『生きるのが楽しくなる15の習慣』日野原重明


『生きるのが楽しくなる15の習慣』(日野原重明)より
 心に良い変化を与えるには、どうしたらいいかというと、それにはまず、何でも楽しんでやる習慣をつけることだと思います。
 良い習慣を身につける

習慣1 愛することを心の習慣にする

習慣2 「良くなろう」と思う心を持つ

習慣3 新しいことにチャレンジする

習慣4 集中力を鍛える

習慣5 目標となる人に学ぶ

習慣6 人の気持ちを感じる

習慣7 出会いを大切にする

習慣8 腹八分目より少なく食べる

習慣9 食事に神経質になりすぎない

習慣10 なるべく歩く

習慣11 大勢でスポーツを楽しむ

習慣12 楽しみを見いだす

習慣13 ストレスを調節する

習慣14 責任は自分のなかに求める

習慣15 やみくもに習慣にとらわれない


『生きるのが楽しくなる15の習慣』(日野原重明)より
 元気の度合いは何で決まるかというと、それは心です。朝目覚めたときに、「今日も元気にがんばろう」という気持ちになれるかどうかです。
 心の活力が失われると、体力まで失われることがあります。生き生きとくらす、それこそが心和健やかに保つ秘訣です。

◇『自分を鍛える』ジョン・トッド − よい習慣を身につける

幸せになるための習慣をつくる



    本のページ

ホームページ