Macの奴隷の臍茶な話
渡邊鼎の!言いたい放談!
!言っちゃったNews! 

99/2/28 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1553名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

somethin' good...経由 RingoAlley にてmacland:PixarのシステムWhat systems Steve's guys in Pixar use ? を見てきた。なるほど、Mac、NT、SGIではなく、Sun Enterprise 4000 serverを100台ですか。400G計算/sでレンダリングしてるんですか。外部記憶は、Sun StorEdge A3500 とA1000 arrays。1,400 台のUltra SPARC II processors にトータル14,000 Gbyteのメモリを載せて! 
うーん、G4とMac OS Xシステムで、これくらい構築できるようなシステムに仕上げて、JobsがPixarに導入してくれないかなー!G4のマルチプロセッサーでこれの10倍ぐらいは出来そうでしょ!

MacNNによれば、Sonnet'のG3 processor upgrade cardのCrescendo 1.3.3 driver にて、Power Mac 4400 and StarMax のサポートを追加したようだ。

macintouchに、USB 2.0の話がまた出ていた。コンパック、ヒューレット・パッカード、インテル、Lucent、マイクロソフト、NECとフィリップスが、2000年中頃だすという、速度が240Mbps(テストでは300にもなったとか)にした、上下コンパチなUSB2.0だが、もちろん彼らはユーザーを誘い込んでいるわけだ。なぜなら、すでにSONYがIEEE1394でやっていDV端子による通信は、PCが中央に必須ではないことはご存じですよね。これが今後発展すると言われている家電へのPC、インターネット、Homeネットワークの通信にどどっと採用されちゃった日にはPCメーカーは儲けが全然違ってくるわけですね。だから、絶対にPCが中央にいなくちゃならないようなUSBに誘い込んでPCを家電市場に食い込ませようとしているわけですね。もちろん、本家のPCの周辺市場にてポストSCSIの役を担わせることは当然あるわけです。今回の240Mbpsで30MByte/Secですか。まあ十分ですね。でもSCSIは80,160Mbyte/s〜320にと言ってるわけで、数年後あるかもしれないUSB3.? なんて時には、もっと速度を上げましょう・・てな感じで、IDEのように順次速度を上げていきゃ、なんとか皆付いてくるべさ!という感じですか!
PC周辺に関してはUSB2.0が2ポート、USB1.1が2ポートあればまあSCSIまでの置き換えにはいいんではないかと思います。
Appleは無視されていますけど、USB1.0の時も無視されてましたからね。逆にUSBしか付いてないiMacなんかは、一年後の後継機種ではUSB2.0に変更しちゃって、現在のSCSIの速度をほしがってる(USB1.1では遅すぎる)MOとか外部HDとかがUSB2.0で十分な速度が享受でき、かえっていいと思います。コンシューマーポータブルでも、Firewireを標準にしなくてよくなりコストが下がりますね。PowerBookにはIEEE1394は付いててくれたほうがいいなー。
しかし、NECなんて、仕様を最初から解るので有利ですね−! USB1.0の時もNECだけが作ってましたね!
これもったいないから言いたい放談に入れちゃいます。

さらにATAの話があまりされていないので、ついでに・・・
ATAはxlr8yourmacIntel's USB 2.0 may squeeze 1394 into aPC niche によれば、ATAは数回の改訂の後では、Gbit/s serial linkになるかもしれないとのことだ。パラレル転送のデータ間のジッタ問題がシリアル通信で回避できるという話はIEEE1394の時にも言われていた。結局パラレルで33,66,133と上げているIDE→ATAだが、やはりシリアル通信にせざるを得ない時がやってくるようだ。Gbit/s というと、単純に128MByte/Sである。
以前USB2.0の発表の時にあった次期IDE-ATAはさらに速度を上げるという話しか書いていなかった。シリアルにするのではという話は2.0の委員会のSCSI置き換えの話題にて討論されていたらしい。USBとも1394コンシューマーとの間に出てくるのでこれをどうしようかとの問題で、1394ーコンシューマーの市場はニッチでありチップセットにそれを統合することは意味をなさないという結論になったようだ。ATAの将来に関して数社で研究中で、FibreチャンネルとGigabitイーサネットに共通のテクニックを使用し、ATAソフトウェアと互換性を持つようにすれば、Gbitデータ信号速度が得られるという。2005年には出ているだろうとのこと。
(シリアルになればケーブル長を長くでき、出来ればデバイス数も増やしてもらえれば、外部記憶装置はすべてこれになってもよい!G3Mac,iMacはすでにEIDEを使っており、これらにも使われるだろうから、なにもSCSI、1394にこだわる必要はない。これはどっちかというと、うれしい話だ)
USB2.0の話で、Maxtor Corp.からの談話があった。USB2.0の機能を追加するのに既存のUSBクライアントチップに対して1,000ゲート未満の追加で出来そうだとのこと。データはFIFOでやりくりすれば何とかなるだろうとのこと。でも、最高速30MBpsでは結構DMAが欲しいですぜ!
最終的に残るUSBに対する1394のメリットは、完全なisochronousと、ピアtoピアだ!

 以下本日の 興味深かったお薦め記事: 

Beがパソコンメーカーに無料

サンのHotSpotがようやく登場へ  JAVA仮想マシンの高速版

IntelがPentium IIIを正式発表,550MHz版の出荷は99年Q2

PC WorldがPentium IIIをベンチマーク,マルチメディアに威力

韓国Hyundai Electronics社が「バーチャネルチャネル・メモリ」を販売へ

DellがLinux技術サポート会社Linuxcareと提携

99/2/27 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1552名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsの、Wacko File of the Year に、
ヨセミテのケースの横側3の文字のところにミッキー・マウス・・という話があった。
リンゴと3という文字の重なりが横向きに見てみると白黒反転したミッキーマウスに見えるという物だが・・・ this animation にその説明のアニメーションがある。

macosrumorsによると、Apple Cinema Display という記事が・・・。
Appleソースの情報らしいものによると、大画面のデジタルフラットパネルディスプレイの検討をしているようだ。それをApple Cinema Displayと呼んでいるのかもしれない。この注目に値する物はこの夏のMacworld New Yorkにて出てくるかもしれない。これは18インチ以上で 1600x1200。これはOpenLDI ディジタルインターフェースを持つRAGE 128 16MB graphics cardを使う。明白に、アップルの次のプロ・デスクトップ(コード名Sawtooth)は、デジタルとアナログ出力をもつRAGE 128の2X(133 MHz)AGPバージョンを内蔵するかもしれないので、すでに感動的なワークステーションのそのユーザは独立型ユニット(Digitalグラフィックスカードのコストをセーブして)としてCinema Displayを購入することができる。価格帯は$1799-$1899あたりがありそうだとのこと。LCDディスプレイの価格が急激に落ち続けているので、来年には$999に落ちるかもしれない。

MacNNによれば、"Mac OS X Server"が、アメリカで2月、世界的には春には供給されることが期待されているとか。しかし、Appleは1月に、第1四半期としか言っていない。
スタンドアローンと、 Power Macintosh G3 newラインへのバンドルの両方が出るだろうが、広告はしないようだ。

O'Gradyによれば、Cranky PowerBooks? とか。
P1のクランク発電技術の噂について、それは大きすぎ重すぎ、そして多分高価と思われるが、面白い。この話は2年前イギリスのBayGen社の開発した発電器を内蔵したラジオが多数のデザイン賞を取り、このラジオから電力をeMateに供給するというデモがあったようだ。アップルの新しいP1の電力消費がeMateほどに小さければ、このようなP1に、発電器を内蔵、または外せるメカニズムなどを付けるというような話が進んでいてもおかしくないだろうが・・・
実際、eMateの使用していたCPUはご存じARMのSA1100であり、250mWという低消費電力を誇っている。これくらいなら可能性があったのだが。・・・一方P1に使用されると思われるPowerPC750はCopperになって減ったがそれでも数Wある。一桁違う!
A clockwork Apple を見てみると、クランクで一時にスプリングを巻き込み後でゆっくり巻き戻りながら発電させる物のようだ。これなら、連続で長時間クランクを回し続ける必要がなく可能性が高い。なるほど。Booting up with a twist of the wrist に巻き上げている映像があった。なるほど大きく回す物だな。

 以下本日の 興味深かったお薦め記事:

99/2/26 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1544名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

糸井重里氏の「ほぼ日刊イトイ新聞」に、アップルの原田社長との雑談。 1,2,3というのがあった。2/18更新
長文で興味深い。

 O'Gradymacosrumorsに、ATI delivers RAGE Mobility の話があった。
ようやく気がつきましたか。1/15,2/16と私が言ってたでしょう!こんなチップがあるって!
ただし、新しい話ではSDRAMを8MByteも内蔵したMobility-M1ってのが出来たようですね!。
初期の Lombard のブロックダイアグラムにはRage 128 8MSGRAMとしか書いてないですが・・・以下はO'Grady予想データのDisplay部です。

SGRAMってとこが8M-SDRAM内蔵になりましたがね。rocket LombardはWintel-professional-full-size-noteより先に搭載はないでしょうが・・・
そのうちMとPの資料を訳して出しましょうか。たいしたことはでてないでしょうが・・・
コンパックもすでに搭載を発表してますので・・・・

Mac The Knifeが更新されていた。Clash of the titans

macweekCOMの、 PowerBook envy in Tokyo とかで、「自分が世界で最も大きいPowerBook熱狂者」だと思っていたO'Gradyもうらやむ、 "rabid," "fanatical" or just "crazy."という形容に見合う最上級の熱狂者たちのいる「東京のPowerBookコミュニティ」を紹介していた。

O'Gradyによれば、先日macosrumorsにて話題になった手巻き発電器の話が、「Consumer PowerBook Crank? 」として話題になっていた。写真?か絵か解らないけど、pbcrank.jpgもお目見え。

 以下本日の 興味深かったお薦め記事:

99/2/25 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1537名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

O'Gradyによれば、101 Delayed until Mayとか
PowerBook,101は、5月まで出荷されないだろうとのこと。アップルのWorldwide Developer's Conferencegが、サンホゼで5月10日から14日まで開催される予定だが、この時点が一番発表される可能性が高いだろう。101はUSBやFirewireを内蔵するだろうし、これに対応したMacOS8.6(Veronica)が要求されると思われるので、もともと、来月頃発表されると思われていた。我々が聞いたすべては以下のことを示している。101がちょうどP1の直前に開発されていることを、そして、そのリリースを止めているのは新しいシステム・ソフトウェアだけであることを。購入できなかった潜在的な101の購入者は、PowerBook G3 Seriesの下がった価格を再考するだろう。少くとも、それは2つのPCカードスロットを持っている。

 以下本日の 興味深かったお薦め記事:

99/2/24 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1537名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

今日は、時間がなくできませんでした。Macが調子悪い!!!

O'Gradyによれば、101 Delayed until Mayとか
PowerBook,101は、5月まで出荷されないだろうとのこと。アップルのWorldwide Developer's Conferencegが、サンホゼで5月10日から14日まで開催される予定だが、この時点が一番発表される可能性が高いだろう。101はUSBやFirewireを内蔵するだろうし、これに対応したMacOS8.6(Veronica)が要求されると思われるので、もともと、来月頃発表されると思われていた。我々が聞いたすべては以下のことを示している。101がちょうどP1の直前に開発されていることを、そして、そのリリースを止めているのは新しいシステム・ソフトウェアだけであることを。購入できなかった潜在的な101の購入者は、PowerBook G3 Seriesの下がった価格を再考するだろう。少くとも、それは2つのPCカードスロットを持っている。

 以下本日の 興味深かったお薦め記事:

オランダPhilips Semiconductors社も,全2重対応のIEEE1394リンク層LSIを出荷へ
「full duplex」(全2重)は、ソニー、Texasですでに製品化しており、リンク層LSIの標準機能となるだろう。

米Intel,IEEE1394の製品計画を白紙に,次世代周辺機器の接続に向けUSB2.0の標準化を推進

NHK,「電子的な若返り」技術を開発 「ε-フィルタ」

99/2/24 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1537名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

 macosrumorsによると、P1 to feature wind-up power? とか。
手巻き発電器を持つP1??ということだが・・・CNN.comに出ていた過去記事では、手巻き発電器を内蔵したラジオの話があった。もともと、ポータブルなMacOSマシンが教育市場にて要求されるのは、「学校の日」(多分、8〜12時間=一日中使って、夜充電)の間、バッテリーが保たなければならないと言うことだろう。聞くところによるとAppleは、イギリスの開発社からその効率的な発電器の技術のライセンスを得ているようだ。WebMate=macMateにこれが内蔵されるかもしれないと言う噂が出ていた。
ということなんだが。私は少々無理があるように感じている。まずラジオは圧倒的に消費電力が少ない。多分、数10mW〜数100mW。一方、以前にも言っているがPowerPCは、まだ消費電力が数Wある。よって、バッテリーが長持ちしていない。最近いろんなノートマシンが長持ちするようになっているにはLiバッテリーの容量が増えたおかげもある。次に、バッテリーは急速充電が出来ない、または苦手=効率が悪いということがある。これは、バッテリーというものは化学反応を利用しており、急速な充電の反応に追いつかないと言うことらしい。あまり急速充電を行うと、過充電が起き劣化した部位が増えバッテリーの寿命が減っていく。また、子供が手巻きで充電しようとしても数10分以上とか長時間回し続けるのは敬遠されるのじゃないか。ということで、少々の追加充電くらいは出来ようが、あまり実用的には感じられない。
少し改善する方法がある。最近流行の電気自動車やハイブリッドカーで注目を集めているが、スーパーキャパシターというコンデンサーがある。これは圧倒的に急速充電が可能な大容量コンデンサーだ。容量はまだまだバッテリーには及ばないが、せっかく発電した電力をほとんど無駄なくコンデンサーに貯めることが出来る。電圧は残念ながらリニアに減っていきLiバッテリーのように最後まで3Vを出してくれると言うわけではないが、スイッチングレギュレーターで昇圧したりして使える。しかし、数Wのパワーを連続で一時間というと・・たとえば3V3W=1Aで一時間というと1000〜3000F程度の容量が欲しいが、現在100Fのものでも結構でかく高価であり無理があるだろう。
やはり、1〜10F程度のスーパーキャパシターで急速充電し、ここからLiバッテリーに充電するというような補助充電的な使い方位が妥当なところかもしれない。結局消費電力を下げなければいろいろ無理があるということですね。

macosrumorsに、Lombard update が。
Lombard「101」の新しい情報が入ってきているようだ。その概要・・・

macosrumorsに、Motorola Semiconductor update があった。
やっぱり、信頼できる筋によると、PowerPCプロセッサラインは、分社されないようだ。

 以下本日の興味深かったお薦め記事:

99/2/23 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1527名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

Mac the Fork が更新されていた。2/22 Nice to look
 Lombard/101は元車屋のスケジュールの遅れから3月末から4月末に発表されそうだ。

wirednewsに、 冷戦が産んだスーパーチップ  が出てきた。先日紹介したE2Kのことですね。もうちょい詳しく日本語で書いてあります。

MacNNによれば、 ROM Accelerator v1.0 というフリーソフトが出てきたようだ。これはiMac青白Mac以外のすべての旧MacのシステムROMをRAMに置き速度アップが出来るというもの。しかしNuBus PowerMacintoshでは動かない。"DriverServicesLib"が見つかりませんというエラー表示が出てしまう。次のバージョンではコンパネや機能拡張をつけるようだ。

macosrumorsによると、Motorola's Semiconductor (PPC) div. to be spun off?とか。
現在PowerPCプロセッサの研究開発と生産を扱うモトローラのSemicondutor部門の分社の可能性は今までもいろいろ噂が出ていた。これは近年モトローラの関心が減少しているPowerPCプラットフォームにとって良い前兆かもしれない。これでこのプラットホームをいっそう活気づけ、PPCに非常に明るい未来を与えてくれるかもしれない。G5の後にも、いくつかのメジャーな前進がある。オリジナルG4でやろうとしていた1チップマルチプロセッサーに加え、もともとG5向けに計画されていたいくつかのマイナーなアーキテクチャーの修正をG2000の仕様から引き入れる。これによって、PowerPCはモトローラの他の関心から外されるチャンスを持てる。そしてより小さくて、より活気の有る会社の主要な焦点になる良いチャンスを持てる。この話はまだ確証が得られないが、Microsoft, Moto 自身, Apple, HP, Intelなどとの接点から噂が絶えない。(私はモトローラの半導体アナログ部門を身売りし、より付加価値の高い半導体部門に注力するのかと思っていたけど・・・・違うのかなー?)

techwebによれば、 Motorola To Spin Off Semi Components Group とか。
モトローラはSemiconductor Components Groupを、残りのチップ業務から分離しSpin-offするつもりのようだ。この部門は、ディスクリートの標準部品、アナログ、ロジックチップを売っていた。内部のメモによると、これを「別々ではっきりしたビジネス実在」にするようだ。モトローラは、マイクロプロセッサー、マイクロコントローラー、DSP のような、コア技術の、マージンの多い、"systems-solutions" の半導体市場に集中したいというモトローラの要求の部分である。この残りのSPS unitでは、ネットワーク、モバイル、娯楽の市場へソリューションを販売するようセットアップされ、より多くのテクニカル・サポートを出来るようになるだろう。一方SCGは、よりコスト競争力の必要な量産市場に特化するだろう。SCG部門はSPS全体の20〜25パーセントの歳入であり、第4-4半期で19億ドルである。(ディスクリートの標準部品、アナログ、ロジックチップという商売は、他品種、大量生産、超安価の市場であり、競争が激しい市場だが、かつてモトローラはこの売り上げで半導体売り上げトップだった。)

(やっぱり)

macosrumorsによると、RAGE 128: More options? とか。
読者とATIソースからのレポートによれば、Rage128 チップセットは、最初思われていた以上に、より多くの機能を内蔵しているらしい。new PowerMac G3内蔵のカードでは、オプションのコネクターで、HDTV-入力用にHDTVのデコード機能(これは既知のDVD(MPEG2)デコーダーとMPEGのアクセラレーター)を追加できる。さらに、アドオンコネクターでOptionで追加できる機能として、フルAV I/Oがある。さらに将来は、最適化されたRage128ドライバーは、パフォーマンスを現在の50%以上増やすだけでなく、デュアルカードオペレーションを高速化する限定されたパススルー機能を持つ。これはOEM専用であり、明白にApple向けのデュアルモニター(デュアルチップ)RAGE 128 カードのことである。この機能がコンシューマー向けカードに出てくるかどうかは不明だ。

macweekCOMによれば、 New browser made in Germany とか。
ドイツのiCab Co. 社は、HTML 4.0、JAVAとJavascriptをフルサポートする新しいブラウザを出したようだ。4MbytesのRAMを必要とし、ディスク容量2Mbyteである。始め、アタリOSの初期バージョンがフリーのプレビューバージョンで4月中頃出てきて、ファイナルバージョンはシェアウェアで、約$29である。最初はドイツ語のみであるが、英語版iCabも、非公式に作ってあり、ダウンロード出きる。(1.1Mbyte)iCab_Preview_PPC_English.hqx

macintouchによれば、GoLive 4.0 を出したようだ。QuickTime 3.0 ムービーエディターを含み、XML, Microsoft Active Server Pages 、PDFをサポートする。 Table Editor, Site & Layout views, stylesheetなどが改善された。Macバージョンは3月出荷、Windowsバージョンは5月の予定。

macintouchによれば、Palm Computing が新しいPalmPilotを2機種出したようだ。
新しいMacPacソフトウェアは、PalmのMacサイトから、まだダウンロード出来ないようだ。

新しいMacPacソフトウェアは、'HotSync acceleration' モジュールにより112KB/sと倍速度になる。(Winでは56K)
また、赤外線通信によるHotSyncソフトウェアにより、iMac、PowerBookで赤外通信が可能となる。

macintouchによれば、holographic 3D display という新しい、3次元ディスプレイが出てきたようだ。
Electronic Engineering Timesの記事の紹介で、特別なめがねが不要である。特許は2人の芸術家によってイギリスに出されている。現在はMac上で作動し、現在のLCDに$5程度追加すればよいと言う。

以下本日の興味深かったお薦め記事:

99/2/22 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1524名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macweekCOMに、O'Gradyの記事 Tokyo reporter's notebook II があった。

風邪がきついし、なにも面白いニュースが無いので、ここまで。

以下本日の興味深かったお薦め記事:

99/2/21 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1524名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

これ出すの遅くなっちゃった、風邪ひいて厳しいもんで・・・

風邪ひいてるのに昨日はMWEXPOに行って来てしまった。団長のご尊顔を拝んできました。マスクをして寒そうな重装備をしていたおっさん・・・それが私でした。一人「ちっす」バッジをした人に声かけたけど別の人だった。SAMさんみたいな感じの人だったような気もしたけど、名乗らなかったので・・・でも、土曜日だったから、ものすごい混みようで、往生しました。2時間くらいで帰ってきちゃった。iSCSIなどあれば買おうかなと思ってたけど・・・FocalPointには無かったし他も無かったような気がしたんで止めた。浪費は敵だなんてね!

MacNNによれば、 Adobe GoLive 4.0 が月曜日にでてくるようだ。$300。
XML 、Microsoft's Active Server Pages, Adobe PDF integration, 新しいサイト管理機能, 新しいJavaScript actions, ユーザーインターフェースの改良などが入っている。アップグレードは$100

MacNNに、 Mac OS Xclavespecial report について紹介があった。
Appleからオフィシャルに、MacOS X Serverと、P1,Hal9000コマーシャルなどについて情報があったようだ。
火曜日(2/16/99)に、アップルコンピュータの「TechnologyとInformation Update」に出席できた。もともとは、その地域の認定ディーラー:のセールススタッフへのミーティングだった。そのプレゼンテーションの、全般的な概要を示すと・・・

PowerBook用のDVDモジュールと同じような、PowerBook G3組み込みのvideo出力機能と、ホットスワッパブルなUSBのデモを見ることが出来た。

そのミーティングの後、presentersと話す機会があり、MacOS X Serverについて尋ねた。

 MacNNによれば、 iNES 1.0 をNintendo Entertainment Systemが出したようだ。Unisystem とDiskSystemの両方にフルコンパチで、PowerPCベースのMacなら遅い機種でもフルスピードでプレイ出来る。改善されたビデオエミュレーションと手際の良いmapperハンドリングを特徴とする。PowerPCNativeと68Kのバージョンが用意されている。日本語バージョンは iNES 0.7.2 Plus.。 

以下本日の興味深かったお薦め記事:

99/2/20 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1523名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

appleinsiderによれば、 Veronica on the move: a5 is here とか。
今週始め、Appleは、Mac OS 8.6のalpha 5をディベロッパーに配布したそうだ。
しかし今、veronica-a5.shtml がアクセスできない。昨日の話はj-a4だから・・・
後数回はありそうですね。

macweekCOMに、現在来日しているO'Gradyの記事Tokyo reporter's notebookが載っていた。彼から見た、幕張、食べ物、秋葉原が紹介されており、興味深い。

O'Gradyによれば、Motorola Says StarTAC Mobile Organizer is Mac-Compatible とか。

MacNNによれば、Appleは密かに Carbon Libraries の開発版をディベロッパーに配布しているようだ。これにより、Mac OS 8 からMac OS X  への移行を促し、また、最近アップデートされたCarbon Printing APIのドラフト版をチェックできる。Mac OS X で実現されるプリエンプティブ・マルチタスキング、メモリ保護と動的な資源割当てを、Caronを使うことにより利用できるようにし、現在流れているアプリケーションのコンパチビリティを最大限確保するよう開発・テストできる。

MacNNによれば、青白G3 MacでのSilverLining Liteによるデータ異常問題が既に報告されているが、青白G3 ではない旧Power-Macでも、IDEドライブを使用するとSilverLining Liteは、data corruption/loss 問題を引き起こす可能性があると、LaCieが確認したようだ。

MacNNによれば、PowerLogixは G3 Cache Control 1.5b1 新版を出したようだ。立ち上げ時スペースキーを押すことにより使用不可能にすることができる。
また GuardBit 1.0b1 は、G3にアップグレードされたPCI PowerMacにてRetrospect を使う場合時々起こる問題を解決している。

macintouchに、 PowerPC G4, Pentium III and E2k という特別レポートがあった。
G4に関しては既に書いてあるからおいといて・・・
E2Kとは、数10年もロシアの軍関係のプロセッサー開発をしていたグループの、興味をそそる先進のプロセッサである。
Pentium IIIにて導入される新しい構造として「"streaming memory architecture." 」があることが、初めて話題になった。これはCPUから、L1,L2キャッシュを経由しないで直接メインメモリーのデータ列をアクセスできるようにするものらしく、キャッシュの書き換えによるパーフォーマンス低下を防ぐことが出来る。たとえば、動画の処理のような、一画面前のある小さな場所のデータを複数とか時々参照するような場合、データキャッシュが1行ごとなど全部flushされ入れ替えられてしまい、再度元の処理に戻るとき又入れ替えられるので、結構な時間を浪費することになり、これを防ぐというものだろう。

・・・しかし、素人目から見ると、単にL1,L2キャッシュを、もっと多い「nWay セットアソシアティブ」の構造にすればいいような気がしますが。n=4とか、8とか16とかね!

   チップ面積ですか???

E2k: "Merced-killer" from Russia?
ロシアのElbrus International社が開発中のCPU:E2kだ。このチームは、旧ソビエトの軍関係で40年もスーパーコンピューターのアーキテクトとして研究していた。
E2kは0.18ミクロンプロセスで、1.2GHzで走り、135 SPECint95 と350 SPECfp95という計算速度であり、35 Wの消費電力である。256 Kbyteの on-chip L2 キャッシュを持ち、126 平方mm。
intelの次期CPUが同じプロセスで作られるとすると、800MHz、60W、300平方mm、45 SPECint95 and 70 SPECfp95だ!!!
しかも、E2pはハードゥエア・アシストされたバイナリー・コンパイル技術を持ちx86命令をフルコンパチで実行できる。IntelのMercedのいくつかの技術的詳細が発表されたら、これもE2k はコンパチに持ち込み、IA-64 アーキテクチャー・コンパチになるだろう。
今までのところ、E2Kはペーパーマシンのみであり、プロトタイプはないので、上記仕様はテストされていない。うまくいっても、リリースまで数年かかるであろう。ロシアの経済状況から見て、Elbrusが西側のスポンサーを見つけないと、これは生産されないかもしれない。しかし、かつてサン・マイクロシステムズと研究したことがある。
しかし、他のプロセッサー開発チームのテープアウトがまだ一年も先のことだろうから、そのプロセッサE2Kの能力を大げさに言っているということもあり得る、とのことでもある。

以下本日の興味深かったお薦め記事:

日本経済新聞2/19 P13に、アップル Jobs iCEOが会見 「ソニー手本にシェア拡大」家電との融合で成長加速とか。。。との記事があった。「米、日本の消費者向けのパソコン市場で一段のシェア拡大をめざし家電製品とパソコンの接続もにらんだ商品戦略も本格展開する」と語ったそうだ。「今後、出版,デザインなど特定業種向け市場や教育市場に集中しデザインも重視した製品の投入を続ける」と語った。「アップルはソニーのような企業を目指す」パソコンでのビデオ編集など家電との接続が急拡大すると見ている。当面は、これまでのプロ・コンシューマの、デスクトップとノートの4分野にFocusする。という。

これに関する紹介記事がMacNNに載っていた。follow Sony's lead ・・・これもアクセスできないなー。

日刊工業新聞 2/19 P11に、田村製作所 フラックスを使わず接合 半導体チップ・バンプ・パッケージで東芝と技術開発  という記事があった。
半導体チップのパッケージ製造工程で、フラックスを使わず半田付けする接合技術を開発したとか。独自のプラズマ処理法による表面改質により、微少半田バンプの接合をフラックスなしでも出来るようにした。洗浄工程が省けるため、パッケージの製造工程が半減するという。鉛フリー半田も使用出来る。世界初の実用化だとか。

99/2/19 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1518名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

「匿名」希望さんから、またしても危ないEMaiがきちゃった。

がっかり、出なかったですね、P1他。

AndyMacが配布された。 300MHz iMac
3月、IBMは新しい高速G3チップを発表し、300MHまでのG3チップを生産中止するようだ。(ニューワーテクノロジーワークショップでの話)すると、iMacなどの266などは300MHzになるかも。(モトローラはどうするんだろ?)

MACPOWER3月号のP100に、Takさんの「Yosemiteの全貌」があった。相変わらず詳細な記事で役に立ちます。感謝感謝。

MACPOWER3月号のP108に、「ORB」の米キャッスルウッド社社長へのインタビュー記事があった。リムーバブルHDDで、3.5インチ2.2GBSCSI転送速度8.7MB/s同期モードで20MB/s。IFはE-IDE、パラレル、SCSI(2月)、USB(99,2Q)、IEEE1394(99,2Q)をそろえる予定とか。299ドル、メディア$29.95

MACPOWER3月号のP125に、O'Gradyの「新PowerBookはおあずけ」という記事があった。

MACPOWER3月号のP251に、「Virtual Game Station 」のコネクティクス社へのインタビュー記事があった。開発のきっかけは、たまたま、PSのCDをMacに入れたら、難なくマウントしちゃった。急に道が開けた感じがしたそうだ。で、検討し始めたら可能だとわかってきたようだ。

MacWorldTokyoには出品する予定だったそうだが、SONYからの正式な弁護士からの申し込みがあり、VGSの出品はあきらめたそうですね。

macosrumorsによると、Tokyo sees little newsとか。
MOSRに届いた信頼できる情報では、Lombard かP1 の発表は、3月末か5月始め、WWDCの直前に "Apple Event" の中で、両機種同時に発表されるかもしれないとか。

MACLIFE、3月号P 187に、NECのデジタルカメラfor iMac があった。なんと、iMacにしか対応してなく、トランスルーセントだ。

techweb/ebnによると、 IBM, Red Hat Deal To Be Final Today とか。
IBMは、Netfinities, Intellistations, ThinkPadなどのIBMのハードに最適化するRed Hat-Linux版に関し、Red Hatソフトウェア社と盟約を公式に交わすことを発表するようだ。

AccelerateYourMac!によれば、Toshiba To Launch Super-Megapixel Digital Camera とか。
東芝は、超高解像度のスーパーメガピクセル・デジタルカメラPDR-M4を、2月18〜21日ラスベガスの Photo Marketing Association Show (Booth No. 517)に出品するようだ。出荷は5月。
214万画素で、1600 x 1200で、USB付きである。16M内蔵で、追加32MバイトのSmartMediaが使える。ファームウェアは128MB迄アップデートできる。画像処理用に新しいDSPを使い、2秒間隔で撮れ、バッテリー寿命を延ばしている。しかも1600 x 1200解像度のまま、4枚の連続ショットを0.5秒間隔で撮れる。東芝のカメラにだけ入っているこのDSPにより、Boot時間が短くなった。レンズは光学ガラスでありマクロモード付き(4〜20インチ)。フラッシュも4モード有り。2倍デジタルズーム。再生時の4倍ズームもある。セルフタイマー付き。video(NTSC)出力有り。ダイキャスト・アルミボディ。

以下本日の興味深かったお薦め記事:

99/2/18 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1509名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

Count Mac が更新されていた。五色のiMac。
P1の発表は4月で発売は8月という予想。悲しいがそうかもしれない。

macintouchによれば、 Viewsonic USB monitor の内蔵USB-HUBは電源なしのHUBとか。

Russian Macs on rebound 1998年度ロシアでの売り上げは1200〜1500万ドルという見積もり

ogradyによれば、PowerPage in Tokyo:The Full Story on 101 とか。
ライブ中継をやるようだ。渋谷とかで入手した101の情報迄をまとめると以下の仕様になるとか。

リアパネルのポート群(L to R):

.infoworldによれば、 IBMがPowerPCにLinuxをポーティング とか。
3月にある、サンフランシスコ、サンホセでのLinuxWorldショーで、IBMは以下の発表を行うようだ。intelベースのマシンと同様に、ローエンドのRS/6000 サーバー、NetfinityサーバーとワークステーションにもLinuxをバンドルするという。RS/6000 とAS/400 サーバーに使われているPowerPCむけに、Linuxを移植すると言う計画を発表した。

以下本日の興味深かったお薦め記事:

99/2/17 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1506名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、Higher-resolution TFT screens for Powerbooksという記事が。
Appleは1280*1024でATI-Rage128 Portable chipのMacハードにコンパチな14〜15インチのTFTLCDを、少なくとも2社とOEMの交渉中だという。解像度アップをプロのポータブルにということだけではなく、ドラマチックなパーフォマンス向上とコストダウンをすべてのデジタルスクリーンに見込むようだ。これまでのLCDはアナログ出力をAD変換しLCD信号に変換していた。今回のものは、直接ディジタルでインターフェースするという。

macosrumorsに、From the Wacko File:Chameleon iMacsという記事が。カメレオンのように、色を自動的に変えていくiMacですか。ちょっとおもしろいですが。

macosrumorsによると、More RAGE 128 improvements on the way とか。
ATIのドライバーの次のアップデートは3-4 週後にあるようだ。バグFixと、30%以上の速度アップが期待できる。

関連した話で、ヨセミテのソフトウェアアップデートが、対処途中で、約8週間ぐらいでMac OS 8.6のリリースに編入されるかもしれない。これらの最もありそうな話では、FirewireへのアップデートとUSBコントローラードライバーを含み、PCI-とMain-Bus-に関連するクラッシュ問題に対処した新しいMac OS ROMファイルがアップデートされるようだ。

macosrumorsによると、These things are DANGEROUS!  とか。2/15気がつかなかった。
PowerPC 750 (G3)1MB L2キャッシュの 466MHz版をクロックアップして、550MHzで作動させたようだ。このとき31℃。高品質の冷却ユニットを実装すれば、600 MHzも夢ではない。Macbench 4.0 score of 1917であり、おそらくは最高速だろう。

appleinsiderによれば、 Rumor: Disney to buy Pixar, Apple? Jobs still CEO? という噂が。

macweekCOMによれば、 Expo set for New York 7/21,23。acob K. Javits Convention Centerで。

日経Macが届いた。始めようLinuxという記事があり、LinuxPPCLiteがCDROMに入っている。
LinuxPPCを使ってみよう にもある。また、コネクティクスのGSの開発者のインタビュー記事P13もあった。「4年前のハードウェアなので、我々には難しくなかった」とか。

USB接続のスキャナーがあったんですね。日本アグファゲバルトの、SnapScan1212u 25,000円程度。600*1200dpi12bit色12月12日。(昨日から探し始めたんで・・・もっと他にもあるかも)
USBタブレットもあった。ワコムArtPad fan iModel17,500円

以下本日の興味深かったお薦め記事:

99/2/16 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1496名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

ビッグコミックスピリッツの巻頭に、iMacを10台プレゼントする企画があった。

appleinsiderによれば、 Impressive AppleShare IP Update in the Works とかで、AppleはAppleShare IP 6.2を準備しているようだ。ユーザデータベースとMail Serverに対し多くの強化をしているらしい。

MacNNによれば、blue G3の IDE driveで LaCie's Silverlining 2.2.1を使うと問題が起きるようだ。

MacNNによれば、 PowerLogix はG3 upgrades cardの価格を下げたようだ。400-MHz ZIF upgrade カードが$900。 Sonnet も、G3 366MHz/1M ZIF を$700 に。

MacNNによれば、オーストラリアでは、top-five PC vendors in Australia と、Appleが第5位になっているようだ。5.4%シェア

 

以前話題にした、4MSDRAM内蔵のATI-Mobillityチップの資料が郵送されてきた。4MSDARMはDDRだった。細かい話は以下のURLにもあった。
12月発表で、すでに、コンパックもアルマダ6500シリーズに登載している。
時期的にいって、PowerBookの次期機種に採用されててもいいようなタイミングと性能ですね。もしぞうなれば、いいですねーー!可能性は非常に高いと思います。だって、1チップで4MSDRAM-DDRを内蔵ですよ。AGPですよ。600mWという低消費電力ですよ。決まり!!
ちょっとまてよ、今よんでたら、SoftwareFeatureに、サポートOSが当然、Windows 95,98,NT,Win 3,11 OS/2,とあるが、なんと、MacOSも書いてありますぜ!!!やっぱり。

で、2月のニュースも。・・
ATIジャパンのHomePageを見てみたら、

以下本日の興味深かったお薦め記事:

99/2/15 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1492名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macintouchによれば、ATIの新しい Xclaim 3D Plus PCI ビデオカードは、Digital Flat Panel displaysと NTSC テレビ出力を、一ヶ月以内にはサポートするらしい。

macintouchによれば、Palm Computingの MacPac 2 は、(クラリスOrganizerに基づく)"golden master"になり、数週間の内には入手可能になるようだ。

macintouchによれば、Apple は、ファイナルなMRJ 2.1 (Mac OS Runtime for Java)を出したようだ。

news.com2/12によると、 Intergraph spins off graphics unit とか。
ワークステーションベンダIntergraph社の graphic部門がスピンアウトし新しい会社Intense3Dになるようだ。

 

以下本日の興味深かったお薦め記事:

エプソン、高速インクジェットを欧米で先行発売
「Stylus Color900」449ドル。A4モノクロ12枚/分、カラー11.7枚/分と高速印刷。

日本語版Palm OSで、早期のシェア獲得を目指す--米3Comのマーク・バーカウ へのインタビュー記事。
まず、OSをライセンス。どこのハードだろう?

プロには使えない? ハイエンドMac--新世代技術への急速な移行に、周辺機器/ソフト対応追いつかず

Mac版Office98で明らかになったユニコードの「非互換」問題

 

99/2/14 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1484名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

ogradyによれば、Configure That Backside Cache For Your Valentineとか。
PowerLogixが、G3 Cache Control 1.4.2 を出したようだ。バックサイドキャッシュのユーティリティ。
最新のPower Macintosh G3モデルのサポートを追加した。

MacNNによれば、PowerLogixの 466-MHz G3 ZIF 、1ML2-311MHz付きを $1450.で出したようだ。
青白G3Macで、450/300 とか500/333のような100MHzの倍数にもっとも近いクロックで動いているようだ。

techwebによれば、 Nintendo64 Emulator Disassembled で、ソースコードがFreeSoftのサイトに数時間だけ置かれたようだ。作者の要請もあり、引っ込めることになったようだ。

こんな匿名メールが来ました。  こんなことやってるんですね。ちょっと一部省いて紹介。
でも登録済みのディベロッパーで、何か評価したいソフトのあるところでないと参加できない感じですね。一般人は登録してもだめでしょうね。いっぺんくらい見てみたいけど・・・。
このEmail文、Appleから怒られるかな? これくらいは問題ないと思うけど・・・・

以下本日の興味深かったお薦め記事:

99/2/13 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1480名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、FPU matters, and AIM is doing something about it.  とか。
浮動小数点演算の速度は604では速かったが603,G3では劣っていた。Altivecで、抜本的に改善される予定だ。これまでG4の完全なベンチマークは出ていなかったが、G3/450, モトローラG4/450, そしてPentium II Xeon 450のPhotoshop, Directorなどでの比較テストが行われたようだ。Pemtiumに対してG3は 40%、G4では65%もリードしたようだ。
Mozilla 5.0のAltivec-最適化版のプロトタイプでは、 JPEG とPNG imagesを500Kバイト以上読み込むのに、250%も速くできたようだ。しかもこの版はまだ最適化の余地がたくさん残っていたのに・・・。マイクロソフトOfficeとQuickBooksは、そのG4の改善されたFPユニットによって明白に、最も著しく速度増加が見られた。天文学用の小さなソフトで、惑星間の物体の速度と軌道を計算するとFPを非常に使うが、604e/400 (clocked up 9600/350) に対してG3/450 では50%以上の速度アップであった。

macosrumorsに、Professional servers from Apple?  が出ていた。
クパチーノからの情報によると、サーバー向けに特化した、ユニバーサル・マザーボード変種を作る可能性について検討されているようだ。(UMA:イニバーサル・マザーボード・アーキテクチャーとは、Sawtooth, Lombard, C2, and P1 などに使われているチップセット・マザーボードの方針で、Appleの4つの領域に対するハードウェアラインにほとんど同じ部品が使われて実現されていることを覚えているでしょう)この可能性はこの一年ほったらかされていたが、---フル・UMAチップセットは2000年中頃に出てくる第3世代New World Macにならないと出てこないだろうが---Appleの、非常に拡張性に富み、十分冷却できるケースを持つ「重大な」サーバーマシンの必要性は、どんどん増しているようだ。尊敬すべきAppleの Network Serverラインは、以下のような次ステップになる。
ダブルワイドで賞を取れるようなケースでできており、これにはホットスワッパブル(活栓挿抜可能)な7台のSCSI-HDDドライブベイ、オプションの2重化電源、特別に大きいホットスワッパブルなFAN付き。このG4サーバーは2000年8月の終わり近くに出荷されると言う。
これには、プロ・ワークステーション・ラインのマザーボードに似た構成で、3つの高速PCIスロット、FirewireとUSB、AGPグラフィックス、128bit-100 MHzの「MaxBus」、SDRAM DIMMを4スロットで最高4 GBのメモリーが可能。これら基本的な構成の上に、サーバーは、少くとも6つの簡単に取り外し可能で保守容易なドライブ・ベイを持つ、新しい、特別に大きいエンクロージャーになるという。PCI-bus port に入れるANS-style Ultra2 ボード( Ultra3かもしれない)に制御され、電源ON時でも、 ドライブをホットスワップ可能にしている。さらに、10/100/1000Mbps (Gigabit) Ethernetと、1.1GHz迄あげられるG4 processorsを入れ、さらにOptionで4台までの(サードパーティではさらに多くの)マルチプロセッサーも可能となる。Altivecにより、ネットワーク環境や、他の下位レベルシステムファンクションの高速化を果たし、Mac OS Xサーバーのパワフルな能力を遺憾なく発揮する、すばらしいショットをAppleは得、90年代中頃に失ったサーバー・ビジネス市場の多くを取り返すだろう。

ogradyによれば、 Update: PowerBook Price Cuts Due This Weekend !
もっと詳しい価格が出てきた。

Mac the Knife: Unimpeachable sources :非の打ちどころのないソース
Mac OS X Serverと、QuickTime 4.0が、来週のMacworld Expo in Tokyoのジョブスの要旨プレゼンテーションにて、発表されるかもしれないが、OS X Serverの完全な出荷版は3月の初め頃になりそうだという。QuickTime 4.0は4月のラスべガスNational Association of Broadcasters show になるかもしれない。

macintouchによれば、 ATTO はPCI SCSIカードの新しい driver を出したようだ。

 

appleinsiderの、 Future Apple Hardware Archive Totally Revamped! に、2/11に
Pro Model Workstation
の予想仕様があった。2/4版でもう知ってるかもしれませんが・
新技術の紹介に入れときました。

以下本日の興味深かったお薦め記事:

99/2/12 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1476名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、Apple's chance てな記事が・・・。
アップルソースによると、Appleは、「700 MHz」以上のクロックのG4プロセッサで今世紀を終わるつもりだという。明白に、新しいIBMの466 MHzチップがまもなく出てくるし、500Mhzチップは、そう遠くない時期に出て来るであろう。強いパフォーマンスのリードをWintelに対して保ち、生のクロックレートで十分すぎる速度を持ちながら、さらに後にAltivec命令セットによるx86-ぶっ飛ばし-が出てくる、ということをAppleは望んでいる。おもしろいことには、さらに、2000年の半ば頃、G4のパフォーマンスに最も大きい跳躍が来ることになっている。それは、G4が1 GHzを越えるときだ。同じ頃x86アーキテクチャーは、天井を打つメジャーなサインが出始め、Merced IA-64アーキテクチャーは、まだ未熟でマーケットには出せない状況だろう。このとき市場はMacのために広く開いている。

macosrumorsによると、New Apple patent on portable enclosures とか。
Appleがポータブル。コンピューターのカスタマイズ可能なエンクロージャー(ケース)についての、おもしろい特許の話があった。その「要約」から。
「一実施例:パネルハウジングは、non-detachablyな、モーバイル・コンピュータに接続できるアタッチメントプレートを持ち、表面の個性を持たせるために、エンクロージャーパネルハウジングは、透明であるかカラフルなプラスチックか、ステンレスか、織物、ビニール、革かエラストマーな材料でカバーされるなどの耐久性のある物質で作られ、機能の属性は、記憶装置用の格納場所(ポーチ)、電子部品を追加出来る構成、太陽電池、把手、エンクロージャーパネルを含む。エンクロージャーパネルハウジングは交換でき、ユーザーによるモバイルコンピューター・デザインの再構成を可能とする。」
非常に面白い。多分、これがアップルのPowerBook Duo関連の次世代開発品の単に分派だろうか?
あるいは?もっと他の、びっくりするような別のものか?WWDC.で出てくるかもしれない。

macosrumorsによると、IBM 466MHz G3s to ship soon? とか。
Powerlogixのオンラインストアで、466MHz の G3 ZIF アップグレードカードを見つけた。IBMからの正式発表がまだないが、市場には漏れ出てきているようだ。これは既に出荷できる状態であるという。Intelはまだ450MHzが最高であるので、またMac は最高クロックスピードを誇示できる。

macosrumorsによると、Macworld update で、会場をNYにすることでAppleがいろいろ演じたように見えるが、実際的な理由は、exhibitorsが注目に値する率で署名したのでボストンを落とすことになったようだ。多くのMacカンパニーは、もっと大きくて精巧なブースを欲した。とか。

ogradyによれば、PowerBook Price Cuts Due This Weekend とか。
PowerBookの価格が土曜日に落とされるようだ。300MHz→US$700, 300/CD →US$600〜$700, 233 と266は →US$200-$300。
Apple Channelsiteでは、266 がUS$1899, 300/CD がUS$2199, 300/DVD はUS$2399.だ。

macweekCOMによれば、Company offers 'free' iMacs とか。無料のiMacが、10,000 とか25,000台提供される。ユーザーは、オンライン・ショッピングセンターで少くとも一月100ドルを36ヵ月間費やすと約束する必要がある。

発塵量と残留イオン量を削減したクリーン・ペーパーを発売

低誘電率の層間絶縁膜に関連した発表が相次いだ「DUMIC」
米IBMは、層間絶縁膜を多孔質構造にして誘電率を減らす方法を提案した。0.15μmルール以下では、Cu配線と、比誘電率が1.5程度の低誘電率層間絶縁膜が必要とか。

日刊工業新聞2/11 p1に、 一万倍速い光通信!? 「量子ゆらぎ」を克服、単一光子発生に成功・・・という記事があった。科技振興事業団山本プロジェクトは、光通信の量子限界とされる量子ゆらぎがない単一光子(フォトン)光源を初めて作成したらしい。2/11発行の「ネイチャー」誌に掲載される。ガリウム砒素半導体の薄膜で、電子一個しか入れない量子井戸を作って並べ、変調電圧をかけて一個だけ中央の井戸に閉じこめて発行させたとか。

99/2/11 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1477名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

maccentralによると、 PowerLogix to introduce 466 Mhz G3 upgrade card  とか。
  PowerMacG3用の、466 MHz ZIF upgrade cardがでてくるようだ。L2キャッシュは311MHz。

maccentralによると、 'Upgradeable Upgrades' coming from XLR8 とか。
B&W PowerMacG3の、ZIF upgrade cardを買ってきて、入れると余ってしまう、ZIF-CPU-Cardを、指すことが出来て、旧Macなどに使うことが出来るアップグレーダブルなアップグレードカードを、3週間後頃出すようだ。

maccentralによると、 Developer: Mac OS X will provide 'exceptional security' とか。
Mac OS Xのアプリケーション RoomTrack を作っている会社のSteven Noyes氏が言うことには、MacOSXは例外的セキュリティを提供するので、顧客がMacから他のプラットフォームに移行することをくいとめるのではないかといっている。学校関係とネットワーク関連の会社にとってセキュリティが早急に求められている。長期的に、Mac OS Xは、Yellow Box開発環境を通してより単純でより洗練されたソフトウェアを提供する。Noyesは、Yellow Boxが複雑さの上に簡単を強調していることがわかったと言う。「私がかつて使った最も洗練された開発環境である」とか。

techwebによれば、 Qualcomm Will Use SiGe From IBM For RFChips とか。
Qualcommが、IBMのSiGeのRFチップを使うようだ。自動車電話セルラフォンの強力なグループQualcommは― IBMのMicroelectronics Divisionと日本の松下電子部品とのメジャーな取引を発表した。ニューオリンズのWireless '99ショーで、IBMのシリコンゲルマニウム(SiGe)技術をライセンスした最新の会社である発表した。また、松下とのRF(RadioFrequency)ベース・モジュールの共同開発も発表した。IBMはすでに、Harris,National半導体、Nortel、RF Micro Devices、その他にそのSiGe技術を認可している。IBMのSiGe技術に基づくQualcommの最初の製品は、RFチップ2つ。−RFT3100と3100で、送受信チップだ。松下とはCDMA送受話器のためのマルチチップモジュールを共同開発している。MSM3100というプロセッサーは、ARM社のARM7 RISCチップをコアとしており、13ビットの音声のコーデック、USBインタフェースも内蔵する。バッテリ寿命の点からも最高300時間の待機時間となるとか。

ogradyによれば、 101 in Sheep's Clothing とか。
ニュースソースによれば、新しいPowerBookがフィールドテスト中だという。これのモデムポート蓋が偶然開いたので見てみると、代わりにUSBがあったようだ。

ogradyによれば、Battery Technology Inc.は新しい2300用バッテリーを出すようだ。NiMH, 12v, 1800mAh 、PowerBook Duo 2300 series用 (BTI part number MC-DUO2300)、US$119。

ogradyによれば、PowerBook DVD Kits in Stock とか。US$599、限定版。

cnet News.computingによれば、 Microsoft ends Office 2000 giveaway とか。
MSがやっていた、「アンケートに答えたらOffice 2000を差し上げます」キャンペーン」??を、取りやめたようだ。そのアンケートを完了するのにおよそ3〜4の時間がかかったので、中止したようだ。マイクロソフトはアンケートの参加者に、799ドル相当のマイクロソフトOffice 2000Premiumの無料のコピーを渡していた。

xlr8yourmacによれば、500MHz PF G3 ZIF: とか。
PowerForce G3/400 ZIF が 500MHzで作動したという。1.95Vの電源電圧を2.52V迄あげたようだ。

xlr8yourmacで、More on Firewire/DVとか、B&W G3 DV Feedbackとか、DVに関するトラブルなどが詳しい。

webintoshによれば、CD-RW For The iMac Introduced とか。
QPSから、USBのCDRWが出るようだ。US$299。2MB buffer RAM付き。4x W, 2X RW, 8X 再生

macsonlyによると、 New iPort Driver 1.3 がでたようだ。

以下本日の興味深かったお薦め記事:

99/2/10 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1479名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、 Apple exploring photonic and quantum computing とか。
アップルソースによると、少なくとも一人の従業員が新しいコンピューター方式を早く導入できないか、可能性を調査しているようだ。現在のエレクトロニクスのコンピューターは、翌10年には限界が来てしまう。顕微鏡で見える程度の光ガイドにて光パルスデータを転送する,光コンピューターはいくらかのいいことを提供するが、エレクトロニクスより劇的によくないかもしれない。しかし、熱はかなり出なくなる。とか。

macosrumorsによると、 Macworld to move back to New York?とか。
いくつかのソースによるとアップルは、この夏、ニューヨーク市にMacworld Expoを戻すためにIDGエキスポズを圧力をかけている。とか。

MacNNによれば、 IDG Expoアナウンス で、今年はニューヨークでMacworld Expoが開催されるとか。

macweekCOMが更新されていた。
Milia '99 goes for gamers  Tech Corner: Tools of the trade 

 

以下本日の興味深かったお薦め記事:

日刊工業新聞2/9 P1によれば、プレステ上方修正Sonyの今学期販売見込み、とか。1200万→1300万台にした。国内370,北米930,欧州900万台らしい。すごいですねー!

日刊工業新聞2/9 P2に、「100倍速コンピューター技術 通産、官民で研究会」という記事があった。通産省は2010年の超高速コンピューティングを実現するため、官民によるスーパーコンパイラ研究会を発足させる。この自動並列化コンパイラーがあれば、今の10〜100倍もの処理速度が期待できるとか。消費電力も1/10〜1/100にもできるという。早大、日立、電総研、富士通、東工大などのメンバーからなる。

99/2/9 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1473名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macintouchによれば、 Blue G3 ReviewUpdate がでており、青白(B&W)G3にてATTOの PSC/PSCd/DC/DCdとかUL2S/UL2D の各カードを使うときは、rev 1.3.3のファームウェアでないとこのカードからBootできないとかの情報がlocal Apple engineerからもらえたようだ。
また、Adaptecの2940U2W と2940UWの場合も出ている。 U2Wで、(high voltage) differential ドライブを使おうと思っても、カードはLVDドライブで, 通常の差動でない(single ended) Ultra Wide インターフェースのドライブでないとサポートしないので、作動しないという。この件に関してAdaptecと協議中だが、ドライブブートをするためには、ドライブにはSCSI-ID 0が不可欠のようである。0以外のデバイスからBootしたいときは、カード上でBootデバイスがどんなアドレスにあるか、そのカードに知らせるために、ジャンパーを使わなければならないという。
[ なにがFireWireにつながるのか]
多くのデジタルのビデオカメラとエプソンStylus 5000。スキャナとハード・ディスクはもうすぐ出てくる。USBとFirewireのデバイスからBoot出きるようになるだろうが、いつとはいえない。
また、別のお便りでは、B&WG3-400MHzと一緒に出荷されたAdaptec 2940U2Bでは外部ドライブからちゃんとBootできた。Adaptec 2930Uは正常に働き、Adaptecからも外部ドライブからBootできるという返事をもらった。ATTO ExpressPCIカードは、ファームウェアアップグレードでよくなると推測される。

macintouchによれば、MacCPU はZIF upgrade cards の価格を下げたようだ。333 MHzカード:699ドル、400 MHzのカードは$1099 。

ogradyに、PowerPage Message Boards が出来たようだ。

Mac the Fork が更新されていた。1999/02/07 Hialmar     昨日書くの忘れた。
Mighty Catほどの大きさのカラフルなスケルトンボディのノートパソコン?   いいですね!

以下本日のおもしろかったお薦め記事:いとをかし

 

99/2/8 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1468名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

 ogradyに、Pack Your Bags (But Don't Forget Your PowerBook)という記事があった。
PowerBook G3 Silver Caseというシルバーのバッグがあり、リンゴマークがプレスされている。


US$271.75,

 MacNNに、 "mysound" virus の話がまた載っていた。macintouchにも。

 techwebによれば、EtherShare 64-Bit Update で、Helios Software GmbHがMacクライアント向けのfile, font, mail, terminal emulation server 、AppleTalk routing softwareソフトをアップデートしたようだ。EtherShare 2.5の新しいリリースは、Sunの新しいSolaris server OSでの64bit動作環境もサポートする。IBM's AIX 4.3.の64bit動作下でも動作することを保証した。

 techwebによれば、 Solaris Gets Simpler とか。SUNは新OSを出し、より簡単なインストールと、Windows/NTに対する親和性を改善したが、まだ問題が残っているという。Solaris 7は、64bitカーネル、GUI install program、 management console.を含むたくさんの改良をした。現在64bitカーネルを出しているのは、SUNのSolarisだけである。Intel向けはMercedチップが出てくる来年になるだろう。64ビットのジャワコンパイラは、まだ出てこず、Solaris 8になるようだ。
もっと細かくインストール手順なども出てますが、多いのでこの辺で・・・・

オープンソース、企業での採用本格化で見えた未解決の法的問題

日本サン、制御機器向けマザーボードを最大400MHzに  

オムロン、USB対応のデジタル携帯電話専用モデムを発売

NTT DoCoMoがPHSのハンドオーバー機能改善、時速40kmでも通話可能

99/2/6 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1461名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、When Server ships があった。
Mac OS X Serverの価格が高すぎるとか、バンドルされているサーバーとか開発キットをはずしたWorkstationリリースを出して欲しいと言う者がいるようだが、Appleにはそうしない明確なわけがある。それはpress:報道である。最初の次世代オペレーティング・システム(この場合、Server)を出荷したとき、報道陣はアップルの回復から最も大きい熱狂的な贈り物であるかもしれないことを探し始める。あらゆる詳細は、極精細に調べられ、欠点は、そっとしといてもらえず、外観は批評され尽くす。Appleはあまりにこれらを良く知っているので、高いバリアを作りサーバーを指向するリリースをつくることによって、それが、Macユーザに彼らがそれが最も影響力があることができる新しい技術を採択するために必要とするツールを与えることと、これがRhapsodyの供給の運命を左右するステージではない、ということをプレスに明確に示すために行われる。これは、純粋にearly-adopter(技術力の高いユーザーで最新版を欲しがる人達)とサーバーを指向するリリースである。これは万人向けの設計ではなく、一般的な使用目的での評価はされるべきではない。それは、殆どのもののように、妥協である。開発者は仕事を出来るリリースされたOSを入手し、パワーユーザーはこれと遊べる先進的toolセットを入手し、最終的にMacユーザーはパワフルなサーバークオリティのプラットフォームが得られ、魅力的なアプリケーションを構築できる。これにより、リーズナブルな評価がされるため、彼らの要求とAppleの必要性のバランス点である。それはそう悪い意見でなく、賢い選択だ。”完璧なものではないが、賢いものだ”

macosrumorsによると、Mac OS X Server is GM! とか。
複数のソースによるとAppleは、Mac OS 10 Server:コードネーム「Hera」のテスターフィードバックをもはや受けていないという。Mac OS 10 Serverは今朝GoldenMasterとなり、アップルのCD生産設備へ送られたと、Appleは確認した。サーバーは今月中旬には出荷されるようで、G3 Serverへのバンドルは、今後2週間までにApple Storeにでてくると言う。おめでとさーん!
あとは、Mac OS 10 自身のベータ版と正式リリースを楽しみにしている。

appleinsiderに、Consumer Portable and 101 Release Dates の中に
101 PowerBooksについての記事があった。
アップルがWallstreet PowerBook G3 Series laptopsのもう一つのユニットを生産する意志がないことは、とても明白である。BTOではそれらの機種はすでにはずされている。在庫セールのディスカウントが2/12から行われている。 先週の”101 PowerBook report”に書いたようにappleinsiderは、WallStreet lineのrev3が出るとは予想して無く、次機種は101だと思っている。他のサイトで見かける3rd revisionの報告は、ガセネタに見える。(Appleが流す偽情報か?)信頼できるアップルソースによると、”101”は予想されるよりちゃんと進んでいる。何台かで品質保証テストを実施中である。他のAppleソースによると、もしWallStreet-rev3が存在するのなら、開発とマーケティング・プロセスが重なってしまう。こういう事態は今日のAppleには正統的ではない。最新の101の情報では、3月から5月頃と言われている。Appleがいかに早く在庫を一掃して、新しい製品の宣伝をやれるかによって決まるが、個人的には、Seyboldボストンが、これを出してくるちょうど良いタイミングだと思う。その上に、アップルからの最も最近の話では、スティーブがEXPOのキーノートを発表しないということである。

appleinsiderに、Consumer Portableの記事もあった。
多くの人々は、Macworld東京から非常に失望して立ち去るだろう。これは我々の予言である。多数のソースは、東京でConsumerポータブルが出るという全てのうわさを退けた。週はじめのAppleInsiderへのレポートによれば、AppleはConsumer Portableを5月のWorld Wide Developers Conferenceとメディアに正式発表するようだ。これはMacworld Bostonまで出荷されず、その時には全世界的に出荷できるよう準備が出来るという。これで、Appleは生産の立ち上げに必要な時間の確保ができ、教育市場の発注時期に間に合わせられる。Consumer Portableは一般的な我々に対する製品だけではなく、主に教育市場に向けての製品であると言うことを忘れてはいけない。

MacNNによれば、Qualcommは、QualcommはEudora Plannerプロジェクトの開発をやめるが、たぶんEudora Internet Mail Server(EIMS)の開発を続けるようだ。

MacNNによれば、 Word 97 macro virus が出てきたようだ。しかし、C:というハードディスクが存在しないMacでは影響ないのでは?と言う意見もある。

MacNNによれば、 Norton Disk Doctor 4.03 がでたようだ。Mac OS 8.5.1でBoot可能なCDが付いてくる。(USBドライバーも)修理能力も改良されているようだ。

macintouchによれば、 blue G3 Power MacとiMacで"ROM-in-RAM"の実験をやったようだ。
ハードに関する情報はもう、ROMファイルに入っているので、これを古いMac OS 8.1Folderにコピーし、Norton Utilities CD-ROMからSystem Enabler 462をコピーしてMac OS 8.1. でBoot出来たそうだ。

appleinsiderによれば、 Mac OS 8.6a4 Seeded だとか。

ジャストシステム,「ATOK12 for Macintosh」発売開始 9,800円。2/5より開始。iMacにも対応

プラネックス,100BASE-TX/10BASE-T自動認識ハブ発売

グリーンハウス,iMacに合わせた5色のスケルトンハブを発売

販売の均質化はユーザーのため アップル事業推進本部長に聞く

アップル、初代iMacの製造を当面は継続 ボンダイ・ブルーのiMacの製造・販売を継続するようだ。

プレステ模擬ソフトの緊急販売差し止め、請求は却下   日本語版が出てくるのはいつか?

フォーカルポイント、USBハード・ディスクを2月12日に出荷
「LaCie EKOドライブ」4.0GBが6万 5000〜7万円、6.4GBが7万5000〜8万円、10.1GBが8万5000〜9万円前後とか。1MB/秒。630g

米Seagate,HDDの面記録密度を16.3Gビット/(インチ)2   3.5インチ一枚で20GBだそうだ2001年出てくる。

暗転! 絶好調だったAMDのK6-2に製造上のトラブル発生 問題が解決するのは991Q後半

「1999年後半にUniversal Plug and Playの開発キットを出荷」、米Microsoft社の担当者語る

「米Intelがチップ・セットでPC133へ対応するらしい」と大手DRAMメーカー

PhilipsとIBMがJavaCardの開発で提携、IBMがOSとJavaCard VM提供

米MIT,鉛フリーの圧電素子を試作

ih128:ハラペーニョ?? に書いたハラペ−ニョについて、HaloさんからEMailがきました。ありがとうございます。なるほど、ぴりーっと辛口ってーわけですね。

 

99/2/5 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1465名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsによると、Back in....Beige?! の記事で、Yosemite Project: Back to beigeics.を紹介している。ヨセミテを、PCのケースに入れて場所を確保し、冷却を強化できるようにした。
El Capitanケースの欠点は何か?この下記リスト以後にも、もっといろいろ書いてます

macosrumorsによると、Applescript and WebObjects to be "good friends."と
Mac OS 10 Virtual Memory accelerated? [21:03 EST, 2/3]があった。

macosrumorsによると、Mac OS 10 Virtual Memory accelerated? [21:03 EST, 2/3]

macosrumorsに、 Introducing Sawtooth があり、情報が2/3にアップデートされていた。

Sawtooth - 次世代プロ用デスクトップ
2/3 最新版

 ogradyに、PowerPage Posts Plenty of P1 Prototypesがあった。
PB2400c Friendly club(PB2400c友の会)の Toru Tanaka 氏の書いた、P1 prototype の絵がある。

MicrosoftとAppleのぎこちない関係
Microsoft副社長Maritz氏の独占禁止法違反裁判での証言から、MSがAppleに投資した背景のおもしろい事実がわかったようだ。

  米Eastman Kodakと三洋電機、有機ELディスプレイ分野で協業契約を締結

  米MIT、皮下などに埋め込み投薬を行なう医療用のLSIを試作

松下電器、GaN系紫色半導体レーザの室温連続発振に成功

Windows CEの責任者に聞く---「組み込み用途に本腰,リアルタイム性改善に努力」

富士写,230万画素のディジ・カメ発売,シェア30%目指す
 3/4発売32Mバイトのスマートメディアも

米商務省がRSAのディジタル署名技術を認可

Sunがグラフィックス機能を強化したサーバを発表

Intelがオモチャ市場に進出,「将来パソコンを買ってくれれば」

NT Consumerは「今後も登場しない」と思う理由
NTは今,単純に制御不能状態にある:1月19日の記事参照

FireWireの花火   うまくいって欲しい!  しかし、下のFibreAllianceはFirewire-Strageの対抗技術ではないのか?  サーバーマシンあたりのみかもしれないが・・・  まそうだろね。

ストレージ機器各社がFibreAlliance結成
EMC主導のFibreAllianceには,HPのストレージ事業部,Ancor Communications,
Gadzoox Networks,Vixel,Emulex,G2Networks,JNI,Legato Systems,McDATA,
Qlogic,Veritas Software

IBM,“話す”ブラウザの出荷を発

ファーストイーサネット・スイッチング・ハブ「FX-08E」を25,800円で発売

富士通,Linux上で動作するC/Fortranコンパイラを開発,販売へ

99/2/4 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1464名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、OS 10 kernel notes が出ていた。WWDCでいろいろ発表されるかもしれないこの新しいカーネルは、Linuxユーザも嫉妬する速度と特徴をもって登場することが期待できるとか。

macosrumorsによると、G4 "Max" development coming together とか。
IBMは明白にAltivec-G4プロセッサのバージョンを出荷することに同意した。しかし、ローコストとサーバー向けののAltivec無しのバージョンは出荷しないかもしれない。AppleからIBMへの報告の中でAltivecが劇的にMac OSの多数の構成要素を加速したことがあり、これによりIBMも重い腰を動かしたようだ。メモリースループット、システムグラフィック、Boot時間、ゲームのOSレベルパーフォーマンス、そして数々の機能が、400-500MHz Motorola G4のApple社内のプロトタイプ上で明白に著しく速く作動した。実際アップルは、ATIのRAGE 128と多量のテクスチャーメモリと組み合わせられるとき、OpenGLのインプリメンテーションの中のAltivecサポートマシンは、さらにハイエンドのプロの他社GLシステムに匹敵することを望んでいる。Altivecからの計画された6-8x速度改善は、単独でそれに現実にするだろう。

macosrumorsによると、Firewire licensing debate "self serving" for vendors とか。
1ドル/1ポートの料金は高すぎるとの話題。

MacNNによれば、 Team ASA は第2世代Gigabit Ethernet PCI アダプターStallion-GE-IIを$1500で出すようだ。現在はFiberのみで、銅線用は1999Q2になる。 PDQ software Version 1.5もだす。$250/user。これはイーサネット、Fastイーサネット、FDDI、1Gigabitイーサネットで機能する。

macintouchによれば、 ProMax は、new blue G3s とPower Mac8600/9500/9600向けのTurboMAX/ATA-33 EIDE cardを出すようだ。$99

ogradyのDear Steve: Consumers Want Their P1 でMacWEEK Japanのアンケート結果について書いていた。

AppleScriptの今と未来 インタビュー記事

アルプスからソフトRIP

Expander新版が5日に

MacInTouch:新世代G3マシン

USBポートから既存のイーサネットへ接続できる LANアダプター 「corega Ether USB-T」新発売

RIVA TNTのライバルと目される,ATIテクノロジーズ製RAGE128 これの詳しい記述があった。

各社が取り組む「10Gイーサネット」の見通しは?

惑星間インターネットと火星探査が売りのNASA予算案 NASA予算案に「太陽系インターネット」
火星や月などと地球を広帯域接続し,動画やデータを地球側で連続的に受け取るシステムの構築を提案

「NT Consumerは2〜3年後。それまでWin9xカーネル存続」と認めたMS

シャープ、ワイヤレス・キーボード付き「液晶デスクトップ メビウス」など2モデル発売

市川ソフト、画質を落とさずに画像を拡大する補間技術を開発 「Real Zoom Filter」
画像拡大時のギザギザ(ジャギー)をスムーズにする補間技術。10倍以上に拡大しても画質があまり劣化しないので、35万画素のデジタルカメラのデータをA4に印刷しても綺麗。

3Com、「Palm OS」の日本語版を発表--99年3月にも発売へ

SunがSunPCiを出荷,UltraでWindowsアプリケーションを走らせる

EolasがMicrosoftをブラウザの基本技術の特許侵害で提訴

ソニーがカード型指紋照合ユニットを参考出展

ケンウッド,最大52倍速のCD-ROM装置を発売,7本のビームで並列再生

松下電器,GaN系紫色半導体レーザの室温連続発振に成功

日本工業新聞2/3 P5によると、ソニー DVD編集時間を半減 新システム開発 とか。
DVDソフトの編集で、GUIによる操作を使い簡単に作成できるようになる。これまで社内むけだけだったが、外販を始める。DVDオーサリングシステム「DVA1100」を3月から商品化する。

日本工業新聞2/3 P9に、「手首に装う携帯ナビ」・・・GPS内臓腕時計3V駆動、感度よし」とかの記事があった。6月に販売開始する予定だという。5〜6万円。CR2Liバッテリー一個で600回、1回/1分の自動で10磁化作動可能。最大8衛星をキャッチできる。こんなに小型に開発できた理由は、積層プリント板の中にシールド板もはさみ(MSL構造)、アナログ回路とディジタル回路をシールド出来たこと、受信アンテナ一体化で小型化と感度を両立できたこと。3Vで作動する専用のLSIを開発できたことである。作動開始後4秒で位置表示でき、目的地迄の距離、予測時間なども出せる。

99/2/3 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1460名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

macosrumorsに、Wallstreet r3 Update があった。
先日のMOSRでのWallstreet-Revision 3 の概要について、Appleが示唆したことには、結構当たっていたとか。こんな感じ・・・

面白い点は、以下のとおり。
-全てのマシンがATI PowerBook Turbo acceleratorをオンボードで内蔵し、8MB のSGRAM付き。拡張は出来ない。
-8段階の解像度設定可。
-赤外線ポートは、削除された。
-ローエンド機種のみ512KのL2キャッシュで、他は1MB。
-DRAMは512MBまで可能だが2スロットしかない。RAMの種類は覚えていない。
-AppleStoreは、FireWireとUSBのためにPCカードオプションがある。たぶn「キット」だろう。
-Mac OS 8.5.1, FAX STF 5.0,他のソフトがバンドルされる。
-433 MHzのバージョンが本当に出荷される。
-2月17日からオーダーできる。が、月末頃まで待たされるかもしれないとか。
-15インチLCDがWallstreet v3で使われるかどうかは確信できないが、すくなくとも、今年の遅くに出てくるだろうLombardには載ってくるだろう。
-WallstreetにIrDAが付いてくるかどうかは、ニュースソースで意見が分かれた。
-冷静に考えると、接続を維持することは難しく、また、実質的にはIrDAを持っている機種は殆どEthernetも持っており、ノートブックを買うユーザーはIrDAが付いているから買うのではない。
IrDAのハードウェアのコストのため、アップルはこれを止めようとしているように見える。
そして、短距離の高周波無線通信の方が、より長い到達距離が得られ、IrDAのように直線距離上に設置する必要がなく、より高い通信速度が使える。

macosrumorsに、Yosemite modem update があった。
-少なくない読者が、ヨセミテのmodemの有効性についてのレポートを提出してきた。
Lucent製の v.90 MODEM-USBユニットは、Appleのドライバーソフトの完成=3月まで待たされている。
-明白にある会社では、USB接続のデュアル(2)とクアッド(4)、(8)のMODEMプールを開発中のようだ。これにより、LAN上にて各HostのMacから共有して使用できる。同様のEthernetのMODEMプール装置は既に市場に出ている。
ブロードバンドインターネットというターゲットに、ヨセミテを最適化使用としてきたことなのだから、Fast Ethernetや、広帯域の拡張可能性を持つヨセミテを買わない理由は、もはや何もない。

MacNNによれば、Appleは在庫処分のためか、PowerBookの価格を$200〜 $800落としてくることを期待されている。当然2/18Macworld Expo TokyoにJobsから、新型bookの発表があるからでしょうね。

富士通、業界最高のシステム性能を達成した汎用コン

富士写、8倍速書き込み・40倍速読み出し対応のCD−R

ジャストシステム、インターネット活用を簡単にするデジカメ向けソフト

コレガ、USBポートからイーサネットへ接続できるLANアダプター

 

Win98後継OS,NTカーネル採用は見送り?

LinuxがデスクトップOSになるためには……

ウルフラムリサーチ,「Mathematica」を日本語化

Sunが組み込み向けAPI「PersonalJava」の新バージョン3.0を発表

CompaqがDigital Unixの新版を発表,「Tru64 UNIX」と改称

米Motorolaと米Numerical Technologies、0.1μmルールのチップを試作
位相シフトや光近接効果補正(OPC)を使い、0.18μmプロセスで、0.1μmプロセス相当のゲートの加工寸法が得られたようだ。従来、位相シフトなどの手法は、DRAMなどのような繰り返しのパターンでうまく適用できるものとされていたが、CPUなどのような、ランダムなロジックがあるものに適用されたのは初めてだろう。今後は、これを「PowerPC」などに適用し、実際に量産に持っていくようだ。

米S3、「AGP 4X」をサポートした最初のグラフィックLSIを発売
S3はAGPの採用で後れをとったため、先行したATIに市場を席巻されてしまった。「AGP 4X」で先頭グループに入り、奪還を目指すという。テクスチャ圧縮アルゴリズム「S3TC」を採用し、「3DNow!」と「Katmai」もサポートする。「3D WinBench99」で730以上の性能。

坂本龍一氏ら,ディジタル著作物の権利保護に向け,業界団体「MAA」を設立

米Intelが売れ筋機種へのRambus早期導入を断念、PC133対応新チップセット815を開発中
1000〜1500ドルの売れ筋価格帯パソコンへ用チップセット815にはSDRAMが使われる。100MHzと133MHzに対応。IntelはPC100のSDRAMの次期はSDRAMではなくDirect RDRAMだけと言っていたが、99年1月末のロードマップでは変更になったようだ。Direct RDRAMの800MHzの速度で動くチップの歩留まりが非常に悪いようだ。

米Micron Technology、D-RDRAMに独自のパッケージを採用  BOC(board on chip)

米インテル、Pentium IIIを2月26日出荷へ もう売ってますけど・・・

IBMが次世代スーパーコン開発--価格は据え置き、速度を倍増  2BOPS
POWER3は64ビットのマイクロプロセサで、8演算/1クロックの並列処理が可能。750個パラレルにする。

BSディジタルのデータ放送仕様はXMLが中心に、ただし「玉虫色」の決着   XMLなんて、みなさん知ってました?

日刊工業新聞2/2 P1に、東京ガス 初の酸化物熱電素子試作 耐熱性に優れ高効率 と言う記事があった。従来、熱電素子といえば、ビスマス・テルル系のペルチエ素子で、ご存じ電子冷却の出来る素子だが200℃位迄しか使えない。これは発電にも当然使えることが出来、ロシアでは、昔ランプの傘に付ける発電器でラジオを使っていたと言う話がどこかで見たことがある。温度が上がりすぎると酸化していき特性が悪化してしまう問題があった。今回、世界で初めて開発された酸化物熱電素子は、P型にナトリウム・コバルト酸化物に銀を添加、N型はネオジウム・銅酸化物にジルコニウムを添加した。これを組み合わせたペルチエ素子の試作器は、温度差200℃で280mVの熱起電力があった。また800℃迄の広い範囲で機能することを確認した。発電効率は1.5%であるが、今後向上に努める。10%にもなれば、廃熱利用の発電が工業的に実施できることになり、楽しみである。

日刊工業新聞2/2 P7に、 マイクロソフト・ワード2000 β版に早くもウィルス と言う記事があった。トレンドマイクロが発見した。「W2KMPSD」と言う名称で、市販のワード97/98にも感染するマクロ型。感染したファイルを開いた日付と、時刻表示の「分」の数字が一致したとき、文書と無関係の図形が画面を埋めてしまう。また、ワード2000のセキュリティレベルを最低に設定してしまうという。トレンドマイクロは、パターンファイルを既に配布開始している。

 

99/2/2 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1456名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

appleinsiderに、 An Inside Look at the AltiVec Enhanced PowerPC G4 と言う記事があった。
モトローラによれば、次期PowerPC G4:コードネームMAXが、ベータ・シリコンになったとか。Maxは32ビットアーキテクチャーで高い周波数のsuperscalar PowerPC コアで、もちろん128bit幅のベクトル型アーキテクチャーのAltiVec技術を内蔵する。更にMaxは2MB迄のLate Write SRAM やBurstRAM.のバックサイドL2キャッシュをサポートする。また、フル対称型マルチプロセッサーをサポートする。また、バス構造は、これまでの60xバスを拡張したMAXバスを採用しており、約2倍の帯域幅が得られるとのこと。チップセットはnap, doze and sleep modes for power savingsの低消費電力の各モードを持つ。AltiVec技術は、128ビットの広いレジスターを使い、4、8、16個の平行動作を行える短いベクトルアーキテクチャーである。また、AltiVecによりSIMD(Single Instruction Multiple Data)の操作も可能である。AltiVecのために新しく162命令が追加された。イメージや音声処理、データ通信技術、3D Graphicsなどにその実力を発揮できる。RouterとVirtual Private Network特定のアルゴリズムに於いて4 〜20倍のパフォーマンス向上が期待できる。speech processingにおいては3倍、マルチメディアでは、クリティカルなイメージとビデオ処理アルゴリズムで10倍もアップする。G4の浮動小数点演算能力は4倍に改良されている。Max のinteger unitは、128億算術演算/sec + 64億バイトのcrossbar ops/秒の処理能力がある。浮動小数点では、3.2 Gflops +16億FP crossbar ops/秒。
MMX付きの400-500MHz Pentium II とIII 、に対するAltiVec付きの300-400MHz G4 のパーフォーマンス比較は、この絵でわかるように圧倒的だ。殆ど2倍以上あるだろう。
Appleは、 350-450MHzのMAX-G4-PPCを使ったPower Macintosh G4システムを秋に出してくると予想されている。

appleinsiderによれば、 Apple's Consumer Portable Spotted in Flavors とか。
アップルのConsumerポータブル(コード名=P1)は、これから120日の内に出てくるだろうとのこと。ニュースソースは、クパチーノのデザイン研究室で、最終デザインに近いと思われるコンシューマーポータブルを見たらしい。multiple vibrant colored plasticsであったらしい。
噂によると、4〜5ポンドの重量で非常に「コンパクト」であるらしい。また、Lombard PowerBookのケースデザインとにているらしい。

macintouchによれば、Apple TIL にFireWire export problem があるようだ。ソニーの最新のDV製品は、データ送出のタイミング条件を変えたようで、Apple FireWire DV version 1.0.1 かこれ以前の版では問題が起きるようだ。Sonyの TRV-900, PC-1, PC-10, PD-100, DV-analog converter box, DVMC-DA1.などが該当する。Appleは次のバージョンで対応するとのこと。

先週木曜日ogradyに出ていた、P1のmockupイメージらしき絵 だが、アイスランドのグラフィックデザイナーによるもので、Photoshopによる合成だそうだ。

countmac 早く来い来い東京エキスポ

Mac the Knife: Forward pass FileMaker Pro5.0

コスミック、64kbpsのPHS向けソフトIPを4月発売

日本工業新聞2/1 P12にあったが、フォーカルポイントがiSCSIを発売しているようだ。38000円、ケーブルが4800円

日本工業新聞2/1 P6に、オリンパス、1.3GBMOドライブ、6月に投入とか。下位互換を売り物に参入する。

富士通が世界最大の記憶容量30GB HDDを発売:90/2/2 1990年なんて昔には、大型機用HDはこんな世界だったんですね。レンタル230万円/月。RAIDのおかげでどどんと下がったけど・・・

新世代WinCEの登場で「PalmPilot時代の終焉」が始まる? Appleの2の舞か??

“Win2000年問題”は厄介だ

アキアとカシオ計算機が合弁で新会社「アキア」を設立,ただしブランドは継続

待望のUSBキャプチャツール(CCDカメラ/ビデオキャプチャツール) [USB-CCD/USB-CAP] 発売

ライト6倍速CD-RドライブのSCSI I/Fセット品 [CDR-TX624/UPCI/CDR-TX624/CBSC] 発売

プライバシーを侵害しないチップ識別技術

BeOS R4.1のリリースは早ければ2月

IBM Rolls Out Power3 Chips For RS/6000 SP computer IBMのスーパーコンピュータラインのハイエンドの製品で、64-bit RISC-ベースのPower3 CPUを使い、毎秒20億計算が実行できる。(2000MIPS?) AIX(IBMのUNIX)を使用。これまでの製品の50%以上パーフォーマンスが上がった。コネティカットのあるデータウェアハウンスで使用しているRS/6000は、72台のプロセッサーを持ち、1.7 terabyteのデータを保有するとか。

日刊工業新聞2/1 P3に、英ウェールズ、バンゴア大学 バクテリアを数分で鑑定 微小バイオプロセッサー開発とあった。毛髪の1/100の微小電極を用い、電流やインパルス応答により、バクテリアを鑑定する。誘導伝達による電流が変化しこのパターンなどにより微生物を鑑定できるというもの。水中の大腸菌、脳膜炎菌、結核菌などを数分で鑑定可能とのこと。鑑定にかかっていたコスト・時間を大幅に削減できる。救命手法ともなり得るものしても期待される。

日刊工業新聞2/1 P3に、電子点火式ディーゼルレンジ 油の使用量を半減とかの記事があった。中国、雲南省、昆明の発明家が考案した燃焼器で、瞬間的にガス化する技術を開発した。最大1200℃にもなり、無煙、無臭、無塵で、燃料も1/2の消費量である。特許も取り、レンジ、ボイラー、自動蒸し器などに利用が広がっている。中国では、洪水防止、生態環境保全などで、炊事用の薪の伐採禁止のため需要が激増しているとか。

99/2/1 の言っちゃったnews ==目標毎日更新電子メールマガジン「kwat's iitai-houdan」==1453名== New        過去の言っちゃったNewsはこちら  

 MacNNに、 Process Manager 1.4.2  フリーのプロセススイッチコントロールストリップモジュールがでていた。

MacNNによれば、Windowsバージョンの AppleWork 5.03 updater がでていた。

日経Macに、 渦中のConnectixに聞く 99/2/1 が出ていた。気になる人必見。
「VGSは,マックとプレステ両方の市場を活性化する」に開発の裏話なども載っていた。
プレイステーションのCPUチップは、PowerPCにとても似ていて,よりシンプルにしたようなものだそうで、Virtual PCのハードウエア・エミュレーターの技術とノウハウが元になって簡単に作れたとか。開発期間は2年程度、開発チームは2〜3人でコーディング、全体で20名程度とか。
推奨環境は「標準仕様のG3搭載マック」=PowerPC 750(G3)とカナダATI Technologies社製のグラフィックス・アクセラレーター・チップ、これらでないと、PSと同等のパフォーマンスを実現できない。Apple純正品以外のCD-ROMドライブのみ対応。
SCEの海賊版流通可能性の問題視に対しては、VGSは1.0も1.1も,違法コピーのPSソフトを認識し対処しており、1.1で強化した。
今日本市場への投入を言えないのは,Windows版VGSの見通しがなかなか立たない点である。PCの場合はマックと違って無数のハードウエアを検討しなければならず時間がかかりそうだ。
MACWORLD Expo/TokyoでのVGSの発表は、まだ検討中 とのこと。

続々登場するパソコン用の3次元描画チップ   3D機能向上製品を各社開発、出荷中。
99年出てくるチップ群:

現在の代表的チップ群:

しかし、DRAM内臓のATIのチップが出てくれば、ノート用のグラフィックチップのシェアも変わってくるでしょうね。

東芝とNECが、AMD製CPUを採用した理由 NECと東芝:米AMDのx86互換チップ「3DNow!付きK6-2」を採用。これまでこの2社はIntel入ってるばっかりだった。画期的な出来事。

米Intel社が、Celeronの販売戦略をガラリと変える   昨年までの販売戦略はダメだったと認め、戦略転換するらしい。

ビクター、ヘッドバンドを無くしたアームレスヘッドホン  耳かけ方式

 

 


[Home] [Linkし放題] [Fleamarket]