変わった
マッカー
渡邊鼎の!言いたい放談!
 

 60:SeagateのOpticallyAssisted WinchesterHDって?1


news.com Hard drive breakthrough claimed.

 ハードディスクのブレークスルー
ロイター
1998年2月16日午後6:45 CNET NEWS.COM

Seagate Technology社は、明日、レーザーと微細なレンズと小さい鏡を使う方法で、ハードディスク・ドライブに10〜20倍多くのデータを格納できると技術を、発表する予定である。
光学的にアシストされたウィンチェスター技術とよばれる、より重要な新しいメカニズムが、500億ドルデータストレージ産業に、次の10年で迫ってくる大きい工学的問題を、Seagateが回避することを許すだろうと、言った。
ディスク・ドライブは、永久に情報をコンピュータに保管する主な装置である。
そのマイクロプロセッサーとともに、彼らはコンピュータの価格と計算パワーを決定する。
近年、ドライブメーカーは、磁気的に、ディスクの記憶容量を60パーセント/年ずつ増やしてくることができた。
それはコンピュータのパフォーマンスが2年毎に2倍程度になる主な理由であった。
しかし、現在の進行速度でいくと、磁気技術の限界により、10年間でデータ記憶の理論的最大密度に到達すると、エンジニアは予想している。
それは、新しいサイトを持っていない石油工業のようである。
レーザーと小さい光学系の助けを借りて、Seagateはその壁を避けることができると、議長アランShugartが言った。

新しい技術を使った最初の製品は、今年遅く発表されるだろう。
「この技術は、我々に、記憶密度を増やすのを許すところである。それは、顧客へのコストを下げ、コンピュータ産業の成長を継続させるだろう」とShugartは言った。
Seagateの技術は、新しいわけではない。

数個の原子ぐらいの小さい空間にデータを記録するために、レーザー光線によってガイドされた、敏感な磁石を使う特別なドライブに隠れた原則に基づいている。
光磁気ディスクドライブは遅くて高価であるが、それは部分的に彼らが扱いにくいレンズと鏡に頼るからである。
Seagateのアプローチの鍵は、小さい光学系である。
Seagateは、チップメーカーが半導体の上で小さい回路をエッチングで描くために使う同じテクニックを使って、鏡とレンズをピンの頭より大きくしないでどう作るかということを、開発した 。
その光学系は、レコーディングヘッドに積載され、小さい帯状レーザー光を、記録ディスク上に照射する。
その帯状の物は、磁気の信号が記録される境界として作用する。
「光磁気ディスク・ドライブは30年間研究されてきたが、磁気ディスクドライブに対して、コストとパフォーマンスで競争にならなかった」と、Shugartが言った。
"We took a harder look at this in recent years because of the theoretical limit."
「我々は、これで近年理論的な限度のため、より難しい表情をとった」。

 


 SeagateのPressoomの発表概要、の慨訳 は明日ね。


 


[Home] [Linkし放題] [Fleamarket]