Macの奴隷臍茶な話
渡邊鼎の!言いたい放談!
 

114:ROM in RAMって?〜68KMacでG3???

某マック内藤さんから、質問が来ましたので、考えてみました。

まず、ROM in RAMってーのは、今まで、ROMに載っけてたシステムboot(立ち上げ)手順とか、toolboxという、デバイスドライバや、ライブラリー群を、ROMを読んできて作動させるのではなく、HDなど別のところからDRAM上にダウンロードし書き込んでそこで実行させようと言うわけですね。

すると、メリットがいろいろあるわけで、まず、動作速度が圧倒的に違うだろうということですね。マスクROMや、EPROM、FlashROMはみんな遅いですね、しかも、なかなか、ページモードやら同期転送などやれませんので、遅くなります。DRAMはご存じのようにそう言うことが出来、CPUとかのキャッシュからラインごとのRW(アドレス連続の16バイトなど)要求に合い、高速転送できるようになってます。で、ROMなどは出来なかったのが、DRAMにROMをコピーして、DRAMで実行すると言うことが、最近ではやられています。

つぎに、ROMだと、バージョンアップが出来ません。PCATマシンでは、昔はBIOSがROMに焼かれてマザーボードに載っていたのですが、いまでは、ご存じFlashROMがマザーボードに載ってます。新しいBIOSをWEBから採ってきて、VersionUP出来るようになっています。これは、立ち上げ時にのみ、ちょっとROMで実行しその後はDRAMにコピーして実行しているようです。ROM in RAMみたいなもんですね。技術的な相違としては、ネットワークbootまでは考えられていませんね・・・単純なDRAMへのコピーと、WEBからのバージョンアップ対応ってとこですか。
Macはそれすら出来ていなかったわけですが、ROM in RAMで、可能性が出てきました。(やるかどうかはApple次第)(たぶんFlashROMじゃ無いだろうな)

次にBoot先というか、Bootイメージというか、ROM in RAMのファイルを採ってくる相手は、どういうのが考えられるかと言うことですが。

まず、当たり前ですが、自分のHDなど。これまで立ち上げディスクに使ってたメディアすべて。HD,MO,PD,CD,FD,ZIPなどなど。

次に新しく、NC対応ってーことでその準備から、ネットワークでのboot。これは、すでにSUNが、ディスクレスWSとかで、昔から実用になってますが、ディスクレサーバーにあらかじめ登録してあって、使われるOSをHDに置いてあって、ディスクレスクライアントが電源立ち上げ時に、Ethernetに対して、決まってる情報を発信します。「私、物理アドレスxxxxですけど、bootしたいなー」ってなかんじでbroadcastしますと、ディスクレサーバーが監視してて、「あ、わしんとこじゃ、じゃ、物理アドレスxxxxさん、通信開始しましょ、」で、うじゃうじゃ言ってて、OSをそっちにダウンロードして、クライアントが立ち上がるわけですね。

たぶん、これに似たようなことをして、クライアント側になるMacに、ROM in RAMのファイル=toolboxや、そのうちMacOSなどをダウンロードするのでしょう。細かいとこは知りませんが。

さらに、これを拡張して、あらゆる通信手段からのboot!   USBは、iMacの時に使いますので、たぶん対応するでしょう。FireWireも可能性があります。外部記憶装置が対応しますから。MODEMなども、プロトコルとか決まれば、可能性はあります。(意味はないかも)

ってことですが、たぶんAppleはやらないでしょう。NC買ってね、iMac買ってね!ということでしょう。
技術的にはたぶん可能です。立ち上げHDにMacOSの、たぶん、Systemとかのファイル名で、bootソフトを入れとけば、後は同じに動くような気がします。

ってことですが、わたしは、知らないので申し訳ありません。
Appleが発行している市販の本に書いてあります。高くて、量が多いけど。ま、立ち読みしてみれば雰囲気はわかるかも。
基本的に、各種メディアからのboot部分、SCSI、FD、Graphic,SIO、ADBなど各種デバイスドライバー部、各種ウィンドウ表示やマウスの取り扱いなどなど各種ライブライ群、ぐらいに分かれるでしょうか?。くらいかな、答えられることは。ちなみに、Winマシンではこの、上記各種ライブライ群がBIOS上で無く、WindowsのOS側にあるって事が違いますね。また、BIOS内にユーザーが設定しなくてはならない各種設定のソフトも入ってる事も違いますね。

は、上記のように、速く動くかも。また、OSバージョンアップのように、toolboxもバージョンアップできる。
68KMacに、G3カード挿して、PPCバージョンのtoolboxを持ってきて作動させられるようになる。かも。
このとき、ROMの版権の話が、もしかしてクリアできるかもしれない。???ほんとかな???

この辺は、次回、68KMacでG3???68KMacで作動するPowerPCボード!!!で。

 

も一つ思いついたテーマ。
68KMacでG3???68KMacで作動するPowerPCボード!!!

渡邊鼎じゃった。 次回は期待できるか?


[Home] [Linkし放題] [Fleamarket]