『自助論』サミュエル・スマイルズ


 『自助論』の中でサミュエル・スマイルズは、このように言っています。

   『自分で自分を助けようとする精神こそ、
    その人間をいつまでも励まし、元気づける』


 そして、

   『自分に対して「最良の援助者」になれ』と。


 自分で自分を助けようとする精神

 目標をめざして精一杯努力する

 明朗快活な精神

 決断と機敏さ

 自尊心

 人を尊重する

 人格を高める

 よい習慣を身につける習慣

 幸福の習慣

 自分に対して「最良の援助者」になれ


 いつでも自分を助けられるのは自分だけです。
 自分をいちばんよく知っているのも自分です。
 自分を助けるいい方法を考えれるのも自分でしょう。

 『自助論』の中で書かれている“自助の精神”は、幸せになるためにも大事なものだと思います。

 自分を助けられるような自分を育てていくことで、
 自らに対して最良の援助者になれたらいいのではないでしょうか。


◇「よい習慣を身につける

◇「幸せになるための習慣をつくる

◇「幸せになれる習慣をつくる



    本のページ

ホームページ