提 言



理事長
森田 勇造
博士(学術)
  

民主主義の落とし子”子どもの貧困”
理事長 森田 勇造


1.子どもの貧困

 12、3歳までの子どもは、生活力がなく、自立する力がまだ不十分で、貧しいのは当たり前なのだが、この頃、子どもの貧困が取り沙汰され、社会問題になっているのは、家族や社会の在り方に問題があるのだろう。
 新聞報道によると、平成27年の子どもの貧困率は19.3%で、その50%以上がひとり親世帯であるそうだ。
 一般的家庭には、父親と母親がいるのだが、今では離婚やその他の理由で、ひとり親世帯が多くなり、子どもを守りきれなくなっている。
 ひとり親の貧困率が平成27年では58%なのだが、その子どもが日常生活で困るのは、ごく自然ななりゆき。
 子どもの貧困の主な原因は、ひとり親世帯が多くなったことによるのだが、民主主義の浸透と文明化と共に多くなっているのは、どうしてなのだろうか。


2.アメリカ的民主主義

 
民主主義とは、自由、平等、権利を基本的人権とする、多数決原理や法治主義によるもので、個人の自由と権利が守られており、利己的な人が多くなる。
 戦後日本のアメリカ的民主主義は、主体性、積極性、個性などを尊び、自己主張を重視してきた。
 イギリス王国の植民地であったアメリカは、二四〇年ほど前に独立戦争を始め、1776年に建国した、移民による多民族国家。
 独立を果たした革命国家アメリカの建国精神は、自由主義、民主主義、立憲主義などによる、個人の自由、平等、権利の保障であった。多種多様な人が集う革新的な多民族国家アメリカは、利己的な不信社会である。
 しかし、国民としての個人の自由や権利が拡大すれば、民主主義は自然に行きづまる。戦後のアメリカ的民主主義が七十年も続いた日本は、利己的な人が多くなって、社会が内部衰退を起し始めている。


3.離婚率の高い原因
 

 6月中旬のNHK深夜番組「夫婦が非常事態」によると、85%の妻が夫にストレスを感じてキレることが多く、平成28年は21万7,000組も離婚したそうだ。
 今日の女性は、男性と同じように競争社会である会社などのような、外で働くことによって、テストストロンと呼ばれる男性ホルモンが多くなり、オキシトシンと呼ばれる愛情ホルモンが少なく、男女が逆転しがちになって、男性は満足感が弱くなっているようだ。
 古代から女性も男性と同じように、例えば農業従事のように外で働いていたが、自然を相手とするので、今日のように競争心や栄誉心が煽られることは少なく、テストロンが多くなることはなかった。
 戦後の民主教育を受けた、男女平等で利己的になった日本人は、思いやりや忖度する心が弱くなって、自己主張が強くなっている。
 ましてや母子愛のようなオキシトシンの分泌が弱くなり、女性が男性化した夫婦は、お互いにストレスを感じ、不満が高じて、アメリカやフランス以上に離婚率が高くなっている。


4.ひとり親では不十分 
 
 
民族とは、言葉、風習、道徳心、生活力などの生活文化を共有する人たちの集団である。その民族社会が安定・継続するには、男と女の結合、結婚が必要である。 
 男女の結婚は、社会が安定・継続するには大変重要な儀式であり、個々の性愛、快楽だけではなく、作為的な繁殖戦略であり、社会の基盤である。また、家族を形成し、信頼心を培い、絆を深め、道徳心を篤くしてより安全に、安心に生活するためでもある。
 今日の日本では、女性が家庭を維持・管理する労働力は認められず、どんな職場でも30%以上は女性が占めなければいけないなどと叫ばれている。
 女性を労働戦士にするために、満一歳から入園できる、認可保育所を増やそうとしているが、三歳未満の子どもが保育所で育つと、社会的にはどのような人間になるのかについては、あまり考慮されていない。
 今日の日本では、すでに未婚化、中性化、少子化の傾向が強く、しかも離婚率が世界一になっている。
 民主主義は、社会の安全よりも自由や人権を重視するので、利己的で勝手に生きる人が多く、離婚率が高くなる。ひとり親世帯が多くなれば、精神的、物質的、社会的にはどうしても満たされなくなり、自然に子どもの貧困率も高くなる。



(VOL.224)

森田理事長の著作集
アジア稲作文化紀行 
ー女たちの祈りと祭りの日々ー
雄山閣出版 2575円 (全242頁)

内容

T.男が見た母系社会
 1 カシ族の母系社会
 2 婿入り婚のクメール社会
 3 首狩り社会の女の役目
 4 泰族社会を支える女の力
U.貴州省の女と祖霊信仰
 
1 江南文化を求めて貴州高原へ
 2 他民族社会の成り立ち
 3 苗族の町、凱里へ
 4 先祖代々の味「オーショ」
 5 踊り子たちの見栄
 6 江南地方からの移住
 7 祖霊を祭る苗族の女たち
 8 トン族の風習
V.女が伝えた稲作文化
 1 壮族の祖霊と岸墓
 2 古代崖墓と祖霊神の起こり
 3 ベトナム秦族の御霊屋
 4 トラジャ族の岸墓の役割
 5 男を強くしてきた女の願い
 6 祖霊を祀る人びとの心意気
 
地球を歩きながら考えた
ー40年間に訪れた国々ー
原書房 1890円 (全342頁)

 内容

  
T.地球を歩きながら考えた
    見えない国境の意義
    東アジアの見聞録
    東南アジアの風習
    南太平洋の子どもたち
    中央・南アジアの回想
    中近東のイスラム社会
    ヨーロッパの旅
    アフリカの大地と生活
    オーストラリアの大平原に燃える巨石
    東インド諸島の子どもの遊び
 U.冒険旅行のすすめ
    冒険のすすめ
    ユーラシア横断鉄道の旅
    中央アジアの岩面画踏査旅行
    犯されるツルカナ族を探る
 V.”歩く禅”かち歩きのすすめ
    ゛歩く禅”かち歩きのすすめ
安全・安心とこころの保障 
ー少年教育と体験活動ー
世論時報社 1260円 (全168頁)

内容

T.私たちの安全・安心と少年教育
 1 自然との触れ合い
 2 生き抜かせる大人の役目
 3 少年期の見習的体験学習的活動
 4 安全・安心に必要な少年教育
U.少年自然の家での体験活動
 
1 まず大人がやってみせよう
 2 骨折、切り傷、虫刺されはあたりまえ
 3 親子での体験活動
 4 丸木橋を渡る試練
 5 山の夜道を歩く
 6 南アルプス誕生の謎解き
 7 神体山に海の貝の化石が
 8 赤いトマトがどうしてここに
 9 若い雄鶏のへたな鳴き声
V.自然からの幸せ
 1 いろいろな自然現象
 2 自然の活用
W.自然と共に生きる知恵
 1 谷間の安らぎ
 2 大きくて豊かな山
 3 緑の多い大地
 4 山間の魔除け
 5 日本の気候と潤い肌
 6 湿気に対応する生活の知恵
X.文明化した田舎の途惑い
Y.安全・安心に必要な体験活動
 1 生活文化習得の生活体験
 2 医療に勝るかち歩き
 3 自然を友とするグリーンアドベンチャー
 4 人類共通の文化・野外伝承遊び
Z.少年時代の海での体験
 1 溺れて死にかけた入り江
 2 海の牧草”鰯”の手掴み
 3 めじか釣り
 4 津波の音と父親の手触り
野外文化教育としての体験活動 
ー野外文化人のすすめー
三和書籍 2100円 (全261頁)

内容


T.文明化に対応する野外文化教育
 1 科学・技術的な文明化に弱い人類
 2 生きるための社会と教育
 3 少年期に習得させる基礎・基本
 4 少年教育は社会人準備教育
 5 新しい教育観による野外文化教育
U.野外文化教育としての体験活動
 
1 人間力を高める体験活動
 2 体験活動と教育的社会構造
 3 体験活動のあり方
 4 体験活動の内容
 5 体験活動によって起こる心理作用
V.体験活動の目標と指導
 1 体験活動の教育目標
 2 体験活動の教育的効果
 3 体験活動の指導のあり方
 4 よりよく生きる体験活動のすすめ
W.生活体験の実践
 1 文明社会の落とし子たち
 2 野外文化人の生活体験
 3 1週間の生活体験で子どもたちは変わる
 4 体験から得る知恵
X.生活体験学園の構想

  守られる立場から守る立場へ
 2 子どもたちの現状と対応策
 3 地域の文教センター”生活体験学園”
 4 生活体験学園の役割と目標
 5 生活体験学園の活動と日程
 6 学校教育の指導分担



講演及び書籍のお申し込み、お問い合わせは E-Mail: kouyuu@din.or.jp または下記までお願いいたします。

〒171-0041 東京都豊島区池袋3-30-22-2F
公益社団法人 青少年交友協会
TEL: 03-5391-1901 FAX: 03-5391-1902

←
トップページに戻る