Macの奴隷の臍茶な話
渡邊鼎の!言いたい放談!
!言っちゃったNews! 

 

99/3/31 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1610名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

O'Gradyによれば、 Apple Free Battery Promotion Debuts  と、
アップルの無料のLiイオンバッテリープロモーションが、デビューとか。
101,P1向けに現行品の在庫一掃の、一手段かしら?

O'Gradyに、触れる価値があるソフトウェアアップデート...があった
  DragStrip 3.7   、Eudora Pro 4.2b76

MacNNに、 Melissa method とか、EIMS filters などの、Melissa対策Toolが紹介されていた。

Mac自身では、発症事例がまだないんですが、Mac内部に留まることはできるわけで、Macから外部に出さないようにすべきですから、 マキエンタープライズ の、Method対策ファイルファイルを検討してみてはどうでしょう。 Mac版、Windows版があります。

 本日の 興味深かったお薦め記事:

99/3/31 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1610名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

O'Gradyによれば、 Apple Free Battery Promotion Debuts  と、
アップルの無料のLiイオンバッテリープロモーションが、デビューとか。
101,P1向けに現行品の在庫一掃の、一手段かしら?

O'Gradyに、触れる価値があるソフトウェアアップデート...があった
  DragStrip 3.7   、Eudora Pro 4.2b76

MacNNに、 Melissa method とか、EIMS filters などの、Melissa対策Toolが紹介されていた。

Mac自身では、発症事例がまだないんですが、Mac内部に留まることはできるわけで、Macから外部に出さないようにすべきですから、 マキエンタープライズ の、Method対策ファイルファイルを検討してみてはどうでしょう。 Mac版、Windows版があります。

 本日の 興味深かったお薦め記事:

99/3/30 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1610名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

O'Gradyによれば、Where oh Where is my Little P1?  とか。
P1コンシューマーポータブルのリリース日についての、最新の情報では....
サンホゼ(CA)で1999年5月10-14に開催されるアップルのWorld Wide Developers Conference(WWDC)の時に、あるいは、ちょい後にアナウンスされるだろうとのこと。

O'Gradyによれば、Apple Trademarks iBook  とか。
Appleは、アメリカで商標(75-584233)を提出したようだ。「iBook.」:1998年11月06日付
コンシューマーポータブル:P1:の名前になるかも知れない。

appleinsiderによれば、 Apple/CompUSA Relationship Hits Turbulence とかで、
CompUSA が、Store boutiquesを止めるようだ。

そういえば、そろそろ、April fool の時期ですね、御注意を!

 本日の 興味深かったお薦め記事:

99/3/29 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1609名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

States reportedly propose Windows auction
マイクロソフトとの独占禁止の和解話に備えている州検事は、ソフトウェア巨人に今日Windowsオペレーティング・システムの制御をあきらめ競売に出すよう頼むようだ。もし、強制された競売が容認できないならば、合州国は彼らのゴールは以下を要求することによって達成されてもよいと言う。すなわち、Microsoftは、Windowsを公にサード・パーティー開発者への「オープン.ソース」基準の上で利用可能にするか、少くともそのオペレーティング・システムを構成するソース・コードのある種の部分を公開すること。

 本日の 興味深かったお薦め記事:

99/3/28 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1609名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

 MacNNによれば、 Intech Softwareの Hard Disk SpeedTools 1.5.7 は、高性能なSCSI記憶管理ユーティリティのアップデートである。「自動的にあなたの特定のマッキントッシュモデルと稼働環境のために速度と互換性の最も高いレベルを保証するためにカスタムチューンされたデバイス・ドライバを造る」。とか。

MacNNmacintouchによれば、 Apple がUSB driverの新しいfinal candidate, Mac OS USB v1.2f7 が公開されたようだ。幾つかのベンダーのPCI USB カードをサポートする。アップルが特にそれを述べるけれども、Keyspanは、カードにUSBドライバーを同梱するのを認可された現在唯一の会社であるとか。

O'Gradyによれば、How to Hotsync Your Palm Over IR と、 Palm III、Vと PowerBook G3 との赤外線ポート経由でのHotsyncの仕方に付いて、投稿文があった。

Mac the Knife: Catch of the day
iMacの300-MHz Rev D release が、一月ぐらいの間に出てきそうな話があった。

 本日の 興味深かったお薦め記事:

99/3/27 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1607名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

acosrumorsによると、Veronica Free Update confirmed とか。
複数の信頼できるアップルソースによると−これは、Mac OS8.6b4の開発ドキュメントの中の情報によっても支持されるが−期待されているように、Mac OS 8.6は、本当に自由にダウンロード可能なアップデートである。8.6のCDバージョンが、限られた顧客(最新の PowerMac G3 B&W 購入者、OS X Server 購入者, 最近8.5 を購入した人)の数だけ、無料で入手可能である。そして世界中のこれ以外の人には、$15 〜$25 の価格で入手可能である。

O'Gradyによれば、

101 and P1 Release Date Rumors
101とP1のリリース日のうわさ。Wallstreetへの後継者:101と(消費者PowerBook)P1のリリース日、についてのより多くの詳細は、一緒にゆっくり来ている。PowerPageソースからの最新のものが、ここにある:
G3 powerbookの売れ具合を聞いたら、2台のみしかなく、新しいバージョン(101)が数週間で出てくるという。それは、Developer会議の後利用可能である。その価格は$1300で、(300mz、6gig,32mb、12.5TFT、モデム、CD-ROM(現在のPowerbooksと同じドライブベイ)がつく。

 本日の 興味深かったお薦め記事:

99/3/26 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1607名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

appleinsiderに、P1: Internally Dubbed "Student Notebook" という記事があった。
Cupertinoからの最新の言葉では、サンホゼConventionセンターでの今年のWorldwide Developers Conferenceに先立って、Apple Media eventにて噂通りの4月末=五月始め頃という発表期日に向かって、アップルのConsumerポータブルが順調に "on track" とか。そのイベントでは、PowerBookのアップルの新しいライン:コードネーム101も出てくるかも知れない。コンシューマーポータブルは消費者市場というよりはむしろ教育市場の方を、より多く狙っているという。
P1の概念解釈:
それは真実である、内部にて、Consumerポータブル(コードネームP1)はしばしば「Student Notebook」とか「School Book」と呼ばれる。その上、最も最近の情報は、Consumerポータブルは、PowerBookというよりは、eMateのようだとのこと。eMateは、その、簡単さ、タフさ、バッテリーの長時間作動により、教育の場で使われることが知られていた。ソースによると、コンシューマーポータブルのプロトタイプは、相当な高さから、そして教室の机から落とされることを含む、きつい条件の中でテストされる等の、広範なフィールドテストを実施されたようである。その上アップルは、うまくeMateのもう一つの機能:バッテリ寿命の延長:をマスターした。先進のエネルギーセーブオプションと先進のsleep modeが密接に統合されるのを期待する。即時アクセスは全ての時代でのキーである、そして、学生は彼らのユニットをシステム終了する必要はない。
eMateと違って、ConsumerポータブルはMac OS 8.6と低電圧のG3プロセッサのフル・バージョンで、本当に出荷されるので、これは感動的である。
先週のFETC会議の間に、アップルエグゼクティブは、最後にこの前の小さい情報を確認した。
その上、最近のうわさでは、アップルが、Consumerポータブルのバルク(大量まとめ)販売のためにすでにたくさんの大きい教育現場との購入契約に署名したことを示唆する。その製品が初期の5月に正式にアナウンスされるならば、この台数は指数関数的に増加すると期待される。コンシューマーポータブルユニットのコストは本質的に教育顧客のためにそれほどかからなくて、大量購入のときはさらに安くなるだろう。前のレポートからの信頼できる情報が述べているが、プロトタイプとテストユニットは、この春開いた市場を打ったとき、たぶんiMacと同様の、複数の色のハンドルになるだろう。そして、iMacの大学での大量購入時に、カスタムの学校色のオプションの提供をアップルがためらったらしいが、Consumerポータブルのためのその政策は、より非常に誘惑的だとうわさされる。多くのアップル従業員は、だいぶConsumerポータブルに金を賭けている ―アップルの成功で利益を得ることを願って彼らのストック・オプションを行使して。

O'Gradyによれば、 Jobs Acknowledges Thin and Light Executive PowerBook  とか。
Jobsが、薄くて軽いエグゼクティブPowerBookを認めたという。
ポータブルの3つの市場を描いたJobs:

  1. 充分に機能的に彼らのPowerBook(101をアップルのこの次のプロのPowerBookに委託する)の中でデスクトップ置き換えを必要としている「デジタルの道戦士」のモデル
  2. 低コストなコンシューマーポータブル、ポータブルiMacと違ったもの(P1に言及する)
  3. 電子メールチェックとWebに目を通すのとワープロの能力を含む基礎的な機能性だけを必要とする薄くて軽いデザインで旅行用エグゼクティブに向けて計画する。

 以前に、アップルはコンシューマーポータブルに2つのデザインパス:iMacのようにマルチカラーの(おそらく強化された)モデルか非常に薄いサブノート(ソニーVaio 505のシリーズに適する)のいずれかに決定されるものと信じられていた。

Executive PowerBookという昨日のヒントは、主にねばつくの8ポンドか似たような重さの PowerBookをビジネスミーティングに運ぶことで不幸だった経済界のための大きいニュースである。
ニュートンの置き換える新しいPDAを発表する計画があったかどうか尋ねられるとき、Jobsは「それは、大きく我々の既存のビジネスと関係がない...」と言った。「我々はそのビジネスに入らないことに決めた。」

Jobsはその代わりに、アップルがその名前のもとに売るPalm Computing handheld装置のOEM戦略という我々の前のうわさを彼は確認した。その上、Jobsは彼が18ヵ月前アップルに戻ったとき、3Comのhandheldビジネスを購入しようとしたことを認めた。

 本日の 興味深かったお薦め記事:

99/3/25 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1605名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、The promise of Sawtooth という記事があった。
Mac OS 8.6に新しい Nanokernel があったように、アップルは、その市場に明らかにWintelに対する現実のパフォーマンス優位を追求している。それを固めるために、アップルの次世代のプロワークステーション(コード名Sawtooth)は、このエリアの中ですばらしい利益を提供するところである。
Sawtoothの芯を見てみよう:

G4プロセッサ。AltiVecのおかげで、多くの読者は、Sawtoothがネットワーク、メモリー-スループットとマルチメディアの守り神であるのを知っている。その上、多くの読者は、G4が劇的に改善されたFloating Point演算処理を提供するのを知っている。しかし−その新しいバス技術(MaxBus)に関しては、少しの読者しか、G4のさらにより大きいメリットを知っていない。最新のレポートは、Sawtoothと他の近い将来出てくるMacは、コストを低くするため、および、Wintel で使われているRAMと互換性をとっておくために、まだ64ビットのメインバスを使うことを示唆する。しかし、DDR(Double Data Rate)SLDRAMや、インターリーブされた SDRAM ををサポートするという計画を、アップルは明白に持っており、これにより、これに匹敵するWintelマシンに対し(SGIのNTマシンのいくつかを除いて)、Sawtoothの133-150MHzメインバスのメモリースループットは、簡単に2倍の性能を示す位にBoostするだろう。これに加え、G4のユニークな能力は信じられないMultiprocessorの効率を提供するだろう。128ビットのバックサイドバージョンのMaxBusの能力のおかげで、そのシステムのプロセッサ群の全てが直接フルプロセッサ速度でお互い通信することができる。(600MHzのデュアルG4システムではCPU群はお互いに600MHzで通信しあう)同様に、これらの間にあるcache RAMも共有され−劇的にそのキャッシュの効率を改善する。デュアルの604eかPentium IIマシンは、同性能のシングルプロセッサーより大体 1.3-1.5 倍高速になるようだが、デュアルG4マシンでは2.2倍も早くなり、(そして、より多くのプロセッサになってもメリットは保持される)−-バックサイドバスをenabledにされた128ビットのMaxBusに感謝します。その上、Sawtooth はUniNorthマザーボードchipsetを持っており、これは、メインバスの速度やPCIバスのスループット、周辺のデータ転送速度などのパーフォーマンスを持ち上げる。アップルソースと他の信頼できる筋は、Wintelプラットホームのために計画されたものには、これに匹敵するマシンがどこにもないことを示唆する。$10,000+のハイエンド-ワークステーションのクラス、Sawtoothはこれに匹敵するだろう。この全面的なこのメジャーな速度急増とUnified Architectureにより、AppleのR&Dとサポートのコストを毎年減らすだろう-次世代Macはその敵対マシンに対し、より優る性能を示し続けることができるだろう。...ローコストの製品に対しても。..

「マイクロプロセッサーの未来はSOI技術にあると思う」−−米アップルコンピュータ、Jon Rubinstein上級副社長に聞く(全文)

これは面白かったので、読んでみて下さい。

macweekCOMに、 Jobs talks portables という記事があった。長文なのでちょっとつまみ食いを...
「ポータブルの3つの市場があるかもしれない」という仕事の言明は、ビジネスと消費者ユーザのためにlaptopsに集中するアップルのより初期の戦略から分岐する。"digital road warriors" 会社組織のユーザー。彼等は、CD-ROM, DVD and 14-inchを諦めきれないだろう。オフィスの外にいるので...
lower-cost(ポータブルの消費者向けのバージョン)を計画。
そしてthird type of machine,が必要かも知れない。忙しいエグゼクティブが旅行中にる電子メールをチェックするために。「それは、そんなに大きく我々の既存のビジネスと関係がない」と、Jobsが言った。「我々はそのビジネスに入らないことに決めた」。その代わりに、アップルは密接にそのPalm handheldsに関して3Com株式会社と働いていて、それにいくらかの技術を認可している。その最初の動きは、18ヵ月前に彼がアップルでその支配を再開したとき、彼の最初の動きのうちの1つが3Comを呼ぶことになっていて、そのhandheldを買うためにビジネスを提供することになっていたと付け加えた。彼は、拒否された。

Mac OS X Serverのソースコードのダウンロードに関して、登録されたディベロッパーは16,000にもなり、ダウンロードは100,000件に達した。.....

 

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/3/24 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1605名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、iMacs disappearing from retail とか。...小売店から Rev.C (five-color) iMacが、姿を消しているようだ。CompUSAやBest Buyは、供給不足のため、店頭から(5色)iMacディスプレイを引き上げたようだ。信頼できる筋によると、Appleは、Wallstreet Powerbook G3s とMulti-color iMacを、今後数カ月の間に Lombard Powerbookとこれに匹敵するコンシューマーマシン -- カラーのマッチしたC2 iMac とか、P1 Consumer Portable (WebMate)などに、順次置き換えていく予定のようだ。うわさされているように、iMacは300MHzに移行するのかも知れない。

O'Gradyによれば、 Bleem to Challenge VGS  という記事で、Windows上で作動する、新しいSony Playstation emulator:BleemをMacに移植する予定になっているとか。これはG3プロセッサを必要としない。初代Power Macでも動くとか。Windowsでは最低166 MHzPentiumが必要らしい。

xlr8yourmacにも、Bleem Playstation Emulator coming to Mac? がある。ここで、CVGSは、 non-Apple G3sでも、ATIでなくても作動すると 書いてありますね。CVGS Install Tipsに詳細が..

O'Gradyに、PowerPage Labs:Hands on with the Lapdog というものがあった。
Shaun Jackson Design のLapdog は、13.5" x 10.5" x 4.5" という寸法のPowerBook用のラップトップラゲージである。バックルとベルクロストラップで、ひざの上にPowerBookの作業スペースができる。2つの袋が付いており、予備のバッテリー、CD-ROMモジュール、ACアダプター等を入れられる。Lapdog US$139.95 (急に立ち上がったらPowerBookはどうなるのだろう?くっついててほしいけど)

MacNNによれば、 Mozilla.org がGecko "M3" release for the Mac の新しいdevelopment version を出したようだ。

macintouchによれば、Apple はAltiVec命令を、Mac OS X Server に追加したようだ。そのMac OS X Server Assembler Guideの中にあるらしい。

xlr8yourmacによれば、BootX for Linux-PPC: という物があった。これによってMacOSの制御下でLinux-ppcをOpen Firmware無しで、Bootさせることができる。よって、これは特に、Open Firmwareを内蔵しない機種で、Linux-PPCをBootできるというものだ。

xlr8yourmacに、Apple G4 Rumors:という噂記事があった。
明白に、それは今年の秋9月か10月に市場に出てくるようになる。
そして、新しいプロセッサは、素晴らしい(マット:皮:matte)チャーコールブラックのケースで出て来るとか。

 

   本日の 興味深かったお薦め記事:

99/3/23 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1605名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

O'Gradyによれば、P1 To Retail Around US$1800とかで、価格のうわさ話が出ていた。
PowerPageは、アップルの新しいP1消費者ノートを製作しているとうわさされた著明な会社で、面白いコーヒーハウス会話をふと耳にした。ビジネス関連の話の中で、P1の小売価格がUS$1800近辺という話をふと耳にした。とか...

O'Gradyに、Firewire Hard Drives And P1 があった。
new Apple TIL article によれば、現在のBootROMがサポートしていないので、P1はFireWireのHDDからBootは出来ないようだ。これは、Firewire enabler がFirewire のアクセスに先立ちLoadされているべき物のようだ。言い換えると、このように働くためには、ハード経由でFirewire ROMをLoadされるべきであるようだ。UltraDMA/33 は、Firewire driveより、遥かに早いだろう。

O'Gradyによれば、Veronica Beta 3 Issues とか。
アップルの次世代オペレーティング・システム( Mac OS 8.6b3=Veronica)の事前テストで、そのアップデートがPowerBook上で信じられないほど速く、そして、相対的に安定しているとわかったとか。nanokernalでの "es" コマンドが、全システムをリブートすることなく機能し続けるためのクラッシュ対策!を与える。非公式のテストの中でPowerBook G3 Seriesで最も新しいベータは、だいたい10-15%の追加のバッテリーラン・タイムをしぼり出すようだ。new beta では、Now Contact 3.6.5において、 "This file is already in use by another application.(possibly another Macintosh)."というエラーを出すようだ。Eudora 4.1b72 もたびたびクラッシュするようだ。

昨日、秋葉館にいってきた。新館が出来て、安売りをしていた。衝動買いは...我慢した

S900BBが、59800円だったかな?  ぐぞーー!

昨日買ったソフト:江戸古地図 5780円

デジカメ忍者 9980円

99/3/22 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1603名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

Mac the Fork が更新されていた。New Enclosure

MacNNによれば、Appleは、Barron's Top 500ランキングによると、株主への配当が最も多い5社の一角に入ったと言う。他のトップ5の会社は、America Online, Dell, Best Buy, and EMC Corp.

macweekCOMによれば、 OS X Server apps multiply と、サード・パーティーがOS X Server 向けのアプリケーション:画像処理、データベース・サーバー、システムバックアップ、ファイル圧縮、ソフトウェア開発パッケージなどを移植しようとしているとか。

 

 

日刊工業新聞3/19 P4によると、NTT、インジウム.リン系HEMT。350GHzと最高速実現
次次世代光通信用に弾み...  という話があった。
NTTは遮断周波数(fT)が室温で350GHzと、あらゆるトランジスタの中で世界再考の高電子移動度(HEMT)トランジスターの開発に成功した。フラーレンを添加した電子線レジストを使用し2段階ゲートプロセスで30nmのゲート長の素子を実現した。これで100Gb/s以上の超高速ディジタル回路を作れる。フラーレン添加により薄くできる結果、側面がシャープに現像でき、30nmが実現できたという。
この技術がLSIに作り込めるようになれば100GHzのゲートを集積し、50GHz程度のCPUができる時代がくるかも知れませんね。

99/3/21 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1596名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

川野さんから情報をいただきました。ありがとうございます。

      

       「黒艶消し」に塗装ですね。

  しかし、SUPERmac S900 BB 16M/Non-HD/8xCD/Keyboard/Mouse  \69,800- なんですね。
わたしゃ、2倍ぐらいで去年買いましたよ。とほほ。

macintouchに、 Mac OS X Server の試用レポートがあった。

  1. 標準のHFSパーティションを含んだマルチパーティションディスクで、インストールが失敗した。
    しかし、HFS Plusパーティションだけのディスクでは成功した。(いくつかのフリースペースがある)
    その上、SCSIカードについているHDの場合にも、インストールが失敗した。しかし、Power Mac G3の 標準のATA drive だけ付いている場合には成功した。
    bootableなMac OS X Server CD-ROMに付いているDrive Setup 1.7.1で、目標ディスクをフォーマットした。他のフォーマッタは機能するかもしれないが、調査しなかった。
  2. Mac OS 8-likeなインストールと準備を終えた後に、UnixベースのNeXTスタイルのグラフィック画面をもつWorkspaceマネージャーを作動させる。Workspace Manager は、NeXTのベテランには慣れた物だろうが、Macユーザーにとっては異質である。(Unixユーザにとっては、アットホームな感じだろう)
    Workspace Manager にはビルトインのヘルプがあるが、明白にFind機能が不足している。
    (最も基本的な質問:このOSを正しくシャットダウンする方法に付いて、印刷物にもelectronic helpにても見つけることができなかった。)
    これは、明白に、「パワーボタンを押す」か、Workspaceマネージャーから「ログアウトする」である。
  3. 基本的なApache web server は、AppleShare file-sharing(これはTCP/IPを使いリモートでアクセスできる) のように、簡単にenableにできる。
    FTP, finger やtelnet,などのような幾つかのサービスは、デフォルトで使用不可能にされている。しかし、Workspace Managerのapple menuの下の、Computer Settings menuにあるNetwork submenu を使って簡単にオンにできる。
    Apple menuの下にあるProcess Listing utilityによって、OS上の典型的なたくさんのプログラム群が走っている状況を見ることができる。その上、いろいろな他のシステムとネットワーク.コンフィギュレーション.ユーティリティがリンゴメニューの下にある。
  4. Mac OS X Serverのネイティブなファイルシステムは、UFS(Unix)であるが、Macintosh ManagerとAppleShareボリュームのためにHFS Plusが必要である。
    Mac OS X Server上での標準の HFS ボリューム(HD、パーティションなど)の使用は、アーキテクチャー上の重要な制限のため使用できない。
    Apache web server での多くのセキュリティとコンフィギュレーションオプション」などのために、HFS Plus よりUFS の方が推薦される。

 MacNNによれば、 2D-CAD ソフトのシェアウェア($40) CADintosh 3.5 がUpdateされたようだ。
 だれか、これを使って、電気回路図CADに展開してくれないかな?  (売ってるのもあるけど)

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/3/20 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1596名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、Lombard and P1: Where are portables now?  が。
Cupertinoからの最新のレポートによれば、アップルのプライオリティーがポータブル・セクターの中で変わったようである。P1のために元々推測した日(四月終わりから5月はじめ:5月10-14日のWWDC開発者の会議の前)に Lombard PowerBook G3のリリース日が動いているようである。P1はまだ流動的であるようだ。O'Grady's Powerpageの報告では、彼らはP1がMacworldニューヨークでリリースされるのを期待する、そして、ソースはそれがありそうに見えると言うことができるだけだった。明白に、この事についての最終的な決定は、Jobsと上級管理職が、そのユニットのケースの最終的な決定を下すとかのポータブルのマーケティング問題にまだに取り組んでいるので、討論のためにまだオープンな状態にある。

O'Gradyに、Two Directions For New PowerBook Enclosures というのがあった。
新しいPowerBookケースのための2つの方向。アップルと無名の製造業者が会って、P1の PowerBook enclosureについて討議していたようだ。101(プロのPowerBook)は、元々all-blackウォール・ストリートのようなケースで出荷されると思われていた。新しい情報では、101はグレイなケースで開発されており、考えられるところではP1向けのカラーバリエーションのあるケースが使われると言う。ヨーロッパからのアップル従業員は、先週その製造業者にいて、両方の方向を追求することを決めた。

macintouchの読者の報告によれば、Mac OS 8.6 beta-testが非常によい安定性をしめすようで、Mac OS 8.5の所有者のための無料のアップデートになっていると言う。

最近のMac OS 8.6のbetasについての他の注:

  1. オペレーティング・システムの内部に多くの変化はある:ビデオドライバー、マルチプロセッシングファイル、Sherlockアップデート、LaserWriterソフトウェア、DVDソフトウェア、Open Transport, ARA Client;
    Contextual Menu Items, AppleScript, FireWireソフトウェア、赤外線のソフトウェア(赤外線の転送ユーティリティが最新のベータに入っていないけれども)。
  2. AppleShare IP 6.2(テスト中だが)は、Mac OS 8.6を必要とする。
  3. QuickTime 4はベータリリースの部分でない、しかしPremiereプラグ・インは含まれる。(ColorSync 2.6も、すでに利用可能であり、その上、含まれる。)
  4. MSIE 4.5がデフォルトブラウザのままである。その上、Netscape 4.5も含んでいる。(along with Shockwave and StuffIt Expander/DropStuff 5.1.)
  5. さらに、もう一つのIomegaドライバーアップデートが、ある。
  6. ゲームSprocketsは、Version 1.4.1になった。
  7. MRJ (Mac OS Runtime for Java)は(少くともVersion 2.1.1に)明白にアップデートされる。
  8. グラフ計算機が新しいバージョンになる。

macintouchによれば、Adaptecが SCSI Probe をアップデートしたようだ。Version 5.1.1

  本日の 興味深かったお薦め記事:

99/3/19 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1591名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

appleinsiderによれば、Veronica Nears GM とか。
Mac OS 8.6b3 Veronica:第11全面リリースは、先週開発者にばらまかれたらしい....
これには、まだリリースされていないCPU:PowerBookやP1もサポートするよう開発されているとか。Veronicaの含まれた構成要素の多くはすでに、'fc'=final candidateの状態になっている。そしていくつかはGM:ゴールデンマスターになっている。そして、アップルはあと3-5日以内に『fc』になるのを期待しており、『GM』の数週以内にインターネット上でupdaterをリリースすると期待する。「このリリースは8.5と8.5.1を使っている顧客のための無料のアップデートである、そして、我々はよい採用率を期待する」。QuickTime 3.02はこれに含まれる。Mac OS 8.6がQuickTime 4.0を含む憶測にもかかわらず、OS 8.6は最終的にはQuickTime 3.02を含むようだ。我々のソースによると、QuickTime 4.0は、4月にNABで紹介されるのを期待される。Mac OS 8.6のリリースの後すぐだが。
Nanokernel詳細:
アップルは、Mac OS X Serverでの優雅さに匹敵しないが、より改良されたプリエンプティングマルチタスクとなるようMac OS 8.6でローレベルの変更を実行した。この変更は多くのマシンで、消費電力を低下でき、PowerBook 2400では50%落とせる。
改訂されたスタートアップコントロールパネル:
起動ディスクコンパネに、NetworkDiskが出来た。

appleinsiderで、4月に、iMacの300MHzバージョンを出すかもしれないと言う噂を書いていた。
Apple to "maintenance" iMac Product Line

MacNNによれば、AppleがUSBの開発キット USB DDK 1.2f4 を出したようだ。

O'Gradyによれば、P1 Announcement Expected in July とか。
PowerPageが、信頼できる筋から受けた話では、アップルのP1コンシューマー・ポータブルは、7月にアナウンスされると言う。これは、Mac OS 8.6(a.k.a.Veronica)の発表と符合する。Macworld Expo New York:1999年7月21-23日

1999.3のElectornicsUpdate誌P14に、
IBM、銅配線技術を用い、ロジック回路とメモリ回路を単一シリコン上に効率よく配線する技術を開発 
とあった。ここまで書いてあるニュースは、まだなかったと思うので・・・
すでにDRAM混載Logicチップは各社やってますが、銅配線でやってると言っているのは初めてでしょう?
IBMは、これにより2400万もの回路を単一チップに組み込めるという。これは、現在の代表的なパソコンの8倍の処理能力のロジックと2〜4倍のメモリが単一チップに組み込まれることに相当するという。IBMはこの技術のカスタム・チップの設計を4月から開始。IBM独自の銅配線とDRAMのトレンチ・セル設計(穴を掘って面積を稼ぐ)を組み合わせることにより、メモリの能力を10倍にまで向上できるとか。0.15ミクロンプロセスを使うという。まず手始めに「SA-27E」というカスタム・チップ・テンプレートに採用する予定。IBMはASIC市場の世界的リーダーである。SonyPS2のグラフィックチップや、Rage128でやったように、DRAM混載Logicチップのデータ通信バンド幅の抜本的高速化が出来るので、今後は必須の技術になる。CPUに主記憶まで内蔵できれば、データバス幅を桁違いに多くでき高速化できる。

 本日の 興味深かったお薦め記事:

99/3/18 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1595名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、Darwin updates があった。
ダーウィン用のユーザー・インタフェースを構築する力作が、すでにあるようだ。 Mac OS X が正しく作動するようにインターフェースレベルまでDarwinに入れることをAppleは決めていなかったが、開発者は自分で探したようだ。この力作は、その結果がファインダとAppearance toolkitの完全な複製であってはならないことを意味する既存の特許の使用を避けるのを強制される。それは、Ghostscript(現在、Mac OS X Serverの中で使われるDisplay PostScript技術のクローン)にて作られなければならない。現在、3人の別々のNeXT-コミュニティソフトウェア開発者は、ごくわずかな追加の仕事でダーウィンの機能しているバージョンを編集した。この初期のダーウィンの構築品は、Mac OS Xというより、ある種の「MkBSD」のようである。しかし、ちゃんと動いているようだ。そして、その開発者がダーウィンの上へWebObjects toolsetの中でその余りをインストールしなければならないならば、WebObjectsアプリケーションを展開するために使われてもよい。$5,000 のG3 Mac OS X Serverが示した DellやSun のサーバーより早いWEBサーバーのパーフォマンスがすでに公表されている。これはその競争に対するすばらしいease-of-useという優位性をもつOSのためのすばらしいスタートである。ダーウィンのための大きい最初のステップは、何であるか?
最もありそうな、Linuxへの収束を考える。
アップルがOpen Sourceに関して真剣であるかどうか、Linux開発者が(理解できて正当な)関心を示さなくなったとしても、そして、それがほとんどの彼らの意志だろうが−間違いなく、ダーウィンとLinuxが彼らの間にたくさんの技術を交換しているステージがある。
これは、Macユーザである驚くべき時代である。

macosrumorsによると、Dream Machines Updateだとか。書き込みされているようだが、コンシューマーの所は、今朝はまだ書かれていない。

appleinsiderに、 AppleConfidential が出ている。まだ読んでない。
The Real Story of Apple Computer, Inc by Owen W. Linzmayerという本の紹介だ。

 

Mac OS X Server関連リンク

 本日の 興味深かったお薦め記事:

99/3/17 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1593名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

Appleから、正式発表があったようですね。

Mac OS X Server Now Shipping
Apple's Macintosh Server G3 Fastest Web Server for Under $5000
Mac OS X Server  unlimited client license.  U.S.$499? 
Mac OS X Serverが、新しいマッキントッシュServer G3に接続させられるとき、Linux、Solaris、Windows NT Server.を越えて、US5000ドル以下のApacheを作動できる最も速いプラットホームである。Mac OS X Serverは、信じられないほど強力なWEBサーバーである。$499という積極的な価格で紹介され、何百万ものマッキントッシュの教育とビジネス市場にパワーを供給する。Mac OS X Serverは、モダンな、高性能で信頼できるオペレーティング・システム基礎の上で構築され、アップルのインターネット開発(デザインと出版)と教育顧客のために設計された強力なサービスを含む。その上Mac OS X Serverは、$5000以下のApache WEBサーバーで最速であり、ファイルスループットテストで、Windows NTサーバーより高い帯域幅を示す。
(WebBench benchmark:で比較された対抗マシンは
Dell PowerEdge 2300 Pentium II 450 MHz running Red Hat Linux
Sun Microsystems Enterprise Ultra 10S Server 333 MHz running Solaris
Dell PowerEdge 2300 Pentium II 450 MHz running Windows NT Server
400 MHz Macintosh Server G3 running Mac OS X Server)

他の主なMac OS X Server特徴は、以下を含む:
・モダンな基礎(フルプリエンプティブ・マルチタスキング、プロテクトメモリーと先進の仮想記憶を通してパフォーマンスと安定性を提供する、MachとBSD 4.4に基づいている)
・Apache 1.3.4、Webサーバーの半数もが使っているHTTP serverソフトであり、何百万ヒット/日以上扱うことが出来る。オープンソース開発品。
・WebObjects 4.01, :大規模で高性能なインターネット、イントラネットアプリケーションの開発展開の、マ−ケット・リーダーのアプリケーションサーバープラットホームである。楽なアプリケーション開発、パフォーマンスとジャワ機能性のメジャーな進歩で、WebObjects 4は、標石リリースである。そして今では、UNIXとWindows NTプラットホームに加えてマッキントッシュServer G3システムをサポートしている。
・NetBoot:新しい機能、ネットワークされたMacを一つのサーバーからコンフィギュレーションしたり、Bootさせることが出来、ネットワークの管理が一台のMacと同様に簡単に出来る。NetBootにおいては、サーバー上のベースシステムとアプリケーションを共有する。NetBoot は、ユーザーアクセスの完全な制御が出来、そのネットワークの上で彼ら自身のアプリケーション、文書と個人のデスクトッププレファレンスに安全にアクセスできる。
・スケーラブルなAppleファイルサービスは、1,000人以上のユーザと何千ものオープンファイルをサポートできる。ユーザは、TCP/IPかAppleTalkネットワークプロトコルでAppleShareクライアントからファイルにアクセスすることができる。その上に、全てのファイル・サーバ操作は、WEBベースの管理ツールでリモートで操作出来る。
その上に、アップルは今日、ダーウィンを発表した?
Mac OS X Serverオペレーティング・システム基礎部分のOpen Sourceリリース。
そのソフトウェアは、開発者のために、フリーで(www.apple.com/darwin)次の数週で利用可能となる。
Darwinの開始により、アップルは、そのソース・コードを公開し、そのシステム・ソフト戦略にOpen Source技術の基礎をおくような最初の主流オペレーティング・システムプロバイダーになる。

システム必要条件、価格と出荷時期
Mac OS X Serverは、全てのPower Macintosh G3かマッキントッシュServer G3システムをサポートし、Power Macintosh G3sのアップルのニューラインのために最適化されている。Mac OS X Serverは、RAMを64 MB、1 GB-HDDとCD-ROMドライブを必要とする。
Mac OS X Serverはアメリカとカナダで現在供給可能。全世界には後数ヶ月での供給が期待される。
このソフトは、Apple Store (www.apple.com) でのオンラインと、Apple Authorized ResellersからU.S.$499で入手できよう。
また、Macintosh Server G3は、Mac OS X Serverを設置済みでU.S.$4999.である。
PowerPC G3 400MHz 、1MB L2 cache、2 x 9GB Ultra-2 SCSI 10,000rpm HDD、24X CD-ROM、4-port 10/100BASE-T Ethernet controller付き。

Mac OS X Server Embraces Open Source With Launch of Darwin
Mac OS X Server は、UNIXの試験済みの強さをマッキントッシュの簡単と組み合わせる新しいサーバーオペレーティング・システムである。Darwin は、www.apple.com/darwin にて、今後数週の内に公開され開発者にFreeで利用できるようになるだろう。この声明で、アップルはその社会へのそのソース・コードをリリースして、そのシステム・ソフト戦略にOpen Source技術の基礎をおくような最初の主流オペレーティング・システムプロバイダーになる。「The Open Sourceの動きが、オペレーティング・システムを発展させる道に革命を起こしており、そのコア・OSをOpen Source開発者に提供する最初のメジャーなOSプロバイダーになることによって、アップルがその産業をリードしていく」とAvie Tevanian(Software Engineeringのアップルの副社長)が言った。Open Sourceコミュニティと共に働くことによって、Mac OS X製品の品質、パフォーマンス、機能を改良されていくことに目を向けている。
ダーウィンの最初のリリースは、Mac OS X Serverの基礎層から成り、Mach 2.5 microkernelとBSD 4.4のオペレーティング・システムに対する強化を含む。同様に、AppleTalk, HFS+ ファイルシステム、NetInfoなどのようなappleのコア技術も含む。www.apple.com/darwin  では、Apple の正規の基準でのDarwinの最新のアップデート版がダウンロード出来るようになる。その上、アップルはOpen Sourceコミュニティによるダーウィン開発を指導し奨励するためにそのウェブ・サイトをフォラムとしてプロモートする。
アップルには、コンピュータ産業を激震させ革新するという立派な伝統がある。
The Open Source Initiative.の代表Eric Raymondの話では「彼らが、再びこの声明でそれをした。」
AppleのコアOSの open source ’の決定は、他のコンピューター、システム製造業者に、彼らのOSを open source ’に、という道を示すだろう。このソース・コード・ライセンスは、プログラマの巨大なコミュニティの工夫に富んだ活力と熱意で、アップルと彼らの顧客に利益を与える。こういう人たちは大学でよく見かける。改善が合法化されて、分配し直されると確信するようになる“アップルの意図は、全産業がOpen Sourceのサポートを考察する方法を変えるというポテンシャルを持つ。

O'Gradyによれば、 Mac OS 8.6 to Support IrDA to Cell Phones とか。
アップルは、移動電話製造業者ノキアとEricssonと密接に共同作業し、PowerBookのIRポートによりcell phone に接続するよう開発していたようだ。MacOS 8.6 (8.6b2c4, a.k.a.Veronica) には、"Ericsson Infrared" 、"Nokia Infrared"用のアップデートされたmodem scriptが付いており、modem port やPC card slot がcomm toolbox を使って電話経由で全てのモダンな通信ソフトが使えるように、赤外線のポートが使用可能になっている。

O'Gradyに、 Why Sony Should Manufacture P1 と、Sonyによって、P1が製造されてもいいんじゃないかという根拠を書いている。なかなか面白い。

O'Gradyに、Special Apple Developer PowerBook Prices が出ている。
M7110LL/A US$1,899 Macintosh PowerBook G3 Series 266
M7310LL/A US$2,199 Macintosh PowerBook G3 Series,300/CD
B4139LL/A US$2,399 Macintosh PowerBook G3 Series,300/DVD Bundle

MacNNによれば、News.com曰く「明日アップルは、オープンソース-Linuxの魅力のいくつかを獲得する試みをも実施し、Mac OS X Serverの開発者プログラムを発表する」と。
そのプログラムは、「開発者がアップル・ハードウェアのために、そのオペレーティングシステムを最適化するのを奨励することを狙う」。構成によって300ドル未満、600ドル未満と、OS X Serverの価格を下げた。また、教育用は$249らしい。

Mac OS XはLinuxを視野に  Appleは「オープンソース」プログラミング・モデルを一部採用する新しいプログラムを実施するとの発表を行うとか。アップル製ハード用のOSを開発者が自由に最適化を行えるようにする。しかし、全部が「オープンソース」になるわけではない。しかし、うまくいくのかしらん。たしかに、Linuxの大半がGNUのソースから派生しているというが、・・・
linuxのように、MacOS互換OSを、すべてをFreeで作っちゃったらどうするんだろ。

macosrumorsに、It's official! が。
それはOS X(主に基礎層)の全てでない、しかし、サード・パーティーが彼ら自身のコードでOSを完全なものにするのを期待する。ダーウィンの名の下に、このOSは、Open Source Initativeの純正のオープンソースの定義を手本にする。開発者は、変更をその社会(アップルを含む)に利用可能にすることを要求される。そして、それは誰にも配られるので、開発者は彼らの変更を文書化することを必要とする。それで、その他の人は、容易にその変化にアクセスすることができる。それは全く完全な解決でないが、Appleがどこから来ているかと言うことを考えたとき、全体として所有権の保持されているビジネスモデル、--それは、著しくよいスタートだ。Black Light Media'の back end staffは、これを使いダーウィンに寄付するだろう。そして、このサイトが非常に密接にそれ(そして、アップルの他のオープンソースソフトウェアの全て)をカバーするのを期待している。

macosrumorsによると、Next-generation Mac architecture open to cloning?とか。
次世代Macアーキテクチャーはクローンに対しOpenになるのか?
AppleのUniversal Motherboard Architecture chipset version 1の力作に近い信頼できる筋によると、現在、このアーキテクチャーは、そのコンピュータのハードウェアを初期化するのに必要なそれらの作用だけを、そのchipsetのハードウェアROMの中で走らせる。全ての他の作用は、現在、ソフトウェアの中にある。これはこういう意味にもなる。すなわち、サードパーティーが、彼らのハードウェアを初期化するため、彼ら自身のBoot-ROMを創ったならば、そして、使われるコンポーネントがAppleのものと十分コンパチブルであるならば、オープンソースのMac OS Xへのうわさされた移転とともに、このアーキテクチャーは、比較的簡単にクローンを作成でき、アップルバージョンとクローンバージョンの外部の違いもなくリリースされるかもしれない。(もっともアップルへのロイヤリティはありそうだが)アップルは、そのパイのその割当てを保証されるが、しかし、その上クローンの作成に関する何らかの仕事をAppleに残しておける。(クローニングの最初のラウンドの間、ほとんどクローンを殺せる何か)確かな物はなにもないが、OS Xsのコードの噂されたライセンスで、書かれたソフトウェアのどんな部分でも完全なコントロールをアップルが保持するのを許す。それは、Appleが望むものだが−
−約束は、すばらしい。

O'Gradyに、More Reader P1 Prototypes があり、Jason Prini氏によるPhotoshopでのG3から改造していったと思える、P1 らしい がでていた。なかなかいいですね!

O'Gradyに、Upclocking Wall Street to 333 MHz と、author:TakさんのPBG3のクロックアップ・ ページ について、書いてあった。アメリカでも、ノウハウを聞きたいと言う人が何人もいるようだ。

 本日の 興味深かったお薦め記事:

99/3/16 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1590名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、Mac OS X Server in-depth がでていた。
MOSRに、Appleの次期MacOSXサーバー:コード名HERAをさわる機会があったようだ。

 Serverのデモは週末いっぱいかかった。
もっと情報があるが、最初の印象は・・こいつぁーグレートなやっちゃ!

macosrumorsによると、Apple Event scheduled for tomorrow だとか。
OS X Serverが最終的に準備できて、Serverの発表とOS Xのコンシューマーリリース(もしかすると、Mac OS 8.6のリリース日 と8.7:コードネーム "Sonata"のより詳細についても)の計画の公開を行うイベントをセットしたようだ。明日の午後、Yellow Boxファンは、リリースされたオペレーティング・システムを触ることが出来る最終的満足を得るだろう。

nobeigeによると、Revision C iMacs Discounted For Apple Employees だとか。
Appleの従業員価格表で、rev. C iMacがUS$900になっているらしい。rev. D モデルがそろそろ出てくるのではないかという噂の一つの傍証にならないかしら。

nobeigeによると、Eight Ball iMac Details とかに、new iMac with a 17" monitorなんて話がある。噂話の一つ。

 本日の 興味深かったお薦め記事:

99/3/15-2 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1585名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

号外!号外! プレステ2のLSIの内容、写真が公開されましたー!

これが次世代プレイステーションの試作基板だ!  
次世代プレイステーションの試作基板と新規開発のLSIを公開している!!!!

試作基板の画像三つのLSIの画像チップの写真
グラフィックス・シンセサイザチップの写真Emotion Engineチップの写真 

マイクロコントローラ「Emotion Engine」は,250MHzで13W、300MHzで15W。
レンダリングLSI「グラフィックス・シンセサイザ」は10W。冷却ファン付き。


SCEが公表したGSの仕様

GSコア: DRAM内蔵・並列描画プロセサ
クロック周波数: 150MHz
ピクセル・エンジン数: 16並列
混載DRAM容量: 4Mバイト(150MHz動作)
総メモリ・バンド幅: 48Gバイト/秒
内部総データ・バス幅: 2560ビット
2560ビットのうち読み出し用: 1024ビット
2560ビットのうち書き込み用: 1024ビット
2560ビットのうちテクスチャ用: 512ビット
最大表示色数: 32ビット(RGBA:各8ビット)
Zバッファ: 32ビット

画像処理機能: テクスチャ・マッピング/バンプ・マッピング
フォギング,アルファ・ブレンディング
バイまたはトライリニア・フィルタリング
ミップマッピング,アンチエイリアシング
マルチパス・レンダリング
描画性能
ピクセル・フィルレート:24億ピクセル/秒(Z,A)
12億ピクセル/秒(Z,A,T)
パーティクル描画性能: 1億5000万個/秒
ポリゴン描画性能: 7500万個/秒(微小ポリゴン)
5000万個/秒(48画素の四角形,Z,A)
3000万個/秒(50画素の三角形,Z,A)
2500万個/秒(48画素の四角形,Z,A,T)
スプライト描画性能: 6600万ポリゴン/秒
画像出力 フォーマットNTSC/PAL
DTV
VESA(最大1280×1024ドット)
プロセス: 0.25μm
総トランジスタ数: 約4300万トランジスタ
ダイサイズ: 279mm2
パッケージ: 384ピンBGA


SCEが公表したEEの仕様



CPUコア: 128ビット RISC型(MIPSアーキテクチャのサブセット)
クロック周波数: 300MHz
整数演算ユニット: 64ビット(2ウエイ・スーパスケーラ)
マルチメディア拡張命令: 107種類(命令語長128ビット)
GPR(整数レジスタ): 128ビット×32本
TLB: 48ダブルエントリ
命令キャッシュ: 16Kバイト(2−way)
データ・キャッシュ: 8Kバイト(2−way)
スクラッチ・パッド: 16Kバイト(デュアルポート)
主記憶: 32Mバイト(Rambus DRAM×2チャネル,800MHz)
メモリ・バスのバンド幅:3.2Gバイト/秒

DMA: 10チャネル
コプロセサ1: FPU(FMAC×1,FDIV×1)
コプロセサ2: VU0(FMAC×4,FDIV×1)
マイクロ命令用メモリ(I:4Kバイト/D:4Kバイト)
ベクトル演算器: VU1(FMAC×5,FDIV×2)
マイクロ命令用メモリ(I:16Kバイト/D:16Kバイト)

浮動小数点演算性能: 6.2GFLOPS
座標変換+透視変換: 6600万ポリゴン/秒
     +光源計算: 3800万ポリゴン/秒
     +フォグ: 3600万 ポリゴン/秒
曲面生成(ベジェ): 1600万ポリゴン/秒
IPU: MPEG2マクロブロックレイヤの復号化器
画素生成速度: 1億5000万画素/秒

ゲート長: 0.18μm
コア部の電源電圧: 1.8V
消費電力: 15W
金属配線層数:    4
総トランジスタ数: 1050万トランジスタ

ダイサイズ: 240mm2
パッケージ: 540ピン・プラスチックBGA

99/3/15 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1583名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

宇多田ヒカルさんの14日の公開生ラジオ放送の出演状況を、報道取材陣が外から撮影できないように3mもの布幕を張って防御していたが、さらに、道路脇にYum.バスを横付けして、さらに目隠しをしている状況を4chTVにて放送していた。朝9:00のニュース
5色-iMacの描かれているバスのサイドがテレビいっぱいに数秒間出ていた。

Pierre designによれば、 Appleが来週火曜日にプレス発表を予定 とか。

Macお宝鑑定団の、週刊ダイヤモンド でのiMac原価情報はすごいですね。

AccelerateYourMac!に、G4 News: があった。
産業消息通によれば、Appleは、修正されたB&W G3で走るG4 CPUを持っているようだ。このG4はG3とピンコンパチだそうだ。コア電圧は違うのだろうが、電源電圧レギュレーターが使われ、修正されたZIFカードをG3システム上で使えるようにしているのだろう。3rd パーティーが、OldMac上にて作動するよう開発中であることは周知であろう。最確情報では、G4リリース日は、この秋である。

AccelerateYourMac!によれば、Connectixが、CVGS : v1.2 Update を出したようだ。3/12

 本日の 興味深かったお薦め記事:

99/3/14 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1581名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、Reality check: AIM is alive and well. があった。
Altivecはモトローラの商売の都合に合っているアーキテクチャーだがIBMの商売には向いていず、別々の道に分かれていくという話でヤキモキさせられているAIMの情勢のようだが、とりあえず最近、一緒にG4プロセッサにてAltivecの標準化することに同意するようだ。Intelへの頭脳流出問題もあるし大変ですね。

もうみなさんご存じだと思いますが、はっきりした写真が見れたので、ご紹介!
MacFAN3/15号のP74〜77に徹底研究Macintosh:iMac(266MHzModel)にて、Mezzanineスロット痕の写真があった。A,Bには付いていたMezzanineスロットやIrDAなどが5色iMacでは、実際どうなっているのか、買っていない私にはなかなか確認できなかったが、P77にある写真で確認できた。やはりMezzanineコネクターは付いていないもののプリント板のその場所には、FootPrint:半田付け場所が残っていた。

 本日の 興味深かったお薦め記事:

99/3/12 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1580名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

MacNNによれば、Adaptec のPowerDomain 2940UW 4.1 driver が出てきたようだ。
"Open Firmware Aware" 対応のドライバーだ。

MacNNによれば、VSTが USB Floppy Updater 1.2 を出したようだ。

 

UltraATAドライブを旧型PCI Macで利用できるホストアダプタカード「TurboMAX」

PalmがMacPac 2に続いてPalm VIIをリリース予定

Macintosh PowerBook G3 233/14"、Apple Storeでの販売価格を、 25万8,000円に変更

99/3/12 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1580名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

MacNNによれば、Adaptec のPowerDomain 2940UW 4.1 driver が出てきたようだ。
"Open Firmware Aware" 対応のドライバーだ。

MacNNによれば、VSTが USB Floppy Updater 1.2 を出したようだ。

 

UltraATAドライブを旧型PCI Macで利用できるホストアダプタカード「TurboMAX」

PalmがMacPac 2に続いてPalm VIIをリリース予定

Macintosh PowerBook G3 233/14"、Apple Storeでの販売価格を、 25万8,000円に変更

99/3/11 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1579名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsの予想する「夢のMac」がUpDateされている。Dream Machines
Pro Desktop, circa mid-2000とか、
Pro Portable circa late 2000、
Consumer desktop, circa early-to-mid 2000、
Professional Server, circa mid-2000  など、楽しい。

macosrumorsによると、Apple Cinema Display to advance self-calibration? とか。
Appleは、次期20インチLCDディスプレイを準備しているようだ。オールディジタルで、自己色較正機能を持ち、「1600x1200」の解像度。現在市場に出ている他のディスプレイでは比類がないイメージ精度と色制御を内蔵するようだ。アップルの現在のリアルタイム較正技術の改善されたバージョンと、全ディジタルの特性を組み合わせ、アップルの較正システムは直接グラフィックスチップから受けた信号から、そのディスプレイの現在の色パラメータを受け、リアルタイムにそれを調節する。アップルは、この技術のより先進のバージョンを開発しているように見える。それはもしかするとディスプレイの周囲の背景光に対応するように色設定を調節するのかもしれない。ハイエンドのプリプレス・イメージや、ビデオ、アニメーションの世界でメリットがあるだろう。

macosrumorsによると、Mac OS X Server GM declared とか。
Mac OS×サーバーがGrandMasterと断言されたようだ。

O'Gradyによれば、Wireless Networking Revisited とかで、P1に、無線 LAN内蔵の噂があるようだ。

 本日の 興味深かったお薦め記事:

99/3/10 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1576名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

ソニー、リストラを敢行――グループ会社3社を100%子会社に
SONYが、子会社(SME、ソニーケミカル、SPT)を吸収! ゲームのSCEも本社機構に!
リストラ(17000人減)もやる。『デジタルネットワークソリューション』
10部門を4部門に!
 :ホームネットワークカンパニー
 :パーソナルITネットワークカンパニー
 :コアテクノロジー&ネットワークカンパニー
 :ソニー・コンピュータエンタテインメント

macosrumorsに、Apple-Palm rumors gaining momentum ってのがあった。
Palm OSベースの装置に、ニュートン技術を入れ込むことも出来ようが、どうなのか?

macosrumorsに、Q: Mac portable bus speeds という質問もあった。
ポータブルのバス速度は、なぜMORでは83,66MHzといっているのか?
SO-DIMMのSDRAMの高速板の価格、量により、標準的には83などを選ぶべきではないかと言う話だろう。マザーボード自身はたぶん100MHz対応などのチップ搭載でくるのでは?

O'Gradyによれば、Sharp Notebook Emulates PowerBook Design とか。写真もある。日経流通新聞
Mobius Note PJ

 本日の 興味深かったお薦め記事:

AppleがPowerBook G3を1999ドルに値下げ

Intel全盛時代の終焉? 低価格パソコンにすり寄るインテル

富士通、英ARM Ltd.のCPUコアのライセンスを取得

USNews●松下とQuantum、AV機器向けHDDを開発

USNews●米IntelとFTCが独禁法裁判で休戦、和解に向けて基本合意  FTCが提訴を取り下げ

米IntelとFTCの合意、知的財産権保護の解釈に一石

http://www.hotwired.co.jp/bitliteracy/

99/3/9 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1571名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

MacNNによれば、Insignia がSoftWindows 98 5.05RealPC 1.05 を出してきたようだ。2GBのHDD対応とし、より速いハード・ディスククリエーション、SCSI とATAPI CD-ROM の同時サポート、Imation のUSB -SuperDiskのサポート準備、Hard Disk Expanderの新しいバージョン、そして、たくさんのバグ・フィックスとマイナーな改善を入れているようだ。

スタンリー・キューブリック氏が逝っちゃったらしいですね。
2001年と2010年宇宙の旅のLD買ってますよー。

「一部の開発者向けに初期段階のMac OS Xを配布している」−−米アップルコンピュータ、Avie Tevanian氏に聞く
Mac OS 8.6は春頃リリースの予定。Mac OS Xクライアント版も、春頃には開発者にβ版を提供する予定。続きは月刊アスキー4月号(3月18日発売)で。

macintouchによれば、Pentium vs. PowerPC performance で、Pen3-500MHzとPPC450MHzなどの比較があり、PowerPCが結構頑張っている。

macintouch550-MHz G3 によれば、PowerForce G3 466/233/1MB ZIF card を550MHzで動かしたという。MacBench 5 CPU processing rate は1802。

O'Gradyによれば、P1 Announcement Date In Question にて、やはり4/22近辺が臭いと言っているようだ。しかし、Newwws.net にある、P1かもしれない、絵か写真はB&WのTranslucentですね。
Apple-consumenten-portable-iBookと書いてあるが???

 本日の 興味深かったお薦め記事:  

99/3/8 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1576名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

Woodstockさんから、ORBについてEMailがきました。ありがとうございます。

添付のテキストクリッピング

macosrumorsに、P1 update [14:31 EST, 3/5] が出ていた。
アップルの信頼できる筋によってもたらされた新しい情報によると、Consumerポータブル(P1)は本当に4月遅くのリリースの準備ができているように見える、しかし、4月22日の日付は不正確かもしれない。実際、新しいLombard PBG3のリリースデートは現在のPowerbooksの販売に影響を及ぼし、また、P1の最適のリリース日にも、重要な影響を及ぼすし、それらがすべて足されてApple自身にとっても多大な不確定性となる。しかし、これら多くの不確実性があっても、ポータブルのうくつかの新しい物がある。

いくつかのレポートはNational Association of Broadcasters (NAB) conferenceで、アップルが4月22日かその近辺にて、P1をリリースするかもしれないことを示唆している。

Mac the Fork 1999/03/05 Cocoa 更新されてた。新製品大発表会、
IBMの128ビットPowerPCは、花札屋(任天堂?でしょうね)ゲームマシン向けだそうだという。なんと。(しかし、グラフィックチップをSONYのように10倍以上性能を上げないと間に合いませんね。ATIもDRAM混載やり始めたので、SONYのように、2560bitの内蔵バス幅とか、描画エンジンを複数内蔵するとか、いろいろ頑張らないと間に合いませんが・・・ま、当然やってるでしょうね)

 本日の 興味深かったお薦め記事:  

99/3/5 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1567名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

励ましのお便りを、いっぱいいただきました。ありがとうございました。
少しづつやっていきたいと思います。

PS2について、何人かの方から、いろいろ教えていただきました。

堀爺@JapaneseSchemeArchives さんから、紹介依頼がきましたので、さっそく!

macosrumorsによると、P1 to be announced in late April  と、
P1が4月22日近辺には発表されるとか。

macosrumorsに、MacKiDo on USB2 の記事が紹介されていた。長文!

 本日の 興味深かったお薦め記事:  

99/3/4 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1564名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

3/4  ih140:IBMのSi-Ge技術から予想する近未来   追加書き込みしました

macosrumorsに、"Crankable" P1 update があった。いろんな誤解があったようで、やはりすぐに出てくるという物ではないようだ。ただ、明白に、P1がcrank-poweredされないことは、十分に明白にされなかった・・ということのようだ。しかし、このクランクパワーは45秒〜一分間でクランクを回して、バネを十分に巻き上げたら、徐々に発電し、ローパワーのP1を50分間バッテリー寿命を延ばせるという話があったようだ。

macosrumorsに、 Mac OS Ten update が出ていた。新しい情報がいっぱい。

O'Gradyによれば、Mac OS 8.6b2c4 Seeded To Developers とか。

 本日の 興味深かったお薦め記事:  

米Newer社、米Interex社から史上最速466MHzのG3カード

Newer,第一世代Power Mac用「MAXpowr G3」を4月に発売

松下電器、業界最小・最軽量のDVD-RAM装置を発売、2000年にも次世代機発売の意向

インテル、インターネットに焦点を合わせた新型プロセッサを発表
「インターネット・ストリーミングSIMD( Single Instruction, Multiple Data)拡張命令」で画像処理や3次元処理、ストリーミング・オーディオ/ビデオなどのアプリケーションの処理性能を向上させる新しい70の命令群を追加し、インターネットに対応とか。

AT&T、Lucent、Motorolaが電話音声対応記述言語の標準化団体を発足

Adobeがプロ向けページ・レイアウト・ソフト「InDesign」を発表、699ドル

「Intelが危ない」----こう感じるには私だけだろうか

SunとCadenceがpicoJavaベースのインターネット家電設計支援で提携

TRWとMotorolaが自動車安全装置のインタフェース仕様を共同開発

Motorola,NS,三菱がネット対応の組み込み機器開発支援の業界団体に参加

HP会長,企業分割について説明

Linus Torvalds氏,「デスクトップでのLinuxの飛躍」を予測
GnomeやKDEなどのデスクトップインタフェース開発プロジェクトがあるようだ。期待がもてる。

各種発表が相次ぐLinuxWorld

SunがpicoJavaとSPARCをコミュニティソース化

・次世代PS向けエンジン、6.2GFLOPSで6600万ポリゴン/秒を達成へ

新プレステのすごい性能 しかし、この性能を安く出すのだろうから、もうこれは、家庭内PCは不要で次期PSと、周辺装置だけあれば、何でも出来ちゃう世界になりますね! Firewire、USBが内蔵されるので、HD、MO、プリンター、スキャナーなど何でも、外付けできるだろうし、年賀状ソフト、家計簿、電話帳など家庭用定番ソフトはどこかが出すでしょう。表計算、ワープロ、インターネットがあれば、もう完全に、パソコンと同じですね。グラフィックが、NTSCの一般のテレビの分解能でやっていることが気にはなりますが・・・でも、これだって、上位機が出てくるかもしれないし、すでにグラフィックチップ自身に高分解能の機能が入ってるかもしれないし・・・わからないけど・・・でも出きるでしょう!
メインCPUの高速化、キャッシュ、DRAM=主記憶の拡張などが、PCと比較して拡張性がないと思われる所ですが・・・・・  ま、Sony全社でバックアップし、PCを駆逐すべく何かやってくるでしょう!
楽しみですね!

・クラスタ構成をとれるLinux、パシフィックハイテックが5月出荷

・米IBMがLinuxに本腰、対応製品とサポート体制を大幅に拡充

49.7日後にWindowsがクラッシュ?

99/3/3 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1563名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

不定期更新 と、宣言した次の日から書くなんて、なんて、いい加減な!なんて言われそうですが、我慢できなかった。ま、気が向いたら書きますので・・・

日経エレクトロニクスによれば・・・・とうとう発表しましたね!!!

他 本日の 興味深かったお薦め記事:  

O'Gradyによれば、Surprise PowerBook Announcement Possible This Weekend だとかで、
今週末にAppleはPowerBookG3の350MHz以上など速度アップしたバージョンを出すようだ。
300~400MHzのPowerBookG3で3ポンドであり、 G3や iMac のように、Bondi Blueかブルーベリーの色であろう。とのこと。   PowerBookG3のRev3なのだろうか?????

O'Gradyによれば、IBM ThinkPad 770Z Ups The Ante   とかで、IBMが ThinkPad 770Z というハイエンドのラップトップを出したようだ。1280 x 1024のLCDと 14.1 GB HDDだ。

 

99/3/2 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1565名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

今日から、不定期更新に移ります。長い間ありがとうございました、50万カウント直前で残念なんですが。

いたし方ありません。ガンで他界した親父の名前 鼎 を広めたいと思って付けた名前でした。
漢字は違いますが・・・

みなさんの、お役に少しでも立てていたかもしれないことは、私の喜びとするところでした。

毎日見に来てくださった方、電子メールマガジンを取っていただいた方、ありがとうございました。
50万カウントなんて、ここを始めた頃から考えると夢のようです。ありがとうございました。

takさん、processormaniaさん、Zap2さん、danboさん、団長さん、サムくん、日記の日々さん、HiFiさん、Woodstockさんはじめ、Emailで情報を教えていただいた方々、マグマグさん、他Linkしていただいたサイトの方々など、お世話になりました。ありがとうございました。特にTakさんにはよくしていただいたんですが、何せ時間がないので、せっかくの執筆のお誘いを断らなければならなくて、非常に残念だったんですが、申し訳ないことだと思っています。お許しください。imac関連メイリングリストなども脱会します。

さっそくWoodstockさんからEmailがきてました。WSさんありがとうございました。
最後に欲しかったORBの話です。うらやましい!!

3/2 究極?の言いたい放談:139

じつは隠していたノウハウがあります。自作するまではと思って、とっといたんですが、作れそうもないので、公開しちゃいましょう。みなさんが挑戦してください。

ま、大したこっちゃないんですが、知ってる人は知っている。作ってる会社もあります。

ま、ようするに、冷却に結露は付き物ですよね。CPUなど被冷却物の周りは、囲って密封しシリカゲルなどで防湿対策などすればいいんですが、問題は周囲なんです。特にCPUの周りを全部対策しなくちゃいけません。特にマザーボードのコネクターに対しての対策が難しいのです。距離が短いので!!

結論から言いますと、冷却する部分の周りを断熱材で巻いて、その上をアルミなどの熱を通す物で囲い、このアルミを25摂氏などに温調して結露を防ぐわけです。じつは、2年前頃からアメリカで売っているPentium用の冷却システムがありましたね、-40℃にもなるやつ、実は、これの写真に出ていたんです、そこの解説には温度センサーとしか書いてありませんでしたが、実は、そこに張ってあった物は、ヒーターだったんですね。センサーもあるでしょうが、このヒーターで周りを暖めて中は冷やすと言うことをして、周りの結露を防いでいたわけです。ヒーターをOFFにしといて、内部冷却して、外のアルミなどが冷えてくるようだと断熱材が不足してるわけで、可能な限り対策します。で、外部を結露しない程度に暖めるというわけです。

で、なぜ私がやっていないかというと、問題はプリント板を経由してマザーボード側に出ていく冷気です。1~2cmでPM9500のCPUスロットに刺さるようになっており、CPUから、ここのコネクター迄の距離が短いのです。

で、ここに温度勾配がかかります。このプリント版を挟む格好をして囲むアルミ板を持ってきて、絶縁しながら暖めることをしないといけないわけです。この辺がなかなか大変そうで、素人細工は時間がかかって大変だったのです。で、ペルチエとか電源とか買ってきといたんですが、結局作る暇がありませんでした。一年前からやるやるといっときながら、ぜんぜんやらないんで、怒ってる人もいるかと思いますが、ここで謝っておきます。

以上の(大したことじゃない)ノウハウを公開したと言うことで、お許しをお願いしたいと思います。

本当に大したことじゃなくて、たぶん、この道のプロの方なら常識のことでしょうから、ノウハウだなんて恥ずかしい限りですが、なかなか気が付かないところではありますので、恥を忍んで出すことにしました。

もっと、いろいろやりたかったんですが、なにせ、健康という文字には勝てませんので。・・・

 

長々とありがとうございました。

ここをやってて非常に楽しかった。一生の思い出になります。親父も天国で喜んでいると思います。

 

暇が出来たら、また書くことがあるかもしれません。

では!

ではなく。      渡邊鼎じゃった!  んじゃ!

 

?/? ih13?:IBMのSi-Ge技術から予想する近未来
に書きたかったことは、SiGeのアナログ技術でシリアル通信部分をPPCのチップ内にたくさん取り込んで各種データ通信を出来る範囲でシリアル通信25Gbps程度に出来ないかと言うことです。できれば、メインバスなどもシリアル通信で行い、しかも、ビット単位とか4,8ビット単位でシリアルにまとめてたとえば64bitなら8本のシリアル通信で64ビットを送り、届いた先でFIFOなどで横並びを合わせて使うとか、これをGracckleチップに相当する部分のLSIでも行うとか、DRAM、L2キャッシュ自身とかにも内蔵するとか、という話です。またFirewireとか、Gbps-ATAとかの超高速シリアル通信もCPUに内蔵すべきだと思います。

ま、この辺は、集積密度との関係でどうにでもなる世界だと思いますが。数年後には現実味を帯びることだと思います。

macnnによると、PowerLogix の466-MHz PowerForce G3 ZIF や、Newer Technology の466-MHz MAXpowr G3 $1500 などが出てきているようだ。いいですね!やすい!

 

私事連絡・泰浩くん・私は、健康を害しました・ということを兄貴に伝えといてください。

 
99/3/1 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1560名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

MacNNによれば、Appleが OPENSTEP 4.2 for Mach Patch 2 を出したようだ。2000年問題の修正と、ユーロ通貨シンボルのサポート改善、OPENSTEP systemでのディスプレイハードウェアのより広い範囲のサポートを提供するVESAビデオドライバーと同様に大きいハードドライブのサポートなど。

MacNNによれば、 LinuxWorld が、CA,サンホゼ,Conventionセンターで明日開始するようだ。Linus Torvalds(Linuxの創造者)は、3月2日火曜日6:30pmにESTのキーノートを発表する。

xlr8yourmacに、Amazing XLR8 300/200/1MB Report: というのがあった。
392/196/49 (CPU、キャッシュ、バスクロック)で作動しているようだ。
412/206/51.6では、FIREWIREカードがうまく動かない。システムはPowerTower Pro 250 、288 MB RAM、18 GB 内蔵UW raid (PCI jackhammer, FWB 3.0) 9 GB UN, 2 GB, CDR, CD, Syjet, zip (internal fast scsi) OS 8.5.1.  CPU温度は109 deg F 。
最近のチップは300MHzでも、早いんですね!

 maclandにて Moving Pixar to Mac OS X not a easy work とのことです。Pixar社の仕事で、SUN上ではレンダリングのみ行っており、ほかのすべてのクリエイティブな仕事はすべてSGIで行っているようだ。(モデリング、アニメーティング、ライティング、テクスチャーなど。)やはり、MacOS-Xでというのは難しいようだ。

maclandMore on Pixar/Mac OS X topic でさらに、読者からの報告が各種出ている。
レンダリングソフトRenderManは、1992/1993頃にはNEXTSTEP 3.0で作動していたようだ。OPENSTEP でも作動できよう。しかし、Appleは現在RenderManに匹敵する3D機能はOpenGLに集中させている。

maclandに、 Trans Intl Announces Industry's First Fully-Compatible One Inch High SCA 80 to 50 Pin and 80 to 68 Pin SCSI Drive Adapters with Active Termination てのが。
Trans Intl社から初めての1インチ高、アクティブターミネータ付きのSCSI変換器が出てきたようだ。80-50、80-68の変換が出来る。

  以下本日の 興味深かったお薦め記事: 

 新しい話はないですねー!

 

 


[Home] [Linkし放題] [Fleamarket]