『集中力』セロン・Q・デュモン


 『集中力』(セロン・Q・デュモン=ウィリアム・アトキンソン)より、
 集中力とは、何かをやりたいという意志をもち、それをやることにほかなりません。

 多くの人は自制心を養うための訓練をしていません。
 自制能力が発達していないと、衝動、食欲、感情、劇場などは好き放題に動き、その人の行動は衝動的で落ち着きがなく、感情的で不規則になります。
 これが集中力に欠ける原因です。

 集中すること

 心の強さ

 達成したいことのイメージ

 香りに集中する

 一つの考えに集中する

 改善に努める

 「集中できない」は禁句

 成功と心の平穏という結果

 自分を観察し、変えていく

 思考を一点に定める


 『集中力』(セロン・Q・デュモン)より、
 習慣は集中力にとって手ごわい敵でもあり、心強い味方でもあります。集中力に有害な習慣は断ち切り、集中力を延ばす習慣は育てていきましょう。
 まず気づいていただきたいのは、意識的にせよ無意識にせよ、すべての習慣は意志によってコントロールされているということです。

集中力を発揮できるようになるためには

目標達成のヒント


    本のページ

ホームページ