Macの奴隷の臍茶な話
渡邊鼎の!言いたい放談!
 

102:Cheetahの異音???顛末記

言っちゃったニュースに、少し書いてますが、もう少し詳しく書いてみましょう。

まず、RAIDを強化したかったんです。Ultra2にしたかったんで、FWB、VikingII、にしたんですが、結局通信速度の上限はあがっても、ベンチマークが、期待したほどには早くならなくて、結局回転速度が上がったCheetahにするかなっと思ったのが、地獄への入り口だったのです。(とっくにはまりこんでるって?)

で、Cheetah 4LP ST34501UWを、秋葉館で4台買った。で、ベンチマーク取ったら、内藤さんとこで、出してるほどに結構早くて、じゃこれをいっぱい欲しいな、と。思ってたら、次の週にMacAcademyの前の駐車場で広げてるとこでcheetahを見つけちゃったんですね、59800円を2個get。安かった。で、一個売れ残ってたんですが、さらに次週土曜日に行ったら、まだ売れ残ってたんで、最後の一個を買ってきたんです。でつないだら、ものすんごい振動と音でびっくり。とりあえずそれでも動くか確かめようとしたんですが、NotReadyで結局動いてくれない。

あきらめて、次の週に領収書持参で引き取ってもらいに行きました。換金できて、よかったよかった。

で、さらに、これと並行して、MAXLOADで、やはり、中古のCheetah4LPが一個、売ってたんですが、買って動かしてみたら、これがなんと、同じ症状、振動だらけ。NotReady!

結局両方とも、回転により振動が出てしまうということで、回転体のダイナミックバランスが取れていないと言う問題があったんだろうと思います。モーターのドライブ回路の悪さであんなに大きな振動は出ないだろうと思います。

しかし、2台も、こんな物があったなんて、Seqgateの生産体制ってどうなってるんでしょ。電源一回でも入れていれば、こんな振動発見できるし、10000rpmで回したからって言っても、音からして数千回転くらいからすでにすごい振動が出てて、気がつかないわけないし、だいたい、なんで、ちょっとした組立のバラ付きとか、部品のばらつきとか(かどうかは知らないけど)で、何でこんなにダイナミックバランスが悪くなるの???不思議。

で、MaxLoadに、領収書持ち込み引き取ってもらえました。換金できて、よかったよかった。

で、現在は、Cheetah4LPを6個、ATTO ExpressPCIで繋いでるんですが、これがなかなか動かない。単体では動いてます。

で、今調べてますと、結局、6代目がつながると、どうも通信が不安定になるようで、立ち上がらなくなる。

立ち上げた後、HDの電源を入れて、マウントさせ、チェックすると一応動く。立ち上げ時にMacOSとの通信で、いつまでも、そのHDと通信していて、立ち上がらないようなんです。

5台目をはずし、0,1,2,3,4,6とすると、立ち上がるようになる。

ってーことで、どうも、6台も繋ぐと、うまく動かなくなるような気がします。

今後は、4台ずつのSCSI2本に繋ぐって手にするかな。その方が、SCSI-IFがパラレルに動くし。

すると、もう一台ATTOを買わなくちゃならん。

つくづく、Adaptec3940が動かんのが痛い。

最初3940買ったのは、4台ずつ2式のつもりだったのに。・・・くやしい!

5台まではRAID出来ます。ちゃんと、だんだん早くなる率が少なくなります。

 

内藤さんとこに、FWB、VikingIIのベンチマーク教える約束してるんだけど、こんな感じで、HDケースが空かないんで、なかなか出来ない。ごめんなさいね。内藤さん

終わり。


[Home] [Linkし放題] [Fleamarket]