変わった
マッカー
渡邊鼎の!言いたい放談!

68:ぢいさん(G3)の秘密な内容..その1

うーん、すごく期待されてるけど、今日は、かるく、まずひとつ。

秋葉館で、買うときに言われました。

CPUはIBMのものです。Motorolaはまだ生産してないから。

あそうですか。てなもんで、かって、家で開けてみましたところ。

MotorolaのCPUじゃーあーりませんか!!!

しかも、MPCでなくXPC!!!

まるも のモトローラのロゴ   (○のなかにMが書いてある。)

XPC750ARX300PD  とかいてある。

XPCとは、ProductCodeだが、昔からモトローラはCPUにMC68040などMCを付けていた。

しかし、試作時はXC68040などとXにしていた。このときはまだバグが結構残っている物で、評価用のチップである。モトローラは昔なかなかこれらバグ退治が出来なくて、また新しくバグを作ったり?新しく見つかったりして、なかなかXがMにならなかったものだ。

しかも、なかなかMにならないので、大口ユーザーなどはしびれを切らして、評価した結果このままで良いから量産してくれと言う話になり、XCのままで量産開始して使っていたものです。

そのX何じゃないかなと思うのです。なんか不気味。どこにバグがあってXをはずさず販売開始したかなんて。でも、ま普通にうごきゃ良いか。

750:Parts Identifier

A:Parts modifier BUGFIXしたりすると、BとかCとか上げていく。

RX:package・・・BGAのこと (Ball Grid Array)

300:周波数ですね

P:Bus Driver:(L=Any Valid PLL configuration。だが P=不明)
  Special BUS Frequencies or aplication conditions

D:Revision Level(Contact Motorola Salles Office)

てな感じです。

ちなみに、ハードウェア仕様書にはちゃんと、MPC750 と書いてあります。

つぎに、2’ndキャッシュですが、こちらはIBMでした。

 

 次号を待て。

 


[Home] [Linkし放題] [Fleamarket]