『20代の私をささえた言葉』加藤諦三


『20代の私をささえた言葉』(加藤諦三)より
 ただ全力をつくせ、それだけが人間の幸せの道なのだ。
 全力をあげて生きよ!

 大切なことは、いかに暗い日もこれを楽しんで活きるのであり、その日その日を充実させて生きることである。


 幸福は活動のなかにある

 自我防衛と自己執着

 苦難の時がわかれ目

 その日その日を充実させて楽しんで生きる


『20代の私をささえた言葉』(加藤諦三)より
 心配事のある人生、心配事のない人生、などというのはない。
 ただあるのは覚悟だけだ。
 覚悟をすれば心配ことは消えるし、覚悟をしなければ、どのような人生を与えられても心配だらけだ。

 「へたばりはしないぞ、こんなことで負けはしないぞ」

いい言葉は、いい人生をつくる』斎藤茂太

元気をくれる言葉、励ましてくれる言葉

明日を生きる勇気をくれる言葉

言ってほしい言葉



    本のページ

ホームページ