『やさしい人』加藤諦三


  『やさしい人 どんな心の持ち主か』(加藤諦三)より、
 幸せになるためには、社会的に成功するための努力をするよりも、やさしい人になる努力をするほうがはるかに有効である。

 やさしさが人間性の核

 自分に満足する

 相手を理解する

 人を心で判断する

 やさしくなれない人たち

 自分を好き

 心の傷を乗り越えた人

 夢を与える人

 生きることが楽になる

 やさしい人になる努力が幸せへの道


  『やさしい人 どんな心の持ち主か』(加藤諦三)より、
 生きることが辛い人は、やさしい人になろうとすることが幸せへの道である。


    本のページ

ホームページ