朝の読書


 『PHP』5月号の特別企画は「『朝の読書』で学校と子供がこんなに変わった」。
 朝の10分間、好きな本を読む「朝の読書」。
 今や全国の約半数の学校で実施されるまでになった。
 と読んで、(その普及度に)驚きました。

 「朝の読書」は1988年に千葉県の高校で始まったそうです。
  1.みんなでやる  2.毎日やる 3.好きな本でよい 4.ただ読むだけ
 という4原則がわかりやすく実践しやすくて、とてもいいですね。

 やり始めてすぐに次のような効果が現れたそうです。
 生徒たちの心が穏やかになり、不思議なことにいじめもなくなった。それに比例するように学力も声上した。
 すご過ぎるほどの効果ですが、「朝の読書推進協議会」のホームページには、同じような体験談を多くの先生が書かれています。

 心に好い習慣

 「朝の読書」の効用

 私も、朝10分間の「朝の読書」を実践してみました。

 『竜馬がゆく

 『にんげんだもの

 『論語

 『ポケット詩集

 『小さいことにくよくよするな!

 『道は開ける

 『アルケミスト

 『ブッタとシッタカブッタ

 『生きるヒント

 『幸せになる方法


本のページ



   

PHP

ホームページ