「幸せになる方法」実践講座

第9講 不幸を幸せに変えられるようになるために

 人生には不幸なこともあります。大きい不幸から(ちょっとイヤな気もちになるような)小さい不幸までいろいろあります。
 不幸なことがあった時に、どう対応できるかは、幸せになるためには重要なことです。
 その際にできるといいのが、「不幸を幸せに変える」ことです。

 「不幸を幸せに変える」というと、すごいこと、難しいことのように感じるかもしれません。
 でも、そういうことが可能だとわかって心がければ、けっこうできるようになるものです。
 多くの人は、「不幸を幸せに変えよう」なんて考え(られ)ないからできないだけなのだと思います。(無意識にできる人もいるし、時間がたてば自然にできることもあります)

 「不幸を幸せに変える」とは、どういうことかというと、最終的には幸せになる考え方をすることです。
 そのヒントとして、次の4つを提案しています。
(1)不幸中の幸いを探す  (2)幸せへのバネにする
(3)いいきっかけにする  (4)いい経験にする

  補講 不幸を幸せに変える

 「不幸を幸せに変える例」のような考え方ができるようになればいいのです。

 と言っても、すぐに簡単にはできないことが多いでしょう。
 「不幸を幸せに変える」ために、幸せになる考え方をしようと思っても難しい時があります。
 そのような時には、「まず現実を受け入れる」ことを心がけてみてください。
 現実を受け入れることができ、希望をもつことができるようになれば、幸せになる考え方もできるのではないでしょうか。

 過去の不幸にいつまでもとらわれていては、なかなか幸せには暮らせません。
 「不幸を幸せに変える」ことができるようになれば、幸せ向きに力強く生きられるようになれるでしょう。


    第10講 悩みや問題があっても
幸せに暮らせるようになるために


実践講座

ホームページ