書いてあるが、ニュース元の VNU Newswire,を見るとPowerPCとは全然書いて無く、a deal for Intel to take over Motorola's chip divisionとなっている。
想像するに、Intelにとって必要な技術でMotorolaが持っている物と言えば、PowerPCではなく、もしかすると銅配線技術とかじゃないかしら???

日経macによれば、Interex社300MHzのG3カードASKでされる。「同じクロックならウチの方が速い」と行っている。 「XLR8 MACh Speed G3 300/200/1M」(200MHzのバックサイド・キャッシュ1MB)は,米Newer Technology社の「MAXpowr G3 300」(300MHzPowerPC 750カード,300MHzバックサイド・キャッシュ1MB)よりも高速に動く。バックサイド・キャッシュにアクセス時間が5nsのメモリを使用しており、Newer technologyのカードは6nsである。と言っているが、InterexのXLR8のページを見ると、MacBenchが1088であった。Newerの275/275で1077で、MactelのPowerJolt OverDrive300/300でover1,100らしい。

日経macによれば、MacWorlExpoに世界初のDVD-RAMドライブ松下電器産業が参考出品。DVD-RAMドライブ「LF-D100」 
マックで動くものを公開するのは,同社に限らず今回が初めてだが、発売は98年中旬ごろらしい。未対応のUDF(Universal Disc Format)形式を内蔵してからになる。PD持ちの私にとって、心待ちの製品。

日経macによれば、HFS+対応のHD管理ソフトを発表した。アクト・ツーが発売。米Software Architects社の国内総販売代理店となり、市販パッケージ・ソフトの日本語版を販売する。 「Disk Drive TuneUp v.2.0J」ディスク・ユーティリティー。 HFS Plusでのフォーマットも可能

日経macによれば、ナナオ,18.1インチのTFT液晶ディスプレイをMacWorlExpoに参考出展。製品の出荷は98年春を予定
 
1280×1024ドット、水平方向140度,垂直110度の視野角、輝度200cd/m2、アナログRGBインタフェース。

2/8のProcessorManiaに、Feb.8-v2:PowerForce G3用のヒートシンク「SuperCooled 70 Degree Heat Sync (Custom)
For PL250」なるものが売っているそうで、PM9500につけたPowerLogix PowerForce G3 250/250 が、275Mhzまでだったのが、over 310Mhzだったらしい。写真をみたところ、ペルチエ素子直結でHSを背負い、FAN無し、DC12V直結の模様。$299.00   3万??いい値段ですね。これぐらいなら、Pentium用に売ってますね。3~7000円くらいで売ってます。ペルチエ素子が、22.5MM角の物でPentium用CoolingFan 3800円でした。誰かやってみませんか?

maccpu.comによれば、Surprise, surprise: A new G3 for $679: NewerTECH なんとこの安さ。びっくり。
 220/110/512kでMacBenchが700とのこと。PMAC 7300, 7500, 7600, 8500, 8600, 9500, 9600 , PCC PowerTowerPros and PowerWaves, Umax J700 and S900で作動する。

また、maccpu.comによれば、G3275/275が、 $2049 ($1799 after a fabulous $250 Cash-Back)とは、最安値だが、残念ながら、USAとカナダ居住者に適用される、2月28日までのNewerのCash-Back制の元CPU渡しの場合だけであった。うーん、残念。

三浦朝一様より、EMailいただきました。ありがとうございます。全文掲載させてだきます。

Date: Sat, 21 Feb 1998 02:08:07 +0000
From: tomokazu <tomokazu@din.or.jp>

Subject: BOOSTER750/233のクロックアップ

BOOSTER750/233のクロックアップ
バスクロックを46MHzから50MHzにこれはうまくいきました
この結果MPUはバスの5倍で動いているので250MHzになりました
バスを50Mhzから46Mhzに下げて
クロック比を6倍にしてみましたCPU279.2Mhz Cache139.6Mhzと成りました
う〜んバッタ物のBooster 750/233は優秀だな〜¥73.800だったし
Cache比は2倍ですBOOSTER750機能拡張は250Mhzが使える限界みたいです(1:1.5
は起動出来ず)
BOOSTER750機能拡張の替わりにPowerLogixのG3 Cache Controlを使ってます
バス46Mhzで5.5倍CPU250Mhz Cache170Mhz(1:1.5)でも問題無く動きました
CPU279.2Mhz Cache139.6Mhzで5時間ばかり動かしてますがなんとも無いです
温度は不明ですが来週にでもペンティアム用CPUクーラー付けようかな〜なんて
思ってます

--
三浦朝一
Tomokazu Miura
tomokazu@din.or.jp
http://www.din.or.jp/~tomokazu/

O'Grady's PowerPageに、2/20 Wall Streetについて、新情報が追加された。

2 different case materials
SVHS video out
4 Mb VRAM
mute buttons
removable keyboard
removable CPU daughtercard
2 memory slots
2 good speakers
2 removable bays (floppy, battery, CD/DVD, Zip, etc.)
Ethernet/56k internal Modem

  It's fantastic! - New design, new feeling.
  The 292 MHz model benchmarks at double the speed of the current Powerbook G3.  ほんとかよー!!

米ラムバス社で、Direct RDRAMインタフェースの設計を完了したらしい。
  それに伴い、設計ツール一式を、ライセンスを取得した13メーカーに配布開始

日経BPOnLineで、ポーラス構造のシリカを使った低誘電率層間絶縁膜の話題
  ナノメーター・レベルのポーラス構造のシリカを使った低誘電率層間絶縁膜を作った。比誘電率が1.8〜2.2。
  今回は0.25μmの線幅/線間隔を埋め込んだが、今後は0.18μmや0.13μmに適用していきたいとか。
  これは、以前書いたが、IC内部配線の浮游容量が減り、高速化に役立つ技術である。

セイコーエプソンで、薄膜ダイオードによるアクティブ・マトリクス方式カラー液晶パネルを開発。薄型・軽量、低消費電力、高輝度の(Digital Thin Film Diodeアクティブマトリクス方式)D−TFD液晶を開発。通常のTFTはThinFilmTranjisterで薄膜でトランジスターを作り、これで液晶をドライブするが、薄膜でダイオードを作り、マトリックスとして外部ドライバーで駆動するのかも知れない。ダイオードの方がトランジスターより小さく作れるので、光を透す面積が多くとれ、高輝度とでき、照明ランプの消費電力を抑えることができたのだろう。(これは予想)

98/2/20の言っちゃったnews

Wirednewsによれば、オリジナルのVR特許を吸い尽くすサン。バーチャル・リアリティの基本特許権を買い取るらしい。
Javaの3-Dアプリケーション・プログラム・インターフェース (API) とネットワーク型3-Dグラフィックス製品にVR技術を導入するもよう。開発者は、 「いろいろと選択肢はあるが、私としてはサンとの仕事が一番有り難い」と同氏は述べる。「マイクロソフトが(この特許権を)取らなくて本当に良かった」。 と言ってるようである。興味深い話!!

TechWeb.newsによればAppleは   ・・・昨日書き忘れて、すみません。ようするに、4月発表のG3ラインまでのこれまでの説明だったので、旧聞だろうと思い、止めたつもりが、消すのを忘れただけです。失礼しました。

zdnetによれば、IBMもWeb上でPC販売へ  とのことで、400万ドル以上/DayのDell の後を追うべく、Apple ,Compaq,Hewlett-Packard(HP)など、Web上 製品販売を開始しているが、ついにIBMも。

macosrumorsによれば、Appleは次世代インタフェースを開発中か?next-generation Finderのうわさが流れている。
感動的なドック/トレイとか、完全に透明なウィンドウとか、プロセスメニュー」トレイとか、「概念プレゼンテーション」のようなFinderらしい物を見たらしい。

macosrumorsによれば、Tokyo Macworldでのa public 質疑セッションの件で、お宝鑑定団のprolific reporter 山田のぼる氏のnewsについて伝えている。
Q=「eMateのためのMac OSが本当にあったかどうか」A=「将来、eMateライン上で、Mac OSが本当に動作するだろう。」これがAllegro Liteに対する、初めての公式な見解である。と。

http://www.epson.co.jp/epson/japanese/whatsnew/1998/980217.htm

米ラムバス社で、Direct RDRAMインタフェースの設計を完了したらしい。

PCWatchによれば、Intelが大変身−−これまでになくアグレッシブに戦略を発表。とか。

セイコーエプソンで、薄膜ダイオードによるアクティブ・マトリクス方式カラー液晶パネルを開発。

98/2/19の言っちゃったnews

Wirednewsによれば、テレビ・スペクトルにデータをまき散らす、マイクロソフトの試験 
 マイクロソフトはTV放送波による高速データ伝送実験をやるらしい。 放送局のチャンネルを受信する標準テレビ・チューナーを備えているコンピューターとWebTVユーザーに、ウェブページの形でデータを放送するのに、垂直ブランキング期間を使う予定らしい。

TechWeb.newsによればAppleは    失礼、書き忘れてました。2/20へ。

CNET.Briefsによれば、インテル、統合チップ開発へ だとか。3D、音声機能を含むチップセットと高速メモリーを統合したペンティアム2プロセッサーの統合型チップによって低価格機市場を狙うらしい。1999年
サーバー、ワークステーション用チップは、「スロット2」,400〜450MHz、100MHzバス、1:1クロック比のキャッシュという構成で対応する。次のように、今後のスケジュールがあるらしい。

 低価格パソコン向け
1998年4月 Covington (266MHz「キャッシュ無し」ペンティアム2)
1998年後半 Mendocino (266MHz ペンティアム2L2キャッシュ内蔵)
1999年 グラフィック、オーディオ統合ペンティアム2チップセット

高性能パソコン向け
1998年中頃 350、400MHz ペンティアム2100MHzバス
1998年末 450MHz ペンティアム2
1999年 Katmai命令セット(以前のMMX2)

サーバー/ワークステーション
1998年後半 400、450MHz「Slot 2」ペンティアム2
1999年終わり 64ビット Merced

モバイルむけ
1998年春 300MHz ペンティアム2

98/2/18の言っちゃったnews
お宝鑑定団macworld2/18リポートによれば、Rhapsodyのサーバー向け製品とMacOSへの統合。eMateのハードだけ残して、MacOSに置き換わる。との話。だいたい噂どおりですね。でもeMateのハードだけ残すって、CPUは何になるんでしょうかね?

ThessaSOURCEの左の欄の In Columns... のThink Positive The Compaq Connection
 ジョージGreenは、ラプソディーのためのパートナーとなる署名と、PowerPCがなぜインテルにその将来を依存するかもしれないかというその理由の重要性について論議した。

 という、コラムを読んでみたが、司法省調査の時に不公平なビジネス交渉について不平を言ってる会社の一つコンパックが目指そうとしている、企業市場へのハイエンドワークステーションとサーバー、この市場に対するOSとしてRhapsodyを完成させ、提携できれば、市場は大きく開ける可能性がある、などの記事があった。  ・・・・なかなか興味深い。ご一読あれ。(NetSurfer/ejではぐちゃぐちゃ)

McIntouchによると、Power Mac 9600/350が$3999から、に値下げらしい。

ThessaSOURCE!によれば、Apple Prepping New G3 Systems and Plansで4〜5月に新製品が出るらしいことを伝えている。
また、The Future of the Newton 2という特別記事がある。新しいeMate 300「サンタフエ」は166MHz StrongARM SA-110 プロセッサ、イーサネットとモデム付き、8MBメモリらしい。

CountMacにnewtonの話が・・レインボーカラーのInterTop なMac ? いいですね。ほしいいいい!

Macweekに アナログからDVへの移行を促すSonyのデジタルビデオ製品 SONYは、4月,現在のアナログTVから将来のデジタルTVへの橋渡し役の、デジタルビデオ製品群(ビデオカメラ,編集機,ADコンバータ,ビデオデッキ,DVウォークマン等のデジタルビデオ製品)を発表。

日経-biztechに IntelのPC用チップセット、外部バス100MHzに対応した「440BX」の記事があり、さらに後継チップ440JXなどの予測が出ている。AGPの4xモードへの対応、Direct Rambus DRAMへの対応が主な強化点。
やはり、98年末から99年初め出荷予定の次期チップでは、グラフィックとRAMのバス高速化が必須。

Welcome to CNET Briefsに、特集:バグの話(その1) が今後連載される。ちょっとお勉強。知らんことが書かれるかも

日経-biztechに 「SoftWindows 95日本語版 ver.5.0」を発表 動作速度が旧版に比べて20〜25%高速化。
  PentiumのMMX命令への対応、浮動小数点計算の高速化、Macintosh用ジョイスティック対応など

日経-biztechに 富士通がメインフレーム64ビット機の開発を表明 IBMに対抗するため。
  現行のGS8800の1プロセッサ性能は80MIPS。それが12SMP(対称型マルチプロセッサ)まで可能で最高960MIPS。
  IBMは98年後半に発表するG5プロセッサのS/390。現行のG4(63MIPS)の1.5倍の性能で95MIPS。
  それが10SMPのマルチプロセッサーでで最高950MIPS。とのこと。
メインフレームは、外部記憶や、通信制御装置などの周辺装置も含めて、専用ハードなどで高速化されたりして、全体として、メインフレームの処理内容にあったチューンナップが為されているので、CPUのMIPS値だけで比較しても意味がないそうだ。

WiredNewsによれば、新Mac OS開発とあり、独自のマッキントッシュOS『InfiniteOS』をキャッシュ・コンピューティング社のアビラ氏により開発中であるらしい。

WiredNewsによれば、米エネルギー省、超高速コンピューター開発をIBMに発注を決定。『RS/6000 SP』シリーズになる予定で、1秒に10兆回の計算能力がある。
98/2/17の言っちゃったnews

ZDnetNewsによれば、Voodoo 2に次ぐ性能のIntel740,だが来月にも他社から次世代チップという記事あり。
 Intel740グラフィックチップの速度比較表がでている。しかし、NVidiaとS3は3月末、次世代製品を発表する予定らしい。
News.comで、ボードメーカーの740採用を伝えている。

news.comによれば、Seagateが新しいHDの記録技術を開発した模様である。Hard drive breakthrough claimed.
それによれば、レーザー,レンズ, ミラーを使った、新しいメカニズム(Optically Assisted Winchester technology)で10〜20倍に容量を増やせる模様である。
SeagateのPressoomにも、この発表概要がある。QUINTA CORPORATIONと共同開発しているもよう。
これらの、全?迷訳?を、言いたい放談に書きましょう。

news.comによれば、インテルの80x86プロセッサは、またバグがあったようだ。New Flaw Discovered in Intel's x86 Processors? Intelligent Firmware社によれば、膨大な量のデータを順にアクセスするとき、メモリとキャッシュの帯域幅の限界により、70パーセントもプロセッサパフォーマンスを減らすらしい。しかしAMD K6クローンプロセッサは大丈夫とか。
これをデモしている。http://www.intelligentfirm.comが詳しい。回避方法を使えば、70%も早くなる場合がある。
キャッシュの使用方法に関する記事は、この辺を見て回れば読めるが、この会社の明白な許可なしでこの情報を発表してはいけないとのこと。

98/2/16の言っちゃったnews

月刊日経Mac1998/3のP179にちょっとショックな話があった。
 日本IBMテクノロジー事業部の阿部氏いわく、「今の技術で350MHzクラスの750は簡単作れる。」とのこと。Appleからの要請があるかどうかだけだそうである。また、銅配線の500MHzレベルの750もMacに搭載すれば動作する物が実在するそうだ。
しかし、newerなどのボードメーカーからの要請だけでは、量産開始するだけの数がまとまらないのだろうか。とりあえず、いまのアーキテクチャーのまま、CPUクロックが500とか作動する物があるだけで、充分なのだけれど・・・なぜやらないのだろう。不思議。

初めて買った「Computopia」2月号 という本にJAVAとマイクロソフトの関連の記事があって興味深かった。
Java開発者の利益擁護を目的とする任意団体Java Lobbyからの、ビルゲイツあての公開質問状が全文載っている。
 SUNの4ノード256プロセッサのSMPサーバの紹介など、勉強になる。

MacNN-Realityによれば、The Apple Flexible Displayが、5〜6月頃、発表されるらしい。コードネーム”Manta”というLCD。
ようやく、CRTディスプレイを置き換えられるTFT?LCDのAppleブランドの登場ですね。(Manta.gif 25KByteあり)価格は不明。
なにがFlexibleかといえば、蛍光灯スタンドのようなアームの先に付いてるだけなのだが。・・・
(昨日書いた別のフレキシブルかと勘違いちゃいました。)

日経BPによれば、日本シリコングラフィックス・クレイは,デスクトップ型ワークステーション「OCTANE」の最上位機を発表
R10000-250MHzで2CPUまで可能。13.6SPECint95,20.3SPECfp95。

PCWatchによれば、コニカが世界最高速の640MB MOドライブを、3月発売。4.9MB/秒。サンプル価格は100,000円

98/2/15の言っちゃったnews

日経MacにMac OS 8.1日本語版。月刊日経Macにも特集記事がたくさん。MacPeapleにも。両方とも8.1J-CDROMUpdater付き

月刊日経Macに、「G3の全て」が特集されており、詳しい。バックサイドキャッシュのクロックによる差異は数%しかないことが実験されている。

P179では日本IBM阿部氏の談話があり、350MHz超の750は技術的にはすぐ作れる。Appleから要請がない物は作れない、とのこと。

news.comによれば、世界最初のプラスチックのテレビディスプレイが2月16日(月曜)に発表されるらしい。
「英Cambridge Display Technology と日本のパートナー(ラップトップコンピュータ画面メーカー)は、月曜日、CRTを置き換える、世界最初の発光プラスチックのテレビディスプレイを公開する」。これにより、各種表示装置が変革されるだろう。
CDTは壁掛けテレビを生産したい模様。コンピュータとビデオディスプレイアプリケーションの商品化に非常に近い位置にいるらしい。

MacInTouch によれば、MacWEEK にAdobe Photoshop 5.0(Mac,Win)が beta test中で、年末出荷予定らしい。MacWEEKに詳しく載ってい。image-editing package with enhanced color support, 複数のアンドゥができるHistory palette t, improved text controls, new tools and extended support、RGB、CMYKなどの16ビット化とか、新しいFile typeの追加、PostScript 3対応とか、盛りだくさん。

PC Watchに、■後藤弘茂のWeekly海外ニュース■「 IntelによるAGPのリファレンスIntel740」というコラムがあり、詳しい説明がある。IntelのCPUのノウハウを詰め込んだような内部構造とか、今後のグラフィックチップWatcherとしては見逃せない。

Macweekによると、SonyはDV関連の新製品を発表するらしい。DSR-200A DVCam Camcorder、new $900 Color Mini-Cam and $1,000 Mini-Cam with3x zoom、 DSR-70 DVCam Portable Editing Recorder、Betacam SX and DV 用のコンバーターBKNW-25 DV/SX IEEE 1394Interface Unit, など。秋までに順次発表する模様。

98/2/14の言っちゃったnews

News.comによれば、アップルからG3の最速ノートパソコン 資料はogradyにある。
 4月に発表される予定のハイエンド・パワーブックが紹介されていた。  292Mhz=83Mhz*3.5倍  
高級機:292MHzのPC750、14.1インチのTFT-LCD、DVDROMドライブ付き?約6300ドル。(Wall Street)
中間機:250MHzのPC750、12.1インチおよび13.3インチのTFT-LCD、それぞれ3600ドルと4600ドル
中級機:233MHzのPC750と12.1インチ,パッシブ・マトリックスFSTN-LCDが約2500ドル。

鑑定団経由PCweekOnLineによれば、eMate、Newtonグループは$1,000以下の新製品を開発するもようである。それでマッキントッシュオペレーティング・システムのハンドヘルドバージョンを開発しているようだ。MessagePadをやめてもよく、Mac OSをそのeMateに移植してもよいといっているらしい。2/12の言っちゃったニュースにあるが、DECが現行MP2100やeMateのCPUのSA1100の上位機種と思える「SA1500」というCPUを開発している。2V動作で300MHz、2BOPS、600MFLOPSの性能。消費電力は3W。携帯用途向けに電源電圧を下げて150MHz、0.5Wの仕様にできる。 ・・・という CPUを載せたハンドヘルドを期待しているんですが・・・WindowsCE陣営では、200MHzで360mipsの日立SH-4などがあり、今までのSA1100ではハードSpec上対抗できなくなります。または、OSをCPUによらなくなるよう変えていってもらいたいですね。

TOMOZO's Web/マックなひとりごと に、激安マック に話が載ってました。
ここは、以前から知ってましたが、いまいち乗れませんでした。くじ運の悪い私としては地道な道を選ぶもんで。

日経Macに Mac OS 8.1日本語版が詳しく説明されていた。 ・・Mac OS 8.1緊急詳報

ZDnetIntel740の登場で変わる3Dグラフィックス市場 ・・
Intel740はビデオ機能と2Dおよび3Dの機能を統合したグラフィックスチップ。IntelがLockheed Martinの子会社Real3Dと設計。ベンチマーク結果はここ。3D Winbench 98:638(640×480),524(800×600)
今年の市場5000万個のグラフィックスチップの20〜25%のシェアをとると予測している。金持ちはおもちゃでもカメラでも、何にでも手を出すんですね。

ZDnetSteve Jobs氏はAppleの正式なCEOになるのか?という記事有り。

ZDnetSparQ低コストの1GBカートリッジシステムという記事有り。
しかしEIDEとパラレルIFでありMac対応は不明。Drive=$199.99、cartridge 3-pack(3.0 GBで $99.99! やすい!
Cyquest社製だが、他にQuest 4.7 GBという取り外し可能なカートリッジドライブの新製品も出た。burst rateで 40 MB/s,sustained maximum rateで10.6 MB/s と速く、video取り込み、DVDマスターリングにも向く。
Ultra Wide SCSI interface 、Win95/NT, Mac OS 7.x and OS 8, UNIX/Sun/SGI 対応。

日経BPOnLineによればMicrosoftとIntel、PC 99仕様を公開 。「PC 99System Design Guide」のPreview Draft Version 0.3をWEB上で公開している。CPU300M以上、100MHzバス、光ディスク装置をDVD-ROM必須となっている。

98/2/13の言っちゃったnews

言ってる最中: 02/13 言いたい放談 57:PPC750の放熱設計のお勉強その3

鑑定団のMac the ForkによればMotorolaが発表したDESKTOP98とDESKTOP99と呼ばれているG4MPUだが、この時にMPC-106に代わる新しいコントローラチップ「MPC-110」を密かに披露していたらしい。
なるほど、SDRAM,RAMBUSなどのさらに次期のバージョンの転送方式に対応した100MHz程度(以上?)のバス速度に対応するコントローラーがそろそろ欲しい時期ですもんね。

また、Mac the Forkによれば、「Rhapsodyは新しいクローンビジネス戦略ライセンスソフトウエアーとして提供されるかもしれない」ってーのは、なかなか面白い見方ですね。

2/12の MacOS Rumors によれば,3月のstrong new hardware product=製品紹介のハイライトは,G3-266 ,高速SCSI、MEMいっぱいのサーバーライン、300Mhz PowerMac G3、次世代G3 PowerBook (MainStreet/WallStreet) そして、AppleShare IP 6.0のpublic beta testらしい。

2/12thessaSOURCEによれば、Mactellは全てのアップルPower Macintosh G3用にPowerJolt Overdriveを発売する。
 266Mhz 1mb. 2 to 1 cache ratio $995
 300Mhz 512k 2 to 1 cache ratio $899
 300Mhz 1mb. 2 to 1 cache ratio $1195
 300Mhz 1mb. 1 to 1 cache ratio $1995  プロセッサスコアは1200: MacBench 4.0

2/12のMacweekOnLineに、Mac OS 8.1Jの詳細が紹介されています。

日経Biztechによれば、米Synopsys、システムLSI時代の2種類のツールを発表 。
論理合成ツールの最新版「Design Compiler '98」と、プロトコル制御ロジック部分の設計を対象の「Protocol Compiler」。設計にかかる時間は平均でも1/3に短くできるらしい。

PCWatchによれば、インテル、AGPとPentium IIに最適化した3Dグラフィックチップ「Intel740」を発表。
http://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press98/740.htmhttp://developer.intel.com/design/graphics/740pb.htm

同じく、インタウェア、世界初のPowerBook 1400対応G3アクセラレータを発表。14万円 

98/2/12の言っちゃったnews

アスクからInterex-XLR8のPowerPC G3カード:MACh Speed G3 300/200/1M=1999ドル
300MHzは750の供給がまだ少なく,少量しか対応できない。300MHz/200MHz (3:2)でMacBench1088
PowerLogix製品でも300MHzのG3製品も2月下旬には出荷開始予定!!とのこと

日経Electronicsに、【ISSCC 98速報】1GHz動作のCMOSプロセサが登場 、でもう少し詳しいデータがあった。
1GHzのCMOSプロセサ:64ビット「Power PC」の命令セットの内、整数演算を60個、ロード,ストア命令を36個を実装。プロセス技術=0.25μmルール,2重ウエル、6層Al配線。実効チャネル長0.15μm。電源電圧1.8V、消費電力6.3W。クロック・サイクル当り1命令を発行4段パイプライン。演算ステージのレイテンシは、整数演算命令が1ns、ロードやストアの命令が1.15ns。命令キャッシュ、データ・キャッシュは4Kバイトのダイレクト・マップ方式。回路上では,マルチプレクサ付きラッチ,センス・アンプ・ベースのROMやPLAを使うなどの工夫を施した。
ようするに、LoadStore命令は869MHzまでしかいかなかった。

さらに「IBM AS/400」システム用マルチスレッド 方式64ビットPowerPCプロセサを開発。スレッド数は2個で、レベル2キャッシュ・ミスの際に実行すべきスレッドを切り替える。(これは違うんじゃないかな)
350MHzで動作し、クロック・サイクル当り4命令を同時発行。マルチスレッド方式により30%の性能向上を達成し たらしい。Mac用でも、インタラプトを使用する高速データ転送用のデバイスドライバーなどに使えないかなー?
結構バックグランドジョブの起動まちとか、いろいろ結構待たされますので、並行に処理してくれればうれしい。

日経Electronicsに、【ISSCC 98速報】メディア・プロセサ、並列・高速・低電力技術が重要に が・・
DECは、現行製品として最高速の667MHzで動作するRISCプロセサと、マルチメディア民生用途に開発した「SA1500」を発表した。RISCプロセサには6nsの整 数乗算器などを搭載。0.28μm技術を使って570万トランジスタを6.7 ×15mm2に集積。2V動作で消費電力は22W。

 SA1500は、「SA110」コア を改良し、マルチメディア機能を実現するDSPや浮動小数点演算ユニット、シンクロ ナスDRAM(SDRAM)コントローラ、入出力バス・インタフェースなどを集積したチップ。0.28μmで330万トランジスタを7.5×7.9mm2に集積した。2V/3.3V動作で300MHz、2BOPS、600MFLOPSの性能。消費電力は3W。携帯用途向けに電源電圧を下げて150MHz、0.5Wの仕様にできる。

SA1500という名で2種類のCPUが紹介されており、わからん。でも、なにしろARMプロセサでしょう。でもnewtonはもうどうなるかわからないし。惜しい

日経Electronicsに、【ISSCC 98速報】「ダイレクトRDRAM」とSLDRAMに関心集まる 。勉強しましょう。

98/2/11の言っちゃったnews

IBM、世界最速1,000MHzのMPUを公開 にて翻訳文が公開されている。■プロセッサー・コアの数分の一の速度で、テスターが動作できるようにする新テスト技術。という成果が、詳しく解らないが、私の予想と違ってるもよう。

webintoshによれば、DECはこれまでのアルファチップのパートナーを、三菱から三星Samsung Electronicsに変えた模様。

日経メカニカル によれば、横浜市、東芝の燃料電池で“下水汚泥発電”だとか。下水処理場の汚泥から生物分解させ発生するメタンガスを利用し東芝の燃料電池システムを作動させるらしい。こんご、全世界に広がって欲しいものだ。

日経メカニカルによれば●日産,雨滴のつかないドアミラーの詳細を公表。光触媒の超親水機能を応用して開発した「チタンクリアドアミラー 」というらしい。

98/2/10の言っちゃったnews

MacNews4U経由Macweekに、ISSCCでのIBM発表のの全訳が出ていました。どうも、まだ私には、さっとここまで訳せないなー。   ■IBMとMotorolaが対称型MP対応のG4プロセッサを準備中 。
でも、いままで0.25μmだった750を0.18μmにして、なぜ、CPU2〜4個と1M2ndキャッシュを入れる場所に余裕があるのか不思議です。銅にしたって寸法はそんなには変わらんでしょう。単純にチップサイズが4倍大きいだけだったりして(笑)
そんなに余裕があるのなら、とっとと、1クロック作動の一次キャッシュを1Mにし、Intelがやろうとしてるように、バックサイド2次キャッシュを1M以上にして欲しいものです。

日経Biztechによるとデジタル・カメラの画像データが相互利用可能に、11メーカーが画像ファイル統一で合意 。
デジタル・カメラの画像フォーマット「Exif」の内、メーカーが自由に選択できたExifのオプション仕様の一部を細則を決めて、コンパチになるようにする。

MacweekOnlineJapanMacInTouch)に、Mac OS 8.1のネットワーク処理とセキュリティの問題の訳がでている。HFS Plusにまつわる、いろんな話があるもよう。

WiredNewsによれば、携帯電話用の新しい電源、マイクロ・メタノール燃料電池の製造が可能になるもよう。
 電気化学者の長年の夢である炭化水素系燃料から電力を得る事に成功。
 毎日電池を充電する代わりに数週間に一度、1.5オンス(約42.5グラム)のメタノールを注入すればよいらしい。
 しかし、まだ実用は、もう少し先の話のようだ。
98/2/9の言っちゃったnews

ProcessorManiaさんとこで■新シリーズ「I氏からの手紙」がありました。企業秘密のある種の”バスの制御”が必要とか。参考になりますね。やっぱりNewerにしようかな。

日経エレクトロニクスによれば、NECが圧縮データをメモリ・バスの転送に用いることで、バス上のトラフィックを大幅に軽減する技術 を開発したそうです。「ActiveLinkアーキテクチャ」と言うそうで、グラフィックス処理などにかかる負担をマイクロプロセサからDRAMに混載したロジック回路に移すことで、主記憶の一部をフレーム・バッファとして使うUMA(unified memory architecture)に有効な技術で、安価なPCでも高速にグラフィックス処理できるということらしい。

日経エレクトロニクスによれば、超高速スーパーコンピュータ開発で米政府とIBM,DEC,Sun,SGI/Crayが協力
数万プロセサのスーパーコンピュータ,2001年:30TFLOPS、2004年:100TFLOPSを目指すらしい。

日経マイクロデバイスにて、松下電器、ワン・チップMPEG2エンコーダを6月からサンプル出荷 。0.95W

FeelLikeMacさんの、OS特集 (5):MicroKernel + BlueBox = MacOS9?? 。勉強になります。

98/2/8の言っちゃったnews

鑑定団経由MacweekIEEE ISSCCの発表記事があります。Desktop 98VMX 、Desktop 99=1tipのマルチCPUで年内出荷ですか、楽しみですね。0.18ミクロン銅プロセスで750の2〜4SMP+1Mまでのレベル2バックサイドキャッシュ付きですか、欲しかった物そのものですね。
1.8V電源ですが、インターフェースの電源も1.8だと、マザーボード設計が苦労するかも。これまでとのコンパチブルを断ち切る良いチャンスですね、主記憶用DRAMもDirect RAMBUSだ、DDRモードSDRAMだ、SLDRAMだと、だいぶ変わるようだし。

98/2/7の言っちゃったnews
 biztech.nikkeibpによれば、三菱電機が米TIへ64M DRAM技術を供与  とのことで、これまでの提携先日立ではマスクが30枚と多く、20枚程度の三菱から技術導入するもよう。
また、同じページに、米国の調査会社Display Search社の予想がある。
「液晶パネルの供給能力のせいで、CRTモニターの1.5〜2倍の価格にまで下がると予測した」

USニュースフラッシュによると、インテルからも「971 PC Camera Kit」の話がでていた。
  Click to download の写真をみてみると、Kitと言うくらいで、`;astic Caseなど、全ての部品が付いているようだ。
また、SGI/Crayがスーパーコンの乗り換えキャンペーンをしています。50%引き とか。

また、MattelとIntelがパソコン・ベースのおもちゃの開発で提携 らしい。`PC-Enhanced Toys' を開発し、
おもちゃとPCの接続のオープンな基準を確立したいらしい。

98/2/6の言っちゃったnews
 MACお宝鑑定団に 「H氏からの手紙」に「G3とシステムバスの関係について」が追加された。勉強しましょう。

PCWatchによれば究極のハイエンド・デジタルカメラ登場!! Canon EOS D2000に使用感が。ここにCannonの製品情報が。
200万画素、1,728×1,152ドット/アスペクト比3:2、秒間約3.5コマ・連続12コマ、1.8インチ液晶パネル 、IEEE1394、ISO200〜1600相当、340MBのPCカード大約160コマ、音声録音内蔵マイク、Macintosh用Photoshop Plug-in付き で、・・198万円・・うーん・・ほしいいいいい・・・?

下記EMailが届きました。これで2回目です。geocitiesのTechnopolisにおけるランキング10位以内になったと言うことです。でも、UFOには負けちゃうんですね。
これも、読者のみなさまのおかげです。ありがとうございます。今後とも宜しく。
「X-Sender: geotron@mail.geocities.co.jp (Unverified)
Date: Fri, 06 Feb 1998 15:36:55
To: (Recipient list suppressed)
From: GeoCitiesJapan <webmaster@geocities.co.jp>
Subject: GeoCities Japan Access Ranking Top10

各位殿(このメールはアクセスランキング10位までに入った方々にお送りしている同報メールです)
・・・
ところで、ジオシティーズでは、各コミュニティ毎にジオシティーズが独自に集計してアクセスランキングを決定、公表しておりますが、この度、皆様の作成されたホームページへのアクセスが10位内に入りましたのでお知らせいたします。
ついては皆様の中から上位3位の方を各コミュニティのトップページで発表いたします。」

PCWatchによれば、家電とコンピュータの狭間で揺れるIEEE 1394 ・が連載されてます・・光ファイバーも良いですね。

hotwiredのnewsにて サンがネットスケープを買収か、・・・
 サンがネットスケープを買収するとの噂が市場に流れている。

zdnetによれば、Netscape社はAmerica Online,Sun ,Oracle,IBMと交渉中らしい。

hotwiredのnewsにて。 NASA、学生が作った窒素酸化物調査宇宙船SNOE打ち上げへ
  SNOEは、窒素酸化物の高度分布調査用紫外線分光計、太陽光微弱X線露出計、オーロラ光度計を積む。

日経Macに 、 News Eye:PostScript 3 が詳しく書いてあります。(私にはPSなんて関係ないけど)

CNETによれば、インテル技術のカメラ登場 、ポラロイドがインテルから「PCカメラ・キット」というチップセットを仕入れデジタルカメラを販売する。768X576画素、USB内蔵。’98年後半発売予定、小売価格は300ドル以下とか

日経-biztech日経マイクロデバイスによると、 富士通、プリチャージ電圧を低下させた1G SDRAMを開発 0.18μmルール、200MHz動作に対応。
98/2/5の言っちゃったnews

news.comによれば、日立とデジタル・イクイップメントは、共同でメインフレーム置き換えるハイエンドのWindows NTサーバーコンピュータを開発するもよう。

日経マイクロデバイス誌によれば、IBM、Motorola、の銅配線技術は、Cuデュアルダマシン6層配線技術というらしい。

Webintosh!によれば、IBMは、semiconductor conferenceのプレリュードとして、世界最初の1,000 MHzのプロセッサをデモンストレーションした。

webintosh.comによれば、eMateのソフトeProbe(アップルコンピュータのeMate 300のための移動できる科学研究室パッケージ)が「ベスト教育ソフトプログラム」カテゴリーで Codie賞の候補者に指名された。

 thessacom1.htmlとNews.comによれば、S3 gets major microprocessor patents ということで
S3はExponential Technologyの64ビットマイクロプロセッサーの45の特許を510万ドル以上で購入し、CPUを作る会社にシフトするらしい。八月の競売でIntel, Advanced Micro Devices, and Cirrusをせり勝った。Exponentialの特許は、理論的にインテルの特許にとって代わることができる技術らしい。thessacom1.htmlが技術的にくわしい。

macnn.comで Allegro Surfaces: アレグロの新情報? 雑多なシステム強化、新しいアピアランスコントロールパネル、The Internet Control PanelなどやAllegro Images? などがいっぱいあります。読んであげてね。

macnn.comで Dessert, Bill?  NEWS.COMでもGates gets creamed  写真があるので見てみましょう。
98/2/4の言っちゃったnews

 以前から噂にあった、IBMの1GHzのPowerPCの話が、いよいよ、今週の International Solid State Circuits Conference in San Franciscoで披露されることを、いろんなとこで書いてますね。Webintosh,thessaSOURCE!

news.comによれば、「IBMも1000MHzクラブに参加 」とか。1,000-MHz club

news.comで、IntelからのCyrixへのPentium製造許可について話があり、ちょっと単語の意味を参考までに紹介する。
reverse engineering とは
The process of making a clone product by analyzing a competitor's finished version, without any knowledge of how the original was developed.Chipmakers have made Intel-compatible products with reverse engineering in a "clean-room" environment, implying that they knew nothing of the original design.
The legality of the practice is unclear, as courts have yet to make a definitive ruling on the issue.
訳すと
リバース・エンジニアリング:
オリジナルがどう開発されたかの知識なしで、競争者の最終バージョンを分析することによってクローン製品を作ることである。チップメーカーが、「クリーンルーム」環境の中で、リバース・エンジニアリングでインテル-互換の製品を作ったということは、彼らがオリジナルのデザインについて何も知らなかったことを意味している 。
法廷がその発行物の上で最終的な裁定をまだ作っているので、その実行の合法性は、はっきりしない。

news.comによれば、intel to unveil "Slot 2" chip design (CNET)
Intelが「スロット2」デザインと450MHzのデシュートの詳細を公表したそうだ。

 mac.sit MacOS Rumors 2/2)によれば、G4 New Mac Prototype
  銅配線技術のG4 PowerPCプロト・チップを搭載するという Macのプロトタイプの話がありました。

 PageMill3.0forMacは現在開発中で、今年の夏に完成予定。Macユーザーをないがしろにしているわけではない、
と言ってる。が窓版は98年3月に出荷される。( thessaSOURCE!)

 wirednewsarchive98/01/30を指定して、Technologyの場所にある。(元記事:HiFi
「光速に達するチップ設計」ノースカロライナ大学のクアンタム・デバイス研究所でシリコン・ウェハー
のフォトン電導力で、将来、光と同じ速度、あるいは、現在の半導体の10万倍の速度で作動する
超高速コンピューター・チップ製造に結びつくかもという研究がされているらしい。
 ちょっと、今までにない方式で・・・、期待したいですね。

 富士写真フイルム、150万画素デジタルカメラを2機種発売   Webintoshにも書いてある。
 「FinePix700」99,800円 と、ハードデューティーな「BIGJOBDS-250HD」148,000円。
  「FinePix700」なんてポケットに入るくらい小さい。
 くやしいー!!OlympusのC-1400Lを買ったばかりじゃー!!
(これがポケットに入らんのじゃー)ズームが遅いうるさいバッテリーがすぐ無くなる・・・でも画像はいい。
98/2/3の言っちゃったnews
 cnetによれば、アルファ・チップが1000MHz以上に。(でもVS-mercedを考えれば、先行き??でしょうね。)
 を発表した。Alpha 21264-600MHzは,0.35μmプロセス。2000年までに0.18μmへ・・=1000MIPS?

zdnetに、「 CompaqのDEC買収:契約のきっかけ」という記事有り。興味深い話が読める。 OGRADY'SPowerPageに、WallStreet情報があった。(お宝鑑定団経由)
ウォールストリートについての情報。その詳細はいくぶん疑わしいが。
プラスチックはライトグリーン。
スペック:    375MHzてーのも疑わしいですね。ま、275MHzってーとこでがしょう。
375 MHzのG3、1Mb L2キャッシュ、96MbRAM、5Gb HD 、14.1インチのプラズマディスプレイ(like TFT, only crisper, thinner, and very fast, refresh)てーことで、TFT-LCDのように、薄くきれいで早いプラズマらしい。
取り外し可能なFloppyとDVD-ROM。はずしたとき、8ポンドの重さ(何Kgだ〜?)
2つのPCカードスロット、2つのシリアル・ポート、sound in/out
ATI 2D/3Dグラフィックアクセラレータ(2Mb VRAM)、video in/out とVGAコネクター
標準のSCSIポート(画面の下のマイクロホン)。
サウンドin/outウォールストリートについての情報。その詳細はいくぶん疑わしい

 OGRADYで PowerBook 3400とPowerBook G3用のサンディエゴMagma社のデスクトップPCI 拡張システムが紹介されていた
  7つのPCIカード、電源付き。fixed, removable, floppy, CD, etcなどを浸けられる模様。
  3つのスロットバージョンも出す模様。

PB2400C、1400などが値下げらしいですね。2499が1999$。でも買わない。WallStreetだもんね。(OGRADY


98/2/2の言っちゃったnews
「Real Design」Mac the Forkには毎回楽しまされる。「私が想像して勝手に作ったWallStreetだよ」いいですねー

 プレサリオの独占販売権を得たキヤノン販売:Appleの販売継続!ほっ!日経マイクロデバイ

98/2/1の言っちゃったnews

Newton MessagePad 2100 日本語版が発売!(ソースTOMOZO's Web/マックなひとりごと,個人のおもちゃのページ)
Newton MessagePad 2100 日本語版
発売日 1998/3/31 価格188,000円 販売EnFour

ザウルス買わずに待ってた私としては、うわさだけじゃわからんので、買ってみるか。

World StockJournalの98年1月23日マイクロソフト 帝国の野望「マイクロソフト、英テレコム(ブリティッシュ・テレコム/BT)買収の虚実」によれば、マイクロソフトの、世界戦略が垣間見えて、興味深い。
おいしいところだけ食っちゃおうという、いつもの話かも。

 news.comによればNew Intel chip for mainframesとのこと。でも日経コンピュータNEC,メインフレームの後継機種にインテル製プロセサとNTを採用へ にパラレルACOSシリーズ、ACOS-2系の小型機「AX7300V 」の後継機種に、MercedとWindows-NTを採用。で、よければ、中型機も。メインフレームOSをエミュレートする。
すでに日本ユニシスのHMP NX4200ではこの方式。

thessaSOURCEによれば、Adobe to Unveil PageMill 3.0 Next Weekらしいですね。日本語版が出たらUpDateしてみるか。

Mac the Knifeによれば 
G3サーバ:コードネームWasp、@3,700ドル 2月12日発売予定
PowerPC 750-266MHz,128 MバイトRAM,Fast/Wide Ultra SCSI-3ドライブ2台,512Kバイトのキャッシュ,それにFast Ethernet。。

 

 


[Home] [Linkし放題] [Fleamarket]