変わった
マッカー
渡邊鼎の!言いたい放談!
 

 56:PPC750の放熱設計のお勉強ごっこその2

てなわけで、ペルチエ一段じゃ、Hot側を水道水だけで冷やすとしても、-40℃まで冷やすことは難しいと言うことが解ります。

今日は、ペルチエ2段の物を調べてみましょう。

手元に、(株)フジタカのカタログがありましたので・・・

FPK2-0060というので、40*40mm 6A,14,5V 80 ℃、最大吸熱量32Wというのがありました。
15W負荷があったとして、15V6A位で温度差45℃位です。これ以上は出来ません。
ちなみに、負荷が1Wくらいだと、温度差80℃まで行きます。

ようするに、負荷が重いときは、ペルチエ一段の時より、温度差がとれないと言うことですね。

以下次号をまて。

 


[Home] [Linkし放題] [Fleamarket]