変わった
Mac使い
渡邊鼎の!言いたい放談!
 

94:IDE VS  SCSI ???+突っ込み

読者の方から、質問が来たので、ちょっと考えてみました。

なにか、ご指摘がございましたら、EMailくださいませませ。

・・・・・・(naitouさん、名前、HP紹介が欲しければ、EMail下さい)
> そうですよね、HP更新して無反応なのほど辛いことないですよね(T_T)
> これからちょくちょく知恵をお借りするかも知れませんがお願いします。<(__)>
>
> 言ってる側から早速なんですが質問します。(^_^;)
> 最近のAppleG3マシンのUltra ATAのHDDなんですが、
> スペックの割りにものすごく速いんですが何故でしょう?
> 最大の転送速度はSCSIと変わらないんですが、
> 小さなデータを読み書きする際も転送レートが大きく落ち込まないんです。
> これってインタフェースとOSのせいなんでしょうか?
> それともドライブの性能が上がったからでしょうか?
> 解ることがあればお教え下さい。

一般的なことは解りますが、
ま、この辺も少し書いてみましょう。



私はIDEの内容を知らないので、確かなことが言えないんですが
まず、IDEはSCSIより、より原始的というか、簡単なプロトコル?らしいのです。
たぶん、track,sectorにちかい、論理アドレスを使ってるんだと思います。
SCSIは論理番号でデータをアクセスしますよね。
ところが、HD自身は、ご存じ、trackとsector、Headなどで内部的に制御されてます。すると、いろんな所で、データが書かれた場所の論理的アドレスから、最終的にHDの上のTrack,sector,Headの決定まで、何回も変換作業があるわけです。これが、SCSIとIDE,EIDEとの違いだと思います。

で、これを変換する場所が、2つ有ります。1つは、MacのOSとそのDeviceDriverもう一つが、HD自身の中の、制御CPUです。

最初のは、CPUがダントツに早くなれば、早くなりますね。ぺンや750のように。

2つめは、HD内の安い1チップCPUだったりする。

すると、変換時間が無視できなくなってくるわけですね。

これが原因だと思ってます。はい。違うかも知れないけど。・・・

もちろん、Ultra-ATAだの、Ultra-DMAだのマザーボード側も含めて最新版にどんどん変えて行ってるので、速くなるのは当たり前って言う気もしますが・・・・・、

データ転送自身は、どこもDMAなので、ここではあまり違いが出ない気がします。

はい、突っ込みたい人、つっこみ開始!

5/9
匿名gonさんから、突っ込みが入りました。 

「突っ込ませていただきます ^^。
 いくらなんでもSCSIのロジカルアドレスとドライブの物理アドレスへの変換
に時間が取られるというのはIDEが早い理由にはならないと思います。........以下次号」

書いた本人も、そんな気がしてはいたんですが、あまりハッキリとした証拠を持って無かったもんで、上記のような書き方にしました。ま、いちおう、1チップCPUのせいが、ほんのすこしはあるかも、位の意味です。

次号に出てくる、SCSIの多段フェーズが時間をくうと言う、話も、細かいことはしりませんが、それらしいことは、上記プロトコルの中に入っちゃうつもりで書いたんですが、細かくIDEも知らないし、ま、いっか!てなもんで、いいかげんに書いたんです。、ま、いちおう、「違うかも知れないけど。・・・」ってのを、書いときましたが。

知ってる人に、突っ込んでもらって、教えてもらおうと言う魂胆でした。はい。(その為の、突込み開始)
突っ込んでいただいて、本当にありがとうございます。

概略わかって、スッキリしました。

以下次号  今5/10 2:27AM


[Home] [Linkし放題] [Fleamarket]