Macの奴隷の臍茶な話
渡邊鼎の!言いたい放談!
!言っちゃったNews! 

98/10/31 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==952名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

匿名のソースから、面白い情報が入りました。

渡邊さま、こんばんは!言いたい放談!では、いつもお世話になっています。


これは匿名扱いにしておいていただきたいのですがG4の情報です。

もうご存じかもしれませんが、確実なニュースです。

12月3日に都内某所にてMacintosh G4の発表会があるそうです。
そこでは小比類巻(vo)さんのライブもあるそうです。

では・・ X.Xxxxxx

ogradyによれば、Newer 256 MB RAM Module Arrivesと 300 MHz PowerBook G3 Seriesのための256 MB-O-DIMM RAM moduleを発表したことをつたえていた。これで、第2世代 Wall Street は最大384 MBのRAMが載せられるようになった。

ogradyによれば、新しいWall Street PDQのトラックパッドに問題が出ることがあるようだ。マウス移動中にクリックが起きるらしい。これはAppleで修理利手もらうしかないとか。

webintoshによれば、iMacは9月の販売でも第3位だったらしい。

webintoshによれば、日立がマッキントッシュに最適化された21インチ「モニター」をリリースしたようだ。1600 x 1200のRasterOps 8135 :$1099と 、1856×1392のRasterOps8115:US$1429で、奥行きが18.5インチ、重さも61 lbs.と小さくなっている。
811813814  の各シリーズ。19" monitorの 753 シリーズも出た。

富士通,1999年中に強誘電体メモリ混載LSIの量産を開始 1999年には強誘電体メモリ混載LSIの量産開始。強誘電体材料にPZTを使う。

NECは2000年第2四半期に強誘電体メモリ混載LSIを製品化 PZTを強誘電体に使用しCPUなどと混載するところまで行ったわけですね。2000年には出てくるとか。

半導体量子ドット分子(人工分子)の実現 〜量子計算機実現へ向け

いずれPCは無料になる? かも。IEのように、携帯電話のように無料で配って後で利用料金で元を取るという方式が、ISPとの関係で出てくるかもしれませんね。

 

98/10/30 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==944名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

Takさんがゲストブックに書き込みをしていただいてた。ありがとうございます。
【iMacチューンナップに関する緊急報告】
それによると、iMac Rev2では、CPUのクロック切り替えのCPU動作クロック設定抵抗(R117-R124)およびI/Oボード上のFDコネクタ、ADBコネクタなどがすべて無くなっており、クロック変更やFD追加などが出来なくなっているようだ。

macosrumorsによると、Mac OS X clustering breaks speed barriersとかで、いろいろあるサイドプロジェクトのいくつかが完成したようだ。最近のやつでは、クラスター技術で、これを使うと、PowerMac G3 Serverモデル(400Mhzにアップグレードされたプロセッサ付き)をGigabitイーサネット(1000baseT)を通して接続し、Yellow Box's "Distributed Objects"アーキテクチャーを使って、暗号クラッキングのような大きい資源-作業量を管理するようにアプリケーションを作れる。この利用技術は、1990年の早くに NeXTで開発されG3 Serverで作ったクラスターは、3つの分かれたネットワークを使ったのに「DES-II」程度に複雑な暗号を1週間でクラックした。ま、ようするに、みなさんご存じの、パソコンをネットワークでつないで、バックグランドであるアプリケーションを並列処理させ、全体でスーパーコンピューターの働きをさせようと言うあれですね。

 、Mac OS 8.6 のコードネームがベロニカ? だとかの噂が出ている。

 Mac OS X Server が一月に出荷される?
その中には、IPプロトコルベースのsharing/applicationリンク技術が使われた、Network Booting Serverと「Ferrari」(アップルのジャワに基づくインターネットサービスプロジェクト)を含むかもしれない。現在MacOS X Server1.0は core OSがGM(グランドマスター)であると言われている。
最近の報告では、Mac OS X Server 1.1(コード名「ヘラ」)がすでに開発中であるらしい。

MacNNによれば、MacCPUではもう、 333-MHz and 400-MHz ZIF upgrades を出荷しているようだ。$1099,と $1599.

MacNNによれば、IBMは Aptiva PC priced at $599 を出したようだ。300MHz-CPU,32 MB-RAM, 3.2G-HD、32X CD-ROM、2-USB付き。

mactimesに、 Apple's Consumer Portable: Meet the Competition と、コンシューマーポータブルについての情報のまとめと、対抗品についての情報がまとめられていた。

IBM builds fastest Blue yet

Matsushita to boost DVD output

X Architecture for IBM servers

98/10/29 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==924名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

今日は、たぶん、大スクープです。仕事の電話で、IEEE1394の関連の話があったけど、その中でiMacの話になったとき、「iMac2でIEEE1394が使われることが発表されるらしいし・・・」と言う文句が耳についた。で、詳しく聞き直すと、どうも、まだ丸秘の事項のようだが、来月頃Apple主催のディベロッパーズコンファランスとかなんとかがあるようで、そのときに、iMac2がご披露されるらしい。そのiMac2には、USBはもとより、IEEE1394が標準で付くようなのだ。ようやくFirewireが標準で付く機種が発表される段階まできたんですね。これで、周辺機器メーカーも雪崩を打ってIEEE1394対応デバイス群を投入し始めてくれれば良いんですが。ま、いちおう噂ってとこで・・・・・
これはうれしいですよ!!!SCSIや、PCIバスなんて不要になっちゃう!!!拡張性もPCIよりよい!
(もしかして、mazenineスロットにIEEE1394対応ボードが準備されているとしたら・・・
要するに、旧iMac向けにですよ!!!うれしい!!買いですよ買い!!!)

ところで、今日入手したカタログによると、なんとBGAのCPUなどLSIをリペアする、マシンが発売されていた。米国はMETCAL社のBGAリワーク装置BGA-3101-G-Jで、値段は判らないが。従来は加熱機構と搭載機構(半田付け工程)は別々になっていたが、今回これを一機種に統合し、BGAチップの取り外し、搭載、リフローがスムーズに順次作業できるシステムになった。部分ヒートによるプリント板のそりを最低限にするための下部からのホットエアー加熱や、時間管理、段階的温度管理、クーリングを行い、部品に与える熱ストレスを最低に押さえ、かつ最適なソルダリングを実施できる機械らしい。特にBGAの裏面の半田バンプが搭載時に観測できない欠点をモニター画面上で、部品バンプ部と、基板パターン面を画像合成し、位置調整に利用して正確な半田付けを可能にした。
何でこんな話を出したかって言うと、PowerPC400MHzとかAltiVecなどが発売されようとしているが、これまでのPPC750とPinコンパチであれば、新しいCPUチップのみ入手して、これまで使ってたPPC750-220MHzなどのボードのCPUと交換したいと思う人が現れるだろう。しかし、これまでこのような機械がないときには、素人細工ではかなり無理があった。しかし、このような装置が現れれば、CPU換装を商売にする会社がこの装置を購入し、一般のPPC購入者の要求に応じ、有料で換装してくれれば問題は解決する。この装置は、たぶん素人には買えない価格だろうから。

読者furuさんからのEMailによると、

  1. いつも楽しく拝見させていただいてます。情報という程のものではないのですが、iMac 用の外部モニタ出力ポートの「iPort」について少々。

    すでに開発元のグリフィン・テクノロジ社のページには iPort の紹介ページ
    「http://www.nashville.net/~griffin/imac/iport.html」があるのですが、その紹介ページの文頭にある画像は iMate になっているようです。グリフィン・テクノロジ社側の単なるミスだと思うのですが、画像指定のタグ記述を誤っているようです。

    http://www.nashville.net/~griffin/imac/img/iport.gif

    上記にグリフィン・テクノロジ社の「iPort」と思われる画像がありました。写真を見たから何か新しいことが判るとも思えませんが、参考までに。

なるほど、ありがとうございました。私も読んで見て変だなと感じてたんですが・・・USBじゃ大したことはできんなと勝手に想像して忘れてました。

macosrumorsによると、Even Apple sees benefits of Linuxとか。Appleはハードを得ることで殆どの糧を得ている。よって、LinuxをMacでサポートすることが明らかに利益を生むということになる。 Apple.com page に詳細がある。

imacintouchによれば、Appleが新しいバージョンのUSBDDK_v1.1a2を出したようだ。
pre-release USB development kitのアップデータだ。これで、MacOS8.5コンパチなデバイスドライバーを作成可能になる。USBキーボード上のpower switchを効かせるためには、MacのUSBポートに直接キーボードのUSBケーブルを接続する必要があり、HUBの下流ではだめであるが、iMateに接続するADBキーボードによる、Powerキーも同様になる。

maccentralによると、 Hands on: PowerLogix 400 MHz G3 ZIF shows copper benefits と、400MHzG3の紹介をしている。インストールから、速度評価、RC5 decryptionの測定値がある。
1.3 million keys/s!(G3/233 は700,000 keys/s)
速度は233MHzG3の2倍の感じだそうで、ウィンドウはスクロールが早く、また、アプリケーションの立ち上げが早い!shockwaveやジャワで遅かったところも早くなる。他の利点は温度である。27℃!です。そのせいか、オーバークロッキングは簡単に出来た。400のMHz G3 ZIFは、433、そして、466 MHzで作動した。うううーーーーんん。ほしいくなってきたーーー!!!困る。

iMac-compatible Flash card reader debuts

Programming tool adds support for AltiVec

Mac The Knifeによると、?Hola, Amiga! で、G3チップが、Amigaos4.0を走らせることが出来たと伝えている。しかも、AppleがMac OS 8.5 or Rhapsodyで作動させるよりも、速くスムーズに動いているという。しかし、intelチップでも動かすらしい。CHRPの$1,400の Lazarusパッケージは、 15-inch monitor 、266-MHz G3 chip, SVGA video port, 2-USB port, 2- RS-232C , 1-EPP parallel port, built-in SCSI-3, 32倍速CD-ROM, 3Gbyte HD, 16 Mbytes SDRAM, V.90 56-Kbps modem, 4-PCI slots, 3- Zorro slots、1.44-Mbyte floppyがついているとか。

98/10/28 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==921名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

KOIKE さんEMailありがとうございます。今朝から、EMailを送信しようとすると、Netscapeがすっとんじゃうんで、返事出せません。MacOSRumorsの記事に関して、次期ポータブルでMacOSが"run virtually"という件、ゆっくり読むとおっしゃるとおりだと感じます。
「どちらのマシンも、その時点で他のMacに搭載されているのと"実質的に同一といってよい"Mac OSのコピーが動作する。」と言うご指摘通りでしょうね。失礼しました。ちらと、そういう風にも思ったんですが、CPUのvirtualに気が引かれていたもんで・・・でもそうなら、エミュレートとか言いますかね?   ま、臍茶と言うことで・・・

Count Mac が更新されていた。iMac lets them in

macosrumorsによると、Appleはクリスマスキャンペーンをやるようだ。
$1/day!のローンとか、いろいろな人気があるアクセサリーの2500ドル分のクーポンブックとか、Joystick、Printers、Digital Cameras、Software  そのほかいろいろ。

MacNNによれば、Appleに関する映画の計画が2本進行中のようだ。
 Tom Hanksの、6時間のHBO miniseriesで 「Apple」と、TNTの2時間の映画「シリコン・バレーのThe Pirates」

MacNNによれば、IBMは、Intel, SCO とSequentの各社と、新しいUNIXプラットフォームMonterey を開発しているようだ。これはMercedが載り、18ヶ月後には出てくることが期待されているという。しかしOSは、IBMの「PowerPC」ファミリーチップの上でも動く。

MacNNによれば、SanDiskはUSBバージョンの、 ImageMate を出した。これはCompactFlash reader/writer external driveで、デジカメのデータをこれまでのシリアル転送より20倍も早く遅れるようにする。90ドル。11月末頃出荷予定。 Comdex '98 in Las Vegasに展示。

maccentralによると、Palmの新しいMacとの通信手段MacPacがMacWorldSFにて発表されるようだ。ベータ版は11月頃には公開されるそうだ。

maccentralによると、ATI Technologiesは、非常にローコストの新しいビデオI/O内臓グラフィックチップ"RAGE Theater" を発表した。次期iMacなどに使われるかもしれない。

webintoshによれば、NewerRam Ships 256MB Module For PowerBook G3-300だとか。

 

言いたい放談:ih131の予定:新しいDRAM材料?

日刊工業新聞10月27日P1に、画期的なDRAM材料に関係するだろう開発についての記事があった。名古屋大学工学研究科(河本教授ら)による新しい画期的な、高誘電率膜の生成法である。
生物の機能を模した工学手法:バイオミメティック:材料工学の手法だ。これによると、50℃で、シリコンウェーハー上に2酸化チタンの微細パターンを形成できる。常温常圧で出来ることが画期的だ。これは生物が体内にて無機結晶を合成する「バイオミネラル化」機構を模倣したもので、酸化シリコン上に、フェニルトリクルルシランをつけ、マスク工程の後、50℃の処理液に浸け、洗浄し、更に超音波洗浄することで、必要な部分に2酸化チタンがパターニングされるという。2酸化チタンは、誘電率が酸化シリコンの数十倍有り、現在の主流DRAMが酸化シリコンでコンデンサーを作っているから、ここに適用すれば、面積が激減できる。すでに、面積を減らすため、何枚も重ねた構造のstackとか、トレンチとかいろんな構造が実用されているが、この2酸化チタンを用いれば簡単に数十倍コンデンサーの表面積が小さくでき、よって、DRAMの構造を簡略化でき、コストダウンが出来ることになる。これまでにも、高誘電率材料をDRAMに使うことは開発されてきているが、処理温度が高い性なのか、安定に量産されているのは未だ無いのではないか。(あったらごめんなさい)しかし、今回の2酸化チタンは違う。50℃で出来るのだから、処理工程中のウェーハーに与える影響は、何百度もの高温で処理される他の高誘電率材料の処理に比べて圧倒的に歩留まりに与える影響は小さいと思われる。よって、この技術は、たぶん、すぐにでも、いろんな会社が取り組むに違いないと思う。現在、CPUにDRAM混載が可能となっているが、当然これに対しても有効で、面積減少となる。

98/10/27 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==914名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、Portable line expands....で、次期ポータブルの噂が出ていた。
最近のPortableを2台開発してるといううわさ話が、カリフォルニアのソースによって確かめられたらしい。"Consumer Portable" (codename:"P1")は大きい方で、eMate, PowerBook G3 Series, そしてiMac.の融合したマシンである。こいつは、フルフィーチャーノートで、フルキー、10インチ”ish”フラットスクリーン、タッチパッドポインティングデバイスが付く。二番目の、よりわかりにくいポータブルは、伝えるところによるとハンドヘルドであって、タッチ・スクリーンインタフェースを特徴とし、また、なんらかの型のキーボードを含む。アップルはその優秀なニュートン筆跡認識技術を主流Mac OSの方へ移植していたこと、そしてその技術が「Sonata」によってMac OSのあらゆるコピーには入り、来年8月までに出荷されるだろう・・・と言う噂が時々あったが、こられのマシンがこのニュースソースの潔白を証明する。これは、Macプラットホームのための秀逸なニュースである。この、同じ画面-インプットサポートが信じられないほどタッチやPenインターフェースをデスクトップやポータブルに加えやすくするので、Graphics専門家や多くの他の人へのポテンシャルは無制限である。この2機種の中では、MacOSは、"run virtually"だそうで、その時点で出荷される他のMacと同じMacOSがバーチャルに走ると言うことで、うーん!!!もしかすると本当にバーチャルなのかも、要するに、わざわざバーチャルと言うということは、仮想的に動くと言うことで、結局PowerPCではなく、ih108で言ったSTRONG-ARMによる、PowerPCのエミュレーション なのではないかな?!?と言うことです。PPCまた、この2機種には、USBと4MbpsのIrDAが内蔵されるだろうとのこと。
または、先日発表のあったPowerPC 405かもしれません。200MHz、228MIPS、500mW、MACを内蔵、CodePack記憶圧縮システム内蔵、Ethernet、USB、SDRAM制御回路をオンチップで内蔵。でもPPC4XXシリーズは750などと命令がフルコンパチじゃなかったと思うので、不足命令をエミュレートしないといけない。でも、こっちの方がいいですね、MAC内蔵で早くなるし、CodePackで、RAMが40%小さくてすみ、しかもアクセスが早くなる。しかも今後0.25から0.18μに移行し267MHzが手に入る。(しかし、ARMのARM10TDMIは、300MHzで400MIPS、MAC内蔵です。もうちょい頑張ってもらわにゃ。)一年前頃にStrongARMを捨てると判断したわけだろうから、その当時PPC405の開発計画がAppleに知らされていても不思議はない。もし上記Specが知らされていれば、AtrongARMからPPC405に移行するという決断を下すだろうな。

ogradyによれば、From Our "How To Break OS 8.5" File:と、MacO8.5で、もっともファイルを壊すソフトはMsword6だと言っている。

AppleTIL Updates (10/26/98)

xlr8yourmacによれば、IEEE-1394 (firewire) とUSB をPCMCIA standardに実装するという動きがあるそうだ。

xlr8yourmacによれば、(iDrives.com, and ICS, Inc.)iMac Drives Galore というドライブが出たようだ。これはmazenineスロットを使わず、マザーボードに半田付けもせずに、ねじ止めで15分でインストールできるらしい。ケーブルは拡張パネルから外に出す。これはSCSIもPCIインタフェースも使わない。スループットは16.6 Megabit/sであり、USBより早い。Syqest Sparq 1.0GB removable drive $299.95, 1.44 GB Floppy drive (sony drive mechanism) $99.95, 4.3GB Quantum Hard Drive $349.95.が接続できるようだ。(上記1.44GBは1.44MBの間違いだろうな)

98/10/26 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==914名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

今日は、海外サイトが全然ニュースがないので、・・・・・

米IBM社がSiGe高周波ICを発売、パワー・アンプICの効率はGaAsより5%低い
電流があまり流せないのかな?SiGeは超高周波アナログ技術ってことで、これまで、殆どGaAS、HEMTなどで造っていた回路に使え、しかも、LSIの作り方が使えるので、アナログディジタル混載LSIが容易に出来、携帯電話機向けに多チップを1チップに出来る。しかも、GaASのウェ−ハなど使わなくてすむので安価に出来ると言うことがメリットなんですかね。Power出力段には効率が落ちると言うことですが、5%位なら良いんじゃないの?パラレルではだめ?

CorelがWordPerfect 8 for Linuxの無料ダウンロードを開始へ 無料だったんですね。

毛先なども正確に切り抜くソフトウエア「Ultimatte KnockOut」 すばらしい。女性の写真で髪の毛がばらついているとき(風になびいているとき)に背景と髪の毛を自動的に分け、切り出してくれる。

「Clik!フラッシュ・メモリー・リーダー」発表

今日は、風邪気味。

98/10/25 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==898名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

mactimesG3-Proの想像図が載っていた。 G3 Pro: A True Artist's Conception
でも、以前噂にあった「流れるような」とか、「なめらかな」とかの形容には、まだ足りないような気がします。私の予想はシリコングラフィックスのケースのような感じですが。・・・

mactimesに、iMacFloppyという紹介があった。これは、フロッピーの代わりに3MBの領域を無料で提供しているものだ。もちろん、iMacに限らず、PC間とのデータ転送のバッファーエリアとして使用できる。この会社は、geocitiesと同じくバナー広告でやっているようだ。

cnet News.computingによれば、 Corel revs Linux strategy で、CorelがLinux戦略を強力に推進し、Linux版のWordPerfect8Personal Editionを11月には出し始めるようだ。

cnet News.computingApple's 5-step recovery plan に面白い話が・・・
仮CEOスティーブ・ジョブスは、3Comから新しく発展している市場に再参入する、その努力の部分として、PalmPilotプラットホームを買うようにアップルが試したと、フォーチュン誌に言った。
ってことが面白いですね。買えなかったのですね。    も一つ。
あのラリーEllison氏が同誌に言ったことで、2〜300ドルで売られるlaptopコンピューターとPalmコンピューターを開発している。そしてこれが、「マッキントッシュ基礎」に基づいていると言ったらしい。ラップトップとパームコンピューターと言う風に2機種ですか。噂としても楽しみ!!!
貯金貯金!!

maccentralの噂によると、iMac Rev. B ships with RAGE PRO; 6 MB VRAMと、iMacのマザーボードrev.Bでは、グラフィックメモリが2kara6MBになったようだ。RAGE IIをRAGE PROに変えたのは既報だが。・・・Power Macintosh G3のProラインで、この5月マザーボードアップグレードを実行し、RAGE IIをRAGE PROに置き換えている。
結局ゲーマーなど高速グラフィックを要求している市場を認め、RAGE PRO+6MBとアップグレードした。QuickDraw 3D RAVE技術で動く大多数のソフトウェア群をスピードアップする。

xlr8yourmacによれば、PowerMac G3 で4MB SGRAMがうまく動かないときがあるとか。
1600x1200モード では、2MBしか使われないような感じですか。

xlr8yourmacによれば、先日発表されたIBMの14GBの2.5インチHDDでの互換性を予測できそうな下位機種の報告があった。MCE社(Mac Components Engineered)社 のIDEページによると、Travelstar 8GS IBM 8GB (IBM-DYLA-28100)は、PCカードで外部に拡張すると、new PB G3 Series, PB 5300/190 and Duo 2300などで動くようだ。内蔵は、17mmという厚さの点で無理。14GBのHDもにたようなもんでしょうね。

パイオニア,4.7Gバイト「DVD-RW」技術を発表,青色レーザで再生も確認 しかも、片面4.7GB相変化です。

富士通の中間決算、「汎用DRAM事業は限りなく縮小していく」 半導体工場をリストラし、DRAM生産拠点の英国ダーラム工場とマイクロプロセサの開発拠点:米国Ross Technology,Incを閉鎖するとか。きびしいですね。リストラ費用810億円!!!

 

98/10/24 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==898名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、Mac06 : A Taste of OS X があった。「Mac-Oh-Six」(POSIX上の遊び)は、OSのインストールの面倒さを解決するとか。Mac06はMac OSのためのPOSIX-互換性を持つUnixレイヤーである。Bootし直さなくてもunixが使える。
 特徴として、HFSを使ったUNIXライクなファイルシステム。
 POSIX コンパチなlibc.a、#includeヘッダが使える。
 sh, ll, cd, cat, xd, echo, find, fgrep, ..などのようなコマンド群
 Think C/Symantec C++ でアプリケーションが書ける。
 /dev/console, /dev/tty がterminal windowsに割り振られる。
 /proc and /vol file system

MacNNによれば、 beta of the iMac USB drivers とKODAKがUSB通信が出来る DC220 , DC260 Zoom Cameraのドライバーのベータ版を出したようだ。iMacにつなげられると宣伝している。しかし、現在はiMacのMacOS8.5でだけ作動するとか。

MacNNが、元々多かったニュースページがいつの間にか2ページになっていた。そこで見た話。
iMacs (Rev B)でリセットが改良された話が昨日出ていたが、古いiMacへの回答 iButton を10ドルで出したようだ。回路的には簡単ですから、そのうちtakさんがやってくれるでしょう。

◆ GPSy 3.20 :Mac用ハイエンドGPSソフト。新しいリリースでは、日本の地図が付く。他。

maccentraliDrives offers non-USB external HD, SparQ, floppy for iMac によると、iDrives社がUSBでないiMac用の外部記憶装置を出すようだ。
現在4.3 GBHDD($349.95)、SyQuest SparQドライブ、外部フロッピードライブがあり、iMacと互換性があるとか。どんなインターフェースを使っているか、この会社はまだ明かしていない。
ま、簡単に考えれば100MbEhternet経由ですが・・・?
まさか、Appleが禁止しているmazenineの160PコネクターにSCSIとかの拡張ブリッジボードでもつっこんで、外に引っぱり出すんですかね?
ifloppydriveでは、SOLDERLESSで、しかも流行のケース、完全なインストール手順書と保証付きということと言っている。Appleの許可が出たのだろうか?保証とは?

maccentralによると、InsigniaはMac市場での売り上げが168%伸びたそうだ。UNIX市場では平年並みで、Mac市場からの収入が全体の54%だったそうだ。

xlr8yourmacによれば、(5月頃のニュースでは11月に出ると噂だった)Conley SoftRAID 2.1がとうとう発売開始されたようだ。これは旧製品がMacOS8.5で動かないとされていたのを対応したもの。
MacGurusで、オーダーを受け付けている。秋葉館あたりで輸入してくれないかなーー!

ogradyに、P1 Screen Design Possibilitiesの記事があり、面白い写真があった。
pdadashに出ていた、 Vandem の Windows CE-ベースのClio だ。これって、かつて噂にあったAppleの次期コンシューマーポータブルなどの回転するLCD部ってやつの一つの実現方法ですね。しかも、Win/CEそのもの。しかも薄い!!!!Appleさんはこれを見て悔しがるのだろうか???

ヒューレット・パッカードが、Linuxを製品に搭載することを検討とか。
http://cnet.sphere.ne.jp/News/1998/Item/981024-4.html?mn

 

98/10/23 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==898名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、Rev. 2 iMacs sport improved graphics, reboot fixの記事で、iMacの第2版での改良が、グラフィックスとリブートを改良したらしい。Columbusマザーボード第2版では、PowerMacG3と同じ、フルRage Pro graphics(これまでのRage IIcでなく)を載せたようだ。また、iMacが暴走したときに出来なかった、Command-Control-Powerキーによるリスタートが、ハードバグだったらしく、直されたようだ。やっぱり!!変だと思ったんだ。takさんの調査にもありますが、iMacのキーボード上のPowerkeyは、USBの2個の信号線を片方は0.7V近辺に弱く吊ってあり電源入れるときにはGNDに短絡させ、もう片方を電源側につり上げる回路になっているので、iMac側ではコンパレーターなどの回路で検知でき、これをCUDAチップに入れて、CUDAチップがiMacのPPC750をリセットするようになっているはずだった。すると、PPC750が暴走していようがCommand-Control-Powerキーでリセットできるはずだったのだが、出来ないとAppleは言うし、実際やってみたが不可能だった。で、変だなーと思っていたんです。ようやく謎が解けた。まさかこんな簡単な回路でバグがあったなんて思わなかったもんなー!

◆ 、Yosemite revelationsとヨセミテの暴露記事というのがあった。
ヨセミテには、明白にAGPがついていない。AGP は1x や2xではあまり面白くないのか、Appleは4x AGP (266Mhz)を、1999年には新しいMac(後継ヨセミテ)に載せて出すかもしれない。
標準の32bit、33Mhz PCIスロットと一つの66Mhz PCIスロット付き。100baseTイーサネット。
Ultra2 SCSI、FirewireとUSB内蔵。4Mbit IrDA内蔵、これはPalmPilotユーザとPowerBook所有者のためのビッグニュースだ。「公式の」フルハイト拡張ベイが2個。ケースのてっぺんに追加HDのために場所が確保されているかも。最初のバージョンが333MhzPowerPC 750、450Mhzがすぐに続くだろう。
バス速度は、伝えるところによると66と83Mhz。100Mではないかもしれない。バックサイドキャッシュは、1 MB(2:1ユニット)。

 AltiVec performance numbersで、AltiecとPPC、Intelとの性能比較表があった。
Video : H.263 Functions 、Audio : Dolby AC3 Functions 、3D Graphics 、Image Effects 、Communications (Modems and Telephony)、Miscellaneous Small Kernels などによる比較がある。
例えば、Bilinear Interpolation Part of Texture Mapping: Pixel color determinationでの比較は、
             Altivec、 PPC750、pentium-MMXの順で、
 128 x 128 pixels 26.7 / pixel  6.4    66 cycle

MacNNに、Mac OS 8.5での data loss and hard drive damage 問題が報告されている。UMAXの Very Rare: Hard Drive DamageFWB HDT 2.5.3 Updater で対処されるとか。また、AppleのPWBも問題があり、version 3.5d4 のShell とToolServer、および new Golden Master (v3.4.3) で直ってるようだ。

MacKiDoに、 AltiVec versus KNI があった。KNIはMMX2-Penちゃん。膨大な行数(9ページ)なので、摘んでくる。
両方とも、SIMD Vector Processorだ。

MMX2:2GFLOPS/2GOPS(500MHz)   Altiec:3.2GFLOPS/12.8GOPS(400MHz)
MMX2:30〜40W            Altiec:10w (Max)
面積も8倍はMMXが広く必要

MacKiDoに、 PowerPC 630 があった。IBMの Power3 chipで、64 Bit PowerPC「630+」だ。
Spec値は 30/70 (int/float) をオーバーする。
これも、銅SOI技術0.18μプロセスで、これまでの0.29μm200MHzから、600MHzにした。
Power 3 のロードマップ:http://www.redbooks.ibm.com/SG245155/5155c23.htm

日経BP BizTechエレクトロニクスによると、パイオニア、4.7Gバイト「DVD-RW」技術を発表---青色レーザで再生も確認

日経BP BizTechエレクトロニクスによると、ソニー、20Gバイトの書き換え可能な光ディスクを試作

米Quinta社、「OAW装置」の順調な開発を強調 11月には「COMDEX/Fall98」にSCSI版を実演とか。

IBM touts 14.1GB notebook drive ノートブック用の14.1GBのハードディスクが出てきたようだ。

98/10/22 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==891名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

MacKiDoに、 Pipelines と言う記事があった。パイプラインの実装手法の違いによって、同じクロック周波数の別種のCPUが違うパーフォーマンスを出せるかの理由の一つが説明してある。要するに450MHzとPenちゃんと、300MHz程度の750がなぜ同じ以上早いの?っていう理由ですね。

MacNNによれば、 ix3D UltimateRez video がvideoを使うときクラッシュする問題がMacOS8.5で起きるようだが、 Mac OS 8.5 Updated Apps にあるix3D 1.005.1 でアップデートできる。

しかし、このMac OS 8.5 Updated Apps には、いっぱいソフトのアップデータ情報が詰まってますね!。

maccentralによると、 Apple System Profiler 2.1.2- が出ている。

mactimesに、 Mac OS 8.5 issues on UMAX SuperMac があり、MacOS8.5やHFS+とSuperMacについての記事があった。
 ● UMAX's statement on Mac OS 8.5
 ● Information on HFS+ and SuperMac computers
 Hard Disk Toolkitは2.5.3、 IX Micro Twin Turbo も4.0.6にすれば少々の問題も無くなるようだが・・・・

mactimesに、 The iMac 300 と300MHzのiMacについて書いてあった。コラムニストの希望性能だが・・・
また、Tiny iMacと言う予想もある。モニターをはずした薄型ケースだ。これも良いですねLCD付けられるし。

macfixitによると、MacOS8.5とAnarchie Proはコンフリクトするようだ。

webintoshによれば、NECがMac にも使えるLCD Monitorを、US$999で出したようだ。
MultiSync LCD1500M、〜1024x768、4 USB port内臓、スピーカー内臓。

webintoshによれば、 Exclusive Mac Gaming Newsで、Inside Mac Games( IMG )が、マッキントッシュ用の新しいゲームグラフィックボード「MacMagic Pro」と「MP 850」を載せていた。11月12日にドイツで公開されるようだ。
ご存じのVoodoo2のチップセットの技術で、燃えるような速い2D/3Dパフォーマンスを提供する。
MP 850は、創造的な専門家のためのハイエンドパフォーマンスを提供するもののようだ。
 ●128 bit architecture
 ●Banshee - High performance 2D/3D accelerator chip set
 ● 250 MHz pixel clock
 ●16 MB SG-RAM
 ●2000x1124、millions of colors
 ●digital TFT対応
 ●GlideとRaveをサポート
 ●USD 299

xlr8yourmacによれば、Beta RAVE drivers for Game Wizard Voodoo II:とドライバーのベータ版が出るようだ。
http://www.microconversions.com/gwizard_dl.html

Mac The KnifeOctober surprise が出ている。
iMacの改良版の噂が出ていた。ビデオRAMが2から6MBに。1,024 by 768 pixelで24-bitカラーができる。
Rage Proグラフィックスコントローラーは、現在のRage IIファームウェアを置き換える。56-Kbyteモデム、改良されたROMファームウェアとPageMill 3.0とEdViewインターネットSafetyキット1.2.1のバンドルなどなど。
G3 all-in-oneを置き換える、教育市場向けの新しい2機種「先生ステーション」と、「生徒ステーション」の話。
各々266 MHzのG3プロセッサ、4-GBHD、CD-ROMドライブと17インチのモニター、10Base Tイーサネット。エントリ-レベルバージョンは32MB-RAM、ハイエンドのモデルが64MB-RAM。とか。

macweekOnLineによれば、 Med?a's VideoRaid goes Mac ってのがあった。
デスクトップ-ノンリニアビデオ編集システムはPC市場では出ていたが、ようやくMac用にも来年一月出てくるようだ。http://www.medeacorp.com

ogradyによれば、PPC-Upgraded PowerBook 500 Will Support 8.5とか。ユーザーが動かしたようだ。

ogradyに、IrDA, RF, Bluetooth?ってのがあった。bluetoothって会社では無線通信のネットワーク機器を開発しているようだが、ポータブル機器に必須な機能としてIrDAだけでは弱く、やはり無線が欲しいところだ。赤外線は光なので直線的にしか進まないので、ちょっとものに隠れると届かなくなるし、無線に比べると、現在は変調周波数の範囲が全然低い。無線では室内程度の範囲で良いので微小電力の電波で良くスペクトラム拡散方式などでやれば十分な速度とチャンネルも得られる。IrDAは極短距離の通信に特化して生き残るだろうと思う。コストは量産を待つのかな

98/10/21 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==890名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、IrDA Lives!と、これまで、PowerBookなど向けだけにしか生き残れないと噂されていたIrDAが生き残ってて、Lombard/101 PowerBookだけでなく、コンシューマーポータブルや、ヨセミテや将来のPriLineなどにも向けて開発するよう、Steveから指示があったようだ。

◆ iMac Revision 2 motherboards shipping?とかで、iMacのマザーボードの改訂第2版を載せたiMacが出荷されているようだ。
 M6709LL/B iMacは、Rev. 2 Logic-Board (661-2113) とRev. 2 Processor Card(661-2112)が付いていたそうだ。Rev2Logic-Board はRe1とはコンパチではないようだ。
Appleでは確認できなかったらしい。

◆  Mac OS 8.5 の売れ行きがよいせいか、辺鄙なショップでは供給がタイトになっているようだ。

◆  LinuxPPC.org が、 PowerPC向けのLinuxのいくつかの次期Ver.を出してきたようだ。
一つは、100MB以下とスリムダウンした小規模のもの。それから、「生きている」CD-bootableなバージョン。これはインストールしなくてもCDからBootでき簡単にLinuxを試すことが出来る。
また、少し後に、3番目のリリースが出てくる。そいつはBootやインストールが非常に簡単になっているとか。

Macお宝鑑定団に、MacKiDo の”G4に関する記事 ”が細かくまとめられていた。

以下に、MacKiDoにあった表に追加書き込みをしてみた。

CPU
G4-Altivec   (PPC-850?)
Clock 400-600 MHz
Size 1050万トランジスタ
.22μm HIP5プロセス
Copper 配線
チップ面積:83 mm2
電源電圧
消費電力
1.8v
8W
Cache 1次キャッシュ:命令32KB/データ32KB
L2 キャッシュ:2MB 、1MB、512KB
内部機能

Total 7 ユニット
----------
2個の 整数演算部
Load/Store部
分岐/ System部
1個の 64bit浮動小数点演算部
AltiVec (ALU)部  4本同時にsingle(32BitFloating演算が可能)
          または、16本同時に整数演算が1クロックで計算出来る。
AltiVec (Permute) 部

----------他の機能

バス幅:128Bit可能
L2キャッシュバス幅:128Bit
SMP:5-State MERSI standardをフルサポート。SMPのためのチップ間スケジューリングを、
ハードウェアで行うが、これのステートマシンが5段階(M,E,R,S,I)の状態を持つことを意味する。
これにより、チップ間の超高速通信までも可能となっている。
G3はMEI、604はMESIだった。

 

 

予定出荷日 1999 年初頭

xlr8yourmacに、IBMの10月15日のフォーラムに参加した匿名投稿者の記事があった。
IBMの次期750チップのコード名「Glacier」の話がある。Mac the Forkの言うとおりですね。
SOI 、Copperを使用した500 MHz〜のCPUが1999年第4半期から量産し出てくるとか。
また、CPC700というチップセットも来月出てくるらしいが、これはPPC60Xバス向けだそうで、しかも将来750に統合される(integrated in)とか。なるほど。macintouchにも、 microprocessor news が・・・

xlr8yourmacによれば、Adaptecが、2940,2940U2W,3940 PCI SCSI cardに関する、新しいMacintoshサポートページを作ったそうだ。 http://www.adaptec.com/support/overview/macintosh.html

AppleTIL Updates がある。

98/10/20 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==887名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、Appleは、iMac Mezzanineスロットへの見解を再度公式に出したようだ。Appleの従業員とオーソライズド小売店に送られた文書によると、ユーザーの使用にもサード・パーティーの拡張ボード開発にも、使用されないことを勧めるとのこと。

macosrumorsによると、OS X Server GM?とかで、Mac OS X Server 1.0 Golden Masterのサンプルが、選ばれた数社のRhapsody開発者に配られているという噂があった。

MacNNによれば、三菱のLS-120 SuperDisk drive がPowerBook G3向けに$220で出たようだ。

FinderPop 1.7.3 がMacOS8.5コンパチで出てきたようだ。

cnet News.computingによれば、 Toshiba debuts new flash chip とかで、東芝も256Mbitフラッシュメモリーチップを開発したようだ。256-megabit NAND EEPROM。 $75
これで、32MB SmartMediaができる。1999年から量産するようだ。

cnet News.computingによれば、HPが unveils Jornada handheld を発表したようだ。
Jornada 820, wide-screen handheld computer。Windows CE。
$999。 9.7" x 7.0" x 1.3"、 2.5 pound。 8.2-inch LCD、ブートが早い。
190-MHz StrongARM。56-kbps modem。バッテリー寿命15時間。てな感じです。

maccentralによると、Report: Apple is nation's largest educational hardware vendor と言う記事があった。アメリカの教育機器市場で1997年度のトップシェアだったとか。

maccentralによると、 Lucent wireless networking available for the Mac だとか。
IEEE 802.11-WaveLAN 、Type 2 PC-Cardスロット用。1,000 feet届くとか。
Lucent's WavePOINT II bridgeを使い、Ethernetと無線をリンクさせる。
Apple向けドライバーは、ここ( http://www.wavelan.com )で来月から出てくるとか。

Mac the Fork が更新されていた。10/19 Glacier
現在開発中の、LoneStarの後継PowerPCは,コードネーム「Glacier」で、銅配線、SOI、SiGeを使うとか。(ほらねーー!)一部っていってるから、たぶんPLLまわりだと思うけど。
LoneStarが500MHzでの歩留まり率が5%以下から85%ですか、すごいですね。
IBMが上記CPU向けのチップセットとして「CPC700」を来月発表するらしい。でも66MHzとかで、余りぱっとしないなー。CPUバス間通信速度は超100MHz出来るんでしょうか?DRAMはこれじゃあ遅すぎる気がします。
しかし、モトローラはIBM開発のAltiecをライセンス生産しているのにすぎないと言う話なのに、Appleは目先のコストダウンしか目に映らず、モトローラを選んでしまったのかなー??
IBMだからこそ、銅、SOI、SiGeなどの新技術のCPUが入手できるのに、モトローラにばっかり頼ってると68系の二の舞にならなけりゃいいんだけどなー。

 

98/10/19 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==876名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

xlr8yourmacによれば、More Cheap USB PCI cardsがあった。Entegra 2 port USB cardが、$39.95で、一応動くが、Connectix QuickCam VC and ATI's Video Digitizerとコンフリクトを起こすそうだ。

macsonlyによれば、Netscape Communicator 4.5 がdownload 出来るようになったようだが、Final Strong Encryption (128bit) 暗号化が128bitと強化されたバージョンのようだ。koremadeha,40bitとかだった。

日経BP BizTechエレクトロニクスによると、英ARM、ベクトル演算ユニットを追加し600MFLOPSを実現 とか。
 英ARM 社は、新たに浮動小数点演算をベクトル演算ユニットを追加することで強化し、400MIPS、600MFLOPSの性能を実現したマイクロプロセサ・コア「ARM10Thumb」ファミリを出した。今後、これを核としたLSIの展開を各社やっていけるようになる。

日経BP BizTechエレクトロニクスによると、 米IBM、CuとSOIを組み合わせたASICのロードマップを発表 とかで、Cu配線とSOI(silicon on insulator)を両方組み込むASIC「CMOS8S2」を発表したようだ。0.15μmルール、内部動作の電源1.5V、外部電源は2.5Vと1.8Vも可能。
銅配線の第一世代は0.18μだったが、今回のものは0.15μと第2世代である。
ASICをこのように展開しているが、この技術はG4以降のCPUにも当然使われるのでしょうね。
将来のPPCのシリーズがどのような製造技術で作られる可能性があるか、高速化の種がどんなのがあるかなって想像をいろいろさせられます。

日経BP BizTechエレクトロニクスによると、 「インターネット・チューナ」LSIの開発を東芝が完了 とかで、民生機器のインターネット接続を容易にするLSIの評価用チップを完成したようだ。これまではソフトで接続やパラメータ設定などいろいろあったが、これを専用回路化しインターネットの接続作業を簡単に出来る。しかも、ハードでやるので、CPUに負荷がかからず消費電力が1/50になるとか。インターネットにつなぐ民生機器を開発するときにIPとして非常に重要な機能であり、脱PC家電インターネットを今後予想させられる一品だ。

日経BP BizTechエレクトロニクスによると、 カナダWestaim社のディスプレイは無機ELと判明 とか。
知らなかったが、1998年10月16日の日経産業新聞1面に掲載された「カナダWestaim Corp.の新ディスプレイ技術SSD(solid state display)」の記事のことらしいが、年末には17インチ型のフルカラー・ディスプレイを試作すると言ってるので、まあ、できれば面白いかも・・てなとこぐらいですね。何しろ、普及するには、価格を下げられるかですよね。

日経BP BizTechパソコンによると、 USNews●IntelがMicronに5億ドルを投資、Direct RDRAM開発を支援 とか。
DRAMメーカMicron Technologyの株式の6%5億ドルを取得し、Direct RAMBUS-DRAMへの開発、移行を促進したいようだ。

EBNによれば、 Microprocessor Forum: Embedded offerings wend way into mainstream に各社の組み込み市場向けCPUの話があった。
ARM のARM10 ThumbファミリーのARM10TDMIは、300MHzで400MIPSである。32Kの命令キャッシュと32バイト?のデータキャッシュを持つとか。Floating-MAC-array-unitを内蔵する。
日立のSH7729は、133 MHz で266 MOPS。これも、DSP拡張を持つ。
先日書いたIBMのPPC405だが、200 MHzでプロセッサ芯は228MIPSであり、CodePack記憶圧縮システムだが、殆どのアプリで、40%のプログラム格納メモリを削減出来るようだ。
motoro-laのColdFire(68000命令系統のRISC)はV4が発表された。ハーバードアーキテクチャーと一部superscalar技術を使い、150 MHzで200MIPSだとか。
NECの64bitチップV830Rは、16-Kbyte*2のキャッシュで、200 MHz、258MIPSである。
PPC750が500MIPSくらいだから、PPC405の228MIPSは、ポータブルには十分ですね。

98/10/18 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==866名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  


macsonlyによれば、CompUSAでiMacが特別価格で$200安くしているようだ。

◆、 Netscape Communicator 4.5 Final Strong Encryption (128 bit) Version がdownload できるようだ。


macsonlyのMac OS 8.5 Officially Introduced Today! に、MacOS8.5の各種Tipが、いろいろ載っていた。
 "PPP" control panel はなくなって、"Remote Access"だよとか、
8.5を入れた後アプリが動かなくなったときは、アプリを再インストールしろ とかとか。


xlr8yourmacの、Cheap USB PCI Cardによれば、これまではKeySpan's PCI USB cardが $76と高かったが、
Fry's Electronicsの広告によるとSIIG製のUSB-PCIカードが$25と安いそうだ。2 USB portを持ち、
Win98コンパチ。Macについては書かれていないが、下記URLのデータによれば、USB Specification
Revision 1.0 、PCI Specification Version 2.1 、OpenHCI Specification Revision 1.0a の
準拠しているのでほぼ動くだろう。
http://www.siig.com/prodinfo/usb/usbdual.htm
しかし、ここに載ってる値段は$69なんだけど、大安売りとかなのかな?日本じゃ関係ないね!
まあ、ここに書いたのは、このボードがMacでも動くとかが書いてないけど
(XLR8内部のsearchでサーチしたが見つからない)、OpenHCIなどに準拠していれば、動くだろうと思うので・
・・これまで2機種のUSB-PCIがAppleのソフトで動いたと言うことだし・・


MacNNによれば、 G3Strip 1.4 が10/17にUPされたようだ。ご存じ kykz's Software ですね。


IXMICROが、Apple G3-Powerbook用 Dual-Monitor接続できるRoad Rocketを発売!とか。


日経BP BizTechエレクトロニクスによると、
米Ball Semiconductor、単結晶Si球へのトランジスタ試作に成功 とか。
ようやくトランジスタが出来たところですか、難しいんですね。
3個のTrとアルミ配線だけの試作で、アルミが断線していたようだ。
球面への投射、エッチングなどだけでも大変なのに、今のウェーハー上のIC製造にある
CMP工程などどうするんでしょうね?どう解決していくかWatchしていましょう。


日経BP BizTechパソコンによると、 エプソン、新型デジ・カメで200万画素相当の出力を実現-
--プリント品質の向上狙う とか。カラリオ・フォト CP-700Z」を11月27日に発売するが、
1280×960ドットのCCDで130万画素である。しかし、Hypict(ハイピクト)というソフトウエア
による補間処理を開発し、画素間の色を補間して解像度を上げ、その後JPEGにするようにした。
これにより、200万画素位の解像度に相当するデータを得た。Hypictでは、色補正と解像度補正を
施し、1600×1200で記録している。残念ながら、この処理に18秒かかるが・・・。
11/15発表、11月下旬発売、8万9800円。光学ズーム35mm換算34〜102mm。デジタル方式の2倍
ズーム機能もつく。ISO90相当。内部の4MBメモリでは、Hiperモードで3枚。
コンパクトフラッシュ・カードを使える。


日経BP BizTechパソコンによると、 米AMD,マザー・ボード向けチップ・セットでD-RDRAMをサポート
とかで、着々とRAMBUS対応の開発が進んでいるようだ。


日経BP BizTechパソコン経由 PC Week にあった記事によると、IntelのMercedの遅れをRISC各社が
喜んでいるようだ。HPもPA-RISCを360MHzのPA8500を今週発表し、年末には440MHz版を、
PA-8600-560MHzを2000年に、オンチップキャッシュを増やして8700を2001年には出す予定とか。
Compaqは、次期Alpha21364を2000年には出すようだ。これには、2次キャッシュ=1.5MB、
Direct Rambusメモリーコントローラー、ネットワークインターフェースコントローラー
などを、0.18μプロセスのCPUチップに内臓してしまう。しかも、こいつは、
1GHzをたたき出す予定らしい。
ほら昨日言ったでしょ。「言いたい放談:ih128:ハラペーニョ??」で。
メモリコントローラーとネットワーク機能内蔵が必須と!!!


一方、MotorolaのG4に関しての情報もある。来年デビューするマルチメディア命令内蔵Altivec-G4は、
128bitメモリーサブシステムを採用し、2MBのL2キャッシュ間の通信速度は3.2GB/s、システムバスの
バスバンド幅は、1.6GB/sにもなる。これは100MHz*128bitですね。L2キャッシュは200MHzですね。

98/10/17 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==866名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

とうとう、MacOS8.5が発売開始されたわけですが( press releaseMacNNによれば、バグもあるようで、 Mac OS 8.5 with At Ease Mac OS 8.5 and SoftwareFPUToken Ring Cards No Longer SupportedLocalTalk Bridge 2.1 and LaserWriter Bridge 2.1degrade performanceIcon In Finder Windows' Title Bars などが報告されていた。

、ATTO Technologiesが、最新のアップデータ: ATTO ExpressPCI (UL2S)Ultra2 Firmware 1.3.1 を出したようだ。

MacNNによれば、ixMicroが Twin Turbo Driver 4.06 を出していた。video graphicsボードの QuickTime Accelerationのサポートと、バグfixをした。

maccentralによると、 MicrosoftもOS 8.5 Office patch を出したようだ。

MacCPU が、Apple G3用の400-MHz ZIF upgradeカードを11/1より出してくるそうだ。
400/200/1Mb が$1599、MacBenchは233MHz G3の2倍だそうです。

macintouchによれば、Tech Info Library にあった、preliminary 2940U2W update がでている。これによると、2940U2WではMacOS8.5が立ち上がらないとか。Shiftでの機能拡張はずしでも効かないそうでこのアップデータをかけないとだめなようだ。しかも、アップデータをかけるのにMacOS8.1で立ち上げる必要がある。(あたりまえか)

iMacInTouch に、iMac Clock-up の話が紹介されていた。いわゆるTakさんとこですね!

ogradyにも、PowerBook PDQ Upclockingで、PowerBook G3 Series233 を266MHzで動かしたそうだ。いわゆる iMac Tune-Up (Takさん) を参考にしたそうです。iMacとPDQのCPUボードは抵抗番号は違ったけど場所は同じだそうです。

 iMac RAM Problems の10/16の投稿文があった。64MBDRAMを挿すとき、まっすぐに入りにくいものがあるようだ。注意しましょう!

cnet News.computingによれば、 Advanced RISC Machines が新しいCPUを出したようだ。
ARM 720T, ARM 920T, StrongARM (Intel製)- Windows CE 2.11の、新しい Handheld Proバイジョンに対応している。HPもWinCEにARMの190MHzだかを使うそうだし。

maccentralで、MotorolaのG4チップについて、別の情報もあった。
 0.2μプロセスで、モトローラにとって初めての銅配線PowerPCである。CPU外部バスは100MHz。
G3と同じく、Powerセイビングモードを持つと言うことで、8Wながら、PowerBookにも使用されそうですね。MacOSXでは、Altivec-G4に最適化されるそうだし。期待できますね!

techwebにも、Microprocessor Forum: G4 To Add Bite To Macに書いてあった。
モトローラは、(G4がAppleですぐには使われないだろうが)最初、セットトップボックスなど機器組み込み市場向けに使用されるだろうと言う。GPS-box 内のSky Computerとか、通信における暗号化や解読にAltivec命令を使わない同じG4に比べ15倍もの速度でこなす。
マルチプロセッサーも可能であるが、更にこれまでにない新しい特徴が追加されている。これは、マルチプロセッサーでのCPU間通信で、メモリーを介さず直接CPU-CPU間通信が出来るようになって、50%もの時間が節約できる。

macweekOnLineによれば、 Speed gains, glitches in OS と言う記事でMacOS8.5について書いてあったが、MacOS8.5で、ようやく念願のネイティブコードにて全て書き換えられ、68Kコードが無くなった。それによって、グラフィック、テキストハンドリング速度が10%向上し、ネットワーク転送やAppleScriptが2倍以上早くなっているとか。MacOS8.5は680x0マシンでは動かなくなるのだが、PowerPC processor upgrade cardでも動かなくなると言う。pple DOS Compatibility cardも動かない。
Mac clones上では、Appleはオフィシャルには、動作するとは保証しないようだが、動いているようだ。
AppleScriptは、古いScriptは再コンパイルしなければならないそうだ。
SoftRAIDは動かず、SoftRAID 2.1は11月中旬に出てくるようだ。
ATTO Technologyは、ノートラブルで8.5で動くという。しかし、上記 アップデーターをMacOS8.0など上にいて実施した後でないと問題が出るようだ。なにしろ、host adapters とRAID softwareは、動くそうだ。こいつぁー助かる。

98/10/16 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==859名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macintouchによれば、IBM が昨日、PowerPC 405を発表したようだ。これは、コンシューマーポータブルなど用に向いているCPUである。これは200MHzで動き、たった500mWしか消費しない。(G3は5W)
このCPUには、MACが内蔵されており、高速演算を必要とする用途に向いている。MACとはMultipy & Accumulate Unitのことで、DSPに使われている方式である。ようするに、かけ算と加減算を並列に同時動作させることが出来、これを有効に使うと通常のCPUの演算部を使うより高速に演算が行える。これにより、ソフトMODEMやDiskコントロール、JPEG解凍など、高速演算を要求される処理を難なくこなすことが出来る。浮動小数点演算器も、CPUに直結で追加できCPUの実行パイプラインに組み込めるという。命令キャッシュ、データキャッシュとも16KBを追加できる。Ethernet、USB、SDRAM制御回路をオンチップで内蔵するとか。現在の200MHz版は、0.25μプロセスだが、IBMは続いて0.18μで267MHzを準備しているようだ。これだーーーー! これがコンシューマーポータブル用のCPU何じゃないのか!!!

私が、コンシューマーポータブル用CPUとして、しつこくSTRONG-ARMを捨てきれなかったのは、低消費電力だったのですから!!その当時、G3しか無く、しかも、5Wとかだった!一桁多いのでポータブルには無理がある。しかし、PPC405の500mWなら、OKですよ!あとは、命令のコンパチビリティはどうかというとこですね。400シリーズってG3などと、機械語が完全コンパチじゃなかったような気がします。ま、コンパイルし直せばいいように開発環境が出来ていれば、良いんですけどね。でも、もし、コンパチでなかった場合は、G3命令コンパチのPPC405派生機種をわざわざ作らせても良いような気がしますけど。・・・・

しかし出ましたね!!ついに、500mWのPPCが!しかも、ご丁寧に、Ethernet、USB、SDRAMContorollerまで内蔵ときたもんだ。しかも、MAC内蔵で!!Altivecのまねですね!
ようするに、MACとCPUの各種演算部が、別途並行処理できると言うことです。

cnet News.computingの、IBM revs PowerPC chip に同じことが出ており、更にびっくりすることには、CodePack memory compression systemってーものが載っており、メモリー上には、バイナリープログラムが圧縮ユーティリティーソフトで圧縮された形で納められており、この圧縮されて小さなサイズのプログラムを読み込んで、CPU内部でハード的に解凍し、命令群を解釈実行するものだ。
うーんすごいことになってきたぞ。圧縮率がどれくらいかとか、解凍にどれくらい時間がかかるのかと言うところが興味深いが、何しろ200MHzとかでCPUが動いてるわけですから、ほぼリアルタイムで平行に解凍しているんでしょうね。これで、メインメモリーとの間のデータ転送レートが、圧縮率分低くできる。もしくは、超高速CPUでのバス速度ネックを解消する一つの解法であることは確かだろう。

この辺も、言いたい放談したいなー!!

macintouchに、MotorolaのG4-Altiecの詳細の話が出ていた。現在サンプル出荷中で、量産開始は来年中旬。夏に出たFirstシリコンは、いくつかのOSが立ち上がったほどの出来具合だった。

  1. Altivec がフル実装された。
  2. PPC604より、改良されたマルチプロセッサ機構を内蔵。
  3. 現在のPPCと同等のダイサイズ:83 mm、消費電力で、1050万トランジスタ。
  4. 400MHz動作時の消費電力は8W以下で、モバイルアプリケーションに向いている。
  5. 現在のPPCの内部バスが64bit幅なのに対し、G4では内部バス、バックサイドキャッシュとも128bit幅であり、非常にパーフォーマンスが上がった。
  6. バックサイドキャッシュが、512K、1M、2Mを選択できるようになった。

macintouchによれば、 StarNine 社は、Mac OS X versionのWebStar serverの計画を発表したようだ。MacOS8.5バージョンの後に出し、スムーズな移行が出来るようにする。
Mac OS Xの特徴であるプリエンプティブマルチタスク、メモリ保護、仮想記憶の機能を使った、先進的なものになるだろうとのこと。

MacNNによれば、Micro soft が、Office 98 compatibility issues を出し、MacOS8.5に対するアップデーターが必要らしく、アップデータソフトは、10/17に Website で出てくるとか。

iMac a hot seller in Japan (Reuters) によると、iMacが発売後、日本で40000台売れたらしい。
40%が新規購入者、14%がWintelからの乗り換えユーザーだった。また50%以上が女性だとの話もあった。実際、TzoneMac館とかLAOX-Mac館とかでは、よく女性がさわってますね。「かわいいーー!」ってーとこなんでしょか。

macosrumorsに、The future of Apple displays が出ていた。
"Moby" and "Chablis."

macosrumorsによると、ヂベロッパーには配布されている"FireBug"は、未だ開発中だとか。これがあれば FireWire の開発に役に立つ。firewireのデータやパケットを見れる。

Mac the Knife: Fool's-gold mouthpiece が出ていた。MacOSXについて、これまでにない大量の説明文が・・・
あと、COSが、Palmtop iMac上で動いてる写真が、金曜日には出てくるらしい。
COSにもびっくりだが、なにこれ!??Palmtop iMacなんじゃこれ!iMac以外にpalmtop:手のひらサイズのiMacがあるの?>?>?>? 金曜日=土曜日の朝?日曜の朝?が楽しみ。

ogradyによれば、Adaptec Announces FireWire CardBus PC Cardと、 APA-8440 1394 to CardBus Adapter が発表されていた。400 Mb/sだ。

AppleTIL Updates が多く出ていた。

98/10/15 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==852名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

Takさんの部屋に、Takさんから、たっくさん情報が来ました。ごらんあれ!
 1.Kansasのバスクロックアップ
 2.Mach5プロセッサのコア電圧の変更方法

macosrumorsによると、小売店Best Buyでは、iMac販売量の12%がWintelユーザー、27%が初めて買う客、他がMacユーザーだったとか。AppleはiMacを最初の6週刊で278,000台売ったらしい。

macosrumorsによると、もう次のアップデートMacOS8.6の話題が出ていた。
8.5は、小売店向けにすでに出荷されているようだ。また、300MHzのiMac-proや、$1000以下になるiMacの噂があった。

MacNN、ロイターによれば、Appleは、Q4で15億6000万ドルの歳入で1億600万ドル、年間3億900万ドルの利益があると報告している。これは、1995年以後最初の利益の出た年である。預金量が23億ドルとなり、第4四半期で834,000のユニットを売った。
iMac販売の29.4パーセントが初めての客、12.5パーセントがWintelユーザーで、これらの40%の顧客がAppleにとっての新規ユーザーである。

Yahooによれば、 The Must-Have Upgrade として、AppleのMacOS8.5の発表があった。

MacNNによれば、MacOS8.5にmemory bug in AppleScript 1.3.1 というbugが見つかったが、すでに作業中とのこと。

cnet News.computingによれば、IBM preps $1,499 ThinkPad と、コンシューマーthinkPadを20万円以下で出してきた。IBMは一度コンシューマー向けで失敗しているが、今回はどうか・・・

HP has two-pronged chip plan で、HPのワークステーションやサーバーマシンを、HPの PA-RISC チップと、Intelの IA-64 "Merced" のどっちでも使えるようにするようだ。

AppleTIL Updates (10/13/98) で、大量のアップデートが出ている。

xlr8yourmacに、 Mach 5 vs Apple G3 PSBench tests page と、400MHzG3での各機種の Photoshop 5.による速度比較があった。

ogradyによれば、10/17から、PowerBookの価格が下がるようだ。

M7109LL/A PowerBook G3/233/512k L2 32/2GB/20CD/FDD/Enet/14.1/56K
US$2799  を US$2599
M7110LL/A PowerBook G3/266/1MB L2 64/4GB/20CD/FDD/Enet/14.1/56K
US$3499  を  US$3299
M7111LL/A PowerBook G3/300/1MB L2 64/8GB/DVD/FDD/Enet/14.1/56k
      US$4999  を US$4699


以下、Emailが来ましたので、ご紹介。ちょっと遅れましたが、ごめんなさい。
Akinobu Tsuchiyaさん、ありがとうございます。

Subject: Apple new CF
Date: Tue, 13 Oct 1998 09:40:07 +0900
From: Akinobu Tsuchiya <aki@jamming.co.jp>
To: danbo@tcp-ip.or.jp
CC: kwat@din.or.jp


いつも楽しく拝見させていただいています。さて、こんな私でも何かお役に立てればと、投稿します。

Apple が新しいCFを作りましたね。
http://www.apple.com/imac/theater/
で見ることが出来ます。ハエ男の Jeff Goldblumが例によってやってます。
この人Jobsに相当気に入られたみたいですね。

完璧に正確ではないですけどこーんな感じです。
{e-mail}
So you know, it seems to be like a big party going on these days. Everybody
says,
"What's your e-mail address?" "What's your e-mail address?" "Hey, everybody
wants to e-mail you." "I..., I donユt have any e-mail. What's this?" You
know like that. And you feel left out and you could confused and it's too
expensive. Something now the good news is computer is so easy. 10 minutes
out of a box on the internet. E-mailing everybody. You are a part of the
party. It is as easy as, you know, licking a stamp.

最近すっごく流行ってるみたいだね。「E-mailアドレスはなに?」「E-mailアドレス
はなに?」「ちょっと、みんな君にE-mail出したいんだよ」「あ-ぼく..E-mailって
もってないもん。それってなにさ?」てなかんじ。一人仲間外れだし、どうやったら
いいかわかんなくなちゃうし、高いし。でも今はいいニュースがあるんだ。コンピュ
ーターってめちゃ簡単。箱から出して10分でインターネットやれちゃうし。みんなに
E-mailだせちゃうし。みんなの仲間に入れるし。それって切手舐めるくらい簡単なん
だ。

{Beige}
Hey, they have asked everybody what their favorite color is. I'm sure you
have, and people have asked you the most interesting question. But. How
many times you said "beige". Never. Because it is one of the worst colors.
It's hardly even a color. It's like oatmeal or sand is nothing. Beige is
boring's brand. Not computers. What in the haven's name have people made
computers before never done anything but beige. That's nuts. That's nuts.
Have they been thinking jail? That's crazy.

ねえ、みんな人に好きな色は何って聞いたことあるよね。あなたが人に聞いたことあ
ると思うし、あなたもその面白い質問をされたことがあるよね。でも、何回「ベージ
ュ」って答えた?一度もないだろ?だって最低な色だからね。色っていえたもんじゃ
ないよ。オートミールや砂が最悪てのと同じ。ベージュはつまんない物の商標だね。
コンピューターはそうじゃなかった。なーんでまた、いままでコンピューターをベー
ジュ以外の色で作ったこと無かったんだろう。最悪だ!最悪。刑務所をイメージして
たのかな。ひどいね。
******************************
* Jamming Systems *
* Akinobu Tsuchiya *
*   aki@jamming.co.jp *
* jamming@japan-net.ne.jp *
******************************

98/10/14 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==846名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

Akinobu Tsuchiyaさんの投稿によると、G3 MT333をクロックアップして、なんと400MHZで動作するようです。G3 DT266 (M6509J/A)最新機種では、315MHZで動くそうです。全文がTakさんの部屋に。

macosrumorsに、Consumer portable update のちょい詳しい話があった。

 速度をアップしたiMacや、いろんな物を内蔵し見てくれの悪いPro用Mac、なめらかな新しいPowerBookなどと共に、Consumerポータブルは、Appleのプロダクトラインの王冠宝石となるかもしれない。そして、そのボトムラインの為に、小さくはない貢献を果たすかもしれない。

◆ アップル1/4期決算予想があった。株は42〜45ドルだろう。iMacの販売量は、42.5〜55万ユニット程度とか。

◆ -) Fear the iMac!  という、面白い投稿があった。この話で、Macユーザーはほほえむだろう。
 この話は、IBMPCのサポートに入った話らしいが・・・

MacNNによれば、 Steve Jobs October 14 Event があるらしく、衛星放送されるとか。

MacNNによれば、Lucent社が、PowerBookにも使えるWaveLAN networking cardを出したようだ。

macweekOnLineによれば、 SF Expo agenda set とかで、
来年1月4日に、 San Francisco のMoscone Centerで、開催されることが決まったらしい。
テーマは: "The future here and now."

 

98/10/13 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==842名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

Count Mac が更新されていた。 SuperCard 3.5

macweekOnLineによれば、 Tektronix preps new printers だとか。
$2000以下のタブロイドサイズのカラーレーザー1,200 dpiのPhaser 780だ!
13-19 inchの用紙に11-17inch にプリントできる。レターサイズで4PPM、タブロイド版で2PPM、白黒で16PPMである。アドビPostScript 3とPCL 5Cインタープリタを内蔵する。オプションは、10/100Base Tイーサネット、SCSIインタフェースと外部HD。
ハイエンドのPhaser 780/Pは、128MbytesRAM、SCSIインタフェースとICCプロファイル。$7,000
midrange Phaser 780/GNは、64MbytesRAMで、6,000ドル
5,000ドルバージョン(Phaser 780/N)は、32MbytesRAM。1,200 by 600 dpi.。
ビジネスカラープリンター市場向けには、Phaser 840 固体インクプリンターと、レターサイズレーザー・プリンタのPhaser 740のシリーズをだす。PostScript 3とPCL5Cインタープリタ、イーサネットとパラレル・インターフェースを内蔵する。840 はUSBも持つ。など。

MacNNによれば、Compaqは、iMacに対抗すると宣伝する $699 PC を出すようだ。

xlr8yourmacに、XLR8 MACh Speed G3/400 Reviewがあった。400MHz、バス速度50MHzで安定しているようだ。 シリアル番号001のG3-400MHZボードを、PM9600/350と Genesisでテストしたようだ。また、Thunder 3D cardも動いたようだ。

macintouchによれば、 Eudora Pro 4.0.2 が出たようだ。Read Me にbagFix情報がある。

cnet News.computingによれば、 IBM advances chip speeds とかで、SiGe技術を実用にしたIBMは、短期的には、無線周波数チップでIBMに足場を与える。長期的には、microprocessorsに革命を起こすポテンシャルを持つと、ウィリアムシュトラウス(Forward Concepts社の社長)が、言ったとか。Intelが1GHzだとか言ってるが、SiGeでは50GHzだ、IBMの銅配線技術より、重要な「速度の革命の増加だぞ」とか。まあ、SiGeをCPUに使うのには数年以上かかるだろうが。少なくとも競合他社に対して9〜12ヶ月は先行しているとか。SiGe技術は、これまでのGaAS技術と違い、既存の8インチ-シリコンチップウェハーのプロセスの延長でで製作出来ると言うことである。

ogradyによれば、Apple Web Page Construction Kit 1.0が、これまでApple Education Resellersでしか扱っていなかったが、一般 に供給されることになったようだ。ドキュメント:QuickFact

 

98/10/12 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==840名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

Mac the Fork が更新されている。10/11 ISSM
  G3/400MHzの話とか、750/0.18μの533MHzと600MHzSRAMの話!!!
この辺に付き、緊急言いたい放談しちゃいましょう。ちょっと言いたいことがある。

 ogradyに、次期Powerbookの名前とコード名の由来の噂について書いてあった。今までLombardがサンフランシスコのLombard通りなのか、ロンドンの通りなのか、と言う話であるが、moniker ("101")ってのも、サンフランシスコの101号高速道路(ぐにゃぐにゃ曲がってるとか)の名前じゃないかと言う話。しかし、iMacのデザイナーIveはLondonの出だしなー・・とかの話だった。

cnet News.computingによれば、AMDがDirect-RAMBUSのライセンスを取ったようだ。これだと、転送速度1.6GB/sが得られる。

シャープ:ザウルスのソフト開発コンテスト!、賞金は50万円? 日経ソフトウエア

土曜日に、秋葉原に行って来たら、Tzoneなどでも全然並ばなくてiMac買えちゃう状態だった。又我慢した。MacAllyのUSB-iMouseを売ってたが、7000円弱だった。USB-HUBなんて1万弱。きついねー。

 日立製作所が、空調、機器冷却用ポンプの動力損失を低減する技術を開発(10月6日)したそうです。
 これは凄い。冷却水にある種の界面活性剤を入れて管摩擦係数を低減し、流れをところてん状にすることで、25%モーター動力を小さくできた。および、粒径0.5mm位の潜熱型マイクロカプセルを混入させ、これによって、熱輸送密度を2倍向上させたらしい。こりゃ凄いことですよ。


10/11は、お休みしました。MO8.5Rとかにはまって、日曜日は殆ど探してたんですが、Netscapeが丸走したり、そのときまでに見つけて、カウントされてたスタンプが、無効になったりそれがどこだったかわからなくなったり、いろいろ大変でした。2個ぐらい再度見つけられなくなったのが・・・。

おかげ?で、211位で59個。

ようやく、MacOS8.5Rallyに参加できます。今朝届いたんで、スタンプ貼ってみました。

 

98/10/10 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==838名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

MacNNによれば、Thursby SystemsがMacOS8.5にコンパチの DAVE 2.1 を発表していた。
UpGradeダウンロードなど準備されているとか。

MacNNによれば、Mac-the-Knifeでも同様の話が出ていたが、匿名情報があったようだ。
1月のMacWorld SF '98 でiMac-300MHzや、 DVD player/decoderや、他の「良い物」などが出てくるとか。次期iMacは、メディア拡張ベイやビデオ出力がつくだろうとのこと。
しかもうれしいことには、クリスマス頃には、現iMacが$999になったり、iMacProの発表があるらしい。

MacNNによれば、Intech softwareのHard Disk SpeedTools 1.5.1がMacOS8.5対応erが出たようだ。

macintouch,PC Weekによれば、MODEMといえばHayes だった、あのHayes Corp.が、
なんと、 bankruptcy !先週、破産していたようだ。

maccentralによると、10/8:G3 Servers selling fast- replacing NT boxes と言う記事があった。iMacの売り上げに率いられているだけではなく、Win/NTをリプレースして、G3 Serverの売り上げがのびているそうである。現在Apple Storeや、MacMall, CDW, Club Mac, MacConnection--などのリセラーなどでも、殆ど在庫切れで数週待ちのようだ。
"NT-killers."になれた一つの要因は、NTの多様な問題が原因らしい。ユーザは、NTサーバーを購入して、NTサーバーの多数のテクニカルな問題と高いメンテナンスコストに驚いており、また、AppleShare IPの最新のバージョンは非常に出来がよく、AppleShare IP 6が備わっている新しいG3サーバーへ移行しているということらしい。このサーバーマシンには、Web, File, Mail, FTP, Print serverなどを構築するのに必要な、LANとインターネットサービスの完全なセットを含んでいる。
もちろん、Windowsのファイルシステムとのファイル共有は当然内蔵している。

cnet News.computingによれば、 1000-MHz chips on tap for Intel だとか。
インテルが、1000MHz迄のCPUのロードマップを出したようだ。
ハイエンドのPCサーバー向けのチップ、コード名「Foster]は、デスクトップターゲットの32Bitチップ「Willamette」に構造が似ており、2000年〜2001初頭に出てきて、1000MHzかそれ以上のクロックで動作する予定らしい。P5,P6と言う言い方からすれば、P7に相当するとか。
Fosterの特徴は、「より長いパイプライン」と「命令トレースキャッシュ」である。より長いパイプラインは、各命令の内部動作をより細かく分けてパイプライン並行処理でき、より高周波数動作が出来るようにする。32ビットも64ビットのチップも、キャッシュをCPUに直接内蔵する方向に向かうようだ。
2000年中頃出てくるMercedの2倍のパーフォーマンスを、McKinleyは1000MHzでたたきだすよう計画されているそうだ。32-bit Foster と64-bit McKinleyは0.13 μプロセスらしい。

Mac The Knifeの、Monster mash によると、10/17にAppleは新しい価格表を出すが、うれしいことにはPowerBookの価格が下がるらしい。また、SCSIを標準付属をやめて、USB、IDE、FirewireにフォーカスするというAppleの決定は、SE30リバイバリストを含む聴衆に混乱を引き起こすかもしれないが、この動きは、AdaptecなどSCSI-PCIボードの関連会社への恩恵であるはずだ。

日経エレクトロニクスによれば、 ソニー,大容量FDD「HiFD」を発売へ とか。米国で発売開始、まずはパラレル対応版をだす。OEMもATAPI対応も順次出すらしい。ZIPは、現在のFDとの互換性が無く、データ転送速度も遅い。LS120もあるが、Sonyが後発でどこまで食い込めるか興味深い。
できれば、Appleあたりで、SuperDisk後継機としてAutoEject付きで完全に乗り換えてくれればなーと願う今日この頃でした。

日経エレクトロニクスによれば、 米IBM,SiGe技術使ったHEMTを開発中 とか。
現在のIBMの売りは、CopperとSOIと、もう一つみなさん話題にしないけど、SiGe技術ってーのがあります。これを使って、超高速のトランジスターp型HEMTとn型HEMTの試作完了したわけです。
p型で電源電圧1Vで、fTが75GHzと言うから凄いですね。
IBMのSiGeやサーチで見てみると、 silicon germanium (SiGe) BiCMOS technology として完成しており、3.3 V, 0.5 μm CMOSのRF(高周波)-アナログ処理ICに仕込める状態のようです。現在は、数十GHzの高周波増幅関連の応用のようですが。

私が興奮しているのは、これが発展して、さらに低消費電力、高密度に発展していけばFirewireなど、高速シリアル通信のGHzでの送受信シリアル変換部とかをCPUにオンチップに作れそうだと思えるからです。

この辺を、また、言いたい放談する予告だけしときましょうか・・・予告だけが多くて、不評かも・・・御免!

HEMTは昔から富士通で、別の技術を使って個別部品として作ってますが、電子移動度の理論的に速い構造材料をつかったトランジスターらしいですが、GHz帯の微弱電波の低ノイズ増幅回路の初段に使ったりしてましたね。

日本工業新聞10/9号、P5に、ヤマハの高効率ペルチエ素子開発の記事があった。
温度差がこれまでより10℃多くとれ、80℃にできるとか。同じ温度差なら20%消費電力を下げられるようだ。11月からサンプル出荷。
技術的には、結晶粒をこれまでの1/10〜1/100の数μmにし、その上、結晶の向きをそろえる技術を確立し、電気抵抗の上昇を抑えながら、熱伝導率を下げたようだ。
1.55→0.94W/K・mの熱伝導率,0.86→1.03Ω・mの比抵抗が実現できたそうだ。 抵抗は微増であるが・・
これまでも、ペルチエ素子はいろんな会社がしのぎを削っており、80℃の温度差を達成している会社もありましたが、消費電力はどうだったか・・・
高温部が150℃まで高く出来るものもでていますね。普通のは低温半田?だか使ってるらしく、高温側の温度が上がりすぎたら溶けちゃって、線がはずれたことがあります。(私じゃないよ)

98/10/09 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==833名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

CountMacが更新されていた。 $500 Mac 、iMac II、iMac Pro、OS 8.5などの話。

MacNNによれば、
Appleは、iMacs and Mac OS 8.5に対応した System Profiler 2 にアップデートしたようだ。

また、Mac OS 8.5 Report で、多くの非コンパチビリティ報告がある。
  Visioneer Paperport
  Office 98/Navigator problems?
  Palm Pilot Desktop
 
Radius Dynamic Desktop Control Panel
 
AppleShare IP 6
  Notes from Documentation

また、シマンテックは、NAV のVirus定義ファイルを更新したようだ。これでは、懸案の Graphics Accelerator Virus ( 'SevenDust E'とよばれているらしい)に対処できるようだ。ようやく。!!!   try here !!

Adobeは、Acrobat Reader 3.02 でplug-inをアップデートしたようだ。

Adobeは、 Adobe FrameMaker 5.5.6 をアップデートしたようだ。

匿名のソースによれば、Mac OS X Serverが11月にリリースされることになっているらしい。
 Mac OS Xサーバーの「透明な」BlueBox環境の中で、Mac OS 8.5がうまく走っているらしい。

c|netのClass of '98 Product Awardsで、 Most Innovative Procduct に、iMacが選ばれたそうだ。一方、MacoMedia's Flash 3.0は、Best Web Graphics Productに選ばれたとか。
Steve Jobs とiMac は、cutest couple に選ばれたらしい。

macintouchによれば、Qualcommが、Mac OS 8.1での「FileIDバグ」回避法を含んだ、Eudora Pro 4.1 beta をだしたようだ。このバグは、Mac OS 8.1でのHFSで起き、Disk First Aid が"Missing file thread" と文句を言うが修理してくれるものらしい。

xlr8yourmacに、 Q&A with Newer Tech on G3 Bus Speeds とNewerのVPからのバス速度についての細かい説明があった。45MHzと60MHzバスの比較がされている。
これによると、60nsRAMをアクセスするとき、45MHzでは2Waitする必要があり、60 MHz bus では3 wait 必要となる・・・・。などの質問に対し、Newerのバス速度に関する説明があった。
これらのシステムが元々設計された603 604のプロセッサより、G3プロセッサはきついタイミングマージンである。いくつかのモデルで、50 MHzより速くバスを走らせることは、G3では疑わしい。PM9500は、特にこの仕様の上できついとのこと。熱の問題が絡むので、Newerでは40℃の部屋でテストしているようだ。以下略。

emediaweeklyによると、Sonnet も400-MHz PowerPC G3 upgrade cardを、年末には出すようだ。 1 MB Level 2 backside cache 3/2クロック比のもので、$1,999。
333-MHz G3 card 1 MB backside cacheで $1,199,
366 MHz で$1,499 とか。

Mac日記の日々によると、匿名氏の投稿記事「NortonDiskDoctor4.0&RAID 」があった。
この人の実験によると、NortonDiskDoctor4.0の正式版のpeedDisk4.0では、以前報告されていたような、RAIDに対する問題は起きず、正常に作動したそうだ。HFS+でも、Remus1.4Jでも正常だったそうです。こりゃ助かる!!!。

Mac The Knifeの、「Big game」 によると、Appleは来週の1/4期歳入報告で、80万台、18億ドルの売り上げを報告するようだ。

macweekOnLineによれば、Apple profit: Analysts see $66M for Q4 とかで、1998の第4期の利益は6600万ドルと発表されるだろうことを伝えている。

日本工業新聞10/8号、P5の「開発活気づく青紫色半導体レーザー(上)」と言う記事によれば、
Sony、富士通も窒化ガリウム系青紫色半導体レーザーの室温発振に成功したとか。
このレーザーはご存じ日亜化学の中村氏のLDが数年も先行しており、すでに実時間10000時間の報告がある頃だが、他社が他の半導体と違い、なかなか追いつけないでいた。これを称して「中村マジックがあるのでは?」とか、ノウハウを公表すべきだとの噂もあったようだが、今回の記事でようやくこの辺の事情が判明した。  曰く
「中村マジックはなかった!!!」そうだ!!
結局、何だったかというと、窒化ガリウム系の無欠陥結晶の高品質成長条件が非常に狭く、条件を探し出すのに時間がかかったようだ。
そうだったのか、ようやく秘密がわかった!!

日本工業新聞10/8号、P7に「清田製作所、タングステン精密球を試作」の記事があった。
40〜100μm±2μのタングステン球に、1〜1.5μのニッケルメッキと、0.5〜1μの金メッキを付けている。抵抗値が低い、熱伝導度がよい特徴があるが、これを、次世代半導体パッケージに向けて売り込むと言うことだ。最近流行のBGA(BallGridArray)のBallに、はんだなどの置き換えをねらうというものらしい。もちろんAu、Niメッキで、良好なはんだ付けもできる。これまでは、半田Ballだったと思う。

 

98/10/08 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==830名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macintouchによれば、 Network Associates Inc. が、Virex 5.9と、ウィルス定義ファイルのアップデートを配布し始めたようだ。しかし、 Graphics Accelerator virus には未だ対応できていないようだ。

iMacInTouch によれば、iMac+USB-Imation SuperDiskで、複数のFDからなるソフトをインストールしようとしたときに起きる問題「FDを吐き出してくれないことがある」と言う話があったが、これを解決する投稿があったようだ。単純に、インストーラーが次のFDを要求したときに、USBケーブルを抜いて、又つなぐと言うことをすれば、このとき、FDが吐き出されるようだ。

ogradyによれば、 ATIはユニバーサルインストーラーのver 3.3をリリースしたようだ。[atimac33.hqx 1.5 MB]
しかし、ATI FAQでは、ビルトインビデオが認識されないとかの話があるそうだ。

CCI-News for Todayによれば、iMacがロシアで公開されたようだ。

macweekOnLineによれば、The iMac gets an iBall (and iMouse) とのことで、MacallyがTranslucentなUSBマウス $49 iMouse出したようだし、iBallという$59の2-button USB trackball を出したようだ。

cnet News.computingによれば、Intel lands StrongARM win with HPとかで、IntelのStrongARMの最初の大口ユーザーはHPになったようだ。そらみたことか。HPはWindows CE "JupiterベースのハンドヘルドPCで、StrongARM 1101を使うようだ。現在HPが使っているCPUは75MHzであり、1101は190MHzでUSB内蔵らしい。

macweek-Jに よれば、 アルプス電気が「MD-5000」発表,iMacカラーも検討中

RFI Report: 向上と前進 ・・・ちょっと考えさせられちゃった。MotorolaはPPCをどうするんだろう?

 

98/10/07 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==828名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、New Yosemite and G4 MacBench 5.0 scores....があった。
Yosemite での、オーバークロックによる500Mhz 動作時のMacbench 5.0の結果は、1600・・・らしく、プロトタイ プのG4/400MhzユニットのMacbench 5.0では、2800近辺だったようだ。
また、Appleの出すG4を載せたプロトタイプマシンは、4X AGP(266Mhz---Intelマシンでも、まだ出ていない)を載せることが期待される。とのこと。

macweekOnLineによれば、XLR8 ships 400-MHz card とか。
XLR8 はMACh Speed 400MHz と333MHzバージョンをリリースしたようだ。
$1,899, 400MHz MACh Speed G3 ,1 Mbyte L2 backside cache 200 MHz
$1,299, 333MHz MACh Speed G3 ,1 Mbyte L2 backside cache 166 MHz
バス速度を調節可能!。アップルPower Mac 7300、7500、8500、8600、9500と9600で作動!
Power Computing PowerWave, PowerCenter and PowerTower 、SuperMac S900 and J700 boxes from UMAX Computer.などでも作動するという。今月中には、366MHzも出すとか。

400MHz動作時でのバス速度との関係での不安定動作についての噂があったが、この新しいCPUは新しい製造プロセスを使っており、そのような、不安定動作は起きないだろうと思っているとか。
モトローラが、Oer300MHzの750を発表したときに言っていた、以前のチップのタイミングの問題は修正したとの話があったので、この辺の技術で、これまでの不安定動作の発生に関わるタイミング問題は、少なくともモトローラは解決しているものと思われる。IBMはこのような話は発表していないが、モトローラから情報が入っているかもしれず、もしそれが無くても、IBMの技術力ならモトローラで発見できる程度のタイミング問題は、これまで時間があったので充分解決手法を開発しているだろうと思われる。ぷろまにさんの情報からも、Altivec対応も進んでいるようなので、IBM-Motorolaの関係は、まだ、あまり疎遠になったとかの状況じゃないんじゃないかと思っています。

Mac The Knifeの、Walk this way によれば、来年一月にサンフランシスコのMacworld Expoで出てくるらしい「iMac Pro」は、17インチCRT、標準のDVD-ROM内蔵で、iMac族を拡張し会社で使えるような形で出てくるようだ。いくぶん、ファンキーでフレッシュな「iMac Pro」は、拡張ベイを持ち、現在のPowerBookの拡張部品を使えるらしい。これで、各種記憶装置や他のハードウェアを、ホットスワップで自由に差し替えられるようになる。いいですねー!これ。
MacOS8.5がGMになったことを喜んでいるMacTheKnifeは、ニンニクバターがお好きなようで・・・

ogradyPowerPage Members Site が、MacOS8.5のドキュメント類のダウンロードが限られた人に対してのみ可能になったことを知らせている。 MacOS8.5DataSheet.hqx [144 k] 、MacOS8.5FAQ.hqx [52 k] MacOS8.5.pdf [160 k] などはとれたけど、MacOS8.5FAQ.pdf [56 k] はとれなかった。(URLはメンバーサイトで見てください。)

MacNNによれば、ixMicroの ix3D 1.05.1 driver が出たようだ。これは、DVD movie playback の出来るApple G3システムと ix3D Ultimate Rez カードでの問題をFixしている。これはMacOS8.5上で確認されたようだ。このドライバーは、ix3D Road Rocket、Mac G3にバンドルされたix3D Ultimate Rezカードなど全てのMac ix3D製品で動作する。ogradyもくわしいダウンロードパスが・・。

MacNNによれば、Microsoft Media player for Macintosh (Beta 1)が、出てきたようだ。
「ビデオコーデックの全てが付いているわけではないので、いろんな問題を起こしそうだ。例えば、 MSNBCのNetShow videoを再生時にクラッシュを引き起こすとか。しかしオーディオはGreatに動いているようだ。

processormaniaによると、”IBMも、Altivec互換ベクタ演算ユニット付きCPUの開発を進めている”らしい。

MAQ? MAK? MAC! によると、”某N社が、iMac対応の「Clik!」を発売する”ようだ。
itt3で、3/27に既報のCITIZENが、最初のCLICK!のOEM契約者なのだが、どうしたのだろう、某N社もやってたんですね。

 
98/10/06 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==824名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

 TidBITS-J#448/28-Sep-98によると、
 破壊的なトロイの木馬Virus! Graphics Acceleratorの詳細について書いてあった。機能拡張フォルダに自動再生してしまう”Graphics Accelerator”ファイルを消して、同名のfolderを作っておけば、機能拡張フォルダに自動再生する事は止められるようだ。これ以前の興味深い話は、 Macintosh trouble News に、詳しい”●Graphics Accelerator :感染の記録”て記事がある。

 WebSTAR 2.1.1 がStarNine 社から無料アップデート

  Anarchie(Pro3.0 )がアップデート http://www.anarchie-pro.com/

マック DE いこう!さん によると、日経産業新聞の記事で、日本IBMが、「Windows98から95にダウングレードするサービス」を無償で始めたらしい。preInstall-Win95版も出すそうで・・・やっぱり、ユーザーからの突き上げはきついようですな。

macosrumorsに、G4 upgrades for current machines? Absolutely.と言う記事があった。
モトローラのG4 PowerPC32ビット-バージョンでは、現在のPowerPCMacをアップグレードできるであろうとのこと。G4のバスクロックとCPUクロックの比率を設定できるバスマルチプライアーはこれまでx8.5までだったが、x10まで出来るようになるようだ。これで、古くて50MHz迄しかバスクロックをあげられない機種でも500MHzまでの可能性が出てきたわけだ。一説によると45MHz程度でないと安定しない噂のある機種もあるが、そのときは、それなりに・・・ですね。
Gossummerなど66MHzや83MHzが出来る機種では、660~833MHzのG?CPUが出てくるのが待ち遠しいでしょう。そのときは、Takさんのジャンパーを使うことになるのでしょう。
ところで、G4は604Eに基づいた設計ではないと言ってますね。どっちかってーと、60x,740/750のコンシューマープロセッサよりは、IBM Power3、620 のような、ハイエンド・サーバーチップに近いと言うことです。これは64bitコンシューマープロセッシングの世界に導いてくれるものだとのこと。

xlr8yourmacによれば、 iMacでのSuperDiskの問題が報告されていた。FDベースのコピープロテクトがiMacのUSB経由SuperDiskで、うまく動かないようだ。

macintouchによれば、Imation USBフロッピードライブでも、問題があるようだ。koreniFDをコピーするのでなく、FDのイメージをコピーしておき、Apple's Disk Copy 6.3などを使って、FDイメージをマウントするようにすればいいのでは、と言う話があった。

ogradyによれば、Lombard の仕様がだんだん解ってきたようだ。Firewire, USB 、Accelerated Graphics Port (AGP)などが付くようである。ケースは、これまでのWallStreetより、薄く小さく、デザイナーJonathan Ive の感性を顕わしたlook-and-feelをもって、出てくるだろう。
Lombard page てのが出来てたんですね。

MacNN/imacによれば、Bell AtlanticのPersonal Infospeed service がiMacをもサポートするよう拡張されたようだ。"他のMacintosh 製品群を、”Infospeed DSL minimum computer platform specifications”に入れるよう、Appleと作業中とか。

macsonlyによれば、Startup Doubler 1.2/iMac Freeze で、EPSON740が電源ONの時にはスタートアップDoubler 1.2がフリーズするようだ。

98/10/05 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==821名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

Mac the Fork が更新されていた。G4:10/5
IBMの銅CPUの最新版は、現在600MHz〜1GHzに達しているようだ。
モトローラは来年夏、G4/366MHzを出してくるらしいが、アルミであり、大変大きく,消費電力がかなり多いとか。
Yosemiteと、C2の噂話があった。
これまで、4つのラインで話が進んできたが、5〜6個のラインになる噂も・・・間にビジネスが入るとか。・・・
うーんこれは、たのしみ。

AndyMac 更新されていた。アップルとソニー

macpconlineに、Insignia'sSoftWindows 98 5.0.4 Reviewがあった。
Insignia's のサイトには、Softwindows 5.0.x用の5.0.4 アップデーターがあるそうだ。これで、SW 98になるとか。

日経BP BizTechエレクトロニクスによると、 米IDT、2000年の0.18μmルールからCu配線プロセスを採用 とか。

隔週誌:日経エレクトロニクス1998.10.5.P25に、先日話題になった、Lucentの複数送受信アンテナでの高速通信技術について、もう少し詳しい話が出ていた。複数のアンテナをアレイ状に並べ、同一周波数で、電送するデータを16値QAM変調してアンテナ群で送り、受信して復調する。マルチパスにより、アンテナ毎の干渉の影響が微妙に違うので、これを利用して復号するようだ。干渉の影響を変換行列として行列式を作り、これが時間変化しないものと仮定して復号するらしい。以前の私の予想とは全然違うものだな。なるほど。(じつは、あまり内容が解らない・・・とほほ!)

隔週誌:日経エレクトロニクス1998.10.5.P27に、TV番組をHDDに録画する機器が続々登場とあった。
なるほど、ランダムアクセス性を利用した、新しい用途が開けますね。

隔週誌:日経エレクトロニクス1998.10.5.P47に量産始まるCu配線LSIと言う記事があった。
これによると、10%の性能向上と、製造コストが下がると書いてある。!!!IBMがCuのデュアルダマシンプロセスを確立したので、行程が減るらしい。P52に、そのデュアルダマシンプロセスが図示してあり、8から6段階に減っている。ビアホールと配線を一括にCuを埋め込むことで、別にやるより少なくなる。

ZDNNに、 IEユーザーにポータルの扉を開くNetscapeの最終目 と言う記事があった。
NetscapeはCommunicator 4.5のポータル機能をIEで使えるようにする「Netscape TuneUp for IE」を無償配布とか。10月中かな。 大変ですね、ネットスケープも。

hotwired.newsによれば、Linux専門のトレードショーとウェブ雑誌 を始めるとか。
ウェブ出版 Linuxワールド と、第1回「Linuxワールド会議・エキスポ」(1999.3.1〜4に、米cal州サンノゼ)である。同社は、Linux情報をほしがっている潜在ユーザーは、700万人以上いるという。Linux市場は現在、年100%を超える速度で拡大しているとか。

98/10/04 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==812名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsの、AltiVec and the Macintosh memory busは、勘違いしてしまった。
プロトYosemiteのテストで、400MHzのAltivecCPUが、バススピード100MHzでは足りなくて?133MHzでも動くはずだけど、・・・とか。
追加:まだちょっと違うなー。
CPUは133迄動くように作られているはずだ。Yosemiteは100で飽和した。100Mで一応動いたけど、Yosemiteではこれ以上あげられなかったってことですね。Yosemiteのマザーボードの設計が133MHz迄行ってなかったってことですか。なるほど。失礼しました。  で、結局バスクロック比率3倍では400MHz迄行かなかったわけで、3.5倍でも114MHzで、これもだめだったわけですね。結局4倍の100:400で動いたというわけですね。
Altivecは、(Yosemiteではということかな?)十件程度でしか使われていないことなので、このような例は極端な例だということを注意しとかなけりゃいかんとか。
Fast 66Mhz PCIを、Yosemiteは内蔵しているが、これ(100Mに対する66M)でも、せいぜい65 %の平均のバス使用率であると言うことですか。(でも、CPUバス速度の問題はDRAM間通信の速度ですけどね)
で、今まで言われていることでバスクロックは殆ど高速化に効かないってことだから、あまり気にしなくても良いですけどね、Pentiumのマザーボードでやってるくらいは、付いていって欲しいと思っちゃう。Appleの技術力を疑われちゃうから。(無いって?そうかも)

macosrumorsによると、IrDA: "Fuhgetaboutit"で、IrDAがプロラインでは標準で付かなくなることが示唆されていた。コスト、スペース、需要と供給の関係などから、Apple上層部が納得したようだ。コンシューマーにIrDAを使い続けるかどうかに付いての話はなかったが、Yosemite とLombardについては、そうなるようだ。また、サードパーティーのメーカーが、USBやPCIのIrDA変換装置を準備中なので、問題はないらしい。
しかし、NECなどは、NECがIEEE1394を使ったホームネットワークを提案 の中で、赤外線タイプのIEEE1394伝送アダプターを使い、「IR100」では100Mbpsの赤外線伝送を行えるようになっていることを伝えている。
このような赤外線通信の発展をAppleにも考えて欲しいものだ。

MacNNによれば、ディベロッパー向けの専用ftpサイトで、 Mac OS 8.5 "official GM" がupされているようだ。

imaccentral によると、PowerLogix pursuing iMac processor upgrade:とかで、パワーロジックスがiMac用のCPUアップグレードカードを準備中とか。ROMが半田付けされており、AppleがROMのライセンスを出さなくなった今、このようなアップグレードカードの可能性が無くなったと言われているが、PowerLogicsがどういう方法でこれをクリアするのか、注目されている。
一つの方法は、元のカード上のROMをはずしてアップグレードカードに半田付けするという方法だが、大量に処理できないだろう。もう一つは、オーナーの元のカード上のROMを読み出し、アップグレードカード上にFlushROMを載せて、このデータを書き込み、BootROMとして使用できるようにすることである。同じROMをたくさんコピーして売ることは確実に問題となり使えないだろうが、iMacの正式購入者がそれに付いているROMを、そのiMacにコピーして使うことは、出来そうな気がする。しかし、実際、裁判沙汰になったときはどうなるかは、私には解らないが・・・
こういうやり方も一つの方法ではある。
機械的に、ROMをはずす方法も結構出来ると思うけど。
この辺も、そのうち言いたい放談に書いてみましょうか。大したことはないけど。

 

98/10/03 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==806名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、AltiVec and the Macintosh memory busとかで、
プロトYosemiteのテストで、400MHzのAltiecCPUが、バススピード100MHzでは足りなくて?133MHzでも動いたとか。

ogradyによれば、 Allegro Final Seeded to Developersとか。Mac OS 8.5がファイナルバージョン(ポスト-GM)を出したようだ。10月17日出荷ですね!

Nankoさんから、EMailがきた。・・・ここにあった記事はすべて忘れてください。すみません・・・

このEMailによると、   (なんこさん、ありがと!)
メルコ「‥実はですね、まだマイクロソフトがFireWireの開発キットを作っていないんですよ。作れ作れ、と言っているんですけどね…」とのことで、今まで出ていたSONYはIEEE1394の独自ドライバを書いたらしいとのことです。

ここも、忘れてください。

Macお宝鑑定団によれば、
昨日見に行ったらつながらなかったMacOSRumors で、次期iMac II=C2の話があった。
また、 新しい8MBitのSRAMを発表 があり、やはり、データ転送にはダブルデータレート(DDR)という同期クロックの立ち上がりとたち下がりの2倍データを転送する方式を採っていた。内部回路は300MHzレベルでも、入出力だけ、倍速でシリアル転送するわけです。これを使うには、CPU側のバックサイドキャッシュ制御回路をちょっと改造しないといけないけど、簡単です。IBMのことだからとっくに準備中でしょうけど。
で、DDR非対応のシステム向けには、「late-write」機能内蔵のSRAMも準備してあり、330 MHzで転送可能とか。7x17 PBGA
0.25ミクロンCMOS 6Xプロセスで作成され、PBGA

NEC-HEが、18.1型液晶ディスプレー「MultiSync LCD1810」を出したそうだ。
18.1インチ型TFT液晶でCRTの21インチ相当、1280x1024ドット、フルカラー。
PC98、PC-AT、マッキントッシュに対応。16日発売。49万8000円
NECは独自の、専用ボード不要のアナログRGBインタフェース技術を持っているので、注目していたが、ようやくこれが、18インチを出してきた。しかし、高いなー。ちょっと私の湯水な財布でも、手が届かないなー。せめて、半額になるのはいつ?

MacSiteMLにあった情報を紹介。

今日は、朝早く遠出しなくちゃならんので、ここまでで失礼します。
(スローパンクちゃーの愛車で。高速を200kmも・・トホホ!)

98/10/02 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==807名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

cnetBriefsに、 レッドハットの提携は「コネ」がカギと言う記事があった。
Intelの出資、役員の派遣で、コネができるということかな。
ま、エンタープライズ市場に入るためには、LINUXのメンテンス体制、バックアップ体制がしっかりしていることを市場にアピールし、順次、エンジニアを育成していかなくてはならない。DECのように1500人ものSEなどを持つまでには先が長い気がする。

日経Macによれば、メルコがIEEE 1394対応記憶装置を実演とか。
ATAとIEEE1394の米Symbiosブリッジチップを使ったATAドライブ(CD-ROMドライブ,MOドライブ,ハード・ディスク)で、1394に接続できるようにした。
MSのドライバーソフトだけで駆動しているので、開発が簡単であるようだ。これじゃ、どこでも作れますね。来年はこれを各社、どどっと出してくるような気がします。Macも来年には1394付けてくるそうだし。

で、米Symbiosをみてたら、LSI LOGIC関連情報があって、ここに、Symbiosの関連が書いてあったけど、こんなものを発見した。知ってる人には当たり前ですが、SCSIの発音を"scuzzy"たぶんスクーズィーだと思うが、以前から言われていたけど、WEB出始めて発見したので、一応、書いとこうと思った・・ので。
はい!へ粗茶!  いや、臍茶! 
  SCSIをスカジーでなく、スクージーと呼ぼう!運動実施中!てなーどう?

xlr8yourmacによれば、XLR8 が、400MHz CPU Upgradesを発表したようだ。
CPU400MHz、キャッシュ200MHzで、MacBench 4.0 processor score が、1399!だそうだ。$1,899
CPU333MHz、キャッシュ166MHzで、MacBench 4.0 processor score が、1154!$1,299.
366 MHzは10月中旬以降とか。

xlr8yourmacによれば、16℃(screenshot)で動いているG3のベンチマークがあるそうで、RailGun G3 250/166/1MBをPM7500 上で動かし、315MHzで動いたようだ。
以前の記事では、30℃近辺までしか冷却していなかった。

ogradyによれば、300MHzWallStreetは、先週出荷開始されたはずだが、なかなか見えてこないようだ。
『Booksがスコットランドに握りしめられている』という噂もある。

MAQ?MAK?MAC!に、 たもつさんWPC98パネルディスカッション 抜粋が面白かった。150万直前
  ●M$KK成毛社長の発言
  ●NEC高山専務

WPC98パネルディスカッション の中では、IBMが公平な見方をしてるなと感じ、成毛氏はそうではないと感じた。

macweekOnLineに よれば、
Where the chips fall と言う記事があった。モトローラとSGS Thomsonで、モトローラのPowerPCを開発している部門のSPS Groupを、この2ヶ月でジョイント・ベンチャに変えると言うことをやっているそうだ。なにー!!!初耳だぞー!たぶん、組み込み市場に向けて、注力していくと言っていたモトローラの一つの回答だろう。SGSトムソンはコンシューマー市場に強いので、これと手を組み、embededCPU市場にPowerPCを組んでいこうというのだろう。

98/10/01 の言っちゃったnews ==殆ど毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==793名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

iMacInTouch によれば、Griffin Technology's の、iPort adapterのより詳細な情報を入手したようだ。
iMacの"mezzanine" か"Perch" slot に挿すもので、1600x1200で、75 Hzのビデオ出力があり、シリアルポートがつき、MIDI装置を使える。SCSIはサポートしていない。LocalTalkは、まだ保証がないがサポートされるかもしれない。10月中頃に60ドルで出てくるようだ。

ogradyによれば、PowerBookG3 292/14.1や266PDQで、バッテリーに充電しない不良があるようだ。

ogradyによれば、OS X And Pentium Hardware - No Goとかで、やはりインテル版OSXはやらない、と言う噂らしい

ogradyに、8600/300 Ultra2 SCSI test results てのが紹介されていた。

Linux関連が、最近かしましいですね。
インテルとネットスケープ、『Linux』に投資
インフォミックス、Linux陣営に加わる
インテルとネットスケープがレッドハットに出資
 Red Hatはこんな会社
結局Freeソフトは、サポートがないので、大口ユーザーである企業には使われにくいわけですね。よって、これにいろんな、サポートをする会社があれば、使われるようになるわけでしょう。例えば、UNIX関連のXINUとか、・・
いろんなバグFix情報は、WWW、ftpなどで入手できますが、これをいちいち自分でパッチ入れてコンパイルし直して、インストールしてテストして、などをやってたら、本業がおろそかになってしまいます。数が多くなるとやってられません。そこで、REDHatなどの会社が出てくるわけですが、世界的に知られ、大手のバックアップがないと、なかなか、知名度一つあがりませんから、Intelとかが後押ししてるよとなると、企業も少し安心するという話なんでしょうが、どうなんでしょうね。今後を期待して、Watchしていましょう。

AppleのTILの、PowerBook G3 Series: Operating Temperature にPowerBookの温度問題について書いてあり、83MHzから66MHzに落としたら、少々発熱がへるところもあるが、新しいATI LT Proコントローラーのような他の改良は、以前のビデオコントローラーより暖かくなる。より低い速度は、より速いマイクロプロセッサー速度とマイクロプロセッサーのサポートするクロック比のために必要な条件だったと、明確に書いてありますね!
また、ケースの温度に関しては、国際安全規格のIEC950に乗っ取っているので、対処済みとのこと。これって、メディカル機器の必須の安全規格じゃなかったっけ。

高速DRAM「ESDRAM」の大容量化に関するロードマップが明らかに ということだが、これはDRAMにキャッシュを内蔵して速く(166MHz動作をCASレイテンシ2)したものだが、大容量のものがなかったのではやらなかった。今回大容量へのロードマップを出して、人気をつかもうという魂胆だが・・・こんなのは三菱が前からやってますね。
米Enhanced Memory Systems Inc.社。64M=1999年下半期量産、256Mは2000年第4四半期量産とか。

不揮発メモリーを用いたHD なんてのが出てきたんですね。とうとう。

 


[Home] [Linkし放題] [Fleamarket]