野外文化教育のお手伝い致します
〜講師・指導員の派遣〜



 学校教育での「生活科」、学校週5日制など、教育界のみならず家庭や地域社会においても、その対策に振り回されがちです。そして、子どもたちが自然の中で多くの体験を積むことの重要性を感じていながら、その方法で模索し、指導者不足などに悩んでいらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

 当協会では青少年の健全育成のため、全国的に野外文化教育の啓発、実践を行っております。そして、この野外文化教育の啓発、実践のために、昭和52年から指導員の養成を行っており、現在、全国で2200人もの指導員が活躍しております。

 これからは、子どもたちが家庭や地域に戻り、生活体験や自然体験、遊びや年中行事、農作業体験などの野外文化活動を通して、創造力や活力ある社会人に育っていけるよう、周囲の大人たちが努力していかなければなりません。様々な活動を計画される中で、企画、運営、指導者派遣など、何でもお気軽にご相談下さい。



野外伝承遊び

  竹を使った遊び 竹とんぼ、竹笛、竹馬
    <指導内容> 作り方(ナイフの持ち方、削り方、工具の使い方)、遊び方、競技の仕方。
  お手玉
    <指導内容> 作り方(針の使い方、縫い方)、遊び方、競技の仕方、お手玉歌も覚えられます。
  こま
    <指導内容> 作り方(荷造り用の紐でも作れます)、遊び方。
  凧
    <指導内容> 作り方、遊び方。
  石蹴り、石当て
    <指導内容> 遊び方。
  各国の遊び
    <指導内容> タイ、エチオピア、ナイジェリア等の遊びの指導。

○グリーンアドベンチャー(自然観察会)

  <指導内容> 公園などで指導員による樹木・植物の説明を受けたり、野草採集では野草についての説明を
            受けながら楽しく、安全に採集ができます。

○伝統的な食べ物の作り方


  うどん、そば、もちつき、とうふなど。
  <指導内容> 材料の配分から、打ち方、つきかたを指導します。

○野外生活の実践

   <指導内容> かまどの作り方、火の起こし方、御飯の炊き方、テントのはり方などの指導をします。
            野外食(笹茶←とてもおいしい!、野草の天ぷら)の作り方。

○その他
  農作業体験、野鳥観察、ますのつかみ取り、地域踏査、救急法なども指導しています。


年間スケジュール企画例
4月 野草の採集と食べ方 10月 農作業体験
(果物や穀物の収穫)
5月 グリーンアドベンチャー
植物観察会
11月 かち歩き(耐久徒歩)
6月 野外伝承遊び
(竹馬・竹とんぼ・竹笛)
12月 うどん・そば作り
7月 野外生活の実践 1月 凧作りと凧揚げ、こま
8月 野外生活の実践 2月 地域踏査
9月 海辺の自然観察と釣り 3月 野鳥観察会



森田勇造理事長による講演も受け付けております。





ご質問、講師・指導員派遣料金につきましては E-Mail: kouyuu@din.or.jp または下記までお問い合わせ下さい。

〒171-0014 東京都豊島区池袋3-30-8 みらい館大明305号
社団法人 青少年交友協会
TEL: 03-5391-1901 FAX: 03-5391-1902

←
事業のページに戻る