Travells by Michael Crichton Travells by Michael Crichton
概略:416ページ、’96読了 多分1ヶ月ほどで読んだ。Jurassic Parkで有名な作者の自伝
感想:ハーバードメディカルスクール時代の思い出から始まり、世界各地の旅行記で綴られた自伝(?)。作家になるきっかけのThe Andromeda Strainは、在学中に書かれた。それにまつわる話とか、インターン時代の話とか、Practice Liscenceを取らなかった医学博士の生まれたいきさつとか、旅行記では、キリマンジャロ登山とか、オーラを見る訓練とか、映画撮影のエピソードとか、おもしろい。短編の寄せ集めなので、海外出張時にはおすすめ。読後、アメリカ人も結局同じ人間なのだと、変な安心をする本である。