Macの奴隷の臍茶な話
渡邊鼎の!言いたい放談!

!言っちゃったNews! 

99/9/30 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1876名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

maccentralによると、 IBM planning faster, lower-cost G3 processors とか。9/27の記事。
より速くローコスト G3プロセッサを計画しているIBM
先週、Macコミュニティは、十分なG4プロセッサチップを生産することができないモトローラの無能ぶりについてと、IBMがAltiVec-チップに踏み込み、生産し始める可能性の憶測で、騒然としていた。しかし、IBMはPowerPC 750のプロセッサ:よくG3として知られている:より速いスピード、価格の低下など、いくつかの驚きのねたを容易しているのかもしれない。IBMの近くのソースがMacCentralに話したことでは、ビッグブルー(IBMのこと)では、その開発を引退させる前に、G3のスピードは800 MHzに近づいているらしい。現在のG4プロセッサの、350-500 MHzのレンジのスピードであるが、モトローラは、結局、2 GHzの領土までこのプロセッサを造る計画を出している。現在、G3プロセッサは最大550 MHzである。今後の計画についてコメントできないが、この会社は、「残された多量のライフがG3家族にあると信じる」と、IBMは言った。IBMでのポートフォリオマネージャー・ナンシーイームズは、 MacCentralに言った。「我々は、多くのマーケット区分の中でG3が本当に幅広く好評に受け入れられていることが見えており、今後数年も長い間本当に活気のあるプロダクトファミリーであることを期待している。IBMは、PowerPC 750のプロセッサの低コストのバージョンを提供し始めた。これは、大量時100ドル未満である。「我々は、sub-$100プロセッサが、ますますパフォーマンスを要求していると信じる。」要するに、lower-priced-G3のために必要な条件があり、我々は、将来その必要条件に応ずるために仕事をするだろうということを我々は信じている、とイームズが言った。同時に、まだ、IBMは、それ自身のG4プロセッサを生産する可能性に関してコメントをしていない。絶えずこの状況をモニターしていて、考えている、ということを言うことくらいしかできない。しかし、ソースがMacCentralに話したことでは、IBMは、まもなく、それ自身のG4ラインを製作することを、AltiVecの有無にかかわらず、開始するという。

macweekCOMに、 Do photos portray new iMacs? なんて、kiheiの写真の話が出てますね。

 

 

 

 

xlr8yourmacによれば、Netscape Communicator 4.7 Released  とか。
download for Mac. が出ている。Unix versionsWindows versions もある。
最後のチェックでは、Netscapeはこの製品の新しい機能について口外しなくなっていた。しかし、
読者は、Macバージョンのための新しいリリースとその機能を詳述しているC|Net Browser Alertサービスから、警報を送られた:バージョン4.7の、最も注目に値する新しい機能は、そのShop@Netscapeツールバーボタンである。これはあなたに、Netcenterのオンラインショッピング・チャンネルへの速いアクセスを与える。それに加えて、Communicator 4.7が、いろいろなバグをFixし、AIM、Shockwave、Flash、StuffIt ExpanderとRealPlayer G2-の最新のバージョン含む。

 

 

投稿がありました。ありがとうございます。

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/29 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1878名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、macnews.de: All information over the coming iMac. なんて、すでに情報を消しているMacnews.de の写真をもらってきて、英訳ミラーサイトにさせてもらっちゃってるじゃないですか。ここではまだAppleからの要求が届いていないのかな?  うちは怖いので、消しちゃった。
しかし、透明なプラスチック材に、電磁波シールド材が混入されてると言うんだけど、すごいですね。

でお、もう消されてるのかな?見えなくなっちゃってるな。と思ったら、やっぱり、Appleの要求が来て消したようだ。Editor's note:

macosrumorsに、Apple to ship dual and quad G4s in 2000  があった。
アップルソースは、アップルが確かに四-プロセッサ同様にデュアルG4マシンを開発し出荷する計画があることを確認した。これらは、次世代デスクトップMacで紹介され、来年のMacworldニューヨークで紹介されるはずである。この注目に値するマシンは(時々間違って「Shark」として参照されるが)、第二の世代UMA Macであり、133 MHzのメインバスを特徴とするはずである。また、伝えるところによるとこのマシンは、いくつかの改善を持つ。レポートが信じられるならば、2つのプロセッサ・スロットを持ち、各々が、単一かデュアル-プロセッサカードを挿すことが出来るという。サード・パーティーは、四-プロセッサカードを各スロットに入れることができるかもしれない!マルチプロセッサG4マシンを出荷するためのアップルの主要な前提条件は、ハードウェアでなく、ソフトウェアである。アップルは、MPハードウェアを出荷する前に、MacOS Xをリリースし、フルSMP(Symmetric Multi Processing)の機能を持ち望んでいる。これはもちろん、この会社は、OS X.への移行のために最高の動機を提供したいのである。もし現在、アップルがMPマシンを出来ていたとしたら、Mac MPは、「専門家」によって貧しく見積もられるだろう。そして、それが、少なくともフルSMPオペレーティング・システムを持つまで、会社で兵器としては、ほとんど使われないだろう。

macosrumorsに、"Upgrade" a G4/400 "Yikes" to a G3/500? があった。
10月に500MHz-クロックのPowerPC 750(G3)のアップグレードを出す予定になっているXLR8と他の会社は−−400 MHz-G4sをかなりoutpaceすることができる−−ヨセミテ-マザーボードベースの「Yikes」のローエンドのG4モデルの多くの所有者は、合理的に買えるG3アップグレードが、実際、慎み深いパフォーマンス改善を捜すための活気のあるオプションであることがありえたかどうか不思議に思っている。もちろん、新しいG4sより古いMacをもつ誰もが、この早いプロセッサから利益を得ることになる。あるアップルソースは、すでにoverclockedに成功している。これは初期生産品の500 MHz-G3で、Pentium heatsinkを使用し、3つのファンをつけ、サーマルペーストを少量付けて、650 MHzを達成している。量産ラインのチップでは、同様のことにはならないだろうが、しかし、600 MHzは、これらのケースの多くの中で問題外ではない。まれに、YikesモデルのG4の400 MHzは、450 MHzを超える記録を出している。そして、そうすることはアップルの保証を無効にすることを要求する。現在、G3とG4ラインと分岐しているPowerPCアップグレードマーケットで、ずっといっそう、motherboardsとの組合せを選択するCPUsがある。いくつかのユーザは、ミッドレンジのG4からハイエンドのG3に「アップグレード」する選択をするのだろうか?
そのユーザが予算を考えていて、彼らがこの種類のAltivec命令セットが速めるマルチメディアを使用する必要性を信じないならば、それは、確かに可能である。しかし概して、最も多くのユーザは、デスクトップSupercomputingというこれらのラインに沿って考えるとあまりにおいしそうで、おそらく虜にされるだろう。・・・??

 

 

 

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

appleinsiderが、イメージ画像/写真をAppleの公式な要請で削除したようなので、ここも消します。ごめんなさい。

 

99/9/28 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1874名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

appleinsiderによれば、 Kihei iMac Design Revealed! (Images!)   とか。
コード-名Kiheiである次期iMacパソコンのベクタ-ベースのスケッチが出てきた。工業デザインの多くの変化の完全な説明は、我々以前のレポートで読める。しばらくの間、我々はアップルが多数の構成の中で新しいiMacを提供するといううわさについて論じていた。しかし、我々にこの画像(下記参照)を提供するのに十分親切だった同じソースが、我々に知らせた。アップルの計画では、新しいユニットを1から2つの構成と言っていたが、ちょうど最近(先週)には、3つの構成をこの1月の範囲内で提供するという。彼らが単一色でわずかこれらの構成のうちの2つだけを提供することを知れたことは、少しばかり安心させることであるかもしれない!ソースによると、3つの構成は、「Good、Better」と「Best」として参照される。

新しいユニットのためのメインの(Better)構成は、400MHz G3, 100MHzシステムバス, 64MBの RAM, 4x DVD-ROM (トレイ無し!), 10GB HDD、2x AGP のATI Rage 128カードで8MB SGRAM、改良された15" (13.8" viewable)首の短い CRT は24-bit colorで1024x728 , 2 FireWire ports, 2 USB ports (12Mbps each)、 56K hardware modem, 10/100baseT ethernet,AirPort card スロット(ユニットの後ろ)、ライセンスを与えられた技術(少しばかりより大きいスピーカーで、低音ポートを前面に付けて)を使用している改善されたオデュッセイア・サウンドシステム、このマシンの前左にaudio-inと2-headphone、そして、RGB video-out(ビデオミラーリングをサポート)。この構成は、5つのflavors風趣の中で出荷される。

 

構成2:

低コストの(Good)構成は、350 MHzのG3プロセッサと100 MHzのシステム・バスで、しかし、FireWireポート(このボードがFireWireバスが載っているけれども)、video-outとDVDドライブを付けないで出荷されると言われている。その代わりに、この構成は、CD-ROMドライブ(また、trayless)を特徴とする。この構成は、わずかblueberryが入手可能なだけようで、コストは「Better」構成よりそんなにかからない。

構成3:

最終的に、我々のソースが、そのアップルハイエンドの(Best)提供を報告する。400MHz, 128MB のRAM, 13GB HDDの構成で、他は "Better" の構成のものすべてを含む。この構成は、Graphite(新しいPower Macintosh G4の色)の色で入手可能で、もう一方の2つの構成よりコストがいっそうかかると思われる。全ての3つの構成は、全く同じエンクロージャーを共有し、新しい短い首のCRTディスプレイのために、目立ってより小さくて現在のiMacsより軽いと言われる。アップルが「Best」構成を、Apple Online Store以外で提供するかどうかは、ことばがない。アップルが128 MBのRAMをもつiMacを発送するか、全く3つの構成を発送することは余分に見える、しかし、ソースはこれまでのところ信頼できた。明白に、アップルは、先週の水曜日に新しいユニット限られた生産に行く2日前のタイムアップまで、構成をもてあそび、変更した。
3つの構成は、合計7つの異なる製品を生産する。(「Better」configのための5色、「Good」configの1と「Best」configの1)。MPEG2デコーダーが新しいATIソフトウェア拡張によってなされる反面、新しいユニットのDVD再生は、アップルのDVD Playerソフトウェア(バージョン2.0)の新しいバージョンを使われるとソースが言う。また、サウンドコントロールパネルは、「MonitorsとSound」コントロールパネルから切り離された。同時に、新しいサウンドシステムは、現在のiMacsに対する激烈な改善であると言われる。前のレポートの中でうわさされたように、全カスタムシステム・ソフトパックは、確かにコード-名「ボルグ」である。我々が過去に言ったように、新しいユニットは、10月のいつか、又は11月最初の週のアップルのメディアEvent中にデビューするのを期待される。いくつかの幸運で、我々は、いつか近い将来、実際のpre-production Kihei iMacの二つの完全な色写真をポストすることを望む。(また、上に見えるスケッチの高品質の画像は、この時間、あるいは、ポストされる)。

appleinsiderに、 Kihei iMac Authentic Photograph!   という記事があった。
ハイエンド、3番目の構成、Graphite iMac.の写真だ。

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/27 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1875名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macweekCOMによれば、 FileMaker Pro turns 5.0 だとか。
一年以上の停止期間を終了し、FileMaker Inc. 社は月曜、FileMaker Pro 5.0のベールををとる。これは、アップルのクラリス株式会社の部門の残りから作られた最高級データベースアプリケーションへの最初のメジャーな改訂版である。FileMakerのPR代理店からの声明によると、Version 5.0の中の機能は、マイクロソフトOffice 2000で統合しているXMLサポート、新しいWeb出版能力を含む。最近のInfoWorldのプレビューによると、このパッケージは$250で、対抗ソフトからのアップグレードはか150ドルであり;Mac OSとマイクロソフトWindows 95(98とNT)バージョンがある。FileMakerの社長Dominique-Goupilともう一方のエグゼクティブは月曜日、FileMaker Proデータベース製品ラインに関するニュースと同様に、Version 5.0の機能の詳細を説明する。他の新しい製品は、現在Version 4.1のFileMaker Pro Serverソフトウェアの改造された、Carbonに対応したバージョンを含むかもしれない。そして、FileMaker Pro Developerへのアップグレードは、Edition(今Version 4.0)である。FileMakerスポークスマンKevin Mallonは、金曜日この会社からの新しい製品や他の声明の詳細についてコメントすることを拒否した。バージョン5.0は、この1年の最初の重要なFileMaker Proアップグレードである。1998年9月に、この会社は、FileMaker Pro 4.1(ODBC標準へのフックを提供して、ODBC-対応のデータベースからのデータ-Import能力を持つアップデート)を発送した。FileMakerは4月に、FileMaker Pro 4.1 WindowsとMac OSユーザのために無料のODBC Driver Technology Previewオンラインをポストしている。

techweb/ebnによると、 IEEE To Inherit Embedded Processor Debug Spec だとか。
Global Embedded Processor Debug Interface Standard Consortiumは、IEEE-ISTO groupに移管され 5001 Forumとして活動するようだ。1998年から Motorola ,HP, Hitachi, InfineonTechnologies,ETAS らは"Nexus Project." で、debug interfaceの開発を18ヶ月間行ってきた。4月にVersion1.0 のproposed standard.を出している。モトローラは、9月に最初のチップを出し、M-COREシリーズやPowerPC も開発中だとのこと。

JTAGは限界があり、別の物というのだが、BDMのことかな??9月に初めてモトローラが出したというのだから、別物のようだが。もしかすると、BDMを元にした改良版かもしれない。JTAGでは遅すぎ、BDMが出る前のデバッグ機器市場は、ICEなど高価で、開発人数分揃えるなんて小さい会社には難しかったが、BDMになってからは簡単になって、現在、アメリカでは5~6万も出せば、Cコンパイラからデバッグソフト、BDM-セントロ変換器まで付いてくるそうな。

techweb/ebnによると、 IBM Announces 550-MHz PowerPC Core とかで、PPC440ですね。

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/26-2 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1877名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

xlr8yourmacに、IBM G3/500 Specs  ってー記事があった。
PowerPC 750 and 604e performance   に、500MHz G3(10X I assume) の仕様が出てるとか。

言いたい放談9/27  ih145:PowerPC440の世界でMacは出来ないの? にしましょう。以下+αを!

しかし、PPC440では、もうすでに、550MHzになってるんですね。snif!

しかも、1000 MIPS @ 550 MHz、720 MIPS @ 400 MHzで、1.8Vで1W @ 400 MHz

これは組み込み市場向け、コアプロセサーであり、Book E 拡張PowerPC architectureに則っている。
PowerPC 440x4コアは、IBM Blue Logicェ Core Programに特有のコアで、他の再使用できる周辺アプリケーションをon-chipに統合できる。
以下の例を見てみると、これでいいから、PowerBookやらiBook、プロシューマー・ノートだか何にでも使えるチップをAppleが発注すれば、1チップでほとんど出来ちゃうじゃんと思いますね。IDEなんか内蔵できるだろうし、DRAMやGraphicは外付けすべきかな。GbitEthernetは内部の予約が入ってるし、PCIブリッジだって入ってる。SDRAM/DDRコントローラーもあるし、演算部なんて24 DSP instructions (16 x 16 + 32) を持ってるし、AltivecぐらいにしたけりゃAuxiliary Processing Unit (APU) Interface も内蔵してるし、・・・・400MHzで1.8Wだし、ポータブル向けとしては言うこと無しですね。
これを使ったカスタムチップがあれば、WindowsCEなんて怖くない!  なんて言い過ぎかな???

ま、Appleだから無理だろうな〜!    もしかして、こっそりやってたりして・・・・そうだったらうれしいなー。

 


Example 440 Core Application

99/9/26 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1877名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、Motorola/AMD update  があった。9/24のものだが・・・
モトローラソースからの情報だが、モトローラは、より速いG4を造るためにAMDの余分な生産収能力を得るだけでなく、実際に生産をAMDにoutsourcingすることによって、今後そのコストを減らすことができるかもしれない。
また、伝えるところによると、モトローラは、そのon-chip、高速のLevel 2キャッシュデザイン、高速のメモリーコントローラーシステム、と潜在的にその浮動小数点処理技術のいくつかの技術をAMDにライセンスするだろうという。その経営者がAIM(IBM、アップル、モトローラ)PowerPC同盟の新しい援軍を探しており、そして、それがAMDであるかもしれないという、モトローラの最も大きいニュース全てが絶え間なくうわさされるべきである。
新しいパートナーは、現存するメンバーから摘むことができなかったどんな可能な目的をサービスすることができるのだろうか?AIM特許を侵害するかもしれないAMDによって試作されたプロセス技術で、何かをするのかもしれないが、AIM連合で、AthlonとPowerPCに使われるるかもしれない。我々は、まもなく十分に知ることになるだろう....

appleinsiderによれば、 Special Report: Sawtooth Delays があった。9/24
今、みんなは、アップルとモトローラ間のG4プロセッサチップ出荷問題で開始された格闘に気づいている。第4会計四半期の純利益がアナリストの予想よりずっと下まわった原因は、8月と9月(Power Macintosh G4注文の売れ残りになる)間の、G4プロセッサの不充分な出荷に起因すると報告しているとアップルは主張している。ソースによると
Power Macintosh G4がそのデビューをした日、AppleInsiderに連絡をくれたソースによると、全部の製品の発表は、巨大な大失敗になろうとしているのかもしれない、という。モトローラは、アップルに、8月30日にこれらのチップを大量に出荷する準備ができるとは、決して話さなかったという。アップルは、全くこの問題を無視し、あまりに楽天的な出荷日付を前面に押し出して、とにかく製品発表を強引にすすめてしまった。一方、非難がアップルに集中するのは不公平である。というのは、G4プロセッサは、本当は何ヶ月も前にマーケットに出てくるはずだった。G4プロセッサは、他のファクターのようにアップルの将来に不可欠である。そして、彼らの利益損失が完全に、出荷されたPower Macintosh G4システムの不足に起因するのであるにせよ、とにかくこの混乱は、彼らの予想された利益損失をモトローラに課すアップルの非難の周りを回っているようである。尊敬されたアナリストと外部のソースによると、アップルの利益損失は、確かに低いPower Macintosh G4出荷の結果が最も多くの部分にあたる。けれどもどんな多くの責任をモトローラに課すのかということは、完全に、もう一つの問題であるだろう。あなたは、Power Macintosh G4の紹介の日のレポートをフォローしただろうか?我々は、それに言及している。Sawtooth logicboard(2つのハイエンドの構成で出荷される)は、その紹介の時点では完成していなかった。アップルは、公にこの噂を決して認めなかったが、多くのソースはそれを確認した。したがって、もし彼らが、モトローラから450そして500 MHzのG4プロセッサの充分な供給があったにしろ、ハイエンドの(そして、最もポピュラーな)二つのSawtooth logicboardを、9月の前半で出荷することは事実上アップルにとって不可能だった。もしもあなたが我々に尋ねるのなら、そして、我々の意見でもあるが、彼ら自身の仕方で両方とも非難されるべきことである、アップルは、彼ら自身の問題のいくつかのためにスケープゴートとしてモトローラを使ったのかもしれない。昨日、450 MHzのシステムをApple Online Storeで注文した顧客の本当に小ないパーセンテージの人が、アップルから、彼らのマシンが発送されたと述べる電子メールを受け取ったと言っている。AppleInsiderのメッセージボードのスレッドで見られるが、アップルは、明日である彼らの会計年度の終わりの前に、急いで数千ユニットを発送したとのことである。何日かまたは何週か後に注文した人々がいた反面、意外に、初めてPower Mac G4を注文した人たちは、彼らのマシンを出荷したという注意を受けていない。これらのうわさされた出荷が、実際にfinal-revの Sawtoothベースのシステムか、「何か」であるかどうかに関係なく、現在、これに関することばは全くない。ともかく、ソースの報告では、450 MHzのSawtoothベース・システムは、10月後の中以降大量に出荷され、500 MHzのユニットは、11月まで大量出荷は開始されないとのことだ。500 MHzベースのシステムの停滞は、全く、より速いプロセッサの状況によって決まり、これはまだ、モトローラで生産が上昇基調にない。

appleinsiderによれば、 Special Report: iBook Delays があった。9/24
我々が現在のiBook出荷の停滞に関する詳細に行く前に、iBookが知らされたとき、それは完成しておらず、9月初期のその最初の意図された出荷日には完成させられなければならなかった、という事実を、我々は繰り返さなければならない。このユニットはその後完成させられ、そして、このiBookが「出荷」されると、スティーブ・ジョブスは9月15日にフランスで発表した。9月15日にアップルは、合計200台のiBooksを出荷した。ソースによると、その日付には、単一のものを発送しなかったという。これらの200のユニットの大多数は、選ばれた小売場所に発送された。確かにCompUSAの現場で各カラーの一種を受け取り、アップルによって、9月26日までそれらを展示してはいけないと支持されたという。それで、現在iBooksが出荷された、というスティーブ・ジョブスの発表はうそではなかったが、それは確かに誤解されることであった。台湾の中部西地域を無力にした猛烈な地震のために、最近新しい悩みが、立ち上がった。知っているか、知らないかもしれないが、アップルは、AlphaTopにiBookの生産を外注している。それは、台湾のHsinchu Industrial Parkエリアにある。そこの設備に、どんな構造上の損害があったかどうかは解らないが、全エリアは、広範囲にわたる停電で苦しんでいると、ソースが言った。停電は、3〜4週間の間、続くと思われる。ともかく、これらの設備は、毎日、1〜2時間の電力供給を受けている。明白に、AlphaTopはともかく、20 %のパワーを受けるために請願している。明らかに、これらの出来事は、ほとんどこの停電の持続期間の間は、完全にiBook生産の設備を停止させれいる。

 

macweekCOMによれば、 FileMaker Pro turns 5.0 だとか。

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/25 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1874名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、C2 "Kihei" iMacs due shortly ; Motorola/AMD update とかがあった。
レポートの日付ははっきりしないが、我々が過去の週にわたって受けたディーラーソースからの郵便の地すべりは、本当にもうすぐ、C2 iMacが到着する予定であることを明白にした。ディーラーは、アップル代表者によって、彼らの333 MHzのiMacの在庫をクリアにして、注文した新しいモデルのために2-3週間で、置く場所を準備するように言われていると、レポートの大部分は示している。UMAベースのiMacのためだけに必要とされるいくつかのコンポーネント--新しいiMac-likeな形をもつpolycarbonateのシェルと、OpenWorld Boot ROMsがその上に載った400 MHzのdaughterboard−のための注文は、最近置かれた、ということを示唆するクパチーノからの新しい情報と合っている。また、この推測をサポートするニュースとして、アップルのアメリカ生産設備が彼らの従業員のいくつかを新しいコンピュータに向けていたという話がある;まだ、iBook、PowerbookとPowerMacラインは、数ヶ月の間変わることは期待されない。この結論は、比較的明らかである。

他のニュースでは、モトローラが作るより多くのG4チップを生産できうるAMDとの彼らの来るべきパートナーシップについての報道は正しいかもしれない、というモトローラソースからのことばがある。しかし彼らは、全部のストーリーを持たない。AMDとモトローラは、AMDの強力なK7プロセッサを作る配線-プロセスを構築するためにすでに組んでいる−より技術的なやりとりが、この沖合の位置にあるかもしれない。次のG4は、一つであるより多くの手段でK7に似ていることがありえるか?

appleinsiderに、 Kihei iMac Industrial Design Details てな記事があった。
この過去の数ヶ月に我々が多く次世代iMac(コード名Kihei(発音はKey-Hay))について話した。そして、うわさされた新しいユニットの為の蓄えてある工業デザイン強化のいくつかに接近した。この街の最も最近のことばは、内部に、そして、外に、Kiheiが、この水曜日現在、限られた量から生産が始められ、公式に完成させられた、ということである。アップルが、その紹介の前にこれらのユニットの充分な供給を生産することを望んでおり、それで、彼らは、まさしく休日買い物をしている時期に先立ち直ちにこのチャンネルをこれらのユニットであふれさせることができる。最近、AppleInsiderによって手に入れられたKiheiデザインのドキュメントとベクタ-ベースのスケッチが、新しいモデルのためのfinal-design版でないならば、それを描写していると信じられている。ソースによって見られたPre-productionユニットは、少しばかり現在のiMacより(奥行きで)小さく見え、おそらく新しい短い首のCRTディスプレイに起因するように思われると言われている。スケッチによると、このユニットのフロントの大部分は、校訂されたspeaker-setと、そして、現在スロットだけ見えるほとんどのカーCDプレーヤーで使われている、新しいtray-lessなDVD-ROMアーキテクチャを除いては不変に見える。2つの通気孔のような半透明のプラスチックス・セクション(スポーツの通気孔ホール)が、そのユニットの正面の部分の直下にある。一つの点検用パネルと、半透明のプラスチックスと冷却用空気穴は、アップル・ロゴの下でその機械の裏側に中心におかれる。スケッチからは、はっきりしないが、これは、ユーザーがSDRAMスロットのようなユニットの内部コンポネントにアクセスする方法であるように見える。同様に、それが現在のiMacの中でするように、そのユニットのベースはバラバラにならない。そのユニットの最上部は、そのハンドルの間の2本のカーブとその機械の最上部のアップル・ロゴの特長以外は、現在のバージョンに非常に似ている。その代わりに、何百もの空気孔が、円形のパターンでiMacのハンドルのまわりに満たされている。またこれは、よりコンパクトなフォームファクターを特徴としている新しいユニットで、使われることがあるかもしれない。期待されるように、ポート・ドアはその機械の右手側に残る。前のレポートで言われているように、電波のシールドが完全に外部プラスチック(現在のユニットの内側に見えた金属シールド用コーティングを不要にする)に組み込まれた今、そのユニットは完全に半透明であるのを期待される。最初の印象の下では、より多くの詳細を調査したとき、新しい傷で、全く新しいものをつくっているより、受賞したデザインを完成することは、洗練されているかもしれない、ということをを認識するけれども、Kiheiは、わずかに修正された第一世代のiMac以外の何物でもないと思われるかもしれない。作られた改訂版は、オリジナルのPowerBook G3(Wallstreet)の上にインプリメントされた現在のPowerBookのそれらに似ている。

appleinsiderによれば、 Apple Seeds Sonata Final Candidate 4  とか。
9/23夜遅く、アップルは、コード-名SonataであるMac OS 9.0のうちのFinal Candidate 4を、開発者にシードした。
メモの中で開発者にに対して、ティムホームズ(Mac OS テクノロジー・マネージャー)は、いくつかの奨励しているコメントをした。「あなたは、このリリースの中でフィックスされたバグの多くより短いリストに気がつくだろう。また、我々はあなたがunfixedされたバグの相当な減少に気がつくことを望む!とホームズが言った。」「まるでそれがOSのGM造りであるように、この造りを扱ってください。そして、それをテストしなさい。」
現在のリリースの最近のトレンドとこの状態から、Final Candidate 5がGolden Masterとして選ばれる最もありそうな候補者であるように見える。まれに、アップルはこの点から、Final-Candidatesに危険にさらした。マックOS 9.0は公式に10月23日の週の間にデビューするのを期待されると、ソースは断言する。ともかく、そのリリースの大きい広告は、西海岸のいろいろなロケーションに生じ始めた。また、OutlookExpress5.0のような、マックOS 9.0を利用するアプリケーションは、この時でデビューするのを期待される。

O'Gradyに、FireWire vs.SCSI:Which Is Faster?ってのがあった。
読者の投稿で、FireWire と.SCSI のスピード比較が出ていた。 results of speed tests   G4/400にてテスト!
SCSIはまだ高速バスの王であるように見えるが、しかし、FireWireは比較的新しく、そして、将来の装置は、このバスのフルポテンシャルを使用することができる。FireWireとUSBがホットスワップを提供する反面、SCSIは、まだ入手可能な唯一の外部bootableなバスである。推薦されないけれども、SCSIドライブをホットスワップして、SCSI Probeを使用してディスクをマウントし、アンマウントすることが出来ることを、精通したSCSIユーザは知っている。

ここにはもっと他の、 For more on the G4/400, check out my other test results.
Photoshop test results using AltiVec filters  、 G4 vs G3 results   などがある。

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/24 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1874名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macweekCOMによれば、 U.S. Army enlists more Macs  とか。
アメリカ軍が、より多くのMacを徴募する
その公開ウェブ・サイトのためのWindows NTの代わりのMac OSサーバーへのアメリカ軍の最近のスイッチは、この軍のプラットホーム戦略の中のメジャーな大異動のまさしく始めであるかもしれない。動いているPower Mac G3の上へ、Pentagonのロックされた丸天井の中でStarNine Technologies WebSTAR Server Suite 4.0をセットした軍は、より多くのアップル製品を使用することを考えていると、軍Webmaster Stephen Batesが、MacWEEKに話した。Batesは、WebSTARへの切り替えが「非常によく」行っていると言った。ソースは、Mac OS上のWebSTARの選択がこの軍の最高のレベルの代わりに、より低いランクに始まると言った。そして、マイクロソフトからの生成された激しい論争は、ひどくこの軍の非常に公表された動きについて不平を言った。ペンタゴンスポークスマン2等陸佐・ジェフフィリップスが、強調したが、プラットホーム切り替えは、「一つのグループによる調査の動きであって、政策変化の信号ではない」。アップルスポークスマンVanessa Riosは、この軍のウェブ・サイトのためのMac OS選択は― [OSのセキュリティでの評判と、デザインと出版のプロフェッショナルからの人気もあるので、「驚きではない」と言った。 Batesは、彼のグループが、アップグレードのような新しいアップルソフトウェアを評価していると言った。「我々は、OS X Streaming ServerとQuickTime streamingを使用することを考えている」と、Batesが言った。「army-Bandと他の組織は、streamingオーディオコンテンツに対して関心を持っている」。この軍は、「Mac、WindowsとUnixマシンの混合」を持つと、Batesが言った。「我々は、確かにより多くのプラットホームに移植されたQuickTimeを見たかった」。Batesは、陸軍CIOのGen.Williamキャンベル大尉が、Webチームに「この陸軍の残りと同様にNavyと空陸軍のような我々の姉妹サービス」で、学んだレッスンを共有するように指示すると言った。2000年3月に、Information Management Conferenceの第4陸軍事業部長に対して、彼のチームが、Mac OSの上で動いているWebSTARの使用に関して、プレゼンテーションをするかもしれないという。年次会議は、商用の会社と同様に、異なる連邦の代理店から、インプリメンテーション、インストールとテクニックの上で様子を比較するために一緒に情報-技術労働者をもたらす。
陸軍はWebSTARを使用することを決めた。そして、そのウェブ・サイトのMac OSは、6月遅くにハッキングされた。U.S.armyのCriminal Investigation Commandと共に、FBIは、先月、ウィスコンシンのグリーン湾の19才のチャドデービスを、陸軍ウェブ・サイトへの攻撃のために逮捕した。陸軍は、この出来事によって、この刺激としてその切り替えのためにMacに上がるセキュリティ懸念を引用した。そのプラットホーム戦略を決定するために、この陸軍は、MITに基づくWorld Wide Web Consortiumサイトと評価されたセキュリティ問題の上でそれ自身のウェブ・サイトのために提供されたセキュリティ分析をチェックした。それに加えて、彼が陸軍人員と6月に働き始めると言ったProduct Manager Eric Zelenkaが連邦のグループによってアップルの販売力の中で援助したWebSTARに従ってこの陸軍のCERTは、いろいろなソフトウェアパッケージをテストした。Zelenkaは、この陸軍がセキュリティ機能によって、増加されたセキュリティ、ネットワークセキュリティのためのプロキシサーバーとアクセスのためのLevel 2とLevel 3の暗号化が制御するSecure Sockets Layerのような、WebSTAR Server Suite 4.0の中でゆさぶられたと言って、FTPと電子メールサーバーを統合した。Windows NTでは、「システム管理者は、問題があるとき、何が進行しているか知ることができない、そしてより多くの問題を創ってしまうマイクロソフトからのセキュリティパッチを維持しなければならない」。WebSTARでは、「我々は問題のために見守る機能を作れ、アクションが必要とされる問題はシステム管理者に警告するので、人々はずっとこのサーバーをモニターする必要はない」。この陸軍のWindows NTからMac OSへの切り替えの跡を通ってそのウェブ・サイトのために、他のアメリカ軍のブランチは、より広くアップル技術を使用することを決めるかもしれない。一つのオンライン報告を出しておく。U.S.海軍はWindows NTを使用していて、いくつかの問題を持つらしい。
Naval Undersea Warfare Centerのニューポート(R.I.)は、StarNine WebSTARを使用している言う。センターは潜水鑑のためにNavyの研究、開発、テストとエンジニアリングを扱う、そして、他の作業の中で他のシステムは undersea warfareと提携した。同時に、他の連邦のサイトは、技術をアップルで拾った。StarNineは、WebSTARが、以下の場所で使われているといった。U.S.State Departmentのメインのウェブ・サイト;U.S.Peace Corps;HealthのNational Institutes;NASAエイムスResearchセンターのMoffettフィールド(カリフォルニア)、ロスアラモスニューメキシコでNational Laboratory。WebSTARを使用している他のアメリカ政府機関とintranetsか他のウェブ・サイトのためのMac OSを使っている。Agricultureと、U.S.FishとWildlife Serviceを含む内務省;U.S.Geological Surveyの中のいくつかの部門と同様にCommerceの中の部門;そして、Reclamation(言われたStarNine)のU.S.Bureauなども。

macweekCOMによれば、 iBook delay 'likely'  とか。
アップルの新しいiBook携帯用のコンピュータの出荷は、火曜日の台湾の地震のため中断されるかもしれないと、アナリストが水曜日に言った。アップルスポークスマンRhonaハミルトンは、水曜日遅くに言ったことでは、この会社は、この地震の結果、生産稼働率への「直接の影響」はなかったとのこと。最も大きい問題は、現地の従業員を雇っていることかもしれない−彼らは離れている彼らの家族を気にかけていて、彼らの戻る家をもっている。

Mac the Fork が更新されていた。1999/09/23 Analysis Fortissimo

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/23-2 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1874名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、よると、"Save And..."features left to third parties on UMA Macs  ってな記事が。
アップルソースが確認した:現在生産されているiBookとSawtoothモデルは、 "Save And Shut Down"と"Save And Sleep" の機能が付いていないようだ。これは−Sleepモードで消費電力を節約するため、RAMの内容をSaveし、そして、(ファインダ内でenableにされたとき)Shutdownの後、『Instant-On』をサポートする。これの理由は決して明らかでないが、与えられた決定のために最も共通の「説明」が、これである。アップルは、SleepとShut Downのような共通の操作など多くのオプションで顧客をあまりにと混乱させることを望まない。しかし、また、ソースはUMA chipsetのこれらのハードウェア機能を制御する出荷パッチかアドオンアプリケーションでアップルがサード・パーティーをブロックしないことを明白にした。レースは始まっており、開発者のために、この刺激的なfeature-set...のための要求に応ずるようである。

macosrumorsに、よると、Apple seeking new alliances with AGP card makers?  とか。
アップルの最初のupgradableなAGPマシン(Sawtooth)がやがてはこのマーケットを打たなければならなくて、PPC 7400のプロセッサの不足によって遅れるかもしれなかったけれども、(信頼できるレポートは、UMAマザーボード部分の少々の不足がこの遅れのメジャーなファクターでないことを示唆する)現在、ソースが、以下を報告している。
アップルは、なるべく多くのAGPグラフィックスカードのメジャーな開発者と、盟約を練り上げることに数人の従業員を捧げている。全てのしるしによれば、アップルが、その主要なOEMハードウェアをATIから購入する計画を継続するようだ。しかし、この会社は、Macユーザにより容易に入手可能な、次世代のVoodooカードや、nVidia GEForce256のような強力なグラフィックスカードを作ることに興味があるために現れる。いくつかのソースが信じていることで、少くともこれらのカードのうちの1つが、Built-To-Orderオプションとしてクリスマス時期までに提供される。我々が話したそれらの中の一般の意見は、これは、Mac-プラットホームのマーケティングとドライバー開発に、より多くのリソースに当てるために、これらのカードメーカーを得るという、単なる運動である。アップルは、彼らのカードのために最適化されたMac OpenGLドライバーを書くことに興味があるカードメーカーに、技術協力を提供する方法を進める気持ちがとてもあるように見える。これは、もちろん、アップル、IBMとモトローラが一緒に、出来る限り、速く、そして、継ぎ目なくG4プラットホームを作ることがができるならば、Mac gamersとプロの3D芸術家のために素晴らしいニュースである。

99/9/23 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1876名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、OS 9 Final Candidate 3 seeded  だとか。
我々が昨日Final Candidate 2を報告した後すぐに、ソースは、FC3がシードされたことを報告した。
新しい造りは、FC2のマイナーなバグのひとつかみをFixした。しかし、ATM 4.5、Rebirth、Stuffit Deluxeのいくつかの部分(ExpanderとDropStuffはOKだが)、ACTION Utilitiesと2、3の他のバグ問題は残っている。アップルソースによると、これらの問題は、アプリケーションの中にあって、それらの開発者によって解決されなければならないという。

macosrumorsに、G4 shortage update  があった。
数人の知識ある読者が提出した、G4不足とアップルの株価(ポストしている今、ほとんど10ポイントの下げ)の厳しい影響に関する昨日の記事の中で言及された、アップルがそれ自身を見つけ出した状況を明らかにするのを助ける洞察に満ちたメモがある。より洞察に満ちたメモが2つ、あとに続く。あなたに、イベントのこの最新のターンを判読する我々の努力に貢献するために眼識があるならば、そして、そのプラットホームが、これが再び起こるのを妨げるために、ここからどこへ行くべきか、あなたが何らかの結論に達する眼識があるならば、 どうぞ、火を遠ざけてください。
あなたは二つのありえる理由に接近した、しかし、あなたが軽視した非常にたくさんの他の原因がある。
・・・・・あまり面白くなかったので途中で止め。

xlr8yourmacによれば、First Look at Powerlogix G4/2MB ってのがあった。
私がポストしたPowerlogixの新しいデザインG4 CPUカードは、小さいボードサイズと2 MBのL2バックサイドキャッシュを特徴としている。Powerlogixは、G4が、PowerCurveのようなPowerComputing のCatalystデザインマザーボードの、PowerCenter、PowerCenter Pro、PowerTowerなどと互換性を持たない点に注意した。
PowerTower ProはうれしいことにTsunamiデザインであり、Powerlogixはしかし、PowerbaseがG4と互換性を持つ点に注意した。

new design G4 CPU card

pbzone に、Taking the Wraps Off Apple's Next PowerBook  てな記事があった。
アップルの次期PowerBookの包みを取る。他のwebsiteが、このプロジェクトの名前を漏らしたので、我々はソースによって以前に与えられている、102というタイトルに関連する情報を全て、あなたと共有しよう。
そう、現在、それは内部で使うため、公式に「Pismo」というコードネーム:(南カリフォルニアの浜辺)で、そして、外との連絡のためには「Proto 8」である。アップルは、大部分の最近の製品のこの内部/外部名の計画を使用していた ―iBookのためのcodenamesはP1/Proto99であった。個人的には、我々はPismoは不十分なcodenameであると思う ―『Bronze』PowerBookの101/ロンバードはより多く良い。しかし、以前102として知られているプロジェクトは、今後このwebsite上ではPismoとして使っていく。現在、Pismoについてのこの誤情報を取り除くために、それはそこですでに出ている。
我々のことばにマークをつけなさい:
Pismoは、G3プロセッサベースのマシンであろう、G4プロセッサではない。
Pismoの後の、我々が103と呼ぶことになるだろう、その次のPowerbookが、G4プロセッサになるだろう。
次、まもなくPismoが期待される。
どれくらい早く?
今、あなたがパワーを必要とするならば、あなたのBronze PowerBook購入を遅らせてはいけない。
しかし、我々は少なくともPismoがMacWorldサンフランシスコで2000年1月に現れるのを期待する。
アップルがこれらのマシンを洗練するとか、主要な何も期待してはいけない。唯一の変化は、AirPort、FireWireと、よりためになるビデオサブシステムの追加である。間違ってはいけない。それは、価値があるアップデートである。しかし、それは、メジャーなにアップデートではないところをつかんでいる。
本当の楽しみは、Pismoデビューの後まもなく開始する。その後継者103、PowerBook G4が出てきたとき、多分半年という本当に短い開発サイクルの中で、Bronze PowerBookのリリース後1年というリリース日で、あるいは、2000年5月のアップルのWorldwide Developer会議で、リリースされるだろう。G4の現在の放熱器は、それを携帯用の使用に不適当にするかもしれない。しかし、silicon-on-insulatorデザインなどの新しい技術は、そして、さらにより小さいダイスサイズは、G4で世界で最もポータブルの、最もクールなスーパーコンピュータを作れるようになるだろう。
我々は、詳細について、いろいろ思索し始めるつもりではない。多分、アップルがこのマシンを紹介するまで、4ヵ月以下だろう。それで、この時点で「最終的なスペック」を言うのは妥当ではない。
しかし、あなたは、標準の14.1インチ・スクリーン、64-128 MBの標準RAM、AirPort、FireWire、6GB+ハードディスク、iBookの先進技術に基づくさらにより良いバッテリ寿命と、あまりにこの点で定義しにくい他の通常のものなどを期待することができる。ここのポイントは、アップルの次のPowerBookのコードネームは「Pismo」であり、MacWorldサンフランシスコ2000の次期にリリースされ、そして、G3に基づき、G4の兄弟はあまり遠くには隠れていない。
現在、サード・パーティー開発者を通して加えられなければならない携帯用のプラットホームに、それが全ての技術標準(AirPortとFireWireのような)をもたらすので、我々はこの新しいPowerBookに本当に興奮している。
我々は、この次の上に4〜5ヵ月にもっとたくさんのPismoのレポートを持つことを期待している。よって、見ててくれ。

 

macweekCOMによれば、 G4s unaffected by Taiwan quake  とか。
モトローラの台湾生産設備が、まだ電力なしである、
しかし、その会社は、猛烈なこの地震はアップルの新しいパワーマックのためのPowerPC G4チップの供給に割り込まないと言った。

またまた、『IDE<---->68WIDE』ネタで投稿していただきました。ありがとうございます。

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/22 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1877名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、よると、Apple warns Q4 may not meet Wall Street's expectations  とか。
今日の株式市場がしまった後、アップルは、ウォール街がPowerPC7400のモトローラの生産の遅れのため、現在の所得予想を期待することは出来ないだろうと発表した。これに続いたサード・パーティーアップグレード開発者との我々の会話がそれを示唆するが、アップルが言うほどには、この問題は悪くないかもしれない。なぜって、声明以後で、アップル株は10ポイント近く下へ動いたか?最初の可能性は、これが単純な真実であるということである。今までのところ広い7400の入手可能性より進んでPowerMac G4sを発表することは、大きいリスクがあることを、アップルは承知していた。150,000のプレオーダーがあったけれども、それは、単にアップルが直ちに発送することができるマシンでロストセールスを補うまでには至らない。第二のものは、そんなに明白ではない。アップルは、ありえる株の分割を回避することがありえたか?彼らが、そういう風にあるより悪いというストーリーを描いていることはありえる。そんなに厳しくないというニュースが出てきたとき、株価の急速なsnap-backがあるだろう。いずれにせよ、それは「一時的な問題」だというニュースによって全く明白にされた。そして、そういう風に多くのプレオーダーがあったので、7400が十分な供給できるならば、財政的な圧力は、それ自身をリリースする。そして、メジャーな質問は、これから出現する。IBMは、多分この危機を扱うのに十分なG4を供給するだろう、それがAltivec G4sの開発の部分であったのなら、アップル(そして、Macプラットホーム)は、その盟約の中でPowerPC製作者とどんなより多くの部門を提供することができるか?たぶん起きて、現実をにおいで知る、時間である−最終的に、そして、競争までのPowerPCチップマーケット開く?

 

Motorola working to ship G4s

500MHzも技術的な問題はない。生産は順調に仕上がっているというのだが、500MHzがいつ大量に出てくるかは明言していない。

Adjusting expectations

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/21 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1876名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、よると、Mac OS 9 reaches Final Candidate 2 だとか。
アップルからのレポートは、Mac OS 9.0のFinal Candidate 2が完成させられたことを示す。
スクリーンショットで見えるように、この造りは、いくつかの本当に感動的な新しいデスクトップピクチャーを含む。
ここで表示されたその一つは、「クアンタムFoam」:「飛躍的な泡」である。
他には、「Blueberry Oxygen、Blueberry Union、Grape Gravity、Grape MIssion、Lime Horizon、Limeシャープ、Strawberry Baby、Strawberry Parabola、Tangerine Fusion」と「Tangerine Melt」などがある。
全ては800x600解像度で ―どれも最高640x480 から1024x768まで、それらを魅力的にスケールし直すことができる。9.0fc2のテストでは、現在までに知られたバグは発見されず、非常に安定した造りであることを示した。
パフォーマンスとアプリケーションコンパチビリティは、素晴らしく残る.....OS 9の下で正しく動かない、我々が見た唯一のプログラムは、 Propellerhead Softwareの素晴らしいRebirth audio synth emulatorである。それは、我々がまもなくフィックスを期待するように言われた問題だ。いくつかのサード・パーティープロセッサアップグレードソフトウェアアプリケーションは、L2キャッシュの正しいスピードの表示の問題を持っている。しかし、これらのエラーは、もまた近い将来においてもフィックスされるのを期待される。

macosrumorsに、よると、Powerlogix announces Yosemite "blocker" solved とか。昨日書いたけど。
G4プロセッサにアップグレードすることからいくつかのヨセミテG3sを妨げるFirmware「ブロック」に対して働くソフトウェアを、いくつかの会社が開発しているが、Powerlogixは、それを知らせる最初であって、全てのZIF-版のMacで働くG4アップグレードを公にデモした。現在、以下のレースは、動いている.......誰が、最初の350-500MHz G4アップグレードを発送するか、そして、誰の500 MHzのカードが、最も速く走らせるのか?
多くの500 MHzのG4カードは、600 MHzまで動くかもしれない、ひょっとすると強力な冷却装置でより高いクロックもできるはずだということをソースは示唆している。レディーと礼儀正しいおたくたち、さあエンジンをスタートさせなさい....。

Mac OS 9.0 Final Candidate 3 Screenshot Gallery    3だって。AirPortなど、スクリーンショットが見られる。

Apple to Offer Carbon Libraries for Pre-Sonata Systems

O'Gradyによれば、Earthquake Rocks Taipei, Home of Apple PB Manufacturing とか。マグニチュード7.6
taipeiには、 Quanta Computer があり、PowerBook G3や iBook を作っている。

Mac The KnifeThat old sweet song    Kihei がgolden master になったようだ。Unified-MB-アーキテクチャーで、iBookのようなキャンディ色で、G3!だ。しかも、CRTだ!DVD drive つきだ!
しかも、言われているように、トランスルーセントの透明度がiMacより増しているそうで、プラスチック自身でシールド出来るようになったという噂の内容と同じ...かも。

日本工業新聞9/20P1に、アルミをシーム溶接 高密度磁束使い成功 という記事があった。
都立高専 相沢教授は、高密度磁束による、圧接力と渦電流による熱を利用した独自の「電磁溶接法」を開発し、これまで出来なかったアルミの、シーム溶接を初めて成功したという。
熱伝導が良いため熱効率が悪く、スポット溶接しかできなかった。アーク溶接では熱変性によるダメージが大きく、薄板のしーむ溶接は困難とされていた。実験では、アルミ2枚の上下からコイルでパルス磁束を与えた。0.3t*50*200のアルミを50mm重ねておき、絶縁シートを介してコイルをおいた。コイルには50マイクロFのコンデンサーから、170KAを約30マイクロ秒流し、最大磁気圧約160MPaが発生してアルミ板を押しつけ、渦電流によるジュール熱でアルミを軟化させた。これらによりアルミ版同士は接合されて、シーム溶接が成功したものである。溶接部の引っ張り切断強度は、4MPa以上の接合強度があった。アルミ−アルミ、アルミ-鉄、アルミ-銅など、ほとんどの金属に適合可能だとか。今後自動車のアルミボディなどに採用されれば一気に普及するかもしれない。・・・・すばらしい・・・・・高周波電流の表皮効果で渦電流が表面ばかりに流れることも一因かもしれません。

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/20 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1871名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

MacNNによれば、 Connectix がVirtual PC 3.0 Instant Upgrade を、9/21から10/31まで$40で出すそうだ。

macintouchによれば、先週金曜日に出したPowerLogix の、Blue & White G3のG4ブロック問題を解決したという話に関して、以下の声明を出したようだ。
「このソフトウェアフィックスは、全てのPowerForce G4 ZIFモジュールで、無料でバンドルされる。」
もちろん、我々は100 %のコンパチビリティを保証する。

 

MACPOWER10月号のP91に「急速な世代交代の舞台裏」というコラムがあった。
・・・IBMが本格的な開発に乗り出したという・・・しかも、年内〜新春ごろ完成予定とか・・・
やはり、450~500MHzのG4はモトローラでは量産できにくいのか、IBMを当てにしているようだとのこと。
450~500MHz版のPMG4の出荷時期を遅らしているのも、この辺との絡みかもしれない。
残るはG4ノートブック
なるほど。
IBMのG4がSOI、銅で出てくれば、クロック、消費電力とも現在より良くなり、ノートブック向けにもさらによい方向に進みますね。

 

日経エレクトロニクス9/20号P41に、「解説2000年のマイクロプロセッサーを占う」でG4についての記述があった。・・・チップコストはG4が安い。しかし、セラミックパッケージを使うためコストは厳しいが、チップシュリンクして0.18μに移行すれば、L2キャッシュをCPUモジュール内に載せられ、インターポーザ(チップと外部端子の間にに介在する材料)が不要となり、プラスチックパッケージに移行することもできるかもしれないとか。

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/19 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1871名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

Takさんが、本を出すそうです。「Macintosh改造道」  表紙の写真も頂いた。

     

O'Gradyによれば、PowerPage Team Escapes Disaster とか。
あの史上最大の台風の影響が、O'Gradyのとこにもあったようだ。Schuylkill Riverの水でdowntown Manayunkの Main Street が水没し疎開させられていると、PowerPageの仕事中に通知が来た。この夜から朝を通した、ローカルな電気、電話ユーティリティのいくつかの問題をもつにもかかわらず、スタッフが幸福で安全であることを報告できてうれしい。

O'Gradyによれば、IBM Takes Linux Step とか。
水曜日に、コンピューティング巨人IBMは、ThinkPadコンピュータライン上でLinuxオペレーティング・システムを提供する予定であると発表した。IBMのThinkPad 600Eは、Red Hat SoftwareによってそのRed Hat Linux 6.0のオペレーティング・システムを走らせるような最初の可動性の公認のコンピュータになる。パワーとパフォーマンスにおけるこのノートの成功のため、600EがThinkPadラインの中でLinuxコンパチビリティを受けるために最初に選ばれた
Caldera SystemsmのTurboLinuxとSuSeデストリビューションへの将来のコンパチビリティは、計画されているようだ。

xlr8yourmacによれば、 Softraid 2.2 Available: だとか。OS 9むけが出てきた。

xlr8yourmacによれば、Z-Force to Ship Soon: だとか。
Powerlogixが書いてきたが、長く待たれたXLR8 CarrierZIFへのコンペチターは、まもなくオプションのG3かG4 CPUモジュールで入手可能になるようだ。彼らは、B&W G3 ROMフィックス・テストのために見本を送ると約束してくれた。私の両方のB&W G3は『no-G4CPU』v1.1 ROMアップデートをしてしまったので、これは歓迎だ。

xlr8yourmacによれば、 XLR8がすでに言及しているが、Powerlogixは公式に、1.1 ROMでアップデートされたB&W G3sでG4 CPU Upgradeを走らせられるようにするフィックスを最初に出したと主張している。

ROM updateされたB&W G3sのための2つの選択があるかもしれないという素晴らしいニュースだ。今、Z-Force ZIFソケットカードが、G4 CPUで出荷されたとすると、それは、本当に素晴らしい。ここでXLR8 G4 CPU Upgradeのテストの間、言っていたように、もしもあなたが、1.02かそれ以降のROMアップデートをしたB&W G3を持っているか、あるいは、 rev 2 B&W G3を持っているとすると、あなたは、v1.1ファームウェアとG4 CPUアップグレードを入れたら、あなたのシステムはBoot出来ないであろう。私の(6月に購入した)v1.1f1 ROMバージョンのrev-2 B&W G3は、ROM1.02アップデートを適用した私のrev-1モデルと同様に不調である。(実際にはv1.1f4ファームウェアファイルだが)。

 

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/18 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1868名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macweekCOMによれば、 G5 to take on Merced  とか。
たとえ大部分のMacの世界がのPowerPC7400プロセッサ(いわゆる G4)を知っているようになっているとしても、モトローラ社は、次のチップ((G5)PowerPC 7500)を見ており、2年以内に出てくることが期待される。マーケットリーダー・インテルは64-bitプロセッサ・コード-名Mercedを届けると約束したけれども、オースティン(テキサス)のモトローラのNetworks Computing Systems GroupのPowerPCマーケティングディレクターは、G5が速度とコンパチビリティの両方でMercedにマッチする以上になるはずだとMacWEEKに言った。最近、インテル役員は、Mercedプロセッサの最初のサンプルをデモして、-いくつかが800 MHz以上でこの会社の研究室の中で動いたと言っている。インテルは、OEMに対するプロダクション・バージョンがmid-2000中には渡せるはずだと言った。Mercedは、インテルの最初の64-bitプロセッサの試みである−−これは、32-bitプロセッサの扱うより2倍のサイズの命令とデータブロックを扱うことができる一方、理論的に同じクロックスピードで、より速く結果が得られる。しかしながら、OSを含む32-bitコードで書かれた既存のアプリケーションを実行するときは、64-bit Mercedは、32-bitプロセッサをエミュレートする。対照的に、64-bitバージョンの G5で、(また32-bitバージョンも入手可能)32-bitアプリケーションを「フルネイティブ・モード」で動作可能である。これは、エミュレーションで起きる、かなりのオーバーヘッドを排除して、アプリケーションにG5のスピードのフル・アドバンテージをとらせると言う。それに加えて、プロセッサ特有の命令を使うOSは除外するが、64-bit G5は、アプリケーションコードに「事実上」変更を要求しない。G5がデビューするはずの2 GHzのスピードと組み合わせられ、最近のモトローラのロードマップによれば、このデザインは、Mercedの上にG5に明白なパフォーマンスアドバンテージを与えるはずである。その予想された高い価格、シガレット-パックサイズと相当な熱発生のためMercedは、大きいサーバーのために使われる。対照的にみれば、モトローラのロードマップに従うと、G5はデスクトップコンピューティング向けに設計されている。G5-計画は、モトローラが現在のG4の仕事をやめ留ということを意味するのではない。Microprocessor Reportによると、現在のプロセッサーはsilicon-on-insulator技術の方へ移行する。この製造プロセスによれば、従来のバルク-CMOSプロセスより、マイクロプロセッサースピードを最高35パーセント高めることができ、あるいは、同じスピードでのパワー消費を最高65パーセント減らすことができる。Swearingen氏は、SOIを使ったG4が出荷される時期について言わなかったが、モトローラが「研究室の中で数年間働いているSOI G4s」を持つことを認めた。

macweekCOMによれば、 Schiller says no CHRP OS X とか。
アップルのProduct Marketing の副社長Phil Schillerによれば、Mac OS Xの次のクライアントバージョンは、IBMの新しいCHRPに基づくPowerPCマザーボードスペックで作られたサード・パーティーシステムの上では、使えないようだ。
シラーによると、無料でサード・パーティーハードウェア開発者にPowerPCマザーボードデザインをリリースするというIBMの決断は、Linux市場にRISCプロセッサの浸透を増やしたいというチップメーカーの欲望によって動機を与えられた。開発者がダーウィン(CHRPに基づくシステムのために発展するアップルのopen-source OS)を使用することができる反面、シラーはMac OS Xのクライアントバージョンは、わずかG3かG4プロセッサで用意をされたアップルハードウェアの上で動くのみだと言った。(Common Hardware Reference Platformの省略=CHRPは、PowerPCパートナー、アップル、IBMとモトローラを含んだコンソーシアムによって、Macクローニングの日の間に創られた複数のOSハードウェア標準である。
他のOSフロントの上で、シラーは2000年初期に、そしてひょっとすると1月のサンフランシスコでのMacworld Expoで、まもなくMac OS Xクライアントを発表するアップルの意図を繰り返した。また、彼がMacweltに話したことによると、
アップルは、まだこの次のMac OS 9の上でMac OS 8.5と8.6の所有者に特別なアップグレード価格付けを提供することを考えている。現在のMac OSの次の版は、10月出荷、99ドルである。しかし、アップルにはSherlockをWindowsに移植するという計画は全然ないようだ。「Sherlockは、我々が他のプラットホームとMacの競争的なアドバンテージを強くするために使用するMac-onlyなアプリケーションとして残る」と、シラーが言った。アップルのマーケティングのトップは、株と天気予報、電子メール、コミュニティ機能や他のサービスのようなユーザ機能を提供するそれ自身のポータルサイトで、アップルがWebコンテンツにマーケットを破る可能性について、より曖昧だった。「私は我々がそれを持つと、言っていない、しかし、また、私は我々それ1を持たないとも、言っていない」と、シラーが言った。
最終的に、シラーはいくつかのMac消費者の心を略奪していた質問にうまく答えた:
なぜ、iBookはマイクロホンポートを含まないか?
シラーによると、アップルはマイクロホンが携帯用のコンピュータの中でメジャーな役割をまだ演じないので、コストに切ってやる機能を省略することを決めたという。彼が、マイクロホン-を持たないiBookユーザにサード・パーティーのUSB周辺機器を参照させた反面、またシラーは、消費者ポータブルの将来の版にて、audio-inを内蔵する可能性を差し出した。

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/17 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1868名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、Powerbook G4 to be the next Apple revolution ってのがあった。
次のアップル革命であるPowerbook G4
来年のWorldwide Developer会議(WWDC)は、ショーの1つの地獄であるかもしれない。
マックOS X Clientの保守的な発行日時として、これをアップルソースが見るだけではなく、それは、Powerbook G4の発表のための現在の最高-推定日時である。
このUMAベースのコンピュータは、劇的にパフォーマンスを上げ、かなりバッテリ寿命を増やして、重さとサイズを減らしている。そしてもちろん、iBookや他の全てのUMAのMacで見られるように、強力なSave、Sleep/SaveとShut Down機能を持っている。これらの詳細は変更されうるが、PBG4のための最新の仕様のうわさが、ここにある:

これで全て。本当に感動的な機械のこれらのスペックは、正確である。
特別な関心の一つの注:もしもレポートが、信じられるものならば、このマシンは、また、iBookの「消えて行っている」スリープライトを受け継いでいて、スリープしているとき赤らんだオレンジで、そして、ONの時緑になる、2色のLEDを含むかもしれない。

Sonata to improve multitasking, MP performance

 

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/16 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1869名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

appleinsiderによれば、 "Yikes!" Last-Minute Changes Confirmed とか。
挿入物としてニューズウィークの最新号に添付された新しいPower Macintosh G4の広告は、最近我々の注目を引いた。
この広告は、アップルが初め400、そして、450 MHzの構成でYikesを観客の前で初めて演じる予定だったが、本当にその直前に心変わりしたことを示唆したプレ、ポスト-声明レポートを確認する。この画像の中で下で示されるように、アップルは明らかに新しいPower Macintosh G4の4つの構成を提供する予定だった。ローエンドの構成は、両方ともYikes!(あるいは、ヨセミテ)-ベースのPCI Graphicsシステムである。うわさがあるが、広告業界において実施されている一般的な商習慣のように、アップルは新しいSystemsの声明に先立ち、この広告をニューズウィークに提出した、したがって、それはいくぶんoutdatedされる。ニュースの関連した中で以下の内部の噂がある。Sawtoothユニットの生産の準備ができているという、公式の声明がまだでていない。スティーブ・ジョブスの要旨演説の時だされた言葉によると、早くとも、アップル(Apple Online Storeを含む)からの全てのしるしが今から1月と示しているが、450 MHzのSawtoothユニットは、この次期あたりに出荷開始されるはずである。 Click Here for a Full-Sized Image.

メモリーの最大値とか、Max.Memory Bandwithなどを見ると、下位2機種が同じマザーボードだってのが解りますね。

 

 EMailが来た。ちょっとご紹介。

 

Mac the Fork が更新されていた。昨日書き忘れてた。1999/09/14 Dolphin   面白かった。

しかし、来年には1GHzのG4が出るという話がexpoの記事あたりに書いてあったが、モトローラのプロセス技術で来年出荷が出来るのだろうか?疑問に思った。Appleの要求通り、G4の他社への出荷をAppleの制御下に置く替わりに、モトローラからのみG4を購入するという約束があるという噂らしいが、そうすると、SOI、Copperなど高速技術を持つIBMが1GHzのG4を作るということは、なさそうだし・・・・本当に作れるの?元車屋さん?? でも期待してます。

ところが・・・・

xlr8yourmacによれば、Motorola CPU Roadmap: という投稿記事があった。最新のモトローラroadmapが、ここで入手可能である。それによると、G5が0.10ミクロンw/SOIプロセスで出荷させると言うことと、G4がSOIに『移行している』ことを示しているようだ。G5は、拡張可能なアーキテクチャを持ち、新しい(より多くの)ステージパイプラインを持ち、32-64-bitインプリメンテーションで、新しいバストポロジーを持つ。その響きは、このように(60xコアの後続の派生物ではなく、)真新しいデザインのように聞こえる。私が考えるに、(少くともSPEC95では)G4よりAthlonが確かに少々速いと、指摘する価値があるが、2倍(2200万のトランジスタ対1050万のトランジスタ)は、より複雑である。
喝采(Wei-Mun)

pdfを見てみると、以下のように書いてある。G4は最終的にはL2キャッシュをダイに乗せ、SOIで1GHz迄やるって書いてありますね。G5は2GHzまで、最初からSOI付き。

日刊工業新聞9/15 P5に、気相成長ダイヤモンド膜 金属で研磨 チタン・アルミを使い0.05nμm以内に  という記事があった。東北工研、アプライドダイヤモンドは、共同で研魔法を開発したらしい。従来ダイヤモンドの研磨には、ダイヤモンドを使うしかなかった。気相成長ダイヤモンドは治・工具コーティングや、ダイヤモンド半導体、フラットディスプレーなどの用途があるが、平滑化が難しく、大規模な実用化が難しかった。新しい研魔法は化学的研魔法で、ダイヤモンドが炭素であることに注目した。チタン・アルミ金属間化合物の円盤を回しながら気相成長ダイヤモンド膜に接触させ、摩擦熱でチタンと反応させる。炭化チタンになったぶんだけ炭素=ダイヤモンドが削り取られる仕組み。円盤を3000rpmで回し、5分で0.05nmの平滑度になった。常温常圧。ダイヤは熱伝導が良いので、熱伝導シートにも使われてますね。半導体にも使われるといいんでしょうね。

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/15 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1871名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、Apple hand-held could be based on Handspring Visor とか。
Appleのハンドヘルドは、Handspring Visor をベースにしているのかもしれない。
Handspringの企てたアップル買収未遂の事実から描かれる

Visorと名づけられる注目に値する新しいPalm OSに基づくhandheldの中でメーカー、Handspringの未遂のアップル買収の長く知られている事実から引き出された論理的帰結のようなものの中で、アップルが近い将来とるかもしれない、ありえそうな道のうちの1本は、アップルが修正したPalm OSとApple-の作る「Springboard」拡張装置を付けた、Handspringベースのハードウェア装置を出すことではないだろうか。Springboardオプションが、サード・パーティーのどんな数にもVisorの能力を拡張することができる小さいハードウェア装置を創る機会を提供する−たとえばページをめくるとか、無線でインターネットにアクセスするとか。アップルが、そのユニークな、ニュートン-ライクな Palm OSの改善と、AirPortを支えるいくつかの追加ハードウェアを入れることは、ほとんど確実である。(多分、これは節約するため、2 Mbpだろう。このスピードは、2、4、あるいは、8 MBのRAMをもつPalmユーザの必要性よりはずっと速い。)これが最初の憶測であることは、強調されるべきである;しかし、このうわさのために確証された事実が、強い根拠である。

O'Gradyによれば、Wireless Internet Access Through Your Visor?  とか。
Visorとともに、また、Handspringは無線のインターネットアクセス、双方向通信とオーディオ再生のような能力をhandheldsに加えるためにそのSpringboardプラットホームを発表した。この会社のプレスリリースによると:Springboardモジュールは、現在入手可能であるか開発中であるが、以下の物を含む。電話、pagers、GPS、リモート・インターネットアクセス製品、MP3オーディオ・プレイヤー、ボイスレコーダー、デジタルカメラ、smart card 読み取り装置、バー・コードスキャナ、フィールドデータ取得プローブと、アプリケーション、にリファレンス、ゲームを含む内容モジュールなど。・・・多分Airportコンパチの無線のネットワーク能力?
またHandspringは、Springboardモジュールのための、全ての必要なドキュメンテーション付きの無料の開発キットをリリースした。内容は、Springboardスロットのために電気の仕様、モジュールのためのソフトウェアアプリケーションプログラミングインタフェース(API)、このスロットのための機械/電気のデザインガイドライン、Visor製品のための機械の図面;コンポーネントをsourcingするための承認されたベンダリストを含んでいる。Visorは、コネクターAPIと仕様を育成して、マーケティングとコンパチビリティガイドラインを連合させた。

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/14 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1869名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

appleinsiderによれば、 Next-Generation iMacs to Pack Luxuries とか。
Apple Expo Parisの間に、アップルは、次世代iMacパソコン:コード名Kiheiの多数のバージョンを紹介するという噂が立っている。別のソースは、新しいiMacは、一つの構成(プラスチック樹脂の多数の色合いで)でデビューするという。すでに多くの人が知っているように、このiMacは、初めてコンピュータを購入する人の混乱を省くために設計された ―消費者にわずか色の決定を残して。産業アナリストによると、このiMacの多数の構成を売買する試みは、彼ら自身の足を撃つのと等価である。それによる混乱が消費者の中で起こっている。(多色販売に関するいろいろなデメリットがあるということだろう)
その代わりに、町で言われていることは、アップルがもう一度iMacラインを横切ってシングル構成を出すことによって価格パフォーマンスを増やすことだ。ずっと以前に言及されているが、新しいモデルは、コード名「C2」と噂される、ブランドニューlogicboardベースに形成され、完全にアップルの新しいSingle Common Unified Architectureに対応している。C2マザーボードには、 2x AGP graphicsや AirPort slot(現在、アップルの4つの製品ポイントを横切る標準になるとうわさされる) 、FireWire が付くだろう。最新のレポートでは、New iMacには一つの FireWire に、12 Mbpsのスループットができる2つのUSBポートも付く。また、DVDが新しいlogicboardsの上でサポートされる。現在アップルは、数ヵ月間動いているDVD VideoのiMacプロトタイプをすでに持っている。DVD-ROMドライブは、小売構成上の標準であることがありえないので、明白にボードは、CD-ROMもサポートする。たとえどのユニットが付いていたにしても、iMacの中で見つけ出された現在のCD/DVD-ROMドライブ・トレイ・アーキテクチャは、最も多くの車のCDプレーヤーにて見つけ出されたスロット-型機能に置き換えられるだろう。ユーザは、単にスロットへCDを挿入するだけで機械的に送り込まれる(そして自動的にejectする)。また、やがて決定されることはiMac改訂版のG3プロセッサのクロックスピードである。新しいユニットは、350MHz 又は400MHz processorで、100 MHzのシステム・バスで出てくるだろう。テストユニットが実際に出荷されるより高いクロックスピードで動くことは珍しくないけれども、iMacプロトタイプは、絶えず400 MHzで動いているのを見られた。信頼できる情報の提案では、より高いクロックスピードで動いている、より安いWintel PCと戦うのを助けるために、アップルは、400 MHzの機械を観客の前にデビューさせるべきである。新しいiMacは― その組み込まれたモニターの物理的な寸法を計算し、大きさが増加するのを期待されない。しかし、物理的なサイズの増加がなく、より大きな可視エリアの、新しい短い首CRTディスプレイの、いくつかのうわさがあった。
スピーカーシステムは、一方現在のバージョンの上のメジャーな改善であると、ソースが言った。これは、たぶんアップルが最近ライセンスを与えた新しい技術を含む結果である。最終的に、工業デザインの問題がある。
完全に再設計されたフォーム-ファクターでは、ユニットの下に直接、トラップドアを持ち、このユニットのメモリー拡張スロへのに、アクセスを改善すると言われている−−・・・
さらに、RF(無線周波数)シールドは、このユニットの外部シェルを作るプラスチックに、直接取り入れられると言われている。これにより、内部のシールド用アルミケース無しで、透明なケースを使え、内部が完全に見えるようになる。どういうわけか、新しいユニットがより早い日付に紹介されることになっていたならば、アップルがこのチャンネルからそれらをきれいにするために現在のiMacsの価格を999ドルまで切ると期待される。

(以下、いい加減です。)
より初期に言及されるので、このユニットの内側の船へのlogicboardがコード名C2に従うとうわさされる反面、新しいiMacプロジェクトは、コード-名Kiheiである。
また、このユニットは、内部に「P7」かProto7として参照文に引用される。
同様に、iBookが、「P1」かProto99として参照された、そして、「P5」としてのSawtooth Power Macintosh G4sかProto5が参照された。新しいiMacユニットの生産は、休日買い物をしている時期の前にこのチャンネルをあふれさせるために11月までにいくつかの百千を生産しているアップルで次の月曜日を開始すると言われている。
新しいiMacsは、$1199 USで小売りされるのを期待されるか、いっそう少ない。

 

Mac OS 9.0 Quietly Reaches Final Candidate

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/13 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1866名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

MacNNに、 G4 ROM Block issue があった。
でも量が多いので、寝坊して時間がない今日は敬遠しちゃいます。ごめんなさい。

 

 

読者の川野さんから情報を頂いた。ありがとうございます。

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/12 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1866名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

xlr8yourmacに、Sawtooth CPU Module: という記事があった。
読者から、Sawtooth(AGP G4)CPUモジュールに関するより多くの情報が送られてきた:

xlr8yourmacに、G4 CPU Temps: という記事があった。
G4についての読者の投稿では、私が最初にポストしたdocsから、G4の標準/最大消費電力は校訂されたようだ。
1999年8月27日改訂 (preliminary) 7400/G4 Specs PDF ドキュメント7400/G4 Specs PDF によると、
          400 MHz: 7.9W/15.5W
          450 MHz: 8.9W/16.3W

新しい数字を反映するために私の G4 First Look Article のスペック表をアップデートした。

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/11 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1866名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、Mac OS X Client retail target US $99?! とか。
最近MOSRが手にいれたアップルドキュメントによると、アップルは、来年初頭出すだろうMac OS Xの最初の市場リリースの価格ポイントに、99ドルを狙っているようだ。これは、既存のMac OSと同じ価格帯であり、料金のライセンスをを要求するサード・パーティー製のコードをOSから一掃するアップルの最近の努力により、同様の利益マージンを得るべきである。・・・・・・・・

macosrumorsによると、"Yikes" to be cut by year's end, possibly much sooner とか。
信頼できるアップルソースからの確認された新しい情報によると、アップルは、― 全要求に応ずるのに十分なSawtooth motherboardsを生産することができるようになるとすぐに、「Yikes」と呼ばれるYosemiteベースのG4-PowerMac-モデルを段階的に排除する予定である。これは、年の終わりあたりに起こるのを期待される;いくつかのレポートは、十月遅くから11月始めにそれが起こる可能性があることを示している。

macosrumorsに、Apple Expo France: rumored details ってのがあった。
いくつかのレポートが言うことには、来週フランスで開かれるApple Expo Franceにて、アップルは、64 MB-RAM、FirewireとAirPortアンテナを標準で持つ、一つの構成の次世代「C2」iMacを公開するという。これは、熱く討論される問題を残す。それが起こるのであるにせよ、フランスは不確実である;そこでなくても、それは近い将来、起こることだ。
増えているレポートがそれを提案するが、アップルがC2を発表する時、..iMacのためのマーケティング策略としてこの使用されるとますます推測される、長く待たれたMacユーザのための、アップル-商標を付けられたインターネットサービスとともにインターネットPortalを発表するという。無料の56 kのインターネットサービスは、極限のインターネットコンピュータとして「我々の残り」のために売買される製品の上の本質的な販売ブースターであることがありえた。特にありそうな一項目は、OS 9をより詳細に見れることである;MOSRのようなサイトが本質的に、この次の製品の全てのベースをカバーしたとき、アップルの所有する非常に多くの新しい機能(特にマルチユーザセキュリティ)のスピン:疾走?を聞くことはためになる。この場面の後に、ヨーロッパのMac市場の中の影響力があるプレイヤーは、広範囲にこのiBook、Sawtooth G4とひょっとするとアップルPalm(そのうわさされたAirPortサポートで)、C2 iMac、そして、次世代UMA Powerbookもデモンストレーションと概況説明を与えられるのを期待される。

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/10 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1865名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

NewerTechnology副社長に聞いたG4カードの未来:RogerKasten, Jr.氏インタビュー
「G4チップはシステムバスクロックの9倍まで対応でき、PCIバス搭載Power Macintoshが50MHzのシステムバスでは0MHzで動かせる。しかし、バスダブリングという技術で,システムバスクロックを2倍にすることに成功しており,900MHzまでのCPUを搭載することも可能とのこと」「iMac用のG4アップグレードは今のところ考えていない。」 ・・・G4の消費電力から見て無理でしょうね・・・

O'Gradyに、The O'Grady Files: Processor Envy  があった。  かなり略・・・
我々、PowerBookユーザは、かなり幸運なグループである。それについて考えてみよう:
我々はこの惑星で最も速いlaptopsを使用している。そして、インテルはそれが400 MHzのG3のパフォーマンスに、マッチするポータブルプロセッサを出さなかった。インテルのモバイルPentium III(コード-名Coppermine)は、今月リリースされる予定だったが、予想したクロックスピードまで届かなかったのでそのリリースを遅らせた。Coppermineは2000年1月のあたりまで、ずれ込むようだ。・・・・・・
No vacancy・・・
PowerPageで最も尋ねられた一つの質問がある、「私のPowerBook xxxは G4upgradableであるのか」?
あなたがアップルに尋ねるならば、短い答えは、NOである。1997年の民事訴訟のため「upgradableであり」、アップルはどんなCPUも売らない政策を持つ。
「CPUが、daughtercardの上にある!」それは、upgradableなはずである「!」
これは、PowerBook G3とG3 Seriesユーザの中のおなじみの怒利の声である。
いくぶん真実であり、新しいPowerBookがCPU、キャッシュ、メモリーとROMを「プロセッサモジュール」上に載せて出荷すると言うことは正しい。Mac OSをスタートするブートROMは、この会社がサード・パーティーベンダにライセンスを与えない専売のアップルコードを含む。これは、もしアップルが劇的にその政策を変えなければ、サード・パーティーがあなたのPowerBook G3の中でG3カードを置き換えるためにG4カードを製作することができないことを本質的に意味している。
Supply and demand
アップルはセクシーなコンピュータで、新しいG4プロセッサをあなたに売る。わずか1社のG4ベンダ(モトローラ)しかない。これらにより、アップグレードに速いG4プロセッサに将来希望を抱いているPowerBookユーザのために、かなり陰気な描写を描く。希望の一つのかすかな薄光は、aPPLEがROMを所有するので、アップルがPowerBookのために理論的にG4アップグレードを製作することができるということである。それは、非常に大胆な企てである;結局、アップルはアップグレードビジネスから大昔に撤退しているので。・・・

MacNNによれば、 1394 Trade Association の議長のJames Sniderが World PC Expo in Japan,で言ったことに、800Mbで動いているシリコンの生産リリースで、来年には1394が加速され爆発すると言っているそうだ。

 

Vendors prep G4 peripherals

Mac the Knife: Trawling for chum

USB 2.0はIEEE 1394にかなわない  1394TAチェアマンのJames Snider氏が会見
「IEEE 1394では1600Mbpsのサンプル出荷が始まっている」

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/9 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1865名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、Apple planning multiple iMac models? とか。
非常に多くのレポートが今週入ってきたが、アップルは、1つ以上の構成で次世代iMac(C2=「Kihei」)をリリースするかもしれないという。詳細はまだ確認されていないが、これは最新のものである。2〜5種ほどのバージョンがあると噂されており、我々のお金の方から見ると3つのバージョンとも見れる。価格ポイントは、899ドルから始まり、トップは1399ドルのあたりになるのを期待される。
全ては、基礎的なC2 iMac機能を含む:

エントリ-レベルバージョンは333MHz G3 processor, 32MB RAM, 4GB HDD, 4MB のSGRAM、$899-$999.と噂される。ミッドレンジモデルは、366 MHzのG3プロセッサ 、64 MB-RAM、6 GBのハード・ディスク、8 MB-SGRAMと、400 MbpsのFirewireを2ポートと、specialホームビデオ編集ソフト付きで、1199ドル。最高級モデルは、標準のAirPortネットワークを含むかもしれず、400 MHzのG3プロセッサ、 64 MBのRAM、10 GBのハード・ディスクと、400 MbpsのFirewireを2ポート、とビデオソフトで、たぶん1399ドルだろう。再び言うと、これらの仕様と価格は、考えられたpreliminaryであるはずで、確証されていない。いろんなニュースソースがあり、多くの未処理事項が残っている。たとえば、2つのFirewireポートはあるのか?、全機種に標準で付くのか?、Appleはこれらを多色で出すのか、1色なのか?などなど。

Macintosh User Group、iBook Japan、POWERBOOK ARMYが、 iBook Launch Party を企画しています。O'Grady's PowerPage を主宰するJason D O'Grady 氏を囲んで,iBook,PowerBookを中心に,Appleの今後のポータブル製品について,語り合おうというオープン・パーティです。参加資格はございません。どなたでも参加いただけます。ぜひご参加下さい。

The Apple Store (日本) にてPower Mac G4のオーダー受け付け開始
Apple Storeで、プロフェッショナル向けデスクトップ「Power Mac G4 (400MHz)」のオーダーの受付を開始したようだ。http://www.apple.co.jp/news/1999/sep/06g4.html 

また、データシートも出てきた。PowerMacG4_ds.pdf 347K 4ページ

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/8 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1866名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

appleinsiderによれば、 Apple Seeds Sonata Beta 7 After Beta 6 Corruption Bug とか。

Shark Power Macintosh G4s to Deter Processor Upgrades

Images from the Apple Booth at Seybold

macosrumorsによると、Blue G3/Grey G4 upgrades -- good news!  とか。
Appleinsiderの我々の友人と密接に働いて、MOSRは進行中の努力の中でそのプロのコンピュータをupgradableにしておきたいというアップルの気持ちを識別するための、2つの非常にポジティブな開発を確認した:非常に重大だが、この会社が最新のBlue G3 FirmwareにインストールされたG4アップグレードブロックのためのコードを含む予定になっていることは、信頼できるアップルソースによって確認されていた。明白に、ブロックコードを開発するという決断は、アップルの中でも非常に物議をかもしたようだった。・・・略・・・
より最近のバージョンが暴露されたならば、Boot ROMがメインのボードの上で住み続けることは明白だった、そして、ないでなく明らかな障壁が新しいG4sのために長い間来るためにアップグレードされるためにハードウェアもソフトウェアにもない。もう一度最新のバージョンのケースが開けられ、Boot ROMがメインのボードの上にあり続け、そして、新しいG4sのために今後長い間、アップグレードするための明らかな障壁がハードウェアにもソフトウェアにもないことが明白になった。関連した注の中で、我々が数人のサード・パーティー開発者からそれを聞いて驚いた。彼らがBeigeとBlue G3sの上でsuccesfullyにプロトタイプ多数のG4アップグレードボードを使用したことをその持つだけでなく、・・・また、最も少なく一つの128-bit、「backplane」としてのMaxBusが信じられないほど効率的なinter-プロセッサ通信のために、使用するこのプロセッサとキャッシュチップのためにバスで運ぶ改良されたパフォーマンス−、などを使用した複数のG4カードのために、proof-of-conceptがテスト終えている。しかし、まだ全てのupgradableなPowerPC Macと彼らの64ビットの「60x」バスプロトコルと互換性を持っているという。多くの消息通が以前に2000半ばから遅くまで、Macに適用されることを期待しなかったMaxBusは、これの中でもドラマティックな利益にわずか部分的な実現を提供することができた。

 

 

 

pbzone によると、Mac OS 9 Nears Completion  とか。
我々は週末にアップルの次期オペレーティング・システム(MacOS 9)の最新のベータを使用した。そして、その安定性に非常に感動した。9/3に beta 7を受け取ったが、一時間使って、一回もクラッシュしなかった。これは、このOSが"Final Candidate"に近く、まもなく"Golden Master" になることを証明している。
我々は、みんながこのアップデートに非常に満足すると思う。

pbzone に、G4 Pictures という記事があった。
読者の投稿で、AGPモデルのdaughterboard、G4のロジックボード、ブロック図、モデム、アンテナ配置などの写真が載っている。http://www.power-macintosh.com/G4/  にて。いろいろ写真が有るので、ここに見に行ってね。

 

 

ところで、AGPタイプの Block Diagram があった。ちょいと借用して。

これを見ると、昨日の予想は大はずれで、UniNorthが使われている。さらにUniNorthからは、当然、SDRAMとAGPバスが直結で、PCIバスが出ているが、iBookと違い、BootROMは直結でなく、さらにPCI-PCIブリッジチップを経由して、PCIスロット、BootROMと繋がっている。すると、ど真ん中上のチップはPCI-PCIブリッジで、CPUの右、SDRAMとの間の辺の裏面にあるのがUniNorthのようだ。Ethernetをわざわざ別のチップ追加して載せたのはどういう訳なのだろう?USBは32ポートとも、KeyLargoから出ており、コントローラーが2つかどうかは解りませんね。片方のUSBポートAコネクターからAGPの方に線が出ているのはどういう訳なんだろう???USBポートBからはmODEMスロットに向いて線が書いてあるし???

わからん。ま、そのうち、Takさんが書いてくれるでしょう。

 

MACお宝鑑定団 経由Japan Apple Watch にて、22インチのApple Cinema Displayのメーカーが、LG社製らしいとのことですね。なるほど、9/2の記事に書いてありますね。韓国からの投稿があったとのこと。
LG-LCD にある、22.0" Wide  てーやつですか。詳細は見えないようだけど。・・・

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/6 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1867名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

appleinsiderに、 Inside Detail Comparison of the Power Macintosh G4s  という記事があったのを見逃していた。

{鼎:これを見ると、CPU-Plug-in slotは新しいもので、上下に止めネジらしい物があり周囲が広く空いていて、Processorボードが大きく重いものでも可能になる準備がされているようですね。
また、マザーボードの裏面に、North Bridge他の2〜3個のLSIが半田付けされているような形跡が見て取れます。もちろん、見えませんが、電源のデカップリング・コンデンサーや、スルーホールなどがFLAT-PACKAGEの格好のように並んでますね。
Processor-Plug-in slotの上、ど真ん中よりちょい上のやつが、たぶんNorth Bridgeであり、右下がSDRAM Slotですね。
左にAGPやPCI-slotがあり、すぐ右にTSOPのFlushEEPROMらしいのがある。end鼎}

Power Mac G4 Version の相違点
  Power Mac G4 (PCI Graphics) Power Mac G4 (AGP Graphics)
Processor G4 w/ jumper (400) G4 w/o jumper (450, 500)
Logic Board Blue & Whiteに似ている
ADB connector無し
診断用 LED無し
New, Core99 チップセット

診断用 LED無し
Bus 100 MHz, 60x bus 100 MHz, Max bus
Memory PC 100 SDRAM, up to 1 GB PC 100 SDRAM, up to 2 GB (HW)
Video Rage 128 PCI Rage 128 AGP
AirPort 無し Optional
USB Blue & Whiteと同じ 独立の2つのコントローラー
FireWire Blue & Whiteと同じ logic boardに内蔵
Ethernet Blue & Whiteと同じ New (DEC 21143 Enet controller)
Modem Blue & Whiteと同じ New (requires modem filter)
PCI Slots Blue & Whiteと同じ 1-AGP slot and 3-PCI slots
Hard Drives Ultra ATA/33 Ultra ATA/66
CTO option: Ultra2 LVD SCSI
CD/DVD Drives 32x CD
(new short carrier)
Audio cable
DVD configs のみ
(new short carrier)
audio cable
なし
DVD Video Hardware decoder ソフトウェア-デコーダー
Power Mgmt Blue & Whiteと同じ New (lower power sleep)
Chassis New, p/n 922-3983 New, p/n 922-4045
Power Supply New, p/n 661-2256 New, p/n 661-2256
Frnt Panel Brd Similar to Blue & White New (no power/FireWire
connectors)
I/O Panel Sound ports horizontal Sound ports vertical

{鼎:USBが、独立の2つのコントローラーを持っているって所は最新情報だ!!。これまでの全てのパソコンではUSBは一個しかコントローラーを持っていなかった。すると、USBの2機種の相手と12Mbpsほどの最高速同時通信をやろうとしても、早くならなかった。これがコントローラーを2個別に内蔵することによって、当然2個までなら最高速で通信できることになる。最近のようにUSB機器の種類が増えてくると、スキャナーとMOなどのように、同時に高速が欲しくなる機会が増えてくる。これは他のパソコンに対し大きなアドバンスだ。もちろんFirewireを3ポート持ち、IDE、Ultra-ATAを内蔵しているので、SCSIを内蔵していない替わりはもちろん足りてるかもしれないが・・・。
も一つ、気になることは、Ethernetが、DEC 21143 Enet controllerを使っていることだ。iBookで使い始めたNorth Bridge:UniNorthには、10/100のEthernetコントローラーを内蔵しているのに、わざわざDECのチップを使うということは、やはり、North Bridgeは、iBookのUniNorthではなく、G4対応の新しいチップセットなのかもしれない。今思ったことだが、iBookなど当然シングルcpuのマシン向けのNorth Bridgeとしての名前だから、UniNorth!===uni===なのかもしれない。
すると、今回のマルチプロセッサーむけのNorth Bridgeは・・・MultiNorth・・・かな???   end鼎}

 

Pierre Design さん、ご紹介ありがとうございました。

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/5 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1867名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

デベロッパー各社がVelocity Engine対応製品を開発 に書いてあったけど、やっぱり、ベクトル処理ハードだけの名前ではなかったようだ。
「Velocity EngineにはG4 CPUと一体化されたベクター処理ユニットと,162の新しいオペレータ機能拡張ソフトウェアが含まれる。」って書いてある。ハードと機能拡張ソフトを合わせた名前だったんですね。

xlr8yourmacに、More on Sawtooth CPU Modules: More insider reports on the AGP/G4 model CPU modules:   てのがあった。
AGP/G4 モデルのCPU モジュールについてのインサイダーの情報があったようだ。
ROMは、確かにマザーボード上にある。私はSawtoothを見た。CPU daughtercard上の唯一のチップはPPC CPUと2つのキャッシュSRAMチップである。また、私は、マザーボードにフラッシュROMの場所を見つけることができた。CPUカードは、もはやZIFでない。それは、いくつかの新しい種類のコネクター(非常に変な外観)である。このカードは、確かにちょっと大きい、そしてたくさんの無駄なスペースがある。
この新しいフォーマットは、将来のカードにて複数のG4 CPUsをサポートするよう設計できるという印かもしれない。(ZIFは確かに、ローからミッドレンジのシングルのCPU 603e か750システムのための標準として設計されたものだ。それで、マルチプロセッサの使用のためには、それは全く適当ではない。)
これは、ROMの場所についての前のレポートに反する情報だ。しかし、標準のZIF形式でないという事実について一致している。最終的なシステムが出荷された時Sawtoothマザーボードの詳細を我々は知ることが出来、標準のZIFソケットを持たないかどうか、クリアになろう。ROMがこのモジュールの上にない限り、将来のサードパーティーのアップデートの可能性があるだろう。

鼎:これは、最上位機種G4マシンでは納得のいく話だ。G4の真骨頂は、なんてたってマルチプロセッサーであるのだから。ZIFのままだと、面積など無理がありますからね。しかし、CPUアップグレード市場を閉め出す目的があったのならNorth Bridge:UniNorthまでCPUボード側に入れる可能性もあったのだが、L2キャッシュだけでなく、SDRAM-DIMM、AGP-GraphicチップなどまでをCPUボード上に置くのは、さすがにDIMM-Soltとか場所や取り付けなど、無理がありますからね〜!  また、AGP-busなどをコネクターでマザーボード側に出すという逃げ方も考えられますが、信号長が長くなりこれも無理があります。

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/4 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1864名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、All that Supercomputes.... があった。
メディアの中のたくさんの人々は、G4の新しいVector Engine(あるいは、現在、ほとんどの人々がAltiVecとして知っている)から生じるパフォーマンス増加を軽視している。

彼らは、Vector Engineと同様の何かをするつもりだったインテルのKNI(MMX2)で起こった問題と、それが今までのところ大した成功がないと言うことを指摘している。もちろん通常通り、たくさんの主流コンピュータ産業は、このポイントを見のがしている。

インテルのマルチメディアと3D拡張は、実際のパフォーマンス強化というより、マーケティング戦略として創られた。Pentium IIIのためのインテルのコマーシャルを見れば気がつくだろう。それでは、インテルはPIIIをインターネットのHTTPのための最適な物としてマーケティングしている。もちろん、あなたのインターネット経験が主にあなたの接続率に依存し、あなたのプロセッサの能力ではない。PIIIがすることができる全ては、2、3のプログラムを早くすることである。(非常に、非常にほんの少しだが)インテルは宣伝に彼らのPIIIとともにインターネットを望んだ−もちろん、彼らはPIIについてPIIIの入れ物で何かをしなければならなかった。

もちろん、それは全てのマーケティング問題である。テクニカルな見地からも、最適化されたコードについて話しているとき、インテルからのどれよりも、G4のベクトルエンジンは、かなり良い。インテルのMMXとKNIは、加速できることが限られている。しかし、G4のベクトルエンジンは、ほとんど、どんな大きい計算も速めることができる、まさしくマルチメディアでなく。ベクタエンジンは、PIIIの付加物より、多くよりよく設計されており、そして、最適化されたプログラムのために、多くよりよいパフォーマンスを生みだす。もちろん、また、G4は銅のチップであり、より少ない消費電力で、より低温で動いて、最小限度のデザイン変更でこのプロセッサを、より高いクロックスピードまで上げること出来ると言うことを意味する。G4の銅配線は、それ自身によりよい解決を与える。しかし、Vector Engineの先進の能力の中で加わることによって、G4のために最適化されたどんなコードも、最適化されたコードで同じスピードのインテルPIIIに対する巨大なパフォーマンス増加を持つ。Optimizedコードは、もう一つの問題をもたらす。最適化された、たくさんのコードが、このPIIIのために出ていない。本当にちょうど2、3のインターネットプラグ・インくらいだ。主要なオペレーティング・システムが、PIIIのために最適化されておらず、そして多分近い将来のどんな時も、最適化されないだろう。ということは、そのコードを最適化するアプリケーション開発者に至るまで、ということを意味する。Windowsのプログラムを書くためのほんの少しのメジャーなツールが、再コンパイルで最適化する能力を実際に持つが、最適化をするための簡単な方法はほとんど無い。Macプログラミングコミュニティの大多数によって使用される、Metrowerksの傑出した開発プラットホームCodeWarriorは、今、適切な最適化を再コンパイルすることでサポートする。もちろん、最も素晴らしいパフォーマンス利益のためには、いくつかのマニュアルでのコードの手直しを要求されるが、ほとんどあらゆるアプリケーションは、単純な再コンパイルで、目立つパフォーマンス増加が得られる。G4のベクトルエンジンが、PIIIのKNIユニットが蒙った苦難にぶつからないであろうもう一つの理由がある−--OSは最適化されるだろうということだ。また、このハイエンドのプロセッサを走らせる機械の大多数は、少くとも部分的な最適化でMacOSを走らせている。アップルにはG4のためにMacOS 9のいくつかのコンポーネントを最適化するという計画があり、そして、MacOS Xは本質的な最適化をされるだろう。全システムは、より先進のプロセッサのパフォーマンス増加で利益を得ることができる。マイクロソフトは現在PIIIのためにWindowsを最適化する予定がなく、彼らがMMXを採用する前に、長い時間とった。マイクロソフトは、彼らの古いシステムのサポートを止めることによって、そのビジネスユーザの大部分を疎外しようとは思っていない。アップルは、今後さらにビジネスの方を追求することをちょうど始めた。そして、G4のための最適化コードは、本当にそれらの個人の多くを疎外せず、アップグレードはほとんどあらゆるG4のシステムのために入手可能になるだろう。しかしMacOS Xで、アップルは、より古いPowerPCチップのためのサポートを落としている。G3はこの最低限であるので、彼らは彼らのユーザベースのわずか最低限を疎外する。より新しいG4ベースのシステムにアップグレードし、MacOSのより最新のバージョンを動かしている古い機械の最も多くのユーザは、このシステムに費やしたお金を彼らが早く作るほど、かなり十分に彼らの生産性を増やす。

macosrumorsに、C2 "Kihei" iMac update があった。
ソースは今日、次世代iMacのいくつかの詳細を報告した:

 この見地のより明白な描写は、まもなく入手可能なはずである。

 

TechWeb Microsoft,「Office」をインターネットで提供へ

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/3 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1866名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、OS 9.0, Quicktime 4.1 to introduce basic Velocity support  とか。
いくつかのアップルソフトウェアの次のバージョンは、Altivec「Velocity Engine」のために基礎的なパフォーマンスの最適化を含むのを期待される。さらに最適化すべき多くの場所が、まだある−OS Xが、その全コンポーネントを通して、ほとんど完全なVelocityサポートを含む最初のメジャーなアップルリリースになるだろう−しかし、 OS 9.0 (そして伝えるところによると、そのメジャーな機能の一つ:Sherlock II)は両方とも、新しいQuicktimeリリースと同様に、来たるべき1月のMacworld SFかまたははそれ以前にQT 4.1のタイトルの下に出荷されるだろうことを期待するように我々は言われている。
また、アップルソースからのレポートによると、我々は、非常にひょっとするとまもなく、それ以後というよりはむしろMacworld1月とWWDC 2000の翌5月の間のいくつかの時間に、G4 Powerbookを期待するように言われた。現在の「ロンバード」マザーボードが完全に同じ時それでUMAに基づくボードによって置き換えられることは、非常にありそうである。もしもうわさが、信じられるならば、G4プロセッサを550MHz-1GHzで動かす為に、メインバスは100 MHzを使うようだ。

macosrumorsによると、Powermac G4 upgrades may still be possible とか。
アップルからの新しい情報が、確認する:
新しい「Sawtooth」G4sは、CPU daughterboardの上にBoot ROMを置いている。しかし、一つのものが、特にメモにとって重要である−Sawtoothは、他の3つのアップルコンピュータとの間に、一つ、相当な違いがある。
このdaughterboardの上にRAM(これらのモデルの上では、SO-DIMM)を置き、全のメインバスを置いてある。これらのシステムは、わずかこのdaughterboard(技術的にこの場合、それはマザーボードである)と他のシステムコンポーネントの間にPCIインタフェースを提供する。Sawtoothの上では、メイン・メモリは、このdaughterboardの上にない;それは、4つのフルサイズのSDRAM DIMMスロットで、マザーボードの上に置かれている。これは、このdaughterboardのコネクターは、アップグレードを接続するために使用できるメインのバスインタフェースを提供する、ということを意味する。これらのアップグレードは、Boot ROMを迂回することなく既存のCPU(あるいは、それと平行の第二のプロセッサとしての行為も)を迂回することができるかもしれない。それは多くアップグレード会社に仕事を要求する、しかし、それは不可能でない。

 

pbzone によると、Apple Firing On All Cylinders-Four New Products in Four Months とか。
我々のソースによると、FireWireとDVDを持つと約束したiMacの次のメジャーな改訂版:Kiheiは、9月15日のアップルExpoパリにて、またはその後まもなくリリースするべくオンスケジュールであるという。しかしこの機械は、完成間近であって、やがて短い時間のもう一つの大当りの製品紹介が行われるはずである。MacWorldサンフランシスコでの時間通りの102の紹介によって、1999年7月21日から、MWSF 2000のための要旨の日:2000年1月5日までのタイムスパンの中で、アップルは、完全にその4つの製品ラインの各々をリフレッシュした。全般的に見て、アップル(特にこの会社の資金調達)のための非常に非常に明るい将来は見えなくすることはむつかしい。これを想像すると:Mac OS 9は5000-6000万ドルを注ぐだろう、Kiheiの販売が開始され、PowerMac G4の販売がスタートし、140000+台もの iBookの販売がすでにあり、それから強い『Bronze』PowerBookの販売は継続している。Jobsが火曜日にそれを置いたので、アップルは本当に「全てのシリンダをの発火させた」のである。

xlr8yourmacに、G4 CPU Upgrade tests in B&W G3: ってのがあった。
B&W G3での rev 1 とrev 2での 、XLR8 G4 CPU ZIF module の、私の最初のテストはBootしなかった。

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/9/2 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1865名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

pbzone によると、XLR8 Announces G4 Upgrades, First to Support B/W PowerMacs とか。

XLR8 MACh Carrier G4 - ZIF 。これで、G3システムをG4に出来、余ったG3はCarrierで他の古いMacに入れられる。 MACh Speed Control と、AltiVecユーティリティとパフォーマンス機能拡張がついている。

XLR8 MACh Speed G4z - Supercomputing for the PowerMac G3
MACh Speed G4zは、「beige」Power Macintoshョ G3所有者とXLR8 CarrierZIF所有者に対しG4パフォーマンスに与えるアップグレードを直ちに行うZIFベースのdaughtercardである。このボードは、単に標準のG3 ZIF daughtercardを置き換える。

また、アップルがBlue&WhiteのPowerMacsの最新のROMアップデートでG4アップグレードを使用不可能にしたが、このことのまわりについて働いている誰かがいたことは、素晴らしい。

xlr8yourmacに、G4 Systems: CPU Upgradeability: てのがあった。
G4 systemを選ぼうとしている人が考えたいと思うテーマが一つ。いくつかのソースからうわさがあったが、・・・
現在、Sawtooth(AGP G4)は、CPUモジュール上に、ROMが載っているように見える。これは、ライセンス問題の為、サードパーティーのアップグレードを困難にすることに気づいた。400MHz G4 (aka Yikes) はZIFソケットを持つと言われており、それで、皮肉にもハイエンドモデルよりもCPUアップグレーダブルであるという。(しかし、私は確証をまだ探している)

xlr8yourmacに、PowerLogix G4 Upgrades: てのがあった。
Powerlogixは、1 MBか2 MBのバックサイドキャッシュをもつG4アップグレードを発表した。
350 〜500MHz G4s は4th Quarterにも出荷されると言う。

xlr8yourmacに、More on G4 Performance: てのがあった。
XLR8のガリーDaileyが、私の記事(下記の)にコメントを送ってきた。
基本的に一般のG4パフォーマンスは、G3の同じ周波数のそれに匹敵する。追加のパフォーマンスは、FPUとAltiVecによってドライブされる。FPU(Floating Point Unit)計算は、科学的/数学的なアプリケーションの中で通常使用される。
注:また、いくつかのQuakeのようなゲームが、非常にFPUを使用するかもしれなくて、利益を得るかもしれない。しかし、多くが整数計算を使用している。AltiVecは、アプリケーションごとに、それ専用のカスタムドライバーを要求し、それによって追加のパフォーマンスを提供する、velocityエンジンである。

G4 Processor ってとこに、Intel Signal Processing Library Performance Specification があった。

500MHz G4 Processor with Velocity Engine,は Pentium III (600MHz) より平均で2.94 倍も早い。

 

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

Pierre designで、Seybold の写真がいっぱい発表されている。
第二段で、詳しい写真が出ています。Pierreさん、ありがとうございます。写真使わせてもらいます。

macosrumorsによると、Seybold update で、G4などの発表があったようだ。
新しいPowerMac G4と。22インチフラットパネルのApple Cinema Displayだ。

右後ろからのG4。サイドパネルは透明なwhite/silverになり、Blue G3の半透明のサイドを通して見える金属より磨かれた外観を提供する。
Cinema Displayは高価であり、このディスプレイは、より明るくて、より鋭くて、より大きくて今日市場に出ている何もよりもちろん劇的によりeye-pleasingする。
今日は、Macプラットホームのための驚くべき1日であった。
Sawtooth G4が、明らかに鋭く叫びたてるパフォーマンス前進で紹介された。
競争相手に何年も進んでいる機能で、心待ちにしていたCinema Displayが、まもなく出荷される。
そして、それの全てが、競争相手に対し、賢く仕様を決められ、値づけされ、そしてDVD-RAM、組み込まれた無線のネットワーク(わずか99ドルのアドインカード)など、長く求められた機能含んでいる。
(1499ドルという価格ポイントで400 MHzのG4の、半分のパフォーマンスを見つけ出せるかどうか、試してみてくれ!)

一つの面白いメモがある。450と500MhzのモデルがSawtoothボードを使用する一方、400 MHzのモデルは、ヨセミテマザーボードを利用する、とのことである。これは明白に直ちに400Mhzモデルを届ける必要による。そして、Sawtoothのより素晴らしいI/O帯域幅のより素晴らしい長所を手にとることができるhighest-endモデルのために、Sawtooth-特性の供給を節約するためである。

appleinsiderによれば、 Steve Jobs Announces Yikes! and Sawtooth G4s! とか。
Sawtoothベースのモデルは、2x AGPスロット、3倍のメモリー帯域幅と、2つのlower-endベースのモデル(Yikes)のPCIバスの2倍のpull-throughのようないくつかの強力な機能を包む!

ハイエンドの500 MHzは、27 GBのハードディスク容量をもち、256 MBのRAMとDVD-RAMで$3499。
450 MHzのPower Macは、128 MBのRAM、DVD-ROM Driveと20 GBのハードディスク容量で、2499ドル。
400 MHzのバージョンは、現在のヨセミテlogicboardで出荷され、10 GBのハードディスク、64 MB-RAMとCD-ROMで、1599ドルである。
両方のSawtoothベースのユニットは、内部のairport スロットと内蔵FireWireを含む。
ソースによると、ハイエンドマシンは、後2ヶ月以上はかかりそうだという。
これらの新しいユニットは、きらめく灰色と半透明の白いプラスチックで、サイドの「G4」レタリングなしで出荷される。Jobsは新しい、Pro のカラーを、silver, grey 、graphite.だと言った。
アップルの現在のディスプレイの三機種全ては、グレイカラーにリフレッシュされるだろう。Power Macintosh G4 システムはADBを持たないので、15インチflatscreenはUSBに移行する。
アップルは、また、最終的に「市場に出ている最も大きいLCDである」彼らの全デジタルの22インチ「アップルCinema Display LCD」を紹介した。このディスプレイは、フリッカーレスで、1024*1600の解像度をサポートする。

Jobs unveils Power Mac G4

Seybold crowds hail new Mac

 

pbzone によると、Newer Announces G4 Upgrades で、NewerTechnologyが、G4 Upgradeカードを発表したようだ。対応機種は以下の通り。 here   

しかし、BlueとWhite G3マシンでは、ROMのアップグレード問題で、動作しない。

  本日の 興味深かったお薦め記事:


[Home] [Linkし放題] [Fleamarket]