まわりの人を幸せにする

 自分のまわりの人を幸せにすることを習慣にしよう。
 自分の周囲にいる人、毎日必ず合う人を幸せにしよう。職場や学校でそばにいる人、夫または妻、親など。

 1日に1つでもいいのです。簡単なこと、小さなことでいいのです。

  気持ちよくあいさつをする、「ありがとう」と言う、
  微笑む、喜ばす、笑わせる、ほめる、手伝う、
  何かに誘う、貸してあげる、教えてあげる、プレゼントをする、等々。
  もし、思いつかなければ、自分から話しかけて相手の話を聞いてみよう。
   相手が今何に興味を持っているのか。どんなことを考えているのか。
   その中から、相手を幸せにすることを見つけることもできます。

 このことは、自分の生活を幸せに過ごすために、思ったよりも役に立ちます。人間関係もよくなります。
 ほんの小さなことでも心が伝わるのです。心で思っていても、行為に表さなければ伝わらないのです。時間があったら、人を幸せにすることを考えてみよう。
 このことは、人を幸せにすることの練習にもなります。自分が本当に幸せにしたい人が現れたときに、この経験が役に立ちます。


    愛について

「幸せになる方法」実践方法

幸せになる方法

ホームページ