『くよくよしない考え方』 品切れのお知らせ 2003年11月7日

 『くよくよしない考え方』の本が品切れ状態になりました。

 HP読者の方から、「楽天ブックスで『くよくよしない考え方』を注文したところ、“在庫切れ”ということでキャンセルになった」というメールをいただきました。

 文芸社の担当者の方に確認したところ、やはり出版社の在庫が切れているということでした。
 ですので、現在、書店やインターネット書店で注文しても、購入することはできません。

 今後につきましては、文芸社で重版するかどうかの判断をするそうです。
 ただし、相当数の販売見込みのある書籍でなければすぐに判断はできないということです。今後の注文状況等によるそうです。

 ということですので、当面、書店で注文して購入することはできません。
 また、私の所に有った在庫も無くなりました(2004/7/20日)。

 在庫切れになったということは、それだけ売れたということです。
 2002年5月発売ですから、1年半で約2000冊が売れ、それだけ多くの方が読んでくださったということです。
 それはとてもうれしいことです。

好!好!

 今後のいい成り行きを期待したいと思います。
 状況に変化がありましたら、またここに報告いたします。



 『くよくよしない考え方』第2版・増刷出来上がり


 『くよくよしない考え方』第2版の増刷が出来上がり、出庫の準備が整ったということです。
 書店からご注文いただければ、通常の期間(2週間程度)で書店に届きます。

 また、複数冊ご注文していただいている書店リストを掲載し、随時更新しております。こちらの書店でお買い求めいただければと思います。

 『くよくよしない考え方』は、幸いにも売れ行き好調で増刷にもなり、置いてくださる書店さんも増えておりますが、何分一般的には無名の著者の本ですのでまだまだ限られております。最寄りの書店にない場合には、申し訳ございませんが、ご注文(お取り寄せ)いただきますようお願いいたします。

 『くよくよしない考え方』の今後の展開に、私と共にご期待いただけたらと思います。

                          本多時生



『くよくよしない考え方』第2版予定        6月7日
          6月14日刷り上がり/6月19日には書店注文に即応

 文芸社の進行管理担当の方から、次のようなメール連絡がありました。
第2版は6/14に刷り上る予定です。
その後、倉庫への輸送や出庫の準備などありますので、
6/19には完全に出庫できる状況になると思います。
その後の書店注文には、すぐに対応できるようになります。
 ということですので、もう少々お待ちいただきますようお願いいたします。



『くよくよしない考え方』 増刷決定    5月24日

 『くよくよしない考え方』の本の増刷が決定しました!!

 文芸社の進行管理担当の方から「『くよくよしない考え方』の増刷が決定いたしました」というメールがありました。

好!好! 良かった!良かった!

 また、文芸社の編集担当の方からは「『くよくよしない考え方』の第二刷りに合わせて、本文中の文字のご訂正等がございましたら、5月30日までにお知らせください」とのメールがありました。

 増刷時が訂正のチャンスでもあるので、念のためにご連絡いただいたのだと思います。
 私が今まで読んだ限りでは誤字・脱字等は見つかっていません。これからもう一度、しっかりと見直してみようと思います。
 『くよくよしない考え方』をお読みになった方で誤字・脱字等にお気づきの方がいらっしゃいましたら、お教えいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
 本当は、訂正はないほうが好好なのですが。

 増刷の日程等については詳細がわかりしだい、このページに掲載する予定です。
 「6月中にも第2版が出来あがると思います」とのことです。それまでは品切れの状態が続きますので、もう少々お待ちいただきますようお願いいたします。



『くよくよしない考え方』 品切れのお知らせ      5月15日

 『くよくよしない考え方』の本が品切れになってしまいました。

 5月14日に、『くよくよしない考え方』本の広場の掲示板に、向日葵さんが「オンラインブックストアbk1」に注文していたのが、品切れのためにキャンセルされてしまった、とお知らせいただきました。
 5月15日に、文芸社の担当者さんに電話をしてお聞きしたところ、やはり出版社の在庫が切れているということでした。
 ということですので、現在、書店やインターネット書店で注文しても、すぐに入手することはできません。

 現状は、初版の本が全国の書店に配本され、その売れ行きを伺っている状態ということです。出版社の在庫もありましたが、4月中から予想以上の注文があり、在庫切れになってしまったということです(ネットの威力でしょうか)。こういうことは珍しいそうです。

 ということです。まずは、
好!好!
 と、売れ行き好調を素直に喜びましょう。

 今後につきましては、全国の書店での売れ行きを見て重版を決定するそうです。「重版の検討は目安として刊行1ヶ月半位後」ということです。また、出版社への注文が相当数たまれば重版が決定するそうです。

 まだ、お買いになっていない方には申し訳ございません。少々お待ちいただきたいと思います。
 できましたら、配本先リストにある書店にまだ残っている本を探してお買いいただくか、お近くの書店でご注文(取り寄せ)いただければ、重版の材料になりますのでうれしいのですが。
 ただ、書店では注文を一旦受け付けても、問い合わせの結果「品切れ」と言われてしまうことになってしまうのが心配です。書店としても、お客様に「いつ届くかわかりません」とは言えないでしょうから、注文をキャンセルしてしまうのではないでしょうか?
 (「どうしても早く読みたい!」という方はこちらでどうぞ)

ホームページ   本のページ 本の広場