Macの奴隷の臍茶な話
渡邊鼎の!言いたい放談!

!言っちゃったNews! 

99/8/31 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1859名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、Seybold update  があった。
MOSRが重要な新しい情報を受けたようだ。
アップルは明日からのSeyboldにて、以下の発表を行うだろうと、我々は信じている。

アップルPRによると、明日の声明は「メジャーなニュースとして分類される」とのことで、
面白い出来事であるはずである....

macosrumorsによると、Sawtooth or not, G4 is coming.  とか。
サマセットPowerPC研究開発設備での信頼できる筋をもつ最近の会話が、重要な証拠を提供した−−全ての出現によって500 MHzのPowerPC 7400のチップの、(開発を)終えたone-offである、直接のデモンストレーションを含む−
モトローラは、アップルにSawtoothを渡すのに十分なG4プロセッサを提供するために生産を開始する準備をしている。今月遅くに、まもなく開始するはずである。しかし、この開始の日付と正確な出力ボリュームは、確認されない。これが単にモトローラがアップルのために準備したいくつかの最新のテスト-シリコンのシリーズを走らせるだけである非常に本当の可能性がある反面、このランがかなり大きいサイズである−というのがソースの意見である。-
そして、ほとんどPPC 7400の開発プロセスは完成しており、フル生産を開始するの前のテストシードはありそうもないようである。
最低線?
最初のUnified Motherboardに基づくMac-- iBook --は、すでに大量生産中で、そして、ほとんど出荷準備されているようだ。
明らかにアップルがそれらの準備ができると、すぐに、G4sを製作し始めるためにモトローラは準備完了している。
伝えるところによると、ATIは、アップルにAGPグラフィックスカードを供給する動きをしているようだ。
Sawtoothが確かに我々の近い将来にあるかもしれないようである....

 

 

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/30 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1857名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

xlr8yourmacによれば、・・昨日私は、 anonymous mail form を通して、G4 configsについてのたぶんにせ情報の、いくつかの郵便を受け取った。わたしは、この方法での入手情報の1/10もPostしないが、少なくとも面白かったので書いた。しかし真実は、 SeyboldのAppleの発表を待たねばならない。・・・とか。

 

Mac-Only Shareware Payment Service Launched

 

DOS/V magazine 9/15号に、狙え!1GHzオーバークロック という記事があって気になったもんで、買ってしまった。
PenIII-600の2.2V、水冷peltie2個冷却で9℃の時、744MHz。 33W超ということで、なかなか冷えないようですが・・
PenIII-600の2.2V液体窒素冷却で860MHz。
Celeron/500MHz2.3Vでは、水冷peltie1個冷却で22℃の時、633MHz。
Celeron/500MHz液体窒素冷却-100℃で、624MHzまで。BIOSのみなら773MHzまで立ち上がるが・・・

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/29 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1856名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

xlr8yourmacによれば、Possible G4s Configs at Seybold? とかの記事があった。
Seyboldで、あり得そうなG4の仕様は、匿名読者から寄せられたようだ。これは、最初のG4はG3を改造したもの(AGP無し)という初め頃のうわさを否定するものだ。

Config 1  400 MHz G4、 4X AGP、CD 、 8 GB Ultra DMA 66、 64 MB RAM、 $1599

Config 2  450 MHz G4、 4X AGP、 DVD、 8 GB uDMA、 64 MB RAM、 $1999

Config 3  450 MHz G4、 4X AGP、 DVD、 18 GB uDMA、 128 MB RAM、 $2399
config 2とあまり違わない??

Config 4  500 MHz G4、 4X AGP、 DVD、 18 GB U2 SCSI (single)、 128 MB RAM、 $2999
( config 3がないなら、もっと安いかも?)

Server G4  dual 500 MHz G4 [?!?]、 4X AGP、 CD、 36 GB U2 RAID、 1000BaseT、 256 MB RAM、 $4999、 OS X Server

これは、まさしくうわさだが、・・・確かに面白く聞こえる。
C/ネットワークもアップルが新しいモデルを発表するかもしれないことを報道している、しかし、彼らは主に新しいiMac(DVD、firewireとRage128内蔵という噂)について言及している。

 

Apple stock nears $65  忘れてたら65ドル近くになってたんですね。

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/28 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==-名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、Sonata to ship within 45 days  とか。
アップルソースによると、Mac OS 9.0の出荷日は急速に近づいている。現在の見積りは10月中頃であり、9月遅くにGMの予定である。現在のSonata, Beta 5 のseed-buildは、まもなく新しいバージョン(Beta 7)に置き換えられる;最初のFinal Candidateになるかもしれないこのバージョンは、アップルの予想と同等になるまで繰り返されたテストサイクルの結果であるはずである。・・・より多くの詳細は次のSonataがシードされれば入手可能になろう;これは、7-10日で出てくるのを期待される。

Mac the Fork が更新されていた。1999/08/27 Vector     なるほど!

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/27 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==-名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

appleinsiderによれば、 Power Macintosh G4, Yikes!, Sawtooth Updates とか。
火曜日に、我々は現在進行中のプロジェクト:アップル(「Yikes」と名づけられる)が存在することの詳細を、最初に紹介した。それ以来、たくさんの信頼されたソースは、このあだ名とこのプロジェクトを確認して、いくつかの追加の詳細を加えるようになった。プロジェクトは、非常に本当に、時間がなくて非常に困っている。Sawtoothは、次世代Power Macintosh logicboard((このボードがG4チップで船に乗るけれども)G4のコード名)の名前でない。「Yikes」!は、アップルのプロジェクトのあだ名である。それは、G4プロセッサで用意をされた少しばかり変更されたヨセミテ(現在の)Power Macintosh logicboardを発送しようとする。このプロジェクトは遅れており、現在Sawtoothボードのプロトタイプは、8月か9月の予定が、9月遅くか10月頭あたりが期待される。明白に、重大な安定性問題がAGPグラフィックスなどにあるようだ。ソースによると、小売ユニットは、400と450MHzか、500 MHzのG4プロセッサ(入手可能性に基づいて)、64 MBか128 MBのSDRAM、16 MBのSDRAMグラフィックスメモリーと現在のPower Macintosh G3 Seriesに同様のハード・ディスク、ATI RAGE 128のグラフィックスカード、で出荷される。それに加えて、これらの新しいユニットがDVD-ROMドライブを、全ての構成の中で標準に入れる最初であるかもしれないといううわさがある。ソースによると、うわさの灰色と白い機械は、プロトタイプではなく、むしろ生産ユニットらしく、blueberryの代わりに半透明の白とAirPortグレイの、あるいは、「プラチナ」色から成り立つ。また、ソースによって眺められたPower Macintosh G4コマーシャルは、ケースのサイドには「G4」という文字を出さないと言われている。などなど。今日はここまで。・・ごめん・

 

Mac the Knife: Yikes! There it is

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/26 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1850名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

appleinsiderによれば、 Sawtooth Delayed; Power Macintosh G4s May Still Debut とか。
Sawtoothは、すでにおなじみであるが、アップルの「次世代」Power Macintosh logicboard(G4プロセッサが載るとうわさされる)のコード名である。アップルのiBook Consumerポータブルの中身のように、これのボードは、アップルの新しいSingle Common Unified Architectureに基づいている。とりわけ、これらのボードは、しばしばAGP(Advanced Graphics Port)の存在によって特徴づけられることができる。Sawtoothハードウェア(専門家向けの)が4x AGPスロットを特徴とするのに対して、iBookと次世代iMac(コード-ネーム=Kihei)は、2x AGPがサポートされる。我々がPower Macintosh G4についてSpecial Reportで言ったように、Sawtoothはアップルでの非常に押されたプロジェクトである。デスクトップエンジニアリング部門長によってセットされた当初のゴールが、この夏のいつか、ボードが最後の仕上げをされることになっていた。そして、この秋に内部のユニットを発送するはずだった。これは、ちょっとした奇跡である。メジャーなlogicboardの改訂版は、完成するまで、少なくとも平均12ヵ月必要だった。Sawtoothでは、まだ7か8ヶ月しか経っていない。logicboard改訂版が遅れたので、アップルは、外部にSawtooth logicboardsユニットを一つもシードしなかった。その代わりに、アップルは開発者に対し、G4を組み込んだGossamer(Beige G3)とヨセミテ(Blue&White G3)を提供していた。Macworldニューヨークの時点で、Sawtooth logicboardはまだ不安定だった。そのことはソフトウェアイネーブラを必要としていた。対照的に、ユニットで使われるG4のシリコンの版は、既知の安定性問題もなく、良く動作していた。オリジナルの遅れは、6月ごろと言われており、スケジュールし直されてテストユニットは、この秋のどこかで、および、市販ユニットは2000年1月に入手可能となるだろう。ともかく、「Yikes」という名のプロジェクトは、アップルのカリフォルニアの本部、Cupertinoの、空調された廊下で進行中だった。Sawtoothユニットが、彼らのtoo-optimisticな目標リリースの準備ができていないという、事実に経営者側が直面したとき、明白に、Sawtoothの開発サイクルの中のポイントに到達した。それゆえに、アップルは速くホリデイシーズンまでにG4に基づくシステムをユーザの手に渡すために何かをしなければならない。ソースによると、Yikesは、Yosemite logicboardの中のG4プロセッサを急に入れて、市場にこの箱を出すことができるプロジェクトであるという。実際は、これらのシステムは、より複雑でそれより刺激的である。これらのユニットで出荷されるヨセミテlogicboardは、少しばかり変更されると言われている。
ADBは、もはや付いて無い;アップルが心配する限り、この技術は、恐竜である。さらに、ソースが主張することには、新しいユニットは、FireWire bus... などを内蔵し、より多くのパワーを特徴とする。これらのユニットがヨセミテlogicboardに基づくので、アップルドキュメンテーションは、現在それらを「G4 PCI Graphics」システムとして参照する。Sawtooth モデルは、「G4 AGP Graphics」として明白に引用される。
このシステムは、100 MHzのシステム・バスを持つ。400 MHzと450 MHzのG4構成は知られており、そして、少しばかり別の状況で、500 MHzの構成も言及されている。現在まで、モトローラはG4(7400)プロセッサの入手可能性を発表しなかった;アップルがG4-basedシステムが本当に紹介される日まで、発表を寄せつけないように、そのチップメーカに頼んだといううそれがある。、新しいシステムの内部の残りのものは、現在のヨセミテPower Macintosh G3で作るそれらと同一である。アップルは、Power Macintoshモデルの現在のラインの上で、化粧品とルック&フィールで来たときのフィードバックのいくつかを本当に顧客に聞いているかもしれない、という話がある。"Power Macintosh G4," という公式名の新しいシステムは、新しい標準サイズのアップルUSB Keyboard(拡張されたキーを含む)と、標準サイズのアップルUSB Mouseを特徴とする最初のユニットとであるとうわさされている。明白に、グラフィックスプロフェッショナルは、あまり好意的に現在のキーボードとマウスを手にとらなかった。大きい会社は、彼らの現在のG3 Proモデルで、より応用自在のサード・パーティーバージョンで実際に全ての標準のアップルUSBキーボードとマウスを置き換えた。
意外に、ソースはアップルが7月からこれらのPower Macintosh G4ユニットのいくつかを生産していたと主張する。しかし、最も面白い部分は、これらの生産ユニットがBlueberryではなかったということである。複数のソースによると、Power Macintosh G4のこの最初のリリースは、現在のG3sと全く同じケースで、しかしマシンのサイドにG4というロゴを入れずAppleだけで出すだろうと言うことである。このユニットを見る機会を持ったソースが言うことには、アップルロゴとハイライトプラスチックは、明確にスモークグレイである。これらのユニットは、最終的な生産ユニット(プロトタイプかテストモデル)でないと言われる。アップルの広告代理業に近いソースによると、TBWA/Chiat/Day, は、この会社がPower Macintosh G4のために活発にコマーシャルを編集していたと主張する。そのような地点は上で記述された grey &whiteのPower Macintosh G4がArmy戦車で取り巻いたショーに言われる−この重要性は種々である。このコマーシャルは、「この空欄の中の一杯へのUp」のような対話で新しいユニットをPentium IIIに基づくシステムと比較すると言われている「:
時間Pentium IIIより速く「。」
「Yikes」プロジェクトは、一つの目的を届けるために発生する:
彼らが彼らがそれを望むとき、望むことを「この街」に与える。
これらのうわさされたユニットの紹介は、まもなくいくつかの時間であると言われる。
明らかに、アップルがこの灰色と白い色計画の中でこれらのユニットを発送することになっていたならば、それはディスプレイ提供を仕立て直すことを巻き込む...
しかし、少しそれの上のより多く後に。

 

きゃらめる通信1999/08/25 号によれば、こんな値段で出てますね〜!買う人がいるかも?

taMは10万切ったら買うかも???ケースが欲しいって?PB400を組み込めないかな????やめよう!

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/25 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1844名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、One Week with a G4:Sawtooth features とかの記事があった。
次世代アップルPowerMacs-- Sawtooth -- PowerMac G4は−ここにある。今日、我々はその新しい機能とその利点を一個ずつ調べている:

(翻訳精度が、悪いですが・・・ごめんなさい)

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/24 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1844名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

O'Gradyに、The Mobile Mac OS 9 とかの記事があった。
Mac OS 9は、以前はMac OS 8.7と言われており、コード-名はSonataであった。PowerPage labsは、Mac OS 9.0b5c3 を、RAMが384MB で10GB のHDDを持つLombard/400を含むいくつかのPowerBook上でテスト中である。Mac OS 9は、いまだベータソフトウェアである点に留意する必要がある。これはまだ公にリリースされていない。そして、それがリリースされる時間までに、我々が発見するバグは、申し出られるはずである。かっこいいマックOS 9のスタートアップスクリーンに加えて、いくつかのかっこいい新しいデスクトップが付いている。我々の現在のお気に入りは、Lime Horizon、Blueberry UnionとGrape Missionである。より面白いものとして、 Mac OS 9 のダイアログボックスを他の動いているアプリケーションの前にmini "sticky notes"として出す方法である。これまでは、あなたがEudoraでEMailチェックをしているとき、 Communicator がフォアグランドにいるときは、Eudoraは、アプリケーションメニューの中で、あなたの対応を必要としたと、あなたに知らせるためにアイコンをフラッシュさせた。Mac OS 9 では単に、あらゆる動いているアプリの前に、"sticky notes"を貼り出すのだ。この特徴は、少し最初のうちは悩みの種に見えたが、最終的によりよい解決である。もう一つの決定的特徴は、新しいバージョンが(QuickTime 4.0流に)出たとき、新しいOSのそれ自身をアップデートする能力である。我々は我々のQuicken2Kデータファイルをどんな詮索している人目にもさらさないのを好むので、この機能は、小さなOrweillianのようである。しかし、少しのパラノイア読者は、価値があると思うかもしれない。また、面白いのは、Web上のソフトウェアアップデートを見つけるOS 9の能力である。Newer uFlash-SM SmartメディアリーダーをUSBポートに接続すると、OSに該当するそれのドライバーを探して欲しいかどうか尋ねる礼儀正しいダイアログ・ボックスが現れる。マルチユーザと音声パスワードが、このOSへのメジャーなアップデートのための強い興味をそそる機能である。我々がロンバード/400の上で音声ログイン機能をテストしたとき、我々は楽しく驚き、それに満足した。リブートして、あなたの名前(そして、アイコン)をログインスクリーンから拾い上げて、「 "My name is my password."を話す。
Voila!
あなたは、中に入れた。
ログイン時の耐えがたい遅れや、マルチユーザーアカウント関連のクラッシュしたかと思わんばかりの長いポーズなど、いくつかの厄介なスピード問題が、ベータ5の中にあるが、しかし、我々はそれらが単に最適化されていないコードの機能だけであると期待する。Eudora Pro, BBEdit, Explorer, Communicator 、(驚くことに) Now ContactとUp-To-Date 3.6.5 - これは1997からアップデートしていない、など我々がテストしたほとんどのアプリケーションは互換性があった:
我々が持ったOS 9ベータ5に最も満ちている問題は、不眠症である。より正確にいうと、Sleepからさめないことだった。

Tokyo Time: Japan's taste for iMac

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/23 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1845名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

MacNNによれば、 G3Strip 1.91 という、Control Strip Module のアップデートが出たようだ。

maccentralによると、 DVD-RAM gets Seybold play とか。
Seybold Seminars San Francisco '99 では、DVD-RAM関連で、 32以上ものメーカーから、80もの新製品が出てくるようだ。 hard drives, データバックアップソフト, video-enabled jukeboxes for putting video on the Web, プリプレス&ビデオ編集製品など。


news.comによると、 Sun buying Microsoft Office competitor とか。
SUNは、 Microsoft Office の商売敵:Star Division を買うようだ。8/31にアナウンスが期待されるとか。
Star Division は2つのタイプの StarOffice をだしており、一つは Linux, Solaris, Windows, OS2, Mac OSで動き、もう一つは、Javaデバイス上で動くthin client version である。価格は現在未定。
Microsoft's office suite は、Windows とMac OSの動くパソコン市場では支配的であり、SUNはサーバーソフトぐらいしかなく、エンド・ユーザソフトウェアではSunの強みは何もなかった。Star Division を入手することで、Sunに、魅力的なエンドユーザー向けアプリケーション StarOffice という、これらのより魅惑的で役に立つデスクトップにするアプリケーションを与える。 free download も出来ます。StarOffice 5.1 - Download for free!

マイクロソフトOfficeは、あまりにも独占しすぎ、しかも勝手にコンパチビリティの乏しいアップグレードをして全世界からアップグレード費用を搾り取っていた。そろそろ対抗ソフトが出てくれても良い頃ですね。OfficeはMSの稼ぎ頭ですからね。

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/22 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1844名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

日経エレクトロニクス8/23号P21に、8/15〜17に開催されたマイクロプロセッサー関連の国際学会「Hot Chips 11」の記事があった。IBMのPowerPCと、SUNのMAJCが、スレッド切り替え時間を短くしたマルチスレッド対応のマイクロプロセサーを発表したという。IBMは2個のスレッドを並列処理するPowerPC(開発コード名:Pulsar)を発表した。これは、1次キャッシュ、2次キャッシュ、TLB(仮想記憶用変換バッファのキャッシュ)のどれかがミスヒットするとスレッドを切り替えられるようにした。2次キャッシュでミスヒットし、主記憶をアクセスしている間の時間に、スレッドを切り替えて別スレッドを実行させることが出来るようになったので、たとえば主記憶内のデータコピーの実行では性能が50〜80%向上したという。SUNのMAJCでは、最大4個のスレッドを並列処理できる。論理的レジスタは128本、物理的には320本程度用意できる。VLIW構造であり、1命令あたり、4種類の演算を記述できる。

鼎:通常のCPUは、一連のレジスターを持っておりこれを駆使して各種処理を行っている。インタラプトやタスク、スレッドなどを切り替えるときは、これまでのCPUでは、このレジスターの中のデータ群を主記憶などに待避し、すでに待避してあった別の分のデータ群を再度CPU内のレジスターに戻して、その別のタスク、スレッドなどを実行するようにしていた。私の知っている範囲では、SUNのSparcアーキテクチャーはCPU内にレジスター群を複数組リング状に持っており、順次隣に切り替えて実行させることにより、レジスターの待避時間を少なくするアーキテクチャーであった。しかし、これも、内蔵容量が少ない上、関数呼び出し、システムコール、インタラプトなどで全てこのレジスターリングが使われ、あまり有効に使えていない状況だった。多重インタラプトなどでは有効だが、特にマルチタスクやマルチスレッドでは、多数になり、リング状に移行するのではなくランダムに移行するため実効的ではない。この辺を今後のCPUアーキテクチャーで、どう解決していくのか興味深いところだ。私の思うところでは、バックサイドL2キャッシュに間借りさせるか、別途バックサイドレジスタ待避RAMを準備するか、場所があるんだったら、単純にレジスタ群をたっぷり内蔵すれば良いんですけど。やっぱりL2への間借りが効率的かな?
Sparcのアーキテクチャーはリング状にしかレジスタ群を切り替えられず、ランダムに指定できないところが欠点だなと私は思っていたのだが、今回のものは対処しているのかもしれない。???

ま、でも、Macには、MacOSXが使えるようになるまで一般にはあまり関係ないですけどね。Linuxなどはあるけど・・・
当然、並列実行というと、その数のマルチCPUか、VLIWのようなハードで並列処理できるようになっていないと、いけませんが・・・・

また、CompaqはEV8と見られる、最大4個のスレッドを並列実行できる。

任天堂の次期家庭用ゲーム機:Dolphin向けに、米ArtX社の3次元グラフィックス描画LSI「ArtX1」はレンダリングのみならず、ジオメトリエンジンも内蔵するという。

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/21 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1842名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、One Week with a G4 : Sawtooth and AGP とか。
あなたがすでにそれを見ていないならば、昨日のOne Weekをチェックアウトすることを忘れないでくれ!
そう、我々は、Macの3Dゲームの上でG4がAltivecユニットがどんなに違うのかと言うことを見た。
ほとんど、ありふれたQuake IIIにとって重要に:
舞台中毒−そして、3Dと同様に2Dのグラフィックス・プロフェッショナル−は、Sawtoothの他の注目に値する特徴(AGPグラフィックスバスに基づくRAGE 128-PRO)である。−どんなヨセミテユーザにとっても親しかった−64ビットの3つのPCIスロットの端にある−−より短い茶色のスロットが鎮座している。プロトタイプATI RAGE 128のPROグラフィックスカードがそこにさしてあり、今日のRev.B Yosemitesへの同様の強力さであり、しかし、より多くのSGRAMと二倍のバス帯域幅を誇っている。この、133 MHz-2X AGPバスの長所を探ってみるために、我々は、developmentalと次期OpenGLに基づく3D宇宙戦闘ゲーム(開発者の要求で名前のついていない)と、..このゲームのムービー・シーケンスのためにレンダリングされた、いくつかの新しいシーンの両方をPlayしてみた。このゲームはAltivec-enabledであったが、レンダリング・ソフトウェアはそうではなかった。
ヨセミテ(500 MHzのG3、Firewire RAID 、384 MB-RAM)とつきあわせて、Sawtooth(550 MHzのG4、UltraDMA/66 、384 MB-RAM)は35フレーム/秒に最適化されており、そして、大きい船が近くを通り過ぎているときや、ほつれの中の多くの戦士の重いアクションシーンの間、ずっと優れたテクスチャー品質を提供した。(ふつうゲームは、スピードを維持するためにテクスチャーを減らす)そして、ほとんど、60FPSを維持していた。
このゲーム自身はまだ最適化されておらず、そして、開発者は信じているが、彼らがG4の優れたFPUへの準備が整ったならば、彼らは、どんなG4 Macも、さらに10-15%だけパフォーマンスを増やすことができるだろうと。また、彼らは彼らがそれに当てる時間を見つけ出すならば、Altivec最適化の為の余地があると信じている。
同様なWindows NTを走らせている、dual 500MHz Pentium III computerのペアのマシンを用意して、1280x1024ピクセルの解像度で、コンピュータの生成したゲームの5分間のビデオシーケンスのレンダリングをつきあわせて走らせた。Pentium IIIには、100 MHzマザーボード、2X AGPスロットにRAGE Orion 32 MBグラフィックスカード、512 MB-SDRAM、4ドライブのUltra2 SCSI RAIDを内蔵している。
我々がどれくらい多くSawtoothのパフォーマンスについてすでに夢中でしゃべっていたか考えたにしても、
この結果は、驚きである。
Pentium IIIとYosemiteは、クローズであった。Yoseが、わずかに約2分(30:42 vs 32:47)勝っている。
Sawtoothは、レンダリング・ソフトがAltivecを直接サポートしなかったけれども、26.03で終わった。
128 MBも多くのRAMを持ち、そしてかなりより速いアレイ・ドライブを持ったPentiumの、ほとんど7分前に終了した。
我々は、いろいろなシードされたSawtoothsのベンチマークパフォーマンス違いのため、正確なMacBench数を集めることが出来なかった。・・・・・
これは、まだ始まったばかりである。−次週−安定性、デザイン、そして、もちろんたくさんのポピュラーなアプリケーションのG4 Sawtoothでのパフォーマンスに対する洞察をピックアップするだろう。
Stay tuned!   みててね〜!

MacMall Layoffs Caused By New Distribution Model

macweekCOMに、FutureTech: Apple talks IP とかの記事があった。
来たるiBookコンシューマー・ノートとAirPort無線ネットワークの中に、無線のAppleTalkがサポートされるかどうかが不確定だという。

pbzone によると、New Type of Battery Being Developed?  とか。
Technion-Israel Institute of Technology の研究者は、50パーセントも長く高い放電期間の続く、新型のバッテリーを開発したようだ。それがCDプレーヤー、デジタルのカメラなどの使用により適応し、これらの「super iron」バッテリーは、rechargableで、他のものよりEarth-friendly「地球に優しい」タイプである。より安いWinTelノートは、Nickel-Cadmiumや、Nickel Metal Hydride式を使用しているのに対して、現世代のPowerBookバッテリーは、Lithium-Ion技術を使用しており、Li-Ionバッテリーの方がパフォーマンスが勝っている。我々は大胆な企てによる科学者でないけれども、非常に多くの進歩が、最近バッテリー技術の中でなされたことは、我々を確かに熱狂的にさせる。それは、将来のPowerBookのバッテリーに、より軽く、より長く保つという希望をもたらしてくれる。from Yahoo!

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/19 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1841名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、The Yosemite G4 question があった。
しばらくの間、Blue G3のための最近のFirmwareバージョンの中で、アップルがG4にプロセッサをアップグレードすることからユーザをブロックしたことがうわさされた。
これまで、MOSRはこのうわさが創る混乱へのポテンシャルのため、コメントを保留にしていた。
今週の初め、Rev.Bのヨセミテは、プロトタイプ・サード・パーティーG4 ZIFカードで、我々の目の前でアップグレードされた。(Yoseが100MHzであるのに対して、このカードは、66 MHzのバスクロックの設定であったが)、適当なバス・スピード・タイミングをセットするいくつかの最初の問題の後、このカードは、完全に550 MHzでブートした。この機械を使用する際の少量の不安定性が、あった−しかし、Beige(Gossamer)G3 minitowerで、同じカードを使用しているときに経験したより、いっそう少なかった。
ここのポイントは、単純である:
アップルが、それ自身のG4ベースのMacをリリースする前に、G4アップグレードの可能性を限定するため、何んらかのファームウェアhack(傷、切れ目)を造りこむことををしたかどうかにかかわらず、匿名希望の少くとも一つのサードパーティーは、この辺の仕事をしている。また、MOSRに話されたことでは、これの回避方法は比較的単純であり、他のサード・パーティーが、もしまだ対処情報を持っていなくても、たぶんまもなく発見されるだろう...。それで、Blue G3バイヤーは、容易に休むことができる;あなたの機械は、行き止まりではなく、そして、実際、これまで製造されたうちの、最もupgradableなMacの中の1台である。それを楽しもう!

macosrumorsによると、Apple-Samsung deal affecting PC makers? とか。
アップル-三星の取引が、PCメーカーに影響を与える?
アップルが三星に、この市場の最先端の彼らのTFT技術を保つのを助けるために投資した最近の声明の後、2、3の消息通は、この取引がこの産業の上で反対の効力を持っていることを報告した。
一つの会社を挙げると、Dellは「彼らのlaptops」のための14.1インチ「スクリーン」の安定した供給の難しい時代に直面している。laptopsのそのような高い価格ポイントを持つ理由のうちの1つは、TFTスクリーンの限られた入手可能性と上がっている生産コストである。これがどんなにDellや他のPCメーカーにインパクトを与えるかは、すでに見え始めている。しかし、運良く、アップルは今回は、この外部に張り付けられた一方ではない。

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/18 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1837名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、ATI preparing AGP boards for Apple in volume? だとか。
アップルソースによると、この会社は、AGPグラフィックスバスのために設計された多数のグラフィックスカードを要求した。アップルのSawtoothの開発をサポートするために、開発-レベルの生産ラインをATIは、やらされているようだ。

pbzone によると、New PB Rumors とか。
あなたは、他のサイトで『次のPowerBook』のいいかげんなスケッチを見るかもしれない。
あなたを安心させるためにいうと、我々は、匿名の読者から同じスケッチと情報を受信した。しかし、それは言ったり、さらに発行する価値があると思わなかった。再び、102が出てくるまで、PowerBookに対してメジャーなアップデートが、ない。アップルは、この点でMacWorldサンフランシスコtimeframeを獲得しようと狙っている。102は、初期の開発段階にあり、そして、さらに、確かにケースはまだ考えられてもいなかった。我々が101/Bronze/Lombardの最初の日に報告したが、433 MHzのユニットは見ることが出来、時間が来たらすぐにでも生産ラインから出てこれるという。再び、概要の中で、どんなメジャーなPowerBookアップデートのどんなうわさでも、完全に偽と誤報の努力である。(こんな英語わからん!)

appleinsiderによれば、 iBook, Kihei to Ship with "Borg"-Based OS とか。
ソースは両方のユニットが「ボルグ」(文字通り、開発された)の、マックOSのバージョンで出荷すると主張する。ボルグは、アップルの新しいアーキテクチャーとchipsetに汎関数に正しく基づいたユニットを可能にする新しいコア・システム・ソフトウェアのコレクションである。そのiBookの上で出荷するマックOSのバージョンは、Veronicaの上でボルグ・コアに基づいて、Sonata(マックOS 9.0)の部分を含む。1つ以上の機会の上で、ボルグに基づくこれらの完全なシステム・ソフトウェア・セットは、マックOS 8.6.1として開発者に委託された。明白な区別が、その二つの間にある。
信頼すべき筋からの語では、また、Kiheiがボルグに基づいたマックOSとSonataの部分のバージョンで、十分に発達したマックOS 9.0の上で出荷するとしている。要するに、そのリリースは ―新しい「ホットKeys」機能のような ――一緒に真新しいパッケージで隠される―ボルグのガッツをSonataの全ての革新的なコンシューマ容貌と組み合わせる。Macworld EXPOが7月にあり、iBookに載せられるマックOSソフトウェアの新機能のいくつかの内部を発表した。その時に、そのリリースは、まだ「マックOS 8.6と分類されていた。」出荷バージョンがバージョン番号増加を反映しないことを必ずしも意味するというわけではないが、それがユーザーの中で混乱に引き起こすかもしれない。十分に発達したマックOS 9.0のインストーラは、アップグレードに直ちに選択をするそれらのユーザーのために、Borg-basedされたシステムに対するフル・サポートを自慢すると言われている。そして、不思議に思うが、マックOS 8.6.1(ボルグ)が新製品の独立バージョンとしてリリースされ無いと思われる。

 

appleinsiderによれば、 Connectix to Offer Virtual PC Acceleration? とか。
9月に、メジャーアップグレードVer3.0が出るようだ。
しかし、バージョン3.0の後にでることになっているやつは、さらに、最も刺激的な前進であると言われる。ソースによると、コネクティックスでの人々は、一生懸命にVirtual PCアクセラレータコンポーネントの仕事をしており、標準のPCIカードの、ハードウェアアクセラレータを開発しているようで、2倍にVirtual PC機能を速めるとうわさされているようだ。ソースによると、Accelerator PCIカードをインストールしたVirtual PCをもつ400 MHzのPower Macintosh G3は、うまくこのスピードと機能性をエミュレートし、Wintel-basedの350 MHzシステム程度の速度になるという。500ドル未満

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

macosrumorsによると、Apple accelerating high-bandwidth RAM development? とか。
アップルは、Macプラットホームに続くSawtoothに「PC266」DDR SDRAMをもたらすためにその努力のタイムラインを速めるために本質的に動いた。そして、それに続く機械のために、さらにより速いメモリー標準を使う、明白に用意された計画を持つ。最近作られたG4プロセッサ上のMacOS Xのマシンは、現在のMac OS-G3プロセッサに比較して、すばらしいメモリー-スループット改善をしてデモされたようだ。そして、Macは、まもなく広帯域のRAM技術をいつも前により素晴らしく利用することができると思われる。明白に、アップルが力にいくつかの技術(伝えるところによるとモトローラの最近知らせられたFSRAMを含む)の組合せを望む、あるいは‖Wintelの上の広帯域の解決になるのを期待されるRAMBUSに基づく製品のパフォーマンスを上回りもする。明白に、アップルは、いくつかの技術(伝えるところによるとモトローラの最近知らせられたFSRAMを含む)の組合せの効力を望んでいる。それは、Wintelの上の広帯域の解決になるのを期待されるRAMBUSに基づく製品のパフォーマンと同等か上回るものだ。MOSRが説明された一つの計画では、2000年の遅くにはプロフェッショナルMacの中で、600 MHzのメモリークロックを使うつもりだとか。

 

「秋葉原で某Mac店の店長をしている匿名氏」からの情報が届いた。ありがとうございます。

とうとう出てきますか。うれしいですね!待った甲斐がありましたね。

 

PowerPC and the penguin   IBMのCHRPマシンについて書いてある。

Mac the Fork が更新されていた。1999/08/15 Real Sherlock

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/16 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1837名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

xlr8yourmacによれば、Macweek記事の今週の初めに出たニュースで、ベンダがLinux PowerPCマシンを製造するために、IBMがPowerPCマザーボードデザインを提供するとあったが、極東の一つの会社が、すでに450 MHzのG3システムを準備中だという。

MacNNによれば、AP通信社の記事で、約1ドルで作られた「アスピリン-サイズ・インターネットコンピュータ」があるそうで、これには、4 MHzのプロセッサと、32 kのメモリーチップを使用しているようだ。マサチューセッツ大学の研究者が試作したこの小さいコンピューターは、マッチの頭より少し大きく、49セントの4MHzマイクロプロセッサーと32キロバイトのメモリーチップを持ち、機器組み込みに適した小ささと安さを持っている。TCP/IPのプロトコルを解釈でき、家電機器などに対し、インターネット通信による制御を可能にできる。

これによれば、家電機器にはこの最低限の通信機能だけ持たせることで、制御はどこかのホスト(PCなど)で設定できる。インターネット冷蔵庫のように、結局パソコン内蔵の冷蔵庫になっちゃったようなばかげた機会が家庭内に氾濫することを阻止できる、すばらしい方法である。ちなみに日本でも、機器組み込み向けのTCP/IPを解釈するハードウェアがもう既に開発されており、インターネット接続可能と銘打っている。

また、このような小ささであれば消費電力も圧倒的に小さくなり、どんな家電機器にも実用的に組み込める。だって、パソコンほどの電力が必要だと思っていたから、家庭内で常時電源が入っててPC程度の電力が追加されても気にならない物として冷蔵庫が注目されたわけであって、冷蔵庫の扉にパソコンのLCDを張り付けてあっても、使いにくいと思うけどなー。

問題は、常時受信の通信方式と通信機器用の電力ですね。特にバッテリー機器の場合、無線にしたいので・・・
いつも交流電源につなぎっぱなしの家電機器は電源線による通信で良いでしょうし、電力は無視で見るほどだから。

も一つは、IP番号の枯渇問題ですね。4バイトのIPから、6バイトに、ようやく移行しようとしているのだが、・・・
ま、家庭内にProxuサーバーを一台おき、家庭内の機器は全部LocalなIP番号にすれば問題ないですけどね。そのためには安価な家庭用Proxuサーバー/ゲートウェイなどが欲しくなりますね。もちろんメンテ不要の!

もちろん、上記1ドル・インターネット・コンピューターには限界はあろうが、機器の制御/情報の吸い上げなどだけでよいアプリケーションがほとんど全てと思われるるし、既に家電機器に使われている4bit以上の家電用マイコンチップに同様の機能を入れることは難しくないだろう。

家庭内にPoxyサーバーは一台しか必要とせず、しかもこれはたぶんISDNルーターのように専用機となり、UNIXマシンなどのような大規模なものは家庭内には使われないだろう。

wintelのねらう家庭内へのネットワークでの侵略は、PCで世界を席巻した方式ではコストとユーザー・スキルの問題で限界があると思われる。

たぶん、家庭内に一台PCがあって、家庭内の家電製品を全てそれで制御できると言う図式は実現されるだろうが、PCの置き換えをねらうコンソール専用家電機器も出てくるだろうし、PC程度の規模のホームネットワーク市場での販売拡大を考えても、今のPCの販売量をどれくらい越える市場になるかは疑問に思える。0とはいいませんが。

だって、家庭内で、家電制御以上の用途をもつ家庭はほとんど、既にPCを導入済みでしょう。特にアメリカは。

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/15 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1837名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

O'Gradyによれば、PowerBook Hygiene 101 とか。   衛生学?
読者が、不可解な残存物をきれいにすることに対するヒントを提供してくれた:

[エディタの警告:マニキュア除去剤にはアセトンが入っており、多くのプラスチックの上塗りに損害を与えうる。
もう一人の読者は、旧式のより軽い液体を使用することを提案している...

O'Gradyによれば、The Cheese Thickens とか。
もう一人の読者は、PowerBook-G3 Seriesを苦しめている芳しくない「よごれ」の報告をしている:

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/14 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1833名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、Altivec applications popular at Siggraph: hinting at G4? とか。
SiggraphテクノロジーExpoの出席者によると、現在、進行中の、多数のソフトウェア開発者はAltivec-enabledされた製品出したようだ。そして、1つかみのハードウェア・メーカーもそうだという。PowerPC 7400という強力な128ビットのベクトルユニットを使用するSiggraphで知らせられた製品の数は、将来の製品を待つユーザは現在の製品の販売を抑制してしまうので計画されなかったために非常に多く見える。これは、これらの会社がまもなく市場に出てくるG4マッキントッシュを期待するように言われたことを示すようである。
もしかするとSeyboldにて Sawtooth がでてくるかも?  これはまだあいまいだが、そんなに遠くない将来においてアップルのハイエンドのコンピューティングラインに進化の徴候があることは、非常に明白である。

macosrumorsによると、Rev.C (333MHz) iMac supply waning? とか。
リセラーなどの話によると、いくつかのエリアでは、現在のiMacの供給は限られ、彼ら自身の在庫を保たない程度に、そこに少ない数量にされるようだ。もし、あなたがiMacを買おうとしているのなら、今がよいチャンスかもしれない。数周すると、「Kihei」(次世代iMac)のリリースのためiMacが市場に出てこなくなるかもしれない。

macosrumorsによると、Blue G3 update  とか。
アップルは、Blue G3ラインの2つのlower-poweredモデルの教育市場向けの価格を落とした: Apple store は、高等教育機関向けの350Mz and 400Mz G3の価格を10%下げ、model M7554LL/Aを$2249 から$1999にした。現在、M7554LL/Aはわずか1299ドルである。私は学生価格をチェックしなかったが、私は、それらもまた落ちたと期待する。アップルは明らかに、スピードアップを出すのに先立ち、より遅い機械を市場から取り除くことを望んでいる。この結論は比較的明白に見える−上っている証拠により、アップルが新しいBlue-and-Whiteラインアップを紹介する前に取引がクローズされ。これを見守る、今は、よい時であるかもしれない...
それは、SawtoothマザーボードとPowerPC 7400の(G4)プロセッサの、長く待たれた発表でありそうだ。

 

Macはどこまで速くなるのか!──米Newer社最高技術責任カステン氏による講演を予定
ニューワー社の上級副社長兼最高技術責任者カステン氏により、Macintosh高速化技術の最前線が語られる。
気がつかかなった。こんなのが9/10に予定されてたんですね。でも、10,000円か。高いなー。
日経MACには出るでしょうけど・・・

Aladdin Systemsから、 DRAGSTRIPShrinkWrap 3.5 - New Version. Upgrades が出ていた。

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/13 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1833名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

appleinsiderによれば、 New iMacs Not Due Till Mid Fall  とか。
iMacsは初期に9月に到着する予定である、と主流プレスが示唆し始めたけれども、信頼できる筋の主張は別のようだ。Steve Jobsが親しく「Kihei」と呼んだiMac製品ラインへのメジャーな改訂版は、そのロジックボードに製造されることになっていた改訂版のために、「この夏の初期」には、遅れてしまった。また、この動きは、先月のMacworld ExpoでのアップルのiBookコンピュータのためのスポットライトを予約していた。非常に信頼できるソースによると、新しいiMacsは、10月遅くの生産への準備ができてなくて、その頃または11月の第一週の間に実施されるApple Media Event で最初の製品のお目見えが期待される。以前、我々は新しいiMacのマザーボード(コード名=C2)のテストユニットが9月まで期待できないことにつき言及した。アップルは、Kiheiの発表の前に、コンシューマーが欲しいと思ってもiMacを入手できないように、この市場からiMacを品不足にするということを計画している。もはや需要が無くなる古いユニットの在庫を再販業者は残さないことを確実にするということは、アップルにとって新しい共通の練習の1部分である。そして、それは、そのチャンネルを新しいユニットで直ちにいっぱいにすることをアップルを許す。Salomon Smith Barney によるアップルの、最近の内部の分析は、iMacのリフレッシュは、少くとも10月まで行われる予定ではないと言及した我々のソースの主張を支持する。また、新しいiMacsは、主要なホリデイ・ショッピング・シーズン(Thanksgivingからクリスマスまで)にちょうど間に合うように、市場に出てくるだろうという我々のレポートを繰り返した。7月と8月の中でアップルは、新学期の購入時期のための在庫を確保するためにiMac出荷における小売チャンネルに、優先的に流した。最も最近、彼らはK-12需要を満たす方へシフトされた対応をしている。この動きのために、アップルの卸売業者(Ingram MicroとPinacore)は最もポピュラーなiMacが不足している、しかし、最も多くのアップル再販業者とメールオーダーカタログは適切な供給量が確保されている。次世代iMacは、デザインし直されたエンクロージャーから、アップルの新しいSingle Common Unified Architecture(awesomeゲームマシン)の 2X AGP ベースのLogicボードまでを特徴とするだろう。このユニットは、また、尊敬すべきプロセッサのスピード-アップをし、現在のユニット程度しかコストがかからない。

macosrumorsによると、Kihei to sport AirPort antennas built-in?  とか。
1ダース以上のソースが今週の初めから書いてきたが、それに加えるに、第二世代iMac「Kihei」のケースの内側に、iBookのディスプレイの中に存在するものと同じAirPort信号のブーストアンテナを入れるスペースを確保することは、アップルにとって、比較的安くすむようだ。これは、Kiheiのために外部の突出部でiMacエンクロージャーのなめらかなラインを損なうことなくAirPortを使用するために、もちろん、この道のりを舗装する。

appleinsiderによれば、 Microware to Sue Apple Over OS 9 Trademark とか。
OS-9(組み込みデザインのための(RTOS)Real-Time Operating System)の開発者Microware社は、Mac OS9 製品名での彼らの「OS-9」商標の不法使用のため、アップルコンピュータ株式会社に対して民事訴訟の用意をしている。と産業ソースは最近AppleInsiderに言った。現在まで報道には出ていなかったけれども、先週遅く、Microwareの法律家は、 ―訴える彼らの意図を警告するため、アップルと連絡をとった、という話がちまたに伝わった。それ以来、アップルはあわただしく彼らのMac OS 9のOperatingシステムの第二のリリースに現在未知の新しい名前の下を用意させていた。このリリースは、アップデートされたドキュメンテーションと宣伝の包装で新しい名前を完全に反映しており、イベントで使われることになる。現在のタイトルのままではメジャーなシステムアップグレードを出荷することができなかった。アップルのMac OS 9とMicrowareのOS-9は、両方とも、PowerPCプロセッサの上で動くオペレーティング・システムである。しかし、彼らは互いにオープンマーケットで競争しない総体的に見て別の製品である。しかし、この商標のアップルの使用、それを保護するMicrowareの権利とその使用が、この市場の中で顧客にどんなに混乱を引き起こすかというケースの中では、これらの事実は、単に、ほとんど何も意味しないかもしれない。Microwareの代表者は、彼らがコンピュータメーカーを訴える予定だったが、彼らが彼らの正当なオプションを行使していると認め、そして「告知をいつか、まもなく期待する」ということを、公式にそれを確認していない。などなど。以下略。・・・

 

 

日経MAC9月号 のP85に「iBook対iMac」の特集があり、P91には、Philips Schillerの「iBookには必要なものが全て入っている」などの、インタビュー記事があった。「iMacと競合してもかまわない。」とか。

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/12 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1833名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、Lombard speed, feature bump on the way とか。
ちまたの噂では9月の初頭にも、おそらくC2 iMacの発表とともに、Powerbook G3 Lombardが、Rev.Bマザーボードにてアップデートされ、(それは、iBooksの中でAGPとして内蔵されている、PCIバージョンのRAGE Mobilityグラフィックス・チップを使っている。)433と466 MHzモデルが出るという。これは確かめられないけれども、現在の333Mhzモデルは、366Mhzまで突出するかもしれない。また、Lombardのの価格は、2500ドルから下って、$2300に落ちるのを期待される。

macosrumorsに、Seybold update (2)  という記事があった。
我々が広範囲に昨日カバーした来たるSeybold EXPOに関する新しい情報は、アップルのプロフェッショナルなデスクトップラインアップの変化が翌30-45日以内にあることを確認する;
再販業者は、この惑星にわたって現在のモデルの Blue G3sの在庫を最低限度に保つように言われている。これは、必ずしもSawtoothがSeyboldか、9月中頃に計画されたアップルイベントでリリースされるということを示すというわけではないが、(どちらかが、実際、Apple Expo France基調演説で出てくるかもしれないが)最低限、現在のG3への速度アップは9月中には出てくると言うことを示すのではないだろうか。

Mac06 0.99 brings the current Mac OS closer to X

LinuxWorld Expo: Bigger, better

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/11 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1831名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、Seybold update  があった。
MOSRは、Seyboldを先導するニュースを報道しているが、時々重要な情報を入手する。

The bottom line?
スティーブがどんな時も我々を驚かせることができたが、(そして疑いもなく、彼は、彼の名声に対して多くの、ベストを尽くすだろう)、 たくさんの実際的な理由のために、それらの中で最も高いと期待されないが、Seyboldでのフォーカスは贈り物と近い将来の;Sawtoothであろう。
しかし、一つの他のうわさがある−
アップルが、その代わりに、500MHzのPowerPC 755ベースの、スピードの突出したBlue G3ワークステーションを発表する...そして、そのばらまかれたポピュラーなことばが信じられるのならば、550 MHzもまた出るという。

O'Gradyによれば、FireWire Mention in the iBook Dev Note とか。
iBook Developer Noteが、まだアップルのFTPサーバーには無く、そのドキュメントの注意深い精密な調査が出来ないが、アップルのFireWire技術(iBookの中に無い)に対してのいくつかの面白い参考資料 iBook.pdf がある。
ブートROMとメモリーコントローラーには、結局Firewireを使う能力を内蔵するが、iBookでFirewireがいつ使えるようになるかは保証されない。面白い部分は71ページにあり、FWIM(FireWire Interface Module)について述べている。「他の新しいドライバー」セクションに、以下の文章があった。

  本日の 興味深かったお薦め記事:

 

 Lombard-400MHzでWindows98を作動させ、GameのFreecellやソリティアをしてみたが、結構十分な速度ですね。
でも、左下のランチャーの出方は遅い気がするなー、やはり。それから、Windows98だけ起動してても、時々動きが止まることがあります。省電力のモードとかなんかだとは思うけど、いまいちのんびりだなー。

しかし、何時間もつかってると、底はすごく熱くなり、気になります。するとそのうち内蔵FANがひゅるう〜ひゅるる〜〜となんか動いてるようなんですが、あまり出口で熱風を感じないですね、これでも無いよりはよっぽど良いんでしょうけど・・・・

やはり、どこかのメーカのように、ヒンジの付いたHeatPipeなどで、LCDパネルの裏側にでも熱を逃がしてくれたら言うこと無しですけどね〜! そうしないと、今のままでは、ラップトップは冬場でないときついですう〜〜〜。

 

 

 

99/8/10 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1829名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

読者のM I U R AさんからEMailが来た。私が買ったとき、もう一台見えていた15インチLCDを買ったそうだ。

あ、こりりゃどーも。  良かったですね、というべきかな。
私のは音はしません。してないと思うけど。気になるほどの音ではないのかも?
ま、気に入ってます。

M I U R Aさんのお役に立って何よりです。 

99/8/9 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1823名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

 今日は、休み。

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/8 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1823名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

昨日、秋葉原に行って来た。湘南通商にMac関連機器が新しく(中古!)入っていた。
 ・Apple Studio Display 17インチCRTが、40000円
 ・iMac Rev.c Lime? 125000円
 ・Apple Studio Display 15インチLCDが、95000円があった。
   初めて中古販売を見た。早速一台入手してしまったが、
   真ん中辺にGが一カ所つきっぱなしの所がある。、ま、いっか!
早速、動かしてみた。ビデオ入力がある。ちゃんと動いた。
   Lombardの外付けモニターとして作動させてみた。
   オ〜〜、これがデュアルモニターの威力か〜〜!
   ありゃ、重ねるとミラーリングも出来ちゃうんだー!!

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/7 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1823名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、Apple Server update が・・
Cupertinoからの新規の情報によると、来たるSawtoothプロフェッショナル・デスクトップ(Appleinsiderによるコード-名=Hammerhead)に基づく、アップルで開発中の次期ハイエンド・サーバーマシンの詳細の一部が出てきたようだ。

macosrumorsによると、Mobile Pentium III delayed;*Book sales set to skyrocket とか
Intelは、 Mobile Pentium III のリリースを、チップの安定性の問題で遅らせると発表した。そのチップの現在のバージョンは、インテルの悪名高い「swiss-cheesed」テスト標準にFailし続けているという。その遅れは、インテルのモバイルコンピューティングのタイムラインに、さらに2〜3ヵ月の遅れをもたらす。これはPowerbookとiBookの功績、非常にありえそうなドラマティックな効果、に有能な重大な好機会を創った。

techwebによれば、 IBM To Unveil Power4 Processor At Hot Chips だとか。
今月の後半に、 Hot Chips conference にて、IBMの サーバーグループのプロセッサー設計チームがPower4 CPU の詳細を発表するようだ。そのプロセッサは、2001年に上市されるAS400とRS/6000ファミリーに使われるようだ。Power4は、同じダイスの上に、2つのプロセッサとL2キャッシュを内蔵する最初のIBMプロセッサデザインであり、0.18μmの高密度デザインで可能となった。最初のHot Chip論文は Power4 test chipについて、2番目の論文は、非同期のインタフェースアプローチについて説明している。CPUデザインは、AS400-OSでもIBMのRS/6000のワークステーションやスーパーコンピュータ市場に売られたRS/6000のSPシステムを含むサーバーで動くUnix のAIX version でも動くように作られた。初期に、ロチェスター(ミネソタ)のIBMのチームからのPower3デザインは、いずれのオペレーティング・システムも走らせることができた。「銅配線と0.18-micronプロセスとで、膨大な数のトランジスタがデザイナーに利用可能である」。それを使う一つの方法は、一つのダイに2つのプロセッサーをいれ、これらの間に非常に高い帯域幅を実現することである。IBMのロチェスターデザインチームが前にAS400 multithreadプロセッサを構築したけれども、ここで開発中のPower4デザインは、標準のout-of-orderプロセッサである。Power3のように、Power4は、プロセッサコアにつき2つの浮動小数点ユニットを持つ、または1ダイスにつき4つのFPUを持つ。それは、複数のロード/ストア・ユニットを持ち、、Power3の他のアーキテクチャー上の機能の多くを持ち、メイン・メモリへの高い帯域幅のインタフェースをサポートする。電源電圧は1.5Vである。IBMは、Oct.4にサンホゼで開始されるMicroprocessor Forumで、そのマイクロアーキテクチャーの詳細を発表する。Power4は、32-wayシステムを構築することができる。16個のPower4チップを使い、32Wayとなる。その帯域幅やバス仕様を詳しく述べることをAndersonは断ったが、バスは500 MHzを超える速度で動くと言った。「ゴールは、プロセッサ速度の半分でバスを走らせることであり、目標はプロセッサー速度がGHzを越えることである。」と言う。「そのデータとクロックはそのデータ・バスで全て送られ、そして、そのアプローチは非常に高い帯域幅システムのために最高の選択である。」我々は、そのクロックとデータのde-skewを取るための回路を相当量あてた。現在のPower3 CPUのバスは、250 MHzで動く。I/Oデザインは、そのクロックとデータの同期転送に依存しており、そのアプローチはIBMを、現在の設計の500MHz-I/Oの領域から、次世代のGHzレベルに越えさせるだろう。呼び出し時間を最小にすることは、特にマルチプロセッサ・システムの中で重要である。そして、同期通信のアプローチでは、そのインタフェースの呼び出し時間は、広範囲に変化する−−いくつかのケースでは複数のバスサイクルで−
同期のアプローチは、より高価なプロセスや厳しいデザイン制約を使うことなく、タイミングバリエーションを減らす利点を持つ。Power4のI/Oデザインは、1対1通信と、単一方向/双方向性のバス型をサポートする。すべて-デジタルデザインであり、ローパワーで、終端抵抗内蔵のドライバーで、受信回路にはアクティブ・クランプ回路付きであり、FIFOも付いている。データヴァリッド時間を長く確保するために、 arrival timeを広く取れるI/O設計になっている。

ということで、GHzを越えるCPU設計の一端が、垣間見えてきましたね。これで、一本言いたい放談出来るな。

AndyMacMailingListに投稿があった。 大きい、重い、安い

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/6 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1822名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

三浦さんから、情報を頂いた。ありがとうございます。

吉中さんより、以下の文章を投稿していただきました。ありがとうございます。

appleinsiderによれば、 Apple/Samsung Deal to Yield Innovative Designs とか。
革新的なデザインを生むアップル/三星の取引:
7月28日に、アップルは三星Electronics(Flat-LCDディスプレイのリーダー)に1億ドルを投資すると、公式に知らせた。コンピューター産業が市場をLCD製品でいっぱいにしたので、LCD(液晶ディスプレイ)価格が供給不足のために上昇している。このとき、この取引は行われた。アップルによると、この投資は、アップル製品のための発展している要求に応じて、もちろん彼らのコンシューマーポータブルiBookの将来を確実にするためにTFT-LCDディスプレイの適切な供給を保証する彼らの戦略である。しかし、その取引の成果は、成熟するのにはまだ、何ヶ月もの時間が必要と、分析者ソースが言う。アップルは彼らを望まないLCD価格になっている、スティーブ・ジョブスとの最近のテレビインタビューは、そのことを表した。ソースによると、LCDの価格高騰はアップルの思うよりiBookのMAP(最小限の広告の価格)を100ドルも増やし、彼らの大きい、ワイドスクリーンで、フルデジタルのフラットパネルのアップルCinema Displayは、後回しになって紹介された。三星とのアップルの協力のゴールは、この一年のLCD不足の時に、アップルのためにLCDを提供し ―LCDに基づくアップル製品のために、よりタイムリーな流行の要求に応ずることと、ローコストをアップルに与えることである。しかし、アップルが巨大な額の投資を決めるとき、アップルは心の中でいくつかの他の計画を持った。アップルと関係のあるIndustrial Design Studioのソースによると、その会社は、新規のデザイン(全てフラットパネルディスプレイベース)の多数をもてあそんでいた。最も面白いものは、もちろん、最も多くのデザインが現在のiMacsのいずれかからのラジカルな発展形であると言われるLCDディスプレイにて作られたiMacである。たくさんのこれらのデザインは、現在、markupsとstyrofoam概念以上のものではなく、(コード-名Kiehiとつけられた)次のiMacの改訂版というポジションに置かれている訳ではない。けれども、三星とのアップルの取引が要求された効果(価格低下)を起こすならば、いつか2000年遅くか2001年初頭にもデビューするかもしれない第3世代iMacは、Twentieth Anniversary Macintoshに続く最初のアップル製品であるかもしれない。
そのような動きをサポートするたくさんのわけがある。最小ではない理由の一つは、「泡-の格好の」all-in-oneデザインの好みから逃げることに対する次のステップである。さらに、アップルのIndustrial Design Studioのゴールのうちの1つが、家の中で、Webに目を通していないときなどの使用していないときにも、持っていることが楽しくなるようなパソコンを製造することである。これらのまさしくその理由のために、来年にはアップルは、世界で最も革新的なコンピュータ会社としてだけでなく、ファッションデザイナーとしてリストされると期待されている。そして、アップルは、ファッションがコンピュータを売ることを証明した−−みんなにではないが。

 

O'Gradyによれば、Samsung Develops Ultimate Display Panel とか。
Samsung Electronics Co., Ltd. は、ノートブックPC向けの16.5-インチ. "Super eXtended Graphics Array-plus (SXGA+)," TFT-LCD display を発表したようだ。1,400 x 1,050 であり、生産は2000年初頭にも開始される。10000/月の生産計画だとか。Appleにも、上記投資の関係で安く入ってくれたら良いんですがね。

appleinsiderによれば、 iBook Retail Pre-Orders to Exceed iMac Numbers とか
iMacの時もプリオーダーが15万と非常に多かったが、今回iBookのプリオーダーも、前回以上に多いようだ。
CompUSAの全国の200-somewhat店で、これまで50,000のユニットのプレオーダーがあったとか。

Review: Ratoc CDFW-2 FireWire PC Card

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/5 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1820名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsで、Will a standard iBook be crippled under OS 9.0 and X? とか。
iBookでOS9.0やOS-Xが使えないのかしら?
もしアップルが、まだリリースされていないiBookコンシューマーポータブルに、マイクロホンを組み込まなければ、この感動的なマシンは、バンドルされたハードウェアでMacOS 9.0のVoice Passwordを特徴として使うことができない、この数年の内でリリースされた、実際−唯一の最初のMacとなってしまう。わずかオプションのUSB audio-inソースで、iBookに取り組むことができるだろうが、もちろん余分のコストが必要となる。アップルの最新で最も大きいコンピュータを作るために、アップルがそれが最新のG3 MinitowerとPowerbookのそのiMacのNo.1セールスポジションとその成功から得た勢いを維持したいならば、他のいかなる現在のマックもできるアップルの重要な新機能(2X AGPグラフィックス、「インスタント-オン」サポートのあるState-saving機能、AirPortのためのビルトイン・アンテナ、その粋なフェージング・パワーのLED)最新で最も大きいと認めるメジャーな能力のオペレーティングシステムを使うことができないのなら、これは疑わしい決定であるかもしれない。アップルは、そのConsumerマシンに重大な最初の特長を提供することによってその成功の多くを収穫した。何人かの専門家さえ動かし、しばしばセカンドマシンとして購入させた。そして、それは言及されるはずであるが、アップルは前に機能を変えた。アップルソースが、我々に言ったが、iBookにビルトイン・マイクロホンを置くことは、Powerbook G3に置かれる同じ方向だが、現実的にコストがかかる。メモリの話でも、アップルがiBookに64 MBのSDRAMを入れる余裕を持てるかどうかいろんな討議があった。しかし、それほど明白ではない;成長し続け、財政的に十分な響きである方に近づくため、もう一度Macプラットホームをより素晴らしい競争とより素晴らしい成長にむけてプラットホームをオープンにすることについて考え始めるためには、アップルは、消費者ニーズ(価格を含む)に合致させるため大きいマージンを必要とする。
現在、32MB のRAMが最高のバランスだとアップルが信じているように思える。ついでに−現在、ほとんど1年間そのiBookが本当にそのために設計されたオペレーティング・システムであると知られていたMac OS X Consumerの下の快適なパフォーマンスは、非常に十分でない。いつも、不道徳な計算市場において基礎製品をリリースすることは簡単だとは誰も主張しなかった。ユーザによる小さな奨励で、我々が、我々自身の財布からそのプラットホームを建てることを正当化するためにこれらの機能を必要とする−・・・・・

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/4 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1820名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、Mac OS 9.0 Beta Special Report があった。
アップルソースからの豊富な情報と、Mac OS 9の最近の内部の造りのin-depthテストのセッション(現在開発者の手の中でテストされているb3c2より最近の、アップルソースの依頼により保留になる厳密なバージョン)に基づき、MOSRは、Mac OS X.にその道のりを舗装するオペレーティング・システムについての新規のレポートを編集した。OS 9(いわゆる8.7)の早い開発サイクルから、そのシステムの新規の機能の多くは、劇的に磨かれた。
OS 9のマルチ-ユーザーの機能性は、非常に安全である。事実、音声パスワード機能はかなり良くできており、我々のテストによると)他人が使えるようになるよりは、正しく自分自身のパスワードを使うことができないほどだ。確かに我々のテストの中では、10人以上が各々、他の人のpassphrasesを聞いて−他の人の声を模倣したが、一回も成功しなかった。しかし、パスワードの登録時と認証時の時の、バックグラウンドのホワイトノイズに違いがあるとき、問題があった。アップルソースは、それらの条件でのこのシステムの精度がシステムリリースの前に改善されるという。マルチユーザーアカウントの機能性に関しては、アカウントにつき「パネル」オプションがあり、これはmultiple-tabbed-windowインタフェースの中で他のファインダ-スタイルインタフェース項目なしで、そのユーザに提供する。Panelsアプリケーションは、メニューの中でまた、かなり利用可能なオプションの数を減少させる。その「パネル」の実際のアピアランスは、いくぶんパステル色で、ある種の光沢が足りない。(ラフにふちどり、アイコンが漠然としたblurrinessのポイントに大きくした)、しかし、ソースはそこでそのリリースの前にもまた改善を約束した。
ColorSync 3.0は、OS8.6のColorSync 2.6より大いにすばらしい制御を提供するExpert Modeが追加され、OS9のモニターカラー色較正能力をかなり改善した。LCDパネルは、OS 9の下により明白でrecalibrationの後「よりきれいに」見えた。    今日はここまで、乱筆ごめん。

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/3 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1817名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

O'Gradyによれば、Apple Studio Display on the Cheap  とか。
これは現在売り切れているが、Sun Remarketing で、Azul BlueオリジナルのアップルStudioディスプレイをUS$799で売っていたようだ。ロンバードではADBによる画面制御が出来ないので、 Griffin TechnologyのUS$39 のiMateなどを使えば制御できるようになる。また、金がないなら、他のADB内蔵マシンにて設定しておけばいいだろう。

O'Gradyによれば、3Com Offering 802.11 Solutions とか。
3Comのウェブ・サイトで、いくつかの802.11の無線の周辺機器を出している。考えられるところでは、その会社のAirConnectワイヤレスLAN装置は、アップルのAirPort無線通信装置(iBookの中で利用可能な)と互換性を持つはずである。しかし、その会社がマッキントッシュ802.11向けのドライバーを提供するかどうか、我々は確認することができなかった。ウェブ・サイト上には、PCI card, PC cardとアクセスポイントなどの絵が見える。

11Mbpsって書いてありますね。IEEE 802.11の1,2Mbpsもサポートするが、IEEE 802.11HR draft とコンパチで11Mbpsをサポートする。Direct Sequence Spread Spectrum (DSSS)を使っているようだ。アクセスポイント間を移動したときのRoamingも可能だ。

 

Count Mac が更新されていた。iBook>iNote

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/2 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1814名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

xlr8yourmacによれば、G4 ROM Check Trojan Horse: とかの記事があった。
以前Appleinsiderで書かれていいたが、 B&W G3のPCIパフォーマンス向けアップデートは、G4 CPUをチェックしてBootしなくすると言う話があった。これは、故意にB&Wのアップグレードパスをブロックしたということだ。今回の読者の投稿は、この件につきAppleにマネーバックを要求するという電話をかけた話だ。彼らは、まだリリースされていない製品(G4)を論議する自由はないと、私に話した。彼らは、彼らがこれをしたのを否定しなかった。これは、私がこれまで耳にしたソフトウェアのアップデートの中で最悪の不当表示のケースである。この響きは、マイクロソフトが好きなだけである。私は、出来事のこのターンによってぼうっとさせられた...  ファームウェアアップデートは、慎重に、そして、故意にB&W G4アップグレードパスをブロックしたのだ。マイクロソフト/インテル策略のこの悪臭。アップルは、サポートフィードバックで私のpostingsに応答した方がよい。顧客を失うであろう。とかとかの話だが・・・

実際、私はインテルかMSがこのように何かを引いているとかについて決して耳にしていない。しかし、インテルはPIIIシリアル番号で大しくじりをしたし、MSにはあまりに多くのプライバシー問題、その他がある。
ところで:法律家が、最近私に書いてきたが・・
アップルが所有者に事実を知らせることなく慎重に機能(G4にアップグレードする可能性)を既存のモデルから削除するならば、ROM-パッチは、民事集団訴訟に必要な資格を得るかもしれない。ストーリーが真実でないならば、アップルは公にそれを否定するはずだった。ありがたいことには、彼らのROMチェックに対しての回避方法がある。しかし、彼らは第3パーティーのアップグレードは、より多くのコストが必要なのは確かだと付け加えた。あなたがROMチェックのトロイの木馬で狼狽させられるならば−彼らに知らせるため、私はあなたにleadership@apple.comに書くよう勧める。多分、彼らは気にかけらないだろうし、その電子メールをゴミ箱へ捨てるだろう。しかし、少くともアップルにこの行為が間違っていることを知らせるための努力をする事は出来る。私はアップルに、G4チェックを削除したROMアップデートをリリースするよう説得する−それは正しい行いである。

news.comによると、 Linux improvements should appeal to desktop market とか。
Linuxソフトウェアのコアの新規のバージョンは ―パソコンの上で動く成り上がりのオペレーティング・システムの能力を改善中である。新規のバージョンは、Universal Serial Busのサポートを加え、赤外線のポートを使えるようになり、よりよいビデオシステムが扱えるなどの改良された機能をLinuxに追加したようだ。Linuxオペレーティング・システム(カーネルと名づけられる)のコア部分の新規のバージョンは、この年の第4四半期に到着する予定である。
Linuxは、Unixに由来し、サーバーの中でそのスタートを得た。それはUnix、ノベルNetwareとWindows NTと競合している。しかしLinuxは、Windows、MacOSなどのような他のオペレーティング・システムと競争する平均的な消費者を狙うデスクトップマシンの中で、発展している人気を持つ。Caldera Systems、Linux StoreとCorelなどのいくつかの会社は、Linuxがコンピュータの未熟者に広く使われることに賭けている。
哲学的に、LinuxとマイクロソフトWindowsには、かなり離れた距離がある。Windowsがきつい秘密の下で開発されるのに対し、Linuxは公然とインターネットを通して共同で働いている何百ものプログラマによって開発される。2つのオペレーティング・システムは、ユーザの配慮のために競争しない。また、彼らは開発者のリソースでも競争する。特にビデオ・カードのような会社の中で、もう一つのオペレーティング・システムをサポートするか、Linuxコミュニティを手伝うかどうか決めなければならない。
Linuxには、2つの基礎的なバージョンがある:
安定したバージョン(現在2.2.xと番号をつけられた)と、テスト中の開発バージョン2.3.xである。
LinuxリーダーLinus Torvaldsと彼の同僚が2.3.x開発者バージョンが十分に安定していると思うとき、それは新規の2.4.xという安定したバージョンになる。新規のバージョン(2.4)は、その(構築する2以上年かかった2.2)後継者より速く発展しているように見える。しかし、2.4は、2.2で来たことよりあまりドラマティックな変化でないとPranevichは言った。バージョン2.2は、マルチプロセッサ・システムの上で動くLinuxの能力を改善して、ビジネスに都合がよいたくさんの他の機能を付け加えた。2.2が1月に紹介されても、それはLinuxの首位のバージョンに4月まで取り入れられなかった。
新規のバージョンの他のコンシューマー・フレンドリな改善の中で:
? winmodems(しばしば、低コストのコンピュータの中で見つけ出された安いソフトウェアに依存するmodems)に対するよりよい基礎を用意する。
? 「Firewire」として知られているIEEE1394の高速のインタフェースのサポートが進行中である。
Firewireサポートを加えることでの2つの別の努力は、より早く今月、合併された。
? 新規のバージョンは、多くのアドオンPCコンポーネンツを使える「プラグ・アンド・プレイ」機能を使うことができる。
Universal Serial Busサポートが進行中であるが、多くのUSB装置は、まだサポートされないと、Pranevichが言った。また、SGIがopen-sourceコミュニティに寄与する予定のXFSファイルシステムの計画された採用を含むビジネスユーザを狙うパイプラインの改善が、そこにある。

 

Norton Utilities 5.0b16  9/1まで有効

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/8/1 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1814名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  


[Home] [Linkし放題] [Fleamarket]