『自分のための人生』(ウエイン・W・ダイアー)


 『自分のための人生』(ウエイン・W・ダイアー)の中で、
 「ダイアーの言っている主眼は、大きく分けて2つある」
  と訳者の渡部昇一さんは書かれています。
 その一つは、すべては自分で選択することができるということである。
 第二の点は、現在を大切にするということである。


 現実を楽しめるのが人生の達人

 好奇心が明日へのエネルギー

 感情に支配されない

 健康に気をつける

 自立と自由

 人と争わない

 自分と世の中を受け入れる

 人の役に立つことが好き

 現在を精いっぱい生きる

 学び続け、成長し続ける

 感情をコントロールできる

 考えをコントロールする

  『怒りの感情コントロール法

 自分をコントロールする拠点を「内」に置く

 自分には価値がない?

 他人に認められようとする

 自責の念と不安

 やりたいからやる

 自分の価値は失敗や成功で決まる?

 自分を限定する行為

 幸福を選ぶ・不幸を選ばない


『どう生きるか、自分の人生!』 ウエイン・W・ダイアー

◇「自分の幸せ・生き方について考え直す


    本のページ

自分のための人生(amazon.co.jp)

ホームページ