001 '97,11 一日で、プリセットした局を忘れるFMTUNER


患者:5年程前に買った、シンセ・FMチューナー

症状:かみさんが、居間で目覚ましに使っているFMチューナーが、朝変な周波数を表示して鳴らないと言う。

修理:とりあえず、自分の部屋のチューナーと交換して、修理を始める。 バックアップ電源を、どーしてるかなと開けて見るが、メイン基板にはどーも、チューニング用のディジタルICが無い。 仕方ないので、フロント・パネルを取って見ると、それらしい石と、電気2重層コンデンサ、0.1Fがある。 これなら、非常にダイレクトな故障だがと思いながら、テスタで電源ONでの電圧、5V弱なんでショートではない。 はずして、まず軽くショート火花も出ない。抵抗計にしてチェック、極性を間違わなければ、じょじょに抵抗値が上がるはずだが、殆どすぐに高抵抗。 ほぼ決まりなので、我が家が誇る部品棚に確か、何個かこの手のコンデンサがあったのを思いだし、0.4Fを探し出す。 ただ、こっちの方が馬鹿でかいので、もとの基板には、乗らない。で、両面テープでシャーシに張り付けた。写真で、青と橙のワイヤで、つながれているのがこれ。電解コンは、これまでの経験だと、パンクで低抵抗になるのと、ドライアップで高抵抗になるのとがあるが、電気2重層コンの場合は、どうなのだろう? ここでは、高抵抗で、オープンだが。