Foundation and Chaos by Greg Bear Foundation and Chaos by Greg Bear
概略:408ページ、’01、10月読了 新Foundation3部作のうち、物語の時間展開では、2番手にくるもの。新たな皇帝の下、反逆罪に問われそうなハリ・セルダンにミュータントという危機が迫った。不死の召使ダニールはどうする?
感想: 新3部作の中では、これが一番おもしろかった。読む順番がちがったが、本来は時間軸上の順番で読むのが良いようだ。中では、ロボット間の内戦の話が詳しくでてくる。また、memeや、ボルテール・ジャンヌダルクのSIMも出てきて、これと新人類の可能性、ロボットの先にあるもの等が共有するはるか未来の地平らしきものも浮かび上がってくる。だれか、このずーと先の話を書かないと、この大河ドラマも終わりとならない。