第5講 人間関係で悩まないために
第3週 自分を強くする

 人間関係の中では、気まずいことやイヤなこともあります。心を傷つけられるようなこともあると思います。
 多少イヤなことがあっても大して苦にしない自分、ひどいことをされてもあまり傷つかない自分になれたほうがいいでしょう。
 そのためには、「自分を強くする」努力が必要だと思います。

 自分を強くしようとする際に、私がおすすめするのが、「柳に風流のしなやかな強さ」を身につけることです。  イヤなことがあったら、心が揺れてしまってもいい、できるだけ軽く受け流して、素早く立ち直れるようになれたら、と思います。
 詳しくは、「強くなりたい」をご覧ください。

 人間関係をすごく苦にしてしまうのは、自分の感情をコントロールできないからかもしれません。そのために、イヤなことがあった時に、必要以上に強く、長くイヤな思いをしてしまいます。
 努力すれば、感情はある程度コントロールできるようになれると思います。
 傷つきやすい人には、小さいことでも傷ついてしまう人、痛みに弱い人、自 分で傷を悪化させてしまっている人、治りが遅い人などがいます。
 そういう人も、努力すればあまり傷つかないようになれると思います。

 「自分を強くする」ことは容易なことではありませんが、自分の心を大切にすることを心がけて、自分の問題に対処しながら、自分を強くしていけばいいのだと思います。
 「人間関係の問題のヒント」が「幸せのホームページ」で見つかれば、と思います。

 また、(柳に風流のしなやかな強さの)「素早く立ち直る」ためには、人間関係以外の生活を大切にすることが重要です。そのことについては、次週に書くことにします。


    人間関係で悩まないために

実践講座

ホームページ