第2講 気分よく生活する
第2週 気分をコントロールする

 生活の中では、何かを始めてしまうと気分のことは忘れてしまうものです。それはそれでいいのです。
 また、何かイヤなことがあると、気分が悪くなってしまいます。一つの悪い出来事のせいで、一日中悪い気分で過ごしてしまうこともあるのではないでしょうか。

 第2講「気分よく生活する」の第2週は、「気分をコントロールする」です。
「気分をコントロール」というと、コンピュータのように完璧にコントロールするようなイメージがしてしまうかもしれませんが、少しでも気分をいい方向に変えようと心がけることぐらいに思っていただけたら、と思います。

 生活の中で「気分を変えよう」と意識してできる人は、すでにある程度幸せに過ごせる人だと思います。
 「気分を変えよう」「気分をコントロールしよう」などと考えたことがない人も多いのではないでしょうか。

 いちばん大事なのは、気分が悪くなったら(意図的に)「気分転換しよう」と心がけることです。気分転換の方法はいろいろあると思います。

 その前に、自分の気分に気づけることが必要なのですが、「気分よく過ごそう」と意識(第1週)できるようになれば、自分の気分に気づけることも多くなるでしょう。
 もう一つの方法は、「ハオハオ」を身につけることです。

 また、自分のいい気分に気づいた時には、「気分いいなー(好!好!)」と喜べるようになることも大切なことです。
 気分がまぁまぁの時には、「こんなもんでいいんじゃないの(好好)」と思っていいのではないでしょうか。

 イヤなことがあって、気分が悪くなってしまうこともあります。
 イヤなことがあった直後には、なかなか感情がおさまらないこともあります。
 それでも、できるだけ感情をコントロールできるように心がけたほうがいいでしょう。「感情はある程度はコントロールできる」と思います。少なくとも、悪い感情に流されずにはすむのではないかと思います。

 気分が悪い時間を少しでも減らし、気分よく過ごせる時間が増えて、それを喜べるようになれば、けっこう幸せに暮らせている実感がしてくるのではないでしょうか。


    第2講 気分よく生活する

実践講座

ホームページ