Macの奴隷臍茶な話
渡邊鼎の!言いたい放談!
 

115:68KMacでG3???

某マック内藤さんから、質問が来て、考えた中で思いつきました。

も一つ思いついた。
68KMacでG3???68KMacで作動するPowerPCボード!!!???

ROM上の68Kイメージのtoolboxなどを、最初インストール時にのみ、逆コンパイルしてPPCで作動するtoolboxのバイナリーを作ってHDにとっておきます。それで、その後立ち上げ時に、それをDRAMに「ROM in RAM」って感じで書き込み実行すればいいわけです。

ROMはIO(入出力ポート)を直接たたいていますから、一般的な逆コンパイラーで出来るわけではありません。普通の逆コンパイラーは、Cなど高級?言語で書かれているアプリケーションをバイナリーの並びパターンからライブラリを予想し、構文解析してとか、いろいろやって、ソースコードを吐き出すんじゃないかと予想します。私の予想では、その機種に使われると予想されるすべてのメーカーの発生するバイナリーから、Cのライブラリーがどういうパターンのバイナリ列を出すかと言う例をいっぱい取ってあり、合うのを探すんじゃないかと愚考しております(素人は怖い)で、じつは、SUN上にて、Windowsアプリケーションを動かす逆コンパイラーというのが昔出たことがありました。これは、X86のWindows3.1アプリのバイナリを食わせれば、SUNのSparc-CPUのSUNOS上で動く(んだったと思うけど忘れた)バイナリーを吐きます。で、WinのアプリがSUN上で動くわけです。これは、発表直後、アプリメーカーとかから版権の問題提起があって、結局日の目を見なかったんですが、技術的には出来るんだなーとショックを受けたのを覚えています。

で、さらに、I/Oについてですが、じつは、同じようにBIOSてーのがPCATの世界にはあって、最初は当然IBMが作ったんですが、さすがのIBMさんは、マニュアルが最高に行き届いていて、(むかし、IBMの仕事をしたときいろいろ勉強になった。アメリカのビフテキが日本と違い大きすぎて腹がぱんぱんになるのも一週間すれば胃袋が太ってきてぺろりと平らげちゃうとか、帰ってきたら、ほほとおしりがぽっちゃりでかわいいよと言われぞっとしたとか)マニュアルも完備してて、BIOSのアセンブラソースが載ってたのを見ましたが・・・これを同じように動くようにzeroから開発して裁判沙汰(あったっけ?)のすえ??市民権を得て今は何社もありますね、PhenixとかのBIOSメーカー!。で、このBIOSを自分とこでも作りたいとか、使ってるマザーボードで自社製のPCIボードが作動しないとかで、BIOSを追っかけたい時ってありますよね、その辺に市場があると踏んだのか、BIOSの逆コンパイラーってのが売られています。これにかけると、コメントまでついて出てくると言う話です。もちろんBIOS内部でやることも、定義も、機能名もすべて殆ど決まってることですから、簡単ですね。

と言う話があったものですから、以前、68KMacでG3ボードは動かせるのかと言う話があったとき、この話をしたつもりなんですが、細かく説明しませんでしたから、知らなかった人からすれば一般論でしか話が出てきませんね。一般論では、I/Oの相手も、機能名なども全然わからないわけで、不可能と言うしかありません。

で、ここの話では、ROMメーカーはAppleのみ、I/Oは殆ど決まってる。過去の機種すべてのromを解析すれば、それぞれの最適PPCバイナリのToolboxは作れます。それぞれのPPCのバイナリーがあるのだから、68KMacのROMを解析して、順にPPC番に置き換える作業はかんたん(?)に出来そうです。8000もあって大変ですが・・・

実行時に、使われたtoolboxのFunctionごとに、キャッシュに入れて解析済みにしたものを速く作動するようにするとか、全体を、ROM解析後あらかじ作ってあるPPCバイナリをつなげていって、RAMにおいてこれを実行するとか。いろいろ考えられますね。すると、ユーザーが購入したその機種上でのみtoolboxのROMは実行が許可されているわけでしょうから、いちおう、その機体でのみ作動させれば、版権の問題は「実行環境」という面ではクリアするような気がします。

Appleの版権の問題ですが、・・・

Appleが、Toolboxの仕様をMacのアプリ開発者のために公開しています。8000余もあるシステムコールを見直し、Carbonと言う形でまとめ、MacOSXに統合しようとしているのはご存じでしょう。このCarbonがROMの内容として代表されるものです。この公開されている仕様は、アプリ開発のためにだけであって、BIOS=toolboxを開発するために公開しているわけではない、よって、これにより開発したtoolboxはAppleの版権を侵害するものだという言い方もされるような気がします。toolboxの仕様が書いてある「書籍」にこのような言い方が書かれているかどうかも私は知りませんが・・・・・

版権について、Appleがどういってるか、情報を求めます。宜しく。
Toolboxについて、仕様について、MacOSについて、MacOSのLook&feelについてなど。

ようするに、ROMなどのセカンドソースをどう防止しているか。

MacOS自身の、セカンドソースをどう防止しているか。

防止する手法として、たぶん版権、著作権??なにをどう使っているのか????

 

つーことで、よろしく!

渡邊鼎じゃった。


[Home] [Linkし放題] [Fleamarket]