Macの奴隷の臍茶な話
渡邊鼎の!言いたい放談!

!言っちゃったNews! 

99/7/31 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1814名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、Q:AirPort on the desktop があった。
Sawtoothと次世代iMac(C2)には、AirPortネットワークサポートを出荷されるだろうか?
信頼できるアップルソースによると、Noらしい。
Blue G3sとSawtoothsのために、build-to-orderオプションとしてAirPort PCIカードを提供する計画を、アップルは明白に立てている。現在IBookで使えるAirPortカードのバージョンは、iMacのATA busとPowerbook G3のPCMCIAスロットで使うことができるはずである。しかし、現在、AirPort標準の機器を製造するよいう適当な計画は、コストの問題のため、どんなMacの上にもない。AirPortと他のIEEE 802.11の無線のイーサネット装置が、よりポピュラーになりハードのコストが下がっていけば、これは変わるかもしれない。

macosrumorsによると、Apple moving to ATTO 64-bit dual-channel U2 SCSI cards だとか。
いくつかのソースによると、アップルは、Blue G3の64ビットPCIスロットを使うAdaptec 3940のデュアル・チャンネルUltra2 SCSIカードから、ATTOのデュアル・チャンネルU2 SCSIカードの64ビットのバージョンに、切り替えるという計画をもっているという。この決定の理由は、ATTOカードが、最初のチャンネルに内部コネクターを持ち、そして、二番目のチャンネルで外部のコネクターを持つことだ。...このように、古いSCSI装置は、二番目のチャンネルを使い ―Ultra2装置を走らせるためにのみ内部のチャンネルを使うことが出来る。これは、遺産SCSIのニーズを満たしながら、内部チャンネルのパフォーマンスをかなり改善する。SCSI 付きのBlue G3 やSawtooth を選ぶユーザーはほとんど、2つのPCIスロットを使わずに、legacy SCSI で最大のパーフォーマンスとコンパチビリティを必要としていると、明白にAppleは信じている。アップルソースから情報によると、アップルが8月半ばから末にかけて発表するであろう次期速度突出:多分500 MHzの:Blue G3を発表するときこのswitchoverが起こるはずであるという。

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/30 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1815名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、Apple invests $100M in Samsung:What does it mean?とか。
伝えるところによると、アップルのためにより多くのTFT LCD画面を製造するのを手伝うために、アップルが韓国の三星に1億ドルを出資したというニュースで多くの読者は、不思議に思った:答えは、「全く」以下のようである。しばらくの間、アップルは、コンピュータの後付と内臓向けのディスプレイのより大きいパーセンテージを、フラットパネルユニットに移行する計画を立てていた。(アップルが去年から仕上げていたフルデジタル・フラット・パネル・ワイド・スクリーンである)Cinema Displayを近々発表する準備が出来ていた。論理的な結論はこうであろう。アップルは、Powerbook G3ラインとアップルStudioで「昨年」15インチDisplay で引き起こした、入手可能性の危機にという供給問題を避けるために、より信頼でき対応できるパートナーを捜していた。また、この動きが、次世代Powerbook、iBook、StudioとCinema displays....また運が良ければ、第3世代iMac機も・・ などの販売での将来のボトルネックを予防するのに役立ち、LCD価格も次の一年で十分に落ちるはずである。

macosrumorsによると、Apple NCs could be a reality in 2000  だとか。
アップルNCが、2000 年に出てくる可能性があるという。iMacが出荷される前に、Macコミュニティの注意は、また、アップルがそのiMacのNetwork-onlyなバージョンを発送するかもしれないという可能性に集中させられた。この機械は、学校と会社組織のネットワークのためにつくられ ―記憶装置と周辺機器とのコネクティビティをインターネットと同様に1つのサーバーやサーバーのアレイに集中するように設計されている。それは現実にはならなかったけれども、その事実の理由は、急速に減退している。Mac OS Xはほとんどプライムタイムの準備ができている;優れたI/Oで、強力なハードウェアプラットホームがサポートし、そして、Gigabitイーサネットの価格は落ちている。Network Macは、再び来年、出てくる準備ができているかもしれない。アップル自身は、コンピュータのシェイプアップされたNetwork-onlyのバージョンを提供することに対して、ファイナルな計画を立てていなかった。しかし、ハード・ディスクかモデムなしで、そして、グラフィックスメモリーを最小限度の2 MBにカットされたNetwork iMacを要求する計画が存在していたのだろうか。そのプロセッサはstandaloneモデルより非力なバージョンであるかもしれない;C2では350-366MHzであり、多分、それは266のor300MHzだろう。そのマシンがCD-ROMドライブをposessするかどうかに関係なく、そこにはいくつかの不確定性がある。リムーバブルなデータニーズはオプションのUSB periperhalsによって扱われる。そして、とにかく、リードオンリーの記憶は中心のサーバーで最もサポートされる。このC2 iMacでのcut-downされたバージョンは、もしもアップルが、快適な機能/パフォーマンスを維持しながら、その機械から他のコンポーネントをカットすることができるならば、小売価格は$649のように低く設定される可能性がある。これと同じcut-down機能を他のモデルに広められる可能性があったけれども、iMacは、アップルがnetwork-onlyな環境に適応させるのを志した唯一の機械である。この移転の必要条件は、需要が産業の中に存在し、アップルがその需要に気づいているMac OS X Server 2.0がリリースされることである。最もあり得そうな出荷時期は、2000年の前半である。しかし、アップルが信じるときにだけ需要が存在する。あなたがアップルStoreでNetwork Macが見たいならば、彼らに知らせよう!

appleinsiderによれば、 Mac OS 9.0 Beta 4 Hits the Streets
An Inside Look at Toast 4.0, CD-R For iMacs?

 

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/29 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1815名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、アメリカとカナダにまたがるいくつかの場所のソースによると、現在流れているどの機種とも−実際−違う、アップル-ブランドのマシンがお目見えしているようだ。これは、伝説的なApple Network Serverに似ていて、広く、車輪付きでしゃがんでいて、多数のドライブベイと大きい冷却ファンが付いている。カナダの1ソースは、さわれる機会のあった作動しないプロトタイプについて、このレポートを提出した:

もう一つのレポートは、6つのスロットは、全ての64-bitであったということを言った唯一のレポートであったが、他のレポートと、詳細の大部分で一致した。

次世代アップルServerの計画されたリリース日は、来年あたりになりそうだが、詳細はまばらなままである。
(Appleの製品ラインに)5番目のform factor を加えることを正当化する十分な需要がマッキントッシュ製品ラインに対してあるならば、....       この辺難しくて・・・、やめます。時間ないし・・・  ごめん。

 

Takさんから、教えていただきました。

なるほど、勉強になります。ご教示ありがとうございます。

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/28 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1815名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、"PC"266 SDRAM first on the Mac? What else is new? とか。
昨年の秋頃から話題に上っていたが、Appleはモトロ−ラと、新しいメモリーコントローラチップを開発している。このチップセットはいくつかのメモリーの機能:200/266MHz DDR (Double Data Rate) SDRAM, ECC (Error Correcting) 、インターリーブなどをMacに提供する。DDR SDRAMは、かなり素晴らしいメモリー帯域幅を意味する ―今日に提供されているわずか$10,000+というレンジのUNIXワークステーションにも使われている。ECCサポートは、メモリー上のデータエラーをCPUに到達する前に修正するもので、システムクラッシュを減らす。インターリービングは、DIMM(この場合、最も多くのありそうなPC266 DDR SDRAM DIMM)を全く同じデザインと容量のペアに取り付けることによってさらにより素晴らしいメモリー応答時間とスループットを得ることを意味する。配列の中でそのペアを使うことによって、データへの利用可能なパスが、効果的に2倍にされる。もちろんよりよいパフォーマンスになる。−このテクニックは、プロフェッショナル・PowerMacs(7500、7300、7600、8x00、9x00、60 70nsのFast Page Mode DRAM DIMM使う)によって同じ理由のためにすでに使用されている。いくつかのソースは、DDR SDRAMが「勝つことが確実と思われる候補者」であるといわれているが、ECCとParityは「テスト、検討中」であることを示唆する。そのchipsetは標準のSDRAMとDDRをサポートするので、最初のうちは、わずかプロフェッショナル・Macのみ、たぶんDDRを利用する。消費者モデルは、価格の低いSO-DIMMのSDRAMを標準とするだろう。モトローラソースによって提供された情報によると、第2世代のUnified Motherboard Architectureに基礎をおいた製品ラインは、PC266/DDR SDRAMを採用したUNIXとWintelサーバーの期待される出荷時期:mid-2000に出荷されるかもしれないと言う。Consumer Wintelマシンは、2000の遅くから2001年の初め頃まで DDR を使うことはないであろう。これはMacに、gaming world, power users, media creators....などに「ぼうっとさせる」よりよいメモリーパフォーマンスを使う、より多くの時間を与えてくれる。・・・そして、もちろん、Insanely Greatであり続けるために・・・

となると、iBookに初採用された、NorthBridgeには、すでにDDR対応機能が入っているかもしれませんね??? 回路的には簡単な話ですから。

appleinsiderによれば、 XLR8 Researching PowerBook G4 Upgrades  とか。
最近PowerBookを購入したユーザーは、アップグレードすることができるいくつかの奇跡によって、最終的に彼らの願い(アップグレード)を得るかもしれない。ソースによると、XLR8は、研究へ$41,000をつかって、G4アップグレードカードを開発する予定である。成功したならば、最初のアップグレードキットは、PowerBook G3sの現在のラインのために出すという。たくさんの要因に基づいて、これは、より古いPowerBook G3sのWallstreetラインのものも、最終的にはデビューするかもしれない。最初は、その会社は、PowerBook G3プロダクトラインのためにより速いG3アップグレードを研究している。XLR8は、モトローラからG4チップが出荷開始されるとすぐに、 PCI とZIF フォーマットの両方を出すというビッグプランもあるという。ともかく、彼らは彼らがDaystarの獲得から身につけたソフトウェアを開発するためにさらに働いている。この会社は、また、最近99ドルの"InterView."というUSB Video-入力製品を紹介した。この技術は、どんなiMacも、完全なビデオワークステーションにしてしまう。現在、その製品がFireWireのために最終的にはリリースされたといううわさがある。FireWireについて話すと、XLR8 は2つの新規のFireWire製品を開発する$45,000の結合された計画からの製品を出すという。その始めの製品は、初めその技術がなかったPower Macintoshユニットのための標準のPCI FireWireカードである。二番目の製品は、フル機能のFireWireハブである。その会社は、 Initio とSCSIコンバーターなどとのリパッケージなどもあるかももしれない。
これは、PowerBook の研究開発チームがどう応答するか見物である。アップルは、サード・パーティーアップグレードを故意にブロックするために出来ることを全てしたことはご存じでしょう。
先月、XLR8は彼らがまわりでその罠のためにうまく仕事を開発したと知らせることによって我々のG4 Firmware Updateストーリーを確認した。

 

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/27 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1817名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

pbzone に、Meet 102, the Next PowerBook という記事があった。
Lombard:101が Worldwide Developers Conferenceで発表されて2ヶ月、発売されて1ヶ月しか経っていないが、次期PowerBookへの追求は決して止めはしない。次期PowerBookはコードネームが平凡な102と呼称され、Lombard101のたった一つ後の番号だ。先日終わったMacWorld Expoで、102がもはやcodenameではなくなったとアップル従業員が認めた。しかし我々は、それがあることを暴露するまで、それを102として引用し続ける。
102はまだ開発途中であり、アップルのハードウェア仕様は、出荷されるまで、決してまだ最終的なものになっていない。みんなが知りたい最初のものは、いつ、その機械がリリースされるか、ということだ。それは少し早すぎると思われるかもしれないけれども、5ヶ月後のマックワールド・エキスポサンフランシスコは、この点であり得そうな、計画されたリリース日付である。
・102は、何であるか?
102は、主に『Bronze』機械の更なる洗練されたものである。
アップルはWallstreetにおける2、3の問題をフィックスし、素晴らしい製品『Bronze』を得た。
彼らは、2、3の重大な機能を加えることで、再びそれをしようとしている。
最初に、802.11の無線ネットワークAirPortが102に含まれるだろう。
アップルは、始めにiBook『Consumerポータブル』で紹介された普及した標準の採用をし続けることに関して非常に真剣である。」また、アップルは次期iMac、codenamed:KiheiとSawTooth(次期プロ・PowerMac)でAirPortを取り込む予定になっている。
・FireWire。
最終的に、これは標準として102の中に含まれる。
FireWireでのSCSI Disk Modeを 等価的に実行するソフトウェアが、『Bronze』の発表に間に合わなかったので、FireWireはポータブルへの導入に間に合わなかった。アップルは最終的にこれを克服し、そして、SCSIをもつ最後のマッキントッシュ製品セグメントはFireWireによって置き換えられるだろう。
・DVD。
DVDの導入は、1年前Wallstreetに初めて導入されたので、アップルのDVDの技術は、かなり発展している。WallstreetのPC CardによるDVD再生より、『Bronze』機械の内部のDVD再生は、はるかに優れたものになっている。改善された同じものが102に期待される。多分、標準になっているDVDで全くローエンドのモデルの最も低いもの以外にて期待される。DVDがたぶん、ローエンドのモデルの最も低いもの以外に標準でつくだろう。また、WallstreetとLombardで、DVDのドルビー方式のDigital 5.1 サラウンドサウンドは、単純なステレオにdownmixedされ出力される。
・アップルの102とその残りの製品ラインで変わっていく全て。
Kihei、SawToothと102など、DVDを内蔵した全ての機種は、フル5.1サラウンドサウンドを、ドルビー方式チューナーに出力することができる。その詳細。
すべての残りは多くないが、この時点での推測でしかない。
あなたは、「アップルは15.1インチへのジャンプ」が必要とされると思わないようなので」、全てのスクリーンは14.1インチの「TFT」であることを当然と思うことができる。
RAMはローエンド機で64MByte、そして、ハイエンド機では128MByteであろう。
プロセッサは、400 MHz以上であり、102のマザーボードは、KiheiとSawToothが使う、統一されたアーキテクチャの部分にはいっており、これは100MHzバスを持っているので、102は100MHzのバスであろう。
(実際、次期iMacは、350 MHz以上でデビューする)
バッテリ寿命は、再び改善される ―おそらく、iBookの長い耐久性バッテリーの中で使われるポリマー技術を使って。他のメディアベイのような詳細、キーボード、モデムと雑多なポートの配列は、この時点でむしろ重要ではない。総体的に、102はアップルのプロフェッショナルへの提供マシンの更なる改善機である。
もし彼らが、サイズや重量を減らすことが出来るならば、彼らは確かにやるだろう。また、AirPort技術の追加は、かなり、現在のPowerBookのような、たぶんその惑星で最も速いものである新規の機械のポテンシャルを押し上げる。

Mac the Fork が更新されていた。1999/07/25 Sawtooth

日刊工業新聞7/26 P11に 東大が新品種 アルカリ土壌で生育するイネ開発 という記事があった。
東大農営生命科学研究科の森教授らは、アルカリ土壌に強いオオムギからアルカリ耐性に関する遺伝子を分離し、イネに導入した。イネ科植物の生育には鉄が必須元素だが、アルカリ土壌中ではほとんどの鉄分は水に溶けにくい酸化鉄として存在するため吸収できなかった。オオムギは、鉄の不足により、ムギネ酸を根の周辺に分泌し、これを鉄と化合させ水溶性の化合物とする。水溶性化合物になるので根から吸収されるようになる。ムギネ酸の合成能力を高める遺伝子をイネに導入し、アルカリ土壌で旺盛に生育する新品種を作り出したものである。今後は、これを母体にし、高収量品種を開発していくとか。

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/26 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1820名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

iBook Architecture takさんのiBook解析ですね。なるほど、DVDのソフトウェアデコードですか。

iBook担当者が自ら語る「iBookの秘密」其の弐  AirPortカードのピン配列はPCカードのType IIと同じだが,互換性があるわけではないという。もちろんこのIFはATAであり、PCカードとは違う。しかし、PCカードのIFのタイプを作ることは容易と思われるので、もしかするとそのうち出てくるでしょう。
AirPort Base Stationは,標準で56KモデムとEthernetインタフェースが付属。

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/25 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1818名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

P1が、期待していたのとあまり違うので、とりあえず、2年も我慢してずっと待っていたPowerBook:Lombardを購入してしまいました。400MHz 42.8万円

 

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/24 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1814名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

ディベロッパー向け資料 iBookの PDF によると、予想より新しいiBookの内部構造、AGPの初採用のほか次世代チップ満載 に書いてあるように、Grackle(MPC106)に代わる新しいNorthブリッジが採用され、EthernetとFireWireも内蔵しているようだ。現在iBookにはFireWireは付いてないが、今後このチップセットを全機種に採用すると思われるので、この後の機種が楽しみである。同様にAGPチップ用IFもこれに内蔵。Ethernetは、物理層ドライバーの PHY IC 5201を追加している。10Base-T /100Base-TX両用。
「Paddigton」の後継チップのKeyLargoには、Ultra DMAが新しく採用されHDDが高速になる。また、USBインタフェース、内蔵モデムを制御するSCC(Serial Comunications Contorller)機能も内蔵。
無線LANカード「AirPortカード」は、KeyLargo内蔵のATAで接続される。なぜICカードのバスやPCIバスではないATAが採用されたのか、悩むところだ。
また、キーボードとマウスに関しては、USBポートを無駄遣いしないためか、USBでなくシリアルポートを内蔵している。しかし、ADBポートではないという。ADB interfaceをサポートと書いてあるが(P26)ハードウェアで行うと書いてあり、また、PMU99チップ内のソフトウェアで、キースキャンとtrackpadからの信号を受信すると書いてある。キーボードとマウスはKeyLargoに接続されたPMU99というPower制御チップに接続されており、PMU99にキーボードとマウス制御の回路が入っているようだ。これにより、キーボードからのPowerON/OFFが、メインCPUの暴走などに関わらず、電源制御できるようになったようだ。このチップでsleepなどや、各種ICへの細かい電源制御、バッテリー充電などを行う。
BootROMは、NorthBridgreの下流:PCIバスにつなげてあり、制御はUniNorthチップから行う。
iMacのように、CPU、2Lキャッシュ、NorthBridge、SO-DIMMまでを一枚にしていた構造は、今回のチップセットをしようした場合、悩む場所が出てきた。UniNorthチップにはAGPbusが内蔵されているためAGPチップも、CPUボード側に内蔵するか、別途コネクターでAGPbusをマザーボード側におろす必要が出てきそうだ。どうなるのか楽しみです。60xバス、Memory bus、AGP portは66MHz、PCI busは33MHzである。PCI bus、AGP portは32ビットバス、他は64。
RAGE Mobility-Mは、4 MB of VRAM内蔵。800 *600で8, 16, and 24 bit/Pixel。また、640-by-480モードでフルスクリーン表示も可能。
Wireless LAN Moduleはthe E-IDE interface (ATA bus)で、これには、medium access controller (MAC), (DSP), radio-frequency (RF) section.を内蔵している。アンテナはiBook本体に内蔵されているようだ。
SO-DIMMはSDRAMを使わなければならず、現在128MBまでのモジュールが使えるので、最大160MBになる。1.25-inchのもの。

などなど。

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/23 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1815名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

appleinsiderによれば、 New Peripherals at Macworld NY  とか。
VST Technologyは、8つの新製品を発表した。
『ポケットのサイズの』FireWireハードディスク、
4 / 6GB のUSB hard disk。$329.95/$429.95.  9月出荷
DVD-ROM Upgrade Kit    New Macintosh PowerBook G3 Series (333MHz version).用。DVD-Video標準も見れるようになる。
PowerBook DVD-Video PC Card   MPEG-2 デコーダー、$439.95。 PowerBook G3向け。10月頃
MacAllyは、新しいUSB Game Controllerを出した。iShock。Sony Playstationのものに非常に似ている。
また、MacAllyが「Mini-Mouse」を紹介した

 

macosrumorsによると、Non-Mac OS 8/9 iBooks? とか。
アップルの友人と他のソースによると、iBookが完全に新規のマザーボードchipsetであり、事実、Open World 512k boot ROM と2X AGP を初めて実装しているという事実にもかかわらず−アップルは、しばらくの間Mac OS X Consumerの最初のリリースを、iBookでサポートする計画を立てていた。そしてすでにLinuxPPCとNetBSD開発者によって、New World マシン(iMac, Blue G3, Lombard) への対応は済んでいるが、他のnon-OS8 システムへの対応は比較的迅速に行われるだろう。iBookが出荷される頃には、ダーウィンと同様な Linux とBSD用の開発向けの有用なサポートが出てくるだろう。1月にリリースされる時には、OS X は、完全なiBookサポートで出てくるだろう。

 

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/22 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1812名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

ibook:持ち運べるiMacですか。AirPortも良いですね。中に隠れててコネクターを気にする必要がないのが良いですね。

specsによると、300MHz-G3、512K L2 cache、66-MHzシステムバス、.2GB IDE HDD、32MB RAMは160 MBまで拡張可能、 24x- CD-ROM、1-USBポート、10/100BASE-T Ethernet、56K modem 、(オプションで11-Mbps Air Portワイヤレス カード50mの到達距離)、2X AGPのATI RAGE Moblilty/4MB SDRAM 、12.1インチTFT SVGA(800*600)、Lithium-ion; 45-watt-hour バッテリーで6時間ですか。34.4*29.4*4.6cmで、3.0Kg。最も厚い場所で5.2cmですか。9月出荷。$1599
バンドルされるCool Software:は、十分ですね。
Mac OS 8.6、AppleWorks、Palm Desktop Organizer、Internet Explorer、Microsoft Outlook Express、Netscape Communicator、 AOL 4.0、EarthLink TotalAccess、 EdView Internet Safety Kit Family、Edition、The World Book Encyclopedia、Adobe Acrobat Reader、 FAXstf、Nanosaur、Bugdom、 QuickTime 4

macosrumorsのMacworld Keynote live coverageによると、上記iMacの話以外に、Sonataの名前をMac OS 9.0に変えたようだ。OS-9との決着は付いたんだろうか。9月頃には出てくるという。
・Sherlock 2の最新のバージョンが紹介された、特にその感動的なin-application買い物が出来る機能付き。
・期待されたように、IBMは、そのViaVoice音声認識技術をMacに移植していると発表した。
・Bungieは、次の重大なゲームリリース(Halo)を公開した。
・アップルが、QuickTimeテレビstreaming media content "channel" を紹介した。それは基本的にQuickTime 4.0を使っている。それは、ABCNews、ディズニー、ESPN、The Knitting Factory、RollingStone.com、VH1と乙女座Radioからストリーム・ブックマーク・コレクションから成る。彼らは、BBC WORLD、ブルームバーグ、FOX News Online、FOX Sports Online、HBO、NPR、WGBHボストンとThe Weather ChannelにQuickTime Playerのmedia trayで加わる。全ての内容は無料である、そして、時がたてばアップルは、より多くのパートナーを加える予定である。

macosrumorsによると、Q:AirPort にて、AirPortが Lombards やWallstreet で使えるようになるかどうかの質問があった。ソースによれば、professional Powerbook lineと、もしかすると全マッキントッシュプラットホームにさえも、近い将来AirPort機能が使えるようになるだろうとのことだ。少くとも翌4ヶ月の間、iBookは、アップルAirPortカードを独占的に使えるコンピュータである。AirPortカードは、iBookの内部の専用拡張スロットで働く拡張ボードである。いくつかのサード・パーティーの無線のイーサネットPC Card製品が既に存在しておりMacで作動する。(他のものも、まもなく多くが、そして、間違いなく、AirPort発表に続いて、Mac用のドライバーを発表するだろう)そしてそれらは、AirPortと同じopenの標準をサポートするだろう。それは、AirPortに接続するPowerbookユーザのための比較的安いサード・パーティーカードより、安く出されるべきである。

xlr8yourmacによれば、 Sonnet が新しいPCI とNubus macsのための10X ratio G3 upgradeカードを発表したようだ。 Sonnet Announces New Speeds for PCI and NuBus Power MacUpgrade Cards
・Crescendo G3 466 MHz for the PCI Power Macs---1MB 2:1 ratio $899.95
   MacBench 4.0 processor スコア1630
対応機種 Power Mac 7300/7500/7600/8500/8600/9500/9600
Workgroup Server 7350, 8550, 9650
Daystar Genesis
PowerCenter, PowerCenter Pro, PowerCurve, PowerTower,
PowerTower Pro, PowerWave
UMAX J700/S900
・Crescendo G3 400 MHz for NuBus Macs ---1MB 2:1 ratio  $699.95
対応機種 Power Mac 7100/80, 7100/80AV, 8100/80, 8100/100 AV,
8100/110*, 8115/110*
Workgroup Server 8150, 8150/110*, 9150, 9150/120
Power Computing Power 120
Radius 81/110*

Mac the Knife:トライベッカの三連勝単式

日本工業新聞7/21 P15に、名大が新タイプの研削砥石  ウィスカーを整列結合、長寿命で高効率を実現という記事があった。炭化珪素のウィスカーの方向を揃えて樹脂結合させた、全く新しい研削砥石が開発された。
従来はダイヤモンドなどの砥粒を粘土やガラス、樹脂などで固めて作られており、使っていくと砥粒が脱落していた。また、脱落する事で常に新しい砥粒面を出し、研削才能を維持していた。今回のものは1μφ*50μ長のウィスカーなので長く、この分脱落が無くても長寿命になった。目詰まりが起きるが、これも、研削液中にウィスカーの直径と同等以下の遊離砥粒を混入させ、これで目詰まり物を除去することが出来た。ウィスカーの方向の整列は樹脂への混入後、一方向に伸張し2つ折りにすることを10回繰り返して整列できた。その後焼成し切断、整形する。

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/21 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1809名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

appleinsiderによれば、 Live Coverage of the Macworld Town Meeting とか。
Macworld EXPOのドキュメンテーションによれば、アップルの小売販売の副社長は今朝のMacworld Town Meetingで話すのを期待された、しかし、彼は決してしなかった。Metrowerksの社長兼チーフTechnology役員のグレッグGalanos Founderと、Apple のGames/Entertainment EvangelistのMark Gavini のどちらも、同様に話さなかった。その代わりに、アップルのマスターズプログラムが、モーニング・フェスティバルに連結された。デイビッドPougeは、techsupportとビルGatesとスティーブ・ジョブスに関する滑稽な歌のシリーズで会談を開始した。彼は"Casey at the Bat."の有名な部分に習って作られたJobsに関する新しい詩で終了した。ボブLevitusが、"interactive survey" についてPougeに続いた。彼はアップルの出荷している丸いマウスについてのジョークを言った。彼の"interactive survey" によると、Town Meetingでの1/3以上の人々は、彼らの最初のMacworld Expoに出席していた。Andy Ihnatko が続いた。しかし、彼が指摘しようとしていたどんなポイントも、「アップルの将来」と、VMacをロードした486プロセッサの上で動く30ドルのペン・ベースのタブレットについての彼の議論の中で失った。いくつかの面白い洞察が、アップルのMarketingのブラン・ニュー副社長であるSteve Wilhiteから出た。Wilhiteは、以前Volks Wagonの車のセールスマンだったときのVolks Wagonの位置づけで仕掛けられた、最終的にWintel標準を侵略したマッキントッシュユーザにどうはやらせ始めたのかを語った。ある日、「headhunterが、スティーブ・ジョブスがあなたと話したいと言った」。「私は彼が私に話しかけたかった理由を知らなかった。しかし、もちろん、私は彼と話したかった」。と言った。現在Wilhiteは、アップルの商標名を promote and secure するチームを率いている。

O'Gradyによれば、Eudora Pro 4.2.1 Fixes Attachment Bug とか。
 Eudora Pro for Macintosh 4.2.1 Updater 3.9 MB

MacNNによれば、Appleが USB Adapter Card 1.2 Support を出したようだが、これは、USB PCI adapter card向けの機能拡張ソフトであり、built-in USB 向けではない、とのこと。

macweekCOMによれば、 Game companies back the Mac とか。よござんした。
The 3DO Co. LucasArts Company LLC Sierra Studios Graphic Simulations Corp. Vision3D EvilEye 3D

Mac the Knife: TriBeCa trifecta

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/20 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1807名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

話題になっている、 キーパーソンに聞く 原田永幸・アップルコンピュータ社長 を見てきました。
 サブノートの将来には悲観的で、限られたニーズしかないと考えている。・・・・・
てなこと書いてありましたが、やはり、薄く軽い物を作ってほしいと思います。広さは画面とキーボードで実用の範囲が決まっちゃいますから、今程度ぐらいが使いやすいでしょう。最低でも、2400レベルでしょうか。

これより小さいものは、また別のジャンルですね。でも、売ってれば欲しくなりますよ。

macosrumorsによると、Apple lays plans for bundled DSL とか。
信頼できる筋からの情報によると、アップルは、現在オプションとして全てのプロMacで、そして多分また、iMacとConsumerポータブルでxDSL「modems」をバンドルする計画を練っているようだ。
以下予想:

現在の憶測が、強くアップルのサービスのために共同商標を付けられた取引の中でそのバックボーンとdialupsを提供しているメジャーな既存のネットワークの1つを指すので、すでにブロードバンド(特にDSL、彼らのPOPの上で)を展開する強い計画があるネットワークで、その取引があることは、ありそうである。特にEarthlinkは、強いライバルとして名を上げられている。

macosrumorsによると、Sneak Peak: Office 2001 for the Mac OS  とか。
匿名の情報提供者によって、MOSRは、マイクロソフトOfficeのMac OS用の次のメジャーなリリースについて、新規の詳細を聞き知った。このリリースは、一般に、年というよりはむしろ月以内に出荷されるのを期待されるが、現在、Windows 9x/NTの上で動いているOffice 2000のリリースの改良を施されたMacバージョンの"Office 2001" としてマイクロソフト内での開発者によってしばしば引用されている。それが出荷されるとき、まっさきに、このリリースは完全にMac OS Xと互換性を持つ準備ができている。
MOSRは、OS X Developer Preview 1.0の、初期の版をテストしたが、我々はそのパフォーマンスと動作によってマルチプロセッサーとプリエンプティブ・マルチタスキングのようなOS-Xの進歩に非常に感動した。
構成要素の観点から、この新規のOfficeは、2つのメジャーな新規のコンポーネントを持つ:

他の重要な改善は、Office 2000から直接受け継いだ機能の大部分を含む:

また、Office 2001の中で卓越したものは、先進の新しいSelf-Repairシステムだろう。一つのソースを引用すると:

O'Gradyに、Silver PB Hardware Hack とかで、 こんなページ が紹介されていた。
PowerBook G3に,シルバーのカッティングシートを、ドライヤーとアイロンで張り付けたものです。綺麗に出来るもんですね。感心しました。

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/19 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1805名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

xlr8yourmacによれば、No IDE Tools for Mac ORB:  とか。
読者がCastlewood に聞いた話では、IDEバージョンのMac ORBの、ディスクを変えたときに認識しない問題(with running drive setup or rebooting)について、なにかドライバーをfIXする予定があるのか聞いたが、の答えは、よくなかった...   Drive Setupを使ってくれという。 EIDE ORB for Mac はG3 mac computerのみで作動するという。

MacNNによれば、 HanDBase Desktop 2.0b は現在公開ベータテスト中で、マッキントッシュテキスト・ファイルと、Palm 用のDDH Softwareの HanDBase データベースの間のデータ変換ユーティリティである。現在、それは新HanDBase 2.0と互換性を持ち、AppleScript automation, CSV viewer,などなどを提供する。

apple-hotnews に、Exploring Digital Photography 7/16 があった。ディジタル暗室や、デジタル処理をやるようになったカメラマンなどの紹介。

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/18 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1799名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

MacNNによれば、来週のキーノートはApple in QuickTime 4で放送されるが、ZDNetによるRealVideoとWindowsメディアの両方で出されるようだ。

MacNNによれば、@softが今日、フリーの MacAMP 1.0: Preview Edition を出したようだ。
9月には $25のfinal v1.0 releaseが出てくるようだ。

MacNNによれば、MacAirKeyという、コンパクトなマウス機能をもつ赤外線の無線のキーボードが出たようだ。
$120 ADBキーボードは、レシーバーから最高30フィートで働き、特別なドライバ・ソフトは不要である。(このキーボードは、iMacsとPowerBookに対し、ADB-USBコネクターと互換の接続性である)

xlr8yourmacによれば、XLR8の XLR8のMarketing事業部長Gary Dailey 氏はMacworldについて話したようだ。Macworldにてブース1525で行われる『ゲーム』で勝って数千ドル商品をゲットできるという。
Upgrades, Y3K Survival Kits, Point&Scroll, DualPort USB, Performance Packages, InterViews, mice, mugs, t-shirts, and much more.Wear an XLR8 tattoo, and the "secret shopper" will give you a Barrel of Monkeys(R).

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/17 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1799名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

MacNNによれば、アップルは今日、Power Mac G3 Promoを発表した。今日から1999年9月25日までにどんなPower Mac G3を購入しても、128 MBの追加RAMか、HP DeskJet 810c Inkjet Printerを付けるという。さらに、Apple 17" Studio Displayを購入した場合、100ドルの現金割引がある。速度アップをする前、した後の両方の blue Power Macs G3のMAILによる申し込みでも適用される。

MacNNによれば、Mozilla.org がM8 release of Mozilla を出したようだ。

imac2day によれば、Belkinが USB SCSI Adapter を出したようだ。これで、外部に7デバイスを接続できる。
今日のプレスリリースによれば、8月の初め頃、100ドルのアダプターが出荷されるとか。

macintouchによれば、Apple は「増加されたコンパチビリティ、バグ・フィックス」と「よりよいパフォーマンスを提供して、安定性を増やした一般の改善」のためにFinal Cut Pro 1.0.1 アップデートを掲示した。

macintouchによれば、Castlewood がMac Orb SCSI driver を出したようだ。しかし、さらにこの会社はOrb Toolsソフトウェアをリリースしなければならないけれども。

macintouchによれば、 XLR8 がリリースしたニュースで、新規の、upgradeableなCarrierZIFとMACh Carrierでは、モトローラのAltiVec Technologyや、現在開発中のマルチプロセッシングCPUデザインと同様にIBMから到着する予定の将来のultra high-speed のCPUとも、完全に互換性を持つと知らせている。その会社のソフトウェアユーティリティ(MAChSpeed G3 Control)は、XLR8 MACh Speed Control(v1.4.0)となり、フルAltiVecコンパチビリティになる。

XLR8press release によれば、XLR8の新しい“Performance Trade-Up Program”にて、利用可能な最も速いG3やG4にCPUsをアップグレードするという、将来のアップグレードオプションをXLR8顧客に与えることが出来るという。
”XLR8製品のオーナーは、20 %の下取りディスカウントで、最も速いXLR8製品に、Trade-Upすることができる。
(MACh SpeedからMACh Carrierへ)のような他のクラスへのTrade-Upディスカウントは、15 %である。
もちろん全ての下取り製品は、完全に働いていなければならない。
高速のG3 CPU、MP、G4、AltiVec 、次期IBMのCPUなどは互換性がある。
AltiVec プログラムの互換性
XLR8では、PowerFrax(AltiVec用のデフォルト・ベンチマーク・ユーティリティ)を含むXLR8ソフトウェアユーティリティの現在のリリースには、すでにAltiVec パフォーマンスを設計ずみである。このグラフィックフラクタル・ジェネレータ・アプリケーション(初めDayStarによって設計された)は、全てのXLR8パフォーマンス製品に同梱される。現在と過去のDayStar MP(マルチプロセッシング)技術と結合された専売のソフトウェア技術を使って開発されているXLR8 の¥フルAltiVec パフォーマンス強化は、多くのアプリケーションとシステム効率のボトルネックを解決する。

 

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/16 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1796名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

pbzone によると、P1 on Nightline?  とか。
読者によると、Nightlineで奇妙な格好のblueberryのポータブルマシンが見えたという。それはP1だったのだろうか? 昨晩のNightlineで、IDEOへのヘッドにインタビューがあった。(IDEOは、アップルのプロジェクトで働いたことのある会社)彼は、小ぶりのグレイとBondi-Blueのポータブル(組み込みの取って付きで)、それの耐久性を見せるために、約4フィートの高さから落として見せたという。それは少くともプロトタイプの、iBookである可能性はなかったのか?

macintouchによれば、Adaptec Toast 3.5.7 アップデーターを出したようだ。しかし、何が新しくなったのか情報が出てこない。xlr8yourmacによれば、Yamaha 6416 drive (6x4x16 rewritable)とTeac 58s (8x24 burner).に対するサポートが追加されたようだ。

appleinsiderによれば、 Sonata Gains Stability in 3rd Beta とか。
火曜日に、アップルはMac OS 8.7(開発者へのコード-名をつけられたSonata)の第3ベータをシードした。個別のコード-名をつけられたこのバージョンは、「毎日の使用に完全に適している」と初めて言われている。これは、ひそかにシードされたアップルの次世代Mac OSの第7バージョンである。この夏、少し後にGolden Masterになる予定である。

マッキントッシュマネージャー1.1のベータが、このバージョンの中で新しくなっている。この中で、ユーザドキュメントが、Usersフォルダの内側の、workgroupデータボリュームsharepointの方へ動かされた。そのフォルダの中でそれは、そのユーザの名前を持つ。ユーザプレファレンスは、現在Mac OSによって扱われて、最も多くのケースでサーバーボリュームにリダイレクトされる。

SherlockのQuickTimeインタフェース。
その上、Network Browserの最新のバージョンは、「apple.com」グループを含み、SonataのTCP/IPサービスを通して、利用可能だと言う。
Network Browserがロードされるとき、ローカルなAppleTalkネットワークの上のサーバーが自動的にロードされない。しかし、彼ら自身の「AppleTalk」workgroupの中でその代わりにグループ化される。さらに、広範なテストのためにMultiple Users機能を安定させている間、アップルは新規のMultiple Usersコントロールパネルを模様替えしたようだ。音声ログインが、ベータリリースで正常に機能しており、 Sherlock II にても同様である。それはこの絵で見えるように、完全なQuickTime 4.0のインタフェースを持っている。最終的に、現在、データ・ファイルを暗号化するオプションは、ファインダのファイルメニューに挿入された。

 

日経Mac8月号のP10に、Booster G3 466の内容が出ていた。クロックダブリング回路とRAM内蔵のFPGAによる、ROMパッチ機能が紹介されている。クロックダブラー機能を持っている9600/300,350,8600/250などでは不要であるが、これ以外の第2世代PowerMac機はROMをパッチしないと起動しないと言う。
なるほどこのことだったんですね、名無しの言べーさん。(匿名情報提供者さんからEMailでヒントをもらっていました)

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/15 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1797名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、Apple earnings announcement update  とか。
newswiresに出されたアップルのプレスリリースによると、アップルの第3四半期の利益は、$203 Million(ネット)、1.20ドルセント/株であり、多くのアナリストの展望を、劇的に打ち砕いている。産業平均よりよい40 %のユニット成長であった。四半期の歳入は$1.56 Billionであり、前年度比11 %の成長である。アップルが株主であるプロセッサメーカーARMの利益からの分配が$89Millionで、それ以外の利益は、$114 Million($0.69/株)であった。また、アップルは、$500 Millionの株を買いこむ計画を立てていることをアナウンスした。そして、その流通在庫が1日であり、産業をリードしてトップであることを報告した。現在、Appleは、キャッシュ準備金を$3.1Billionを持っている。

macosrumorsによると、Sawtooth set for Seybold announcement? とか。
信頼できるアップルソースによると、次世代のProfessionalデスクトップ(コード名Sawtooth)のコンパチビリティテストとサード・パーティーへのシードサイクルが完了しようとしているようだ。明白に、スティーブ・ジョブスはPowerMac G3(Business)とPowerMac G4(Creative)をアップデートされたBlue-and-Whiteエンクロージャーで、8月のSeybold EXPOで公開する予定である。― それには、より速いUltraDMA 、AGPグラフィックススロット、より小さいBoot ROM(512 kの「OpenWorld」)、劇的に改良された PCI I/O速度などが改良されている。Sawtoothは、プロMacのコストを減らし、創造的なユーザのための高性能な、AltiVecの強化された、マルチプロセッサ環境への道を舗装してくれる。この結果、Seyboldは、そのような告知のための完全な場所である。Sawtoothは、すでにほとんど準備ができていた(ヨセミテの後、数ヵ月遅れでスタートしただけであった)。そしてモトローラは、400,450, 500MHzのG4を出荷する準備ができつつあり、そのタイミングは、全てのラインにのっているように見える。関連したニュースで、アップルから話では、最初のSawtoothは、もしかすると450 MHzのデュアルプロセッサ・モデルで出てくるかもしれないことを示唆している。年末か2000年の初頭にアップルは、すべてのクロック速度で、G4、デュアル-プロセッサと4-プロセッサオプションを提供することが期待される。

O'Gradyによれば、Xerox PARC Unveils Digital Magic とか、
ゼロックスのPARCで新しい発明 Gyricon が発表された。それは、デジタルのテキストとイメージを表示することができる織物のような材料である。その材料は、ポスターボードの重さとフレクシビリティを持って、ラップトップ画面よりいっそう少ないパワーを使う。それがレーザー・プリンタのようによい解像度を達成することができるとXeroxは主張している。たぶんもっとも重大なことは、LCD画面を製造するために、最終的には1ページ/US$1で作れるということだ。他には、wallpaperや"Imedia" などの似たような技術がすでに知られているが。

「TechTool Pro 2.5 日本語版」が出てくるようだ。7/23発売
「Norton Utilities for Macintosh」からの「サイドグレード版」もある。12,800円

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/14 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1794名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、BTO Powerbooks back in town -- with 433, 466MHz? とか。
Apple Storeに教育用new PB G3/400の発注で電話したら、VERY BIGニュースをもらった。 400MHzのCPUに、DVD なしのOptionで、 RAM を選び、10GBのドライブ付きのPowerBookが、8/1からWEB上でBTOにおいて提供されると言うことを知らされた。あいにく、教育市場向けの価格はBTOの上で出ていなかったが、私はそれがまもなく出てくると確信した!価格を書くと
PB G3/400, (1) 128 SO-DIMM, 10 GB drive, DVD:  $4,199
さらに追加情報では、アップルは、speed bump に関して、全てのプロ・コンピュータのために働いている。明白に、433 MHzのPowerbooksは週以内で利用可能であろう、そして、500 MHzのデスクトップと同様にPowerbookの466Mhzは「遅い夏の買いものシーズン」むけの発表を予定されるだろう。

 

 

日経産業新聞7/11 P4に、水素吸収量2倍に 東北大 低価格の合金開発 という記事があった。
従来のセリウムニッケル合金で11~12g/1Kgだが、今回開発したバナジウム・チタン・クロム合金では26g/1Kgの吸収能力であった。40℃で圧力を上げると水素を吸収し、圧力を下げると放出するので扱いやすくエネルギー消費も少ない。高価なバナジウムを10%程度に減らし、安価なクロムを多く使ったので製造原価を下げられるという。バナジウムは水素を吸収しやすいが、放出しにくいため、クロムを混ぜてバナジウムと水素が結合しにくくすることで性能が向上できたらしい。燃料電池自動車向け水素燃料タンクに応用することが目的であり、2倍の貯蔵量になり、航続距離が倍増できる。
わたしゃ、携帯型燃料電池を期待してるんだけど、まだ全然無理でしょうね。。。・・・???

 

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/13 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1793名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、Multiprocessing for the masses? とか。
近く紹介される強力なG4プロセッサによって、マルチプロセッサMacが、rebornしようとしているようだ。その産業を揺り動かす噂によると、決して期待されなかった領域に、アップルは multiple-G4のコンピューティング・パワーを広げているかもしれない。多くの読者が知っているように、マルチプロセッサコンピュータは、そのアプリケーションがmultithreadedのとき、プロセッサ間で負荷が均一になるようアプリケーションを分配することができるだけである。BeOS のようなOSは、このようなとき、全環境でスレッドを使って行う。しかし、CarbonとBlue Boxアプリケーションで、そのようなground-upリライトは非実用的である。2つの明白に独立のソースによると、アップルはMac OS X のためにカーネル-レベルプロセスマネージャーを開発しているかもしれない。それは、システムのCPUs間の処理ロードの分配を援助する。テクニカルな詳細は概略だけである、しかし1レポートによると、そのソフトウェアは、システムプロセッサ間のロード・バランスをモニターする。そして、non-threaded application が起動された時は、それに最もフリーなCPUの処理時間を割り当てる。完全に匿名だった両方のソースの投稿は確認するのが難しいが、長時間にわたるMOSRの接触によって、そのプロジェクトの詳細を少くともminimallyに確認することができた。スレッドでないCarbonアプリケーションの大多数によって構築された制限を克服することは、Mac OS Xの初期のゴールであった。その詳細に関係なく、アップルがベストで競争的なマルチプロセッシング環境を構築することができるかもしれないニュースは、耳に心地よい。これらの匿名のソースによって提供された情報が正確であれば、アップルは、包括的なSymmetric Multiprocessingパッケージの一部としてMac OS Xコンシューマーの最初のリリースで、この技術を内蔵するかもしれない。

appleinsiderによれば、 Apple/Palm Deal Nears とか。

appleinsiderによれば、 AppleShare IP 6.3 Development Begins とか。

O'Gradyによれば、Mercury Center Article Links P1 to Expo  とか。

O'Gradyによれば、Jobs: the iBook "Will be Delivered"  とか。

Mac the Fork が更新されていた。1999/07/12 Space
7/30〜の MIDI WORLD '99 に出品?

きゃらめる通信1999/07/12 号のカーナビについての記事で、面白い言葉が載っていた。
財布の中のギブ・ミー・デビルが「買っちゃえばいいじゃん」、「便利だよぉ〜〜」、「パソコンと違ってまた買ったのかよ!って中傷されなくてすむよぉ〜」って囁いてます。
ギブ・ミー・デビルって、私初めてなんですが、英語科なんかでは当たり前の言葉なんですか?
どなたかご存じの方はいらっしゃいませんでしょうか?ご存じの方はご一報いただければと思います。よろしく。
これ、使いたいんですが。キャラメルのライターさん、使わせてください。よろしく。

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/12 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1793名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

pbzone によると、Lombard Repair From Apple だとか。
読者の投稿によると、Lombard のトラックパッド問題について、まもなくこれを解決されるという確証が得られたとか。
すでにご存じかもしれないが、あなたがパッドに圧力を与えたときクリックするボタン問題をAppleはフィックスした。サポートの言うことには、修理のために郵送してくれという。価格等についてはまもなく出てくるとか。

webintoshにて、Want To See Some Detailed Specs On The P1? We Got 'Em なんて記事を見つけた。
重さは、ウォールストリートより少なく、ロンバードより上で、初めに期待されたよりP1は重い。
USB, 10/100 Mbps ethernet, 56k modem, 11 Mbps wireless networking card (optional), audio out, AC power.
無線のカードは、内部なのか(PCMCIA)外部なのかは、わからなかった。しかし、それは到達距離が150フィートということである。wireless "hub"...も入手できる。

 

MacNNによれば、TILに disconnect the USB cable にてHP DeskJet 810CにてUSBのトラブルがあるようだ。
HPのドライバー DJ800's USB/AT v1.0 を使用中のHP DeskJet 810Cにてプリント中に、USBケーブルを抜くとMac OS がFreezeしてしまうとか。

MacNNによれば、 NUpowr G3 400/200/1MB についての下記記事が紹介されていた。
なお、 466-MHz G3 upgrade では、Power Macintosh 7300, 7500, 7600, 8500, 8600, 9500, 9600向けの466MHzカードが、PowerPC G3 CPUアクセラレータBOOSTER G3 466として8月中旬出荷予定とのこと。

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/11 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1791名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、For those who don't agree with Heinz....  という記事があった。
Mac OSのマルチユーザーログインを待つことができない、すべての人、
あるいは、素晴らしいマルチユーザー研究室ソリューションを捜している人は、
ジョンのLab Pakをチェックしなさい。
それは真実のマルチユーザー環境ではないけれども、
言われているような次期Mac OS 8.7ライクのパスワードオプションを持ち
それは、研究室環境のために非常に柔軟にオプションを制限できる。
http://macaroni.cs.wits.ac.za/labpak/labtools.html  (接続できない・・・snif)

MacNNによれば、 Agax 1.3 フリーウェアのanti-virus tool がヴァージョンアップしたようだ。
スタンダードのfile/folder スキャン、background protection ができる。
Version 1.3 では、バグfixと、ドラッグ&ドロップと改善されたprogress barを持つ。 AutoStart Additive 1.0 の最終版も使える。

MacNNによれば、Quarkが QuarkXPress 4.0.用の Microsoft Word 8.0 import and export filter のsecond beta を出したようだ。

MacNNによれば、VSTの USB Floppy Drive 2.0 がでて、ディスクのマウント時間が60秒から10秒に短縮したようだ。
MacWeekレポート によると、FireWireドライブのドライバーのアップデーターもでてくる予定。

techweb/ebnによると、 Micron Launches High-Speed 64-Mbit SDRAMs とか。
0.18-micron プロセスの64Mbit SDRAM で、125-, 143-, 166-MHz 、86-pin 400-mil TSOP、2Mbit-by-32である。

日経エレクトロニクス1999/7/12号P19に、USB2.0の話が出ていた。
USB2.0のコネクターとケーブルは従来規格と非互換か! 仕様の公開は2000念第一四半期の見通し。
データ転送速度が240Mbpsと高速な2.0仕様を検討する中、思わぬ問題が待ち受けていたという。1.1版の規格通りなら問題ないのだが、12Mbpsの転送だけにはオーバースペックであり、USBを実装した各社の市販品の約80%が低価格な規格外のケーブルを使用していることが判明したということで、これらと混用した場合240Mbpsが達成できなくなる。そこでUSB2.0では、新しいコネクターとケーブルの規格を検討している。コネクターに1.1との互換性が無くなるので、USB2.0の魅力が半減するという意見もあるようだ。機密保持契約者にはUSB2.0の0.9版仕様書が1999年後半に入手できるという。一般公開は、2000年1Qとか。
(1999/6月に仕様公開と2月に発表していたのに、6月になっても全然何も発表されなかったので不思議に思ってたんです。
そうだったのか、道理で出てないなーと思っていたが・・・・)

日経エレクトロニクス1999/7/12号P19に、マルチスレッドPowerPCや、1GHzの「Power4」の話が出ていた。
今年2月にISSCCで発表された内容を元に、製品化を前提に開発したチップを紹介するものと見られる。8/15〜17にパロアルト市で開かれる学会「HotChips11」にてIBMが発表する予定である。他に0.18μのPentiumIIIや、AMDのAthlon向けRambus用チップセット、東芝-SonyのPS2向けEmotionEngineのFP-Matrix演算器などの講演があるとか。

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/10 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1786名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

appleinsiderに、Consumer Portable Design and Hardware という記事があった。
アップルのConsumerポータブルは、Cupertinoの中で広く秘密を保たれた物のなかで、おそらく最も多く公に漏れ出てきた物であろう。そのプロジェクトは、多くのmisinformationキャンペーンのフォーカスする1ターゲットでもあった。もしあなたが、アップルで、そのプロジェクトについて後悔の念を持つか誰かに尋ねたとすると、多分、彼らは歯を見せて笑い、1年以上も前にそのユニットの内容を発表することは、彼らの唯一の間違いであったと言うだろう。この8ヶ月以上の間、Appleは紫とスモーク様のeMateの感じのケースのコンシューマーポータブルを仕事仲間に見せており、それには9-10" color screen がつき、そのユニットの内部は、その会社の完全なポータブル・コンピューティング・ソリューションの歴史の中で、最もコンパクトであることを、パートナーに保証している。ソースによれば、これらのユニットのうちの1つが、Macworldサンフランシスコでスティーブ・ジョブスにより発表される贈り物であり、アドビとマクロメディアのような重大なマッキントッシュ向けのソフトウェア会社からのエグゼクティブにデモされる。そのシステム・ソフトとハードウェアが長い道のりをそれ以来歩んで来たけれども、−開発のアルファステージにあった初期に−Mac OS 8.6のカスタムバージョンを走らせているとき、ブートプロセスを終えてまもなく、そのユニットは明確にクラッシュするという。
ソースによると、Consumer Portable は、公式の名前が「iBook」になるようであり、333MHz processor と32MB のSDRAMになるようだ。より最近の情報では、 FireWire portを内蔵しないのでハイライトの機能ではないが、そのユニットがFireWireバスを特徴とすることを示唆する。内蔵の代わりに、FireWireコネクティビティは、カードスロットのいくつかの形式を通してアクセスできるとうわさされる。そのユニットは、USB、10/100BaseT、Modem、Audioポートを含むとソースが言った。そして、その機械は非常にコンパクトであり、アップルがオプションで出しているCD-ROMのような外部装置の形態は無いという。Consumerポータブルの全ての構成要素は、CD-ROMドライブを含み、全部内蔵である。また、伝統的なバッテリーベイが、この機械にはないとうわさされ、より多くの革新的な、そして、スペースを消費するベイを与えるという。写真撮影がすでに終えられたので、Consumerポータブルが、最も明確にそのEXPOに現れるだろうと、ソースが言った。iMacスタイルラップトップのマーケティングショットが、過去の週にわたって姿を見せた。と多数のソースが言った。Consumerポータブルは、現在のiMacフレイバーの全ての五色で入手可能だということである。ケースデザインは、PowerBookの現在のラインより非常に薄く、極端にコンパクトである。各ケースは、iMacスタイル「Icing White」と5つのフルーツフレイバーのうちの1つから成るとうわさされる。そのユニット(キーボードエリアを含む)の大多数が、この半透明のiMac「Icing White」色であると言われ、そのユニットのトップとベースと、グリップの周りにフルーツフレイバーを配することを特徴としている。また、その機械のエッジもキーボードの上のレタリングのようにカラーリングされているという。このユニットは明確にハンドルを持つというが、いくつかのソースは「少し女らしい」と主張している。価格に関しては確証された情報がない。

 

AndyMac-L Mailing-Listにて、 「ミスインフォメーション・キャンペーン」が送られてきた。
株価が最高値を更新して人気上昇しているこの時期が、Appleを売り飛ばす、逆に良い時期であるという考え方もできる・・・という話もあったのですが・・・Appleが従業員も信じないで・・・云々・・・
なるほどこういう見方もあるんですね。・・時間が無くて一昨日読まなかった、以下の話のことです。
appleinsiderによれば、Apple Intentionally Spreading Misinformation to Employees とか。
故意に、誤情報を従業員に広めているアップル:7/06
Consumerポータブルの予想された紹介まであと数週になったが、みんなの大好きなiCEO:アップルエグゼクティブは、大部分のプロジェクトの外観を隠すために、特別な方法に賭けているようだ。しかし、ソースによれば、彼らは今回、非常に特別でオーソドックスでないアプローチをとっているという。−故意に、彼ら自身の従業員を誤解させるという方法で・・・。1週間前の、6月のこの前の金曜日に、デスクトップとポータブル・エンジニアリンググループ(これらは今、一部門に統合されたが)を召集し、ルーチン・ミーティングを行った。二つの部門長によって率いられた会社ミーティングは、ルーチン以外の何でもあることがわかったと、ソースが言った。部門長は、明白にそのミーティングの最初の半分をアップルでの秘密の重要性について講義するのに費やし−情報をプレスに漏らす習慣を止めるように従業員に嘆願した。アップルhigher-upsは、情報のリークが「アップルにとってよくない」ということを従業員に立証しようと試みた。しかし、次に起こったことは、そのラインをクロスさせていたと、彼らが言った。ソースによると、そのミーティングの後の半分は、その第一の完全な裏面であった。彼らの秘密講義の仕上げの後に、部門長は、次に何が出てくるかのような内部メモをさっと取り出して、やがて現れるハードウェアプロジェクトのスペックを漏らし始めた。 ―消費者ポータブルや、彼らが決して実施しない何かも含んで・・・・
そのスペックはもちろん純正ではなかった。しかし、それは他の人より情報に通じていた従業員にとってのみ明らかなだけだった。他の人が解らなかっただろう中で、何人かは、その試みを笑いながら、ミーティングを去った。
過去の10日に浮上した消費者ポータブルを取り巻いている情報の多くは、Apple内部のこの種のmisinformationキャンペーンの結果であり、誤情報である。Consumerにポータブルが解体される危険にさらされていることを示唆した情報は、確認されなければならないけれども、misinformationであった。確かにアップルがプレスを誤解させることを願って従業員を誤解させるのを試みたのはこれが最初ではないが・・・・略

macosrumorsによると、Forthcoming Microsoft hardware...for the Mac! [17:05 7/9] とか。
新しいニュースソースから、マイクロソフトの次期Mac OS向け Microsoft USB hardware についての情報があったようだ。マイクロソフトIntellimouse、Freestyle Pro GamePad、Sidewinder Precision Pro、そして、USB Overdriveであ。(そう、イタリアで開発したものだが、マイクロソフトは明白に、その技術の権利を購入した。現在、その開発者のウェブ・サイトでその技術がOEMのためにもはやだせないと言っている理由をこれで説明できる....)それらはMacに移植された。そして、我々が今月ニューヨークのMacworld EXPOでそれらを見ることが出きるかもしれない...。MacWorld Expoの exhibitor list を見ると、あなたは、Mの下の1937スタンド下に、Microsoft Intellimouse Explorerの面白いエントリを見つけ出すだろう...また、伝えるところによると、「ユニークな3Dスイベルアクション」をもつ新しいGamePadが、前述のIntellimouse Explorerと同様にテスト中である。Explorerは、我々がMacworld exhibitorのリストで見られるので、Macworldで説明されるだろう...MSの他のMac USB製品の発表は、また近い将来起こるのを期待することができる。単にその名前の性質によって、多くのMacユーザは、マイクロソフト製品からしりごみする..。それがGates帝国の一部分であるという事実にもかかわらず、MSのハードウェア製品はしばしば優秀だった。そして、Mac OS上のUSB装置をつくっている。8月には、ほくそ笑むWintelユーザを減らせるかもしれない。

O'Gradyによれば、P1 = Project Bismol  とか。
アップルのCupertinoキャンパスのまわりにある、伝説のコンシューマー・ポータブルの現在の笑い声(ha-ha )コード名は、「Bismol」以外の何ものでもない。非公式の名前は、敬意を表して伝説的なピンクのエリキシルである。それは、週末のビールと、グリルからのバーガーの後の、あなたの親友である。・・・
Bismol上の最新の本質は、アップルが永久にフロッピーを休暇に送り出すことを含む。(外付けmodelおそらくサード・パーティー)は考えられるけれども、その研究室の中のMulesが、フロッピーなしでしばらくの間あった。他の面白いねじれは、成長したモデルの色である。そのプロジェクトに近いソースによると、少くとも1つのP1のプロトタイプは、ロンバードのモカのキーボードに似て、coffee-かCoke-色のプラスチックを使っているという。いつものように、色はまだ決定されていないことになっていて、彼らブーススタッフが自分でMacworld Expoで見るまで、アップルはiMac色について話しもしなかった、ということを思い出して欲しい。

O'Gradyによれば、Lombard Speed Bumps とか。
先週、チェックリストにLombard の433MHzバージョンがリストに載ってる話をしたが、陰謀理論家は、報告された速度衝突のより最近のバージョンが466のMHzモトローラ-チップを使用することを認めた。唯一の問題は、モトローラが、このチップの生産で最近トラブルがあったということだ。それで、速度を上げた物は、Pro PowerBookの次の改訂版まで起こるかもしれないし、起こらないかもしれない。400MHz版は容易に433MHzで作動できるので、Wallstreet re-enginedしてPDQとして売った同じ方法を、アップルは選択し実施するかもしれない。

 

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/9 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1785名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

匿名希望の読者より情報を頂いた。ごんべーさん、ありがとうございます。

「このタイプの従来のバスダブラー技術は懐疑的に思っている」ということが7/7には書いてあったのだが、私(鼎)は問題ないのではないかと思っています。だって、バックサイドキャッシュがあるから。

pbzone によると、The Truth Behind Lombard Problems とかで、匿名のApple関係者の投稿があったらしい。
この人もLombardを持っているが、同じトラブルがあり、Appleと話しているとか。trackpad clickerボタンが、powersupplyなボードの上にあることから問題が起きるように見えるという。パームレストに手を置いて圧力がかかると、押してもいないのにtrackpad clickerボタンが作動してしまうようだ。

O'Gradyによれば、Lombard Podiatry Issues と、また別のトラブル報告があるようだ。
Lombardの足が融けるという。lombard 400 のタッチパッドは熱すぎて、さわることができないほどだ。lombard 400 のゴム足がこの熱で溶けたのだろうが、AppleCare UKには他に4件も同じ問題が報告されているようだ。

O'Gradyによれば、 New P1 Reader Mock-up とかで、読者がP1の想像図を投稿してきたようだ。

 

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/8 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1784名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

O'GradyのP1 Periphery によれば、P1の周辺装置が、いろいろ出てくるようだ。

O'Gradyに、Macworld Keynote Satellite Locations があった。
スティーブ・ジョブス(アップルのInterim CEO)要旨:

macweekCOMによれば、 Apple stock hits 4-year high  とか。
株が50.44 ドルと最高値をだしているようだ。前回の高値は5/3だが、これで過去4年での最高値を達成したことになる。アップルの会計の第3四半期は6月25日に終わり、7/14に発表される。第2四半期では15.3億ドルのの売り上げで1億3500万ドルのネット収入を報告している。

O'Gradyによれば、以下のソフトのアップデートが出たようだ。

 Griffin iMate 1.4.1Jeremy's CSMs 2.0PGPfreeware 6.5.1

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/7 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1787名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、OS X Developer Preview In-Depth とか。
アップルのMac OS X Consumerの最初のoff-campusリリース:Mac OS X Developer Preview 1.0 がリリースされたようだ。

xlr8yourmacによれば、 Interware's 'bus doubling' design for new G3 Upgrade : と、バスダブラーのアップデート投稿がきたとか。
このボードはこの 写真 のように、ICが2個追加されており、一個は lucentのSRAMベースの FPGA chip ORCA で、もう一個は未知のチップだが、クロックダブラーのチップだろう。
しかし、このタイプの従来のバスダブラー技術は懐疑的に思っている。Kansas [Apple's Mach 5 systems-Mike] とUMAX CacheDoublerの2種類の、バスダブラー・ボードについて、かつてテストしたことがあるが、両方のカードには、メモリー帯域幅に対する悪い効果があった。とか。.

xlr8yourmacによれば、Sonnet が安いG3 CPU upgradesについて、プレスリリースしたとか。
HeatSinkがアルミ板になったようだ。

xlr8yourmacによれば、ATI Rage128 Shipping Status:が出ていた。Ingramでの出荷時期だが。

appleinsiderに、 Apple Intentionally Spreading Misinformation to Employees
          An Inside Look at FileMaker Pro 5.0 が・・・

MacNNによれば、 Silverlining Pro version 6.1 が出てきたようだ。RAID 0 striping とUSB storage deviceもサポートするようだ。

日刊工業新聞7/6 P6に、不老不死の遺伝子発見? ハエの寿命が3倍に・・ という記事があった。
米国の科学者がショウジョウバエによる実験で、細胞の老化を防ぐ遺伝子を発見したか。これにより、通常の3倍の130日に延命できた。細胞の損傷を修復する働きがあり、半永久的に細胞を生き延びさせる個とが出来る。これを施したハエは羽の摩耗など物理的な原因で死亡した。この種の遺伝子の発見は初めてであり、同様な遺伝子が人間にも存在する可能性が強いという。不老不死も夢ではないかも。

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/6 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1787名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

 xlr8yourmacによれば、Interware 10X G3: とか。
Interware で、PCI-Mac用のBOOSTER G3 466 が出るという。
・クロックダブリング技術によって、X10クロックを得ているという。
これは、旧PCI-Macのバスクロックが50MHz程度までしかまともに動かない機種では、これまでの8倍までのクロック倍率しかないG3では、50*8=400MHzまでしか堪能出来なかった。このバスとCPU間に制御回路とバッファーとクロックを2倍にするPLLを付け、CPU間バスクロックを2倍にし、たとえば46.6MHzバスを*2*5で466MHzにしてしまおうという物だ。先日IBMが7xx_ds.pdf で*10を付けたと言っているので、新しいこの750チップが載るようになれば、50*10=500MHzくらいまではクロックダブラーを使わなくても出来ますが・・・もちろんバスクロックが66とか83とか100MHzなどの機種では意味がない話です・・・臍茶

MacNNによれば、 True Reality 1.1.3b1 が出たようだ。
これは、Nintendo 64 emulator で、Super Mario 64 やWave Race などいくつかのゲームが作動する。

techwebによれば、 Motorola Sells Two Chip Plants とか。packaging とtesting を台湾の会社が買ったようだ。

 

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/5 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1783名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

MacNNによれば、(7/3) 今年の11月の予定だったアップルExpo99はキャンセルされた。しかしそれは、2つのUS EXPO会議、ヨーロッパの2個、東京の1個のショーと年次Worldwide Developers Conference(US)を含むアップルの「グローバルな戦略」、の一部としてのより大きいショーに置き換えられ、2000年3月に開催されるという。

 

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/4 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1785名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

pbzone によると、MacOpinion でのP1 Speculation Heats Up を紹介している。
台湾の Alpha TopがアップルのコンシューマーPowerBookを造る契約を取っている話を先週レポートしたが、P1の出荷が8月から始まり、この年末には200,000のユニットもの出荷を期待されているということが確証された。The PowerBook Zoneでの計算では、P1 が$1875 のコストで、予測販売価格は$1999 とみて、3億7500万ドルの売り上げと見積もられている。 その価格は、アップルがP1でTFTスクリーンを使っているというレポートと調和しているかもしれない。しかし、3億7500万ドルには設備や上昇しているコストを含んでおり、さらに検討してP1の価格は実際$1299 〜$1599 の範囲になると予想した。O'Grady's PowerPageでは、ソースの1つによれば「アップルのCupertinoキャンパスのあたりではUS$1900という数字を聞いており、これより安い価格は聞かなかった」という。一方、アップルはP1からvideo-outや、PCカードや、たぶんDVDサポートをはずすだろうから、かろうじて1,900ドルコンピュータとなりえるのではとPowerPage は言っている。で、これが、ローエンドのロンバードが2,400ドルという価格である意味である。・・・長文につき、ここまで・・・失礼。

   本日の 興味深かったお薦め記事:(古い記事が入ることもあります。)

99/7/3 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1785名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

O'Gradyは、Register Now! P1 Sketches Await! とかで、新しい、情報提供サービスを始めたようだ。早速登録しましょ。EMailでpasswdが送られてきたので、早速Loginして見てみると、P1のスケッチらしき物が・・・・

赤と白のクラムシェル的ケースですな。(ご存じClam Shell=2枚貝)Topの絵はなんかパンツみたい・・怒られそうだな。先に謝っとこ。ごめん忘れて。   うんかっこいい〜!
底に、横から、何かを差し込むslotのような、何かふたがありそうですね。ICカードかな?

O'Gradyによれば、100 MHz RAM OK in Lombard とか。
読者からの電子メールによれば、複数の通販業者は、Wintel PC向けの100 MHz-SO-DIMMを、WallstreetやロンバードPowerBookに入れて販売しているようだ。アップルのロンバードDeveloper Noteによれば・・・

 Bus or device  Clock speeds (MHz)
G3 microprocessor 333 400
Backside L2 cache 133 160
System bus 66.7 66.7
PCI bus 33.3 33.3

  note のP70に、SDRAMへの要求仕様がある。3.3Vでセルフリフレッシュで、100MHz以上。

O'Gradyによれば、FireWire Booting Still Six Months Off とか。
ある読者が出席した、先週の MacHack にて、FireWire-Bootに関する質問が出た。そのときの答えは、現在、明確に開発中であるが、たぶん出てくるのは6ヶ月は先の話になるだろうとのこと。明白に、大部分の仕事は済み、2、3の重大な問題だけが残っているし、品質検査も残っている。もちろんこれがPowerBook のFireWire PC Card bootingをサポートする物になるかどうかは解らない。しかし、Blue G3オーナーは、最初に出てくることを期待できるだろう。FireWire内蔵のBlue G3の出荷後一年になろうとする時期まで、FirrewireBootをまたしているのだから。

pbzone によると、New USB Drivers On The Way? とか。
アップルは、アップデートをUSB DDKに配置した。そのDDK(ドライバー開発キット)によって、KensingtonかMacAllyのような会社の製品がMac上で作動するようになる。新しいバージョン1.3a3は、ロンバードPowerbookのSleep問題をFixしている。SleepするときのUSB抜き差し、WakeUp時のUSB抜き差しが問題を起こしているようだ。

xlr8yourmacによれば、 Softraid 2.1.7 が出たようだ。

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/7/2 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン2085「kwat's iitai-houdan」==1781名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

appleinsiderによれば、 AGP Enabled Sawtooth G4s Cause Graphic Card Stir とか。
アップルは、この夏の遅く、選ばれた開発者にシードするために、たくさんのPower Macintosh G4プロトタイプをゆっくり用意させている。そのユニットの全体としてのプロジェクトコード名が「P5」であり、logicboardが「Sawtooth」と名づけられたとうわさされる。同様にそれぞれ、次世代iMacsとConsumerポータブルの一般のプロジェクトコード名は、P7とP1である。全てのアップルで進行中のプロジェクトは、その会社の別の部署からのプロジェクトのよりよい追跡のできる「Px」というコード名が付けられるとうわさされる。Consumerポータブルのようなマシンに使われるSawtooth logicboardは、最終的には全ての4つの製品ポイントをすべて作動させることになるアップルのSingle Common Unified Architectureに基づくと言われている。その上、Sawtoothボードは、 現在のPower Macintosh systemラインに載っている 66MHz 32bit slot を置き換える4x-AGPスロットを内蔵すると噂されている。AGPは、初めそのヨセミテ(現在のPower Macintosh G3)のマザーボードに載る予定だったが、後にその開発サイクルにて明白に中止された。
NVIDIA Rumors
ソースが言うことには4月に、アップルは、全ての新しいPower Macintosh G4システムの上で標準で出荷されるであろうハイエンドのAGPカードのたった一社のプロバイダーになるという協定に、明白にATIと合意に達したという噂だった。その時から、浮いているたくさんのうわさが、マッキントッシュのAGP関連の周囲にあった。一つのソースによると、アップル(我々の大好きなiCEOを含む)のエグゼクティブは、現在のPower Macintosh Systems向けのRage 128chipset用の、ATIが書いたマッキントッシュドライバーの品質について激怒している。Blue /White Power Macintosh G3 オーナーは、ATIドライバーにまつわる問題について不平を言う日々であった。そして、多数のバグ・フィックスリリースがすでに出されたが、その問題は、Sonataのリリースまで完全に除去されないと、ソースが言った。ともかく、うわさは、アップルがグラフィックスカードプロバイダーの観点からそのオプションを再考していたということであ。ソースによると、アップルはPower Macintosh G4ベースのシステムのために彼らの高性能なAGP TNT2カードを提供することに関してNVIDIAと連絡をとった。NVIDIAは、すでにMacドライバーを用意して持っているとうわさされており、アップルは、彼らの方向へ転回するだろう。NVIDIAの代表者は、型通りに現在のアップルとの関係を否定し、そして、マッキントッシュドライバーが開発中であるかどうか明言しなかった。一方、彼らには、販売部門を含む会社の他の部門の中で起ころうとしていていることがありえたことの知識は無いと主張した。NVIDIAは現在、マッキントッシュを除くあらゆるメジャーなプラットホームをサポートしている。
3DLabs
関連したニュースの中で、3DLabsは、Power Macintosh G4のリリースに間に合って、マッキントッシュに、高性能なグラフィックスカードの彼らのAGP Oxygenファミリーをもたらすことのうわさの中央にあるとされている。3DLabsは、Formacと名づけられる会社に関連して、彼らがマッキントッシュに彼らのProFormance 3カードをもたらしていると、最近知らせた---今月のはじめの頃。そのカードは、8、16 MBの構成で利用可能であり、Power Macintosh G3システムの現在のラインに載っている標準のPCIスロットと66 MHz32ビット両方で作動する。3DLabsは、マッキントッシュの上で3Dカードの彼らのOxygenシリーズに関して、発表することは何もないと言った。しかし、AGP-スロットが、次世代システムでアップルからそれをポップアップするべきだと言った。それは、別のストーリーであるかもしれない。
Seybold
一度、アップルが正式に、AGP-enabledされたSawtooth logicboardで完成したPower Macintosh G4システムを紹介すると、AGPグラフィックス・カードオプションが増え始めるように思える。Sawtoothに基づくシステムのプロトタイプが秋までシードすることを開始するとは期待されないけれども、スティーブ・ジョブスは、彼の要旨演説の間、SeyboldサンフランシスコでPower Macintosh G4システムを説明するという噂がある。

appleinsiderによれば、 Mac OS 8.7 (Sonata) Turns Beta!

appleinsiderによれば、 An Inside Look at Photoshop 5.5 & Image Ready 2.0

O'Gradyによれば、P1 is an eMate in Disguise?  にて、MacMilitia の記事:article を紹介している。
P1とNewtonOSのeMateの比較。

macweekCOMによれば、 Apple goes after iMac knock-off とかで、PCメーカのFuture Powerと、その後援者(大宇)を、all-in-one E-Powerシステムにて工業デザインをコピーしたかどでAppleが告訴しているという。
写真を見ると、そっくりではありますが、スカートが違うし、昔のCRT-キャラクター端末にはこんな格好の物はありましたけどね。ADM-3Eとかね。(昔買ったときゃ、単なるこんな端末が定価70万、買値30万位だったけどね)

日経産業新聞6/30 P14の「未来機行 メカ進化論」に、電気で回す、超小型水車モーター という記事があった。
千葉大学大坪助教授が電圧で動く液体を発見し、新技術マネイジメント社と共同でモーターの開発を行っているという。
この液体を「電界共役流体:ECF」と名付けた。ECFに電界をかけると、原理的にはよくわかっていないが、渦を巻いて動き始めるらしい。これを利用し、水車を回し、モーターとして利用する。3mmφ、0.2g、ECFを0.03gで、8000rpm回る。年内には2mm厚さのモーターを作る計画とか。ノートパソコンの空冷FAN向けを考える。0.8φも開発に着手しており、これは血管内=医療用マイクロマシンを睨んでいる。0.1φのモーターは理論上13万rpmにもなるという。また、インクジェットの噴射にも用途が考えられ、点だけでなく、線上、面状のインクジェットヘッドも考えられよう。

日経産業新聞6/30 P1に、紙のような半導体チップ 東京精密が製造装置開発 ICタグの需要期待 という記事があった。
髪の毛より薄く、紙のようにペラペラの半導体チップを作ることの出来る方法を確立、実用化した。ICカードを現在のようなプラスチックでなく、紙や衣類に直接貼ったり、埋め込むことが出来るようになり、個人認証や商品管理のICタグなど向けの需要を見込んでいるとか。
この装置は「ケミカル・メカニカル・グラインダー」といい、半導体ウェハを平面に削る。通常切削すると0.5〜0.7μm程度の微少な穴:傷ができ、曲げるとここから割れが拡がってしまう。この微少な穴を化学的に溶かしてなくすことで、ウェハでの亀裂を防ぐようにした。従来装置での限界は150μm厚さまでであったが、本装置では30μm厚さまで薄くできる。これくらいの薄さになると紙のように扱え、紙に貼り付けて記憶容量の大きいバーコードの代わりに使える。すでに、ヨーロッパの半導体メーカーが超薄型チップを使うICカードの実用化を検討中とか。本装置は1〜1.5億円程度の見込み。
(ちょっと心配に思うのが、ストレスです。ICって、半導体ストレインゲージを作ったりするので、変形とかストレスにて素子の特性が変化すると思いますが、この変動も十分計算に入っていて、ストレスがあっても正常に結果を出すようにしないといけないですね。も一つ、衣類とあるので、また商品Tagでも、水分の危険がありますね。洗濯しよう物なら・・・・ま当然対策されるでしょうが・・・)

 

   本日の 興味深かったお薦め記事:

O'Gradyによれば、P1 to Morph into an eBook? とか。
PowerPage に届いた新しい情報によれば、アップルは、P1消費者ポータブル(iBook)は、異なった2つのバージョンの中で出荷されると言う。P1がconsumer-onlyな機械であるという前のレポートとは逆に、この最新の情報は、アップルがエグゼクティブをターゲットにしたP1の2番目のカラフルではなく、より強力なモデルを出荷することを示唆している。最初はエグゼクティブPowerBook(a.k.a。eBook)を、この秋〜冬の時間の間のいつかに発送するのを期待された。3月の株主との会談の後のスティーブ・ジョブスによれば、eBookが、「旅行している間に電子メールをチェックするために必要とする」忙しいエグゼクティブのために設計された完全に別の機械であると信じられた。我々が見聞きしたP1プロトタイプはロンバードと非常によく似ているが、3/4もの小さいイズである。両方のP1モデルは、7月21日にMacworld Expoニューヨーク1999で示されるとうわさされる。消費者バージョンは、8月半ばに販売が始められ、エグゼクティブバージョンは、その後まもなく(九月の遅く)に出荷されるのを期待される。アップルは、ロンバードの販売を落とすことがないように、エグゼクティブバージョンの中にFireWireポートをintro時まで入れそうもない。

O'Gradyによれば、New Apple Call Center Forewarns of P1? とか。
アップルがまもなくElk Grove(カリフォルニア)で新しい顧客サービスセンターを開く予定になっているといううわさが、循環している。我々は、単にアップルのすでに大いに中傷された顧客サービスセンターへのいくつかの圧力を軽減するというよりはむしろ、その設備が特にP1-トラフィックのために造られると、確信することができない。しかし、読者のレポートによると ―サポートセンターがその方向にあることを確認するように見える。週末のサクラメントBee広告の中でアップルは、Elk Groveの新しいコールセンターを監督するための監督者を捜している広告を出した。また、彼らはテクニカルな、あるいは、コンピュータ経験があったカスタマー・サポートrepsを捜している広告を走らせた。

pbzone によると、MWNY Keynote Movement  とか。面白そうだけど、時間がないので・・・・

 

読者の稲垣さんから、EMailを頂きました。掲載許可も頂きましたので早速出してみましょう。
稲垣さん、ありがとうございます。いなちゃんの部屋を見に行ってみましょう。

 

 

   本日の 興味深かったお薦め記事:

 


[Home] [Linkし放題] [Fleamarket]