提 言



理事長
森田 勇造
博士(学術)
  

少年期に総合的体力を

                                             理事長 森田 勇造


 1.少年期の心身発達段階
 
こでの少年とは、心身の完成の期に達していない男女のことで、心身の発達段階によって、6歳から15歳までとする。
 少年期の心身の発達段階としての年間発育量は、次のように考えられている。
 神経の発達は五歳頃から始まり、9、10歳がピークで、14、5歳で完成し、大人とほぼ同じ状態になる。
 身長は、5、6歳から伸び始めて13、4歳がピークで、女子は15歳頃、男子は17歳頃にはほぼ完成するとされている。
 心臓は、9歳頃から肥大し始め、13歳頃がピークで、17歳頃には大人とほぼ同じ状態になるそうだ。
 女性ホルモンの分泌は13歳頃から盛んになり、16、7歳で女らしい肉体になる。男性の筋肉は、13歳頃からつき始め、17歳がピークで20歳頃には完成の期に達するとされている。
 神経の発達は、心の成長ともかかわっているので、精神的能力を身につけるには10歳頃がもっとも大切で、15歳頃までに身につけた価値観や生活態度が人間力の基礎・基本となる。


2.少年期に基礎・基本を
 
少年期は心身の発達が大きく、重要な時期なので、6歳から10歳までの前半期と、11歳から15歳までの後半期に分けて考えることが必要。
 前半期に体得すべきことは、安全・衛生などの概念・自立心・防衛体力、身体によいものを食べ、よく遊び、よく眠る習慣など。
 後半期に習得すべきことは、情緒、情操の心、忍耐力、社会性(道徳心)、行動体力など。
 前半期には、まず仲間づくりの基本である集団化の知恵(規則・競争・義務)と勘を身につけ、自分自身を守る力を培う。
 後半期には、集団の中の自分は何者なのかを考える個人化(自由・平等・権利)の知識・技能を身につけ、善悪を社会的に判断できる道徳心を培う。
 体力の基礎・基本は言葉や活字、視聴覚機器などによって身につけることは難しいので、他と共に群れ遊んだり、自然や生活体験などの体験活動によって、培うことが重要。


3.スポーツと総合的体力
 
今では4年に一度、世界的なスポーツの祭典としてのオリンピック大会が開催されているが、スポーツがだんだんと金権化、ビジネス化して熱を帯びている。
 本年2月には、韓国の平昌において冬季五輪が開催され、2月25日に無事終了した。日本選手は史上最多の十三個もの金銀銅メダルを獲得して関心を高めた。
 日本では、2020年の東京オリンピックを控え、各スポーツの選手養成が活発で、少年前半期から始まり、体力や技術を高めようと専門化しているが、少年前半期には全身を使って獲得する総合的体力の基礎を培うことが重要。

 
少年前半期から各種のスポーツ一点張りになると、10代後半から20代早期に、心身共に行き詰まりがちになり、トップクラスにはなり難い。何より、成人後に心身の発達が弱く、最高の技や体力、精神力を発揮したり、社会的な総合的能力を高めることができない。 
 より程度の高いスポーツ選手を養成するには、少年前半期にはいろいろな活動をさせて総合的体力の基礎を培わさせ、少年後半期になって本人が好きな、又は才能が認められるスポーツをさせればよい。


4.一流選手に必要な総合的能力
 
少年期に歩いたり、走ったり、取っ組み合ったり、他と共に遊んだり、自然や生活体験などの素朴な体験活動をすることが、想像力や活力、向上心など総合的能力の原点であることは、古来周知のことなのだが、今日の親や指導者はそのことを忘れて近視眼的になり、体力・技能を中心とするスポーツ選手養成になりがちである。
 技と時間の競争になっているスポーツに、少年前半期から専門的に親しませると、競技体力や技能は培われても、人間としての総合的能力は培われない。
 一流選手にとって重要な総合的能力の基礎は、少年期に長い距離を歩いたり(かち歩き)、走ったり、他と共に行う鍛錬や訓練など多種多様な全身活動を通じて培われる。
 より勝れた選手になるには、体力や技能だけではなく、他を見習うこと、学ぶことによって上達する意義や楽しさを知り、道徳心、健康管理などの自己管理能力や精神力を高めることが必要。
 スポーツは、技と時間の競争だが、少年期に基礎体力を培い、他人よりもまずは自分に克つ克己心、精神力、そして、他を思いやる社会性、道徳心などの総合的能力が、感覚的、理論的に培われていないと、世界に通じる一流の選手にはなれない。


平成30年3月8日
(VOL.225)

森田理事長の著作集
アジア稲作文化紀行 
ー女たちの祈りと祭りの日々ー
雄山閣出版 2575円 (全242頁)

内容

T.男が見た母系社会
 1 カシ族の母系社会
 2 婿入り婚のクメール社会
 3 首狩り社会の女の役目
 4 泰族社会を支える女の力
U.貴州省の女と祖霊信仰
 
1 江南文化を求めて貴州高原へ
 2 他民族社会の成り立ち
 3 苗族の町、凱里へ
 4 先祖代々の味「オーショ」
 5 踊り子たちの見栄
 6 江南地方からの移住
 7 祖霊を祭る苗族の女たち
 8 トン族の風習
V.女が伝えた稲作文化
 1 壮族の祖霊と岸墓
 2 古代崖墓と祖霊神の起こり
 3 ベトナム秦族の御霊屋
 4 トラジャ族の岸墓の役割
 5 男を強くしてきた女の願い
 6 祖霊を祀る人びとの心意気
 
地球を歩きながら考えた
ー40年間に訪れた国々ー
原書房 1890円 (全342頁)

 内容

  
T.地球を歩きながら考えた
    見えない国境の意義
    東アジアの見聞録
    東南アジアの風習
    南太平洋の子どもたち
    中央・南アジアの回想
    中近東のイスラム社会
    ヨーロッパの旅
    アフリカの大地と生活
    オーストラリアの大平原に燃える巨石
    東インド諸島の子どもの遊び
 U.冒険旅行のすすめ
    冒険のすすめ
    ユーラシア横断鉄道の旅
    中央アジアの岩面画踏査旅行
    犯されるツルカナ族を探る
 V.”歩く禅”かち歩きのすすめ
    ゛歩く禅”かち歩きのすすめ
安全・安心とこころの保障 
ー少年教育と体験活動ー
世論時報社 1260円 (全168頁)

内容

T.私たちの安全・安心と少年教育
 1 自然との触れ合い
 2 生き抜かせる大人の役目
 3 少年期の見習的体験学習的活動
 4 安全・安心に必要な少年教育
U.少年自然の家での体験活動
 
1 まず大人がやってみせよう
 2 骨折、切り傷、虫刺されはあたりまえ
 3 親子での体験活動
 4 丸木橋を渡る試練
 5 山の夜道を歩く
 6 南アルプス誕生の謎解き
 7 神体山に海の貝の化石が
 8 赤いトマトがどうしてここに
 9 若い雄鶏のへたな鳴き声
V.自然からの幸せ
 1 いろいろな自然現象
 2 自然の活用
W.自然と共に生きる知恵
 1 谷間の安らぎ
 2 大きくて豊かな山
 3 緑の多い大地
 4 山間の魔除け
 5 日本の気候と潤い肌
 6 湿気に対応する生活の知恵
X.文明化した田舎の途惑い
Y.安全・安心に必要な体験活動
 1 生活文化習得の生活体験
 2 医療に勝るかち歩き
 3 自然を友とするグリーンアドベンチャー
 4 人類共通の文化・野外伝承遊び
Z.少年時代の海での体験
 1 溺れて死にかけた入り江
 2 海の牧草”鰯”の手掴み
 3 めじか釣り
 4 津波の音と父親の手触り
野外文化教育としての体験活動 
ー野外文化人のすすめー
三和書籍 2100円 (全261頁)

内容


T.文明化に対応する野外文化教育
 1 科学・技術的な文明化に弱い人類
 2 生きるための社会と教育
 3 少年期に習得させる基礎・基本
 4 少年教育は社会人準備教育
 5 新しい教育観による野外文化教育
U.野外文化教育としての体験活動
 
1 人間力を高める体験活動
 2 体験活動と教育的社会構造
 3 体験活動のあり方
 4 体験活動の内容
 5 体験活動によって起こる心理作用
V.体験活動の目標と指導
 1 体験活動の教育目標
 2 体験活動の教育的効果
 3 体験活動の指導のあり方
 4 よりよく生きる体験活動のすすめ
W.生活体験の実践
 1 文明社会の落とし子たち
 2 野外文化人の生活体験
 3 1週間の生活体験で子どもたちは変わる
 4 体験から得る知恵
X.生活体験学園の構想

  守られる立場から守る立場へ
 2 子どもたちの現状と対応策
 3 地域の文教センター”生活体験学園”
 4 生活体験学園の役割と目標
 5 生活体験学園の活動と日程
 6 学校教育の指導分担



講演及び書籍のお申し込み、お問い合わせは E-Mail: kouyuu@din.or.jp または下記までお願いいたします。

〒171-0041 東京都豊島区池袋3-30-22-2F
公益社団法人 青少年交友協会
TEL: 03-5391-1901 FAX: 03-5391-1902

←
トップページに戻る