015 '00,03 28年物のレコードプレーヤー


患者:確か1972年に買った某有名メーカー・DD2号機のレコードプレーヤー

症状: 3ヶ月程前、娘がクラシックのレコードを引っ張り出してかけた後、ストップボタンを押してもターンテーブルが止まらないという。

修理: なにしろまだロジックICもちゃんと無い時代のもの。フリップ・フロップの片方のTrでも飛んだかなと蓋をあける。するとなんと、スイッチの下の半田が腐ってボロボロ(写真)。なんでここだけこんなに? そう言えば基板の方は時折電解コンを交換してその時危なそうな半田は、コテを当て半田も交換してたかな? 半田を盛りなおしチェックをしてOK。と思ったら、パイロットランプも飛んでいた。なにしろこれもミニ白熱電球。高輝度LEDにかえるのに、AC点火だったもんで、ちょっとした整流回路も入れて、こっちの方が時間がかかった。