The Rising Sun by Michael Clichton The Rising Sun by Michael Clichton
概略:399ページ。多分、1997年頃読了。ショーン・コネリー主演で映画にもなった。
感想:映画にもなって、日本の描き方に批判も集めた作品。ただ、中に出てくる関西やくざの言葉とその英語訳は、なかなか鋭い物がある。また、日本の会社にある、ロジックも誇張はされてはいるがまんざら嘘ではないと思う。逆にアメリカ人には、こう考えるしか理解出来ない物であろう。それほど長くないので一気に読める。