Webster's New Universal Unabridged Dictionary Webster's New Universal Unabridged Dictionary
取得:2005
感想:久しぶりに辞書を買った。2回目のUS赴任の引越し荷物に、オーディオ関係を沢山いれたので、余り、書籍は持ってこれなった。。辞書も最近はWEBで、色々、引けるので実用的には問題ないので、New World系のWebsterしか持って来なかった。
で、Burnes & Nobleで、特価本の中にまじってこれを見つけた時にはすぐ買った。なんと$19.98(定価$49.95)。2230ページの辞書でこの値段はと思ってしまう。なかなかおもしろい辞書で、the second edition of The Random House Dictionary of the English Language, the Unabiridged Edition をベースに、2003年に、Barnes & Noble(大型店舗売りを大事にする多分アメリカ最大の本屋のチェーン店)が、Revised and Updatedしたと、Acknowledgments and Permissionにある。ところが、表紙とか中表紙(写真)には、the Random House Webster's Unabridged Dictionary, Second Editionがベースとある。まあ、同じ事なんだけど、厳密さが要求される辞書に、これはないだろうと思うのは日本人の性?
これの初版に当たる"Random House Compact Unabridged Dictionary"は、日本の留守宅なんで、具体的な言葉の定義を比べると直系かどうかは良く分かるのだが、出来ない。 挿絵等は、記憶によれば、同じで、多分直系であろう。