変わった
マッカー
渡邊鼎の!言いたい放談!
 

 59:PPC750の放熱設計のお勉強ごっこその5

これまでの、考察で、だいたい雰囲気が解ってきたと思う。

今後はいろいろ考えながら実験していきたいが、いかんせん、私はまだ750を買ってない。275を買おうか300が出るのを待とうか、安いのが出てたら、それを実験用に買おうか・・とか、迷いに迷ってます。

昨日秋葉原に行ったら、Mac-academyが新装出店開始しており、米版PM9600-233-0-0-CDだったかが、26万程度、5個限りとか、うーーーん。悩んじゃった。けど、やめた。(CPU604Eはいらんもん)
(ポケットに現金45万円忍ばせてあり、衝動買いしそうで、危険危険!!!)
(会社の同僚が、とうとうDT266を買ってしまい、G3一番乗りされてしまった。くやしい)

実験してみたいことは、750-275?250?MHzのチップに対して、企画そのままの周波数とClockUPしたときの温度変化を調査すること、正常動作する上限周波数と、温度の関係を調べることです。

1・ HS(HeatSink)のみで何W 何℃になるか。空気の温度から何度下がるか。FANを付けてどうなるか。
   夏と冬の温度がどうなるか。(シャーシー内部の空気の温度?)

(CPUの温度は、コンパネで読めるようですが、私はまだ買ってないので、未確認)

2・ペルチエ、HS、FANを適当に付けて、どうなるか。

3・ペルチエのHot側を水道で冷やしてみたい。どうなるか?

4・ペルチエのHot側を、冷蔵庫経由のアルコール循環冷却で冷やしてみたい。どうなるか?

5・複数のペルチエのHot側を水道で冷やしてみたい。どうなるか?

6・今のPM9500-150のClockUPして172MHzで作動してますが、183MHzだったかでは不安定でした。これを冷却してどこまで上がるかやってみたい。

など夢はつきませんが、全部の実験は出来ないと思います。実施したら、順次報告します。

 

どなたか、実験されたら、レポートしていただければ、嬉しく思います。そのとき、簡単な相談は出来ると思いますが、勿論保証は出来ません。

以下次号をまて。

さ、これから、8.1JのUpDateしてみようっと。


[Home] [Linkし放題] [Fleamarket]