Nov 22, '05 帰国決定記念、Record Manで散財


Record Man:

今日、サンホセで、こっちのマネージャーに、帰国の最終決定を確認して、 その記念に、Record Manにてお買い物。

Dave Brubeck, Jazz Goes to College Vol.II, Columbia CL 6322, $25
マローンの10インチですね。
JAZZコーナーの一番上に、10インチをまとめておいてあるのを、はしごに登って がさがさと。
残念ながら、BCP-1001はあったが、BCP-1002は無いので、これを買った。
盤質は、時代を考えると非常に良いが、残念なことに、B面に針飛びを起こす傷がある。
演奏も緊張感があって良いな。

Neil Young, Time Fades Away, Reprise, MS 2151, $14
Tan/Iですね。
まだ、聞いてません。

Eagles, Hotel California, ASYLUM 7E-1084, $14
やっとありました。
Eagles, Eagles Live, ASYLUM BB-705, $14
ということで、Bluebeckを除いて、若干高目ですが、まあ、良いか。


で、レジでの親父との会話
「あんた、長い間、はしごに登ってガサガサやっていたね。10インチか。良いよね。」
「そうね、音の鮮度は、この時代の方が良かったりするもんね」
「おっと、これ、程度が良いと$100もんだね(Gold Mineを見ながら)」
「程度がよくないので、$25でどうだ」
「良いよ」
「(一応は、さらっと、Gold Mineで確認しながら)他は、ぼちぼちなもんなんで (Looks the others are not big deal)、全部、$14でどうだ。」
「良いよ。」
10インチ談義をやっていると、みるからに、ちゃんとある程度まで行って、優雅な 引退生活していそうな結構なお年だけど、細身のおじさまが、寄ってきて、 めずらしそうに、10インチを見ている。
「ノイズは乗らないの?」
「針飛びをおこさず、溝がへたってなければ、洗って、良い装置で聴けばそんなにきにならないよ」(私)
「洗う?」
「日本では、レーベル防水プロテクターが売っていて、シャンプーとか台所洗剤で洗んだ」(私)
「そうそう、日本では、女性が使うパックと同じ原理で埃を強引にはがすジェルも売っているって」(店主)
「そう、でも、それは、手垢・油はとれにくいので、おれは、主に洗うんだ」(私)
「へえー」