アダルトチャイルドのための幸せになる考え方

 私も本質的にはアダルトチャイルドだと思います。
 このページではアダルトチャイルドのための幸せになる考え方を提案していきたいと考えています。

 まずは、以下のアダルトチャイルドの特徴を、それぞれについて考え、できるだけ幸せになる考え方も提案していこうと思います。

1.何が正常かを推測する(「これでいい」との確信が持てない)
2.物事を最初から最後までやり遂げることが困難である
3.本当のことを言った方が楽なときでもウソをつく
4.情け容赦なく自分に批判を下す
5.楽しむことがなかなかできない
6.まじめすぎる
7.親密な関係を持つことが大変難しい
8.自分にコントロールできないと思われる変化に過剰反応する
9.他人からの肯定や受け入れを常に求める
10.他人は自分と違うといつも考えている
11.常に責任をとりすぎるか、責任をとらなすぎるかである
12.過剰に忠実である。無価値なものとわかっていてもこだわり続ける。
13.衝動的である。他の行動が可能であると考えずに1つのことに自らを閉じ込める

 以上は『アダルトチルドレン・オブ・アルコホリックス』(ジャネット・ウォイティツ)からの引用ですが、私は『アダルト・チルドレンと家族』(斎藤学・学陽書房)からまた引用させていただきました。

 5月の人生相談では、「親との問題」を扱いました。
 6月の人生相談では、「自分がコントロールできない」を扱いました。アダルトチャイルドの大きな問題は、「不安怒りをコントロールする能力」にあると思います。
 7月の人生相談では、「人間関係がうまくいかない」を扱いました。アダルトチャイルドが現実生活で一番苦労するのは、人づきあいだと思います。
 8月の人生相談では、「なんのために生きるのかわからない」を扱いました。アダルトチャイルドの生きづらさと、そこから浮かんでくる生きる目的・生きる価値・自分の存在価値などに関する哲学的な疑問について考えます。
 9月の人生相談では、「幸せになれない」を扱いました。


 幸せになる考え方のホームページ

幸せのホームページ

 ご意見・ご感想をお願いいたします。  本多時生(honda@din.or.jp)