4章 過ぎたことでくよくよしないために

 
 『くよくよしない考え方』(本多時生)  目次 

 1章 小さいことでくよくよしないために
 2章 人のことでイライラしないために
 3章 決断で迷ってくよくよしないために
 4章 過ぎたことでくよくよしないために
 5章 まだ先のことでくよくよしないために
 6章 人間関係でくよくよしないために
 7章 自分のことでくよくよしないために
 8章 生きることでくよくよしないために
 9章 大きい悩み・問題に対するくよくよしない考え方
 10章 くよくよしない考え方ができない、とくよくよしないために


29 「なんになる?」〜今を愉しめなくなる〜

 過去のつらい経験やイヤな出来事を想い出して、くよくよと考えてしまうことがあります。いじめや裏切りなどの人から受けたひどい仕打ち、失敗や挫折、後悔していること、大切な人とのつらい別れ、・・・。
 過ぎたことでくよくよしているのに気づいたら、「なんになる?」と自問してみてください。「この事を考えることでなんになる?」「自分を責めてなんになる?」「人のせいにしてなんになる?」「過去を嘆いてなんになる?」などと。
 その答えが「なんにもならない」のなら、考えるだけムダだと思いませんか?
 それに実は「なんにもならない」のではなく、「イヤな気もちになる」や「今を愉しめなくなる」のです。

 イヤな出来事があった直後には、その事が思わず頭に浮かんでしまうのはしかたがありません。大きい出来事の場合には、つらい時期が多少続くのは覚悟したほうがいいでしょう。それでもある程度の時がたったら、いつまでもその事を想い出してくよくよするのは望ましいことではありません。

「くよくよしてもなんにもならない」ことに気づいて、「こんなことを考えるのは時間とエネルギーのムダ/もったいない/損だ/バカバカしい」などと考えれば、くよくよから抜け出すきっかけになるはずなのですが。
 過ぎたことでくよくよしてもなんにもならない─。「そんなことはわかっている。わかっていても頭から離れないのだからしょうがない」と言う人もいると思います。でも、そう言って最初からあきらめてしまっては、いつまでたってもくよくよすることになってしまいます。過ぎたことでくよくよしない自分になれるように努力してみてはいかがでしょうか。もう少し今を愉しめるようになるために。
 この章に書いてあることが少しでもお役に立てれば幸いです。



30 「忘れられなくてもいい」〜“忘れなきゃ”には無理がある〜




31 「心の傷が痛むのは」〜自分が××しているから〜

 不幸な出来事に遭って、つらい思いが長く続いてしまうことがあります。
 そのことを、不幸な出来事で負ってしまった“心の傷”が痛むことだとして考えてみましょう。
 まだふさがっていない傷口をつっついたりいじったりしてしまったら、痛いだけではなく、傷の状態を悪くしてしまったり傷口を広げてしまうこともあります。心の傷の場合には、気づかずにそれをしてしまうことが多いように思います。
 体の傷だったら、ふと傷口をいじってしまっても痛みがあればやめます。心の傷でも同じはずです。でも心の傷の場合には、痛いのはその傷をつくった原因のせいだとばかり考えて、自分がいじっているせいだと気づけない人が多いようです。心の傷口が痛いのは「自分がいじっているから」と気づければ、いじるのをやめることができます。

(後略)



32 「いい訳にしていない?」〜時には自分にきびしく〜




33 「いい経験にしよう」〜そういう心の姿勢が大事〜

 過去のイヤな出来事でも、「いい経験」と考えられれば、想い出したとしてもくよくよしなくてすみます。想い出すたびに学んだことを復習すればいいのですから。実際には、いい経験と考えられるようになると、想い出さなくなるようですが。
 とは言っても現実には、すぐに「いい経験」とは考えられないことが多いと思います。まだ強い感情が残っている時には、それはしかたがないことです。そんな時には、「今はつらいけれど、いずれはつらくなくなる。きっといい経験と考えられるようになる」のように考えられたら、と思います。

 強い感情の時期が過ぎたら、いつまでもそのことを引きずってくよくよしているのは自分のためによくありません。「いい経験だったと言えるようにしよう」と努力したほうがいいのではないでしょうか。どんな出来事でも時間をかければ、自分の心の中で「いい経験」に変えることができると思います。
 なかなか忘れられないような事は、人生の中での重大事のはずです。その事についてよく考えてみること自体が自分の成長につながるのではないでしょうか。
 自分について反省をし、次に同じようなことがあったらこうしようという対策が見つかれば、それはいい経験です。次に心地いい経験をするために役立てればいいのです。
 どんな事にも必ず学べることがあるはずです。少なくとも、そういうことが世の中には(人生には)あると知るだけでもいい経験です。同じ経験をする人のつらさがわかり、人にやさしくなれるのではないでしょうか。
 つらさに耐える体験も自分を強くしてくれるはずです。過去につらい経験をしなかった人が一つの出来事で絶望したり堕落したりしてしまうことがあります。過去につらいことを経験している人はもう少しは耐えられるし、時がたてばふつうの生活に戻れることを知っています。「(過去の)あの時に比べたら、まだまし」と思えることもあるかもしれません。

 過去にイヤな出来事があったことを、人のせいにしたり自分を責めたりしていつまでもくよくよするのと、「いい経験だった」と考えられるのでは大きな違いです。「いい経験にしよう」という心の姿勢が何よりも大きいような気がします。



34 「新しいことを始めよう」〜過ぎたことを忘れるために〜




35 「きのうの事でくよくよしているヒマはない」〜今を大切に〜



 1章 小さいことでくよくよしないために
 2章 人のことでイライラしないために
 3章 決断で迷ってくよくよしないために
 4章 過ぎたことでくよくよしないために
 5章 まだ先のことでくよくよしないために
 6章 人間関係でくよくよしないために
 7章 自分のことでくよくよしないために
 8章 生きることでくよくよしないために
 9章 大きい悩み・問題に対するくよくよしない考え方
 10章 くよくよしない考え方ができない、とくよくよしないために

ホームページ  e本化プロジェクト  

よろしかったら、ご意見・ご感想・ご声援をお願いします。  本多時生